2017-05

    大きな歴史的転換点、激変する世界経済と進行する我々の意識変化 第1回

    4月23日

    今回もなんとか更新できた。今月は果たせないかもしれないが、月4回の更新ができるようになんとか頑張りたいと思う。

    アネモネ講演会のご案内

    またアネモネの考案会を依頼された。今回は極めて刺激的な内容になると思う!よろしかったらぜひどうぞ!

    案内リンク

    2013年5月11日(土)
    14:00~16:00(開場13:30)
    会 場 アリアル五反田駅前会議室 
    東京都品川区西五反田1-2-9 アリアル五反田駅前ビル
    ■各線「五反田駅」より徒歩1分
    料 金 前売3,000円/当日4,000円(各税込)

    変動を引き起こす社会的断層
    ・社会の集合意識とトラウマ、私たちの心の深層を視る
    ・アメリカの復権
    ・EU経済の回復と現状
    ・バージョンアップする中国、「チャイナ3.0」とは?
    ・世界のシンクタンクの予想する未来
    ・ウエスルマン博士が唱える2013年
    ・2013年6月には何が起こるのか?


    DMM 有料配信 ライブトークイベントのご案内

    参加者は無料です案内は以下のリンクよりどうぞ!

    「ヤスさんと飲もう」超特番 IN 書泉ブックタワー

    出演:高島康司 大森浩司 高島敏子 ゲスト:山岡尚樹
    4月24日 水曜日 18:00〜19:00 
    書泉ブックタワー から ライブ中継配信

    新刊本のご紹介

    また本が出ます。すごく面白い本だと思います。よろしかったらどうぞ!

    日本、残された方向と選択~緊急分析!! 近未来の予測・予言を大解明!
    houkou

    むちゃくちゃうまい醤油!

    筆者は、隔月で高松の経済団体で講演会を行っている。そのとき、高松で評判になっているおいしい醤油のことを教えられた。小豆島の醤油である。早速、注文して見たが濃厚な味でものすごくうまかった!世の中にはうまいものがあるののだと思った。よろしかったらどうぞ。

    金両醤油

    お知らせ

    5月21日、ウエブボットの報告書の最新版が発表になりました。いま詳細な要約の作業を続けていますが、これまでのように「予言解説書」のような体裁で出すことはしないことにいたしました。詳細な要約はすべてメルマガに発表いたしますので、最新報告書の内容を知りたい方は、メルマガを購読なさってください。

    記事全文の音声ファイル

    記事全文を音声ファイルにしました。よろしかったらどうぞ。7日で削除されますので、お早めにどうぞ。

    音声ファイル

    有料メルマガのご紹介

    筆者は、有料の地震予知情報サービスに複数加入している。そうしたサイトの的中率は比較的に高く、筆者の印象では60%程度なのではないかと思う。特に複数のサイトが一斉に類似した予知をした場合、地震は予知されたエリアと期間に起こるケースが極めて多い。ただ、実際に起こった地震の規模が予報を上回ることもときとしてある。M5クラスが予想されていたが、実際に起こった地震はM6を越えていたというようなケースである。

    今回、4月13日に淡路島でM6.3、4月17日に千葉でM5.8、そして宮城沖でM6.2の地震が起こったが、これはすべて数日前から複数のサイトで予知され、期間とエリアはずばり的中したが、規模だけは外れた。

    その後も、複数の信頼できるサイトが同一の期間とエリアで一定の規模を上回る地震の発生を連続して行っている。先にも書いたように、複数のサイトが同じ予測をした場合、発生する可能性は高くなる。

    気になるのはエリアと規模、そして期間だが、これはさすがにアクセス数の多いブログでは公開できない。情報はメルマガだけで提供する。ここでは予報サイトが警戒する要注意期間だけを下に示す。

    2013年4月22日~4月30日前後まで

    メルマガでは情報を入手しだい送信するので、予報情報を必要な方はぜひメルマガを購読してほしい。有料メルマガでお金がかかって申し訳ないが、情報がだだ漏れとなって一人歩きし、意図しない混乱を引きおこしかねないので、このような枠をはめさせていただいた。

    前回はこのような内容を詳しく解説した。

    次回のメルマガ

    ボストンマラソンのテロに関して極めて奇妙な情報を数多く入手した。どうも日本で報道されているような事件ではなさそうだ。これを詳しく書く。

    また、北朝鮮についても実に興味深い情報を得た。これも詳しく紹介する。

    最後に、その他筆者が得たサイキック系の情報を紹介する。

    今回の記事

    今回から少し長い記事を書く、それは、世界経済の歴史的な変動と、その背後で進行する可能性がある意識変化の動きに関してである。

    このテーマを扱っている本やブログがほとんどないので、書くことにした。経済の転換からはじまり、意識の転換まで行くので、かなり長いシリーズになる。今回はその第1回である。

    全体のシリーズは講演会と連動させ、ここで詳しく解説する。

    世界経済の歴史的な転換

    まだこのテーマを書いている本や記事はすごく少ないので、ほとんど知られていないが、いま世界経済の歴史的な転換が始まった可能性がある。アベノミクスもTPPも日本の外交政策も、この歴史的な転換を背景にして読まないと、現実の状況がつかめなくなる可能性が極めて高くなっている。

    そこでまず第一回目の今回は、世界経済の歴史的な転換がどのようなものなのか、その概要を説明する。

    3月の日本の百貨店売上高

    世界経済の歴史的な転換がどのようなものなのか説明するための第一歩として、みじかなところに目線を定めたい。4月18日に発表になった百貨店の3月の売上高である。下のグラフがそうだ。

    department

    下は品目別の売上高である。

    depart02

    グラフを見ると分かるが、前年比+3.9%と3ヶ月連続で増加し、増加幅も非常に大きかった。

    いま円安に伴う株高の状況が続いているので、株で利益を出した富裕層が高額商品を購入し、それが百貨店の売上を高めたことは容易に予想できる。事実、高額消費の代表格である美術・宝飾・貴金属は+15.6と大幅に増加している。

    しかし注目すべきは、衣料品、身のまわり品、雑貨、化粧品、菓子など特に富裕層向ではない一般の品目の売上が5ヶ月連続のプラスとなり、それぞれ+4.8%、+9.2%、+6.4%、+3.9%、+2.6%と大きく売上を伸ばしたことだ。

    ちなみに2011年には東日本大震災の影響で売上は大きく減少したが、2012年にはその反動で売上がのび太。しかしそれは長くは続かずすぐにもとに戻った。

    中間層にまで拡大している消費

    このように、百貨店の売上が富裕層向の商品のみならず、あらゆる品目で全体的に増大している。これは、消費の拡大が富裕層に止まらず、中間層を含む一般の人々にまで拡大していることを示している。

    つまり、個人消費の拡大期に突入した可能性があるということだ。

    製造業を中心とした設備投資循環

    なぜ百貨店の売上高の増大が世界経済の転換のテーマにつながるのかよく分からないかもしれない。ただ、日本経済をこれまで牽引してきた設備投資循環との関係で見ると、これが日本経済の構造転換を表している可能性が高いことが分かる。

    設備投資循環とは次のようなものである。

    まず、強い国際競争力を持つ国内の製造業が旺盛な設備投資を行う。巨額な設備投資は大きな波及効果をもたらすので、周辺産業への発注の増大からこれらの産業の成長を刺激する。一方、労働力に対する需要も一緒に伸びるため、賃金も上昇し消費需要が高まる。国内の消費の上昇は、さらに産業の成長を刺激する。このような循環である。以下の図式だ。

    製造業の巨額な設備投資 → 周辺産業への波及効果 → 労働力の需要の伸びと賃金の上昇 → 海外輸出の増大と国内の消費の伸び → さらなる成長

    このような設備投資循環が日本経済を長い間牽引してきた。いま我々が景気の回復をイメージする場合、頭にあるのはこのイメージである。景気の回復とは、なによりもまず「製造業の輸出の伸び」と「巨額否設備投資」、そして「製造業の雇用の増大」のことである。

    いまアベノミクスは、株と土地価格の上昇とそれによる富裕層の消費増大だけのバブルに終わり、実体経済の浮揚にまで至らないのではないかと懸念されている。そのような懸念が出るのも、「高株価と富裕層の消費拡大」は「製造業の輸出の伸びや設備投資」に結び付くことはないというイメージから出た見方だ。

    輸出と設備投資ははたして伸びているのか?

    ところで、先にも書いたように、3月期の百貨店の売上は全体的に伸びており、富裕層に止まらず、一般の人々にも消費が拡大していることを示していた。このように、富裕層のみならずあらゆる層で個人消費が拡大しているのであれば、これまでの日本の製造業を主体とした経済の構造であれば、「円安が追い風となった製造業の伸び」、「大規模な設備投資」、そしてそれらの結果としての「製造業中心の雇用の伸び」が背景にあることになる。

    はたしてそのような状況なのだろうか?

    円安にもかかわらず減少する輸出と設備投資と雇用

    実際に確認すると、かつてのような設備投資循環はまったく起こっていないことがはっきりする。

    yushutsu

    まず輸出だが、大幅な円安にもかかわらず停滞している。以下は財務省が発表した輸出入の数値である。

    もちろん円安による輸入原材料とエネルギー価格の上昇が、輸入額の増大につながっていることは間違いない。5.5%増大している。

    しかし注目すべきは、これだけの円安にもかかわらず輸出はわずか1.1%しか伸びていないことだ。

    では設備投資はどうだろうか?以下が設備投資率だが、伸びるどころか逆に減少している。なお、表中の赤丸は本文とは関係ないので無視していただきたい。

    せつ

    そしてそれらを反映するかのように、製造業の雇用は落ち込み、高度経済成長前の1951年以来、はじめて製造業の就業者数が1000万人を割り込んだ。以下はその表だ。

    sezou

    いったいなにが起こっているのだろうか?

    このように、いまこれまでの日本経済では見られなかった現象が現れている。「輸出の停滞」「設備投資の減少」「製造業の雇用者数の減少」というマイナスが出てきているにもかかわらず、「個人消費の一富裕層を越えた一般層への拡大」が見られるのである。

    いってみればこれは、これまでの日本経済の構造から見ると、「冷たくて熱いスープを飲む」といったような論理矛盾である。いったいなにが起こっているのだろうか?

    日本経済の構造転換か?アメリカ型の消費循環

    もちろん、まだはっきりしたことは言えないが、これは日本経済が、これまでの設備投資を主体とした循環から、アメリカ型の個人消費の拡大、および金融を主体とした景気循環という方向へと、構造が大きく転換している可能性が高いことを示している。

    要するに、もはや日本は製造業大国ではないということだ。これは数年前から言われ続けてきたことだが、実際にこの構造転換に波がやってきたということなのかもしれないのだ。

    アメリカ型の個人消費循環

    では、アメリカ型の個人消費を主体とした循環とはどのようなものなのだろうか?

    もちろんこのモデルでは、製造業は主体ではない。それは個人消費を主体とした循環と金融産業を主体とした循環の2つから成り立っている。

    まず個人消費の循環だが、それは株価の上昇に牽引された循環である。まず、株価の上昇によって富裕層の所得が増えるので、この層の個人消費が拡大する。すると、富裕層向けのサービス業が拡大し、この部門の雇用が増大する。すると、富裕層以外の個人消費が増大し、景気全体が上向くという循環だ。

    高株価 → 富裕層の消費拡大 → サービス業など非製造部門の伸び → 雇用の増大 → 一般の個人消費の伸び → 緩やかな景気回復

    金融産業の循環

    個人消費の循環を支えているのは、高い株価による富裕層の消費拡大だ。株価の上昇が景気に及ぼす影響は非常の大きい。では高い株価はなにが支えているのだろうか?それを支えているのが金融産業を主体とした循環だ。それは以下のようなものだ。

    高度な金融テクノロジーを使って利率のよい金融商品や投資物件を提供して資金を世界から集め、それを世界の各地域へ投資して巨額な利鞘を稼ぐモデルだ。この場合、株式や債権などの金融市場には内外の資金がいつも集中しているので、どんな状況でも株価は相対的に高い状態が維持される。図式化すると以下のようになる。

    金融商品の開発 → 金融市場に内外の資金が集中 → 相対的に高い株価を維持

    では日本は?

    日本でも同じような金融資本化の流れにすでに2004年頃から入っている。以下の表を見ると、赤の線が表す投資の利子収入が、2004年ころから貿易収支を上回り、そのまま上昇していることが分かる。日本の貿易収支は輸入超過なので赤字だが、海外投資からもたらされる利子収入とサービス収益が大きいので、全体(経常収支)では黒字になるという構造だ。

    これはアメリカと同じような金融資本化の方向が進展していることの現れである。

    もしかしたら日本経済の構造転換か?

    これがアメリカ型の景気循環だ。最近の日本では、円安にもかかわらず、製造業の雇用や設備投資が落ち込み、輸出が伸び悩んでいる。それなのに、百貫店の売上高は増大し、個人消費の回復が富裕層だけではなく中間層にも及んでいるという、これまでの設備投資循環では見られなかった現象が現れている。

    しかしもし日本経済が、アメリカ型の景気循環へと構造転換したするなら、これはなんら奇妙ではない。高株価が個人消費の拡大を牽引するのだから、実に自然なことである。

    事実、製造業における雇用者数の減少は、非製造業部門の雇用者数の数の増大によって相殺されている。これは、労働力が製造業から非製造業に移動していることを示している。日本はもはや製造業大国ではない。

    shuugyou

    これは世界経済の転換を反映している

    もちろん、このような構造転換が本当に進んでいるのかどうか確認するためには、もう少し時間が必要だ。しかしもし本当に進行しているとするなら、これは日本経済にとって歴史的な構造の転換になるはずだ。

    一方、この構造転換は世界経済全体の転換を反映した転換をである可能性が大きい。

    金の暴落とドル

    4月17日、金の価格が17%も下落した。これは1983年以来の下落幅である。

    これは何を意味しているのだろうか?金が暴落したた直接の原因は、世界的に株価が上昇しているため、金の先物市場から資金が引き抜かれ、株と債権に流れたからだとされている。

    たしかにそれは間違いない。一方、下の表が示すように、金価格とドルの価値は逆相関の関係にある。つまり、金の価格が下落するとドルの価値は上昇し、金価格が下落するろドルは上昇するということである。

    これは、ドルに信頼が揺らぎ、ドルの価値の下落が予想されるとき、資産を保全するために金が買われ、逆の状況では金が売られるからである。リーマンショック以後、基軸通貨としてのドルの信任が大きく揺らいだことがあったが、このときは金は高騰した。これは金とドルのこのような関係を証明している。

    ということは、30年ぶりの金価格の暴落は単に一時的な現象ではなく、その背景には、ドルの信頼の拡大と、それを可能にするアメリカ経済の再編成の過程が存在する可能性が極めて高い。

    この再編成の過程と日本経済の構造転換は密接にむずびつき、連動している。

    このような視点から、いま話題のアベノミクスとTPPを見ると、これまで見えなかったまったく異なった実態が見えてくる。

    これは2回目の次回に書く。今月中に更新する。

    むちゃくちゃおもしろかった講談

    筆者は月刊ザ・フナイの連載を書いていたが、読者の方に講談師の方がおり、会う機会があった。筆者は講談はこれまで聞く機会がなかったが、実におもしろかった!今後はスピリチュアル系の講談をやるそうである。サイトに音声ファイルがあるので聞いて見たらよいだろう。

    田辺鶴瑛

    筆者のいとこのブログ

    筆者にいとこがスピリチュアル系のカウンセラーになっていたのを最近知ることとなった。以下にリンクする。よろしかったらどうぞ。

    ねもとまどかの「宇宙のゆりかご」

    このブログの基本方針

    このブログの基本方針を掲載しました。記事をお読みになる前にかならず一度はお読みになってください。

    基本方針リンク

    読むとくドットコム

    筆者がコンサルティングにかかわっている会社が子供用の国語音声教材の提供を始めた。子供用だが、実によい名作がmp3の音声ファイルで聴くことができる。大人の心の琴線に触れる作品がとても多い。よいサイトだと思う。よかったらどうぞ!

    読むとくドットコム

    驚異的な前世リーディングサイト
    遠い記憶・前世からの約束

    前世リーディング問い合わせ電話番号
    080-3128-8600

    筆者の友人の作家のブログ

    茶房ちよちよ
    駒村吉重のブログ。いつもの飯、酒、より道、脱線、思いごと


    便利な学校検索サイトです!

    海外子女.com

    投稿に関しては以下の方針に従い、どうしても必要な場合以外は削除しないことにしておりますが、他者の人格を傷つける不適切な表現がある場合は例外とし、予告無しに削除し、投稿禁止にする場合もあります。

    意味産出の現場としてのBBSやブログ

    また、私はいま日本で起こっている変化を以下のようにとらえております。もしよろしければこちらもどうぞ。

    いま何がおこっているのか?

    ヤスの英語

    スポンサーサイト

    テーマ:歴史と予言 - ジャンル:学問・文化・芸術

    コメント

    日本経済の構造転換

    日月神示では石屋の仕組みに沿った日本の建て替えは八百万の神の望む建て替えでは無い、それゆえ石屋にそそのかれての建て替えが進む場合、八百万の神は三千世界もろとも建て替えを実行する

    その際、悪くなっている「上の者」たちは建て替えと同時に浄化される

    その言から言えば…

    今の経済動向はまさに「そそのかされて何も知らずに」している路線を辿ってます。
    今後も「浄化」される時点までそれが続くと言う事ですが“浄化”の中味がどんなものであるかは極々少数の人しか「気付いていません」。
    気づいた人は超大事としてその事を発信してはいるのですがみな「馬耳東風」な今の状況からして「浄化」は避けられないでしょうね。
    浄化の中味の大変さを本当に理解して実践出来る人のみ「浄化されても完全に副作用を回避出来る」かと思います。
    でも大多数(99%以上かも)の人々は色んな深刻度はあるにせこっ酷い副作用にきっと晒されるでしょう…
    回避のキーワードは幾つかあり、知られていない訳ではないのですがそれと「浄化」が結びついている事に気付いている人は極僅かしかいないのが今の現状です。

    三千世界の建て替えの中身、つまり浄化の度合いがどの様な物になるかは日本の現世の俗化、堕落化の度合いによる

    堕落化の歯止めが効かない、と八百万の神が判断した場合、一気に三千世界の建て替えは実行されるだろう

    馬耳東風な人は、その際、改めて日本の神の存在を認識するのである

    それゆえ日月神示にはギリギリでの改心は遅い、と書いているのである

    石屋にそそのかれて、日本の経済構造を転換

    そそのかしている人たちは誰か?

    石屋の手足として活動している人たちは誰か?

    それは、かつてウオン安を韓国に進言し瀕死の状態だった韓国経済を急上昇させた人である
    それは、現安倍政権の経済ブレーンのT氏である

    4月29日~5月2日は、何かしらの節目になりそうである

    アメリカ国内もボストンテロの対応でゴタゴタする中

    アメリカ国外でゴタゴタが発生してもアメリカが対応しづらい状況になるからである

    日本マイクロソフトは在宅勤務となっている

    新インフルエンザは台湾へ上陸

    日本では風疹が流行中

    民族移動のGWの前で、この状態

    これは、予定されていた動きなのか?

    今年のGWは行動範囲を考える必要がある

    個=全 全=個

    1人の感染者が移動すれば、
    たちまち大多数の人が感染する。

    行動範囲を考えると言っても、限界がある。

    もうすぐGWがあり、それが過ぎれば梅雨。
    鳥インフルが台湾から上陸したとしても、
    空気が乾燥していない梅雨の季節に入ると、すぐに終息しそうですね。

    ボストンテロはオバマ追い落としへの自作自演

    韓国は中国に接近し、結果、中韓朝三つ巴で日本と対立

    石屋のシナリオは刻一刻と進む

    このまま進むと、どうなるか?

    日月神示の通り、三千世界の建て替えが行われる

    2011.3.11より2年以上が経過

    ねろてばさんの予言が実現するのか

    >ねろてばさんの予言が実現するのか

    この予言が指してる日付は2/7〜2/9なので外れてます。

    それとも、本当は311から2年2ヶ月と7日〜9日とでも言いたいの?

    2011.3.11から2年以上の時が過ぎた

    自然災害は予測出来ないタイミングで起きる
    (人為的に起こすものは別として)

    既に日本列島の地殻は不安定化している

    指定した期日に起きなかったのは、ある意味幸いであったのであろう

    しかし、日程がずれただけならば、それは不幸な事である

    目に見える現象だけ捉えて判断するのは、ある意味、悲しい事である

    http://goldentamatama.blog84.fc2.com/?no=1575

    2012.3.10~6.11の開催
    絵の中の時刻は6:10

    現状からしてどのように激変するか、そしてその後…

    経済的に激変があるとすれば(大変大雑把ですが)
    大部分(どう見ても80%以上の人々)は下降傾向。
    特に上昇する人々は1%程度かと…
    (経済を牛耳る層はこれを狙って残りの90%以上の
    人々を窮地に追い込みながら目的を達成していく…)
    更に格差が開いて貧困、戦火、飢餓等が広がる、
    その挙句にWWIIIにまで状態を悪化させ結果的には
    1%の人々だけ安全圏に逃げ込み人を得る魂胆かと…
    その間には資源(エネルギーや食糧の経済的争奪戦)
    などに発展してますます大多数の人々の暮らしが逼迫
    するようになり、益々我々人類の理想から遠のくかと…
    まぁ、此の儘で行くと絶望的な未来しかないと言う事。
    転換を叫んで方法を示している人に対して「狂人扱い」で
    いるような状態なのでまず“現状では永遠に解決不能!!”
    破滅の時計はますます速く秒を勧めている状況ですね。
    その後はどうなるかも「2者択一程度」で判ってはいます。
    (ここの部分でも結構ESPからの情報も取り入れてます…)
    激変の度合いが大きいほど方向転換の振れ幅が大きい
    のですが悪い方に言った場合(現況)は確実に破滅です。
    うーん、人類は“自己崩壊”でしょうね、“超新星の如く”、
    唯一の例外(唯一の方向転換法をとった時)以外確実に…

    前文についての訂正2箇所…

    「人を得る魂胆」→「利を得る魂胆」
    「秒を勧めている」→「秒を進めている」
    に訂正させて頂きたいと思います、申し訳ありませんでした…

    >中韓朝三つ巴で日本と対立
    三つ巴って三つが互いに争ってるんだよね?それが日本と対立?
    日月神示は日本語として変な文章だけど、その信者さんも変な日本語使うなぁw

    今、ほとんどの日本人は警告を警告として受け止められず
    警告する者を狂人扱いする

    まさにQueenの「予言者の唄」と同じ状況である

    メディア側は公然と嘘を報道し、真実を伝えない
    (デーブスペクターはボストンテロ犯人の母は狂っている、とFBI側に立っている)

    石屋は日本で大規模な自然災害が起こるまで、ギリギリまで経済破綻させない

    日本の災害により世界経済が破綻した、と演出させたいからだ

    既に新インフルエンザはバラまかれた

    サタンが偽救世主として現れるのも、もうすぐである

    和歌山、串本で虹色の雲が現れる

    http://okarutojishinyogen.blog.fc2.com/?no=3556&sp

    yahooニュースのページは何故か削除されている

    某掲示板に以下の書き込みがあったが、少々気になるので

    信じない奴は見なくてもいいが、 多少でも意識して今後に備えて欲しい。

    見たのはさっきだから 整理しながら書いていく

    4月27日 日本のどこかで震度4以上の地震発生 多分近畿だと思うが。 30日 27日の地震が原因で 南海トラフ、東海トラフのいずれかが発生 幸い、東京ではないため、経済に大打撃だが、 なんとかセーフ 死傷者は、過去最大。 もちろん、復旧は遅れる。 緊急国連総会で日本の復旧を最重要課題に設定

    東南海トラフ地震…

    将来的に起きるのはまず間違いないですけど日付が入ってるので予言・予知としては「私的には却下」です。
    “そう時間がない”程度の時間限定のほうがより信ぴょう性を感じます。
    「某」とは予知、予言系の掲示板だったのでしょうか?
    まぁ、だとしても2ch系は私は全く信じる気はしませんね。喩え“体感派”と言えどもです。

    主権回復の日

    本日、鹿児島でイルカが30頭ちかく、浜辺にうちあげられたそうです。
    28日に安倍さん、主権回復式典とかやるそうじゃないですか。そんな事したら米国本気で何か仕掛けてきますよ。怖いですね。
    ヤスさんの地震情報といい、とっても危険なGWになりそうな予感

    本日、中国政府は公式に尖閣諸島は台湾、チベットと同じ位置付けだと宣言

    沖縄県民はどちら側に付くつもりなのか

    主権回復式典は火に油

    米国はキッカケを作っておいて、今頃冷静な対応をしろ、と言う

    全てはサンフランシスコ条約の時点で仕込まれていた時限爆弾

    石屋のシナリオは全てにおいて用意周到である

    他にもある

    28日から、皇太子夫婦海外へ、安倍首相海外へ、
    現在、建設関連の某会社の株価が急騰しています。
    この会社は311の時も事前に急騰していました。
    関連会社の役員に竹中平蔵の身内がいます。
    マイクロソフトも久々にGW期間中、在宅勤務を実施。

    疑えばキリがありませんね。

    T氏の身内、友人関係の動きをトレースすれば、良からぬ動きの把握が出来るでしょう

    石屋のシナリオは、用意周到です

    目に見える事件、報道、現象に囚われると裏の真意は見えて来ない

    アベノミクスで円安推進するのは良しとして
    同時に物価上昇への対策としてガソリン暫定税率の撤廃ぐらい行うべきである

    推進する政策と、それに伴う負の部分の対策を同時に行うのが妥当な経済政策だが、小泉政権も安倍政権も、やったらしっぱなし

    どちらもT氏が経済政策ブレーンである

    ユニ黒会長、Y氏の様に、財界の上の者も悪くなっている

    「世界統一賃金だから年収100万円になっても仕方ない」

    グローバル企業だから賃金は世界で統一する

    米国のグローバル企業は世界統一賃金なぞ導入していない

    日本の政界、財界の上の者はグリコ、森永事件以降、日本人以外に支配されてきている

    私が本格的に絶望したのは、反原発デモで変なおっさんがギター持ってWe shall overcomeを気持ちよさそうに歌ってるのを、見たときです。

    実際に何者をあいてにしてるかもしらず、知ろうともせず。ただやみくもに甘アマとした情緒と「ナカヨシカンカク」で動いているのが感じられたからです。

    本記事とは関係の無いボヤキですみません。

    日本人の一部はマスコミによって愚民化されてしまった

    気付いた日本人は居るが、ほんの一部

    自ら勝ち取った民主主義では無いのでデモも政治的集会もお祭り感覚

    日本人が目覚め無い場合、八百万の神は日本の浄化を始める

    日月神示において、何故、日本人口も含め全てが1/3になる、としているのか

    来るべき大峠後の日本列島で自給自足で生活出来る人口の限界が、現状の1/3であるから

    世界の雛形の日本で1/3が限界であるか、世界においても現状の1/3が限界である、ということ

    キリスト教では、その1/3のさらに1/3がケイキョされて地球から他の惑星に向かう、という事になる

    地球に残った2/3は核戦争等で汚染した世界で輪廻転生を繰り返す

    現在、70億人以上という世界人口だが、再度70億人になる様な文明再生は無い

    浄化の意図を知っています。

    今年は歴史の転換点だということを聞いて、このブログにきました。自分は、その浄化の意味をしっています。そして、八百万の神がどういうことを意図しているのかも。




    キーワードは「信仰」です。



    日本人が、戦後失った神仏への信仰心をとりもどさなければ、この国の未来は危ういのだということです。だから日本の神々は怒っておられるのです。


    そして、その信仰の上に、日本の新たな未来がひらけるのだと思います。


    だからお願いします。
    信仰をもっていただきたいです。


    その信仰とは、

    新たに幸福の科学という宗教で説かれている

    地球神への信仰です。


    この地球神は、大きな意味での「神仏」という名でも表せる存在です。




    そして今、日本人に地球神への信仰をもつよう日本の神々は言われているようなのです。



    そして重要ですが


    地球神への信仰を説く「幸福の科学」が広まるか、広まらないか。日本の未来が

    どう決まって行くかは、


    この団体のメンバーの活動と
    周りの方々が気づくか、信じるかにかかっています。




    ですが、まだ声は限りなく小さいです。

    20数年立ちましたが、国民全体にその「声」は生き届いていません。

    日本人の根強い宗教不信もいいところです。




    心ある方、どうかよろしくお願いいたします。



    力をかしてください。




    こちらは幸福の科学公式サイトです。
    happy-science.jp/


    そして、その天照大神の緊急神示です。

    天照大神が緊急神示「日本人よ、信仰と国家を取り戻せ」
    http://the-liberty.com/article.php?item_id=5278


    そして、幸福実現党という政党をしっていますか?今後、キ―となってくると思います。

    2012年の冬の衆院選でまたもや全員落選した政党です。

    この政党は、幸福の科学を母体とした政党で、この国の主宰神天照大神が神国日本をつくってほしいと願いをかけられている政党のようなのです。


    2012年で、国民全体が、存在とその意義に気づいていたのなら少なくとも今の事態はさけられたのではないかと思います。

    何かえらい間違いを述べていらっしゃる方もいるようですが。

    ヤスさんは既にご存知でしょうが、Coast to Coast からリモートビューイングのデイムズ少佐の
    最近のインタビューが出ました。

    少佐は非常に強い懸念を、今秋地球に最も近付くとされる、コメットアイソンに抱いているよう
    です。実はこのコメットは単独で飛来するのではなくグループで来るそうです。
    しかし彼が実際に今一番気にかかるのは、このコメットでもなく、北朝鮮でもなく、経済なのだそうです。
    また、東京から番組を聴いていた方で、スカイプで少佐に質問した方がいましたが、
    今回ははっきりと少佐は返答しきっていました。(前回はかなり同情的に話していましたが)
    北日本は放射能汚染の為に終わりだ、いや、既に終わっている、と。
    また、北朝鮮の事は心配しなくても良い、と。まぁ、彼によると、日本政府はすでにビルマとミャンマーの国境付近に代りの都市を建設する為に、土地を購入しているそうですので、外国の事を心配している余裕はないだろう、と言う事でしょうか。

    また、再び原発事故はどこか(日本の国内か国外かははっきりしませんが)で起きるそうです。

    アメリカの大統領はオバマが最後で、彼は戒厳令を出すだろう、とこれは同じ。つまり、
    大統領選は次回はない、と言う事ですね。

    直接聞きたい方は、こちらをどうぞ。

    http://www.youtube.com/watch?v=eNfYQwpCcfA

    最後で申し訳ありませんが、ヤスさん、更新お疲れ様です。

    目を覚ませ!

    天照大神が、原発による日本の放射能汚染を許すと思いますか? その前に、生命そのものを司る豊受大神やウカノミタマノオオカミが許さないでしょう。

    神の声ではなく原子力村の声を聞いて、上関原発の推進に加担した神社本庁。神の声が分からないのなら、神様事に手を出す資格なんかないだろう!?

    天照大神の名前をかたって原発推進? 本当に罰当たりな! ええ加減にせえ!

    日本政府要人がミャンマーに逃げる等の噂はあったが
    実際、そう言う動きがあるなら、こういう人達の責任問題を本来追求すべきだろうと思う

    地球上、何処にいても助かる者は助かるし、助からない者は助からない

    日月神示の神はギリギリでの改心は遅い、と言っている

    ミャンマーの国民性をみると、かつての日本人のそれに近い

    それゆえ、ミャンマーに避難先を確保したいという心情は理解出来無くもない

    しかい、それは最良の解決策では無いのは明白

    これから発生する多くの日本国民の被害を代償として、国の機能を外に確保する

    それが八百万の神から見てまっとうな事かどうか、答はもうすぐ出る

    創価、統一、幸福の科学等々、

    日本の癌的宗教

    CIA絡みの宗教はやめておこう。

    “S,T,K”がCIA? 何れにしても…

    どうも「666系」とか一神教は破滅に繋る宗教なのではと思っています。
    本当の“パラダイムシフト”が可能に為るためにはある意味宗教も脱皮するか何かしないと無理でしょう。
    そのためには“東洋思想や東洋宗教”のほうが「向いている」と考えています。
    同時に経済や社会状況も考慮出来るような宗教(これは「思想的宗教」と言ったほうがイイかも…)に転換する必要があると思いますよ。生態系までも考慮に入れた“スピ系”の「ガイア主義?」的な考えを大いに取り入れて行かないと地球環境や生態系、人類の文化や「文明」、ひっくるめて崩壊に向かうと思います。
    とうもここのコメントに意見を寄せる人は殆ど「近視眼」の人が多いんじゃないかなぁと普段から感じます。

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://ytaka2011.blog105.fc2.com/tb.php/271-d5713230
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    «  | ホーム |  »

    私はペット殺処分ゼロを応援しています!ピースワンコ・ジャパン

    まぐまぐ大賞2016

    メルマガ登録 月840円

    メルマガ登録・解除
    未来を見る! 『ヤスの備忘録』連動メルマガ
    >> サンプル
    詳細ページへ
    powered by まぐまぐプレミアム
     

    WEB検索

    Google

    プロフィール

    ヤス

    Author:ヤス
    普通の中年のおやじです。

    他の活動:ヤスの英語

    ※注意
    投稿欄としての本来の機能を維持するため、本ブログの管理人が内容としてふさわしくないと考える投稿は、予告なく削除いたします。また、投稿する方自らが自粛していただければ幸いです。

    最近の記事

    最近のコメント

    月別アーカイブ

    カテゴリー

    フリーエリア

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    ブログ内検索

    RSSフィード

    フリーエリア

    ヤスの本

    翻訳・監修本

    「神霊の世界に覚醒して」 shaman02

    ハワイの長老が語り伝える先住民族の聖なる知恵 bowl

    社会分析

    望みなき時代の幸福論 koufuku

    日本はこう変わる コルマンインデックス未来予測 nihonkawa

    「マルクスに聞け」(道出版) marx

    コルマンインデックス後 私たちの運命を決める 近未来サイクル cycle03

    コルマンインデックスで見えた日本と経済はこうなる koruma

    語学教育

    日本人が「英語ペラペラ」を本当に実現できる本 (講談社) pera

    通じる英語笑われる英語 tsu

    きちんと伝える英語 tsutaeru

    英文社内メール例文集 shanai

    実践 英文ライティング入門 bizw

    音声読み上げソフトで練習する速読即解英文リーディング sokudo

    「確実に意志が伝わる英会話」 kakujitsu

    ビジネスレター実用フォーマット bizletter

    英会話「英訳」トレーニング cd

    ネイティブはゼッタイ使わない nat

    ビジネスコミュニケーション

    論理的会話トレーニング ronri

    知的論理トレーニング chiteki

    対談本

    宇宙の設定を読み解く[BlackBox]超予測 black

    日月神示の緊急未来予測 hitsu01

    日月神示のサバイバルガイド hitsu02

    フリーエリア