2017-10

    最近の核テロ警告とその後の状況

    すでに期日が過ぎてしまったが、9月13日にベンジャミン・フルフォード氏は以下のように核テロの可能性を警告していた。少し長いが全文を引用する。

    「明日アメリカで「核テロが起きる」と騒がれています。英語のインターネット上では、米国時間の14日に「アメリカで核テロが起きるのではないか」と騒がれています。根拠は以下です。

    1.MI6元長官が本日、今後アルカイダが起こすのは核テロだと予言した。また、9月7日の米外交問題評議会(CFR)の演説で、CIA長官もアルカイダの核テロを予言している。それから、チェイニー副大統領も別の場所でアルカイダの核テロを予言している。

    2.明日アメリカ空軍が全ての軍事飛行機をStand down(飛ばない)させるという、正式発表がありました。

    3.一昨日前ルール違反で飛ばされたB52の核兵器は10時間もの間警備のないところに置かれて、そのうちの一つは行方不明になったのではないかという疑惑があります。

    4.ブッシュ関係の金融機関が14日に株が大暴落すると大儲けをするという140億ドルの賭けをしています。ちなみに9.11の日には同じような300億ドルの賭けがあり、大儲けをしていました。

    ただしこれだけ皆に予測されている中で、本当にシナリオ通りに核テロを起こしたら全世界がブッシュやチェイニー周辺と戦うことになるので、果たして実現は無理なのではないかと私は思う。」


    9月14日にはテロは起こらなかったわけだが、今後の予測を立てるためにも何が本当に起こっていたのか一度確認しておいたほうがよいだろう。

    何が実際に起こっていたのか?

    今回、核テロが警戒された最大の理由は、複数の核弾頭を搭載したB52爆撃機が無許可のまま飛行してしまったことだ。9月15日、伝統的保守派の代表的なジャーナリスト、ジェローム・コーシーがこの件を詳細に調査した記事を発表している。以下がその要約である。

    事件は8月30日に発生した。Bー52H戦略爆撃機一機が、ノースダコタ州ミノー(Minot)空軍基地から核弾頭を装備した巡航ミサイル6基を搭載したまま、ルイジアナ州ブレースデール基地まで飛行した。空軍司令部、及び空軍基地の管制センターは核が搭載されている事実に一切気づかなかった。

    今回の飛行の目的は旧型の巡航ミサイルの廃棄である。そのような目的の飛行は頻繁に行われており、その意味では今回の飛行が特別であったわけではない。

    ただ、核弾頭を搭載した飛行は空軍当局の厳重な監視と管理のもとで行われるの普通であり、空軍当局が飛行の事実を把握していなかったことは重大な問題である。このようなケースは前例がない。

    これを重く見た空軍戦闘司令官のロバート・キース将軍は、9月14日全空軍機に対し飛行停止命令を発令した。目的は、このような事態が起こった原因の把握、および飛行許可に関する過程とルールを全パイロットに徹底させることである。

    ただし北アメリカ航空宇宙防衛司令部(NORAD)とアメリカ北方軍(USNORTHCOM)に所属する軍機はこの限りではない。飛行停止期間の国土防衛はこれらの軍機によって行われる。

    空軍のスポークスマン、エド・トンプソン中佐は「6基の巡航ミサイルは爆撃機の主翼の下に装備されていたがそれが発射できる状態ではなかった。だが、これは許される事態ではない。なぜこのようなことが行われたのが究明するために調査は徹底して行われ、調査結果は数週間後にメディアに発表する。」

    これが実際に起こったことである。空軍当局の調査結果の発表を待たねばならないが、これをどうみるべきだろうか?単なるミスであったのだろうか?それともフルフォード氏が指摘しているように、これは失敗した核テロの計画だったのだろうか?空軍の上層部が未然に防いだのだろうか?以前の記事に以下のように書いた。

    「ブッシュ大統領がイラク戦略を根本的に変えなければアメリカ軍は9月に反乱を起こすだろうと、シンシア・タッカーという有名なコラムニストがNBCテレビで言いました。現役軍の幹部複数と良い関係を持つターカー氏によると、ブッシュのイラク増兵を9月までに終わらせなくてはもはや命令に従わないという。また実際のところ、在イラクアメリカ軍の数は発表している145,000人じゃなく300,000人になっているということだ。」

    これはその「クーデター」と何かの関連があるのだろうか?さらに調査が必要になる。

    フルフォード氏は9月14日の株価暴落を予想していたがそれも起こらなかった。14日のダウの終値は13442ドルで前日よりもむしろ若干高めに終わった。

    核テロや鳥インフルエンザ、さらに大規模な反戦デモなどで非常事態宣言が発令され、それをきっかけとしてブッシュ政権が一挙に強権化するとのタイター的なシナリオの可能性は多くの筋から指摘されている。確かにそれが起こってもおかしくない状況にはある。だが今のところ、そのような状況の引き金になる決定的な事件が欠如しているのだ。

    続く

    ヤスの英語

    よろしかったらクリックお願いします。↓





    スポンサーサイト

    テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

    コメント

    今~世界中に微妙な混乱が生じてるような感じがします。アメリカ覇権失墜の予兆と捉えても間違いでもない気もするけど、時間の問題なんでしょうね!いろんな悪い予兆が重なるんかな~~~~~ http://tanakanews.com/070918dollar.htm ショーン・デービッド・モートンの次の予言も早く知りたいですね!

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://ytaka2011.blog105.fc2.com/tb.php/41-3d631bce
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    «  | ホーム |  »

    私はペット殺処分ゼロを応援しています!ピースワンコ・ジャパン

    まぐまぐ大賞2016

    メルマガ登録 月840円

    メルマガ登録・解除
    未来を見る! 『ヤスの備忘録』連動メルマガ
    >> サンプル
    詳細ページへ
    powered by まぐまぐプレミアム
     

    WEB検索

    Google

    プロフィール

    ヤス

    Author:ヤス
    普通の中年のおやじです。

    他の活動:ヤスの英語

    ※注意
    投稿欄としての本来の機能を維持するため、本ブログの管理人が内容としてふさわしくないと考える投稿は、予告なく削除いたします。また、投稿する方自らが自粛していただければ幸いです。

    最近の記事

    最近のコメント

    月別アーカイブ

    カテゴリー

    フリーエリア

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    ブログ内検索

    RSSフィード

    フリーエリア

    ヤスの本

    翻訳・監修本

    「神霊の世界に覚醒して」 shaman02

    ハワイの長老が語り伝える先住民族の聖なる知恵 bowl

    社会分析

    望みなき時代の幸福論 koufuku

    日本はこう変わる コルマンインデックス未来予測 nihonkawa

    「マルクスに聞け」(道出版) marx

    コルマンインデックス後 私たちの運命を決める 近未来サイクル cycle03

    コルマンインデックスで見えた日本と経済はこうなる koruma

    語学教育

    日本人が「英語ペラペラ」を本当に実現できる本 (講談社) pera

    通じる英語笑われる英語 tsu

    きちんと伝える英語 tsutaeru

    英文社内メール例文集 shanai

    実践 英文ライティング入門 bizw

    音声読み上げソフトで練習する速読即解英文リーディング sokudo

    「確実に意志が伝わる英会話」 kakujitsu

    ビジネスレター実用フォーマット bizletter

    英会話「英訳」トレーニング cd

    ネイティブはゼッタイ使わない nat

    ビジネスコミュニケーション

    論理的会話トレーニング ronri

    知的論理トレーニング chiteki

    対談本

    宇宙の設定を読み解く[BlackBox]超予測 black

    日月神示の緊急未来予測 hitsu01

    日月神示のサバイバルガイド hitsu02

    フリーエリア