2017-04

    ふたたびリンゼー・ウィリアムス2

    9月12日

    今回は、ちょっと緊急性が高い情報を入手したので、いつもよりも早く更新することにした。いつもこのくらいのペースで更新できればよいのだが。いつも記事をお読みいただいている読者の方々に感謝する。

    対談イベントのご案内

    立ち上がったばかりの団体、「しゃべり場事務局」から興味深い対談イベントの依頼を受けた。アジア圏の投資のプロである高橋守氏との対談だ。

    高橋さんは中国投資の専門家でもあります。日中関係が極度に緊張するいま、中国への投資が実際にはどうなっているのかプロに聞くもっともよい機会だと思います!ぜひお申し込みを!

    高橋氏は中国、カンボジア、フィリッピン、マレーシアと豊富な投資経験に基づき、今後のアジア投資の展望などを語っていただく。日本人がだまされる典型的なケースも語ってくれる。とても面白い話になると思うので、関心がある方はぜひどうぞ!

    トークイベント「ヤスのしゃべり場 」

    shaberi

    日程:2012年9月30日(日)

    会場:インプリメントセミナールーム (築地駅徒歩3分)

    人数:50名限定

    料金:1名 5,000円 
    ※懇親会料金別途

    ナビゲーター:高島康司
    ゲスト: 高橋守
    一橋大学社会学部卒、フィリピンアダムソン大学、メキシコユカタン州立大学に留学。
    英語、中国語、広東語、スペイン語に堪能 。住友信託銀行にてインベストメントバンキング・国際業務に就き、香港・台湾に通算 10 年近く勤務。中国、台湾、香港、シンガポール、フィリピン等華僑に幅広い交流を持つ。国際金融、ペンチャー投資、不動産投資、不動産ファンド等広範な知識と実務経験の持ち主。中国不動産投資コンサルティングの第一人者として、毎月のようにベトナム、中国各地を訪れると同時に、ベトナム・中国不動産投資教育を行う。 
現在、ディーエー代表取締役、ベターハウス取締役東京事務所長、早稲田大学ビジネススクール講師 

著書に「華僑に学ぶお金の哲学投資のルール」あさ出版 
「人民元で大儲け!」あさ出版 
「インド株で大儲け!」あさ出版などがある。

    時間:12:30 開場
    13:00 ヤストーク
    今年の数ヶ月で大きな変動が発生する可能性が出てきました。日本は岐路に立つかもしれません。特にアジアとヨーロッパを中心に、経済、政治の両面からこれから来る変動を詳しく解説します。あらゆる手段を予測に使います。また、これまで紹介してきたコルマンインデックスやウエブボットがいまどうなっており、どのような予測を展開していているのか紹介します。
    14:30 休憩
    14:45 対談 ヤス(ナビゲーター)
    高橋守(ゲスト)
    アジア投資の専門家の高橋さんを招き、特に中国とカンボジア、そしていま注目のミャンマーへの投資について話します。しかし、日本人投資家が騙されるケースも大変に多くなっています。高橋さんは、多くのアジア向け投資ファンドを立ち上げ成功させてきているので、豊富な経験に基づき、どのような状況で日本人投資家が騙されるのか、ディープな情報もお話してもらいます。
    16:15 休憩
    16:30 質問
    17:00 終了
    17:30〜20:30 終了後懇親会予定

    ※ご参加希望の方は、下記のメールアドレスまで必要事項を入力しお送りください↓
    yasunoshaberiba@gmail.com

    【名前】

    【住所】

    【携帯他】

    【メールアドレス】

    【イベント参加人数】

    【懇親会参加人数 希望者のみ】

    お申込後、ご案内をお送り致します。

    主催:しゃべり場事務局

    担当 : 島田


    高松の講演会

    以下の日程で高松の講演会を行います。お近くの方はぜひどうぞ!今回の講演会は面白くなりそうです!

    日時  平成24年9月27日(木) 18:30受付   19:00~公演開始
    場所  高松テルサ  

    テルサ会場内の掲示板にて部屋の確認をお願いいたします
    〒761-0113 香川県高松市屋島西町2366-1
    Tel:087-844-3511  Fax:087-844-3524

    会費   3,000 /人

    講演会後、高島先生を囲んでの懇親会を予定しております。場所 未定ですが高松市内にて行う予定です。

    主 催  里坊会計事務所 里坊昌俊
    実行委員 有限会社ウエストフードプランニング小西啓介、ソニー生命保険株式会社 山下智幸、株式会社京蔵 京兼慎太郎、株式会社クリード インテグレーション平野伸英

    内容
    ・やばくなるアメリカ経済
    ・もちなおすヨーロッパ
    ・2013年上半期はマイナス成長か?
    ・竹島、尖閣問題と日本の行方
    ・ずれてきたコルマンインデックスのシナリオと今後の行方
    など


    お知らせ

    5月21日、ウエブボットの報告書の最新版が発表になりました。いま詳細な要約の作業を続けていますが、これまでのように「予言解説書」のような体裁で出すことはしないことにいたしました。詳細な要約はすべてメルマガに発表いたしますので、最新報告書の内容を知りたい方は、メルマガを購読なさってください。

    記事全文を音声ファイルにしました。よろしかったらどうぞ。7日で削除されますので、お早めにどうぞ。

    音声ファイル

    お知らせ

    講談社のサイト、プロジェクト・アマテラスに作品の投稿を求められました。以下のサイトで読むことができます。「試論、そもそも予言とはなにか?1」です。画面右側の「このプロジェクトの投稿」から見ることができます。よろしかったらどうぞ!

    未来はどうなるのか
    http://p-amateras.com/project/61

    新しい本の紹介

    「神霊の世界に覚醒して」サンドラ・インガーマン、ハンク・ウエスルマン著、高島康司、豊田泰士訳

    shaman02

    このブログでも何度も紹介したことのあるシャーマンで人類学者、ハンク・ウエスルマン博士の名著、「Awakening to the Spirit World」の翻訳が完成した。2010年にアマゾンで1位になった本である。

    本には、シャーマンの世界をトランス状態で経験しやすくさせるCDが付いている。本は、CDの使い方と、シャーマンの世界で体験する内容の解説書だ。筆者もCDを聞いて見たが、聞ききながら寝ると、たしかに多くの夢を見て、会ったことのない多くの人物が現れる。興味深い体験だった。

    よろしかったらぜひどうぞ!

    新しい本の紹介

    今度、ウィリアム・スティックエバース氏と対談本を出しました。かなり面白い本だと思います。よろしかったらどうぞ!

    black

    宇宙の設定を読み解く[BlackBox]超予測

    また新しい本が出ます。今度は様々なサイクルに注目し、コルマンインデックス以後どのようなことが起こるのか解説した本です。ブログやメルマガの内容を大幅に加筆修正しました。

    コルマンインデックス後 私たちの運命を決める 近未来サイクル

    cycle03

    よろしかったらぜひどうぞ!

    有料メルマガのご紹介


    前回は複数のテーマを紹介した。

    まず、竹島と尖閣の領有権問題を解説した。この問題は、アメリカが日中韓プラスASEANの自由貿易協定をつぶし、TPPに日本を組み入れるために仕掛けた可能性がある。しかし日本は、竹島と尖閣で問題が発生した後でも日中韓FTAの交渉を開始する一方、TPP参加を早期に表明することは断念した。アメリカは目標が実現できなかったため、日中韓の緊張を高める事件を再度仕掛けてくる可能性がある。

    次に筆者が、周囲のサイキックの人々から入手した地震に関する情報を解説した。内容がどぎついので、ブログでは公開しない。

    最後に、2chで話題になっていた「異なる時間軸から来た男」の情報を検討した。この人物がやって来た異なる次元の平行宇宙では、すでに7月に首都圏で地震が起こっていた。この地震には、1)フィリッピンの大地震、2)サウジアラビアの爆弾テロという2つの先行する出来事があるとされていた。フィリッピンの大地震はすでに起こったが、これからウジアラビアの爆弾テロは起こる可能性があるかどうか探って見た。

    次回のメルマガ予告と今回の記事

    今回は、リンゼー・ウィリアムスの最新情報を詳しく紹介する。9月5日に「ゴールド・シーカスドットコム」という貴金属相場を専門に扱うネットラジオのインタビューだ。8月24日のリーク情報と重複する部分もあるが、まったく新たな情報が多い。

    一方、リンゼー・ウィリアムスはネットラジオにたくさん出ており、このブログ記事だけでは到底紹介しきることは不可能だ。ブログでは紹介できない内容も含め、残りの情報は次回のメルマガに書くことにした。


    リンゼー・ウィリアムスの最新情報


    以下がリンゼー・ウィリアムスの最新情報である。ウィリアムスにインタビューは内容が多岐にわたる。また話題が急に逸れたりするので、分かりやすくするために、項目別にまとめて掲載することにした。

    リバティー油田の採掘停止

    ・私は数日前に奇妙なメールを受信した。メールの差出人は私にグローバルエリートの機密情報をリークしてくれているARCO社(Atlantic Richfield社)の元重役であった。70代の人物である。

    ・そのメールによると、「アラスカ州、プルドー湾のガル島にあるリバティー油田からの原油の採掘を一時的に停止した」という。メールを読んだ後、私はこの人物に直接電話した。すると、「採掘の停止は一時的な処置」だという。原油価格が1バーレル、150ドルになった時点で産出を再開する計画のようだ。

    ・1976年、私がアラスカ州でARCO社の牧師として石油採掘労働者のカウンセリングをしていたころ、アラスカ州北部、プルドー湾のガル島で北米最大の埋蔵量の油田が発見された。

    ・このとき、重役のひとりであったケン・フロムという人物は、「この油田は原油価格が1バーレル、150ドルになるまでは採掘しない」と私に明言した。ケン・フロムは、その後私に情報をリークしてくれたグローバルエリートのひとりである。彼は最近亡くなったが、亡くなる前に名前を公表する許可をもらったので、こうして名前を言うことができる。

    ken

    中東の計画

    ・グローバルエリートには原油価格を引き上げるための計画が存在する。それは、エジプトから順次中東の政権を倒す革命を開始し、中東を混乱させるという計画だ。エジプトを始め、中東の多くの国々はイスラム原理主義の「ムスリム同胞団」の手にわたることになる。

    ・当初の計画は、エジプト革命が起こってから1年で中東の国々は次々とイスラム原理主義化し、混乱が拡大する。その結果、1バーレル、150ドルの原油価格を実現するはずだった。だが、その計画は8カ月ほど遅れている。

    計画の遅れとロシア軍のシリア撤退、アサド政権の崩壊

    ・その原因のひとつはシリアだ。シリアのアサド政権は、グローバルエリートの予想に反してしぶとく生き延び、そのため計画が6カ月遅れたのだ。

    ・だが、いまシリアからシリアを援助していたロシア軍が一斉に撤退を開始した。最近ロシアは、大規模な海軍の演習を中止した。また、北海艦隊、バルチック艦隊、黒海艦隊は、シリアにおける一切の活動を停止した。

    ・さらにロシアは、アサド政権に対し、すべての援助を停止すると告げた。現在はロシア海軍の軍艦でシリアをに停泊しているのは一隻だけだが、それも近いうちに引き上げる予定である。

    ・グローバルエリートはすでにロシアと中国をコントロールしている。ただ、コントロールの方法がアメリカとは異なっているだけだ。どのような方法を使ったかは分からないが、グローバルエリートはプーチン大統領の説得に成功したようだ。

    ・アサド政権の崩壊はかなり近い。アサド政権が崩壊した後、シリアは「ムスリム同胞団」が支配するイスラム原理主義の国になる。グローバルエリートは、アサド政権が倒れるのを待って、リバティー油田の採掘を再開する。

    次のターゲットはサウジアラビア、クラーク元将軍のインタビュー

    ・ユーチューブで退官したウェズリー・クラーク将軍のインタビューを見るべきだ。このインタビューでは、グローバルエリートが私に告げたと同じ情報が語られている。中東地域の政権を次々と打倒する計画だ。

    ・グローバルエリートの次のターゲットはサウジアラビアだ。サウジアラビアの現政権を打倒するのだ。



    エクスプローラでユーチューブから動画を開き、右から6番目の「字幕」を選び日本語を選択すると、日本語字幕で見ることができます。

    グローバルエリートの計画の全容

    ・これがグローバルエリートの計画の全容だ。

    1)中東全域で革命を起こして政権を打倒した後、各国でイスラム原理主義の「ムスリム同胞団」の政権を樹立する。

    2)これで中東は混乱するので、原油価格は1バール、150ドル、金は1オンス、3000ドル、銀は1オンス、750ドルまで高騰し、ドルの価値は大幅に低下する。

    3)これとともに、デリバティブの崩壊から、全面的な金融崩壊を引き起こし、金本位制に基づく新世界秩序を導入する。

    ・しかし、この当初の計画は大幅に遅れている。リビアのカダフィー政権の打倒に手間取り2カ月の遅れが生じた。さらに、シリアのアサド政権では6カ月の遅れが生じている。計画全体では、8カ月遅れている。このため、グローバルエリートは大変に焦っている。彼らは必死だ。

    オバマに激怒したグローバルエリート

    ・オバマの支持率は上がっていない。その背景のひとつは、オバマに対しグローバルエリートが激怒しているからだ。

    ・ガル島のリバティー油田の原油を輸送するために、グローバルエリートはカナダとアメリカを通るパイプラインの建設を計画した。

    ・実はオバマはイスラム教徒である。「ムスリム同胞団」からの莫大な献金と引き換えに、このパイプラインの建設を許可する約束だった。

    ・だがオバマは、実際に献金が行われると態度をひるがえし、パイプラインの建設を保留してしまった。

    イラン攻撃とサウジアラビア

    ・イスラエルによるイラン攻撃はない。グローバルエリートは混乱を引き起こす地域を変更したからだ。すでにイランはターゲットではない。

    ・これからのターゲットはサウジアラビアだ。サウジアラビアは世界最大の原油産出国なので、サウジアラビアが混乱すると原油価格は高騰することは間違いないからだ。

    リバティー油田採掘中断のもうひとつの理由

    ・プルドー湾、ガル島のリバティー油田の採掘の一時的な中断には、もうひとつ別な理由がある。それは、2010年にメキシコ湾で起こった原油流出事故と同様の事故が起きないように、油井を強化する工事を実施するからでもある。原油採掘中断の表向きの理由はこれである。

    これから起こることとその準備

    ・グローバルエリートによると、自分と自分の家族を守るために、これから以下のことを念頭におくべきだという。

    1)モンタナ州とノースダコタ州にまたがる地域には、バッケン油田という大規模な油田が存在する。これから本格的な採掘を開始する。これから始まる金融崩壊で職を失い路頭に迷うことになったら、この油田に行くようにするとよい。仕事はたくさんあり、かなり稼げるはずだ。私はここに実際に行ってきたばかりだが、原油ブームで沸いていた。

    2)ウォールストリートで起こっていることは一切信用してはならない。ウォールストリートはグローバルエリートが完全にコントロールしている。これから市場は崩壊するが、崩壊してから準備しても間に合わない。

    3)ユーロ圏で起こっていることは重要ではない。関心をそちらに奪われてはならない。たとえギリシャがデフォルトしてもユーロに影響はない。

    4)また、スペインやイタリアの財政状況は悪化するだろうが、これはグローバルエリートの計画を読み取るための指標にはならない。新世界秩序が導入されたとき、借金の増大という、グローバルエリートがこれらの国々を支配しやすくするための条件を作っているにすぎない。

    金融崩壊の引き金

    ・グローバルエリートの計画でもっとも重要なのはデリバティブの崩壊である。

    ・トム・ファラという人物がいる。彼は40年前、金融産業に深くかかわりグローバルエリートの計画を知ることになった人物だ。私はトム・ファラに実際に会った。彼はグローバルエリートに嫌気がさし、金融界を去った人物だ。彼は、「デリバティブの目的は、デリバティブ崩壊の引き金を引くことによって、グローバルエリートが希望する時期に金融崩壊を引き起こすために開発された特別な商品である」と言っている。

    ・連銀はQE1とQE2の量的緩和で大量の資金を銀行に流したが、銀行はすべての資金をデリバティブの購入にあてた。アメリカの主要銀行だけですでに250兆ドルのデリバティブを保有している。これが崩壊すると、アメリカの金融システムは崩壊する。

    ・私は金融崩壊がいつくるかは分からない。半年後かもしれないし、1年後かもしれない。だが、確実にやってくることは間違いない。

    ドルは無価値化とグローバルエリートの目的

    ・グローバルエリートの目的は、世界やアメリカを破壊することではない。崩壊した世界をグローバルエリートの手で復興し、彼らが完全にコントロールできるような世界を構築するためである。特にアメリカはそうである。

    ・2012年末までのドルは無価値化する。ドルという通貨はなくならないだろうが、ドルの価値はほとんどなくなる。それまでに、ドルに基づく一切の投資や預金を引き上げ、金に変えておくべきだ。

    デリバティブ崩壊の予兆

    ・デリバティブの崩壊が起こる前には、いくつかの予兆がある。ひとつは、通貨戦争の始まりである。2012年4月14日、中国は人民元を、これまでの0.5%から、1%の範囲でドルに対してフロートさせる決定した。このようなことが通貨戦争である。4月11日、ブラジルの大統領は絶対にQE3を絶対に実施しないように要請した。もしQE3を実施するなら、ブラジルは報復して通貨戦争を引き起こすと言った。

    ・通貨戦争の次に起こるのは貿易戦争だ。これがデリバティブ崩壊の第2の予兆だ。

    ・連銀が金利を1%引き上げることが、デリバティブと金融崩壊の最後の予兆となるはずだ。

    以上である。

    ある程度証明可能なウィリアムスの情報

    これが9月5日にリークされた情報のすべてである。もちろん、こうした陰謀系の情報を頭から信じ込んでしまうことは危険である。あくまでも批判的な視点を失わずに、参考になる情報を取り入れるべきだろう。

    一方、他の陰謀系の情報に比べて、ウィリアムスのリーク情報は証明できるものが非常に多い。その点ではウィリアムスの精度は群を抜いている。今回のリーク情報も実証できるものは多い。

    アラスカ州、プルドー湾ガル島のリバティ油田

    ウィリアムスが冒頭で述べているアラスカ州、プルドー湾ガル島のリバティ油田は、実際に存在する超深度掘削の海底油田である。以下の場所にある。

    pludo

    pludo02

    また、ニューヨークタイムスに掲載された公式の説明では、リバティー油田はBPが1997年に発見し、2008年に油井の建設が始まった。2010年4月に原油採掘の準備をしていたところ、メキシコ湾の原油流出事故があったため、採掘が遅れた。

    しかし、2010年5月27日、オバマ政権は超深度掘削油田の掘削一時停止を宣言したが、停止される油田にはリバティー油田は含まれていなかったので、掘削が続けられた。2011年には毎日40000バーレルの採掘量になっている。

    リバティー油田は、公式発表では1997年に発見されたことになっているが、ウィリアムスのリーク情報ではすでに1976年に発見され、原油の高騰を待ってから採掘が始まったということだろう。

    油井の建設の動画を見ることができる。



    バッケン油田

    また、ウィリアムスの情報に出てくるバッケン油田も実際に存在する。以下はウィキペディアからの引用である。

    1951年にノースダコタ州、タイオーガ近くで石油が発見され、1984年まで年間5,300万バーレル (8,430,000 キロリットル) の原油を産出した。可採埋蔵量も近年飛躍的に増加している。バッケン油田の埋蔵量は4,000億バーレル (640億 キロリットル) であり、北極野生生物国家保護区の埋蔵量の25倍に相当している。しかしアメリカ合衆国地質調査所が2008年4月に発行した報告書では、現在の技術で採掘できるバッケン油田の埋蔵量を、2桁少ない30なし40億バーレル (4.8 - 6.4億 キロリットル)、中央値を36.5億バーレル (5.8億 キロリットル) と推計している。 州西部は現在石油ブームにあり、ウィリストン、タイオーガ、スタンレー、マイノット、バーリントンの町が急成長している。2010年時点で州内石油産出量は1日355,000バーレル (56,000 キロリットル) と2007年水準の3倍以上となり、全米第4位になった。

    保留になったアメリカーカナダパイプライン

    また、グローバルエリートが激怒したとされるアメリカーカナダのパイプラインの建設が、オバマ政権によって許可されなかったとの情報だが、これも事実であった。2011年11月初旬にオバマはパイプライン建設を保留にしている。以下の記事で読むことができる。

    「米大統領:給与税減税延長、パイプライン計画承認との抱き合わせ拒否

    12月7日(ブルームバーグ):オバマ米大統領は7日、給与税減税措置の延長について、「キーストーンXL」パイプラン計画の政府承認迅速化と抱き合わせを狙う議会共和党の動きを拒否する考えを示した。

    オバマ大統領はホワイトハウスでカナダのハーパー首相と会談した後、カナダから米国に原油を輸送するトランスカナダのパイプライン計画の承認など他の問題と絡めて、給与税減税を「人質に取るべきではない」と強調した。

    大統領は、パイプライン計画に関する決定を大統領・議会選挙後の2013年初めまで延期したことについて、政治的な意図はないと言明。パイプライン建設をめぐっては「適切な環境影響評価」が必要だと述べた。

    共和党指導部は、年末期限切れとなる給与税減税措置の延長法案にパイプライン計画の承認手続き迅速化を盛り込むことを検討している。オバマ政権と議会共和党の双方にとって減税措置の延長は最優先課題だが、税収の減少分を富裕層への増税で賄う民主党案に共和党は反対している。」

    サウジアラビアの情勢

    だが、我々にとってもっとも気になるのは、サウジアラビアでテロが起こるかどうかということだ。前回、第188回のメルマガで書いたように、これから起こる日本の地震に先行する出来事としてサウジアラビアの爆弾テロがあげられているからだ。興味のある読者は188回のメルマガを読むとよいだろう。本当にそのような出来事が起こるのだろうか?

    サウジアラビアの東部地域

    サウジアラビアは、スンニ派のなかでも厳格なワッハービ派が統治する国である。人口の12%のシーア派は、油田の90%が集中する東部地域に居住しており、さまざまな規制や差別を受けているとされている。世界最大のガワール油田もこの地域にある。

    一方、これまでサウジ国内のシーア派は露骨な抗議運動を控えてきたが、2010年12月から始まった「アラブの春」が拡大するにしたがって、東部地域でも抗議運動が激しくなった。だがサウジ政府は、要求を受け入れるどころか、これを徹底的に弾圧した。

    特に抗議運動は、今年の7月に著名な反体制派シーア派の聖職者ナムル師が、治安部隊の襲撃により逮捕されて以来、激化している。以下は東部の町、カティーフで8月に実施されたデモだ。

    他の地域にも拡大

    しかし、東部地域で始まった抗議運動は宗派の違いを越えて、サウジアラビアのスンニ派地域にまで拡大している。以下は、イランのプレステレビのニュースだ。

    バーレーンとサウジで、反政府デモ拡大


    サウジアラビアで、これまでは同国東部地域のみに限られていた反政府デモが、西部地域にまで拡大しています。

    サウジアラビアではここ数日、首都のリヤドやメディナ、ターイフなどの都市で、激しい抗議行動が行われています。

    サウジアラビア西部の町ターイフでは、地元住民がここ数日、街頭に繰り出してサウード政権の弾圧措置に反対する抗議行動を実施しました。

    抗議行動の参加者は、反政府スローガンを掲げ、現在身柄を拘束されている政治犯全員、特に女性の釈放を求めています。

    現在拘束されている女性の政治犯は、裁判を受けないまま長期間拘置所に拘留されています。

    1ヶ月前に、サウジアラビアの著名な反体制派シーア派聖職者のナムル師が、同国の治安部隊の襲撃により逮捕されて以来、同国の東部地域では抗議デモが激化し、他の地域にまで広がっています。

    サウジアラビアの隣国バーレーンでも、同様の状況が見られ、国民による平和的な抗議デモが日々高まっています。

    バーレーンでは10日金曜、数千人の国民が反政府団体の呼びかけに応じて街頭に繰り出し、ハリーファ政権への反対を訴えました。

    バーレーンとサウジアラビアは、情勢が安定していた時期もありましたが、現在は地域でのアラブ革命の影響を受け、この2つの国でも状況は緊迫しており、地域の政界の大部分は、この2つの国の王制が衰退する日が近いと見ています。

    反体制戦闘組織

    さらに、拡大するに抗議運動から武力による政権打倒を目指す反体制戦闘組織も設立されている。以下はl、中東情勢の分析では非常に定評のある「中東TODAY」からの引用である。

    サウジアラビアにスンニーの反体制組織誕生


    サウジアラビアに敵対す立場にあるイランからは、これまでもサウジアラビアの体制不安や、反体制の動きに関する情報が、何度と無く報じられてきている。そのような状況から発しられる情報なので、何処まで信頼性があるかについては断言できないのだが、そのような情報が出てきた以上は、いちおう把握しておく必要があろう。

    イランのプレス・テレビというネットが報じたところによれば、サウジアラビアにスンニー派の反体制戦闘組織が、誕生したということだ。その組織の名前はバタル・アルウバイリスで、戦闘を専門に展開する集団だということだ。

    つまり穏やかな政治経済社会の条件闘争などではなく、武力でサウジアラビアの現体制を打倒することを、目的とした集団だということだ。

    このバタル。アルウバイリス組織のメンバーは、サウジアラビア国家が国民の要望に全く応えていないとし、生命を賭して体制に挑戦すると主張している。つまり、特攻攻撃をも含む闘争方針を立てており、その戦闘方針を宣言しているのだ。

    特攻攻撃といえば、車に爆弾を搭載した車を、自身が運転して目標に近づき、自爆テロを行うことを言う。イラクではこの闘争方式で、これまでに何万人という人たちが、犠牲になっているのだ。

    このバタル・アルウバイリス組織は、国民と宗教の敵を打倒する、とも宣言している。

    サウジアラビアはこれと似たようなグループによる、体制への挑戦が1979年に起こっている。それは、オタイビという名の青年を中心とし、彼をマハデイ(救世主)とあがめるメンバーが、サウジアラビア政府の支配するイスラムの聖地メッカを占拠し、そこに立てこもってサウジアラビア軍と、戦闘を展開するというものだった。

    このオタイビ一派の抵抗に対し、サウジアラビア軍は対応に苦慮し、最終的にはフランスの特殊部隊に、掃討作戦を依頼して、問題を解決したという経緯がある。

    今回、イランのプレス・テレビが報じた情報が、正しいものであるとすれば、サウジアラビアでも遂に反体制の、武力闘争が始まるということであろう。それは世界経済にも、大きな不安を抱かせるものになろう。従って、サウジアラビア国内の状況を、今後も注視し続ける必要がありそうだ。

    以上である。

    ウィリアムスのリーク情報が正しければ、サウジアラビアで起こっているこれらの一連の出来事は、グローバルエリートが中東全域を混乱させ、原油価格を1バーレル、150ドルを越えて高騰させるために仕掛けていることだということになる。

    以前の記事でも紹介したが、抗議運動によって政権を打倒するためのプロ集団が存在しており、彼らの手口を撮影した優秀なドキュメンタリーが撮られている。以下のビデオがそうだが、ブラウザーはエクスプローラーを使い、ユーチューブ本体で動画を見てほしい。右から6番目のボタンをクリックして日本字幕を選び、見てほしい。日本語の字幕が現れる。



    この続きの情報はメルマガで書くことにする。

    続く

    新しい本の紹介

    また新しい本が2冊出ました。表紙はセンセーショナルですが、中身はけっこうまじめです。これまでのメルマガや雑誌の記事の内容に一部加筆し、修正した内容です。いま日本は大きな転換点になっています。世界の現状を踏まえ、現在の日本の立ち位置を確認するにはよい本ではないかと思っています。よろしかったぜひどうぞ!

    elen

    shihaisha

    むちゃくちゃおもしろかった講談

    筆者は月刊ザ・フナイの連載を書いていたが、読者の方に講談師の方がおり、会う機会があった。筆者は講談はこれまで聞く機会がなかったが、実におもしろかった!今後はスピリチュアル系の講談をやるそうである。サイトに音声ファイルがあるので聞いて見たらよいだろう。

    田辺鶴瑛

    筆者のいとこのブログ

    筆者にいとこがスピリチュアル系のカウンセラーになっていたのを最近知ることとなった。以下にリンクする。よろしかったらどうぞ。

    ねもとまどかの「宇宙のゆりかご」

    本の出版のお知らせ

    今度、また講談社から英語の本を出した。筆者も強く感じているが、やはり英語は仕事では必須となりつつある。しかし、実際に英語を使う相手は欧米人とは限らない。中国や韓国なのどのアジア出身の人々も多い。そのような状況のなか、この本では普遍的なコミュニケーションの手段としてのグロービッシュに注目し、これをマスターする方法を解説した。英語に関心がある方にはぜひお勧めしたい!

    日本人が「英語ペラペラ」を本当に実現できる本 (講談社+α文庫)

    eigohon

    また本が出ます。前著の続編にあたる本です。今度は今のシステムのつっこんだ解説と将来の予測です。よろしかったらどうぞ。

    「支配ー被支配の従来型経済システム」の完全放棄で 日本はこう変わる コルマンインデックス未来予測[2020年までの歩み] (ヒカルランド)

    nihonn

    また本を出版しました。今度は徳間書店からです。今回は、このブログの内容を大幅に加筆修正し、未来予測を行った本です。よろしければぜひどうぞ!

    未来予測コルマンインデックスで見えた 日本と経済はこうなる(徳間書店)

    koru

    今回、講談社から英語本を出版しました。通勤途中に電車の中で軽く読める本です。ちょっと英語に興味がある人はぜひどうぞ!

    通じる英語 笑われる英語

    eigo

    「いったい世の中どうなっているんだ!こんな時はマルクスに聞け」(道出版)

    体裁としては「資本論」の解説書のような本だが、マルクス礼讚の本ではない。われわれはこれからなんとしてでもサバイバルして行かねばならない。そのための状況認識のための書として有効だと思う。よろしかったらぜひどうぞ!

    marx

    このブログの基本方針

    このブログの基本方針を掲載しました。記事をお読みになる前にかならず一度はお読みになってください。

    基本方針リンク

    読むとくドットコム

    筆者がコンサルティングにかかわっている会社が子供用の国語音声教材の提供を始めた。子供用だが、実によい名作がmp3の音声ファイルで聴くことができる。大人の心の琴線に触れる作品がとても多い。よいサイトだと思う。よかったらどうぞ!

    読むとくドットコム

    友人の飲み屋

    筆者の友人の一人が飲み屋を始めました。こちらもよろしかったらどうぞ!

    ナイトクルーズ51

    驚異的な前世リーディングサイト
    遠い記憶・前世からの約束

    前世リーディング問い合わせ電話番号
    080-3128-8600

    筆者の友人の作家のブログ

    茶房ちよちよ
    駒村吉重のブログ。いつもの飯、酒、より道、脱線、思いごと


    便利な学校検索サイトです!

    海外子女.com

    投稿に関しては以下の方針に従い、どうしても必要な場合以外は削除しないことにしておりますが、他者の人格を傷つける不適切な表現がある場合は例外とし、予告無しに削除し、投稿禁止にする場合もあります。

    意味産出の現場としてのBBSやブログ

    また、私はいま日本で起こっている変化を以下のようにとらえております。もしよろしければこちらもどうぞ。

    いま何がおこっているのか?

    ヤスの英語

    よろしかったらクリックをぜひ!↓



    人気ブログランキングへ

    スポンサーサイト

    テーマ:歴史と予言 - ジャンル:学問・文化・芸術

    コメント

    2ちゃんねる掲示板






    管理人さんも『2ちゃんねる掲示板』を見るのか?




    ヤスさん更新有難うございます

    何だか舞台が段々整って来ましたね。
    アメリカではまたガソリン価格の上昇が始まり、郵政公社は8月1日をもって正式にデフォルトになりました。
    カリフォルニアでは既に3つの市が破産宣告をしています。
    社会保障庁は17万4千発の弾丸を購入し、国土安全保障省は既に14億発の弾丸を購入済み。
    (誰を撃つ為に?)
    石油エリートの操作によって、アメリカ大統領選はどうなるでのでしょう。

    北による韓国核攻撃

    こんにちは。
    いつも貴重な情報ありがとうございます。
    さらなるリンゼー予言期待します。
    それと、最近の動向を見ていると、
    思い込みかもしれませんが、
    デームス少佐と2ch予言の
    「北による韓国核攻撃」の
    確率が高くなってきたように思います。
    デームス少佐予言のその後は、どうなっているでしょうか。

    ご無沙汰しております。
    コルマン氏の新しい論文とかありましたら、
    紹介してほしいです。

    ついに火付けが始まりましたか。

    http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20120912-OYT1T01055.htm?from=navlp

    あとは燃え上がるのを見ているだけ。

    やはり駐リビアアメリカ大使殺害を受けて、海兵隊が現地へ向かいましたね。
    これからどうなるのでしょうか。

    http://www.military.com/daily-news/2012/09/12/marine-counter-terror-team-rushed-to-libya.html?ESRC=marine-a.nl

    カリフォルニア
    ハリウッド
    プレディティアン
    硫黄臭
    イエローストーン
    噴火
    津波
    群発地震

    ドラゴン
    爬虫類人種
    地下帝国
    地球大変動
    太陽変動
    ネイチャーコンシャス
    意識場変容
    次元の上昇(変容)

    予言サイトよりも現実のニュースほうが凄い

    昨今はネット上の予言サイトやオカルトサイトより
    日々のニュースのほうがより波乱万丈で
    そこからの予測や分析や推察するほうがより凄い。
    現実に起きてることのほうが予言やオカルトよりも刺激的。
    いままで生きていてこんなことってなかったよ。


    日本政治のプライオリティ

    経済再生は資本家・産業再生
    雇用再生は国民の生活の確保と安心

    ともに産業再生と市場再生が急務だが
    似て非なるもの。

    オバマは正しい!!

    日本政治も経済再生はもちろん最重要課題だが
    雇用再生が経済再生・市場再生の視点からも
    国民の生活の視点からも最優先課題です。

    今の日本政治のプライオリティは雇用再生である。
    国民が幸せになることが国家目的であり、政治である。
    根っこは此処だ!!

    http://tenkataihei.xxxblog.jp/ 天下泰平

    新人類とは、今の人類とは180度違うタイプの人類であり、地球に負荷をかけずに地球を再生させることのできる人類です。

    人類には、まだまだたくさん秘密のスイッチ(遺伝子)がついています。先ほど紹介した放射能耐性遺伝子もそうですが、不食遺伝子もありますし、空中浮遊からテレポーテーションまで何でもできるスイッチが押されていないままで眠っています。

    これらのスイッチが少しでも入っただけで、人類の機能は大きく変わることになり、社会の構造も大きく変わり、やがて人類が地球を再生させるような働きができるようになります。

    そして、このスイッチを入れるには人類の意識の進化、覚醒がポイントになってくるわけであり、覚者となった人類はレプティリアン・イルミナティの支配から解放され、激変する地球環境のもとでも淘汰されずに生き残って行くだけの生命力、科学技術を有しています。

    すると地底や他の惑星へ引越しをする必要もないので、地球を再生させながら多くの人類が地球に残ることができます。人類が地球に必要だと思われている限り、爬虫類人よりも上の存在達、創造主は全面的にサポートをしてくれます。

    だから、この著書で伝えられている話も事実であることには間違いないかと思いますが、他のシナリオをまだあることを踏まえた上で、是非とも多くの方に読んで頂きたいと思います。

    何度も伝えてますが、人類削減計画はすでに始まっており、これから本格化してきます。放射能汚染と同様に、これも一定の時期までにシナリオを変えないと大変な事態となるのは間違いありません。

    賛同します

    やっと考えがおなじ専門家がでてきた。
    ロイターのコラムに記載されることは大いに意味がある。

    話は変わりますが安倍さんも先日テレビで日本経済再生の手法として同じ視点を語っていたように思います。
    安倍さんは戦後の日本の裏を知る岸総理の孫であり、それを引き継ぎ日本を世界で唯一の一億総中流国家に導いた佐藤総理の血族である。
    安倍さんは戦後の日本政治の裏の真実が解ってる血族であり
    そして日本が経済崩壊にさしせまった今日
    安倍さんが立て直していくのは彼の宿命であり使命なのだろう。。。
    彼は秘密を知っているはず。
    そしてもう彼は逃げたり精神を病んだりはしないだろう。
    命を賭ける。
    次期自民党総裁は安倍さんであり、そして次期総理大臣は安倍さんしかいないと思う。
    日本のリーダーとしてを是非再生してください。

    コラム:失われた通貨主権、日銀の覚醒に期待=武者陵司氏http://jp.reuters.com/article/jp_forum/idJPTYE88D01J20120914?pageNumber=1&virtualBrandChannel=0

    目エ、覚ませよ。

    安倍なんかに何もできねえって。

    何回だまされたら気が済むんだよ。

    これだから詐欺で騙される人は何回もだまされるんだろうな。

    自民も民主も公明もダメ!

    官僚への丸投げ政治の復活を本当に望んでいるのか?>tonton
    旧態自民党に何を期待してもダメ。しかも、5人とも原発維持派だぞ。
    以下、安倍の丸投げ行為のほんの一部分だ。
    これで、その後、福島ドカンしたんだぞ。

    ネットゲリラから引用
    http://blog.shadowcity.jp/my/2012/09/by-7.html

    2006年に、共産党の議員が質問した時なんだが、当時の総理大臣、アベッチがこう回答しているんだが、

    Q(吉井英勝):冷却系が完全に沈黙した場合の復旧シナリオは考えてあるのか
    A(安倍晋三):そうならないよう万全の態勢を整えているので復旧シナリオは考えていない
    1-7
    Q(吉井英勝):冷却に失敗し各燃料棒が焼損した場合の復旧シナリオは考えてあるのか
    A(安倍晋三):そうならないよう万全の態勢を整えているので復旧シナリオは考えていない
    2-1
    Q(吉井英勝):原子炉が破壊し放射性物質が拡散した場合の被害予測や復旧シナリオは考えてあるのか
    A(安倍晋三):そうならないよう万全の態勢を整えているので復旧シナリオは考えていない

    福島第一を爆発させた戦犯が安倍だというのが、これを見てもハッキリしたわけだが、2030年に原発ゼロが争点となる次の総選挙において、これでも安倍晋三は自分が総理大臣になれる気でいるんだろうかw

    官僚の作文を読むだけだったのですね。」

    阿部だけでは無いのでは?

    民主党でもそうですが、総理大臣を初め、閣僚のほとんどが、次官など、官僚の作文をオウム返しに答弁しているだけだからでしょうね。

    イスラム同胞団?ムスリム同胞団じゃね?しかもイスラム原理主義って。そして陰謀論は簡単に信じてはいけないとかなんとか。簡単なお仕事ですなあ

    現実問題として次期総理大臣は誰がいいと思いますか?
    現実は民主か自民でしょう
    それとも解散総選挙で第3極から総理が出る?
    それはまだ不可能
    現実問題として次期総理は誰がベスト。ベター?
    多分、日本の将来にとって一番大切な時の総理大臣です。
    2012末~2013の総理大臣です。
    金融・経済崩壊にしても、自然災害にしても、雇用問題ににしても待ったなしの国家判断(舵取り)が必要になる時だと思います。

    日本は官僚が霞が関がしっかりしている、優秀だから国家が持っているし、戦後ここまで成長できたのです。
    ある意味、政策はその道のプロとして実務家として経験と情報集積を重ねている官僚が作るのが一番正しい。
    彼らが実務として実施、施行するのですからね。
    彼ら(組織体)は内閣(大臣)ように途中でいなくならない。
    継続組織ですから深さが違います。
    いわば現状は政策執行機関であり、日本最大の最高のシンクタンクです。
    選挙でころころ変わる政治家は、実務は素人です。ビジョン、哲学をもっての国民代表として政治判断役であり決議機関、表の顔が彼らです。
    決議権もってるから利害に染まりやすいのも政治家だ。
    だからある意味、官僚への丸投げでもいいのです。官僚の作文を読んでもいいのです。
    官僚は実務部隊です。政策のプロです。
    ただし、方向性や国づくりのコンセプトは政治家が決定しないといけない。
    プロデューサーが政治家で
    ディレクターが官僚。
    だから日本の政治家・政党の一番の欠点は判断力を持つ、方向性の示唆を与えるだけの情報力ない、上辺の経験主義に陥っている今の政治家です。
    情報は官僚だけから・・・
    もしくはアメリカ政府から、アメリカのシンクタンクから。
    やはり政党はアメリカなどように独自のシンクタンクを持つべき
    先進国でシンクタンクがいちばん機能してないのは日本です。

    しかし
    政治家も
    官僚も
    我々庶民も
    大学生22才強いては20代までは
    同じハナタレで
    一緒に遊んで恋して失恋して
    同じ同胞だったんだよね。。。
    根っこは
    一個人は同じハナタレ
    同じ人間なんだよね。。。
    神でも悪魔でもない。
    同じ人間で同胞でハナタレ。
    友達の近所の幼馴染も政治家だが
    子供も頃はいっしょに遊んでた。。。


    >日本は官僚が霞ヶ関がしっかりしてる・・・・
    そうではないでしょう。カネでしっかり繋がっているだけ。カネが崩れれば総崩れですよ、日本の官僚なんて。
    カネの繋がりを取ったらどうにもなりません。どこを見ればしっかりしている、等と言えるのか。
    楽観主義もここまで来ると極まりですね。

    君はなんちゃい?ぷーなの?社会経験あるの??

    来週日銀は、金融緩和
    をするでしょうか。
    新しい委員の二名は活躍するでしょうか。

    緩和しないと日本は、もっと不景気になるねえ。

    来週に株が暴落すると増田さんは言われていますけど、日銀の緩和がないと思われているのか。
    もうすぐわかります。

    中国情勢

    日本人は殺されてるんですかね?
    年内に開戦しそうで怖いす。

    開戦はないですが、領海侵犯してくるでしょう。
    そして実行支配するでしょう。
    竹島と同じです。

    台風が去ったら1万隻の漁船が尖閣に来るようです。
    いよいよ、実行支配です。
    日本は、自分で火をつけてどうするのか。

    QE3に思う

    ヤスさん、QE3発動となりましたが、この内容はすごいと感じています。
    a highly accommodative stance of monetary policy will remain
    appropriate for a considerable time 『after』 the economic recovery strengthens
    発表された文章ですが、ここにafterとあります、通常はbeforeです。金融緩和政策は目標値の達成や手前で通常はやめます。経済学では行き過ぎることを嫌うからです。
    難し話はやめて、再び内容に戻りますが、FOMCは住宅金融公社関連の住宅ローン担保証券(MBS)を期間無制限で月400億ドル買うといってるのです。住宅ローン担保証券でもジャンク債ではないので、金はばらまくけどFOMCのBSに傷をつけることはしないとも言っているわけです。売れ残りを気にせず住宅ローンを証券化できるのであれば結果的に住宅価格がリバウンドし、雇用率が上がる可能性がある政策と判断してます。失敗するとすれば月400億ドルが市場に対し小さかったということになるのでしょうか?
    QE3でアメリカ経済に変化なく、雇用率が回復しないなら、次は戦争を起こすかもしれませんね。
    尖閣問題はそんなことも腹に入れ冷静さが求められますね。
    初期のころのように、もう少し経済のことも書いてくださいよ。それでは。

    QE3のあとQE4もあります。
    もう、緩和するしか手はありません。
    インフレがあるまでやります。
    日本も同じです。
    緩和せざるを得ません。ドルは、暴落していくでしょう。

    ロシヤは凄い!!

    凄いニュースですね
    ロシアが世界のダイヤモンド市場を変えるていくのでしょう。
    マネーも天然ガスに加えてダイヤモンドでロシアに集積していくのでしょう。
    10年後はロシヤが世界経済をけん引しているのかもしれません。
    やはり資源大国は凄い。
    中国の次はロシヤかもしれませんね。

    シベリアの隕石孔に巨大ダイヤモンド鉱床 http://macroanomaly.blogspot.jp/2012/09/blog-post_7124.html

    この感じだと
    東北から関東は人が住めない状況ですね。

    原発情報 ストロンチウム分布図 http://goldentamatama.blog84.fc2.com/

    しかし、国内も世界も同時多発的にいろんなことが勃発してきました。
    いまだかつてない集中で人間社会や自然環境が乱れてきだしました。
    海も凄いですよね。
    北海道でも水温が例年より2度も高く、魚の生態場が完全に狂ってしまっている。

    こりゃ
    なにかとんでもないことが起きるもではと思ってしまいます。

    地球環境も人間意識も完全におかしい

    世界中で経済麻痺・経済格差・貧困が蔓延し
    もう怒りが爆発している。

    これは偶然でなくもう人間も含めた地球生態系が限界?転換の節目にきているのでしょう。

    起きますよ!!!
    なにか、とてつもないことが。







    浅川講演会

    惑星Xが近づいてるとのこと
    このせいで地球環境がおかしくなってるとか
    ウォータクロックで水の災害も原因はこれ

    民主党って個々の立候補者がバラバラで
    しかも視点に具体性もなく
    理念だの約束を守るなど抽象的な発言ばかり
    これでは日本を任せられない。
    与党の資格なし
    所詮、野党レベルです。
    ていの良い講談師ですね。
    なさけない・・・
    政治家ってこのレベル??

    今朝、テレビで習近平さんの映像を見たが
    今回が回復後の初公式でのお出ましとのこと。
    なんか首から下が死んでいるように見えました。
    ギブス巻いてるとかなのかも知れませんが
    なんか大丈夫?
    健康的に次期継承者は無理そうって感じましたが。。。
    そうなると中国共産党内部で色々動きが出てくるのかも。。。

    尖閣騒動が中国で反日運動活発化してからは竹島騒動、韓国での反日運動は静かですね。
    これってなんか地下での力学が働いているのでしょうかね??
    中国の反日運動も治まってくると思いますが
    その国民の流れが中国共産党政府への不満へ向けられる??
    誰ぞがシナリオ書いている??

    どうか中国国民のためにも日本国民のためにも韓国国民のためにも日中韓FTAを早期実施しましょう。

    ドル、アメリカに左右されない経済交流圏を確立しましょう。

    変動為替で操作されるとTPPは日本にとってメリットはありません。

    そういった意味においても変動為替を固定為替にする。
    そういった意味で日中韓の様々な経済、金融連携は重要なのです。
    この3国のGDPはアメリカと同等なのですから。

    まっ、ここがあるから
    今回の騒動を起こしたり
    裏で仕掛けるのでしょう。

    EUの崩壊しかり、裏があるのでしょう。

    ドルの覇権、アメリカの覇権の維持
    そのために金融操作で支配する。

    ただもう金融操作では世界経済の崩壊に歯止めがもう効きません。
    世界経済が相互依存する今
    アメリカ一国が経済安定してもアメリカ経済は成り立たないのです。
    日本とて、中国とて、EUとて同じこと
    英国(資本家)は金融で持っている国だからと思っていたがこれとて同じこと。

    金融操作の時代は終わりにしましょう。
    これが悪の根源です。
    シンプルなマネーシステムにして、実体経済で世界を繁栄させていきましょう。
    デリパティブなんてファンドなんてもうこの世から廃止しましょう。

    またもや

    DNAが壊されたひまわりの写真です。しかも関東東北ではなく、香川県。
    物凄いですね。さてはてさんのブログより。

    http://satehate.exblog.jp/18472894/

    まちがいなく地球温暖化が促進している

    さて、来年はどうなるのでしょうか・・・
    これから南半球の夏は南極の氷をどれだけ溶かすのでしょう・・・

    北極海の氷:面積が観測史上最小に縮小…JAXAhttp://mainichi.jp/select/news/20120921k0000m040049000c.html

    信用できない!!

    こういう当たり障りのない優柔不断な方便使う男って大嫌いです。
    信用できない!!
    怒りすら覚える!!

    野田首相:「廃炉前倒しも」…建設中の大間、島根原発http://mainichi.jp/select/news/20120920k0000m010141000c.html

    ソーマの予言の誤解について(場違いですみません)

    場違いですみません。最新ブログにコメントします。
    最近、ソーマ予言についてメルマガ等で拝見しましたが、どうもテロ→大地震の誤解があるようです。
    ソーマは、7/21に東京で関東大地震で被災し、
    
8/上旬にオホーツク地震が有り(こちらでも有り)、
    
数日後フィリピンで地震が有り(こちらでも有り←予言当たり)、
    
8/10に京都の実家へ避難し、 

    8/11にイスラエル vs アラブ諸国が開戦した、としています。 

    世間の人々が曲解しているのは、 

    「フィリピン地震と関東地震との間に一つ出来事(サウジアラビアで爆弾テロ)があり」 
の言葉で、
    関東地震が起きてからフィリピン地震が起きているので、 
イスラエル戦争の直前にテロがあった事になります。
    
フィリピン地震→テロ→関東地震ではない、ということです。 

    つまり、テロは地震の前の予兆としては使えません。 
これについては誤解が広がっているようです。

    p.s. このソーマ(相馬)さんが、地震研究で有名な小林朝夫さんの元へ現れ、
    「今月の末までに大変なことが日本で起きる」等とコンタクトしているそうです。
    (これで事故があり、ご本人は入院中だそうですが、有料ブログで掲載中です。)
    http://kobayashiasao.blog65.fc2.com/blog-entry-4611.html
    http://kobayashiasao.blog65.fc2.com/blog-entry-4618.html

    匿名掲示板を盲信することの危険性

    ソーマさんが2chのスレで釣り宣言しましたね。
    http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1346677242/557
    彼はフィリピン地震を偶然的中させた強運にも恵まれるなど、近年稀に見る有能な釣師でした。
    彼の書き込みには多くの人が魅了されました。
    同時に、人は如何に騙されやすいかも、我々に諭してくれました。
    彼の次回作に期待しましょう。

    まほろばの蒼き惑星 http://orangeapple01.blog62.fc2.com/
    有り得ない内容と有り得るシナリオ。
    私達が望む未来はソラよりも遠い。その様な事がこの現実の世界でトップ達の都合によって話し合われている。

    日本ではこの方。
    軍事評論家 佐藤守氏サイト http://d.hatena.ne.jp/satoumamoru/


    東シナ海開戦は10月1日(?)か?と書かれた昨日9月21日の記事。

    しかも、この開戦・・・よくよく調べていくと、2年前から練られてきたシナリオの様なのだ。
    これは・・・出来ればツイートか拡散して欲しい内容である。



    とにかく今の状況と当てはめて読んで頂きたい。
    これは冗談抜きでシナリオ通りに進んでいる模様。

    【転載開始】
    ジョセフ・ナイ著「対日超党派報告書」
    ― Bipartisan report concerning Japan ―


     このハーバード大学の情報サイトに近年まで掲載されていた米国政府の戦略文書は、かつてCIAを統括する米国大統領直属の国家安全保障会議NSCの議長で、同時に東アジア担当者であり(クリントン政権)、後に安全保障担当の国防次官補であったジョセフ・ナイが、米国上院下院の200名以上の国会議員を集め作成した、対日本への戦略会議の報告書である。

     ナイは現在、米国の政治家養成スクール、高級官僚養成スクールであるハーバード大学ケネディ行政大学院の院長であり、そこから輩出された無数の政治家・行政マンの司令塔となっている人物である。この人物が「事実上」、米国の政策を起草している。2010年、このナイは、オバマ政権のアジア戦略の政策立案ブレーンとなっている。

    尖閣諸島での日本と中国との「対立」は、この戦略文書に示されたアジア戦争の戦略に「沿って」、その同工異曲として、アメリカ=中国によって「作り出されている」。



     その内容は以下の通り。

    1、東シナ海、日本海近辺には未開発の石油・天然ガスが眠っており、その総量は世界最大の産油国サウジアラビアを凌駕する分量である。米国は何としてもその東シナ海のエネルギー資源を入手しなければならない。

    2、そのチャンスは台湾と中国が軍事衝突を起こした時である。当初、米軍は台湾側に立ち中国と戦闘を開始する。日米安保条約に基づき、日本の自衛隊もその戦闘に参加させる。中国軍は、米・日軍の補給基地である日本の米軍基地、自衛隊基地を「本土攻撃」するであろう。本土を攻撃された日本人は逆上し、本格的な日中戦争が開始される。

    3、米軍は戦争が進行するに従い、徐々に戦争から手を引き、日本の自衛隊と中国軍との戦争が中心となるように誘導する。

    4、日中戦争が激化したところで米国が和平交渉に介入し、東シナ海、日本海でのPKO(平和維持活動)を米軍が中心となって行う。

    5、東シナ海と日本海での軍事的・政治的主導権を米国が入手する事で、この地域での資源開発に圧倒的に米国エネルギー産業が開発の優位権を入手する事が出来る。

    6、この戦略の前提として、日本の自衛隊が自由に海外で「軍事活動」が出来るような状況を形成しておく事が必要である。

     以上のように、米国は日本海の「パレスチナ化」計画を策定しており、米国は日本を使い捨てにする計画である。そして、この計画の下に自衛隊の海外活動が「自由化」され始めている。


     アジアの石油利権の奪取を目的に、日本の自衛隊と中国軍に「殺し合いを行わせる」、これが米国政権中枢のアジア戦略である。



    【以上、転載終了】

    回避不能な内容である。
    シナリオ通りの展開でみていくと、今2の段階。次は戦争突入に入る3。
    一体どうなるのだろうか・・・。

    地震研究で有名な小林朝夫さん??
    いつから地震研究の専門家になったんですか??
    小林アセイの極道息子が??
    たんなるブロガーでしょう??
    何年か前から地震がくるくるってブログ書いて
    しかも去年から有料サイトにして銭儲けしてる・・・

    日・中・韓
    中国・韓国は世界から日本を隠す為、知らしめる為の存在である。
    今歴史を振り返ると、日本は神に守られていたと・・・
    つまり日本は神隠しにあっていたのだと・・・・・
    そして今、彼等(中・韓)の役目は終わった。

    http://blogs.yahoo.co.jp/martingood0323


    パワースポット

    鳥取県大山
    大山寺街にある宿坊カフェそこにある菩薩像。。。
    庭にある菩薩像でなく
    宿坊の仏間にある菩薩像。。。。
    岡山県最上稲荷奥の院
    一乗寺最上菩薩降臨霊場
    八大竜王
    そして実際の降臨の場所である八丈岩。。。
    磐座

    いってみてください。

    パワスポ

    おおー、そういう話を聞きたかったよ。
    日本のMr.Dooms tontonからは経済か大災害の話しか聞けないからがっかりしていた。
    他の話もできるんだねー。
    俺の中では、少しランクアップした。

    急に流れが変わった??

    急に尖閣をはじめとした領土問題の流れが変わってきたように思います。
    急に毎日テレビで拝見する自民党総裁候補の4人のトーンが変わってきたように思います。
    口を揃えて強行的に日本への領土侵犯を防衛する??
    日本に海兵隊整備??

    町村氏が病気になったのは裏がある??
    従わなかったから病気に落とし込まれた??
    いったいどうしたんだ??

    なぜ、オスプレーを沖縄に強引に大量配備する??
    戦闘ヘリでなく物資輸送ヘリです。
    ただ単に欠陥ヘリコプターをたくさん生産し導入した米軍がアメリカでは反対の嵐で飛行訓練できなくなり、仕方なく沖縄に持ってきた??

    アメリカが日本の大地震災害を予想して戦略的に配備した??
    日本から東シナ海にかけて異変が起きる??
    フィリピン海プレート周辺に大異変??
    そうではない
    2006年久間防衛庁長官時代から戦略的に計画済みで日本政府も容認していた??
    物資輸送が生じるなんかの策略が起きる??

    日中戦争??
    アメリカの中国支配へのシナリオの実行??
    日本が利用された??

    やはり地下資源の争奪シナリオの実行??

    馬鹿な・・・あり得ない・・・だが・・・しかし急に臭う・・・

    尖閣での対中国対応が甘ければ
    竹島→韓国 
    北方領土→ロシア
    からの侵犯を許してしまう??

    欧米の衰退
    アメリカの覇権の危機
    欧米主導の危機
    東アジアの急激な台頭・・・

    アメリカの戦略、シナリオどうりに事が運んできたのか??

    エネルギー支配層?
    軍産複合体?
    金融支配層??
    欧米財閥??

    自民党の4人はたらしこまれた??
    民主野田はとっくにたらし込まれているが・・・

    なんか心配です。

    日本もしっかりシナリオつくらないとね
    無理だろうな・・・
    仏より悪魔ほうががしたたかで戦略的だからな。
    仏(菩薩)は慈愛で森羅万象の時(縁結び・出会い・めぐり合わせ)をつかさどる。
    意図的な戦略なんて持たないし求めない
    真人間の内心に働き、運を作り出す。導く。
    神は・・・
    宇宙を創造していく。破壊も創造だが・・・
    そこには大局的な意図(目的)がある
    神と悪魔は表裏一体・・・

    アメリカは神か??
    神が居ますのか?
    それとも神が不在の時代なのか??

    なにはどうあれ己はそこを生き抜くことだ。
    楽しもう。

    怒り渦巻く秋が急にやってきましね。

    やっぱり
    いくつかのコメントがまた、消されてますね。
    アメリカの金融の壁(2013.1発令の減税撤廃と緊縮財政へのシフト)と日本の金融の壁(消費増税・緊縮財政へのシフト)のコメント他が消えています。

    金融筋の仕業??
    単なる愉快犯??

    「金融の壁」でなく「財政の壁」です

    コラム:「財政の崖」から飛び降りるのは最悪の選択肢にあらず
    http://jp.reuters.com/article/jp_column/idJPTYE88I04T20120919

    日本はもっともっと量的緩和しましょう

    現在の円相場は、120円水準から円高に転じて5年を経過した。円高の大きな要因のひとつは95年以来続くデフレだ。長期デフレの理由については、バブル崩壊の後遺症、少子高齢化、中国の安い労働力と商品の流入など種々挙げられ議論されてきた。特にリーマンショック以降については、米国が量的緩和策によりベースマネーを大幅に増加。この間の日米の金融政策のスタンスの違いが円相場に与えた影響は否定しがたい

    だから日本はもっともっと量的緩和しましょう。

    120円水準まではもどそう。
    そうすれば日本経済は蘇る。

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    ue7000さんへ

    こんにちは。ヤス(管理人)です。

    ue7000さん、ご投稿ありがとうござます。ご意見は拝聴いたしました。このご意見は皆さんに公開なさったらいかがでしょうか?よいディスカッションのきっかけになるかと思いますよ。

    公開してもいいですよ

    ue7000さんへ

    こんにちは。公開はue7000さんの手でおやりになったほうが間違いがなくていいと思いますよ。

    ふたたびリンゼーウィリアム

    今後、中国は分裂に向かうでしょう。共産主義が始めからうまくいかないことはマルクスも知っていました。なぜなら彼はこういったんです。『一匹の妖怪がヨーロッパを荒し回っている。』彼らが本当に憎んだのはキリスト教だったからです。そのために神を否定する理論を作ったのです。共産主義は始めから人間を尊重する理論ではありません。人類の平等を実現するといって革命を正当化するために作られた理論です。そしてそれを誰が援助したか?
    ニューヨークの銀行家どもです。そして今、アメリカを奴隷状態にして中国を覇権国家にしようとしています。
    恐ろしいことです。
    アメリカ人が早く気づき、中央銀行を自分たちのもとに取り戻さなければ大変なことになります。ロンポール議員は気の遠くなるような戦いをしてきたものだと思います。マスコミは私たちが馬鹿になることを願っています。なぜですか、自分たちの計画を悟られないためです。もし真実を求める人が少しでも多くなれば革命が起こるでしょう。誰によって私たちは奴隷にされているのか。
    私たちの富を誰が奪っているのか。若者よもうマスコミを信じることがないように!特に朝日•NHKはかなり共産主義の新派がいるから気をつけよ。彼らはいまだに共産主義に憧れている。共産主義が人類に幸せをもたらしたことがあるだろうか。人類が平等になれると思っているだろうが。
    それは幻想です。もっと独立した個人になるべきです。
    政権を取るためならどんな嘘を言ってもいいと思っているのはまさに共産主義の常套手段です。恐ろしいことです。
    いったん政権を取ってしまったら最後、恐怖政治が始まるのです。
    ソ連、中国、北朝鮮、カンボジア、共産主義に自由はありません。政権を取られたら最後、自由を叫ぼうものなら
    資本主義的だといって自己批判させられ、強制収容所送りです、中国に幻想を抱いたら最後、奴隷にさせられて終わりです。
    自由のために戦って死んだ人の血を無駄にしないためにも
    私たちは奴隷の頸城から開放されるべきです。
    誰が私たちの敵なのかをはっきり知るべきです。
    無知は死の陰を歩むが、真理は私たちを自由にする。

    ウィリアム・スティックエバーズ氏が語るUFO情報

    大摩邇に貼られていたので。
    ヤスさんの宣伝も兼ねて。
    どうぞ!!ヤスさんの記事一つ分はあります。
    とても長いので、引用できません。
    大摩邇で読んで下さい。

    http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/1722800.html

    ue7000さんに感謝!

    ue7000さんの意見に大賛成です。

     ただ、バックに居るのはアメリの銀行家なのか、よく言われるイルミナーティーなのか石屋の仕組みなのかは分かりませんが。
     朝日やNHKが左翼系なのも明白ですし、共産主義と唯物論が人を幸せにしないのも、ソ連や今の中国や北朝鮮を見れば明らかです。
     
     ただ、ソ連崩壊前まで共産主義が理想だと信じていた人達も大勢いますし、その頃は革命が起こると本当に信じていた人達もかなり存在しました。
     ですから、第2次世界大戦の敗戦の反省・総括は当然として、左翼の人達も誰もそれをしていない様ですが“その総括と反省”が必要だと思っています。

    維新の会は危ない!!

    維新の会は危険です。
    竹中はアメリカ支配層の手下学者です。
    その竹中が候補者選定委委員長??

    いまの格差社会化した日本をつくった小泉政権の時の大罪人です。
    市場原理(弱肉強食)を正論化し
    終身雇用制度を破壊し、非正規社員容認の流れを日本に定着させた張本人です。

    竹中が委員長ということは維新の会のバックはアメリカ支配層と言うことです。
    CIAがバックについている??

    よく肝に銘じておきましょう。

    維新の会は危険だ!!
    はっきり言う
    台頭させるな!!

    危険すぎる
    彼らが台頭すると日本は大変なことになります。

    堺屋さんは魂を売ってしまったんだね。
    アメリカ支配層に・・・
    橋下は腹話術人形か講談師にしかすぎない。
    シナリオづくりは堺屋さんだ。

    堺屋さんを昔は崇拝してただけに悲しい。

    維新の候補者選定委、竹中平蔵氏が委員長にhttp://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/news/20120927-OYT1T00627.htm?from=main4

    念のためご用心

    昨日から
    ふっと体が浮くような感覚が日になんどかあります。
    微動性地震のもっと微動なやつ??
    地震計に反応しないような。。。
    さっきも感じました。

    念のため、しばらく注意しておきましょう。

    まったくの私の思い過ごし(過剰反応)だと思いますが。。。

    皆さんマスコミにはだまされるな

    特にマスコミには気をつけよ。
    戦前は戦争やむなしと言う論調をはり、戦後は北朝鮮は理想の国などといって日本人妻を北朝鮮に送り日本に戻ってくることさえできなくしたこの罪は計り知れないのに、自分たちはペンを折ることもせず、まるで罪がないかのように振る舞っている。この罪は大きい。(朝日)
    マスコミは常に冷静な判断をさせないように
    センセーショナルな記事をかき立てる。
    実は30人ぐらいしか
    デモをしていないのに、さも ものすごい騒ぎになっているようにかき立てたり、同じ映像を何度も流して世論を誘導しようとしている。どうしても自分たちの思った方向に誘導したいのだ。
    皆さん冷静になりましょう。中国人や韓国人の火病に惑わされないように。彼らは日本人には騒ぎを起こせば金をむしり取れると思っているのですから。
    まともな考えの中国人も韓国人もいるでしょうが。中国国内や韓国国内ではそれが許されない状態なのでしょう。
    何せ、韓国でも15歳?13歳?の少年が日本を擁護したら逮捕されたというのですから。韓国には北に拉致された人間は日本よりかなり多いのに北に対しては何もできないのです。
    金が欲しいから日本と仲良くして政権末期になれば反日になるというのはどういうことですか。韓国人はこんなことをしていいと思っているのでしょうか。
    こんな国を相手にする価値があるのでしうょか。
    こんな国を相手にしたら根こそぎうばわれてしまいますよ。
    日本人はおとなしいから騒げば何とかなると思ているのです。人間ですか。まあやくざに近いですな〜。
    日本人をもっと信じましょう3.11がおこり、原発がおこったとき自分を顧みずに日本を救うために原発の事故を収束しようとした自衛隊員と消防士たちがいたのです。
    津波から自分の命をかえリみずに市民を救おうといた警察官や名もなき人がいたのです。
    私たちは日本人であることにもっと誇りを持つべきです。
    恥ずべきはマスコミです。
    私は彼らがいることを本当に悔しく思います。
    我が国は、もう自分の国は自分で守るという決意を持つべきです。戦争がいいとはいいません。戦争が起きないように自分を守ることは最低限必要なことです。
    強盗団におそわれないようにするためです。
    社会党の馬鹿な女どもはどこまでも平和憲法を守れといっているが、彼らはまぎれもなく北朝鮮を理想の国といった人たちです。マスコミは彼らをたたくことをしません。
    自分に非難が及ぶからです。
    まあ、およそ隠れたものが現れないことなどありません。
    いまがそのときです。悪事がばれないことなどないのです。

    もう一方通行のマスメデアをみるのはやめよう。反吐が出る。
    マスメデアには良心はないのです。マスメディアが良心を失っているので、ネットと本のみが価値ある活動をしているといえます。

    こんな感覚も必要では!

    精神世界からの一言ですが。
    「上っ面の愛の盲点」
    http://rokujyouhitoma.hamazo.tv/e3764089.html

    これを読むと、日本中がいかに上面の愛の人が多いのかと思いますね。

    中国、朝鮮についてはue7000さんが仰る通り、既に常套
    手段化しています。しかし、これは何も対日本だけの話
    ではないかと思います。彼らがやってきたこと、つまり
    歴史ですが、それに照らし合わせてよくよく彼らを観察
    すれば、過去、彼らの国内においても同様の暴動なりを
    何度も繰り返しています。旧態依然として彼らの考えは
    何も変わっていないことの証明ではないでしょうか。

    つまり、彼らは元来があの様なものなのであって、決して
    肩を並べて歩くような類のものではないということです。
    これは差別でしょうか?しかしながら、彼らの国の統治を
    見ていると、とても肩を並べて共に歩けるような民には
    到底思えないのです。彼らの口からは法治国家なる言葉
    が飛び出しますが、その行いはこれも到底法治国家とは
    考えることの出来ないものばかりです。

    それから、日本のあらゆるマスコミュニケーションと中国、
    朝鮮は共通項を持っていますね。
    いずれも旧態です。

    人間とは何者か

    私たちは奴隷のクビキから解放されなければならない。
    私たちを奴隷にしている一番の問題はダーウインの進化論です。適者生存説を唱えるダーウインの進化論はまさに資本主義社にとってはありがたい説です。なぜですか。強いものだけが生き残るという説を唱えているからです。自分たちを正当化するにはもってこいの理論です。
    これを利用しない手はないと思ったことでしょう。だがダーウィンの進化論は正しいでしょうか。猿は何億年経っても猿のままです。猿が道具を使うことによって人間になったなどという馬鹿げた理論を振りかざして進化論を唱えても遺伝子工学が発達した現代ではあまりにも論理の飛躍がありすぎて証明すらできなくなっています。
    むしろ、大いなる存在があってこの世はなりたっているというのが彼ら遺伝子工学を研究している人々の結論です。

    そしてダーウィンの進化論に飛びついたのが共産主義思想です。
    猿が人間になったという一番の理由が道具を使って労働したからだという部分です。
    これは労働しないものは人間ではないという理論になってしまいます。
    そこで音楽や芸術文学をすることは人間ではない(共産主義思想に合致しない)ということで
    自己批判をさせられたのです、知識階級や芸術家か多く殺されました。ましてや神や霊などはいないという理論(唯物論)ですから人を殺しても罪の意識は生まれようがありません。
    なぜ、ロスチャイルドグループはロシアの共産革命を応援したのでしょうか、一番の目的はロシアのキリスト教をつぶしたかったからです。それほどキリスト教を憎んでいました、
    そして宗教はアヘンだと言ってあざ笑ったのです。人間の道徳心を奪うためです。
    神を信じるなどいうのは非科学的だといったのです。
    ニュウヨークは自由の町だと言っていますが、私は違うと思ています。
    淫婦の町です。(聖書的に言えば)
    スライブをみてください。
    私たちがまじめに働いた富がすべて吸い上げられていくシステムです。人類にとって良いものができても次々とつぶされていきました。
    アメリカは社会主義になるのでしょうか。
    中央銀行を取られたら私たちの生存権すら奪われてしまいかねません。
    強欲な資本主義者というのはあり余る富を手に入れても飽きることがないのです。善とは何でしょうか。利己主義を超えた利他主義です。富を得るためには人殺しをしても何とも思わない人のことをアサマしいと言います。
    もし強いものだけが生き残るのであればいじめは何も悪くありません。(本当にダーウインの進化論が正しいと思うのであれば)
    人間の尊厳性は大いなる存在の一部分であるというところに起因しているからこそ他者を尊ぶことができるのです。
    連邦準備制度理事会を乗っ取っている彼らは本当に人間なのでしょうか。
    彼らが目覚めることはあるのでしょうか。
    もし、人類のほとんどが彼らの悪事を知ったならばどうなるでしょうか。私たちは本当の自由を取り戻すことができるのではないでしょうか。
    これからは組織の垣根を越えて自由につながることのできる時代ですからピラミッド型の社会は意味をなさなくなるのではないでしょうか。私がこのページをみるのも時代のヒントを教えてくれるからです。
    そういう意味ではいつも参考にしています。そして自由な意見を取り入れているところが何よりの救いです。

    維新躍進は、、、

    歴史の必然でしょうね
    近々、世界の中心が135度に移ります
    明石、淡路島付近です、関西も含まれます
    (ガイアの法則)

    維新は中央集権を打破するため"軍団化"するでしょうが
    革命には馬力が必要です

    出口師の唱えた"ブロック経済化"は、
    維新らによって実現するでしょう
    それが橋下氏と維新の歴史的使命です

    世界の中心は関西に移るでしょう

    世論操作に翻ろうされるな!!

    かなりきな臭くなってきましたね。
    これからもっともっときな臭くなってくると思います。

    まず、マスコミがまた意図的な煽りを強めてきたように思います。
    戦争を否定しながら逆にその意識を国民世論に植え付けてきている。
    安倍政権(まだだが)タカ派ときめつける。。。
    仲良し内閣として叩き始める。。。
    また政治主導させない世論をつくろうとしている。
    世論主導??
    世論ってマスコミが作り上げた洗脳でないの??

    マスコミは日本国民を一体化させるのではなく不安の淵に陥れバラバラにさせる。
    もう誰も信じられない、政治家、政府なんて信用できないって煽り
    日本国民の心理を不安の淵におとし、怒りの爆発に向けようとしているようにしかみえない。

    マスコミ(特にテレビ)にあまり翻ろうされないように冷静にしていましょう。

    どうも、ナショナリズムを煽り日中戦争勃発へと導きたい族がいるように感じます。
    もしそうなれば、誰が得をするのか。。。
    誰が儲かるのか。。。
    日本も中国も得することは何もない。国力が疲弊するだけです。
    国民が犠牲になるだけです。
    また、尖閣など地下資源を搾取することが背景にはあるのかもしれません。。。

    やはりアメリカの影がちらつきます。

    私は安倍政権は日本復活のおおきな役割を果たす政権になると思っています。
    芯(理念)がある政権になると思います。
    目先の受け身的な問題解決だけの日和見主義の政治でなく、世界の日本の将来像(ビジョン)と課題をしっかりと認識した、芯(理念)のある政治をしていかないといけません。

    前原の言動には気をつけましょう。

    このような動きを客観的にみると
    アメリカがかなり末期症状に陥っている。
    世界経済がかなり末期的な状況に陥ってきている。
    もう現状推進ではどうしようもなくなってきている。
    もう後がない・・・
    100年に一度あるかないかのこの世界経済麻痺は
    末期的な修羅場を迎えようとしてきている・・・

    だから、戦争という最終手段をつかおうとしている。
    世界第2第3の経済大国が戦争すれば莫大な軍事費が発生する。戦争が終わり国家復興期には莫大な復興費が使われる。
    早い話が10年くらいはがんがん儲かる産業、資本家が生まれる(日中以外で)
    日中が疲弊してる間に、どんどん産業拡大する国、資本家が生じる。
    欧米にとっては東アジアどうしで戦争おっぱじめてくれれば自分たちは儲かる。
    でも、結局は一時的な凌ぎでしかないのだが・・・
    このことを脱するには根本的な経済政策や新しいエネルギー政策、ライフスタイルへと転換するしかないのだが・・・
    資本主義からの脱却しかない。
    マネーからの解放しかない。
    新しい人間文明にシフトするしかない。
    だが既得権者がそれを許さない。

    賢い日本政府や政治家さん、学者さん、資本家さんは当然解っていらっしゃると思いますが・・・

    万が一の時は

    “見えすぎたり、聴こえすぎたりして”不安定になっておられる方、『浦河べてるの家』とその理事の向谷地生良氏の名前を覚えておかれてはいかがでしょうか?

    本当にどうしようもなくなった時のための万が一の時の保険のようなもの、とお考えください。向谷地氏の著作を見ると、現代社会の過度の情報の伝播の中、多くの人々が必要以上に不安を煽られていることを思わずにいられません。

    それから向谷地氏を積極的に紹介されている辻信一氏の著作もオススメしておきます。辻信一というのはペンネームで、スローライフを提唱されている某大学の教授で文化人類学者の方です。個人的に考え方が楽になりました。

    向谷地、辻両氏ともヤス様の発信される情報とは無縁の場所におられる方々ですが、これから世の中が大きく変化するであろうことを直感的に感じ取っておられるという点では相通じるものがあると思います。

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    真逆が正解

    JPモルガン・チェース銀行・・・
    悪魔(支配エリート)の手下ですね。

    この論説の真逆が正解です。
    日本がやろうとしていることは間違っていない!!
    支配エリートに都合が悪いことは
    こうやってロイターで洗脳記事を書く
    この佐々木って売国奴は良い死に方できなんでしょうね。国賊です。

    JPモルガン・チェース銀行はロスチャイルド系です。
    まっロイターもそうですが・・・

    コラム:インフレ待望論の「危険な罠」=佐々木融氏http://jp.reuters.com/article/jp_forum/idJPTYE89104F20121002

    どうもアメリカはというか
    支配エリートは
    東アジアに混乱を集中させようとしていると感じます。
    今や世界経済の3割は東アジアが握っています。
    欧米主導から抜けきらない支配エリート(欧米保守層だから当然そうなのだが・・・)
    東アジアを撹乱し飯のタネにしようとしている・・・
    所詮、彼らにとってみれば本心はアジア人なんて自分達人間(白人)でなく猿程度の生き物だからね・・・
    しかし、北朝鮮はなにか追いつめられるのだろうか・・・
    そういえば小麦価格が日本でも「上昇してきましたね

    朝鮮半島は世界で最も危険、核戦争の恐れも=北朝鮮外務次官
    http://jp.reuters.com/article/mostViewedNews/idJPTYE89101S20121002

    米国が小沢一郎のせん滅を指示!ウィキリークスが暴露!裁判も捏造!?年次改革要望書を廃止した鳩山氏

    アメリカの対日工作はひどすぎる。
    多くの国民が期待した政権交代をアメリカが
    無力化した経緯は、年次改革要望書の廃止にこそ真の理由があった。
    いかに日本がアメリカの属国化しているかが、如実にわかるのでぜひ読んでもらいたい。


    <<重要箇所(アメリカが日本に要求して実現してきたこと)>>
    この年次改革要望書に書いてあることで、実際に実現してしまったことは、
    建築基準法の改正や法科大学院の設置の実現、
    独占禁止法の強化と運用の厳密化、
    労働者派遣法改正(労働者派遣事業の規制緩和)、
    郵政民営化など日本にとって非常に重要なことばかりなのです。

    このまま対米隷属派の政権が次期政権になると、今度は、TPPで、廃止された年次改革要望書(アメリカの要求)の内容そのままに日本はやられる。

    http://ameblo.jp/kennkou1/entry-11368429105.html


    それから、また、対米隷属派の安倍が首相になろうとしている。
    (清和会はCIAの下部組織だから、またアメリカの意のままに操られて終わる。)

    (参考)
    ☆中川昭一の暗殺は、亀井静香に対する「脅し」!?
    URL http://blog.trend-review.net/blog/2009/10/001396.html
    引用:
    代表的な日本の政治家の死を一覧で眺めると、

    『清和会に対立した経世会の末路』
     
    (田中派)田中角栄 逮捕 ロッキード事件 (←東京地検特捜部)
    (経世会)竹下登  失脚 リクルート事件 (←東京地検特捜部)
    (経世会)金丸信  失脚逮捕 佐川急便献金・脱税 (←東京地検特捜部&国税) 
    (経世会)中村喜四郎 逮捕   ゼネコン汚職 (←東京地検特捜部)
    (経世会)小渕恵三 (急死)(←ミステリー)
    (経世会)鈴木宗男 逮捕 斡旋収賄 (←東京地検特捜部)
    (経世会)橋本龍太郎 議員辞職 日歯連贈賄事件 (←東京地検特捜部)
    (経世会)小沢一郎  西松不正献金事件 (←東京地検特捜部)
    (経世会)二階俊博  西松不正献金事件 (←東京地検特捜部)
     
    (清和会)岸信介    安泰
    (清和会)福田赳夫   安泰
    (清和会)安倍晋太郎  安泰
    (清和会)森 喜朗    安泰
    (清和会)三塚 博   安泰
    (清和会)塩川正十郎  安泰
    (清和会)小泉純一郎  安泰
    (清和会)尾身幸次   安泰

    対米従属派である清和会の政治家と違い、国益を重視して米国と一線を画して近隣アジア諸国などと独自の繋がりを模索しようとした経世会の政治家は、悉く失脚もしくは殺害の末路を迎えている。
    中川昭一の父親である中川一郎氏も、日本の近隣大国であるロシアからの、「米国石油メジャーとは別口ルートでの」原油輸入を画策し、入浴中、絞殺された。(リンク)

    11月は要警戒??

    今日のIN DEEPさんのブログ記事ですが
    ようするに地球の表層がボールに例えるとの表皮の部分だけがずれて、中の芯はそのままの磁極バランスを保ってるってことですよね。。。
    世界の最高権威の機関がポールシフトでなく大陸移動だと。。。

    で、現実に大陸移動かポールシフトかは置いといても大陸にみる磁極移動がかなりの急ピッチで進んでいるのは事実なんですが今は、それが現在どこまで進行しているのかの情報がでてこなくなっていると言うことです。
    ということは情報が出せない理由がるのでしょう。

    さて、さきほど東北でまた地震がありました。
    ここ最近また頻繁に起きてきていますね。

    上記の地球の皮移動の件も含めて
    太陽の黒点活動の活発化や異常気象も地磁気異常も含め
    また、変動エネルギーがピークに差し掛かってきているように感じます。

    日本で起きるのかどうかは別として
    近いうちに大きな自然災害(地震?噴火?)がありそうな気がします。

    日本ならやはり東南海~南海
    フィリピン海プレートの淵でしょう。
    東京もいたって危ないのかもしれません。

    この異常高温の10月が終わって
    11月かなって思いが漠然と浮んでいます。

    まっ、根拠のない妄想ですので。。。

    でも、なんか人間も精神的に変ですよね。
    私だけでなく周辺の人をみていてもそうです。
    心がいつもより地についていない感じです。
    心が流されている感じです。なんとなくボ~としてる??


    「おきていることはポールシフトではなく地球の大陸移動」: 地球の極の物理的な移動が起きていることが地球物理学会で発表される
    http://oka-jp.seesaa.net/article/295263193.html

    海面上昇

    CNNでは記事になり
    ロイターでは記事にない

    世界の海面、年平均3ミリ上昇 地域差大きく低下する場所もhttp://www.cnn.co.jp/fringe/35022592.html?tag=cbox;fringe

    大いに疑問

    しかし
    地球の極の物理的な移動が起きていることが地球物理学会で発表されたことってかなり青天霹靂なトピックス的なニュースなのに
    なぜ、日本のマスコミはニュースにしないのだろう???
    世界の海面、年平均3ミリ上昇しかり
    なぜ日本のマスコミはニュースにしないんだろう???
    大いなる疑問です。

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    地球膨張説

    discoverychで「地球は膨張してるのか?」という番組を放送していました。はじめは馬鹿にしつつ見ていましたが、みごとに辻褄があってます。日食による自転の変化と地震に関しての解説や、プレートテクトニクス論を使わずに大陸の移動や山脈の形成等。地球の膨張にはニュートリノが関連してるなど。地震やボールシフトに興味のあるかたは、一度見ることをすすめます。

    マスコミが一切報道しない

    マスコミが一切報道しないオスプレイ歓迎の県民集会アンドパレードin沖縄

    http://www.youtube.com/watch?v=u-LEMNH3gcM

    オスプレイの是非は別として、両方の意見は公平に報道するべきでしょ。

    民主主義なんだからさ。

    マスコミの偏向報道は相変わらずだな。

    日本人は頭がいい。
    効率化・合理性に長けている。
    明治以降、その頭の良さで躍進してあっというまに一流国になっていった。
    でも、今となればその慢心が命取りに・・・

    今の日本は世界的に産業生産、販売体系が複雑・高度化し、コストの安い海外生産にシフトして成功している国としてはトップクラスだろう。
    しかし国家としての為替調整能力が著しく弱く、結局は民間企業が頑張っても日本企業(円として決算する企業)は収益をなかなかあげられないのが実態。
    不条理である。
    今の日本はモノづくりと金儲けに慢心したのか農業自給率も低く(海外から輸入したほうが安いから合理的・効率的であるから)
    エネルギー自給率も低く(本気で自国の地下資源を開発していない。効率が悪いから)

    すべてはアメリカのいいなり。それが反戦後の成功法則でもあるし・・・

    これでは、日本は資源国、覇権国(アメリカ)のいいカモである。
    実際に、自給率、金融政策が著しく脆弱だから兵糧攻めにあったらひとたまりもない。
    だから覇権国(アメリカ)、資源国のいいなりになるしかない。
    不条理である。

    それにしても金融政策が弱すぎる。
    中国、韓国にもいまや劣っている(アメリカ依存が強すぎる日本。これほどアメリカに食い物にされていても・・・)


    世界経済がこれだけ不安定な時代です。
    覇権国(アメリカ)も、資源国も我が身を守ることで精いっぱいになってきています。
    また、地球の自然環境がこれだけ狂いだしてきてる時代です。
    いつなにが起きるかわかりません。

    自給自足の時代に一瞬で陥るかもしれません。

    極端な話、鎖国しても国民が生きていけるくらいの自給率を農業、エネルギー分野で高めていかないと
    なにかあったときに日本国民は万死です。

    早急に国家戦略を自給自立していく流れに変えていくべきです。

    産業は海外シフトをやめ国内生産すべし
    農業は自給率を上げるべし
    エネルギー開発を活発化させるべし

    合理性、効率性はどがいししてでも。。。

    大きな政府を再構築し
    戦後の通産省的な動きを活発化させるべきです。

    市場原理にまかせていると日本は滅びます。
    合理性、効率性は平和時、安泰時の政策です。
    いまは今かつてない日本の非常事態です。
    世界経済システムの崩壊の時代です。

    アメリカは自給率が高いですよね。
    中国だってそうです。

    自立した大国はそうなんです。
    だから強いし
    なにかあっても国が亡びない。
    他国の覇権力に屈しない。

    日本も小国なれど、そうなるべきです。

    でないとひとたまりもありません。

    なにかあれば、今の日本は国民はあっとうまに餓死します。
    滅びます。

    油を注がれる領土問題

    領土問題ってのはことのほか難しいですよね。
    両国の威信にかかわるから両国とも引くに引けない。
    個人的な所有地問題なら第3者による裁判解決となるのだが
    個人でも遺恨が残り両社が仲良くなることはない。
    負けたほうが一生恨む。
    国家間ならなおさらだ。

    中国にしても韓国にしても一方では経済発展パートナーとして日本は絶対に関係を壊したくない国同士である。

    日中韓FTAは是非とも実現させなくてはならない。

    やっぱり共同所有しかないのでしょう。
    もしくはタブーとして次世代まで触れないとの共同声明を出すとかしてぼかすしかない。

    これからは米英だでなく欧米勢も巻き込み世界世論の的になりそうだから
    早めに握手してくださいませ。

    でないと、やっと築いた日中韓のひいては東アジア経済圏のパートナーシップが崩壊し
    それぞれの国の国力が低下してしまします。

    頑張りどきです。

    米英も東アジアを分裂させるより
    経済発展させて輸出市場として需要を高めたほうが得策と思うのだが・・・

    難しい問題です。

    ワシントン・ポストが1面に竹島ルポ 「係争地」と紹介
    http://sankei.jp.msn.com/world/news/121006/kor12100610030002-n1.htm

    アメリカ経済活性するのがいちばんの妙薬

    アメリカ経済が元気になってくれるのが
    日本活性の一番の妙薬かもしれませんね。
    EUしかり。
    アメリカが活性すれば円安となり
    日本の輸出産業は活性する
    それに伴い内需産業も活性する。

    やっぱりアメリカが元気でないといけません。

    覇権国はアメリカのままでいいのです。
    どこの他の国がなっても、もっとエゴが蔓延するでしょうからね。
    だからアメリカでいいのです。
    なんやかんやいってもいちばん大人の国です。
    経験とスキルが違う。
    アメリカのおかげで日本も世界もここまで豊かになれたのだから。
    感謝して応援せねば・・・
    アメリカが元気になることを喜ばねばね・・・
    それがいちばん平穏だし
    多少のゴタゴタやエゴがあっても世界が一体化できる。
    アメリカンドリーム大いに結構です。

    ドルが対円で2週間ぶり高値、好調な米雇用統計受け=NY市場
    http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE89406R20121005

    沖縄・尖閣が危ない!

    日米安保は適用されない。
    つまりアメリカは今度の日中戦争には参加はしない。
    だからこそ、中国は強気なのである。
    では何故・・? 日米安保は適用されないのか?
    このブログはアメリカの企みを読んでいる。
    竹島・尖閣・沖縄と、アメリカの壮大なシナリオに圧倒される。

    http://blogs.yahoo.co.jp/martingood0323

    朝鮮半島は振り子??

    ↓この記事から直観的に浮んだのは
    日本列島が横滑りするってことです。
    3.11で日本列島がズレたから
    こんどはその戻しがありズレる。
    三角形の底辺が日本列島です。
    朝鮮半島はその頂点から南北に下がっているから振り子のように振動(地震)している??

    朝鮮半島で地震急増 http://macroanomaly.blogspot.jp/

    日中韓FTA

    >日中韓FTAは是非とも実現させなくてはならない。

    そうでしょうか?中国や韓国はその歪んだ儒教原理主義と中華思想から、絶対に日本と対等の立場で話そうとはしないでしょう。彼らの頭にあるのは、日本からの徹底した収奪と、国土と国民の破壊そのものが目的だと思います。
     まだ、TPPの方がましだろう、という気がします。彼らの最終目的が日本民族の絶滅に有る以上、絶対に実現させてはいけないのが、日中韓FTAだと思います。ただこのブログの管理人さんは大変に親中韓のようですね。

    ↑貴方は中国や韓国を卑下し凄く嫌っていますが
    日本の古代王族は殆んどが朝鮮半島からの渡来集団ですよ。
    製鉄技術も陶磁器技術も朝鮮からです。
    技術集団も朝鮮からたくさん日本に渡来しています。
    日本人と朝鮮人は間違いなく混血です。
    中華思想しかり、古代~中世までは日本は中華文明の中にいました
    遣唐使、遣隋使しかり、大和朝廷の国家づくりの要になった律令制度は中国の制度を藤原氏が模写したものです。
    儒教は中国~朝鮮を経由して日本に入り武士道の基礎を成したのです。武士道=儒教ですし、明治までの日本の国学=儒教です。

    朝鮮人、中国人を忌み嫌うとことは日本の歴史を日本人自身のアイデンティティを自己否定することと同じです。

    それから日中韓FTAしいては東アジアFTAは中韓のためでなく日本にとって必要不可欠なのです。
    ドル、為替変動に支配されない、それぞれの自国通貨で自由貿易できるようにすることが日中韓の経済発展にとって必要不可欠なのです。

    ドルを経由しない(支配されない)、為替変動に支配されない(操作している族がいる)、自国通貨で取引できる圏域を拡大することが重要です。
    EU(ヨーロッパ人)ができてなぜ東アジア(アジア人)はそれができないんでしょう。
    EUと東アジアのGDPは今や同等かそれ以上です。
    アメリカとも同等です。

    経済実態として欧米主導の時代はもう終わったといえます。
    日本が国家として、とんでもなく金融政策(戦略)後進国過ぎるのです。


    >朝鮮人、中国人を忌み嫌うとことは日本の歴史を日本人
    >自身のアイデンティティを自己否定することと同じです。

    これはおかしな話ですね。

    tontonさん、

    「日本人のアイデンティティ」とは一体何を意味していますか?

    また、日本、中国、韓国に於けるFTA条約締結と、ドル支配、
    および白人支配から逃れる(逃れられる)ことを同列で扱って
    おりますが、何故でしょうか?

    白人とは、一体何処を指しているのでしょうか?


    参考までに!

    tonton様

    http://falcon238.jugem.jp/?day=20120920

    上記のようなサイトも参考にしていただければと思います。

    長い歴史の中では、色々お互いに恩恵を受けたことはありますが、戦後の共産党独裁の中国は信用出来るとは思えませんし、1000年近く中国大陸の支配下(属国状態)になっていた韓国・北朝鮮も、我ら日本人とは発想法がかなり違うと思っていますの。自分達のコンプレックスを払拭するために、日本を悪者にした反日教育を国民に徹底的にしている国には注意が必要だと思っています。
     また、竹内文書なども参考にしていただけると、また違った物の見方が出来るのではと思うのですが。

    ありがとうございます

    竹内文章「天空浮船」・・・天津教・・・
    ロマンを感じるところもありますし
    え~っ、なんじゃこれってのもあります。

    縄文時代と弥生時代の認識の考えは
    私は朝鮮半島から渡来した天孫族が日本(あしはらなかつくに)を譲り受け(制圧し)、倭を支配してからが弥生時代と思っています。
    学校で習ったように縄文人と弥生人って顔、骨格が違いますよね。
    弥生人って一重まぶたでペタンとした顔で、なで肩・・・正に朝鮮人顔ですね。
    どちらかというと畿内と瀬戸内海の人々に多い顔ですね。
    縄文人はどちらかというと骨格しっかりした騎馬民族系の顔立ち・・・
    どちらかと言うと九州と日本海側の顔
    今は昔と違い恋愛結婚で自由に混じってるから若者の顔はどこも同じですが。

    縄文時代は私は永きにわたって存在していたと思います(5000年くらい?)。
    原始人、土人(蛮族)でなくちゃんとした当時の世界レベルの文明を持っていたと思います。

    ただ、私は代々西日本の人間です。
    出雲系です。
    東日本の人間ではありません。
    西日本の各地には朝鮮半島との交流や渡来の逸話や物語がずっとずっと昔から根づいています。
    (といってもこれば銅~鉄の時代。縄文後期~弥生初期の逸話が殆どですが)
    (そのまえの磐座の時代、神代文字やサンカ文字の時代は解らないまでも、とっても興味があります。日本史におけるタブーの部分です・・・竹内文書とちかいものがある)

    自分の顔を鏡に映してみると解るとおり、私たちは肉体的にはまちがいなくアジア人、特に東アジア人です。
    理屈抜きです。
    それがアイデンティティです。
    私たちはアジア人(黄色人種)なのです。
    だから同じアジア人は同胞として敬愛しています。
    特に日本人と朝鮮族(西太后や愛新覚羅溥儀)は見分けがつきません。
    中国なら吉林省とかに多い人々です。
    彼らが日本語を話せば日本人として疑うことはないでしょう。
    東アジア、特に隣国である朝鮮と中国から日本は古代~中世は様々な文明的恩恵を受け、近世は日本が両国を侵略するなど(特に明治以降の帝国主義下の日本)悲惨な歴史もありますが、戦後は両国やアジアの経済発展、産業活性化には日本は多大な恩恵を与えました。
    いまや日中韓は世界でもトップクラスの経済大国になりました。トップクラスの経済圏になりました。
    これからは同等のパートナー、近くて近い国として、民族主義という呪縛から解き放たれて、共通利益を高めるために連携へと変化していくと思っています。
    EUのように。
    EUとて凄い殺戮の時代を経て、今は経済連携して通貨統合までしたのです。
    2度の世界大戦、ナチスの殺戮と言った悲惨な歴史をも乗り越えての欧州連合(EU)なのです。

    欧米人を否定する気持ちはまったくありません。
    肉体的な特徴は違えど同じ人間です。
    魂は同じですから通じ合えます。
    通じないとすれば個人差です。
    日本人同士だろうが韓国人・中国人だろうが欧米人だろうが心が繋がる人とは繋がりますし、繋がらない人とは繋がりません。
    以前、私の恋人はルーマニア人でした。
    その人の感性は日本人的でもあり、家族(親、兄弟)・一族をとても愛し大切にし、またルーマニアは騎士道の国でもあり、武士道と通ずるもがたくさんありました。(日本も半世紀まえまでは同じです。個人主義でなく家族主義でした。家族・一族が支えあって生きていました。)

    私は欧米人も同じ人間として敬愛しています。
    交われば、ちゃんと子供(生命)は生まれる同じ人類です。

    アメリカとか言って私が敵視しているのは,
    、今の不条理を作り出している支配エリートと言われる連中のことを指します。

    白人・黒人・黄色人種での人種差別意識はまったくありません。
    同じ人間です。

    中国は共産党支配になってから確かに変わったと思います。
    その中枢の支配エリートには敵意は感じますが

    中国人しかり
    韓国人しかり
    北朝鮮人しかり
    民族的、国家的な差別意識はありせん。
    敬愛しています。
    対、個人に対しては敵意はあります。
    それは日本人同士のなかでも同じです。
    対、個人に対しては敵意を持ちますし、卑下もします。

    それから為替・金融に対して完全な裏操作があると思っています。
    私はアメリカの支配エリートに猜疑心を強く抱いています。
    その呪縛から脱することが日本復活の生命ラインと思っています。

    tontonさん。
    あなたの考えをコメント欄にしつこく書き込むのを止めて下さい。

    世界でただ一つスパイ防止法のない国です。

     米国の占領軍が作らせなかったせいで、今でも世界でただ一国だけスパイ防止法がない日本です。
     日本はスパイ天国だと言われますが、それを国民はどういうことか分かっておりません。
     それは、あらゆる所に工作員が存在し、裏から日本を操ろうとする存在達が、自由に活躍できると言う事です。
     ただ、「自分が工作員だ!」と正体をばらす人間居るはず有りませんから、何らかの違う理由を付けて反対するのは明らかですから、今から、作るのは難しいかもしれませんが、他国の支配から抜け出すためには、最低限ここから始めなければならないのと思っています。
     ただ、朝日新聞や岩波文化人などいわゆる進歩的的文化人と言われる左翼系の集団と、その影響は受けた人達に徹底的に反対されると思いますが。
     日本が自立するには、たとえ時間がかかっても、そう言う所から着実に始めなければならないのではないでしょうか

    >↑貴方は中国や韓国を卑下し凄く嫌っていますが

    私には嫌う権利はないのか?捏造と欺瞞しか能のない生物は嫌いなのだが。どうしても好きにはなれないね。

    >日本人と朝鮮人は間違いなく混血です。

    いいえ、間違いです。現在の朝鮮人は元寇のときに元が奴隷として連れて来たシベリアのエベンキが半島に住着き、それに中国系の人間が支配者として後から入り込んだものです。日本人と血縁的繋がりの有る人々は10世紀以前に殆ど死に絶えています。つまり、あなたの仰る朝鮮は日本にとって「兄の国」でも「先輩の国」でもなんでもない、ただの盗人の国なのですよ。

    >中華思想しかり、古代~中世までは日本は中華文明の中にいました
    遣唐使、遣隋使しかり、大和朝廷の国家づくりの要になった律令制度は中国の制度を藤原氏が模写したものです。
    儒教は中国~朝鮮を経由して日本に入り武士道の基礎を成したのです。武士道=儒教ですし、明治までの日本の国学=儒教です。

    これが儒教原理主義なのです。だから、どうだというのかな。日本は中国や韓国に膝を屈するのが当然だとでもいいたいのかな。
     あなたの御説の欠陥は、規範と事実を区別できないところです。ご自分の考えを強要することに徹底的な情熱を注ぐあまり(それは勝手なのですが)、必死に都合のよい事実を作り上げて、根拠もなしに他者に強要する。まさに朝鮮人や中国の方々の明白な特徴です。情熱のあまりよく証拠まで捏造しますね。「火病」なのでしょうね。

     あなた方は決して日本人にうけいられることは有りません。必要ないのですよ。お気の毒ですが。


    うわー、幼稚な論理。俺はチョコレートは大嫌いだ。だからチョコレートが好きなやつはゆるせない。結局、全部自分の好悪の感情だけなんだよね。3歳児並の幼稚さ、知性のかけらもない。

    ほんと、同じ日本人として恥ずかしい!こういう人たちが日本をだめにしているんだよね。この投稿欄はたくさん人が読んでいるだろうけど、これが一般的な日本人だとは頼むから思わないでください。僕ら日本人は、このどうしようもなく知性が劣化してしまった状況を乗り越え、かならず偉大な日本を取り戻して見せます!

    tontonなる朝鮮工作員を常駐させていることに失望しました。

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://ytaka2011.blog105.fc2.com/tb.php/254-6e563ab6
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    «  | ホーム |  »

    私はペット殺処分ゼロを応援しています!ピースワンコ・ジャパン

    まぐまぐ大賞2016

    メルマガ登録 月840円

    メルマガ登録・解除
    未来を見る! 『ヤスの備忘録』連動メルマガ
    >> サンプル
    詳細ページへ
    powered by まぐまぐプレミアム
     

    WEB検索

    Google

    プロフィール

    ヤス

    Author:ヤス
    普通の中年のおやじです。

    他の活動:ヤスの英語

    ※注意
    投稿欄としての本来の機能を維持するため、本ブログの管理人が内容としてふさわしくないと考える投稿は、予告なく削除いたします。また、投稿する方自らが自粛していただければ幸いです。

    最近の記事

    最近のコメント

    月別アーカイブ

    カテゴリー

    フリーエリア

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    ブログ内検索

    RSSフィード

    フリーエリア

    ヤスの本

    翻訳・監修本

    「神霊の世界に覚醒して」 shaman02

    ハワイの長老が語り伝える先住民族の聖なる知恵 bowl

    社会分析

    望みなき時代の幸福論 koufuku

    日本はこう変わる コルマンインデックス未来予測 nihonkawa

    「マルクスに聞け」(道出版) marx

    コルマンインデックス後 私たちの運命を決める 近未来サイクル cycle03

    コルマンインデックスで見えた日本と経済はこうなる koruma

    語学教育

    日本人が「英語ペラペラ」を本当に実現できる本 (講談社) pera

    通じる英語笑われる英語 tsu

    きちんと伝える英語 tsutaeru

    英文社内メール例文集 shanai

    実践 英文ライティング入門 bizw

    音声読み上げソフトで練習する速読即解英文リーディング sokudo

    「確実に意志が伝わる英会話」 kakujitsu

    ビジネスレター実用フォーマット bizletter

    英会話「英訳」トレーニング cd

    ネイティブはゼッタイ使わない nat

    ビジネスコミュニケーション

    論理的会話トレーニング ronri

    知的論理トレーニング chiteki

    対談本

    宇宙の設定を読み解く[BlackBox]超予測 black

    日月神示の緊急未来予測 hitsu01

    日月神示のサバイバルガイド hitsu02

    フリーエリア