2017-08

    大きな歴史的転換、激変する世界経済と進行する我々の意識変化、第4回

    5月27日

    今回もなんとか記事を更新できた。いつも読んでくださっている読者の方には感謝する。

    「ヤスのしゃべり場」第5回 6月9日(日) 開催!

    「ヤスのしゃべり場」の第5回を開催します!今回はゲストはなく、ナビゲーターの大手出版社編集者の川島氏との密度の濃い対談となります。極めて重要な対談になると思われます。どうもいま日本は新たな危機に突入する可能性が大きくなっています。これまで書けなかったヤスの情報を総動員してこれがどのような危機なのかとことん解説します。私たちも準備が必要となるかもしれません。

    時:6月9日(日)
    13:30 開場 (時間は若干変更することがございます)
    14:00~16:30 ヤストーク 「日本の新たな危機と国際情勢の大きな変化、そして我々の精神性の変化」
    15:45~17:30 ヤス&川島克之 ならびに参加者の対談、「今後どうなるのか」
    終了後、懇親会を予定
    所 :都内某所(申込みの方に直接御案内いたします)
    参加費:5,000円

    申込み方法は、下記の必要事項をご明記のうえ下記のメールアドレスまでお送りください。
    名前(ふりがな)
    住所 〒
    電話番号(携帯優先)
    参加人数
    懇親会へのご参加有無(人数)

    しゃべり場事務局
    島田

    yasunoshaberiba@gmail.com

    新刊本のご紹介

    また本が出ます。すごく面白い本だと思います。よろしかったらどうぞ!

    日本、残された方向と選択~緊急分析!! 近未来の予測・予言を大解明!
    houkou

    むちゃくちゃうまい醤油!

    筆者は、隔月で高松の経済団体で講演会を行っている。そのとき、高松で評判になっているおいしい醤油のことを教えられた。小豆島の醤油である。早速、注文して見たが濃厚な味でものすごくうまかった!世の中にはうまいものがあるののだと思った。よろしかったらどうぞ。

    金両醤油

    お知らせ

    5月21日、ウエブボットの報告書の最新版が発表になりました。いま詳細な要約の作業を続けていますが、これまでのように「予言解説書」のような体裁で出すことはしないことにいたしました。詳細な要約はすべてメルマガに発表いたしますので、最新報告書の内容を知りたい方は、メルマガを購読なさってください。

    記事全文の音声ファイル

    記事全文を音声ファイルにしました。よろしかったらどうぞ。7日で削除されますので、お早めにどうぞ。

    音声ファイル

    有料メルマガのご紹介

    前回と今回は、シリーズで安倍政権とアベノミクスの危うさについて詳しく解説している。5月23日の株の暴落にも見られるように、アベノミクスは決して安心できる状況ではない。

    もしかしたら、これから参議院選挙にかけて、大きな変動があるかもしれない。その場合は、我々も変動に備えなければならないかもしれない。

    筆者は、6月8日を過ぎるころが大きな変動の時期になるかもしれない。

    これがどういうことなのかブログに書くことはできないので、次回のメルマガで詳しく解説する。

    今回の記事

    今回は資本主義の生産システムの変化を振り返りながら、将来どのようなシステムになるのか概観する。

    新たな金融危機の予兆と可能性

    次回のメルマガに詳しく解説するので、ブログには書かないが、これから新たな金融危機が起こる可能性がかなり高くなっている。

    中国

    まず中国だが、米投資銀行大手のゴールドマンサックスが中国工商銀行の株価すべてを手放したように、中国の銀行破綻の時期が近いのではないかという懸念が高まっている。ちなみに中国工商銀行は、米経済紙、のフォーブスの「世界有力企業番付」で中国企業で初めて首位を獲得した大手国営銀行だ。

    周知のように中国の銀行は、完全にバブル化した不動産投資や、地方政府による失敗した開発プロジェクトの巨額の不良債権を抱えており、これの露呈からいくついかの金融機関の破綻は避けられないと見られている。

    当初は、他の資本主義国よりも強大な権力をもつ中国政府が介入し、金融機関の破綻を回避させるはずだとも見られていたが、状況はもっと深刻であるとする見方が強くなっている。

    それというのも、中国の金融部門の拡大スピードがあまりに速いからだ。政府の監督システムは拡大に追いつくことができず、そのため、政府の監督と監視から逃れた膨大な数の金融取引やサービスが存在するからだ。この部分ではかなりの額の不良債権が発生しており、政府は事前に対処できない状態が続いている。7月にも破綻が始まるとの観測も出ている。これはメルマガに詳しく書く。

    アメリカ

    またアメリカだが、前々回の記事に書いたように、エネルギー革命や3Dプリンターを中心とした第3次産業革命によって製造業の生産拠点がアメリカに戻りつつあり、将来は製造業大国になる方向が明確になりつつある。

    そのような方向に向かいつつあるとしても、その動きは決して速くはない。実体経済の成長はまだまだゆるやかだ。

    他方、いまの株価は1万5000ドルを越えて上昇しているが、これは実体経済の伸びを反映したものではない。周知のように、いまFRBは月400億ドルの不動産担保証券を市場から購入する「量的金融緩和(QE3)」を実施し、巨額のドルを市場に供給しているが、この資金が株式市場に投資され、株価を押し上げているに過ぎない。

    このように、将来的には新しい生産システムによる革命で、世界経済の歴史的な再編成が行われ、アメリカは新たな成長軌道に乗る可能性が大きいとしても、現時点では米経済はFRBの量的緩和によってなんとか下支えされている状況でしかない。決して安心できる状況ではない。

    QE3の終了

    そのようなときFRBは、過剰なインフレを警戒してQE3の出口戦略を模索し始めた。「QE3を縮小することもあり得る」というバーナンキ連銀議長の発言が、5月23日の日本株暴落のひとつの引き金になったことは周知であろう。

    いまのところその時期ははっきりしていないが、QE3が本格的に終了すると、市場への資金供給は止まるので、株は暴落する可能性は高い。

    また、QE3の終了で不動産担保証券の購買もストップするので、アメリカの住宅市場も大きく下落するだろう。

    予算の強制削減処置

    さらにこれに追い打ちをかけているのが、予算の強制削減処置だ。どの項目の予算を削減するかはいま米議会で審議されているが、今年の予算が削減されることは決まっている。財政の崖の引き金は引かれてしまった。

    米国政府の予算が削減されることは、アメリカの建国以来初めてのことである。予算の強制削減は成長率を3%から4%ほど引き下げると当初は見られていたが、そこまで行かなくても経済に対するマイナスの影響は避けられないことは明らかだ。

    このように、アメリカではQE3と予算の削減が一緒にやって来ることはほぼ間違いない。これは株価を暴落させ、新たな金融危機を引き起こす可能性は否定できない。

    日本

    そして、もっとも不安視されているのが日本である。すでに日銀の予想に反して、月7兆円の国債購買という異次元的な金融緩和政策にもかかわらず、国債は下落して長期金利は上昇し、将来的な暴落も懸念される危険な状況にある。

    いまは、高株価、ならびに円安による日本経済復活期待から、富裕層の個人消費が伸びており、これにより成長率は高くなっているが、さまざまなメディアが指摘しているように、この循環が逆回転する可能性もある。

    もしFRBがQE3を縮小させるか、また終了させ、なおかつ予算削減の経済に及ぼすマイナスの影響がはっきりできてきた場合、ドルは一時的にも下落し、円高の状態となる。

    円高になると、日本経済の先行き不安が急に台頭するため、株価は再度暴落する。するとこれが引き金になり、日本経済に対する懸念はさらに拡大するため、今度は国債の投げ売りに火がつく可能性がある。

    ちなみに、日本国債の空売りを仕掛けているヘッジファンド、ケイマン・キャピタルのCEO、カイル・バスは、1009人の日本人投資家を対象とした調査を委託し、「仮にあなたの国で債券危機が生じ、政府が日本国債をもっと買うよう訴えかけてきたら、あなたは国債の購入を増やしますか、増やしませんか」と尋ねた。すると、8%が買うと答える一方、83%は「ただ手を引くだけでなく、走って逃げる」と回答したという。

    日本国債の95%は国内の金融機関が保有しているので暴落は起こらないと言われているが、上のカイル・バスによる調査結果では、国内の金融機関による国債投げ売りが十分に起こり得ることを示唆している。

    日本国債の投げ売りは、QE3の縮小や米予算の大幅削減のマイナス効果といたような、大きな出来事ではなくても起こり得る。株価の下落が続き、日本経済の先行き不安が高まると必然的に円高になる。おそらく100円を切る水準まで円が高くなっただけで、津波のような国債の投げ売りは起こり得るのだ。

    いま、日本国債の将来の暴落を見込んで、資金を空売りに投じる投資家がどんどん増えている。

    世界的な金融危機は近いのか?

    このように、日本の国債の暴落が引き金になる可能性がもっとも高いが、中国の銀行破綻や、米経済の失速懸念も新たな金融危機の引き金に十分になり得る。どれが引き金になるかまだ分からないが十分に注意しなければならない。

    6月7日と8日の日程で、中国の習近平主席はカリフォルニアでオバマ大統領との異例の首脳会談に臨む。この会談は非公開で行われる。

    おそらくこの首脳会談では、金融危機のクラッシュとパニックを回避し、管理された方法で金融のバブルを終わらす方法が話し合われるはずだ。

    いまとても緊迫した状況だ。これらのことは、次のメルマガに詳しく書く。

    過去の予想

    ところでこのブログでは、過去に多くの予測や予言を紹介してきた。そうしたもののなかに、読むと不気味なほどに現在の状況を言い当てているものがいくつかある。これらを再度見て見てもよいだろう。

    LEAP/E2020の地政学的配置転換

    そのひとつは、フランスのシンクタンク、LEAP/E2020の「地政学的配置転換」という題名の予測だ。これは、リーマンショックで頂点を迎えた金融危機のさなかだった2009年3月に発表されたものである。

    「地政学的配置転換」とは、金融危機の後にやってくる混乱期のことで、それは以下の要素があるとしていた。これらの要素がすべて出現して、混乱は一層深化するとしていた。

    1)開始
    2009年第四四半期から2010年第二四半期まで

    地政学的配置転換のはじまり。

    2)通貨をめぐる争い
    2010年第一四半期から2012年第四四半期まで

    ドルの下落に伴い各国通貨の対ドルレートは上昇する。これは各国の交易条件を悪化させるため、各国は自国通貨の切り下げ競争が始まる。さらにこれと並んで、切り下げを見込んだ投機が横行する。このため、各国はこれを規制する処置を導入する。すでにスイス政府は自国通貨の減価を戦略的に行っているし、ブラジルは通貨への投機を抑制する目的で、投機筋による自国通貨の売買に制限を加えている。

    いすれにせよ、こうした過程でドル離れが急速に進行し、米国債の需要も大きく落ち込む。また、この期間にイギリスはギリシャのように経済的に破綻する。

    3)貿易をめぐる争い
    2011年第三四半期から2013年第四四半期まで

    各国の通貨の切り下げ競争による輸出攻勢から自国の国内市場を守るため、各国は外国製品や外国資本を排除するための保護貿易的な処置を採用する。これにより保護主義が台頭し、世界貿易は縮小する。このよい例がいまのアメリカと中国との論争である。

    4)政府の危機
    2009年第四四半期までから2010年第三四半期まで

    政府の財政が危機的な状態を向かえる。どの国もギリシャのような財政的な危機状態となり、予算を工面することが困難になる。特に厳しい国は、アメリカ、イギリス、そして日本であろう。

    5)社会政治的危機の発生
    2010年第一四半期から2013年第四四半期まで

    中産階級の貧困化が背景となって、デモや暴動などの抗議行動が多発する。これにより、多くの国々で社会秩序が脅かされる。

    6)戦略の危機
    2011年第一四半期から2013年第四四半期まで

    不安定な国内の政治状況が背景となり、各国間の論争が次第に激しくなる。言葉の応酬による非難から、次第に軍事的な圧力など、より危険な対立へと向かって動いて行く。インドとパキスタン、中国と台湾など対立の要因となっていた問題が軍事的な衝突へと発展する事態も見られるようになる。だが、極地紛争は起こるだろうが、大きな戦争には発展しない。

    以上である。

    これは2009年3月に発表されたが、まだこの時期にはユーロ危機は発生していなかった。金融危機はアメリカ発と考えられ、EUがこれほど深刻な危機になるとは予想すらされていなかったときだ。

    もちろん時期のずれはあるものの、「2)通貨をめぐる争い」、「4)政府の危機」、「5)社会政治的危機の発生」、「6)戦略の危機」はすべていま進行中だ。これから新たな金融危機が起こると、こうした混乱はさらに深まるのかもしれない。

    次の金融危機の先にあるもの

    どのくらいの激しさになるかは分からないが、おそらく近い将来、金融危機は起こると筆者は思う。これがどのように、そしていつ起こるのかはメルマガに詳しく書くつもりだ。

    ところで、これまでブログで紹介したウエブボットやコルマンインデックスには、金融危機による経済崩壊の後に出現する状況についてのイメージが、詳細に記述されている。これらのイメージは予告された時期には実現しなかったので、予測としてはすべて外れたわけだが、見方を変えると非常に興味深いことが見えて来る。

    集合無意識に内在しているイメージ

    このブログで紹介してきた予測や予言は、おそらく我々の集合無意識に内在している対象を表現しているのではないかと思う。したがってそれは、未来に実際に起こる出来事を余地しているわけではなく、多くの人が心理的に恐怖しているか、強く臨んでいる内容を表しているにすぎない。

    とくにこれはウエブボットについて言えることだ。社会や経済の変動に関する予知はまったくといってよいほど的中していない、だが、同じシナリオは繰り返し登場する。そのイメージは、我々の無意識が強く志向している方向性なのかもしれない。

    自給自足経済圏

    そうしたイメージでもっとの反復性が高く、強いものが「自給自足経済圏」のイメージだ。これは、金融危機から始まった社会崩壊の後に出現するとしている。

    以下は2009年の古いウエブボット報告書からの引用である。非常に具体的なイメージだ。そのまま掲載する。

    ・既存のライフスタイルから脱し、このときには「Boglife(ボッグライフ)」といわれるようになる自給自足的なライフスタイルの構築にいち早く成功した人々は、成功者としてマスメディアで賞賛の対象になる。これは長い変容の時期が終わり、民衆が本格的な変化を起こす臨界点に達したことを告げる出来事となる。

    ・新しい政府は、大恐慌のときのニューディール政策を思い出させ、国民にやる気を起こさせるキャンペーンを開始する。これはいろんな理由からうまく行かないが、その予期しない効果として「ボッグスライフ(bogslife)」のような自給自足型のライフスタイルの思想を活性化させてしまう。かつてアメリカの経済的な植民地で、経済破綻の影響をもっとも受ける地域(もしかしたら日本?※ヤス)では、「ボッグスライフ(bogslife)」はアメリカ以上に受け入れられる。

    ・EU地域では新しいライフスタイルの構築を目標にした村の建設が進む。これはかねてからデータに存在している自立的な自給自足圏としての「ボッグスライフ(bogslife)」に相当する生き方だが、当初、村には封建的な支配が導入されてしまう。しかし、全世界的な革命運動が進むにつれ、こうした封建的な支配は攻撃の対象とされ崩壊する。

    ・これらの地域は、既存の資本主義システムからいち早く抜け出た自立可能な共同体の構築に成功したからである。こうした共同体は「ボグコム(bogcom)」と呼ばれるようになる。その成功が賞賛される5つの共同体は1000マイルという、国民国家の独立性を脅かすに十分な規模にまで成長する。国民国家はほとんど国民の信頼を失っており、こうした自給自足的共同体の興隆にはなすすべもない。人々は国民国家の幻想やかつての資本主義システムには見向きもしなくなる。

    ・広大なエリアをもつ自立的な自給自足経済圏(ボッグスコム)がEU圏内に5つ設立されるが、そのうちの2つは自立的な教育を目的にした大学のような高等教育機関を中心にして設立される。

    ・自立的自給自足的経済圏(ボックスコム)は、はっきりと姿を現すが、新しい電力(エネルギー源)の開発が進むため、2018年になると自給自足的経済圏にこうした新しいエネルギー源は積極的に取り入れられるようになる。

    ・暴力的な事件の頻発は、社会がもはや統合性を維持する力を喪失してしまったことを表している。最初、小規模な暴力事件が起こるが、次第にその規模は大きくなり、国民の気持ちを一つにするような大きな事件が起こるはずだ。それをきっかけにして資本主義システムの全面的な崩壊は起こり、自給自足的ライフスタイル(ボッグスライフ)への全面的な以降が始まるだろう。

    以上である。

    我々の集合無意識は、このような社会システムを願望しているのだろうか?そしてもし願望しているとするなら、これから予想される混乱期の後に、このようなシステムの構築に向かって、我々は本格的に動き出すのだろうか?

    考えて行きたい問いである。

    むちゃくちゃおもしろかった講談

    筆者は月刊ザ・フナイの連載を書いていたが、読者の方に講談師の方がおり、会う機会があった。筆者は講談はこれまで聞く機会がなかったが、実におもしろかった!今後はスピリチュアル系の講談をやるそうである。サイトに音声ファイルがあるので聞いて見たらよいだろう。

    田辺鶴瑛

    筆者のいとこのブログ

    筆者にいとこがスピリチュアル系のカウンセラーになっていたのを最近知ることとなった。以下にリンクする。よろしかったらどうぞ。

    ねもとまどかの「宇宙のゆりかご」

    このブログの基本方針

    このブログの基本方針を掲載しました。記事をお読みになる前にかならず一度はお読みになってください。

    基本方針リンク

    読むとくドットコム

    筆者がコンサルティングにかかわっている会社が子供用の国語音声教材の提供を始めた。子供用だが、実によい名作がmp3の音声ファイルで聴くことができる。大人の心の琴線に触れる作品がとても多い。よいサイトだと思う。よかったらどうぞ!

    読むとくドットコム

    驚異的な前世リーディングサイト
    遠い記憶・前世からの約束

    前世リーディング問い合わせ電話番号
    080-3128-8600

    筆者の友人の作家のブログ

    茶房ちよちよ
    駒村吉重のブログ。いつもの飯、酒、より道、脱線、思いごと


    便利な学校検索サイトです!

    海外子女.com

    投稿に関しては以下の方針に従い、どうしても必要な場合以外は削除しないことにしておりますが、他者の人格を傷つける不適切な表現がある場合は例外とし、予告無しに削除し、投稿禁止にする場合もあります。

    意味産出の現場としてのBBSやブログ

    また、私はいま日本で起こっている変化を以下のようにとらえております。もしよろしければこちらもどうぞ。

    いま何がおこっているのか?

    ヤスの英語
    スポンサーサイト

    テーマ:歴史と予言 - ジャンル:学問・文化・芸術

    コメント

    ヤス様
    以前から、世界恐慌時と現在とでは占星術的に非常に良く似ている事をお話してきました。その中でも特に天王星と冥王星のスクエアの影響が最も重要です。前回、天王星と冥王星のスクエアが起こっていた時に、ダウは10分の1以下にまで下落しました。更に、日食の影響を考慮しますと、2013年と1929年が一致していることを見出しました。詳細は以下の記事を参照されてください。この夏は、グランドトラインが出来上がりますので、殆どの占星術師は経済は回復して株価は高騰すると読んでいますが、私は、夏が終わればかなり危険な時期に入るのではと思っています。

    http://mougenshi.blog137.fc2.com/blog-entry-158.html

    株価暴落にまつわる奇妙な話
    http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1369552572/l50

    先日の暴落では、奇妙な偶然が発生していたとの事。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130527-00010001-wordleaf-bus_all

    為替をイジッて景気の「気」の部分を刺激出来たのは評価出来るが
    根本的な成長戦略が官僚主導政策のペーパーを読んでいるのは、、

    その裏でマイナンバー、児童ポルノ法案、TPP協議参加決定と公約に無い物や関係無い物を通しまくる安部政権

    さて、ネット上で自民党礼賛する人達は結果、自らの首を締め付けられ始めている事に気がついているんだろうか?

    未だにネット上で自民党礼賛書き込みに関わっている人達は、自民党の中の大陸側議員に扇動されている事に気が付くべきだ

    ありがとうございます

    こんにちは。ヤス(管理人)です。いつものご投稿、ありがとうございます。

    なおさん、お久しぶりです!これはまた貴重な卓見、ありがとうございます!これは本当にその通りになると思います。いま懸命に情報を集めています。ブログ記事には書けないものが多いので、メルマガに書くつもりです。

    三浦雄一郎さんのご投稿、ありがとうございます。これはすごいですね。新たな発見でした。おそらく的中するでしょう。

    また、「日本経済の構造転換」の投稿、ありがとうございます。これは、このブログの前々前回の記事と同じ内容ですね!勇気付けられました。

    自給自足経済の単位セル…

    の萌芽は既に存在しているがまだ余りにもマイノリティな存在なのでネット上でさえもあまり認識されていない。
    しかしながら金融経済の行き詰まりや何かのきっかけがもとでジワジワと認識されるに至るだろう。
    但し現在は「狂人の咆哮」くらいにしか思われていない。
    それどころか殆どそんな主張を持っている人がいることさえ全く認識されていないほどの昨今の状況である。
    ほぼポスト金融経済崩壊後の形と見て間違いはないのであるがそんな議論さえも表面化して来ないうちは話題にもあがらないであろう。
    多分一番的確な「未来予知・予測」であると言っていいとも思うが…

    橋下氏発言問題

    今回、橋下発言に抗議目的で来日した「元従軍慰安婦」だが、年齢が判明した模様。
    「証言通りだとしたら、当時、7歳ぐらいになって計算あわない」と在大阪記者。
    さすがの朝日新聞も気づいたようで、報道を控えている。 「年齢詐称・・・」と北岡絶句。


    「二日市保養所」で検索

    ほんの数年前は、韓国でこんなデモがありました。
    もうね。あの国の人たちのやることは意味がわかりません。


    韓国の売春婦たちが「売春させろ」と大規模デモ~性売買特別法7年、売春婦たち生存権叫ぶ~
    http://agasatea.seesaa.net/article/358199599.html

    やっぱりバレてしまいましたね。金が欲しかっただけですね。
    もう誰も信じなくなるでしょう。嘘を重ねると自分が何を言っていたかもわからなくなったのでしょうね。嘘に塗り固めた人生ですね。
    反日を国是としている韓国と仲良くしてもいいことはないかもしれません。反共ということで一致していたのですが、反日を国是にしてしまっては仲良くする必要がなくなる。
    中国も、いずれ崩壊するでしょう。
    問題は日本人自体が彼らの策力に惑わされないことです。
    日本は滅びません。反日の朝日や毎日 NHKの罠にかからない限り。
    マスコミを信じない限り大丈夫です。
    日本の自衛隊は志願してなっているのです。徴兵ではありません。
    嫌々なっているのと志願してなっているのとでは士気は全然違います。
    それに、日本の兵力は中国を防衛するだけの装備はしっかりと持っています。
    危ういのは中国です。日米はしっかりとしているのです。
    日米を離間させよう離間させようと必死なのは朝日•毎日•NHKです。
    なんとしてもそうしたいのです。彼らは使える駒は何でも使うでしょう。
    今回のように。トラップを使うのです。しかし馬脚が現れてしまいました。
    もちろん今回のことはマスゴミは報道しないでしょう。

    5月31日に黒いスライムに覆われた小惑星「1998 QE2」が地球に接近
    http://www.yukawanet.com/archives/4460307.html

    大災害の予言

    数学者のコートニー・ブラウン博士の遠隔透視
    http://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=44800

    従軍慰安婦は本当に集団で強姦された人はたくさんいます。証言を見たりすれば歴然です。ドキュメンタリーもあります。ドイツは周りの隣国にやった恐ろしいことは、隣国で密接していたことなども関係していると思いますが、謝罪しています。日本は島国というのと、戦後アメリカに支配(今も)されていたので、問題があやふやになっただけだと思います。日本が戦争で行ったことをきちんと認めなければ、日本人の幸福度も下がったままなのでは?
    なぜなら、なかったことにしてうやむやにすると子孫代々にその問題がひきつがれていくからです。女性に対する意識を浄化しなければ、新しい時代もやってこないでしょう。

    従軍慰安婦問題

    従軍慰安婦問題について、中立の立場から証言の信ぴょう性について検証しているブログがありますので、
    参考までに紹介させていただきますね。

    従軍慰安婦問題を考える
    http://sikoken.blog.shinobi.jp/

    慰安婦関係でこう言う手紙もあるようです。

    朝鮮の地方行政の担当者だった97歳男性から安倍総理への手紙です。紹介しているのは、朝日新聞とニューヨーク・タイムスの「伝言ゲーム」を解明した木走まさみず氏のブログです。


    拝啓 安倍内閣総理大臣殿
    和歌山県田辺市 西川 清 (97歳)

    日夜国事に精励されている総理大臣に対し、名もなき一介の老耄がお手紙を差上げるご無礼をお許し下さい。
    私は生きているうちにこれだけは申しおきたいと思う一事があります。それは、いわゆる従軍慰安婦なるものについてであります。
    結論か...ら申せば、朝鮮(北朝鮮及び韓国)等の言う従軍慰安婦なるものに、日本の軍や官が強制連行など関係したことは絶対ありません。
    かく私が断言することができるのは、私が朝鮮・江原道の寧越群及び原州群の内務課長を歴任した経験があるからです。以下、当時の状況等について申し述べます。
    私は昭和8年に朝鮮に渡り、江原道庁に奉職致し、敗戦により引き揚げてくるまで勤め、その間一年間臨時召集により入隊しました。

    朝鮮の行政は、総督府から道庁に伝わり、道庁から出先機関の群庁に伝わり、群庁より府・邑・面(日本の市町村)を通じて施行されました。(当時、江原道内には府はなく、邑と面のみ)。
    群長は群守といって、殆どが朝鮮人で、その下に内務課、勧業課があり、内務課長は殆ど日本人で、経験豊かな四十歳を越す属官で、人事その他一般事務を司り、群庁の実権を握っていました。

    内務課長の所管事務のなかに、邑、面の指導監督や兵事等もありましたが、朝鮮人にチョウ兵(注・兵役?)の義務がありませんので、兵事は主に在郷軍人に関するものぐらいでした。
    朝鮮人男子青年にはチョウ用があり、総督府より道に対し人数の割り当てがあり、道はこれを群庁に、群庁はこれを邑、面に対して割り当てをして、集めた青年を釜山に連れて行き、総督府の係官に引き渡しました。
    女子に対してはこのようなことは一切なく、軍が慰安婦を集めんとすれば、朝鮮軍司令部が総督府に依頼して、前述の系統をたどり集めるしかありませんが、このようなことは一切ありませんでした。

    売春婦が強制連行されたの拉致されたというのは、女衒かその類の者の仕業であって、軍や官は一切あずかり知らぬことであります。日本婦人でも売春婦として軍の居る所に多くいましたが、一人として従軍慰安婦などという者が居たでしょうか。
    日本人と違って、恥を恥とも思わず、金さえ儲かれば良いと思う輩が、敗戦により日本人が委縮しているのにつけこんで、あらぬ嘘を申し立ててくるなんて腹立たしい限りです。
    今はもう、総督府の事務官はじめ、道や群の行政府にも軍にも当時の実情を知る者は殆ど亡くなられたものと思われます。

    然るに、今を生きる日本人のなかにも、自虐性に富む輩のうちに、従軍慰安婦なるものに軍や官が関与したなどと申す者がありますが、朝鮮売春婦の故郷とも申すべきスルチビ(居酒屋)、カルボチビ(娼家)の戦前戦中の実態も知らぬくせに、いいかげんに机上の空論をもてあそぶのは誠に概嘆に耐えません。

    国威を失墜し児孫に負の遺産となる河野談話の見直しは、安倍総理を除いては望むべくもありません。ぜひぜひ誇りある日本の為に、この際断固たる訂正を心からお願いし奉る次第であります。
     最後になりましたが、邦家の為にも総理のご健康をお祈り致します。
     敬具
    ----------------
    西川 清氏の略歴
    大正4年:和歌山県田辺市生まれ。
    昭和8年:和歌山県立熊野林業学校卒業と同時に朝鮮江原道内部産業課勤務。
    昭和12年:朝鮮総督府地方官吏養成所第1回卒業。朝鮮総督府江原道属に任官。
    昭和13年:臨時召集により歩兵第76連隊入隊。
    昭和14年:招集解除。
    昭和18年:寧越郡内務課長。
    昭和19年:原州郡内務課長。
    昭和20年:道庁鉱工部鉱工課勤務(主任属)。引揚。
    昭和21年:厚生省属 下関引揚援護局仙崎出張所勤務。
    和歌山県へ出向。農地課主任、総務課長、税務課長・次長などを歴任。
    昭和42年:依願免職
    -----------------
    http://blogos.com/article/63063/?axis=b:113

    とろろさんへ

    証言やドキュメントが有効ならば、
    このような動画もありますよ。

    慰安婦は志願か強制か 台湾日本語世代の証言
    http://www.youtube.com/watch?v=t3tyJbHqSk0

     韓国にナナムの家という従軍慰安婦の人たちが住んでいる場所があります。
     実際に行った知り合いや友人が何人も何度も訪問してナナムの人たちと話してきました。
     実際に話した人をネットよりも私は信頼しています。
     韓国は儒教の国なので、強姦されたと発言しただけで周りから断絶された人もいます。
     正直、私自身も色々調べた上で、そういう証言を見ることはつらすぎるので否定したくなる気持ちもわからなくはありません。
     しかし、私が実際会った軍医さんは、従軍慰安婦は本当にあって行われていたと話していました。
     湯浅けんさんという軍医さんです。
     韓国朝鮮の人を丸太と呼んで人体実験していたと話していました。
     実際戦争に言った人は、思い出したくないので仕方なかったと話すおじいちゃんが多いのでしょう。
     その人たちも高齢で、どんどんなくなっています。

     その人たちが、感情を抑圧したまま子育てを行うと無意識にいろんなものが引き継がれていったと私は思っています。
     引きこもりが多く今の若者の多くが未来に希望がないと震災前から話す国は、このままではいけないというメッセージではないでしょうか。
     日本で福島原発により東京まで被爆したことを認めないのも、そういう流れを汲んでいると思います。
     現実をなかったことにしても病気になるだけです。
     被爆の現実がはっきりするのは2016年、今から3年後です。

     ナナムの家はホームページがあるので興味のある人は検索してくださいね。

    ヤスさん、ごめんなさい。
     ナナムの家ではなく、ナヌムの家でした。
     

    従軍慰安婦問題

    従軍慰安婦の真実

    http://makizushi33.ninja-web.net/
    慰安婦問題を否定する証拠はたくさんあり、
    元従軍慰安婦の人々の証言には矛盾があります。

    慰安婦問題を最初に提訴した韓国人女性は、「詐欺」で逮捕されまています。
    「日本政府から補償金を貰える」と言って、「慰安婦」ネタで会員を集め、その金を騙し取っていたのです。
    当然、その会員というのも「日本から金を奪ってやる」という浅ましい理由で自称慰安婦となった性根の腐った連中ばかりです。

    また、韓国には泣き女という職業があることからもわかるように、
    見せかけの涙は得意な人が多いです。
    なので、感情で訴えられたからと言って本当のことを言ってるとは限りません。
    http://www.youtube.com/watch?v=cmphs0RjZ4M&sns=em

    今回の橋下市長の発言で来日した、自称元従軍慰安婦も当時7歳だということが分かっています。

    韓国を代表して来ている方がこの有様ですよ。

    これは慰安婦問題がただのプロパガンダという証明ですね。

    一つの示唆でしょうか。

    "中国、TPP交渉参加の可能性検討へ=商務省"

    中国商務省は30日、環太平洋連携協定(TPP)交渉参加の可能性について検討する方針を明らかにした(ロイター)

    ヤス様お久しぶりです。ヤス様が6月の転換点と考えられる事象の一つの示唆になるのでしょうか。

    うららさんへ

    こんにちは。ヤス(管理人)です。ご投稿、ありがとうございます。

    はい、おっしゃるように、これが6月が転換になる予兆のひとつだと思います。6月7日と8日の日程で米中首脳会談がカリフォルニアで行われますが、そこで安全保障も含めた米中新秩序のような体制の萌芽がはっきりと姿を現し、「中国封じ込め政策」を基本としている安部政権は、この時点で外交的にはしごを外されると思います。

    そして次の転換点ですが、6月15日の「成長戦略」の発表です。この中身がかなりもれて出てきていますが、海外の投資家の落胆と失望は相当に大きいように思われます。海外の記事を読んでいるとよく分かります。いま海外の市場は、説得性のある成長戦略が示されなければ、アベノミクスは人為的な円安誘導と金融緩和によるバブルに終わるのではないかと懸念していますので、これが証明される結果になると思います。

    すると、その後に待っているのは国債の暴落と金利の上昇にとる景気の失速だと思います。

    また、安部政権とアベノミクスに対する海外の否定的な見方は、従軍慰安婦問題と安部政権の歴史認識の問題によって悪化しており、将来起こるであろう日本売りを加速する容認になるかと思います。とても残念ですが、すべてがリンクしていますので、2020年のオリンピックの東京誘致は失敗するでしょう。

    これらのことは、メルマガで詳しく解説しますが、従軍慰安婦の問題が国際的にどのように認識されているのか、私たちも知る必要があります。以下のビデオが国際的なデフォルトスタンダードに近いイメージではないかと思います。ぜひどうぞ!

    オランダ人慰安婦1/3
    https://www.youtube.com/watch?v=FA84tRAG-i0

    従軍慰安婦問題はこれで決着したわけではなく、バッシングはこれから始まります。おそらく、今年の夏くらいには米下院による「従軍慰安婦非難決議」あ出て、その後、オランダ、オーストラリアなどの国々の議会が同様の結語を行うと思います。1)市場の安部政権とアベノミクスへの失望と落胆、2)米中新秩序の出現、3)各国の議会や国際機関による従軍慰安婦非難決議などが行われると同じタイミングで、オリンピックの東京招致の活動が進められているのです。これは、タイミング的にどう見てもむりではないでしょうか?

    これから激動期に入ると思います。詳しくはメルマガに書かせていただきます。

    慰安婦問題で素朴な疑問

    日本人が非道なことをしたというのが事実であれば、
    なぜ韓国では、ベトナムのライタイハンのような問題が社会問題になっていないのでしょうか?
    韓国からそのような人々がいるとか聞いたことがありません。

    ご返事

    こんにちは。ヤス(管理人)です。ご投稿、ありがとうございます。

    お気持ちはよく分かります。従軍慰安婦問題に関しての見方はさまざまあり、「なぜ日本だけが責められなければならないのか?」というご意見もよく分かるつもりです。

    ですが、はっきりhしていることは、日本は従軍慰安婦への国際的な非難キャンペーンに守勢に回り、政治的なキャンペーンとしては完全に負けてしまったということです。事実はどうあれ、一方的に非難される立場になってしまい、この件に関して日本擁護の国際世論はほとんどないということです。政治とはこういうものです。何が倫理的に間違いであり、正しいのかというこちおは、歴史的な事実ではなく、国際政治の政治力学で決定されます。それに日本は負けたのです。

    日本が他の国々が犯した女性の人権侵害を非難する側になるためには、日本が倫理的に正しい基準の側に立ち、それを通して他の国々が起こした人権侵害を断罪しなければなりません。この方法であれば、国際世論の大勢を味方につけ、成功します。

    では日本が、倫理的に正しい立場を代表するためにはどうしたらよいのでしょうか?それは比較的に単純です。次のことを実行することです。

    1)戦前の日本の歴史を忌まわしき過ちの歴史として全否定し、責任をすべて戦前の指導者に負わせ、改めて周辺諸国に謝罪する。天皇が謝罪できればなおよい。

    2)政治家には緘口令をしき、政府の謝罪表明に対する異論はすべて封じ込める。罰則規定がある法律を制定する。

    3)戦後日本こそ民主主義に基づく偉大な人権国家であることを強くアピールし、戦後日本の価値を守ることを声明する。

    4)戦後日本が築いた民主主義と人権の価値を基準に、他の国々が、特に戦後に犯した女性の人権弾圧を厳しく告発する。

    この方法であれば、国際世論の大勢を味方につけることができます。

    これは理想論にすぎないという意見が聞こえそうです。たしかに、これは日本国内では理想論になります。でも、こうしたやり方ではないと逆転は無理です。日本がこれをできなければ、残念ながら負けたまま、袋だ抱き状態が続くと思います。非常にお残念ですが、これが現実だと思います。もはや、歴史的な事実がどうであったかは問題ではない水準になってしまいました。

    自分で検索してみたら、ナヌムの家のネットには情報があまり載っていないので、いろいろ検索してみました。興味がある人もいるかと思い書いてみます。
     湯浅謙さんは、もうお亡くなりになっていました。
     はだしのげんの漫画の中で、韓国朝鮮中国の人をチャンコロと呼んでいたり、いまだに高齢の認知症のおばあちゃんで、嫌な人全般に「あんた朝鮮人でしょ。」という人もいます。
     白人が黒人差別していたようなことが、戦時中は日本で行われて
    いたということです。
     日本だけでなく中国などでも、歴史の中で残虐な歴史はありますが、時代が変わってきて人の意識も変わったということだと思います。

    私が知る「従軍慰安婦」 湯浅謙

    http://www.ne.jp/asahi/tyuukiren/web-site/backnumber/05/yuasa_ianhu.htm

    15のときは戻らない-ナヌムの家のハルモニたちの証言- 予告編
    慶応大学の学生さんがナヌムの家を訪れているシーンがあります。

    http://www.youtube.com/watch?v=RB7StT3Hiwc

     (1/14)南京大虐殺を謝罪する勇敢で良識ある元日本兵たち
     この中の一人に湯浅謙さんが話しています。

     http://www.youtube.com/watch?v=Po4dOsOsHpU



     

    WW2当時も、そうだが日本の政治家は情報戦に弱い

    慰安婦問題もK国の情報戦に負けた結果

    今も世界が日本の経済政策を、どう見ているか良く理解していない様である

    ノーベル賞受賞経済学者が日本の来年の消費税増税を批判していたが、端から日本が景気回復出来るとは思っていない

    WW2から日本は政治を家業としている人達が居て、こういう人達を当選させている間は、世界から操られるだけであろう

    こういう人達を含め、日本は原始に帰る必要がある、ということだろう

    ■韓国=「ナヌムの家」とは何か

    1992年6月「『ナヌムの家』建立促進委員会」が韓国内の仏教団体・各種社会団体により結成され、
    全国的な募金運動が開始された。
     集まった寄付を元にして、1992年10月、ソウル特別市麻浦区西橋洞に「ナヌムの家」がオープンした。
    ちなみに、「ナヌムの家」に入居が許可されているのは、自称・「日本軍の元慰安婦」だけであり、
    朝鮮戦争時代の「韓国軍=元慰安婦」は、なぜか入居が許されず、「ナヌムの家」から排除されている。

     慰安婦問題に関わってきた在日韓国人の山下英愛(やました・よんえ)ブリティッシュコロンビア大学=
    アジア研究所客員研究員は、 日本と日本人をターゲットにした「慰安婦運動」は、「女性の尊厳を守るための運動」
    というより、日本を攻撃することで精神的快楽を得ることを目的とする反日的パフォーマンス運動であり、
    事実関係はどうでも良いのだ、と皮肉をこめて語っている。
     山下英愛は2001年10月に、日本の新聞記者に対し、「韓国軍=慰安婦も性暴力の被害者なのだから、
    ナヌムの家に入居させるべきだ」と語ったが、彼女の提言は「ナヌムの家」の関係者や挺対協
    (韓国挺身隊問題対策協議会)関係者からは完全に無視されている。

    誰も頼るな。
    自主独立の精神のみが重要です。
    批判するのは結構。嘘を100回いっても真実にはなりません。
    第一、日本は何も悪いことはしていません。戦争には敗れましたが、日本は復活しました。
    今も、世界の左翼の連中から批判されていますが、そんなものは問題ではありません。
    国連などは、何も機能していませんから、気にする必要はありません。
    なぜ、日本をそれほど恐れるのか。日本人が強いということです。
    なぜ、アベ政権は、中国を恐れるのか。日本は中国を恐れる必要はありません。
    中国が日本をとろうとおもったら民主党政権下でとっていたでしょう。
    それほど中国よりでしたから。
    日本人は慌てず、じっくりとやっていけばいいのです。自然に中国と韓国が崩壊するでしょう。
    アベ政権よもっと国民を信じなさい。株価がどうなろうとそれは過ぎ去るものです。
    それ以前に、守るべきものをしっかり守る。それが重要です。
    どんなに騒いでも、できないものはできないといえばいいのです。
    韓国人の浅ましさは、日本人ならみんな知っています。
    相手にするな。

    >2013-06-01 19:38 | とろろ |

    > (1/14)南京大虐殺を謝罪する勇敢で良識ある元日本兵たち
     この中の一人に湯浅謙さんが話しています。

    中帰連の元日本兵の方々は、中国から洗脳され、日本に帰国後、日本の戦争犯罪について証言されていることがわかっています。

    参考
    http://bewithgods.ddo.jp/hope/japan/a10.html

    http://home.att.ne.jp/blue/gendai-shi/sennou/sennou.html

    > (1/14)南京大虐殺を謝罪する勇敢で良識ある元日本兵たち
     この中の一人に湯浅謙さんが話しています。


    南京大虐殺も捏造されたものです。
    証拠に日本軍による南京陥落後、3ヶ月で南京の人口は数万人増加しています。
    虐殺のあったとされる場所に、中国人が移住してくるものでしょうか?


    参考
    http://www.geocities.jp/huckbeinboxer/kokubou009.html


    皆さんはわかっていると思いますが、戦争に勝てば何をしてもいいというのが、当時の欧米のやり方です。欧米諸国がどれだけひどいことをしたか当時の植民地はよくわかっています。でも、欧米人が謝ったのを見たことがありますか。この前も石油が欲しくてイラク戦争をしたのです。そして今度は自国にシェールガスが出たので中東は意味がなくなりつつあります。
    日本は東南アジアこそ同盟を結ばなければなりません。彼らだけが独立のありがたさを知っているからです。
    そして、ロシアも重要です。ロシアは二度と共産主義には戻りません。彼らが最も憎んでいるのがニューヨークの銀行家どもです。彼らのやり方を最もよく知っているのがロシアの愛国者です。アメリカの民主党は中国と戦おうとは思っていません。アメリカの民主党は信用がおけません。共和党だったら間違いなく中国をシメツケたでしょう。
    世界に害毒を巻いているのが中国という国です。
    それにしても、朝日や毎日は本当に愛国者はいないのでしょうね。共産主義は不滅だという感情でしょうか。もう実験は失敗したのですよ。しがみついているのですな。あきらめきれないのですね。
    というより、若いときに信じたからでしょうか。自分だったらうまくやれるとでも思っているのでしょうか。共産主義は根本が間違っているのですよ。人権は絶対に守られないのが共産主義の正体です。自由が守られないのなら人間としての尊厳はなくなります。
    まあ、どんなにがんばっても崩壊するのは目に見えていますけれども。
    どんな独裁主義よりも最も独裁的なのが共産主義です。このような恐怖政治を我々は知らない。

    今の日本は戦争に確実に向かっている、巻き込まれる、そう感じる。世の中の風潮を見ていると攻撃的な人が多くて怖い。時が進み、戦争経験者が減ったことも影響しているよね。戦争体験者の生の話を聞く機会がなくなったことも原因だと思う。

    私は幼い頃、じいちゃんからいろんな話を聞いた。道で腕がない人が歩いているのを不思議に思った私に、「あの人は戦争で腕をなくしたんだよ」と教えてくれた。よく遊びに行っていた隣の家には、戦死した人の遺影があって、なんだか怖かった。私の住んでいた地区は軍需工場があったそうで、海からの攻撃でたくさんの日本人が犠牲になったそうだ。手足が吹き飛び無残な光景だったらしく、戦争当時子供だった父は相当ショックを受けて大泣きしたと聞いた。
    知らない人も多いけど、従軍慰安婦は日本人もいたそうだよ。韓国とは違い日本は恥の文化だから、公になんかその人自身が過去を語れる状況じゃない。夜は兵隊の相手をさせられ、昼は武器を持って戦いながら逃げたそうだ。撃たれて死んだ人もたくさんいるらしい。私は本人から聞いたわけではないけど、その話をしてくれた老人は泣いていたよ。慰安婦に対しては様々な見方があり、日本軍が行なったか、人買いが行なったはわからないけど、無理やりそういう状態に置かれた女性がいたの事実みたい。
    戦争が終わったとき、「これで夜に堂々と明かりをつけて、空襲警報におびえることなく家族とご飯を食べられる」ってばあちゃんは思ったそうだ。当時の国民の素直な気持ちだと思う。
    数年前特攻隊の記念館行った時、敵の艦隊に突っ込んだ若者の最後の言葉のほとんどは「おかあさん!」だったことを知った。特攻が決まって、出撃前に家族に当てた手紙があり、読んで泣けた。館内に飾ってあった写真は無邪気で、戦争って残酷だなって思ったよ。
    私が子供頃なんで、相当昔だけど、テレビで731部隊に参加した人の証言を見たことある。その人はとても後悔していた。でも彼も被害者。当時「国の命令」であれば誰も逆らえなかったのだから。今ではこういう検証番組もなくなってしまったね。

    私は中国も韓国も苦手。いい加減日本を敵視して国の中を治めようとするのはやめて欲しい。沖縄は中国領だなんてとんでもない言いがかり。でも日本には冷静かつ理論的な対応に徹して欲しい。その方が欧米の信頼を得られる。感情的になるのは子供の対応。絶対に戦争にだけはしてはいけない。

    もし戦争になったら、死ぬのは一般人。戦争をすると決めた政治家たちは一番安全な場所に逃げる。もちろん家族を連れてね。この構図はいつの時代もずっと変わらない。永遠に。

    橋本さんには正直呆れた。あれじゃ「あの車だってスピード出してた!」と怒ってるヤンキーと一緒。改革に期待していただけにすごく残念。

    アベノミクスとかで世の中株価の動向が注目されているけど、お金ばっかり追っていると、お金では買えないものの大切さを、「強制的に教えられる」事態が起こるよ。その気配を多くの人が感じていると思う。みんな気をつけよう。

    日本は昔から霊的な国だと言われる。食べ物が美味しく、礼儀正しく、人に親切。そして安全な国。だから他の国が何をどう言おうと感情的にならず、日本人らしくしていればいいと私は思う。あの311震災の態度に対する世界の評価でも立証されている。

    朝から色々書き込んじゃった。
    日本の美しさこそが、最大の防御になる、私はそう信じています。

    ここに書き込みをされている方で戦争を望んでいる方はいらっしゃらないと思います。

    私の場合は、日本が散々濡れ衣をかぶせられて、払わなくてもいい賠償金や謝罪を繰り返し、
    未だに贖罪意識を培うように洗脳が行われている現状を変えたいので書き込みをしています。

    とろろさんについても、同情心と正義感にあふれる素晴らしい方と思っていますが、
    歴史観において、昔の自分がそうだったように、まだ自虐史観から開放されていないことが残念だと思っています。

    「共産主義」を作ったのは誰か

    資本主義と共産主義を対立させて、自分達への関心をそらす

    そう言う人達が作り出した絵に書いた餅

    資本主義も共産主義も欠点だらけで完全では無い

    追求すべきはプラウト主義経済である

    従軍慰安婦問題

    とあるサイトで慰安婦問題について下記のような指摘がありましたのでコピペさせていただきます。
    以下コピペ

    韓国の自称元慰安婦の発言が真実ならば、
    韓国にもベトナムのライダイハンのような、
    日本人と韓国人の混血者が社会問題になっていなければおかしい。

    堕胎手術をして混血者がいないと言うならば、
    日本の二日市保養所のような施設がなければおかしい。

    韓国はあれだけ日本に謝罪や賠償を要求してくるにもかかわらず、
    上記二点については何も日本に責任追及してこない。

    それから、橋下発言で来日した元従軍慰安婦は、
    当時わずか7歳でどうやって被害にあったんでしょうか?

    そんな人が韓国の代表として来日したんですよ。


    韓国のしていることは矛盾だらけです。


    コピペ終了

    国連が自民党政権に橋下発言に対して明確に反論せよ、と勧告

    さあ、自民党のダブルスタンダードの化けの皮が剥がれるか

    この対応によっては自民党は政権を失うかもな

    袋叩ききにされるしかないのかな。

    所詮、敗戦国、負け組。国連の敵国条項から外してもらえない国なのですね。

    国連が韓国のプロパガンダを鵜呑みにし支持し続けるなら、

    世界世論は国連を信用しなくなりますよ。

    韓国の非道行為は、
    ベトナムのライダイハンだけではないのですから。

    ライタイハンは米国も絡んでいますからね~。

     国連でのライタイハン非難決議に関しては、ベトナム戦争に韓国を協力させた米国が賛成するはず有りませんから、むりですしね。
     
     韓国は他の国にもあまり今でも好かれていませんし 日本も付き合うのは程々にと言うことですね。
     
     反日国家とはあまりかかわらないのが得策だと言うことです。
     
     外交の基本は“遠交近攻”ですから、無理に仲良くする必要も無いはずですし、変に仲良くすべきだと強調する人もおりますが、それは工作員とその関係者だと思いますので、今後は出来るだけ最低限の付き合いにする様心がけるべきだと思っています。

    これも転換の予兆かも。

    中国人民解放軍の戚建国副総参謀長は2日、シンガポールで開かれたアジア安全保障会議(英国際戦略研究所主催)で、沖縄県・尖閣諸島問題について「我々より知恵のある次世代の人に解決してもらうべきだ」と述べ、中国側が1970年代に日中の合意があったと主張する「棚上げ」状態に戻るべきだとの見解を示した。(読売新聞)

    この対応を米中どちらも見ているのでしょう。日本がどのように反応するのかを、

    いわゆる300人委員会にアジア人(中国人)が入ったとかで、沖縄は将来、中国領土になる事が決定的だと言われている

    それで沖縄に大陸寄りの人達が大勢入り込んでいる模様

    となれば米国の尖閣は日本領土と言う発言は建前でしか無い、となる

    つまりは沖縄を中国に分け与えて、取り引きしたのだろう

    どちらも日本にとって善き隣人と言えるだろうか

    大体・・・

    慰安婦問題についての日本の対応や言動があんなんでは、国際社会に与える心証が最悪だって事すら分からないとは馬鹿かと思う。袋叩きにあって当たり前。
    実際、ヤスさんの言うような事をやって、何とか取り繕える状況だろう。
    この心証の悪さときたら、ドイツ人が「ナチのホロコーストは無かった」と言うのの次くらいに悪い。

    確かに敗戦国だからというのもあるだろうけどね。ドイツも勝ってたら、ユダヤ人や有色人種合わせて1100万人を虐殺した事もうやむやになっていたかもしれない。しかしそれが正しい事だとは全く言えないよね。
    逆にアメリカが負けていたら、原爆と東京大空襲はユダヤ人のホロコーストくらいに世界から責められていたかだろう。(本来はそれが正しい態度)

    ただそれでもあの戦争は負けてよかったとは思う。まあ、負けてよかったも何も勝てる道理はなかったわけだが、万万が一日本が勝っていたら、酷い社会だったろうな。バカウヨがのさばり続ける社会だからな。

    朝鮮・中国を見下げる人間がここにもいるけど、同じ日本人として恥ずかしい。日本人のレベルを下げるから本当にいい加減にして欲しいんだが。
    他人を見下げる事で何とか自分のなけなしのプライドを保つ奴っているけど、まさにそれだよな。そしてこういう人間の常套句が「見下げられるだけの理由があるんだ」って奴だが、自分が人の事を言えるかどうかには頓着しない。まあ、頓着も何もこういう馬鹿は自分の人間性には気付かないんだよな。「自分は、日本は文句無く素晴らしい!世界一素晴らしい!」と思い込んでしまってるんだよなあ。妄想もいいけど、少しは現実を見ろといいたい。
    「自虐的歴史観」って必ず言うけど、自虐じゃなくて事実なんだけどね。ドイツにも「ホロコーストなんて大した事無い。自虐的歴史観を持つな」って言ってやれば?
    これが犯罪者なら「反省の色が全く見られない」って状態だな(笑)それを推奨するんだから始末が悪い。

    Kさんの意見に大賛成だよ!よく真実を言った!いまの日本人は真実と向き合うことが必要。

    >朝鮮・中国を見下げる人間がここにもいるけど、同じ日本人として恥ずかしい。

    ここにコメントされている方は朝鮮・中国を見下げているわけではなく事実を書かれているだけです。

    ライダイハンや二日市保養所は事実として存在しています。
    対して、従軍慰安婦問題は様々な矛盾点がこのコメント欄や前記事のコメント欄で指摘されていますが、
    それでもプロパガンダじゃないとおっしゃるなら、その根拠を示してください。

    あなたが本当に日本人だとおっしゃるなら、日本をこれ以上貶めるのをやめられてはいかがですか?

    反日国家に囲まれて!

    反日国家に囲まれて、国内にはそれに呼応する反日分子が溢れているわけですから、情報戦では勝てませんね。

    スパイ防止法が施行されないのも圧力と利権なんでしょうか。

    今までも多くの人が指摘してきてますし、

    政治家も必要性を十分理解しているはずです。

    スパイ防止方はちょっと無理でしょうね。

    それを具体化する様な話をを政治家がすると、施行されては困る勢力が日本中に沢山居るせいか、抗議電話やいたずら電話やファックスで何日も仕事が出来ないくらいな状況になるらしいです。
    勿論、施行されては困る政治家もかなり居ると思いますし。

    現政権の三本目の矢に期待をしたい所だが

    一人当たり150万円の国民総所得増加は理論的に無謀の様である

    民間資金を活用する、その資金は何処から生み出すのだろう

    具体性が感じられず、気分のみ高揚させ様としているのは気のせいか

     自虐の歴史という人がいますが、集団のいじめで人を殺した場合
     もしくは集団で強姦してその女性が死亡した場合、事実関係を調べて、加害者と被害者の言い分を聞いて、次に同じことが起こらないように対策をとらないとまた同じことが起きると思います。
     
      私は死刑賛成者ではないので、アメリカのある刑務所で採用されたように、加害者は治療して教育するべき存在と私は思っているので、歴史的に検証して対策を考えるために事実は知ったほうが
    いいと思うだけです。
     私は被害者でもあり米国の隠れた植民地としての被害者の立場
    もある日本は、集団無意識に深いトラウマを持っていると思います。

     こういったことがきちんと癒されない限り、日本として発展はないと
    思います。
     被害者で犯罪者でもある日本は、犯罪者を抱えたの家族ように
    癒されない限り幸せにはなれないと思っています。

     それから、日本だけがという部分は確かに思うのはわかりますが
     私はどの国もきちんと認めたほうがいいと思っています。
     
     社会と個人と歴史に対する認識は幸福度に関係あると思うからです。

     それから、私は輪廻転生を信じているのですが、中国や韓国を
    差別するような人は次に生まれ変わるときは中国人や韓国人
    もしくは差別されるような環境に生まれるようですよ。
     
     
     
     


     

    誤解なきように言っておくが

    日本を愛する事、日本人である事に誇りを持つ事は非常に重要だと思う。実際良い所も沢山あるし、変な自己卑下はすべきではない。
    だが、それと「他国や他国の人々を貶める」事は全く違うし、「自分たちの悪かった所を認めず相手のせいにする」というのも違う。

    祖国を愛する事、日本人である事に誇りを持つ事は大いに結構。
    だがどうしてネトウヨはそれに「隣国を貶める」が必ず付くのか。
    本当の所、ネトウヨは祖国を愛してなどいないのだろう。他国を貶さないと持てない祖国愛など偽物だ。

    私も生まれ変わりを信じる者ですが。

    >中国や韓国を 差別するような人は次に生まれ変わるときは中国人や韓国人
    もしくは差別されるような環境に生まれるようですよ。

     ここで、中国や韓国の問題を指摘している人は、別に、全ての人が差別しているとは思えないのですが。
     
     私も、生まれ変わり信じている者ですが。
     もし差別をしているのなら、多分そう言う事を何時か経験する事になるでしょうね。
    “この世には学びを経験し成長するために生まれて来ている”訳ですからね。
     
     ただ“戦争反対・平和を希求しそれ主張している人達”にも、エゴだらけで、どこかの勢力のために主張している様に見える人も沢山存在していますが、そう言う人達はどういう環境に生まれ変るのでしょうかね。
     
     イエスキリストの様に素晴らしい人達の場合は解りますが、
    エゴだらけの人達が、そんな自分の心ををじっくり見つめることもせず、、“誰も反対で出来ない様な”きれい事を、恥ずかしげも無く声高に叫び続けることに疑問を感じることもありますが、
    そんな人達はどんな所に生まれ変わるのでしょうか。

    Kさんは他国を貶めるな、ということを隣国の方々に言ったらどうです?
    サッカーの試合でモンキー(倭猿)のマネしたり独島のプラカード掲げたり、と
    差別行為をスポーツ大会で堂々と行ってますよw

    東海道五十三次の謎
    久々にあのブログが更新した。
    今度は飛行機から、電車による窓ガラスのひび割れ。
    これもまた、神からのメッセージであると言う。
    蒲原 雪の謎、富士山爆発、ある人物の存在、そしてナチ精鋭部隊(ラスト・バタリオン)
    あのブログが、またまた驚愕の推理をする。必見!!

    http://blogs.yahoo.co.jp/martingood0323


    じいちゃんや体験者から聞いたことをかいたものです。

    私は中国や韓国が日本をいつまでも敵視して、それを政治利用しているのは問題だと思うけど、ドイツのように、日本が日本人として、日本国内でキチンと戦争を総括しなかったことが、慰安婦問題を含め様々な問題を大きくしていると思うよ。何が真実で何が嘘か、戦争を知らない世代が何を言っても説得力ないでしょ。

    関東大震災の大火のあと、「朝鮮人が火をつけた」と言って日本人は彼らにひどいことをしたとじいちゃんから聞いた。歴史を知らない日本人が増えすぎて、この先日本は大丈夫なのかって思う。

    「賢者は歴史から学び、愚者は経験から学ぶ」って言葉を最近学んだ。まさしくそう思う。


    私も「生まれ変わり」を信じているけど、「この世には学びを経験し成長するために生まれて来ている」というのもあるけど、最近は「自分というたましいがどういうたましいか知るため生まれてきている」と思っている。この部分がないと成長ができないもんね。

    食べすぎ、深酒、遊びすぎで働きすぎ?反省しまくりな私です。

    差別だ人権だと訴えて被害者のようにされていますが、
    戦後の日本人は、そういう感情論でお涙頂戴の話で信じ込まされて来たのです。
    日本人はそういう話に弱いですからね。

    ですが、中国や韓国の主張してきている日本の戦争責任ということについては、
    様々な矛盾点が露呈し、つじつまが合わないことが多々あり、
    彼らの主張はプロパガンダだと言わざるを得ない状況になっています。

    差別だ人権だとおっしゃる方は実際の中国韓国でどれだけの人権無視や差別が横行しているのか学ぶべきです。

    中国では少数民族が漢民族に差別されたり、殺されたりしています。

    在日朝鮮人の方々は、韓国に帰れば「白丁」や「半チョッパリ」
    などと罵られ、差別やいじめに遭うのです。

    また韓国人による黒人差別は世界的に非難されています。
    ロス暴動などが有名ですね。

    全ての中国人、韓国人がそうだというわけではないですが。

    それに、日本の祖父母の世代はどうなりますか?
    してもいない戦争犯罪で汚名を着せられ白い目で見られている彼らの人権は無視ですか?

    そういうことを耐えてきた世代には、今の豊かな日本社会の基礎を築いてきてくださったと感謝するぐらいだと思っています。






    関東大震災で多くのデマが流れるほど、
    当時の在日朝鮮人は素行が悪かったということだと。

    だからといって朝鮮人を虐殺したとかいうのは捏造。
    暴行はあったみたいだけどね。

    当時、台湾人も中国人も多数いたのに彼らには暴行はなかった。

    朝鮮人が嫌われていたのは当時から。

    朝鮮人が団体で暴れているのを取り押さえたという話は、
    当時の新聞記事にもなってるくらい。

    戦後の朝鮮進駐軍はさらに酷いけどね。

    訂正

    朝鮮人が団体で暴れているのを取り押さえたという話は、
    当時の新聞記事にもなってるくらい。

    朝鮮人が団体で暴れているのを警察が取り押さえたという話は、
    当時の新聞記事にもなってるくらい。

    記事の内容を語れよ!

    ここは朝鮮や中国の話をする場所じゃないから、何処か他所でやれ!

    閲覧者が多い所にきて自分の主張をだらだらと書くな、今回の記事には朝鮮や中国の内容はないだろう、金融問題を語れよな!

    http://goldentamatama.blog84.fc2.com/?no=1575

    実は、今日カバラでは666の日に当たります

    安部政権の第三の矢は、この直前に発表されました

    しかも、具体的成長戦略が無い

    安部政権の経済政策ブレインにはT氏が居るが、この具体性の無い政策はどうも意図的に見える

    米国マスコミは世界株安は第三の矢の中身が無いからと報道し始めた

    意図的にスイッチが入れられたという事か

    戦争家が出てくるかも知れない

    何度もコメントしてごめんなさい。
     第2次世界大戦の際、天皇ばんざいといって天皇のために
    勝ってきます。天皇は神様です。
    とほとんどの国民全体が言っていた時代がありました。まるで北朝鮮で金総書記が
    生神様だったと言っているような時代に戦争は起きています。
     はだしのげんを読むと日本人はアメリカの飛行機を竹やりで倒そうと空に向かって練習しています。
     そしてその戦後アメリカの政策のために、天皇は象徴性になり、アメリカの属国である
    ために中国やロシアの核の抑止力のために原子力爆弾ならぬ、原発を54機も国策として増やされた国です。
     アメリカは原発を作らなくなったのにもかかわらず。
     多分アメリカ人のトップは、人種差別的に黄色の人種は自分達より劣っているから、地震で原発がどうなって人が死のうが病気になろうがかまわないと思っているのではないかと最近思います。
     これは、人種差別だと思っています。
     でも、アメリカ人のすべてがそう思っているわけではないでしょうけど。
     もっと現実を見ないと日本は滅亡する。
     もはや放射能で関東東北汚染されたので、今からでもきちんと
    現実と向き合う力を持たないと、私たちの子孫のために新しい未来
    は作れない。そう思います。
    金融政策は人が健康で勢いがなく子孫が繁栄する国でないと、崩れるのみだと。

    ヤスさんすみません。

    アメリカは日本の広島長崎に差別的な思考で原爆を落とし、
    日本人が二度と欧米に敵対しないように改造するために、
    戦後のあらゆる改革をしたんです。

    自虐史観もそのためです。
    在日に権力を握らせ、現在は日本を精神的に分断することに成功しています。

    アイデンティティをなくした民族は滅びるか他国に隷属するしかありません。

    それは世界の歴史が証明しています。

    欧米列強は植民地支配する時に、その民族の歴史と伝統と言葉を奪います。
    原住民を人間として見ていないからです。

    日本の植民地支配では全く逆です。

    今韓国で使われているハングルですが、発明したのは朝鮮人でも、普及させたのは日帝時代の日本人です。
    参考:http://ccce.web.fc2.com/si/hg.html

    原発を日本に作らせたのは外圧によるものですが、
    利権のために日本を売った売国奴の日本人がいたからだということは同感です。

    放射能汚染はまだまだ酷くなると思います。

    そう遠くない未来で、この問題は大問題として騒がれることになるでしょう。

    アベノミクスなど、そういうものを誤魔化すためのまやかしだと思っています。

    今の北朝鮮は、1945までの天皇君主制の日本の生き写しですね

    そう言えばありましたねB29に竹槍で立ち向かう行為

    実際に当時の小学生に竹槍で訓練させてたし

    憲兵とかで情報統制、取り締まりで一般臣民はお上に逆らえない国

    安部政権の美しい国は、当時の天皇君主制みたいな世の中を作りたい様です

    今時、そんなアナクロな世界を今の国民は望んでいない

    いざと言う時に自分の国を守りたいと思う者は守るし、逃げるヤツは逃げるでしょう

    戦前からの政治屋風情が中身の無い言葉を並べて号令かけても誰も信用しないでしょう

    本当の政治家は美辞麗句を並べるのでは無く、プーチンの様に的確なタイミングで的確な言動が出来るものが、本当の政治家です
    (プーチンはハッキリし過ぎてますけどね)

    第三の矢でガッカリさせた安倍総理に挽回のチャンスはあるんでしょうかね

    >二度と欧米に敵対しないように改造するために!

    >アメリカは日本の広島長崎に差別的な思考で原爆を落とし、
    日本人が二度と欧米に敵対しないように改造するために、
    戦後のあらゆる改革をしたんです。
    自虐史観もそのためです。
    在日に権力を握らせ、現在は日本を精神的に分断することに成功しています。

     アイデンティティをなくした民族は滅びるか他国に隷属するしかありません。
     それは世界の歴史が証明しています。

     以上の部分、完全に同意します。

     又、確かに、福島の原発は「沸騰式」と言って一番初期的な物で、欠点の多い物をろくに改良しないまま日本に持たせたのだと思っています。
     
     米国の原子力潜水艦や空母に使われている物は、「加圧水型」と言って、沸騰型よりも遙かに安全と言われています。
    ですから、今、世界が作りたいと思っているのはその「加圧水型」と言われる物です。
     
     放射能物質に関しては、一応物質ですので性質の違う物質に変換するなど、放射能を無力化する方法を秘密裏に研究している国も居ると思いますが、これは最高国家機密事項ですので他国に教えるはず有りません。
     原・水爆を落とした場合、自国や自分の兵隊はほとんど放射能の影響を受けず、他国には重大なダメージを与えられるわけですから。
     日本も、大量の放射能廃棄物を含め放射性物質を沢山持っているのですから、こう言う部分に十分予算を割いて、長期的な視点で研究して行くべきだと思っています。

    動画紹介

    ヒトラー・聖徳太子・ジョンタイターの終末予言

    http://www.youtube.com/watch?v=I9WLounwUrw

    やはり、これが日本のいまの官僚や政治家の水準か?橋下が例外ではない。これが普通の水準。まともな政治家を選らばないと日本は終わりかも!

    上田人権人道大使に見る、世界に恥ずかしい「人権外交」
    http://bylines.news.yahoo.co.jp/itokazuko/20130605-00025470/

    人権は弁護士と言われる人も「?」と言えますね。

     はっきり言って人権派弁護士も、うさんくさい人達だと思っています。
     
     以前、ソウルで行った、慰安婦に関する国連決議を作成するときなどでも、台湾やタイの女性が日本軍を擁護しようとしたら、大きい声で怒鳴りつけられ、マイクは切られ、書記も止められ、その擁護の内容も即座に議事録から削除されたそうです。
     
     その場には人権派弁護士と言われる福島瑞穂女史も同席していたそうですが。
     
     それが人権派弁護士と言われる人達の実態だと思っています。

    米国の雇用統計が発表されたが、金融緩和を絞る動き

    どうも2013.6.6から動きがキナ臭い

    意図的に再度経済恐慌を演出しようとしているのか

    アベノミクスはアベノリスク

    具体的成長戦略と計画が出せない日本は、このままなし崩し状態になるのか

    エコノミストの浜矩子氏は「アホノミクス」と呼んでいる。こっちの呼称のほうがぴったりくるね。

    「アホノミクス」が5つの悲劇を引き起こす!
    http://toyokeizai.net/articles/-/14072

    安倍総理は知ってか知らずか、日本を壊す方向に動かしている様である

    近い将来の中東戦争の為、新満州国を中国東北部に建設する噂がある

    その際、大勢のアシュケナジーを移民させる様である

    ダニエル書上で、ラストバタリオンにおいて東方の第二の王は光によって最後の仕事する、と書かれている

    ユダヤのラビによると最後にユダヤの民を手助けするのは東方の果ての国と伝えられている

    日本人の殆どが消滅すると、真ユダヤ(日本人)と偽ユダヤ(アシュケナジー)の入れ換えが完了する

    安倍総理は偽ユダヤ側の意向に沿って動き、日本経済を壊そうとしている

    自分達は新満州国へ逃げられる約束を取り付ける為に。

    最近の株価の動向や長期金利の動きは怖いね。
    日銀の量的緩和はやっぱ失敗なのかな。
    来るかなスグダフレーション。いや、もうなってきているか。

    http://blog.livedoor.jp/keizaiwoyomu/

    いよいよ破綻かな。

    >どうも2013.6.6から動きがキナ臭い

    あぁ、6・6・6だ

    第三の矢が本来メインのはず!

     直ぐ結論は出せない問題ですが、第3の矢こそ本命のはず。
    結局、第4・第五の矢を放ってもらわないといけないのかも。
     中国・韓国・台湾に、日本のお得意の部分を取られてしまったわけですから、
    新たに得意分野を作り出さなければなりません。
     直ぐ結果を出せる程簡単な問題でも無いし、よほどの知恵を出して、長期的に実行して行くしか有りません。
     今まで誰も出来なかったことにチャレンジするわけですから。
     当面、まず手始めは、スパイ防止法などで国家機密が漏れない様にすることと、企業の技術やノウハウを簡単に盗まれない様な工夫を徹底的にして、また、そのための法整備を確実に実行しなければならないですね。
     
     第一・第二の矢は所詮、劇薬的カンフル剤な訳ですから!!

    >アホノミクス
    アホだのゲリだの、アベノミクス反対派は育ちの卑しそうな言葉が目立つなあ。
    浜矩子なんて、1ドル50円を予言してた素人なのに。まともに聞けるような内容じゃないよ。

    ところで、消えた年金ってどうなったんでしょうね。

    なぜ誰も問題視しない?

    韓国経済危機

    韓国の有力各紙では韓国経済の先行きが暗いという報道が相次いでいる。
    5月22日:中央日報『韓国経済“赤信号”…500大企業の実績が急速悪化 』
    5月23日:朝鮮日報『韓国経済:「アジア通貨危機よりも深刻」70%』
    5月24日:中央日報『【コラム】円安よりも韓国経済をさらに苦しめる問題は…』
    5月27日:中央日報『【社説】韓国経済を襲う世界経済の不安定性』

    韓国の大企業500社の業績の悪化が報じられている。そして、韓国経済の状況は、
    韓国がIMF管理となった「アジア通貨危機」のときよりも深刻であると考えている韓国人が70%になるという。
    外資は韓国から引上げ、経済成長率では日本に抜かれ、アジア諸国でも最低水準になっている。
    韓国経済の問題は「円安」だけではないという主張も目立ち始めている。

    そして、ネットでは2013年7月に韓国経済が崩壊するのではないかという情報が拡散している。
    日本と韓国は現在引出限度額は30億ドルの通貨スワップ協定を締結中である。この期限が切れるのが2013年7月3日となっている。

    日本のマスコミはこのニュースを取り上げようとしない。
    韓国には日本の協力が必要で、反日などしていても自滅するだけである。

    沖縄は中国自治区に、韓国は北朝鮮主導で半島統一

    300人委員会に中国人が入った結果の規程路線

    それで韓国は気が狂った様になっている訳だ

    2011.3.11以前は韓国は米国の手足として動いていた

    それで3.11の件も何故か事前に知っていた

    日本の衰退が明らかになるにつれ、韓国に役目も終了

    米国と中国は取り引きしたと言う事だ

    米国にとっては、日本と韓国は経済力を持つと困ると言う事だろう

    韓国は梯子を外された訳だ

    富士山大噴火

    何故あの事故が・・・神のメッセージなのか?
    恐ろしいほどの推理力に、ただ驚くだけだ。
    ほぼ同時に2か所での富士山大噴火が起きると・・・・
    そして、とんでもない人物が浮かび上がった。
    圧倒的な展開はまだまだ続く・・・・・・超必見!!

    http://blogs.yahoo.co.jp/martingood0323


    国民の一人当たり総所得を150万円アップさせる

    これは一人当たり平均年収150万円アップでは無い

    安倍総理は演説では、後者の説明の方を行っていた

    どちらにしても実現は今のままでは不可能だが

    混乱させる様にしているのは意図的か

    毛針の様な演説をする前に、実のある政策を行え、と言いたい

    既に時遅し、かも知れないが

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130610-00000010-jct-bus_all

    こういう発想をする自体、日本の公務員は税金は自分達の物という認識なのであろう

    空港維持が重要なら、オスプレイ訓練を鹿児島空港で受け入れれば良い

    それで鹿児島空港自体は無くならないだろう

    >日本の公務員は税金は自分達の物という認識なのであろう。

    日本中に国民のことを真剣に考えるよりも、自己中心的で無責任な、反日議員や反日公務員、親中国の人達が溢れていると言うことですね。

    大阪維新の会のバックにはマルハンなどの在日系企業がついてるよ。

    橋下発言から始まった一連の騒動はマッチポンプなのさ。

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://ytaka2011.blog105.fc2.com/tb.php/274-45cbd62d
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    «  | ホーム |  »

    私はペット殺処分ゼロを応援しています!ピースワンコ・ジャパン

    まぐまぐ大賞2016

    メルマガ登録 月840円

    メルマガ登録・解除
    未来を見る! 『ヤスの備忘録』連動メルマガ
    >> サンプル
    詳細ページへ
    powered by まぐまぐプレミアム
     

    WEB検索

    Google

    プロフィール

    ヤス

    Author:ヤス
    普通の中年のおやじです。

    他の活動:ヤスの英語

    ※注意
    投稿欄としての本来の機能を維持するため、本ブログの管理人が内容としてふさわしくないと考える投稿は、予告なく削除いたします。また、投稿する方自らが自粛していただければ幸いです。

    最近の記事

    最近のコメント

    月別アーカイブ

    カテゴリー

    フリーエリア

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    ブログ内検索

    RSSフィード

    フリーエリア

    ヤスの本

    翻訳・監修本

    「神霊の世界に覚醒して」 shaman02

    ハワイの長老が語り伝える先住民族の聖なる知恵 bowl

    社会分析

    望みなき時代の幸福論 koufuku

    日本はこう変わる コルマンインデックス未来予測 nihonkawa

    「マルクスに聞け」(道出版) marx

    コルマンインデックス後 私たちの運命を決める 近未来サイクル cycle03

    コルマンインデックスで見えた日本と経済はこうなる koruma

    語学教育

    日本人が「英語ペラペラ」を本当に実現できる本 (講談社) pera

    通じる英語笑われる英語 tsu

    きちんと伝える英語 tsutaeru

    英文社内メール例文集 shanai

    実践 英文ライティング入門 bizw

    音声読み上げソフトで練習する速読即解英文リーディング sokudo

    「確実に意志が伝わる英会話」 kakujitsu

    ビジネスレター実用フォーマット bizletter

    英会話「英訳」トレーニング cd

    ネイティブはゼッタイ使わない nat

    ビジネスコミュニケーション

    論理的会話トレーニング ronri

    知的論理トレーニング chiteki

    対談本

    宇宙の設定を読み解く[BlackBox]超予測 black

    日月神示の緊急未来予測 hitsu01

    日月神示のサバイバルガイド hitsu02

    フリーエリア