2017-06

    いったい何が起ころうとしているのか?1

    あいかわらず更新が大幅に遅れてしまった。年初にブログの早い更新を目標にしたものの、すでに3月になってしまった。いずれなんとかしたいと思っている。

    戦争のいやな予感

    すでに米国の覇権が終焉する時期が迫っており、基軸通貨としてのドルの凋落から世界が今後多極化することは、日本のメジャーなエコノミストもすでに認めるところとなっている。

    さらに、驚くべきことに、最近では無極化というカオスに突入する可能性さえも指摘するエコノミストも出てきた。先週、NHKBS1で放映された討論番組の一部である。エコノミスト、浜矩子氏(同志社大学大学院教授)の発言を聞いてほしい。「無極化」という言葉まで使っている。

    だが一方、世界的な金融破たんや世界同時不況の危機のみならず、これから拡大が懸念されるイラククルド人地域に対するトルコ地上軍の攻撃、コソボ自治州の一方的な独立宣言とそれに対するセルビアやロシアの猛反発、本格的なガザ攻撃に踏み切ったイスラエル、不安定化がいっそう進むパキスタン情勢など、田中宇氏の最新記事「中東大戦争開戦前夜」を待つまでもなく、かろうじてバランスを保っていた世界各地の紛争が一気にバランスを崩し、不安定化しかねない様相をみせはじめている。

    これまでこのブログでは、ビリー・マイヤーのエノック予言ブラザー・アダムなど、第三次大戦の勃発とその経過を詳細に描いた予言を複数紹介してきた。それらは、ロシア軍のヨーロッパ侵攻や、独裁国家となったアメリカのテロや内戦による徹底的な破壊を予言したものが多かった。

    経済の無極化状態の中で、今後予言されたような事態になっってしまうのだろうか?今回から数回に分けてできるだけ細かくその可能性を探ってみたい。個人的には予言が外れることを期待したいが・・・・

    コソボの独立とロシア

    今後コソボ情勢がどのようになって行くのか、一度確認しておきたい。インターネットではさまざまな記事が出ているが、今回はCIAをはじめ、多くの政府機関をクライアントに持つ民間の情報機関、戦略予測有限会社(Strategic Forcasting, INC.[通称 Stratfo])のレポートを取り上げる。ここは、コソボ独立がもたらす余波を予測する記事を複数公表している。

    戦略予測有限k会社は、1996年にテキサス州オースチンにてジョージ・フリードマン(George Friedman)により設立された。よく「影のCIA」と称されるもっとも信頼度が高いとされている情報機関だ。以下は、昨年の12月18日の記事「Kosovar Independence and the Russian Reaction」とコソボ独立宣言後に発表された2月20日の記事「Russia: Kosovo and the Asymmetry of Perceptions」の要約である。

    要約:

    これまでの流れ:

    ・今回のコソボ独立においてもっとも重要な鍵を握るのはロシアである。
    ・周知のように、ロシアは同じ民族のスラブ人であるセルビアを支持しているため、コソボの独立に強く反対している。
    ・1999年のコソボ紛争では、NATO軍はセルビアがコソボから完全に撤退とコソボをNATO軍の管理下に置くことを要求し、セルビアを空爆した。
    ・しかし、セルビア空爆が思ったような効果がなく、セルビア軍の数パーセントを破壊したにすぎなかった。
    ・このため米国に率いられたNATO軍は戦略を改め、セルビアと良好な関係にあったロシアに仲介を依頼した。
    ・ロシアは仲介を承諾したものの、その条件として、戦後のコソボの管理にロシアも参加すること、そしてNATO軍とともにロシア軍もコソボの管理部隊として参加することの2点を要求した。
    ・米国とNATOはこれを了承し、セルビアはロシア軍の介入を歓迎した。この結果、ロシア政府の仲介によってコソボ空爆は停止し、コソボ紛争は一応の終結を見た。
    ・空爆停止後、治安維持を行う国際安全保障部隊であるKFORが結成され、コソボの実質的な管理にあたった。
    ・だが、米国およびNATO諸国は仲介の条件としてロシアが要求した管理部隊への積極的な参加を認めず、結局ロシアはKFORの意思決定から完全に排除される形となった。
    ・これはロシア政府にとって大変な屈辱となった。
    ・だが当時はエリチンの政権下にあり、経済は崩壊し国力は低落していた。そのため、このような屈辱的な状況を跳ね返すだけの外交力は持っていなかった。経済は西側からの援助に依存していた。
    ・これは、現在でも多くのロシア人が記憶している国家的な屈辱である。

    ロシアの立場:

    ・プーチン政権は70%をゆうに超える支持率を誇ってきたが、それはプーチンがロシア経済を復興させ、年率7%を超える高い経済成長率を達成したからだけではない。
    ・プーチンが支持される理由は、強国としてのロシアの威信を回復することを宣言し、世界のエネルギー供給を担う戦略を展開することで、事実この公約を実現しているかある。多くのロシア国民は、プーチンのおかげでロシアは強国に返り咲き、国際的な威信を回復できたと信じている。
    ・ロシアはコソボの独立に強く反対している。こうした状況でコソボの独立を許してしまうことは、西欧諸国にロシアが敗北したことになり、ロシアにとっては大変な屈辱となる。国際的な威信の回復を高い支持率の背景としているプーチンにとってはこれは許されない事態である。コソボの独立を許すわけにはゆかない。
    ・だが一方、プーチンはこれをロシアの威信を示す好機としても捉えている。
    ・コソボやベオグラードなどにロシア軍を進駐させ、コソボの独立を力で阻止することで、西欧に対しロシアの圧倒的なプレゼンスを誇示することができる。米国は中東に兵力を集中しているため動きがとれないので、今がまさに好機だ。

    ・ロシアがこのように強く出ると、米国とEUはコソボの独立を承諾することを躊躇し、瀬戸際でコソボに独立を思いとどまるように説得したことだろう。
    ・だが、プーチンはこのような強行策には出なかった。口では非難をしながらも、コソボの独立を積極的に阻止しなかった。

    今後の展望:

    ・だが、プーチンがこのまま何もしないと考えることはできない。このままではロシアの威信は落ち、政権の基盤に響くため何らかの反応を示すはずだ。
    ・おそらくロシアには次の三つのオプションを考えているだろう。
    ①セルビアをロシアが主導するCIS(独立国家共同体)に支援させる。だがこれはセルビアがおよびCIS加盟国が好むとは限らない。
    ②コソボの独立は、現行のヨーロッパの国境が変更可能であることを示すことになった。ロシアは、グルジアなど多くの周辺諸国との間に領土問題を抱えているが、ロシアはコソボの独立を自らに有利に国境線を引きなおす口実として使う可能性がある。
    ③コソボの独立以降、ロシアは西欧諸国が嫌がっているイランとの関係を強化している。このように、ロシアは領土問題なども含め西欧諸国のもっとも弱い部分にあえて問題を引き起こすことで、ロシアの覇権を強化することができる。
    以上三つの戦略が可能である。


    この記事にもあるように、今後ロシアが何の反応も示さずコソボの独立を黙認することはあり得ないだろう。機会をとらえて積極的な戦略にでないとも限らない。

    前回も紹介したアロイス・イルマイルの予言を再度見てみることにする。イルマイルの予言はとても長いので、少しづつ翻訳する。

    何が戦争のきっかけとなるのですか?

    すべての人が平和を求める。だが戦争は起こってしまうので。新しい中東戦争が突然に勃発する。地中海で巨大な船隊が対峙し状況は緊張する。だが、危機はバルカンで発生する。大物の政治家が倒れるのが見える。血のりのついたナイフが横たわっている。それから衝撃的な出来事が相次ぐ。

    第三の実力者を二人の男が殺す。この男たちは他の人物に雇われた。その後、三つ目の暗殺が起こる。それから戦争が勃発する。

    暗殺者の一人は背の低い黒人で、二人目はもう少し背が高く明るい色の髪をしている。暗殺はバルカンで起こるはずだ。だが確信はない。

    以下要点のみ要約

    ・戦争の前の年は収穫に恵まれる。はっきりと「889」という数字が見えるが、これが何を意味しているのか分からない。
    ・戦闘は夜明けに始まる。黒い軍隊が東からやってくる。3という数字が見えるが、これが3日なのか3週間なのか分からない。
    ・軍はプラハから進軍し、スイス国境まで到達する。レーゲンスブルグまでは行くが、ドナウ川を越える部隊はない。
    ・密集した部隊(ロシア軍)は東からベルグラードに侵攻し、その後イタリアまで前進する。その直後、なんの警告もなしに三つの師団(?)がものすごいスピードでドナウの北から西ドイツにラインに向かって進む。これは何の警告もなく起こるので、住民はパニックを起こし西へ逃れようとする。
    ・高速で移動する機動部隊の邪魔になるものはすべて破壊される。レーゲンスベルグ以北にはドナウ川にかかる橋がなかった。フランクフルトは完全に破壊されていた。ライン川の谷にあたる地域は空爆で破壊された。


    イルマイルの予言は何を意味しているのだろうか?

    北米共同体とAMEROの導入に向けた動き

    次に、日本ではまったく報道されていないが、あたかも北米共同体の樹立を予感させる出来事もあった。

    2月25日の「Coast to Coast AM」に、北米共同体の創設やドルにかわる通貨としてのAMEROの導入、およびブッシュの独裁化に向けた動きなどに強い警告を発している伝統的保守の論客のジェローム・コーシーが出演し、北米共同体の創設に向けた動きが加速していることを伝えた。記事は「World Net Daily」に掲載されている。以下がその要約である。このブログでも北米共同体構想の進展についてはことあるごとに書いてきたが、これはその続きである。

    議会の承認を得ることなく北米統合軍が創設される

    ・2月14日、米国とカナダの両政府は、国内の緊急時に、両国の軍隊が国境を越えて展開することを可能にする協定「市民援助計画(Civil Assiatance Plan)」を調印した。
    ・これは国際協定であるにもかかわらず、両国の議会には報告されることなく調印された。報道もほとんどなされていない。
    ・この協定により、巨大なハリケーンから感染症の蔓延、ならびに暴動やテロなどの緊急事態が米国およびカナダで発生した場合、両国の軍は統合し、一つの軍として展開することになる。
    ・カナダ政府はこの条約の存在を一切公表していない。米国、およびメキシコ政府のサイトで初めて公表された。
    ・これは、国内のあらゆる緊急事態に対応可能な常備軍、北アメリカ軍の設立に道を開くステップであると考えることができる。
    ・この協定は、2002年の国土安全保障法のもと、国内の緊急事態に軍を機動的に展開する目的で創設されたにアメリカ北方軍司令部(U.S. Northern Command)と、同様の目的で2006年にカナダで設立されたカナダ軍司令部とを統合し、緊急時に両国の政府機関をより効率的にサポートするために作られた。
    ・2007年5月、すでにブッシュ大統領は、国家の緊急事態に議会の一切の承認なしで、州政府、郡政府、および民間のあらゆる組織(民間企業を含む)を大統領の直接管理化におき、ホワイトハウスの指示に従うことを規定した「国家安全保障大統領命令51」に署名している。


    どうなるだろうか?

    続く

    ヤスの英語

    クリックをぜひ!↓





    スポンサーサイト

    テーマ:歴史と予言 - ジャンル:学問・文化・芸術

    コメント

    いつもありがとうございます

    みなさん、こんにちは。ヤスです。いつもありがとうございます。レスが大幅に遅れて申し訳ございません。

    マッチョマンさん
    いつもありがとうございます。確かにおっしゃる通り、これからは一人一人が自分の足元をしっかり固めてゆくときですよね。心ある人々の集まったネットワークの形成もきっと重要ですね。

    クーロンさん
    ブログをお読みいただきありがとうございます。とにかく精一杯がんばって行きますので、今後ともよろしくお願いします。危機の状況では情報が本当に重要になりますね。

    naoさん
    貴重な情報ありがとうございます。確かにコソボ情勢はこれからも目が離せないと思いますね。理屈では、ロシアがヨーロッパに侵攻することなど現在の情勢ではありえないのですが、なぜこうもロシアの軍事侵攻の予言が多いのか分かりません。ただ今回のブログのレポートにもありますが、ロシアの具体的な戦略がいまひとつ見えないというのが実情ですね。また、ブログの情報ありがとうございます。じっくりと読ませていただきました。これは日本でも本も出ていますよね。またアメリカでは有名なサイトのようです。

    天国の真実―マシューが教えてくれる天国の生活 (マシューブック)
    http://www.amazon.co.jp/%E5%A4%A9%E5%9B%BD%E3%81%AE%E7%9C%9F%E5%AE%9F%E2%80%95%E3%83%9E%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%81%8C%E6%95%99%E3%81%88%E3%81%A6%E3%81%8F%E3%82%8C%E3%82%8B%E5%A4%A9%E5%9B%BD%E3%81%AE%E7%94%9F%E6%B4%BB-%E3%83%9E%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%96%E3%83%83%E3%82%AF-%E3%82%B9%E3%82%B6%E3%83%B3-%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%89/dp/4931449913/ref=sr_1_1/250-0208629-4917049?ie=UTF8&s=books&qid=1204266104&sr=1-1

    Welcome to The MATTHEW BOOKS
    http://www.matthewbooks.com/

    Matthew & Friends
    hosted by Suzanne Ward
    http://www.bbsradio.com/bbc/matthew_and_friends.php

    銀色狼さん
    いつもありがとうございます!今回も自然科学の講義をしっかり受けさせていただきました!なーるほど、思いながら読んでおります。私も地球物理学などの基礎を学びたくなってきました。ところで、ロシアのパイプラインに関するお話、ありがとうございます。おっしゃるとおり、この視点からではロシアのEUへの軍事侵攻などちょっと考えられないように思いますね。今後も情勢を注視したいと思います。

    Plaisirさん
    ご覧いただきありがとうございます。なるほど!そのような解釈もありえるのですね。マケドニアの山でしたらまさにバルカンのことですよね。これからもこの地域には目が離せないですよね。

    ayuさん
    ご覧いただきありがとうfございます。ウォーラーステインをよくお読みのようですね。「タカ派は資本主義のシステムを、もっと劣悪なピラミッド型の不平等なシステムに変える」というのは「ユートピスティクス」という本の中で述べている一節ですよね。いずれ書こうと思っているのですが、ネオコン派の生みの親であり、彼らの精神的な指導者のレオ・ストラウスもまさに同じことを言っています。ネオコンの狙いも基本的にはこれの実現にあると思います。ayuさんのおっしゃるとおり、まさにいまこれが実現しつつあるのかもしれません。

    めめさん
    そうですか!実に興味深い情報ありがとうございます。聖書の暗号にも日本とイスラエルは同じコードでコード化されていますよね。「獣」がイスラエルでそれが今後滅ぶとしたら日本もやばそうですね!売る覚えですが、聖書の暗号では確か2009年とあったように記憶しています。今後ともよろしくお願いします。

    maunさん
    貴重な情報ありがとうございます!興味深く拝見させていただきました。またよろしくお願いします。

    fukuroさん
    ビデオあるがとうございます!全部見させていただきました。これ、本で読むよりもはるかに効率的に情報が得られていいですね!連銀が設立された経緯がよく分かりました。

    ?さん
    面白い情報、ありがとうございます。テレビは本当に洗脳マシンですね!憤ります。

    ヤスシさん
    アルバート・パイクの情報ありがとうございます。要するに、すべてが計画済みなのかも知れず、自己実現的にすべてが起こる可能性があるということですね。貴重な視点だと思いました。

    おすすめブログ2

    日本の今後・アメリカの今後の筋書きについて
    http://goldentamatama.blog84.fc2.com/blog-category-0.html
    2/9のブログに注目です


    テストされる時期

    ヤスさん 今晩は
    ドキドキ拝見しました。

    maun さん  
    2/9のブログを拝見しました。ありがとうございました。戦争がないように祈るしかないと思います。i-230

    ここで私は【2012年の黙示録】というブログをすすめたいと思います。
    http://www.h2.dion.ne.jp/~apo.2012/index.html

    世界の天然ガス埋蔵量

     ヤスさん、過分なレス有難うございます。「コソボの独立とロシア」における戦略予測有限会社(Strategic Forcasting, INC.[通称 Stratfo])のレポート有難うございました。とても参考になりました。
    世界の天然ガス埋蔵量
    1位:ロシア(27%)、2位:イラン(15%)、3位カタール(14%)、4位以下はたいした量は無い
    http://www.k3.dion.ne.jp/~maedat/ronso2006maedabpgas.pdf
    今後の展望③コソボの独立以降、ロシアは西欧諸国が嫌がっているイランとの関係を強化している。以下面白い記事がありました。参考になれば幸いです。本当にロシアとイランは結びつくのかもしれません。
    イランのガスがユーラシア(ロシアと手を組んで)に向かうhttp://www.rian-japan.com/news/details.php?p=310&more=1

     石油の次の世代の主要エネルギーは天然ガスと言われています(水素が次世代だと言う人もいますが、その水素を最も効率よく取り出せる原料が天然ガスです。そのため水素化技術を利用した天然ガスは今以上のエネルギー転換効率を持つ事になります)。天然ガスとパイプラインの重要性は高まっていくのだなと思いました。

     ヤスさんの提供された情報を読むとコソボ独立によって結果的に次世代エネルギー天然ガス埋蔵量世界第1位と2位のロシアとイランを結びつかせてしまうわけですね。以前投稿したパイプラインとの件を合わせて考えると、将来のロシアの覇権はゆるぎないものになるのではないかと思えます。考えすぎでしょうかね(笑)。
    トルコへのガスパイプライン網http://ihcc-movie.sytes.net/asia106-central01-03.html
    暗礁に乗り上げたイラン、パキスタン、インド縦貫ガスパイプライン建設計画(米英のイラン孤立化政策のため)
    http://www.news.janjan.jp/world/0602/0602229694/1.php

    中身と外見

    ヤスさん こんばんわ
     レスありがとうございます。
     たまにはTVにも普通の情報が出ていますね。玉石混交でしょうか。アメリカ人の老婆が、27年間もホワイトハウスの前で、原爆反対の座り込みをしているニュースでした。まさかこれには裏がないでしょう(笑)?何かの縁があるのだと思いますが、なにか救われる感じでした。その人には、恐怖はないのがわかります。恐怖や焦りは何かの気づきのように見えて、実は足かせ手かせになるように思います。今から色々な現象がたとえ出て来たとしても、心のバランスを崩さないようにするのは、誰でもない自分自身の出来る、1つの努めでもありそうです。

    これからの異変に向けて

    金貨09さま

    「2012年の黙示録」拝見いたしました
    ゴースト・ダンスの歌を見て懐かしい思いが湧いてきました。
    これから起きるだろう大きな異変に震えることなく
    今の世界のトリックを直視して
    地方に住む一個人でも出来ることを
    大地に足をつけて過ごしていこうと再確認致しました。ありがとうございました


    マッチョマンさま

    恐怖や焦りで曇ってしまわぬように
    心のバランスをとる事がこれからは必要なのですね
    神戸の地震でも暴動が起きなかった
    日本人だからこそ出来ることもあるのではないかと思います。

    小さな一歩ですが、
    家庭内の国産食料率をあげて外国産のものを買う量を減らせるように
    春から家庭菜園を始めようと思っております

    ドル崩壊について
    http://blog.livedoor.jp/nakasugi_h/archives/54972035.html

    http://blog.goo.ne.jp/nanbanandeya/e/811e9e8e5621a6bf703f855a53b66bbf

    都合のよい情報の波から脱却するために
    http://blog.goo.ne.jp/kintaro-chance

    http://blog.livedoor.jp/takutaku2946/archives/51046522.html




    感謝 感謝 感謝

    maunさん
    こちらこそありがとうございました。
    中杉 弘さんのブログをはじめ、知的な人たちのブログをこれからもゆっくり読んでみたいと思います。

    私は日本が大好きで、日本はこれからもきっと大丈夫だと信じています。なぜなら、ヤスさんのブログの読者たちのコンメントを見るだけで、すぐわかりました。前も述べたように、こちらの読者たちは全員知的です。(もちろん、私以外i-230) ですから、絶対大丈夫だと思います。

    世界の未来にいくつかの不安な要素が存在していますから、だからこそお互いに助け合うのを忘れないのは大事だと思います。人間性がテストされる時期でもあると思います。

    別の話ですが、私の出身地はこれから日本より厳しい状況に直面かもしれないと直感しています。(そもそも、友達とこのような話をしたら、変人扱いをされてしまいました。楽天すぎ。。。)

    天国の真実―マシューが教えてくれる天国の生活という本を購入するつもりです。自分の波長にあっているような気がします。

    ちょっと、自分が喋りすぎような気がします。すいませんでした。これからコンメントを控えさせて戴きたいと思います。i-229

    お声かけありがとう

    maunさん お声かけて頂きまして、ありがとうございます。
    お互いの話の中に共鳴する部分があれば、それを認めてあげることで、相互に実りある会話になると思います。これからも宜しくどうぞ。

    SF巨大シロアリ大繁殖(作:銀○○)

     まじめな話ばかりでは疲れるので、ここらでチョット、おふざけをしたくなりました。
     以前、日本のエネルギー枯渇問題首都移転計画を盛り込んだ「SF南関東沈没」と言う超大作のシナリオを投稿いたしましたが、何処からも映画化のオファーが無かった(笑)ので次回作品「SF巨大シロアリ大繁殖パニック(作:銀○○)」を考えてみました(笑)。
     まず、シロアリの機能について簡単に説明します。
    シロアリ菌は世界最速の水素製造機だ(理科好き子供の広場から)http://www.microbes.jp/rika/rika_no25/rika_no25.htm#25_NO10
    シロアリの体内にある嫌気性菌Clostridium beijerinkiiのAM21B菌は他の水素を作る光合成微生物と比較すると水素ガスの生成速度は数千倍速いことが分かります。しかも、10グラムのブドウ糖から4リットルもの水素ガスを作るわけです。さらに、このAM21B菌はセルロースを直接分解して、水素を直接発生させるわけです。現在行われている研究の多くがセルロース→グルコース→(発酵)→バイオエタノール(しかも出来たバイオエタノールは貯蔵・輸送の面で使い難い)のプロセスです。しかし、高温熱処などの余分なエネルギーを必要とせず、常温(約37℃)で行われるセルロース→(シロアリ)→水素(出来た水素は利用しやすい)のプロセスが如何に効率の良い物であるか分かってもらえると思います。おそらく、シロアリの体内ではこの菌以外の別の菌も連動して働いていると考えられます。そのため、シロアリはセルロースからの効率の良い水素製造工場と言える生物です(笑)。シロアリはセルロースから直接水素を発生できるのに、最先端の研究は、「嫌気性菌Clostridium」の遺伝子を遺伝子組み換え技術を使って、セルロースからグルコースを作成する方向に向かっているのを見ると、科学は進歩しているのか退歩に向かっているのか分かりません(笑)。政策のおかげで科学はは、まずバイオエタノールありきですか(笑)?
    「シロアリ共生原生動物由来のセルラーゼ遺伝子」http://jstore.jst.go.jp/cgi-bin/patent/advanced/detail.cgi?pat_id=12415
    セルローム研究http://www.rite.or.jp/Japanese/labo/biseibutsu/03/b-4/b-4.html
    「アポロ&ポセイドン構想2025」 http://www.gamenews.ne.jp/archives/2008/02/2025_2025.html
    この計画にいたっては役にも立たないボンダワラ(海草セルロースの原料)を増やすだけの構想に思える(ty。

    「SF巨大シロアリ大繁殖パニック(白黒アニメ)」のシナリオ
    日本政府特別組織「林野庁」の計画で国有林全てが住宅建築にも使えない杉の木だらけになり、杉花粉アレルギーで娘を失った敷島博士は憎き杉の木絶滅のために全財産を投じて関東北部の国有林地下に巨大シロアリ研究所を作り、友人の金田博士とともに十数年間研究に没頭していた。そして、ついにシロアリ28号(雌雄対2体)が完成した。大きさは人間と同じであったが、繁殖能力は強く、そして、その力は体重の400倍ものを持ち上げ、杉の木などのセルロースを食べ腐食性の強い蟻酸を出し、引火性の強い水素ガスをも発生させることが出来る(体内のの一部を口の近くに持ってくることが可能であれば口から火を吐くことも出来きます笑)。無酸素状態にも強く地下にももぐることが出来るわけだ(大ヒット映画「エイリアン」より強いかもしれません笑)。もちろん、敷島博士は、シロアリ28号に機器を埋め込み、2本のジョイスティックを持つコントローラーで操作出来る使用にしてあった。しかし、事件は起きた、コントローラーのリチウム電池が爆発してしまったのだ。シロアリ28号達は研究所からいなくなったのだ。。。金田博士の息子正太郎は。某国に向かった。。最後に、大繁殖したシロアリは正太郎がに手に入れたメタミドホスで。。。(笑)。
     あ、ヤスさんおふざけ(科学的見地からも問題があります)が過ぎて不適切なら削除いたしますので、言ってください。

    ヤス様皆様はじめまして

    あざぶじゅばんと申します。
    昨年夏ごろから、このプログの大フアンです。

    予言ということではないと思いますが、俗にいう、陰謀論系のコーナーに置いてある「迫る破局生き延びる道」ジョン・コールマン博士という本はご存じでしょうか?
    特に前半部分が最近起きている事と一致する所が多く、驚いております。

    今後は積極的に参加するのは苦手なタイプなので、温かく見守ろうとおもっていますが、稀にコメントをよせるかもしれません。
    そのときはなにとぞよろしくお願い申し上げます。

    みなさん、こんばんわ

    みなさん、こんばんわ。ヤスです。レスを少し早くできるようになりました。ところで、本日はオハイオとテキサスをクリントンが制し、一時はこれで決まりかと思われていたオバマ候補の勢いが止まりつつありますね。以前ご紹介したジョン・ホーグのいうとおり、今回はクリントンが民主党候補となり、最終的には大統領ろなると思います。オバマは副大統領だと思います。近いうちにブログにかく予定ですが、これからは以下のようなシナリオで進展する模様です。①オバマのスキャンダルが大手メディアによっていっせいに報道され、オバマの勢いが失墜する。→②オバマの人気と勢いが落ちたところで、民主党の統一候補を決める。規定では800名の特別代議員による選挙で決めることになっているが、おそらくこれは行われない。密室か、またはオバマが自主的に候補を降り副大統領候補に甘んじることでクリントンが正式に大統領候補になる。こんな感じになると思います。私は個人的にはオバマが大好きで彼を支持しているのですが、残念です。明日以降のニュースでオバマのスキャンダルがいっせいに出てくると思うので、注目です。

    maunさん
    ブログのご紹介ありがとうございます。興味深く拝見させていただきました。残念ながら、私もこの筋書き通りに進むものと思っています。

    金貨09
    いつもコメントありがとうございます。ぜんぜんしゃべりすぎなんかではありませrんよ!どんどんコメントしてくださいね。貴重なご意見だと思っております。

    銀色狼さん
    「SF南関東沈没」と「SF巨大シロアリ大繁殖パニック」は実に面白いですね!知らないことばかりでした。シロアリがセルロースから水素を作るとは本当に驚きです!いずれ、映画化のオッファーもくるかもしれませんよ。あ、そうそう。このブログを出版したいというオッファーがいま来ていますので、近いうちに本になるかもしれません。

    マッチョマン
    いつもコメントあるがとうございます。実に重要なお話ですね。恐怖に負けないでいかに心のバランスを維持するかということですね。これは本当に重要だと思います。答えにはならないかとは思いますが、私は私生活の充実というのがひとつの方法かなと思っています。つまり、どんなことを見聞きして何を考えようとも、暖かい家庭と自分のちっちゃな生活の中に逃げ込んで自分を隔離してしまうということですね。「逃げ込み」というのも心のバランスを維持する一つの手かなとも思います。そしてもうひとつのやり方は、現実から遠い距離を取れるほど超越してしまうことかもしれません。つまり、死後の世界、前世、あの世などスピリチュアルな世界性を本当に現実的に実感することで、現実を相対化することかもしれませんね。どうでしょう?

    あざぶじゅばんさん
    ブログをご覧いただきありがとうございます。ジョン・コールマン博士ですか!これは私も知りませんでした。いまさっそく書評を読んだしだいです。これは実に面白い本ですね!早速購入いたhします。ぜひまたコメントしてくださいね!


    あざぶじゅばんさんへ

    私もヤスさん同様ジョン・コールマンの書評を拝見しました。とても興味深いですね。私もこの書籍を購入してみようかと思います。貴重な情報ありがとう御座います。
    追伸 
    ヤスさん、直近のくだらないコメントを早々に削除しましたね。ここだけはあんなアホには荒らされたくないです。バカ業者は一切拒否しましょう。

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    傾向から対策へ

    ヤスさん 皆さん こんばんわ
     ムムっ、ヤスさん、かなり鋭い御指摘ではないでしょうか。(^。^;)
     おっしゃる2つの方向は、無限小、無限大の方向ですね。
     自分が本当に重要だと真に思う所に「意識」を置けるか?が最重要な対策ですかね。その場所は自分の中であり、森羅万象の法則であると言うことでしょうか。
    これだけでは漠然としていますが、「突破口」は各人の中にあるのは間違いないでしょう。今から普通でないことが万一起きるのであれば、普通では到底信じられないような理解にたどり着く努力が必要ですね。自分達のホンのすぐそばにあるのに、今まで気がつかないような、そんな当たり前のところ。真に理解することは、例外なくどんな混乱や恐怖にも勝ると思います。(禅問答のようで、すいませんです。)

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    ロシアEU加盟を示唆する

    v-208仕事の都合上でなかなか書けなかったが、今日は余暇が取れたのでEU国内の最新情報を提供しよう。

    数日前、ロシアのプーチンが短期間でのEU加盟を表明した。その代わりにロシア天然ガスおよび原油輸出の大部分を十分にEUへ提供する約束をした。

    これで日本がロシア天然ガスを十分に確保できなくなってしまったが、米国路線を重視する日本は自業自得だと言えよう・・・

    しかもバイオ燃料で不足し始めた穀物の確保も米国、EU、ロシア、中国に比べると大幅な遅れをとっている日本の将来は苦難の道を歩むだろうが、これもカネカネ追求主義をあまりにも優先的にしてきた付けが帰ってきたのである。

    食べるための十分な穀物、そして社会を動かすエネルギーの確保が出来なければ、カネは無力に等しいということを、今ここで学ぶべきであろう。

    日本は悪い方へ悪い方へと猛進しているが、今後どうなるかは手段はあなた方の手中にある。


    今や、黙示録の第七の封印が剥がされたのだv-41

    re:ロシアEU加盟を示唆する

     ヤスJ.r.様、貴重な情報有難うございます。正直驚きました。以前天然ガスパイプラインの件で、私もEUとロシアが結びつく可能性を考えていました(2008年と今後の世界6で投稿した「EUはロシアに対抗するのだろうか?」)が、、、、こんなに早いとは。。。「コソボの独立」で日本では、ロシアとEUの対立が深まっているような報道はありますが、ロシアとEUが結びつく、まして、「ロシアがEUに加盟する」ような話はありません。日本で知りうる情報は操作されたものが多いのですね(笑)。
     「コソボの独立」(米英の計略)は結局、ロシアとEU分断の効果は無く、それどころかロシアとEUそしてロシアとイランを結びつけ、天然ガス・石油などのエネルギーの需要と供給との観点からは、むしろ、ロシアをさらに強くしたとさえ思えます。あと、トルコ(ロシアにとっても位置的に重要)は今後どのような方向に動くのか気になるところです。

     ところでヤスJ.r.様「黙示録の第七の封印が剥がされる」とは?具体的にどの様な事なのでしょうか?このあたりあまり知識が無いので、さしさわりの無い程度でかまわないのですが、お教え願えれば幸いです。

    ヨーロピアンは勉強家

    v-208地球上のどの人間よりヨーロピアンは勉強家である。学生の時だけ勉強する何処かの国とは違い「死ぬまで人生勉強」人間が大半のヨーロピアンである。

    従って4~7ヶ国語を話せるヨーロピアンは珍しくない。だから他の国からの情報が満遍なく入るため世界の真相をとことん知っているのである。

    しかも、ヨーロッパには6000チャンネル以上の世界各国の衛星放送が受信でき、殆んどのヨーロピアンは数ヶ国語を理解するので他国から新鮮な情報が入る。従って、EU連邦政府は日米のような情報操作が出来ないのである。

    ちなみに、こちらヨーロッパでは「コソボ問題」など単なるデモ運動にしかすぎず、全く問題にされてない。

    日本人やアメリカ人は1ヶ国語かせめて2ヶ国語ぐらいしか理解できない勉強不足だからこそ政府から情報操作されやすい理由だと言えよう。

    長年ヨーロッパに住む私も生活と仕事上から日本語と英語以外にもフランス語、イタリア語を理解し話せるように勉強する必要があったのだ。

    さて以前、私はヨハネ黙示録が書かれたエーゲ海の島の洞窟内を訪れた事があるが、このような未来が見えるスポットは地中海周辺には数多く存在する事を実際にその場所へ訪れて確認が出来たのであるが実に不思議なスポットでもあった。

    「七つの封印」に関しては次のサイトを参考にして欲しい⇒http://www.h2.dion.ne.jp/~apo.2012/Yohane.html

    展開

    ありがとうございます。何か執念のような物を感じます。
    http://alternativereport1.seesaa.net/article/49602277.html
    北欧州パイプライン(ノルド・ストリーム)計画
    http://mainichi.jp/select/today/archive/news/2008/01/19/20080120k0000m030044000c.html

    re:ヨーロピアンは勉強家

     ヤスJ.r.様、「七つの封印」のアドレス有難うございます。「SF南関東沈没」「SF巨大シロアリ大繁殖パニック」の2つの超大作シナリオを書いて、ヤスさんからお褒めの言葉をいただき、自分の文学的才能(次回は恋愛シナリオでも)に目覚めたつもりでしたが、やはり、そのような才能などは無く、「ヨハネの黙示録」はほとんど理解出来ませんでした(泣)。
     ただ、これから起きる事を予測させる「小麦一ますは一デナリ、大麦三ますも一デナリ。オリブ油とぶどう酒とを、そこなうな」の文章が目に付き、食糧危機とエネルギー危機を暗示しているのかもしれないと思われました(私の勘違いかもしれませんが)。

    大いなるバビロンが倒れる時・・・

    v-208銀色狼さんへ

    確かに黙示録の内容が抽象的なので簡単に訳してみよう・・・

    ①大いなるバビロン(の塔)が再び倒れる時(WTC-9:11)世界の終末が始まる・・・
    ②七つの封印⇒七つの段階で世界崩壊する・・・

    ③その崩壊後に新しい文明が始まる・・・

    古代バビロニアにあった当時の国際トレードセンター⇒バビロンの塔(バベルの塔)が神の怒りを受け大地震で倒れ、その当時の高度文明が崩壊したと西洋では信じられている。

    欧米社会では黙示録に書かれているバビロンの塔⇒WTC9:11と解釈されている場合が殆んどである。


    寄寓にも古代バビロニアは現在のイラクにあったが、WTC9:11報復のキャンペーンの一つとしてアメリカがイラク戦争を始めているv-41

    re:大いなるバビロンが倒れる時・・・

     ヤスJ.r.様、お忙しい中、お手数かけて申し訳ありませんでした。7つの封印に関する貴重なアドバイス本当に有難うございます。「大いなるバビロン(の塔)」「7つの封印」のキーワード・解説のおかげで「ヨハネの黙示録」を自分なりに少しは理解出来るかと思われます。

     このブログで、ヤスJ.r.様からEUの情勢など貴重な情報が手に入り、しかも、私のつたない質問にも答えていただき、大変感謝しております。ヤスJ.r.様、今後とも宜しくお願い致します。

    勉強になりました。

    [フォトン・ベルト レポート]というメルマガから、こちらのブログに訪問させていただきました。今世界中で、今まで経験したことのない変化の兆しが現れているように思います。
    資本主義という経済システムも、行くところまで行き着きました。私は現在29歳ですが、老後が無事に訪れるのだろうか、と心配になります。
    このブログでは、正確な事実が掲載されているように思いますので、これからも訪問させていただきます。よろしくお願いいたします。

    NY原油価格WTIが110ドルに迫る!!!

    v-208ついにNY原油価格WTIが一時的に110ドル近くまで上昇したv-41

    世界経済特に日本経済は110ドルまでが限界だと多くのメディアが報道している・・・

    従って今後WTI110ドルを超す価格が続けば経済崩壊を招くが、そうなるのも時間の問題だ!

    中国と日本を含むアジア経済は今年末までに破綻が始まるだろう・・・

    世界経済の崩壊は極東アジアから始まりヨーロッパで終わるであろう

    ものは考えようだよ。

    原油価格の高騰については、ヤスさんのブログや、その他の情報を収集している人にとってみれば所謂「アメリカの陰謀」とやらの既定路線(原油価格$200まで高騰させるらしいが。)であるからアタフタしてもしょうがない。ましてやバブルがはじけて以来日本の景気が良くなった事等一度たりともない現状において何を今更?と感じるね。
    人間って奴はその時々に応じて何とか生き延びる手段を講じるものであり、それが出来たからこそ、今尚人類は存続している。
    皆さん、ものは考えようで、形あるものは何時かは壊れるし、壊れたら新しいものを築くのが人間です。そう考えると、新しいものを手に入れる為に今は壊れ行くものにしがみつくより、早く壊してもらって新しい何かを待つか、自分で考え、新しい何かを自分で築こうと言う前向きな考えを持って生きる事が大切ですよ。
    「世界経済の崩壊は極東から始まって」と言うのも考えようで、確かに一番最初に苦しい思いをするのは極東かもしれないが、逆に言えば、新しい何か・新しい悦び・新しい幸せも極東が最初って考えられますよ。そうなると、そんな幸せや、悦びもヨーロッパが一番最後って事だよ。
    いいですか?日本には素晴らしいことわざがあって「禍福はあざなえる縄の如し」これは、幸・不幸は交互にやってくると言う意味で、この言葉は人間のみならず国にも当てはまる言葉だと思う。だから、今が、または今から苦しみに直面するとしても、未来永劫苦しみなんて続きません!一時の苦しみに耐え、乗り越えられればその先には「光」があります。仮に食物が高騰して食べられなくなったら、自分で穀物を育てて食料にすれば良いし、いざとなればその辺に生えてる草でも何でも食えば良いんだよ。(まだまだ都会の公園にも食せる植物はたくさん生えてますから。)寒かったら木々を集めて燃やして暖を取れば良い。人は良くも悪くも生き延びる術を身に付けている、もしそれがないなら、そういう術を知っている人に学べば良いのだから。これから暫くの期間は「人に頼りきる生き方」は難しいが、良い方に考えれば、人間存続の為の勉強期間であると考えれば多少なりとも明るく生きていけるよ。(ただ、自分の事だけしか考えないような「学び」はやめようね。)
    破綻は「新しい世界・新しい考え方の道しるべ」と前向きに考えて、皆この苦しい時代を生き抜きましょう!そしてどの国よりも先んじて幸福を手に出来るよう努力しよう。

    追伸

    世見さんの03/11付けのブログも参考になりすまから皆さんご覧になってみては?
    http://yoken.kinmiraiken.jp/wordpress/?m=20080311

    本当か嘘かは・・・

    読んだ皆さんが判断してください。
    多分ヤスさんもご存知かと思いますが「子羊通信」http://zaakai.cocolog-nifty.com/blogと言うブログに良く書き込みをなさっている「sa15nnobita」http://blogs.yahoo.co.jp/sa15nnobita/21046518.htmlと言う方のブログに「聖母マリアからの予言的メッシージ(1994年4月1日アメリカの幻視者へ)」として以下のような内容の書込みがありましたので、ご参考までに皆さんにご紹介したいと思います。
    ただ、書かれている内容につきましては各自でご判断ください。
    聖母マリアの予言的メッセージ
    (1999年4月1日、アメリカの幻視者へ)

    私の甘美なる子供たち、金融が直面する問題をもっと十分に理解するための時が来ました。あなたが期待し、行なうようにと私が勧めていることが何かをできるだけはっきりと説明しましょう。

    あなたたちの金融手続きがもっと電気的指向になるための大きな企てが、この時代にあることをあなたは気づいているでしょう。ATMの使用や、銀行がコンピューターを使うことにより、銀行に来る人々の数は減っています。あなたたちの多くの者はクレジット・カードを使うことを推し進めていて、様々な機械的方法が銀行で行なわれています。あなたたちの購買手段や健康管理の手法と同じく、今進められ行なわれているのがスマート・カードの使用だということを認識しなさい。

    全てが機械的になることができた時、彼らの利益は増大し、一般の客は減るでしょう。その日を銀行のシステムは期待しているのです。それはあなたたちのお金をコントロールして、次第に少なくする方法です。

    さて、私たちは次に、あなたたちの債権についてもヒントを与えましょう。私たちはあなたにもっと指示を与えると約束しました。それに関する助言の機会がきました。私たちは金融アドバイザーではなく、私の娘である秘書(注:この天のメッセージを書き取った幻視者、天から秘書と呼ばれている。)もそうです。彼女は私たちが口述したことを書き取り、この私たちの言葉をあなたが読むのと同じく、あなたよりこれらのことの知識が多いということはないです。

    私の娘と私の子供たち、私が言わなければならない時が来ました。様々な債権から普通預金口座に現金を振り込んで、お金として持っていなさい。株や債券としてそれを長期間残しておけば、このお金は完全に失われるでしょう。家に手持ちの現金を密かに安全に持っていることを再び求めます。しかし、それは慎重に行なう必要があり、あなたがお金を持っていることを人々に気づかれないようにしなさい。

    銀行の普通預金口座から全てを引き出しなさいと助言するその日はくるでしょう。しかし、今ではないです。このメッセージはやがて来るはずのことに先立つヒントです。

    今日の人々は投資から多額のお金を作り、それから高収入があると信じています。その結果、生活様式はいつまでも続くと思っています。これは事実ではありません。株式市場の下落で損失となり、大きな儲けはないです。

    めまいがするほどお金を得ようとしている者が、多大な損失で悲嘆にくれているので、そのことに私は関心があります。私の子供たち、最良とは、それに関わらないことです。あなたたちの所有する普通預金口座や小切手は安全でしょう。お金を安全な預け箱か家に移すように、私はこの二つの場所を提案します。

    さて、私は物々交換に使うために、金貨を得るようにと提案します。他の物は遅れても、これはすぐに獲得しなさい。周囲の硬貨の店や宝石店で求めなさい。あなたは金貨や銀貨を買うための店を見つけるでしょう。あなたがそれを欲しくないなら、物々交換のために良質な宝石を少し買うか、形のよい銀製のコーヒー・ポットを買いなさい。あなたたちのお金を有効に使いなさい。それは投資の形態であるとあなたは言うでしょう。しかし、物々交換のためには完全です。

    私がこれらの事柄を話している理由は、世界金融市場に不況をもたらす劇的な出来事が起こる時だからです。これらに精通している世界銀行は、通貨の価値や市場の柔軟性についての話を出すでしょう。これらの人々は世界の金融の状況を大変懸念しています。しかし、株式市場に従事している者の声高な声を聞くことはできません。世界の金融市場の経済状態が不況の時になれば、はっきりと彼らは私を信じ、耳を傾けるでしょう。

    ↑わけがわからん↑

    v-208みなさんへ
    このような↑わけが解らんコメントは無視しようv-363
    v-363v-363v-363v-363v-363v-363v-363v-363v-363
    v-40相手にしな方が良い理由はこれ
        http://warabidani.blog81.fc2.com/blog-entry-557.html

    お前の意見など聞いてない!

    ヤスjrよ最初から言ってるだろうが、「個々の判断に任せる」と。お前が理解できないならできないで勝手に思ってりゃ良いことなんだよ。だからお前は「いつまでも売れない自称監督」でしかないんだよ。

    劇薬(紛争)か地域統合か

    20人に1人・・・いやそれ以上の数!

    http://warabidani.blog81.fc2.com/blog-entry-557.html のサイトを見ても解るが、少なく見ても日本国内に住む日本人の20人に1人が精神異常精神障害)をきたしたまま日常生活をしている。

    つまりこのコメント欄に書き込んでいる20人中の1人ぐらいは精神異常者であり、日本国内の街中で20人の人間と通りすがれば1人精神異常者と遭遇しているという真に怖い話であるv-363

    このデータは収集できただけの数値から割り出されているために、実際にはそれ以上の精神異常者が日本国内に存在することになり、精神異常予備軍を含めればかなりの数になるはずだv-363

    何故これだけ多くの精神異常者が日本中に蔓延し始めたかv-361その最大の理由は日本が非常に高いストレス社会だからである。

    これも敗戦後の米国による日本植民地政策からきたであると言え悲劇でもある。

    だからアメリカ型の社会構造と生活内容をいち早く変更し、アメリカからの奴隷支配から独立するべきであろう。
    v-208

    確かに

    売れないってストレスたまるよな。自分よがりで作ったものだから誰も見てくれず、誰からも評価されず、そのストレスを他人のブログで解消するしかない。カワイソー。。。
    みなさんはこんな人間になってはダメですよ。すごく醜いでしょ。実例で示してくれているんだからこれを学んでくださいね。
    結局、日本にいようが外国にいようがこのように「精神異常」は誰でもかかってしまうと言う事なんです。とても判り易い題材でしてね。


    ↑精神障害者のnao↑

    反応の仕方から分析してnaoも20人中の一人であるv-40


    このようなコメントのやり取りはEU国内で起こった事がない・・・いかに日本国内には多くの精神障害者が多いかが解るv-208

    バーボンウィスキーと養豚

     今晩は、金貨09様。母国台湾では大変な事になっているようですね。ご心象お察しいたします。私も科学技術はどんなに進歩しても、方向性(政治やマスコミが作る)を間違うと害にしかならない事をいつも危惧しております。
    >台湾で八百軒ぐらいの養豚場が廃業しました。
     今回は「科学技術の危険性」について少しだけお話したいと思いました。以前「バイオエネルギー(バイオエタノール)ありきではで問題がある」と述べて、後になって(それなりの理由もあり)削除致しましたが、金貨09様の母国の窮状を見て、少し文章を変えて再投稿する気持ちになりました。金貨09様、以下お読み下さい。
     
     「バイオエネルギー利用の考え方」 
     セルロースやグルコースは地球上にある物質の中でも、特に高エネルギー物質と言っても良いものです。これらを微生物を使って醗酵させエタノールに変換するという事は、微生物自身がセルロース・グルコースの高エネルギーを使用(微生物自身の活動と増殖などに)し、より低エネルギー物質のエタノールにしてしまいます。 エタノールは、本来、低エネルギー物質であり、特殊な微生物を除いて基本的に不要産物です。バイオエネルギーを考える上で重要な事は微生物などに、必要最低以外の高エネルギーを与えず、セルロースから、直接、「高エネルギー水素」などを取り出す事が本来の「バイオエネルギーの有効利用」と言えるはずです。
     高エネルギー物質グルコース(例えばトウモロコシ)から、「バイオエタノール」などという言葉を作って人々を騙し、科学の目的にする事は、科学の悪用に他なりません。トウモロコシから作られるエタノールは「バーボンウィスキー」と呼ぶべきものです。「バイオエタノール」を声高に言い、科学がそれを目的にすれば、必然的に、人類は「食料・エネルギー不足」になります。「バーボンウィスキーが豚を死なせる」現象も理屈に合う結果だと考えます。
     そして、最近クリーン・エネルギー元として光合成etc.から水素を作る微生物の件も、「光エネルギー(微生物による光合成)→水素」の過程も「セルロース→(シロアリ君)→水素」と比べると、遙かに効率の悪いものになると推測させれます。なぜなら、セルロースは長い時間と大量の光エネルギーからすでに作られた高エネルギー物質そのものだからです。そのため、セルロースから直接「高エネルギー水素」取り出す方が遙かに高効率となるわけです。
     別の話になりますが、「遺伝子組換え技術に対する誤解がまかり通っている」のも私なりに心配しております。そして、今まで述べた事すべて、私の「得意分野では全く無い」ので誤解の無いようにお願い致します。それでも、金貨09様(志に感動しました)のために、この文章は削除しないようにしたいと思いました。

    考えさせてくれました

    銀色狼さん
    今晩は!ご親切に本当にありがとうございました。感謝しています。

    以下の記事を合わせて、銀色狼 さんの記事を2、3回拝見していろいろ考えて、「バーボンウィスキーが豚を死なせる」現象も理屈に合う結果だと考えます。 という意味がわかるようになりました。
    http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20071115/1004550/

    ps:もう少し詳しく説明したいのですが、「台湾で八百軒ぐらいの養豚場が廃業しました。 」というのは小規模の個人経営養豚場は殆どです。つまり、穀物高騰のせいで個人経営は悪戦苦闘に直面しているのが現状です。

    ありがとうございました。v-425

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    お気持ちはよく分かります

    こんにちは。ヤスです。書き込み拝見いたしました。お気持ちはよく分かります。ただ、やはり、このような誰でも見られるブログでは避けられないことかもしれません。もしなにか特別におっしゃりたいことがございましたら、私に直接メールしてください。

    ではでは

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://ytaka2011.blog105.fc2.com/tb.php/67-8b3fe2fc
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    «  | ホーム |  »

    私はペット殺処分ゼロを応援しています!ピースワンコ・ジャパン

    まぐまぐ大賞2016

    メルマガ登録 月840円

    メルマガ登録・解除
    未来を見る! 『ヤスの備忘録』連動メルマガ
    >> サンプル
    詳細ページへ
    powered by まぐまぐプレミアム
     

    WEB検索

    Google

    プロフィール

    ヤス

    Author:ヤス
    普通の中年のおやじです。

    他の活動:ヤスの英語

    ※注意
    投稿欄としての本来の機能を維持するため、本ブログの管理人が内容としてふさわしくないと考える投稿は、予告なく削除いたします。また、投稿する方自らが自粛していただければ幸いです。

    最近の記事

    最近のコメント

    月別アーカイブ

    カテゴリー

    フリーエリア

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    ブログ内検索

    RSSフィード

    フリーエリア

    ヤスの本

    翻訳・監修本

    「神霊の世界に覚醒して」 shaman02

    ハワイの長老が語り伝える先住民族の聖なる知恵 bowl

    社会分析

    望みなき時代の幸福論 koufuku

    日本はこう変わる コルマンインデックス未来予測 nihonkawa

    「マルクスに聞け」(道出版) marx

    コルマンインデックス後 私たちの運命を決める 近未来サイクル cycle03

    コルマンインデックスで見えた日本と経済はこうなる koruma

    語学教育

    日本人が「英語ペラペラ」を本当に実現できる本 (講談社) pera

    通じる英語笑われる英語 tsu

    きちんと伝える英語 tsutaeru

    英文社内メール例文集 shanai

    実践 英文ライティング入門 bizw

    音声読み上げソフトで練習する速読即解英文リーディング sokudo

    「確実に意志が伝わる英会話」 kakujitsu

    ビジネスレター実用フォーマット bizletter

    英会話「英訳」トレーニング cd

    ネイティブはゼッタイ使わない nat

    ビジネスコミュニケーション

    論理的会話トレーニング ronri

    知的論理トレーニング chiteki

    対談本

    宇宙の設定を読み解く[BlackBox]超予測 black

    日月神示の緊急未来予測 hitsu01

    日月神示のサバイバルガイド hitsu02

    フリーエリア