2017-07

    ビリー・マイヤー予言1

    今回は悪性の風邪で完全にダウンしてしまい更新することができなかった。やっとベットから起き出して書いている。今回から、これまで何度も予告しておきながら掲載する機会がなかったビリー・マイヤーの予言を数回に分けて書くことにするが、病み上がりで体力がないため今回はほんの導入部のみを掲載する。

    ビリー・マイヤー

    ビリー・マイヤーは1951年以来UFOで地球に飛来した異星人からメッセージを受けていると称しているスイス人の農夫である。彼は何度も飛来したUFOを撮影しており、こうした映像や写真から彼の名前を知っている人も多いかと思う。

    彼はプレジャリアンといわれる異星人からコンタクトされていると主張している。日本ではプレジャリアンをプレアデス星人としているが、資料を読む限りそうではないようだ。プレジャリアンは、プレアデス星団から80光年離れた位置にあり、われわれの次元とは異なった次元に存在している惑星から来ているとのことだ。プレジャリアンとは、マイヤーと異星人がお互いを呼び合うためにつけた便宜上の名前にすぎないそうである。

    ただ、彼の撮影したUFOの動画や写真にはそれが偽造されたものではないのかという疑惑があり、いまでもその真偽に関しては議論が続いている。ウィキペディアに詳しいので、関心のある人はぜひそちらの記事をご覧いただきたい。

    もし話がUFOの目撃談だけなら筆者はあまり関心を持たなかったと思う。UFOの存在を信じない訳ではないが、筆者の関心はむしろ現実の世界の行く末にあるからだ。

    筆者がこれに関心を持つようになったのはそれなりの理由がある。筆者が頻繁に訪れるサイトに「The Conscious Media Network」というサイトがある。ここは、精神世界系の情報をおもにビデオとラジオで配信しているサイトだ。多くの人が精神世界の存在に気づき、それを認知できるように教育することを目指したサイトだ。この種のサイトとしては最高のクオリティーを誇っている。安易な興味本位のエンターテインメントではまったくない。毎回インタビューを受けるゲストも「神々の指紋」のグラハム・ハンコック、「トランスパーソナル心理学」の創設者のスタニスラフ・グロフ、「スピリチュアルウォーカー」のハンク・ウェセルマン、「マヤカレンダー」のジョン・メイジャー・ジェンキンズなど、それぞれの分野のまさに大御所といわれる研究者や作家ばかりだ。サイトは広く人々を啓蒙することが目的なので、ビデオはすべて無料で提供している。関心のある人はぜひアクセスしてみるとよいだろう。

    筆者がビリー・マイヤーの予言の存在を知ったのはこのサイトであった。マイヤーの予言は、このサイトが毎月配信しているラジオ番組でまじめな考察の対象になっていたのである。ビリー・マイヤーのアメリカにおける代理人であるマイケル・ホーンがゲストであった。

    さらにマイヤー予言は、このブログでもよく取り上げている全米最大の深夜放送「Coast to Coast AM」でも過去何度も特集されている。ここでは「神々の指紋」のグラハム・ハンコックなみの扱いを受けている。

    これらのサイトがマイヤー予言をまじめな考察の対象としているのも、マイヤー予言の類を見ないほど正確だからではないかと思う。

    1958年の予言

    マイヤー予言はビリー・マイヤーが最初にコンタクトされた1951年以来記録されその一部が公開されているが、その分量は膨大である。その中でも集中的に近未来の出来事が予言されているのが1987年の2月に行われたエノック予言(Henock Prophecy)といわれる予言である。

    ただ、この予言もA4で24ページもあり、一気に訳出できるものではない。これからその内容を数回に分けて掲載するが、今回はその紹介として、マイヤー予言がいかに正確か実感してもらうために、1958年8月24日のコンタクトからほんの一部を要約して紹介する。

    1958年といえば49年も前である。この時点から現代に起こっていることが、以下のようにかなり正確に予言されている。

    「ソビエトは遅くとも1991年には解体し、東ドイツは80年代の終わりに消滅して東西ドイツは統一される。イラクはアメリカ合衆国により戦争がしかけられるが、それは目的を果たさず失敗に終わる。その後、大統領の息子の一人が大統領となり、イラクには第二の戦争がしかけられる。この戦争は信じられないくらい悲惨なものとなり、米軍および反乱分子の手により多くの人間が虐殺される。」

    事実、ソビエトの解体は1991年に決定し、翌年の92年に正式に解体した。また、ベルリンの壁は89年に崩壊し、それと同時に東ドイツも消滅した。イラクを攻撃した第一次湾岸戦争をフセイン政権は生き延びたが、2003年、ブッシュ政権はイラクを再度攻撃しフセイン政権は崩壊した。その後は実質的に内線状態にある。

    また次のような予言もある。内容はあまりに明白ななので、解説の必要もないだろう。

    「あと40年で、普通の人々が携帯電話を持ち、機会があればいつでも使うようになる。」

    「人々は、コンピュータが網の目のように結び合ったネットワーク(インターネット)から送信されてくるファンタジーにくぎづけとなり、現実の世界で起こっている出来事とファンタジーとの区別がつかなくなる。」

    「20世紀の終わりにはクローン技術が発達し、動物のクローンが作られるようになるが、21世紀には移植用の臓器を取り出すためだけのクローン人間が作られるようになる。」

    どうであろうか?これらの予言が本当に1958年に行われたものであるかどうかの確証はない。だが、もし本当にそうだとするとその正確さには驚愕すら覚える。

    1958年の予言は、ちょうどイラク戦争が始まる前後の時期までで終わっている。われわれのいる2007年から先の予言は、エノック予言を待たねばならない。

    エノック予言でははっきりとは明示はされていないが、近未来で大変動が発生する時期は2009年の半ばか2010年前後のようだ。特にアメリカに関してはジョン・タイターと実によく似ているのに驚く。

    次回からエノック予言を数回に分けて掲載する。

    続く

    ヤスの英語

    クリックをぜひ!↓





    スポンサーサイト

    テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

    コメント

    いつも興味深く拝見させて頂いています。エノック予言も興味深々です。

    確かに良く当たってますね。
    本題が楽しみになります。
    お体に気を付けて、無理しない範囲で続きをお願いします。

    毎日 更新されていないかと 楽しみに 訪ねています。
    体調崩されてたのですね 早く回復されますように  続きを 待っています。

    ありがとうございます

    マッチョマンさん、くもさん、マサミさん、そしてげんてつさん、励ましのお言葉ありがとうございます。ものすごくしつこい風邪でしたがなんとか全快いたしました。病院の薬も含め、今回はとにかく薬が効かなかったのですが、新発売の「ルルアタック」で一発で治りました。今後もがんばります。

    ただ、エノック予言は真っ暗ですけど。

    インチキ吊る糸UFOは置いといて、ビリーの予言は的中していることが多いのでこの頃読むのが怖いです。

    便利な時代

    携帯電話やパソコン、インターネットの普及で実に便利な時代になりましたね。私は、あちこちのブログにメールを朝昼晩としているので暇な人やねぇと言われますが仕事中にメールすることが多いです。車を運転しながら音楽を聴かないと耐えられない自分にとっては、いつでもどこでも他の事をやりながらインターネットを出来ることは素晴らしい事です。乍ら族にはもってこいですね。    現実とファンタジーの区別はつきますがそうでない子供も多いかもしれませんね。携帯、PCインターネットよりも将来、便利な物って開発されるとしたら、どんな商品でしょうか??v-216

    ビリー・マイヤーの予言、警告は2011年3月11日に発生した東日本大震災による巨大津波や福島原発事故による日本のみならず世界中に放射能汚染が拡大し、また米国を襲った巨大ハリケーンやトルネード、大砂嵐、山火事などにも言及している。詳しくはFIGU日本支部発行の「FIGU JAPAN」もしくはネット検索されるといい。

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://ytaka2011.blog105.fc2.com/tb.php/48-fe750d08
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    «  | ホーム |  »

    私はペット殺処分ゼロを応援しています!ピースワンコ・ジャパン

    まぐまぐ大賞2016

    メルマガ登録 月840円

    メルマガ登録・解除
    未来を見る! 『ヤスの備忘録』連動メルマガ
    >> サンプル
    詳細ページへ
    powered by まぐまぐプレミアム
     

    WEB検索

    Google

    プロフィール

    ヤス

    Author:ヤス
    普通の中年のおやじです。

    他の活動:ヤスの英語

    ※注意
    投稿欄としての本来の機能を維持するため、本ブログの管理人が内容としてふさわしくないと考える投稿は、予告なく削除いたします。また、投稿する方自らが自粛していただければ幸いです。

    最近の記事

    最近のコメント

    月別アーカイブ

    カテゴリー

    フリーエリア

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    ブログ内検索

    RSSフィード

    フリーエリア

    ヤスの本

    翻訳・監修本

    「神霊の世界に覚醒して」 shaman02

    ハワイの長老が語り伝える先住民族の聖なる知恵 bowl

    社会分析

    望みなき時代の幸福論 koufuku

    日本はこう変わる コルマンインデックス未来予測 nihonkawa

    「マルクスに聞け」(道出版) marx

    コルマンインデックス後 私たちの運命を決める 近未来サイクル cycle03

    コルマンインデックスで見えた日本と経済はこうなる koruma

    語学教育

    日本人が「英語ペラペラ」を本当に実現できる本 (講談社) pera

    通じる英語笑われる英語 tsu

    きちんと伝える英語 tsutaeru

    英文社内メール例文集 shanai

    実践 英文ライティング入門 bizw

    音声読み上げソフトで練習する速読即解英文リーディング sokudo

    「確実に意志が伝わる英会話」 kakujitsu

    ビジネスレター実用フォーマット bizletter

    英会話「英訳」トレーニング cd

    ネイティブはゼッタイ使わない nat

    ビジネスコミュニケーション

    論理的会話トレーニング ronri

    知的論理トレーニング chiteki

    対談本

    宇宙の設定を読み解く[BlackBox]超予測 black

    日月神示の緊急未来予測 hitsu01

    日月神示のサバイバルガイド hitsu02

    フリーエリア