2017-10

    ジョン・ホーグの2014年予言を改めて見て見る 最終回

    11月4日

    またいつものように遅い更新だ。いつも読んでくださっている読者の方々に感謝する。

    ツイッターを始めました!

    ツイッターに書き込むことにしました。よろしかったらフォローをどうぞ。日々情報を発信します。
    https://twitter.com/ytaka2013/

    船井幸雄.comに筆者のページが出来ました。月一回のペースで更新します。ぜひご覧ください!

    船井幸雄.com
    ヤスのちょっとスピリチュアルな世界情勢予測

    10月25日の勉強会の様子です。音声が小さいので、最大にして聞いてください。



    「ヤスの勉強会」第8回のご案内

    「ヤスの勉強会」の第8回を開催します。「抑圧されたものの噴出」は、いままさに日本でも起こっています。前回の勉強会から、私達の国「日本」に焦点を置き、日本と日本人がこれからどのような未来に直面するのか、我々の集合無意識の深層から分析します。

    【主な内容】
    ・明らかになりつつある日本という国の真実と実態
    ・サイキックが見た日本の未来
    ・2015年はどんな年になるのか?
    ・第2のリーマンショックは起こるのか?

    よろしかったらぜひご参加ください。

    日時:11月29日、土曜日
    時間:1時半から4時前後まで
    料金:4000円
    場所:都内(おそらく東横線沿線)

    いまのところ場所は未定ですが、申し込みいただいた方に直接お伝えいたします。以下のメルアドから申し込んでください。

    記載必要事項
    名前(ふりがな)
    住所 〒
    メールアドレス
    参加人数
    懇親会の参加の有無
    info@yasunoeigo.com

    「高松の講演会」

    以下の日程で高松の講演会を行います。お近くの方はぜひどうぞ!今回の講演会は面白くなりそうです!

    日時  平成26年11月28日(金)18:30受付 19:00~22:00前後まで
    場所  高松生涯学習センター

    会場内の掲示板にて部屋の確認をお願いいたします。
    〒760-0040 高松市片原町11番地1
    電話:087-811-6222 FAX:087-821-8022
    会費   ¥5000/人

    講演会後、高島先生を囲んでの懇親会を予定しております。場所 未定ですが高松市内にて行う予定です。

    主 催  里坊会計事務所 里坊昌俊
    実行委員 有限会社ウエストフードプランニング小西啓介、ソニー生命保険株式会社 山下智幸、株式会社京蔵 京兼慎太郎、株式会社クリード インテグレーション平野伸英

    内容
    ・隠され続けてきた日本の実態
    ・イスラム国と知られていない事実
    ・日本の報道とはまったく異なる世界の現状
    ・サイキックの未来ビジョンは的中するのか?
     など

    記事全文を音声ファイルにしました。よろしかったらどうぞ。7日で削除されますので、お早めにどうぞ。

    音声ファイル

    新刊本です!ハンク・ウエスルマン博士との対談が収録されています!ぜひどうぞ。
    koufuku

    むちゃくちゃうまい醤油!

    筆者は、隔月で高松の経済団体で講演会を行っている。そのとき、高松で評判になっているおいしい醤油のことを教えられた。小豆島の醤油である。早速、注文して見たが濃厚な味でものすごくうまかった!世の中にはうまいものがあるののだと思った。よろしかったらどうぞ。

    金両醤油

    次回の有料メルマガのご紹介

    11月7日、深夜0時10分に配信する次回のメルマガは、アメリカの中間選挙とそれ以降に訪れる可能性のあるアメリカ国内の大きな変化について、実にユニークな予測が著名な予言者のジョン・ホーグから出ている。

    それと関連して、日本の今後がどうなるのか詳しく見て見ることにする。

    今回の記事

    今回は、すでにメルマガに発表したジョン・ホーグの「2014年予言」の最終回である。2014年が終わろうとしているいま、今年がどのような年であるのか理解する上でも意味があると思う。

    ジョン・ホーグ「2014年予言」最終回

    アメリカの衰退の真の意味とみずがめ座の時代

    これまでに解説したように、アメリカの衰退はだれの目にも明らかになりつつある。しかし、アメリカの衰退の後に待っている世界は、これまで考えられているような、BRICs諸国などが地域覇権を分け合う多極化した世界秩序の出現という地政学的な変化だけではない。もちろん多極化は進展するだろうが、アメリカの衰退ははるかに深い意味をもつ。

    この意味を理解するためには、アメリカの衰退が起こっている時期に注目する必要がある。2008年にみずがめ座の時代に入ったことを考えると、衰退の過程はみずがめ座の時代の特徴を反映したものとなるはずだ。

    では、みずがめ座の時代の特徴とはなんだろうか?それは、巨大組織の衰退、個人の力の強化、ネットワークの拡大などの特徴だ。それに伴い、社会のあらゆる方面で中央集権が解体して、分散化が加速度的に進む。アメリカの覇権の衰退と多極化は、あらゆる領域でダイナミックに進む分散化の過程が、地政学の分野で表現されたものにしかすぎないのだ。

    2018年にやってくる徹底して分散化した世界

    したがって、世界の多極化が本質的な現象だと誤解してはならない。これから我々の目の前に現れてくるのは、徹底して分散しシステムなのだ。こうしたシステムは、2015年から2016年に起こる世界的な不況の過程で出現する。

    先の解説ですでに紹介したように、2015年から始まる世界的な不況でドルと円は衰退し、中国の元が唯一の信頼できる基軸通貨となる。

    しかし、元の基軸通貨の支配は長くは続かない。というよりも、2016年頃になると、基軸通貨という概念が意味をなくし始めるのだ。基軸通貨が必要であるのは、中央銀行が管理する不換紙幣によって維持されている経済システムのもとだけだ。不換紙幣を相互に交換するツールが基軸通貨なのである。

    だが2016年頃からは、ビットコインのような、ネットワークで使われるデジタル化した通貨が、あらゆるものとサービスの取引に使われるようになる。このでは中央銀行も一般の銀行も、中央集権化したあらゆる金融システムは必要なくなる。世界に分散化した個人が、ネットワークを通してデジタル通貨を支払い手段として経済関係を結ぶのだ。

    またこれは、投資にも大きな影響を与える。いま次第に大きくなっているクラウドファンディングが投資の中心的な形態になるはずだ。もはや、巨大な投資銀行の役割はなくなる。

    宗教と信仰

    分散化というみずがめ座の時代の特徴は、宗教と信仰にも歴史的な転換を迫ることになる。中央集権化した教壇と、それを支えている信者の信仰心は、やはり急速に衰退する。

    権威を集中した一神教的な宗教に変わって、個々の人間に神的な力が宿っていることを自覚する方向にシフトする。これは、特定の権威が神聖なものを独占している中央集権的な宗教の時代から、神聖性が個々の人間に分散化した時代になる。そのような時代では、自分の内面に宿る力こそがもっとも神聖なものなので、信仰という態度を保持する必要性もなくなる。

    あの世とこの世

    だが、死んだ後の平安を保証するという宗教の機能はどうなのだろうか?人間にとって死は最大の恐怖であり、この不安に対処してきたのが宗教であった。個々人に神聖な力が宿っているとしても、死への不安がなくならなければ、やはり宗教の必要性は存在し続けるだろう。

    おそらく、みずがめ座の時代がもっと進んでからになるだろうが、死の不安を解決する方法が見つかるはずだ。それは科学である。これからに科学は、生きているものが死者とコミュニケーションできるツールと方法を提供するようになるだろう。この時点で、死はもはや神秘でもなんでもなくなる。

    ここに来て、中央集権的な宗教は本格的に消滅する過程に入ることだろう。

    強烈な異常気象

    2014年には、予想外のエル・ニーニョによって異常気象が世界各地で頻発する。フィリッピンや日本では巨大な台風がやってくるだろうし、ノアの方舟を思い起こさせるような大洪水が世界各地を襲う。

    ところで、エル・ニーニョによる異常気象は、革命の背景になったこともある。もっともよく知られた例は、1789年のフランス革命と、それに続く1793年の恐怖政治の時代だ。

    革命の前年の1788年7月13日には、「1788年の巨大な竜巻」の名で知られる歴史的な暴風雨に見舞われた。これは、パリからベルギーまでの広い地域に甚大な被害を引き起こした竜巻をともなっていた。

    フランス革命を234年前に予言していたノストラダムスは、1788年や1793年のエル・ニーニョによる異常気象のイメージと一緒にして、フランス革命を「旋風」という言葉で形容した。

    2014年のエル・ニーニョは後に「2014年から2015年のスーパーエル・ニーニョ」と呼ばれるようになるだろう。

    このエル・ニーニョが引き起こす異常気象は、やはりフランス革命のときと同じように、革命の背景となる。なぜなら、スーパーエル・ニーニョによって高温化現象が引き起こされ、それが、2015年から始まる1930年代を上回る大恐慌をさらにひどいものにするからである。

    2015年に始まる革命は、「ティーパーティー運動」、「オキュパイ運動」、そして「アラブの春」のような非暴力の平和的な運動ではもはやない。そうした運動が過激化し、暴力的になったものこそ、2015年に始まる革命の姿だ。

    この革命は、まさにノストラダムスの言う「旋風」だ。うお座の時代の特徴であった中央集権的な権力機構をなし崩し的に飲み込み、崩壊させてゆく。

    惰性の思考と行動の崩壊

    2015年に始まる革命は、地球の環境変動と連動しているので、非常に長期化する。やっと2026年になって、落ち着く予兆が見えて来る。

    そしてこの12年間で、現在の我々が慣れ親しんだ「惰性の思考と行動形式」の崩壊が余儀無くされ、それとともに、これを基礎に組み立てられた社会システムの多くの部分が崩れてゆく。そして、新しい思考と行動形式を前提にした新たなシステムに組み直されるのである。

    この変化はまさに革命なのだが、それがどのような思考と行動形式になるのかは、まだはっきりとは見えない。なぜなら、これからどのような思想が一般的になるかにかかっているからだ。

    どんな革命もそうだが、大衆の意識が一挙に変化することでもたらされる革命というものは存在しない。革命は、せいぜい200名くらいの団結した少数者が引き起こす意識の変革が出発点になる。この新しい思考と行動様式が作り出す現実に、多数者は適応して行かなければならないのだ。

    そして、適応するためには、瞑想を行って自己と対話することで、最大限の適応性を身につけて行かなければならないのだ。

    新しい意識のかたち

    では、この過程で出現する新しい意識のかたちとはどのようなものだろうか?

    それは、科学と瞑想の理想的な結合によって出現する意識である。この意識は客観的な世界の認識のためには高度な科学的手法を用い、自己の内に広がる広大な内面的宇宙にアクセスするためには、主観の内に潜行する高度な瞑想を使う。このような科学的瞑想がもたらす意識は、自我の執着の罠には捕らわれることはない。

    2015年の政府の政策

    ところで、地球温暖化の基本的な原因が温室効果ガスの排出にあることは間違いない。これから厳しい排出規制を実施できるかどうかに、これからの環境変動の抑制の抑制ができるかどうかが依存している。

    ところが2015年に大不況が始まると、政府は景気対策を最優先するあまり、現在のエネルギー消費に過度に依存した産業構造を一層強化する結果につながる経済政策を実施する。

    これがさらに地球温暖化を加速し、最悪の環境変動を引き起こすことになる。

    以上である。

    これがジョン・ホーグの「2014年予言」の最終回になる。なにしろ248ページの予言書なので、カバーしきれなかった細かなテーマはある。だが、2014年以降、2026年くらいまでどのようなことが起こるのか、その全体的なイメージが見えてきたと思う。

    もちろんこれは予言なので、的中する保証はない。基本的には信じるか信じないかは本人次第ということだろう。

    しかし、ジョン・ホーグの予言は現実の世界の動きの背後に、これを主導している集合無意識の力を読み取り、未来の方向を見定めるジョン・ホーグの方法は説得力があるように思う。

    こうしたジョン・ホーグは、変化は2015年の大恐慌から始まり、我々の惰性化した思考と行動形式、そしてそれを土台とした既存の社会システムの変革を迫る破壊の時代を経過すると見る。これは2026年頃まで続くが、その後には新しい意識と価値観に基づく新しい社会システムが構築されるという。

    全体的にはこのようなシナリオの予言である。さて、実際にはどうなるだろうか?

    続く

    むちゃくちゃおもしろかった講談

    筆者は月刊ザ・フナイの連載を書いていたが、読者の方に講談師の方がおり、会う機会があった。筆者は講談はこれまで聞く機会がなかったが、実におもしろかった!今後はスピリチュアル系の講談をやるそうである。サイトに音声ファイルがあるので聞いて見たらよいだろう。

    田辺鶴瑛

    筆者のいとこのブログ

    筆者にいとこがスピリチュアル系のカウンセラーになっていたのを最近知ることとなった。以下にリンクする。よろしかったらどうぞ。

    ねもとまどかの「宇宙のゆりかご」

    このブログの基本方針

    このブログの基本方針を掲載しました。記事をお読みになる前にかならず一度はお読みになってください。

    基本方針リンク

    読むとくドットコム

    筆者がコンサルティングにかかわっている会社が子供用の国語音声教材の提供を始めた。子供用だが、実によい名作がmp3の音声ファイルで聴くことができる。大人の心の琴線に触れる作品がとても多い。よいサイトだと思う。よかったらどうぞ!

    読むとくドットコム

    筆者の友人の作家のブログ

    茶房ちよちよ
    駒村吉重のブログ。いつもの飯、酒、より道、脱線、思いごと


    便利な学校検索サイトです!

    海外子女.com

    投稿に関しては以下の方針に従い、どうしても必要な場合以外は削除しないことにしておりますが、他者の人格を傷つける不適切な表現がある場合は例外とし、予告無しに削除し、投稿禁止にする場合もあります。

    意味産出の現場としてのBBSやブログ

    また、私はいま日本で起こっている変化を以下のようにとらえております。もしよろしければこちらもどうぞ。

    いま何がおこっているのか?

    ヤスの英語
    スポンサーサイト

    コメント

    三千世界の建て替えは既に開始された様だ

    世界は建て替えと浄化に向かう

    身魂磨きの猶予は無くなった

    唯一神ヤーハウエによる選民と掲挙はどうなるのか

    それは2015に徐々に判明しるのか

    矛盾点

    『これから科学は、生きているものが死者とコミュニケーションできるツールと方法を提供するようになるだろう』
    この部分と
    『科学的瞑想がもたらす意識は、自我の執着の罠には捕らわれることはない。』
    この部分は矛盾しているように感じます。
    このような矛盾は現世的で曖昧な死生観からくるものでそれを予言と称して発信するのは如何なものかなと。
    まあ、これから科学によって似非宗教が産まれると解くなら分かりますが、真顔で上記のことを言っているのであらば、とんだペテンかと。




    http://golden-tamatama.com/blog-entry-1672.html?sp

    スタグフレーションの芽が出てきた

    ポカンと見ているのは日本国民のほとんど

    今、何が起きているのか知る必要が有る

    http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20141105-00000037-ann-int

    オバマ氏大敗で米国はカオスに

    クリントン女史への首のすげかえへの序曲

    米国国内の戒厳令が出る状況に陥るのか

    米国のカオス化は世界のカオス、戒厳令化

    上の者は益々悪くなるばかり

    政治家、官僚、宗教家全て毒されている

    それゆえ、建て替えは必要となる

    プラウト主義経済への序曲

    http://golden-tamatama.com/blog-entry-1673.html?sp

    消費税増税先送りして建前上、衆議院解散で増税の信を問う

    国民の選択が2014-2016を決定する

    予言では余り良いモノは無いけど

    三千世界の立て替えは経済も含めての事

    http://golden-tamatama.com/blog-entry-1678.html

    現行米ドルの紙屑化の始まりか

    ディナール

    イスラム国が独自の通貨発行、金貨の単位は「ディナール」になるとのニュース。ついに第三の封印が解かれ『黒い馬』が実体化してきたようです。
    「小麦一ますは一デナリ。大麦三ますも一デナリ。オリブ油とぶどう酒とを、そこなうな」(黙示録6:6)。

    黒い馬

    ハデス
    http://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%87%E3%82%B9

    スサノオノミコト

    出雲神

    原始神道

    今年は式年遷宮

    カゴメ唄の成就

    アベノミクス失敗が明らかになったので

    三千世界立て替えは加速

    日月神示が現実になる

    皆さん身魂磨きは、お済みですか

    もう期限は切れました

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://ytaka2011.blog105.fc2.com/tb.php/374-ade22c05
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    «  | ホーム |  »

    私はペット殺処分ゼロを応援しています!ピースワンコ・ジャパン

    まぐまぐ大賞2016

    メルマガ登録 月840円

    メルマガ登録・解除
    未来を見る! 『ヤスの備忘録』連動メルマガ
    >> サンプル
    詳細ページへ
    powered by まぐまぐプレミアム
     

    WEB検索

    Google

    プロフィール

    ヤス

    Author:ヤス
    普通の中年のおやじです。

    他の活動:ヤスの英語

    ※注意
    投稿欄としての本来の機能を維持するため、本ブログの管理人が内容としてふさわしくないと考える投稿は、予告なく削除いたします。また、投稿する方自らが自粛していただければ幸いです。

    最近の記事

    最近のコメント

    月別アーカイブ

    カテゴリー

    フリーエリア

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    ブログ内検索

    RSSフィード

    フリーエリア

    ヤスの本

    翻訳・監修本

    「神霊の世界に覚醒して」 shaman02

    ハワイの長老が語り伝える先住民族の聖なる知恵 bowl

    社会分析

    望みなき時代の幸福論 koufuku

    日本はこう変わる コルマンインデックス未来予測 nihonkawa

    「マルクスに聞け」(道出版) marx

    コルマンインデックス後 私たちの運命を決める 近未来サイクル cycle03

    コルマンインデックスで見えた日本と経済はこうなる koruma

    語学教育

    日本人が「英語ペラペラ」を本当に実現できる本 (講談社) pera

    通じる英語笑われる英語 tsu

    きちんと伝える英語 tsutaeru

    英文社内メール例文集 shanai

    実践 英文ライティング入門 bizw

    音声読み上げソフトで練習する速読即解英文リーディング sokudo

    「確実に意志が伝わる英会話」 kakujitsu

    ビジネスレター実用フォーマット bizletter

    英会話「英訳」トレーニング cd

    ネイティブはゼッタイ使わない nat

    ビジネスコミュニケーション

    論理的会話トレーニング ronri

    知的論理トレーニング chiteki

    対談本

    宇宙の設定を読み解く[BlackBox]超予測 black

    日月神示の緊急未来予測 hitsu01

    日月神示のサバイバルガイド hitsu02

    フリーエリア