2017-10

    第9サイクル、第7の昼に突入2

    10月25日

    やっと更新できた。明らかに世界の変化は加速している。いつも読んでいただいている多くの読者の方には感謝する。

    新しい本の紹介

    また新しい本が2冊出ました。表紙はセンセーショナルですが、中身はけっこうまじめです。これまでのメルマガや雑誌の記事の内容に一部加筆し、修正した内容です。いま日本は大きな転換点になっています。世界の現状を踏まえ、現在の日本の立ち位置を確認するにはよい本ではないかと思っています。よろしかったぜひどうぞ!

    elen

    shihaisha

    記事全文を音声ファイルにしました。よろしかったらどうぞ。3日で削除されますので、お早めにどうぞ。

    音声ファイル

    予言解説書18の有料配信

    最新版 「予言解説書18」が完成しました。これは、ウェブボット最新報告書、「来るべき未来の形0巻9号」の詳細な要約です。今回は内容が濃く、普段の1.5倍の分量があります。新しい磁極の出現、「ドルの死」の過程などいよいよかと思わせる内容です。入手を希望する方は筆者まで直接メールください。

    info@yasunoeigo.com

    コルマンインデックスの終了にともない、講演会をたくさん依頼されました。よろしかったどうぞ。内容は「コルマンインデックス終了勉強会」とは大きく異なります。

    10月29日(土)
    にんげんクラブ北海道主催講演会
    第1部 『アクエリアス革命!三女神、降臨!~いよいよ始まる女性性の時代~』
    第2部 『10/29コルマン・インデックス終了と「未来から考える新しい生き方」』
    場所:ガーデンシティ札幌 カンファレンスルームN-1
    (北海道札幌市中央区北4条西1丁目 共済ビル4階 TEL011-252-3165)
    札幌駅南口より徒歩5分

    【地図】

    11月3日(木・祝)
    にんげんクラブ大阪主催
    『これからの日本~コルマン・インデックス後の世界と日本人の天命~』
    日時:2011年11月3日(木・祝) 11:00
    開場、11:30 開演、20:10 終了予定
    (懇親会20:30~同施設内にて)
    会場:新大阪ココプラザ 2階 エクスプレス・ココ
    大阪市東淀川区東中島1-13-13 TEL.06-6370-5421
    JRまたは地下鉄御堂筋 新大阪駅より徒歩6分

    【地図】

    10月23日の御礼

    10月23日の「コルマンインデックス終了勉強会」は大盛況であった。3時間半という長時間、勉強会に参加してくださった方々には心から感謝する。ありがとうございました。

    有料メルマガのご紹介

    前回のメルマガを中心に内容を紹介する。コルマンインデックスから見て、出来事が起こるタイムラインにずれが生じてきているように見える。

    もとよりコルマンインデックスは、それが終了する2011年10月28日に破滅的なクラッシュが起こり、世界が激変するという破滅型の予言ではまったくない。このコルマンインデックスの終了を起点に、新しい統合意識が萌芽的に出現するとするものである。その後は何年もかけながら、新しく出現した統合意識に合致した社会・経済システムが出現するとしている。

    しかし、既存の社会や経済のシステムの転換点となる出来事の発生が排除されているかと言えばそうではない。リーマンショックや東日本大震災は、既存の社会システムに変化を迫る大きな転換点であった。

    一方コルマンインデックスでは、サイクル間の同じ時期がシンクロし、以前のサイクルで起こったと同種の出来事が、現在のサイクルの同じ時期で起きるとしている。これまではそのようになり、たとえば第7サイクル第5の昼で起こった大恐慌は、第8サイクル第5の昼の世界金融危機の発生でシンクロしている。

    だが第9サイクルに入り、同種の出来事が予告された期間に集中する傾向ははっきりしているものの、ぎりぎりで引き金が引かれず、危機の発生が回避されることが非常に多くなっている。このことから見ると、むしろ変化はクラッシュや破滅ではなく、なし崩し的に変化する方向に確実に向かっているようだ。

    この変化のリズムを念頭に、他のさまざまなサイクル理論を参照すると、すでに始まっている変化がピークに達し、既存の経済システムの行き詰まりがピークに達するのは2014年頃だと思われる。コルマンインデックスから見ると、同時にこの過程は、新しい社会・経済システムが次第に姿を現す過程でもある。

    前回はこのような内容を詳しく解説した。

    今回の記事

    投稿欄の七海さんのリクエストもあったので、今回は世界を席巻しているウォール街占拠運動の裏側について詳しく解説する。筆者も情報を集めていたので、ちょうどよいリクエストであった。今回の記事は、トロント大学の「グローバルリサーチ研究所」から出ている記事が大変に参考になった。

    次に、コルマン博士が翻訳した最新エッセーの全訳を掲載する。

    ウォール街占拠運動の特徴

    カナダの雑誌、「アドバスターズ」の呼びかけで9月17日に始まったウォール街占拠運動は、すでに30カ国、1805都市まで拡大している。「We are the 99%(我々こそが99%だ)」という運動のスローガンは世界各地で耳にするようになった。

    いまのところ政治の政策となるような具体的な要求は掲げていないものの、運動のメッセージははっきりしている。わずか1%の最上流階層が富のほとんどを独占し、大多数の99%の国民が失業と貧困にあえぐような社会はおかしいという、「格差是正」を要求する運動である。そのため、政府からの支援を受けているにもかかわらず、金融危機を引き起こした責任をとることもなく、一方的に利益を上げている金融界が攻撃の対処となっている。

    ティーパーティー運動

    危機を引き起こした金融機関に抗議することで始まった運動はこれが初めてではない。金融危機が始まって数カ月たった2009年2月頃、全米各地で草の根の抗議運動がいわば自然発生的にはじまった。ティーパーティー運動である。

    運動は瞬く間に拡大し、2009年9月12日には首都ワシントンに200万名が結集する大抗議集会を成功させた。その後、ティーパーティー運動は共和党の最右翼を占めるようになり、2010年11月に行われた中間選挙では、オバマの民主党を圧倒し、下院では大多数の議席を獲得した。

    ティーパーティー運動はキリスト教原理主義者や自由至上主義者など、極端なイデオロギーの信奉者が主導する最右翼の運動である。連邦政府の徹底的な縮小、国民皆保険の廃止、進化論を教えることの禁止、中絶の法的な禁止を要求し、規制のない個人の自由を理想と考える。

    ウォール街占拠運動に結集した人々とその拡大の理由

    現在、ウォール街占拠運動に結集している人々は、こうしたティーパーティー運動の保守主義者とは異なる層だ。彼らの多くは、「Yes,we can」のスローガンの元に結集したかつてのオバマの支持者や、民主党の支持層が中心である。

    だが彼らは、ティーパーティー運動のようなはっきりとしたイデオロギーは持つ集団ではない。そのため、ティーパーティー運動が、「国民皆保険の廃止」や「中絶の禁止」などはっきりとした政治的目標を早くから掲げたのと対照的に、ウォール街占拠運動は、「格差是正」と「金融機関への抗議」を訴えるだけで、明確な政治目標は掲げていない。

    政治目標もイデオロギーもはっきりしていないことが幸いし、多くの異なる層の人々が集まる結集軸の役割を果たしている。この特徴のため、全米の大都市だけでなく、金融機関と格差に抗議する世界の他の地域の多くの国民にも受け入れられ、急速に拡大している。アメリカに独自なローカルな現象であったティーパーティー運動とは大きな違いだ。

    外部からの介入があったのか?

    しかし、「ウォール街占拠運動」には外部のなんらかの機関が介入し、民衆の組織化にかかわっているという情報はかなりある。きちんとした証拠も存在しているので、実証できるものも多い。

    カラー革命

    以前にも、外部の勢力の介入が効を奏して成功した民衆蜂起と革命があった。それは、2000年のユーゴスラビアから始まり、2005年のキルギスまで続いた中央アジアのカラー革命である。周知のことだろうが、それらは以下である。

    ブルドーザー革命
    ユーゴスラヴィア、2000年ユーゴスラヴィア連邦共和国のスロボダン・ミロシェヴィッチ大統領を退陣に追い込んだ無血革命。学生運同組織、「オトポル」が中心的役割を担う。

    バラ革命、グルジア、2003年
    2003年の議会選挙の結果がきっかけとなって起こった民衆蜂起で、ロシア寄りのエドゥアルド・シェワルナゼ政権が退陣に追い込まれる。翌年3月に行われた議会再選挙で、現在のサアカシュヴィリが大統領になる。抗運動団体の主体は「クマラ」と呼ばれる若者を中心とした運動組織。

    オレンジ革命、ウクライナ、2004年
    長く続いたロシア寄りのヤヌコーヴィチ政権を倒し、親米のユシチェンコ政権が成立。青年団体の「ポラ」が中心となって抗議行動を組織。

    チューリップ革命、キルギス、2005年
    青年運動団体「ケルケル」が中心となり不正選挙に抗議する市民運動を組織し、長期間政権の座にあったアカエフ政権を打倒した。その後、バキエフ政権が成立。

    これらの革命では、民衆による抗議運動を先導した青年団体が大きな役割を果たした。ブルドーザー革命の「オトポル」、バラ革命の「クマラ」、オレンジ革命の「ボラ」、チューリップ革命の「ケルケル」などである。

    こうした団体に外国の勢力の支援があったことは、いまでは広く知られる事実となっている。

    カラー革命を先導した勢力

    カラー革命が起こったグルジア、ウクライナ、キルギスなどの国々には、かなり早いうちから米国系のNGOが国内で活動しており、抗議運動を財政面、資金面から強力に支援していた。

    それらは、米国務省系の人権団体、「フリーダムハウス」、共和党系の「国際共和党機関」、民主党系の「全国民主党機関」、米政府系の「米国国際発展機関」、そして投資家、ジョージ・ソロスの「オープンソサエティー」などの組織である。

    「クマラ」、「ボラ」、「ケルケル」などの青年運動組織は、主要な大学のキャンパスで大学生を中心にリクルートし、大学生にデモの組織の方法、抗議集会の運営方法、民衆への呼びかけ方などを訓練し、実行した。こうした若者の抗議団体を財政的に資金援助したのが、上記のアメリカのNGO組織だった。彼らは、資金援助のみならず、若者の抗議団体そのものの結成にも深くかかわっていることも知られている。これがカラー革命の裏の事情である。これはすでによく取材され、優秀なドキュメンタリーもできている。

    このようにカラー革命は、アメリカの工作で実現した可能性が極めて高いのである。

    オトポル

    このようなカラー革命で大きな役割を演じたのはユーゴスラビアの青年組織、「オトポル」である。

    「オトポル」は、2003年のグルジアのバラ革命を先導した学生団体「クマラ」に、抗議運動の組織方法などを訓練し伝授した団体だ。さらに、活動家のトレーニングを中心に、オレンジ革命とバラ革命の青年組織の訓練に深く関与したともされている。

    このように、「オトポル」は、資金面から支援していた米国系NGO組織と連動して動き、カラー革命の先導役を果たした青年組織の形成と訓練に大きな役割を果たした。

    エジプト革命ではどうだったのか?

    では最近にアラブの春、特にエジプト革命ではどうだったのだろうか?「オトポル」のような外部の勢力や、米国系の国際的なNGO組織の関与はあったのだろうか?

    エジプト革命を主導した組織

    エジプト革命を主導した組織を見て見よう。

    4月6日運動
    2008年4月6日にゼネストを呼びかけたことを契機に形成された若者を中心とした民主化グループ。

    変化のためのエジプト運動
    基本的にはイスラム主義だが、自由主義者やマルクス主義者なども結集する幅広い国民運動。

    ムスリム同胞団
    1928年に発足したイスラム原理主義の運動団体。

    変化のための全国共闘
    元IAEAの事務局長でノーベル平和賞受賞者のエルバラダイ氏が主催する運動。幅広い層の結集を狙う。

    エル・ガアド(明日の党)
    2004年10月に設立された民主化運動団体。イスラム主義とのつながりはない。

    新ワフード党
    第一次大戦直後に形成された西欧型の議会制民主主義を目指す団体。1974年に再結成。

    これらの団体で、カラー革命の「クマラ」、「ボラ」、「ケルケル」などの青年運動組織と同じ役割を担っていたのは「4月6日運動」である。この運動組織は大都市の大学生を中心とした組織で、今回の抗議行動の始まりとなった2011年1月25日の抗議デモの中心となったグループである。

    ツイッターとフェースブックを駆使するグループ

    今回の中東の民衆運動では、最先端のネットツールのツイッターとフェースブックが大きな役割を果たしたとよくいわれる。たしかにツイッターとフェースブックは、特に若者を中心に、多くの市民を結集する上で大変に大きな力になったことは疑いない。

    そうしたツールをもっとも早くから多用し、抗議運動の組織に役立てたのが、この「4月6日運動」であった。

    オトポルと4月6日運動

    では、カラー革命では主導的な役割を果たした「オトポル」と、エジプト革命を先導した「4月6日運動」にはなんらかのつながりがあるのだろうか?

    エジプト革命の動きは、中東、カタールのテレビ局、アルジャジーラが24時間ライブで報道していた。アルジャジーラは、エジプト革命にまでいたる動きをつぶさに伝えていた。

    このなかでアルジャジーラは、「4月6日運動」が「オトポル」の研修に参加しており、抗議運動の組織方法やデモの実施方法などを訓練されていたと報道した。アルジャジーラのインタビューには「オトポル」の担当者が応じており、「4月6日運動」にどのようなことを教えたのか詳しく語っていた。

    このような情報から見て、カラー革命と同様「オトポル」が抗議運動の活動家の訓練に大きな役割を果たしたことは明らかである。

    他の国々の抗議運動も同じ

    民衆による抗議運動はイエメン、ヨルダン、バーレーン、アルジェリア、リビア、イランなどに拡大している。こうした国々でも、エジプト同様、ツイッターとフェースブックを使用した若者の団体が、抗議運動の中心となっている。

    そうした状況を見ると、やはり「オトポル」が活動家の訓練にかかわっていた可能性は疑いない。「オトポル」はいまは、「CANVAS(平和運動推進のための戦略センター)」と名前を変え、セルビアの首都ベオグラードで民主化運動の担い手になる青年団体の訓練するためのトレーニングセンターを開設している。

    少し前に「革命ビジネス(Revolution Business)」とういドキュメンタリーがユーチューブで公開されている。このドキュメンタリーでは「オトポル」のリーダーが実に率直にインタビューに答えており、トレーニングを行ったことを証言している。

    The Revolution Business - World

    一方「オトポル」は、2000年のブルドーザー革命のとき、国務省から資金援助を受けていたことを公式に認めている。これが分かった時点で、多くのメンバーは「オトポル」に幻滅し、離脱した経緯がある。これは、アメリカの戦略外交専門雑誌の「フォーリンアフェアーズ」の2月号に掲載された「Revolution U」という記事に詳しく解説されている。米国系の組織がアラブの春の扇動に大きな役割を果たした可能性は大きい。

    明らかとなった米国務省の介入

    このような観点で情報を詳しく調べてみると、アラブの春の中核となっている青年運動組織が米国務省によって直接トレーニングされていた実態が明らかになった。

    2008年12月、「青年連帯運動(Alliance of Youth Movements)」という組織の結成大会がニューヨークで行われた。この大会は米国務省が主催しており、フェースブック、グーグル、ユーチューブ、MTV、ハウキャスト、ジェットブルー、AT&T、ジェンネクスト、アクセス360メデイアなどの最先端デジタル企業も参加し、コロンビア大学法科大学院の全面的な協力のもとで結成されている。

    中心となる設立者のひとりは、ライス、クリントン両国務長官のITアドバイザーで、グーグルの子会社のグーグルアイデアのCEO、ジャード・コーエンである。以下のビデオは革命運動のトレーニングのオープニングセミナーだが、ジャード・コーエンがあいさつしている。ジャード・コーエンは国務省の代表者という肩書で出席している。



    「青年連帯運動」は、青年を中心とした反政府運動のネットワークを作り、最先端のデジタルツールを政治的に利用する方法を訓練する組織である。エジプト革命の中心的な担い手となった「4月6日運動」はこれに参加したことは明らかになってる。

    いま「青年連帯運動」は、「ムーブメンツ・オルグ」となり、草の根の反政府運動組織をつなげるネットワークとしての役割を担っている。

    トレーニングを受けた「4月6日運動」も含め、「ムーブメンツ・オルグ」も「オトポル」も、また訓練を受けた側の「4月6日運動」のような青年組織も、こうした経緯をまったく隠してはいない。先の「革命ビジネス(Revolution Business)」というドキュメンタリーのなかで、当事者たちが非常に率直に語っている。

    ヒラリー・クリントンは「ムーブメンツ・オルグ」に支持を公式に声明し、2009年メキシコシティー、2010年ロンドンで大会を開催している。

    「オトポル」の介入の痕跡

    上に紹介したドキュメンタリーによると、現在50カ国で革命組織の訓練を行っており、そのうち実際の革命に成功したのは5カ国だとしている。

    「オトポル」が訓練した組織が中心になってることは比較的に容易に分かる。こぶしを握り締めた同じシンボルを世界各地で使うからだ。以下がその例である。

    otpor

    さらに、同じシンボルはエジプトで見られる。特に「4月6日運動」はまったく同じシンボルを使っている。

    egypt01

    4月6日運動のシンボル
    april

    ではウォール街占拠運動は?

    ではいま世界的に拡大している「ウォール街占拠運動」はどうなのだろうか?

    「オトポル」の中心人物の一人であるイワン・マロビックが、「ウォール街占拠運動」に結集した人々に演説している光景はユーチューブで見ることができる。以下である。演説している人物はセルビアなまりの英語で話しており、自分がイワン・マロビックであるとはっきり名乗っている。



    そして、次が「ウォール街占拠運動」のポスターである。こぶしが左右逆になっているが、ほぼ同じようなシンボルだ。

    occupy

    クリントン国務長官の論文

    「アラブの春」は、2010年12月17日に起こったチュニジアの「ジャスミン革命」が始まりである。「ジャスミン革命」が始まる少し前、アメリカの外交政策立案の奥の院とされている「外交問題評議会(CFR)」が発行している著名な外交誌、「フォーリンアフェアーズ誌」の11月/12月号に、クリントン国務長官の論文が掲載された。「シビリアンパワーで米外交を刷新する」である。

    これは、国務省の新しい政策である「4年ごとの外交・開発見直し(QDDR)」の内容を紹介する論文だが、アラブの春が始まる前にかかれた論文としては非常に意味深な内容である。以下である。

    「これからは米国の民生力を最大限に活用し、紛争予防、テロ対策など活動を行う。国務省、国際開発庁(USAID)などの文民機能の強化とともに、世界各地の市民組織と緊密な連携を図りながら、米国は外交を追求する。これからの米国の外交官は、世界各地の市民と気軽に接触できる隣人のような存在にならなければならない。」

    外交政策を実現するための手段として、世界各地の市民組織を有効に活用するとした内容だ。アラブの春の中核グループの訓練に国務省が間接的にかかわっていることはすでに明らかになっているが、この論文はその可能性をクリントン自らが語ったものとして興味深い。

    ねらいは何なのか?

    シリアとリビアは異なるが、アラブの春で崩壊したり不安定化している政権の多くは親米政権である。主要メディアでは、アラブの春で、アメリカはエジプトを始めアラブ圏の重要な外交拠点を失うことになるので窮地に立っているという見方が一般的だ。

    また「ウォール街占拠運動」の拡大は、明らかに米国内の混乱を誘発する。オバマ政権にとっては大きな痛手となるはずだ。

    両方とも米国の国益を利することにはならないことは明らかだ。

    リンゼー・ウィリアムスの2月のリーク情報

    ここで、軍産エネルギー複合体の情報をリークしている元大手石油メジャーの人事担当部長だったリンゼー・ウィリアムスのリーク情報を確認してみよう。これは、アラブの春が始まって2カ月ほど立った2月にリークされた情報だ。

    ・いま北アフリカや中東で拡大している民衆蜂起は石油資本の支配エリートが計画したものである。民衆蜂起はこれからもどんどん拡大し、石油の生産に大きな影響が出るところまで進む。

    ・いまの民衆蜂起にはイスラム原理主義運動の影響はほとんど見られない。したがってこの民衆蜂起はイスラム原理主義とは関係がないと考えられているが、これはそうではない。だまされてはならない。

    ・エジプトのイスラム原理主義組織、「イスラム同胞団」は、私に情報をリークしている巨大石油資本やCIAなどから資金援助を受けている。彼らは我々の協力者だ。「イスラム同胞団」は北アフリカと中東の国々に侵入し、背後から民衆蜂起のきっかけを作る。そして最終的に彼らは民衆蜂起を乗っ取り、イスラム原理主義がこの地域を席巻することになる。

    以上である。

    このウィリアムスがこの情報をリークした2月の時点では、イスラム原理主義組織の「イスラム同胞団」は運動の全面にはまったく立っておらず、エジプト革命でイスラム原理主義の影はほとんど感じることはできなかった。

    ところが現在、近いうちに予定されているエジプトの総選挙では、「イスラム同胞団」が第一党になる可能性が高まっている。やはり、ウィリアムスのリークしたシナリオのように進むのだろか?

    まったく違った可能性、せめぎ合う勢力

    しかし、これとはまったく異なった可能性もある。「イスラム同胞団」はイスラム原理主義組織だが、一方、国務省のバックアップがあると思われ、エジプト革命の中核となった「4月6日運動」は、西欧型の民主主義の導入を目標とした運動だ。いわば「イスラム同胞団」と「4月6日運動」とは水と油の関係だ。

    すると、「4月6日運動」と「イスラム同胞団」とはそれぞれ国務省系と軍産エネルギー複合体系という同じ米国内にありながら、利害が対立する異なったグループによって先導されているのかもしれない。

    これと類似した構図は「ウォール街占拠運動」にも見られるのかも知れないが、いまはまだ情報がないのでなんとも言えない。

    国務省のシナリオ、非常に高度な危機管理か?

    では国務省のシナリオがあるとしたのなら、それは何なのか?カナダ、トロント大学の「グローバルリサーチ研究所」では、「オトポル」のような組織が介入しているのは、「ウォール街占拠運動」のような一般国民の抗議運動が暴動化して革命に発展する前に、国務省が自ら運動を組織し、先鋭化する前にガス抜きすることが狙いではないかと言っている。

    そうだとするなら、少なくと国務省がアラブの春を積極的に支援した背景は、ウィリアムスの情報源となっている軍産エネルギー複合体とは大きく異なっている可能性もあるように思う。

    そうした場合、おそらく狙いは、独裁政権への不満が頂点に達し、国内が内乱状態になる前に、抗議運動を積極的に誘導して内戦化しないようにソフトランディングさせるということなのかもしれない。

    もちろんこれは筆者の仮説にすぎない。これを証明する情報はまだ十分にない。

    情報があればこの記事の続きを書く。

    コルマン博士、最新エッセー

    コルマン博士はまた新しいエッセーを発表した。個人的な体験を踏まえた暖かいないようだ。いつものように、コルマン博士の最新刊「目的をもつ宇宙」の翻訳チームのキクチさんより翻訳をいただいた。キクチさんには心より感謝したい。

    時の織り手

    私が初めてマヤの地を訪れたのは1979年10月だった。それは私にとっては人生の方向を変える旅だった。マヤカレンダーの謎を解き、その深い意味を現代の人々に伝えていくという、私の人生の本当の使命を呼び覚まさせる出来事がいくつも起こったのである。その当時には、マヤカレンダーについてはっきり分かっていることは何もなかったし、旅行ガイドや考古学者たちは、いつもカレンダーは迷信に過ぎないと言っていた。それでも、私はミカエル・コーエの「マヤ」を読んでカレンダーが2011年に終わることを知り、その頃から、トニー・シェーラ、フランク・ウォーター、ピーター・バリンなどの最初期のパイオニアたちによるマヤカレンダーの解明に向けた模索が始まった。そのようにして、マヤカレンダーは世界が忘れてしまった貴重な知識を秘めているのではないかという予感が浮かび上がってきた。それでも、カレンダーは宇宙の時間計画の概略で、それが人類の歴史上の事実から確かめられるということが分かったのは、ずっと後になってからだった。今日この分野に関心を持った人には、その当時がどれほど曖昧模糊としていたことか、想像するのも困難だろう。それでも、旅行からストックフォルムに戻ると、私は同僚への講義の中でマヤカレンダーが2011年に終わってしまうことに触れたのだった。それは私たちのマヤカレンダー探求の本当に初期のことだった。

    この旅で、マヤの機織りの女性たちと触れあうことができたのは、私にとって大変貴重な経験であった。彼女たちは織った布を売るだけでなく、時にはただで上げてしまったのである!マヤの女性たちにとって、機織りという行為は実用的なだけではなかった。彼女たちの熟練した技術、生き生きとした色彩の使いこなし、そして精緻な模様のデザインは、マヤを訪れる者たちの目を楽しませたが、彼女たちが作り出す織物に込められている深い意味は、誰もが理解していたわけではなかった。実際、機織りは、マヤの女性たちが宇宙ヴィジョンを表現する特別な方法なのである。それは、時にはカレンダーとその神話に関係した古代の象徴主義や文様にまで遡るのだ。旅からストックフォルムの小さなアパートの部屋に戻ると、私は壁にタペストリを飾った。それから長い間、私が科学者としてのキャリアを続けている時にも、それはいつもマヤの宇宙ヴィジョンを思い出させてくれたのだった。私はかつて15代にわたって織物業を営んだ家系に生まれたので、この芸術はとても親しく語りかけてくれるのだ。

    よく知られているように、マヤカレンダーシステムの知識はマヤの古典文化が千年以上前に終ると共に失われてしまったので、カレンダーシステムだけでなく、宇宙ヴィジョンもまた回復される必要があった。ドイツから来たクリスティアーネ・ビーベルは、時間の真の理解を表現するマヤ織物の役割に心を奪われた女性である。2011年10月28日のカレンダーの終わりが近づいている今は、彼女にとって自分の宇宙ヴィジョンを表現するのにふさわしい時なのである。彼女は1,872,000本の織り糸を備えた織布機を作り出したが、これはいわゆるロングカウントまたは第6波の日数と同じ数である。これによって、彼女の織布機は時間の加速を映し出す繊細で正確な鏡になっているのだ。色彩の濃淡の交錯は、宇宙進化の第6、第7、第8、第9のそれぞれに巡り来る昼と夜を反映し、そしてカレンダーが終わる時の太陽の上昇で終わるのだ。クリスティアーネは、機織りを用いて宇宙ヴィジョンを表現するマヤのオリジナルな方法を再現したのだ。それは驚異的でありながらも、カレンダーへの現在の正確な理解に基づいているのである。機織りの技法は、ここでは美しさのためばかりでなく、見る者に古代の知識と宇宙ヴィジョンを伝えるためにも用いられているのである。

    マヤの日文字のChuen(BatzまたはMonky)がしばしば”時の織り手”と表現されることから、マヤの人々にとって、機織りが大切な意味を持っていたことがよく分かるのである。もし古代マヤ人の数え方をすれば、Chuenは20ある日文字の中で中央の11番目に該当するのである。あるいはツォルキンを8Batzから開始する現在のキチェ・マヤの人々の数え方では、Chuenは1番目になるのである。クリスティアーネの作品はこの時の織り手を見事に表現したもので、2009年にセドナで開催された「先祖たちの回帰(Return of the Ancestors)」の集まりの時に、ドン・アレハンドロ・オクスラ長老に贈られた。私にとっては、クリスティアーネが復元したこの生命と時間の織物を通して、確かに先祖たちが帰ってくるように感じられる。作品の複雑に入り組んだ模様は一瞥しただけでは明瞭ではないけれども、私はこれらのイメージを通して読者がそこに込められたメッセージを感じ取れるように願っている。そして、将来は、もっと広くこのイメージが分かち合えるようにと願っている。

    続く。

    むちゃくちゃおもしろかった講談

    筆者は月刊ザ・フナイの連載を書かせてもらっているが、読者の方に講談師の方がおり、会う機会があった。筆者は講談はこれまで聞く機会がなかったが、実におもしろかった!今後はスピリチュアル系の講談をやるそうである。サイトに音声ファイルがあるので聞いて見たらよいだろう。

    田辺鶴瑛

    筆者のいとこのブログ

    筆者にいとこがスピリチュアル系のカウンセラーになっていたのを最近知ることとなった。以下にリンクする。よろしかったらどうぞ。

    ねもとまどかの「宇宙のゆりかご」

    本の出版のお知らせ

    今度、また講談社から英語の本を出した。筆者も強く感じているが、やはり英語は仕事では必須となりつつある。しかし、実際に英語を使う相手は欧米人とは限らない。中国や韓国なのどのアジア出身の人々も多い。そのような状況のなか、この本では普遍的なコミュニケーションの手段としてのグロービッシュに注目し、これをマスターする方法を解説した。英語に関心がある方にはぜひお勧めしたい!

    日本人が「英語ペラペラ」を本当に実現できる本 (講談社+α文庫)

    eigohon


    また本が出ます。前著の続編にあたる本です。今度は今のシステムのつっこんだ解説と将来の予測です。よろしかったらどうぞ。

    「支配ー被支配の従来型経済システム」の完全放棄で 日本はこう変わる コルマンインデックス未来予測[2020年までの歩み] (ヒカルランド)

    nihonn

    また本を出版しました。今度は徳間書店からです。今回は、このブログの内容を大幅に加筆修正し、未来予測を行った本です。よろしければぜひどうぞ!

    未来予測コルマンインデックスで見えた 日本と経済はこうなる(徳間書店)

    koru

    今回、講談社から英語本を出版しました。通勤途中に電車の中で軽く読める本です。ちょっと英語に興味がある人はぜひどうぞ!

    通じる英語 笑われる英語

    eigo

    「いったい世の中どうなっているんだ!こんな時はマルクスに聞け」(道出版)

    体裁としては「資本論」の解説書のような本だが、マルクス礼讚の本ではない。われわれはこれからなんとしてでもサバイバルして行かねばならない。そのための状況認識のための書として有効だと思う。よろしかったらぜひどうぞ!

    marx

    このブログの基本方針

    このブログの基本方針を掲載しました。記事をお読みになる前にかならず一度はお読みになってください。

    基本方針リンク

    読むとくドットコム

    筆者がコンサルティングにかかわっている会社が子供用の国語音声教材の提供を始めた。子供用だが、実によい名作がmp3の音声ファイルで聴くことができる。大人の心の琴線に触れる作品がとても多い。よいサイトだと思う。よかったらどうぞ!

    読むとくドットコム

    友人の飲み屋

    筆者の友人の一人が飲み屋を始めました。こちらもよろしかったらどうぞ!

    ナイトクルーズ51

    驚異的な前世リーディングサイト
    遠い記憶・前世からの約束

    前世リーディング問い合わせ電話番号
    080-3128-8600

    筆者の友人の作家のブログ

    茶房ちよちよ
    駒村吉重のブログ。いつもの飯、酒、より道、脱線、思いごと


    雑誌アネモネ

    便利な学校検索サイトです!

    海外子女.com

    投稿に関しては以下の方針に従い、どうしても必要な場合以外は削除しないことにしておりますが、他者の人格を傷つける不適切な表現がある場合は例外とし、予告無しに削除し、投稿禁止にする場合もあります。

    意味産出の現場としてのBBSやブログ

    また、私はいま日本で起こっている変化を以下のようにとらえております。もしよろしければこちらもどうぞ。

    いま何がおこっているのか?

    ヤスの英語

    よろしかったらクリックをぜひ!↓



    人気ブログランキングへ

    スポンサーサイト

    テーマ:歴史と予言 - ジャンル:学問・文化・芸術

    コメント

    更新ありがとうございます

    確かに意識の変容は周辺をみても徐々に起こってきているように感じています。
    と言うか自分自身の意識が変ってきているのでしょう。。。
    だから周りの人々の、それと同調した部分を感じ取り、そう感じているのでしょう。。。

    一言でいうと、少しだけ優しくなってきていると感じます。
    今までのように不必要に争わなくなってきている気がします。。。

    ここ何日か前から気づきだしたんですが
    町中の鳩の縄張りにカラスが進入し、鳩が縄張りを追いやられてきています。
    これはどうしたことなんでしょう。。。
    気のせいかもしれませんが。

    鳩もカラスも霊長類にちかいほどの頭脳を持った、賢い生き物です。
    人間生活エリアで、あまり人を恐れず人間と共存して暮らしている生き物です。
    人間と同様にツガイで子育てし、集団で共同体をつくり暮らす生き物です。
    そして地磁気に敏感な生き物です。

    更新有難うございます

    確かにウォール街に始まったデモやそれに次ぐ一般市民の占拠は、今までとは違うようです。
    ヤスさんもおっしゃっているように、強い政治的なプロパガンダが示されたり、指導者に引っ張られての
    抗議ではありませんが、今一般アメリカ人がひしひしと感じている事が良く伝わって来るし、それだから
    こそその抗議に賛同する人も多いのでしょう。
    博士号を持ちながら、スターバックスでパートタイムの仕事に甘んじなければならない若者。弁護士の
    資格を持ちながら、中小企業の受付をしている者。
    軍隊を定年まで勤め上げながら、本当に恩給が入るのかの保証もない状態。全米で一番安定した職場
    とされていた連邦郵便システムの崩壊。年金の赤字。何十年勤めていようと、明日には解雇されるかも
    知れない職場の不安。どんどん上がる物価やガソリン価格。どんどん潰れていく地方銀行。
    公式破産宣告をする都市。全く減らない失業者。
    これらを考えあわせると、今までアメリカ国民が自分達の為に機能するように作った政府が、最早自分
    達のためには機能しなくなっている様です。それはいつの間にかうまくすり返られ、1%の人間がその
    恩恵をむさぼっているように、或いはその1%の人間が彼らのみに機能するように作り変えられてしまった
    様に見受けられます。そして遂にアメリカでは、それに気付く人々が出てきたという事です。何百万人もの
    健康保険のない人々や、何百万軒の抵当家屋が出現した後ではありますが。
    願わくはこの動きが、妙な上からの介入や横槍無しで続きますように。

    日本はどうでしょうか。これだけ国民の為に機能しない政府と言うのも、世界でも珍しい気がしますが。
    日本国民は最早、南は沖縄から北は北海道まで、まるで生体実験場にいるようですね。また、それに
    気付かない人達も何千万人といるようで。
    いやはや、大変な事です。

    とうとう今週末、コルマンインデックスが完了しますね!それにともない、うちの子供が宇宙の本を借りてきて見ていたら、銀河系中心部からはなたれるクエーサーのページに二人で釘付けになりました。銀河中心部からのクエーサーには髪の英知とも言うべき情報が溢れていて、感受性の強い人にすばらしいインスピレーションを与えてくれるという情報があります。もしかすると、28日このクエーサーからなんらかの英知が与えられるのかもしれません。それを感じた人は、次のステージへと進んでいくのです。突然起こった近代化の時期、一気に進んだIT革命。こういったものがコルマンインデックスに大きく関係しており、そこに銀河中心部フナブ・クーの英知が得られるサイクルだったのかもしれません。この英知を受け取れるよう、感受性を研ぎ澄ませ、最終日に備えたいと思います。子供が借りてきた宇宙の本、子供と見ている今の平成ライダーが宇宙を題材にしたもの。ここにシンクロニシティーを感じずにはいられません。まさにコルマンインデックスの終点に引き寄せられる感覚を味わうことができました。

    先日の勉強会

    ヤス先生。こんにちは。
    先日の川崎の勉強会も、とてもわかりやすく時宜に即した内容で教えていただき感謝しています。
    勉強会はまだ続くのでしょうか。
    もし続くのであればブログ上での告知を楽しみにしています。
    ありがとうございました。

    ありがとうございます

    こんにちは。ヤス(管理人)です。いつものご投稿と暖かいお言葉、ありがとうございます。

    kwakasaさん、勉強会のご出席ありがとうございました。大変に盛り上がりましたね。次の勉強会は特に予定はしていないのですが、リクエストが多ければ考えたいと思っています。勉強会の開催をご希望される方は、私に「勉強会開催希望」とお書きになり、メールしていただけますか?

    ではでは

    行き過ぎた合理主義・・・合理的思考
    これが歯車を狂わせている根本原因
    そこにエゴがはいり自分達に有利に思考していく・・・
    金融界にしても、一般産業界にしても経営人は、それが正義として走りつづけている・・・
    1%の勝ち組と99%の負組・・・
    この行き過ぎた合理主義が転換されない限りはいまの偏った格差社会は変らない
    集団無意識にそのことが、どんどん刷り込まれ、多くの人々の気づきとして、価値観の転換が起きない限りは・・・
    その傾向は今、確実に高まってきていると感じています

    また、作用と反作用が今、起きているように感じます
    転換気には、それぞれの極(影響)が強くなってくる
    エゴが限りなく強まる人々・・・
    調和の意識がどんどん強まる人々・・・
    転換期はそうなのだろう・・・
    双方の意識の波がぶつかり、三角波が出来るように大きく波立つ・・・
    そして意識の量的緩和が徐々に広がり、静まっていく
    今はそんな時なのだろう・・・

    現代文明の波の先端であるアメリカが変れば、それは世界へと広がる

    日本にしても、今や中国にしてもインテリ層はアメリカンイズム(成功体験)を模写してるのだから・・・
    合理主義(左脳的主義)
    資本主義(市場競争促進・資本家優位主義)
    金融本位主義(マネー本位)
    市場経済主義(弱肉強食)
    これらが今の成功の定説なのだから・・・

    我々は自己本位で生きている
    自己主体意識で生きている
    それと同時に生かされいることを再認識・自覚してくことが大切な時代になるのでしょう

    これからは双方に感謝と思いやりが大切な時代です
    合理主義、資本主義を超えていかねば・・・

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    資本主義を超えていかねば!!資本主義考

    資本主義の可能性と限界
    http://miraisekai.exblog.jp/i8/

    逃げようのない人類の課題→世界人口爆発

    世界人口70億人へ、資源争奪など不穏な時代の幕開けか
    http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-23819620111026

    勝ち組と負け組みって分けてる時点ですでにマインドコントロールされているような気がしますがね
    価値観はそれぞれだし別にお金がいっぱいあるからといってそれが勝ち組という思い込みはどうでしょうか
    自給自足で生きる人たちも地球には多いし、その人達自身は負け組みなんて思ってないでしょう
    こっちが負け組みってきめつけてるだけで
    理想理屈を語る前にまずやるべきことは多い気がします

    不愉快なコメントですが、敢えて

    正直、読者の皆さんには、このサイトは役に立っているのですか?
    例えば、3.11を前もって感知できたりしたのですか?

    定番化した文献の翻訳、その後解釈がメインになってきているような気がします。

    役立っているか

    私にとっては、役立っていません。
    コルマンインデックスを解釈、検証しようという点で面白いから見ています。

    恐慌が来ることは当てたから役に立ってるよ
    まぁ、情報を役立てられるかどうかは自分次第だと思うけどね

    世界が勝手に変ってゆくことを期待して待ってるタイプの人は役立てられないと思う

    社会の変化は、先に気付いた人が自分で努力して自分自身を変え、変った人がある程度の人数になると社会に影響を与えて全体が変ってゆくもんだと思う

    アーリーアダプターが自力で変化し、そういう人がネットワークを組んで初めて有効な相乗効果が出てくる

    何か変化が起こってくれないかなと他力本願で期待する人たちがいくらいたって変化は起こらないと思う

    いつも有難う御座います

    ヤス様
     いつも更新有難う御座います。コルマンインデックスについて何も知らなかったのですがこのブログの御蔭で 私は人の意識の大切さを知りました 田舎ですので講演会も儘ならず御著書とこのブログが楽しみです 何としても私は99%の一人として 心をしっかり意識をしてゆきます。田舎の朝ははやいです。

    【世界を】終末願望の真相【革命する力を】

    http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1319793052/
    終末予言に何かを期待するよりも、終末予言に投影した自分の願望をしっかり自覚して実行してやった方がいいのかもしれませんね。

    予言が的中して世界が激変した未来は、どうなっていて欲しい? それは、なぜ?
    そうなった世界で、自分はどんな人生を生き、どんな人間になっているだろう?

    身につまされます・・・

    こんばんは

    すっかり秋ですね!
    お鍋のおいしい季節になりました~。
    もっと寒くなりますが、体を壊さないようにして下さいね。

    悪の権化=記者クラブ

    ますます日本マスコミの言動がおかしくなってきていると感じます
    記者クラブってのは表にでないが
    実はとっても権力的・支配的・閉鎖気的な組織だ
    「言論の自由」を盾に好き放題している・・・
    正にペンのヤクザだ
    文句があれば、記事に書いて、おまえらを陥れることは簡単だ・・・だから俺らの言うことを聞け!!
    昔から日本の記者クラブはそうだ
    自分達の世界は治外法権だと思っていやがる・・・
    特に記者クラブの主幹となる大手新聞の輩
    特にサンケイの奴ら・・・
    共同通信の奴ら・・・
    奴らが記者クラブを仕切り、新参のメディアや逆らうメディアは記者クラブに入れない

    今の軟弱な、日本にした原因は彼らにあるように思う

    日本の記者クラブのあり方を再考しなければいけない時がきていると感じます
    彼らはジャーナリストではない
    ヤクザである
    いまの記者クラブに入れない、排除されているメディアにはジャーナリストがいる

    セネガ・ガン

    セネカ・ガン発生か ― 米国ノース・カロライナ州
    http://macroanomaly.blogspot.com/2011/10/blog-post_1792.html

    セネガ・ガンに詳しい識者の方はいらっしゃいませんか??

    地球内部から噴出する泡の爆発音と振動??

    不気味な予感がします

    北海道大学がM9クラス地震警告

     お久しぶりです。銀色狼です。ちょっと気になるニュースがありましたので、報告させて下さい。
    http://news.infoseek.co.jp/article/sunday_3994011
     以前から、地震予知方法として、VHF電磁波の測定と変化、地電流の乱れ、大気中イオン濃度変化、HMD電離現象による地震雲などは有効な方法だと以前から考えておりました。

     北海道大学の地震火山研究センターが注意を呼びかけているようです。
    http://nanako.sci.hokudai.ac.jp/~moriya/M9.htm
    北海道大学 地震火山研究観測センターの記事を要約すると

    ・東北地方太平洋沖地震の前に89.9MHzの地震エコーが観測された。
    ・現在、前回と良く似た経過をたどっており、もしもこのまま3月11日の地震の前と同じ経過をたどるとすれば,再びM9クラスの地震が発生すると推定される。
    ・震央は宮城県南部沖から茨城県沖の日本海溝南部付近。
    ・発生は12月から2012年01月。

    以前から北海道大学の地震火山研究観測センターは気象庁や東大とは一線を画して、測地学的地震予知の方法に捕らわれず、独自に火山噴火や地震に関して研究しています。西暦2000年の有珠山噴火の時も北海道大学の岡田教授が独自に研究した結果、ほぼ正確に有珠山の火山噴火の動向を予測しました。

    あくまでも、予知情報でありますので、、、何とも言えませんが。


    VHF帯電磁波散乱体探査法による
    地震予報の研究http://nanako.sci.hokudai.ac.jp/~moriya/fm.htm

    支配者に対する革命が起きるのか

    世界に広がる反格差運動の先には何があるのだろう
    今までの欧米覇権主義・米国覇権主義への国家的反発とは違う
    アメリカ国民、欧州国民の欧米金融支配層に対する内乱である
    中国もまだ表にはでないが共産党員の一極支配への内乱は潜在的に拡大している
    日本ではまだ、表面化していない
    日本はまだ、極限まできていないのだ・・・もう少し悪化すればわからないが・・・
    ブッシュの友達の小泉以降、終身雇用制度が崩壊しアメリカ型の使い捨て雇用システムになっても、まだ世界から見れば終身雇用や労働組合が生きている日本である

    日本は技術力があるから資本主義(自由競争主義)社会では強い
    アメリカの覇権力で出すぎると押さえつけられるが・・・
    為替でもて遊ばれるが・・・

    まぁ 早い話が欧米の景気がよくなれば、雇用が改善し、社会福祉・保障・公的扶助も改善し、反格差運動も消滅する
    そう言った意味では今の反格差運動はガス抜きでしかない

    しかしどうみても技術力・コストパフォーマンスに乏しい欧米の景気回復は将来もままならない(技術力のあるドイツは別)

    このままでは1%と言われる高額所得者がターゲットとなったテロが起きるのかもしれない
    1%の高額所得層の中核は金融業界である
    金融産業(企業)も狙い打ちになるだろう

    そして国としては警察権力の行使へと進む

    やはりいちど、財閥を解体し(マッカーサーが日本にしたように)、21世紀型の国家社会主義(戦後の日本政府のように・・・社会主義の下に資本主義が織り込まれた国家運営形態)に進むしか道はないような気がします
    そうすると50年くらいで国家社会主義のマイナス面がまた出てきて活力がなくなり世が乱れるから、資本主義と言うか自由競争主義に戻す

    いずれにしても、一極に富が偏ってしまった今の資本主義社会では格差しか生まない
    意外と日本政府や日本人に世界の社会運営をまかせるとうまくいくのかも知れません
    韓国でもアメリカ型経営の成果主義のサムソンがうまくいかず、日本型経営の社員を大切にする家族主義のLGがうまくいってるように
    LGは安心感があるから人材が育つのである
    ヘッドハンティングした人材も辞めないで溶け込む

    いまの日本企業はアメリカ型の成果主義の企業(サムソン的)が多いので、そういった日本型ではありません
    伝統的日本型(LG型)です→特に戦後から昭和期の日本型)

    そうです!
    これからは国家が企業が個人が「家族主義」「終身雇用」を取り戻すことがキーワードかもしれません
    それから為替の国連管理(投資商品化やどっかの国の都合での操作の禁止)



    日本の格差は!

    日本の賃金格差についてですが、
    2006年度12月10日発行の長谷川慶太郎著「日本経済の読み方」によると、
    日本の労働者の賃金は、
    自動車メーカ、ホンダの工場労働者の賃金を例にとると、アメリカのオハイオ州の工場労働者の中で一番高額だと喜ばれているそうですが、それでも日本のホンダの労働者に比べて、年収で100万円低いとあります。
    日本のマスコミはそう言う事実をほとんど伝えていません。

    それに比べ、「貧乏人の味方のふりをして稼いでいる」マスコミは、テレビ局や新聞社など30歳代で1千万以上、50歳代で2千万以上だったと思います。
    記者クラブだけでろくな取材をしなかったり、つらい仕事や手間のかかる仕事は賃金の安い下請に発注しておきながらです。

    彼らは、自分達の高額な賃金に後ろめたさを感じているのか、自分達も他の人と同じように低そうに見せたいのか、それともそれを隠したいのかもしれませんが、
    日本の真実を報道しようとせず、単にアメリカなどのまねをして騒ぎを大きくしているように思います。

    また経営者の賃金に関しても、日本の場合、一般的には、多くても年収数千万円ですし、欧米経営者より一桁安いと思います。
    日産のゴーン社長やソニーなどのように世界的企業で、社長が欧米人と言う事になると、欧米経営者との対応から、欧米並みになっていると思います。

    米国で今騒がれている金融関係の会社などは、社員を含め経営者の年俸もあまりにも桁違いなので、デモが起こって当然だとは思っています。

    ですから、日本において、あまり格差を強調して騒ぎを起こさせようとするのは、マスコミに問題があるのか、それともどこか他の国が裏で動いているのかとも勘ぐってしまいます。

    さすが北大ですね。
    なんか、とっても信憑性がありますが
    当たらないことを祈ります

    中国が勧めるクリーンな原発!

     以前も安全な原発として書き込みも少しありましたが、「トリウム溶融塩原子炉」という新しい原子炉がより安全であると言う事で、中国でも開発が始まっている様です。
     小生、今のままの原発を推進することには反対ですし、今後に関しても、特に原発を推進したいと考えてはおりませんが、、闇雲に感情的反対をすることにも問題を感じています。
     ここには、中国シンパの方もいらっしゃるようですし、一応、今後の検討材料の一つとしてサイトのアドレスを貼っておきます。

    http://wired.jp/wv/2011/02/16/%e4%b8%ad%e5%9b%bd%e3%81%8c%e9%96%8b%e7%99%ba%e3%81%99%e3%82%8b%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%81%aa%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%88%e3%83%aa%e3%82%a6%e3%83%a0%e5%8e%9f%e7%99%ba%e3%80%8d/

    次の天変地異

    ヤスさん、いつもエンタテイメントありがとうございます。
    世見の松原照子さんも311は人工地震といっていますが、実際はどうなのでしょうか。
    仮に人為的とすれば前兆など無意味です。
    「妹の予言」では12月~1月が本番のようです。北大の森谷博士の仮説もそのようです。
    ダイハード4.0でたまたま、911という数字が目に飛び込んできました。
    911は米国の緊急通報用電話番号で、
    緊急時以外は311だそうです。
    911は日本でいう110か119となるので、
    11月9日、1月10日、1月19日がありうるのではと想像しました。
    単なる数字遊びですが。
    APEC首脳会議は11月12~13日。
    ドジョウ総理は国内議論もなしに
    TPPにいざ参加せんという亡国への道まっしぐらに、神風が吹くことを願っています。
    闇の世界もお釈迦さんの手の上に過ぎない
    天はいかなるシナリオを持っているのでしょうか。

    コルマンインデックス終了

    しかし、これといって何も感じないのですが、時間の経過だけは相変わらず異様に早く感じます。これから何が起こるのか、これからどういう風に生きていくのか。コルマン博士が言うように、終わりが無く、進化もなく、そういう時の営みではなんら意味が無い、もしこのまま何もなく、だらだらと時が過ぎることに意味はあるのだろうか?コルマンインデックス終了に伴い、そういう一種の疑問がふくらんできます。

    いや逆に、「覚醒した人いるの?」
    「覚醒って何?」って聞きたい

    飢えの恐怖に抑圧され犠牲になってたもの?
    http://aya-shumi.cocolog-nifty.com/heya/2011/10/post-0ec8.html

    以前ご紹介したAYAさんの記事の補足記事だそうです。
    やはり人類の意識が変化しないと真の変革は難しいようですね・・・

    TPP
    関税の撤廃による自由貿易の促進、自由競争の促進
    でも、為替を好き勝手に操作するアメリカ居るかぎり
    そこには平等はない・・・・
    TPP
    理念は素晴らしいが
    ならばTPP参加国家はTPP推進期間は参加国家で話し合い、適切な自国通貨バランスを同意しあい、為替を固定しましょうよ
    アメリカの好き勝手にはさせないようにしましょう

    うん
    させましょう
    どうやって

    このブログや米欄は
    いろんな人が見ています
    政界人・経済人・役人・警察・公安・・・・
    アメリカさん関係もね

    世界中が問題をいっぱい抱えだした時代・・・
    いろんな意味で現代社会が限界にきている・・・
    社会システムが
    経済システムが
    地球環境が
    地球生態が
    やはりチェンジの時が来るのでしょう
    その臨界点はまちがいなく近づいている・・・
    そのなかで自分自身の立ち位置はどうあるべきなのか??
    内的変化は起きていますか??
    どんな世界になっても自分は自分のままです
    ポジティブマインドでないとね
    人の役に立つひとでないとね
    人に必要とされる人でないと
    人に与えられる人でないとね
    人と仲良くなれる人でないとね

    どんな時代になっても自分力です

    百人百様いろんな人がいて・・・
    ただどんな環境にあっても自分次第です・・・

    何のために生きてる?
    根っこはみんな幸せか感じる、幸せになるためですよね

    根っこの幸せが集団無意識としてどう結晶化するのでしょうか・・・

    橋下のようなファシスト(カリスマ)がどう選挙で判断されるのか興味しんしんです
    確かにカリスマを求めて新世界を求める時代です
    だかあまりにも傲慢であることの怖さも・・・

    六さんへ
     トリウム原発から出た核燃料のごみも、一説には管理に2万年もかかると言われています。
     ウランの半減期は45億年です。
     いまだ、原発の廃炉を成功した国はありません。
     六さんは 核のごみ処理問題についても視野にお入れてトリウム原発をすすめるのですか?
     45億年生きて、管理をされることができる。など責任を持てる人のみが推進していただけるとこちらとしても納得がいきます。
     原発を推進する政治家や官僚など、原爆を作りたい人間(もんじゅなどの核燃料サイクルは、原爆を作ることができる)が作った利権とお金の流れにあらがえないマスコミや、官僚、原発周辺住民の現在があると思われます。
     私には、軍事力になったとしても、人類や地球が滅びてゆく方向性に加担している原発は狂気のさたにしか思えない。
     日本を守りたいなら、食料や保険など外資にお金が流れる仕組みのTPPなどをやめるほうがはるかに国を守れるのではないか。
     
     どちらにせよ、ヤスさんも持続可能社会に自然と移行するわけではない。
     一人一人が救世主であると話されていた。
     バタフライエフェクトという話をご存知だろうか。
     一人の小さな行為が、いつかは世界を変えるというものである。
     私は持続可能社会に必ず変換してゆくと信じている。
     もしできなければ、人類が滅びるだけ。
     地球は滅びることはないと私は思う。
     
     輪廻転生を信じる私は死は怖くないが、来世で汚染された地球には生まれ変わりたくないのでがんばりたいものです。

     まぁ気長にプロセスを楽しみながら 気楽にこつこつやりましょう。
     
     
     
     

    >輪廻転生を信じる私は死は怖くないが、来世で汚染された地球には生まれ変わりたくないのでがんばりたいものです

    輪廻転生を信じて、他の惑星を信じているあなたが、なぜ今の地球に生まれたのかは考えないのですか?
    何も意味が無くただ地球に生まれたと・・・
    かくゆう私も生まれ変わりはあると信じていますが、地球に生まれた事には意味はあるんだと思いながら人事を尽くしていますよ
    そういう考えなら魂の成長もなく、また同じような惑星に生まれ変わって修行しないといけないかもしれませんよ
    わかりませんが

    ウランは使いませんが!

     まず、「トリウム溶融塩原子炉」はウランの代わりにトリウムを使うと言う事ですよね。
    また、現在溜まり過ぎているプルトニウムを燃やして、かなり減らせメリットもあると言う事です。
     プルトニウムが採り難いので、軍事に利用出来ず、アメリカは実験炉だけでやめた様ですが。
     
     小生としてはは、より良い可能性のある物は出来るだけ研究した方が良いと思っています。
     また、放射性分物質に関しては、管理人さんの勧める照さんのサイトで、放射性物質を無くす方法が有るとあり、それを研究し始めた人も居るようですね。
     まあ、まだ完成されていませんし、小生もあまり詳しくありませんが、一応提案しておきました。
     何でも反対の人とか「ソ連や中国の水爆はキレイだけれど、日本の原発は汚いから反対だ」と言う雰囲気の人も多かったので、今の反対運動にもなじめない部分が少しあります。
     せっかくですから、これを機会に、ググって、新しい原子炉についても詳しくなっていただければと思います。
     
     小生、個人的には、火山国日本には、まずは地熱発電がベストと思っていますが、国定公園内部である事や、温泉街や湯本経営者達の反対運動と言う問題が有るようです。
    しかし、低温で蒸発する気体を封じ込めてタービンを回すなど、新技術で解決可能なのではと思っています。

    すでに織り込み済み

    メタンハイドレートは竹島問題の背景や先般の尖閣列島さわぎのときにこのブログやこの米欄で語られていますよ。
    もうそのことは、とっくに織り込み済みです。

    日本近海のメタンハイドレート、政府が来年度に試掘http://www.afpbb.com/article/economy/2815959/7559230

    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%89%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%88

    http://rokujigen.iza.ne.jp/blog/entry/1442309/

    http://www.youtube.com/watch?v=gR0uG8j2SG4

    桜井よし子はアメリカ支配層の手下だ!!
    その背後には蛇が潜んでいます
    村正さん、調べてみたらいいよ
    そうしたら英雄になれるかも
    途中で抹殺されるかもしれないが・・・

    何かとんでも無い事が起こりそう・・・
    みたいな雰囲気だけ私の心のどこかで勝手に
    出来上がってて、どこか踏み切れず仕事にもあまり身が入らない向上心が出てこない
    なんでこうなったか
    予言系サイトを見すぎたか
    社会が悪いのか
    周りに影響され過ぎか
    社会が一変し、奇跡のような世界なんてくるはずも無いのに何で少しそれを期待して待ってる自分がいるのだろう
    奇跡を待つのは止めよう
    ここ一週間前からこう考え始めました
    このままだと鬱になっちゃいそうだからね

    そのとおり!
    どんな環境になっても
    今と此処を向上心をもって生きれない人間は
    例えそうなったとしても目先の障害で翻弄されてしまいます。
    どんな環境にあっても可能性を見つけ
    ポジティブに思考して生きがいを見出すことが肝要です。
    常に生きがい、夢とロマンを持て!
    与えられるのでなく、自分が生み出せ!
    明日のことは誰も解からないのだから
    今日という確かな現実を前向きに生き続ける
    それを重ねていくことが人生を向上させるし
    そうした思考と行動による様々な経験の中から新しい気づきや出会いが生じる
    そうすると運命さえ運気さえ変ってくる・・・
    全ては自分の思考と行動次第

    これって引き寄せの法則??

    自分の人生は自分でつかめ
    世界が変るのを、環境が変るのを待っていてもね・・・
    そうなっても誰も与えてくれません
    誰も自分の環境は変えてくれません

    自分でコントロールできないことはオマケ程度に思っておきましょう^^

    まだ5パーセントしかいないそうです

     精神世界系を中心に歩いて来た者ですから、ここだけを中心にしている人達とはちょっと感じ方が違うと思いますが。

     残念ながら、新しい世界に受け入れられる人は、まだ、5パーセントだという説もあります。
    残りの95パーセントは闇の影響下にある人達で、このままだと、世界が水没してしまう可能性があるとの事です。
    それを、どうにか30パーセントまで増やすために、いろいろ頑張っている方々がいるらしいのです。
     
     もちろん小生も、残りの95パーセントの方だと思っておりますので、
    「いつも感謝を忘れずに、出来るだけ思いやりを大切にして、」豊かな人間性をはぐくんでいく様努めなければと思っています。

    参考までに関連サイトを貼っておきます。
    http://rokujyouhitoma.hamazo.tv/e3047743.html

    「メタンハイドレートの話など今さら言われなくともとっくに皆知っている」

    という指摘をされてるだけでしょうに。

    それにあまえはあぽ~んか #さんは特に尖閣と絡めてメタンハイドレートを語ってるのではなく、「尖閣諸島の話題が出た時には既にメタンハイドレートは此処でも紹介されてる」と云ってるんです。

    何を言っても自由だと思いますが、自分だけ事情通のような顔をして一々突っかかるのはどうなのでしょうか?

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    最近、アメリカがおとなしいですね
    オバマもおとなしいですね
    ・・・こんなときは今までの流れからいって
    アメリカは何かを企んでいます
    薄気味悪いですね



    そうそう日曜に宮島(厳島・広島)いってきました。
    今、パワーが降りてきていますよ
    パワースポットマニアの方は是非いってください
    すごく癒される感覚が味わえます

    それから出雲も神在月(カミアリヅキ)ですよ
    本年は11月5日夕刻~11月12日夕刻です
    全国では神無月です

    ロボット・・・ヒューマノイド
    SFではないですが機械文明がまた進みそうです。
    あたらし発明がアメリカ(世界の英知が集結している国)で出てそうな感じがしてきました。
    文明のシフトの予兆も出てきそうに感じます。

    来年はシフトの方向性が現実界の事象でも何かしら現れてくるように思います。
    じっくりと注視していきましょう。

    村正様

     カダフィー大佐の記事は当方も知りませんでしたので、とても参考になりました。
     メタンハイドレードに関しては、申し訳ありませんが小生もそれなりには知っていました。
    まだ実験段階であることや、費用対効果の関係もあって、まだ実用化はしていないようですね。多分、石油関係既特権者の圧力などもあり、あまり研究費も期待出来ないのかもしれませんが。
     
     ちょっときついことを申し上げるかもしれませんが、内容によっては他の人も知っている場合もありますので、それはそれで認めることも必要ではないでしょうか。
     
     小生としては、ここではあまり中国の問題点などは書き込みされない様なので、このサイトにとっても有効であると思われる中国情報などの書き込みは今後も期待しています。

    うーん、村正さん、このブログの方向性見誤ってるように思います。
    再生可能なエネルギーによって持続可能な社会を作ってゆくのがあるべき方向性で、そのうち枯渇するものを外国と争って奪うというのは、もう発想として成立しないというのがこのブログの方向性だと思うんですよね。

    また、覚醒って言葉もこのブログの趣旨と違う使い方をして、中国だ何だ対立的な話をする
    全く異質な話を独自に展開してますよ

    先ずはヤスさんの記事をよく読み返したほうがいいのでは?

    村正さん、別に怒ってないよ?呆れてるだけ。

    日本領海内のメタンハイドレート資源を日本に有効活用させたくない、それを新しい代替エネルギーとして開発させたくない、なんてのは石油輸出国にせよ、日本の自力・自給力強化を望まない国々の思惑によって邪魔されてる、なんて陰謀論レベルですら無い、周知の事実なんで、そんな話を偉そうに知ったかぶって大袈裟に開陳されてるから呆れてるだけ、だよ。

    ハッキリ言うけど、貴方の言ってる水準の話なら近所の床屋で毎日やってるよw

    村正さん、私のコメントの一体何処に「日本領海内のメタンハイドレートは外国と争う資源である」と書いてありましたか?

    私は単純に「日本が自給エネルギーを持つことを嫌がる国々が沢山あり、日本のメタンハイドレート開発を邪魔してる」と云ってるだけ、ですよ?

    重ねて言うけど、貴方の言ってる事はペラッペラに浅い上に、使い古しなのね。
    そんなんでいろんな人に突っかかったり、コケにするような物言いをしたりしてるから、止めた方がいいんじゃないの?と言ってるの。
    まだ分からないかな?

    あのね、昨日から私は貴方に対し、「まともに日本語も読めもしないのに、トンチンカンに突っかかるのを止めましょうね?」と言ってるんですよ?

    尖閣は天然ガスや石油って言ってますが
    それ以上に莫大なメタンハイドレートが存在しているんですよ
    だからあんな騒ぎを起こした
    これは中国なのかアメリカなのか真真犯人は明らかになれるなく萎みましたが
    ってことは日本世府にどこからか圧力がかかったてことです
    尖閣は地下資源そ争奪問題です
    竹島しかり、隠岐島から竹島にかけてもメタンハイドレートが海底の上部に大量に露出してるようですよ

    村正さん
    WEBレベルの情報集めてる程度のことで天狗にならないほうがいいですよ
    本当に大切なことや、先行している真実はWEBには書きこまれまていないのです
    一般公開されることはありません
    意図的なことはあえてWEB上にでるでしょうが・・・

    いやはや・・
    以前ここを賑わせた虫くんに引き続き・・いやそれ以上なのか・・?

    おもしろい人が登場してますね(笑

    村正さん、

    >すいません、あんぽんたんさん。わたくしが間違っていますよと言って注意した方は、あなたではありません。良く投稿文のやり取りを見てください。


    ハイ、そんな事はまったく関係有りませんよ?

    間違ってるのは貴方一人ですから。
    もっとも、貴方がメタンハイドレートの重要性等に関して言ってる事が間違ってるわけではなくて、貴方が私を含めた色んな人達のコメント内容を間違て受け取っている、という事です。

    日本にとって、メタンハイドレートの様な自給エネルギーの重要性があると言う事実と、それを開発・利用させたくない国々の思惑がある、なんてハナシは今時大上段に構えて論って見せる様な話題では有りません。
    10年以上前ならいざ知らず、今時分そんなのとっくに周知の事実ですから。

    つまり「貴方が言ってる事は古臭い、一々そんな既知情報を大袈裟に開陳してる様な御仁が、あまつさえ他者をコケにするような物言い(2011/11/02(水) 17:47:18 | URL | 村正 #-)をするな」と云ってるんです。

    自覚なんて無いだろうから御自分じゃまったく判らないんでしょうが、元の主張内容もその後の発言もペラッペラに薄っぺらでレベルが低すぎるんです。

    以前の虫クンはまだレトリックを駆使する知能が有ったようだけど、このヒトにはそれすら無いしね・・・w

    ついでだからもうちょっと煽ってあげましょうか?w↓


    >しゃーない、しゃべっちゃいましょう。
    いやいや、六さん、みなさん、もっと身近で決定的な 日本近海に、無尽蔵に眠っている極めて効率の高いエネルギー源が、あるんですよ。

    >はっきり言っちゃいましょう。中国には実害の無い話ですから、いいでしょう。

    >メタンハイドレイトですわ。
    [2011/11/01(火) 19:30:42 | URL | 村正 #- ]


    21世紀も10年過ぎて、メタンハイドレートに関して今時こんな紹介の仕方をされる方は前世紀末から浦島太郎でもやってらしたんでしょうか?w

    私、1998~99年ぐらいの頃に仕事先のアルバイトの子に同じようなハナシを聞きましたからねぇ・・・

    >つまり、必死なんですよ。なんとかして、この投稿を止めたいんです。
    >そうゆう指令が彼らの上官から、出ているんですよ。
    >そうゆう指令が管理人さんに降りたならば、彼も、従わないわけにはゆかないでしょう。

    あの・・・マジで言ってますか?

    イッちゃってますね・・(;´Д`)

    畑に種を蒔く。(エドガー・ケイシー)

    私は、村正も六もうがった解釈しかできない人なので、全く支持しませんが、彼らにわざわざかまっている人にも「放っておきなさい」と言いたいです。彼らをかまえば、また彼らの思い込みやアスペルガーな意見が帰ってくるだけだからです。

    エドガー・ケイシーのメルマガを貼っておきます。

    ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

    畑に種を蒔く。

    キャベツを収穫したければ、キャベツの種を蒔き、ほうれん草を収穫したければ、
    ほうれん草の種を蒔きます。キャベツの種を蒔いたのに畑にはゴボウが育っていた、
    ということはなく、キャベツ畑でキュウリが収穫できたってことも起こりません。

    小1の理科の時間、クラスメート全員で自分の名前を書いた鉢植えに朝顔の種を蒔き
    ました。夏になると、全員の鉢に咲いたのは色とりどりの美しい朝顔の花。当たり前
    ですが、朝顔の鉢にヒマワリの花が咲いた人はいませんでした。


    蒔いた種が育ち、蒔いた種が実る。これは至極当然の自然の法則。

    いま誰かに「朝顔の種を蒔いたら、何の花が咲きますか?」「キャベツの種を蒔いた
    ら、その畑では何が収穫できますか?」と質問したら、きっとその人は「バカにして
    いるの?」と怒り出してしまうでしょう。


    ところが、この自然の法則。植物だけではなく、私たちの人生にも働いています。
    なのに、自分の人生に当てはめたとたん、この自然の法則が見えなくなってしまう
    ことが多々あります。

    自分の人生という畑にゴボウの種を蒔いておいたのに、ホントはイチゴが良かった、
    ゴボウしか生えてないのは不公平だと怒ったり、お隣の畑に美しい百合の花が咲いて
    いるのを見て、私の畑には、なんで雑草しかないんだと地団駄を踏んだり・・・。


    人生に大輪の花を咲かせている人は、過去に大輪の花になる種を蒔き、その世話を
    し続けていたから。

    自分の人生の畑を耕しもせず、美しい花や果実が実る種さえ蒔かず、そして手入れ
    さえしていなければ、いずれ雑草とゴミに埋もれてしまうのは、これまた自然の法則
    です。



    ケイシーのリーディングにこうあります。
    「何を蒔こうとも、人は自分の蒔いたものを刈り取ることになる」816-10


    なのに、どうも私たち人間は自分が蒔いてもいないものを求めてしまいます。

    例えば、

    ・自分は廻りの人に友情を示していないのに、自分には友達がいないと嘆く。
    ・自分は人に親切にしていないのに、廻りの人は不誠実だと怒る。
    ・自分は日頃、悪口や愚痴ばかり言っているのに、廻りの人は自分よりレベルが低い
    とバカにする。
    ・自分はすぐに怒るのに、人には我慢が足りないと思う。


    私たちは日々、キャベツや朝顔の種は蒔いていませんが、ケイシーが「霊の果実」
    「霊の実」と呼んだ見えない種を蒔いています。


    霊の実。それは、親切や優しさ、思いやりや誠実さ、兄弟愛や友情、調和や平和。
    笑顔や前向きな言葉・・・。

    不親切や不誠実さ、怒りや憎悪、裏切りや嫉妬、乱暴な言葉や暴力・・・。それらは
    自分の人生の畑を汚す悪魔の実。


    つまり今の自分は、過去に蒔いた種の結果。自分を取り巻く環境や人間関係も過去に
    自分が蒔いた種が実った証しです。


    ケイシーは霊の実についてこう述べています。

    「調和、平和、喜び、愛、辛抱強さ、忍耐、兄弟愛、親切などのためにすること。
    これらはすべて霊の果実である。憎しみ、荒々しい言葉、不親切な思い、暴虐などは
    邪悪の果実、悪魔の果実である。(中略) それ故に、あなたの目的は、現世の今の
    経験のうちに、日々廻りの人との付き合いの中で霊の実の種を蒔くことである」
    1158-12

    「あなた自身の意識に敏感であれ。自分に対して真実であれ。『霊の実』を結ぶ活動
    に向かうようにせよ。すなわち、理屈なく親切であれ、優しくあれ、忍耐強くあれ、
    友情深くあれ、兄弟愛に篤くあれ。同胞に対するあなたの歩み、行い、理解を証し
    せよ」216-15


    私は、人生がつまらない、空虚だと感じる人に、ときどき、日々の食事を見直し、
    マッサージやひまし油湿布をして身体を整えるとともに、この「霊の実」を育て、
    「霊の実」を食べるようアドバイスさせていただくことがあります。

    それもただ単に「今日、私は何も悪いことはしなかった」という生き方ではなく、
    積極的に廻りに対して良きことをしてみることが必要です。
    リーディング5019でケイシーはこうも述べています。

    「ただ単に善良であるだけでなく、何かに対して具体的に善とならなければならな
    い」


    どんなことでも、霊の果実となるような行動を廻りの人にしてみる。それは自分の
    魂の栄養でもあり、力にもなります。同時に、将来、自分の人生を豊かに実らせる
    果実となって戻ってきます。

    となれば、人を羨んでも、隣の芝生が美しく見えても仕方のないこと。いま私たちが
    できることは、自分の畑に実らせたい種を蒔き、セッセと世話をすることだけなん
    ですから。友情が欲しい人は、友情の種を。優しさが欲しい人は、優しさの種を。


    このメルマガを書くため霊の果実について調べているうち、興味深いリーディングを
    見つけました。

    ニキビの傷跡に悩む30才の女性に対してなされたもの。カルマ的な要因で、いま彼女
    は自分に会っているのだと指摘しつつ、ひまし油湿布や洗腸のアドバイスを行って
    います。そして最後にこう続けました。

    「傷跡に関しては、むしろ、自分の心と魂から傷跡を取り去るがよい。 誰であれ、
    そのような活動によって傷跡を変えようとすれば、さらに醜い傷跡を作ることに
    なる。

    その傷跡を、真実、愛、忍耐、優しさ、親切、辛抱、兄弟愛などの「霊の果実」を
    作ることに変えてしまうのだ。 そして、わがままになったり、嫉妬心を見せること
    を止めるのだ」 (中略)

    Q)過剰の皮脂のためにニキビと傷跡になっているのですが、どうすれば治ります
    か?
    A)「われわれが与えてきたことを読み直してみよ」5092-1



    いろいろな解釈ができますが、このリーディングは、人に親切をしたらすぐにニキビ
    痕が消える、という短絡的なことではないように思います。


    人に親切や優しさを示し、魂の高揚感を感じるような生き方をしていれば、ニキビ
    痕が自分の人生を貶めるものでも、重大問題でもなくなってしまう。あるいは、ニキ
    ビ痕に対する自分の見方が変わってくる、ということもあるでしょう。

    あるいは、愛と安らぎに溢れた人生が送れるようになれば、魂や心に出来た傷が癒え
    ると同時に、本当にニキビの痕もキレイになってしまうのかもしれません。

    いずれにしても、ニキビ痕の質問に対し、その痕を「霊の果実」に変えなさいという
    アドバイスは非常に興味深いと思います。


    はてさて、

    では今日のこの日、私たちはどんな果実の種を蒔いているのでしょうか?

    見て見ぬ振りをするということと紙一重的かなと、ちょっと思いました。
    あ、これは批判ではないですよ。個人的な意見です。

    極論ですが、これまでの東電や政府の対応が間違っていたとしても、同様に「見ざる・言わざる・聞かざる」を決め込んだほうがよいのか。

    やはりオカシイことには意見を言うべきか。

    こちらの掲示板のコメント欄の個人の意見とそれにたいする対応にしても同じようなものですよね。
    ある問題提起や情報に対して普通に意見したつもりが批判と取られるかもしれない。

    議論をしながらも物事の本質に迫っていくというのはよい事なんでしょうが、その辺のバランスって難しいですね。

    ディベートとは意見しあう、批判しあうってことでなく
    論議を積み重ねてくこと
    そのためには否定しあうのではなく
    まずは受け入れてから、もっとこうすれば良いといった発想を出し合う
    けっして潰しあうことではなない

    そこには相手に対する敬意と愛情がなければなりません
    けっこうそれは感受しあうものです
    口先だけではごかませない・・・

    難しいニュアンスですが
    人の意見を自分のもとして真摯に受け止めてから前向きな意見を化重ねていくって感じですね

    でないと論議が怒り、自己権威のつっぱりあいになり憎しみの醸成場になってしまう
    敵対しても果実は実りません

    普段のコミュニケーションや仕事でのクライアントとのコミュニケーションでも同じことですが・・・

    この米欄もね

    ギリシャ

    今、テレビでやってますがギリシャの国内騒動は深刻ですね
    国民投票を止めて、国会で、野党に信を問うと言うが・・・
    富を独占している一部の富裕層や高給を貪る
    国民(労働者)の25%を占める公務員への国民の怒り、不満が渦巻いています
    我々は奴隷だとの怒りが国民に渦巻く・・・
    この格差、不公平への怒りは理解できるのですが・・・

    一方では欧米の銀行や国々がギリシャ国債など多額のギリシャ投資をしており
    ギリシャがデフォルトすると、そのマネーが一瞬に消え去り彼らが甚大な被害を被る・・・
    ひいてはそれを引き金に株価が失墜し、関係国の国債が失墜し・・・為替が失墜し・・・マネーの価値が失墜し・・・
    世界金融やビジネスが停止し・・・
    ギリシャ発世界恐慌スパイラルへと進む

    かなり深刻です

    それとG20で野田総理も日本の消費税アップを財務省の指示で公言しました・・・
    国民生活無視ですよね・・・
    ギリシャの二の舞になるとの懸念からだそうですが
    う~~~ん・・・そうかな
    日本は外国からの借金は無いのだが・・・

    世界で一番外国から借金しているのはアメリカだが・・・
    日本と中国が借金返してくれっていったらどうなるのかな?
    日本も毎年買っているアメリカ国債や外国に貸しているマネーを返してもらえば国民に負担を強いなくもいいのに・・・
    でも、アメリカがデフォルトしたら日本も中国もアメリカ国債の大口投資国だからそのマネーが一瞬に消え去る・・・

    どうしようもない相互依存関係スパイラルですね・・・
    アメリカとはパワーハラスメントされても離別できないよね・・・

    なんか年末にかけて雲行きがかなり怪しくなってきましたね

    さて10日からは寒くなり秋が深まりそうですね
    こんなに高温だと日本の国内消費も低迷し、会社も儲からず、お給料がもらえなくなります・・・

    欧米マーケットが金融崩壊すれば日本経済も低迷し、お給料がもらえなくなります
    消費税どころではない・・・

    やっぱり12月の欧米の年度末決算が心配です
    アメリカのAIG本社の9月~10月決算の発表がありましたが連続で凄い赤字ですね・・・
    保険会社=金融です
    アメリカの金融業界は大丈夫でないでしょう・・・

    それから最近は言わなくなったが2012問題のWWW問題はどうなるんでしょう??
    新年になった途端、インターネットがストップする??

    日本は、円高がもっと進みそうです。
    この円によって資源を確保することを考えたらどうかと思う。
    特に食料工場を大量に創るとかクリーンエネルギーの開発をするとか。

    ゴールド大暴落 -640ドルの1120ドル・・・・

    世界破滅キタああああああ
    http://www.w-index.com/commodity/

    タイの大洪水
    アメリカ東部の大雪
    地球環境はまちがいなく狂ってきている
    もちろん日本も例外ではない・・・


    この現象は九州だけはないのでしょう・・・

    九州の動物に異変
    http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/271117


    アラビア・プレートが北進してユーラシア・プレートと衝突している?
    地球上のプレートが移動し、異変を起こしてきている?

    トルコ東部の地震とプレート・テクトニクス
    http://macroanomaly.blogspot.com/2011/11/blog-post.html

    TPPってアメリカがルール仕切るんだね
    中国が入ってないのは・・・・
    ある意味、中国製品のロープライスに環太平洋関係各国の製品・産品が価格的な競争力を持つことが出来る輸出入ができるようになる
    だけどアメリカだけが法を握るいまのルールは抵抗あるな・・・
    しかし農産品(穀物)だけTPPの対象外にすれば、すんなりいくと思うのだが
    農産品は自国で自給できるようにしておくのが国家ライフラインとして必要不可欠
    輸入が止まれば、即国民は飢え死にする・・・
    それくらいのことは霞ヶ関も野田さんも仕切ってよね
    アメリカの好都合なルールだけでは駄目です
    しかし詳しい内容が国民に開示されないTPPです
    表皮だけ知らされ、中身が見えない
    これに始まったことではないが・・・

    「日本国は日本人が守る意識を強く持たねばならぬ。」

    「日本国は日本人が守る意識を強く持たねばならぬ。
    国民が一丸とならねばならぬこの時、企業が拠点を海外に移すも得策にあらず。
    これより先、正すべきは全て正されん。

    この国難の時こそ、企業は国民の力、智恵を借り、新たな価値観を生みだし、国を再生すし、国民を守る道を模索せねばならぬ。」

    11月5日の「この花さくや姫」様の霊言からの引用です。
     
     ちょっと前までは、「こんな日本など、なぜ守らねばならないのだ!」という左翼的というか進歩的文化人とその影響を受けた人達が日本中に溢れていました。
    今になっても、その総括も反省もしていませんし、そう言う人達やそう言う環境に育てられた子供達が沢山居ます。  
    もし、そんな発言や行動を、彼らが理想とした旧ソ連(ロシア)や中国や北朝鮮で主張したらどうなるのでしょうか?間違いなく強制労働所送りか、間違えれば変な罪状を付けられて公開処刑は必定だと思うのですが。
     アメリカだって、国外で戦争をする事には反対でも、自国を守ることに反対する人は居ないと思います。米国民としての当然の義務ですしね。

     どこの国でも、そう言う人は売国奴とされ軽蔑されますが、日本では恥ずかしげも無くそう言う発言する人達が溢れていましたし、今でも誰も反省していませんから、同じ気持ちでは無いでしょうかね。
    「誰か攻めてきたら逃げる!」と自慢げに主張していた人達もと沢山居ましたから、戦前の影響を受けた人が少なくなってくると、結局、自己中で、他国では売国奴として非難される集団が日本中に溢れて来る事になるのかもと思っています。

     他国ではどこの国でも、一応は、自分の国に誇りを持って、自分の国を守ることは必要だと思っています。
    また、自国の悪口を言ってそれを商売にしている人が日本ほど多い国も他には無いのではないでしょうか。

     これが、日月神事の、世界中から攻められ、大東亜戦争(太平洋戦争)どころでは無い塗炭お苦しみを経験する第二の敗戦という予言につながってくるのかもしれないと思っています。
     
     ですから、欧米列強が、キリスト教を利用してアジアを植民地化した様に、自国に対する誇りも無く、日本を愛する気持ちや、日本に生まれたことに感謝する気持ちも無く、他国では当然とされる自国を守る意識も少ないまま、精神世界の教えをそのままに、アセンションを夢見たり、コールマンインデックスて未来に夢を抱くだけでは、非常に危険だと思ってしまいます。

    ご存じの方も居るとは思いますが、参考までにサイトのアドレスを貼って置きます。、
    http://696.kibanamano.net/

    六さん、村正さん
    あんたらは本当にあぽ~~~んだね
    日本人であることに誇りをもってる人間もいっぱいいます
    日本人であることに感謝してる人間もいっぱいいます
    そうでない人々しか目にはいらないのは
    その人々とあなたも同類ってことです
    精神レベルがね
    共振するから気にかかるし、それしか見えない
    類は友を呼ぶです
    村正さん、君に戦略って意味がわかるのかい?
    戦術も戦略も区別がつかないタイプなんだろうね
    だけど六さんも、村正さんも仲がいいね
    同類だから気が通じ合えるんだろうね
    もっと位相を上げたほうがいいですよって言っても、それは無理だよな~~~

    マシューブック123

    いつも勉強させていただいて、ありがとうございます!今までいろいろな本を読んだり、ここで教えていただいたサイトをまわったりしてきました。予言のサイトにも首をつっこみ、いろいろ不安に思ったり。やっぱり当らないとがっかりしたり。日月神示もがんばって読みました~。でも、いまいち、アセンションについて理解できないことだらけでした。ところが、今さっき、「マシューブック」の3冊目を読み終えたら、私はですけれども、とってもクリアになって、スッキリしましたよ!中矢さんの「たまゆら」の今月号には、本当にフリーエネルギーを研究してる人の記事もあって、未来に希望がもてました。マシューブック(ホームページだけ見るより、本を3冊読んで理解できました)も、中矢さんのたまゆらも、賛否両論あると思いますが、私の心をスッキリさせるのには、とても役に立ったので、コメント欄に投稿してみました!一人でも、どなたかのお役に立てますように・・・・・・!

    それでは、未来は明るいですね。

    “日本人であることに誇りをもってる人間もいっぱいいます”
    “日本人であることに感謝してる人間もいっぱいいます”
     それは本当に素晴らしいことですね。

    確かに、小生の周りにも、仲間も含め、そう言う方々もまあまあいらっしゃいますが、残念ながら、そうで無い方もかなりいらっしゃいます。

    小生、少し心配性なので、これからの日本にとって、少しでも日本に誇りを持った方が増えることを願っておりますので、こう言う書き込みになりました。

    未来は明るいと言う事ですね!
    本当にありがとうございます。

    このコメント欄で争ってどうするのよ
    精神論はいらん

    六さんと 村正さんに質問です。
     ヤスさんの記事をきちんと読めば、ヤスさんはあまりに強いナショナリズム、国を守ろう。そのためには戦争もやむなし。って考えとは違うと思うのですよね。
     私の解釈としては、世界に意識が広がっていくイメージです。
     まぁ、なんでここに左よりのやつらがとか書いてあるけど、私は左とか右とかいうより、持続可能社会を目指していると思っていますが右だと思っている人にとっては左よりの主の気がするのですが。
     戦争なんて最高の環境破壊ですからね。
     
     
     で、なぜ ここでどちらかというと右よりのコメントを披露しているのか、知りたい。
     国を守らねば!っていう個人的な気持ちなのか、それとも、誰かに頼まれているのか。
     多分二人とも年配の方であるように思いますが、戦争に対してどう思っているのか聞きたい。
     そして、これからの地球や日本に対して、どういったビジョンを持っているのか。
     私は正直、戦時中の考えみたいで、読んでいて未来に希望をもてないコメントに見え2人が話していると、別に悪い人ではないと思いますが、読むとダークな気持ちになります。
     あと、私は戦争に対し、きちんとした事実確認と反省がなかったために、今の日本はドイツのように脱原発の舵を切れなかったのだと思います。
     日本人の戦争意識は、今回の原発問題と深くかかわっていると感じています。
     あと左とか右とか、それがこれから統合されていく時代です。
     私も勝手に二人を右よりと判断してしまいましたが、それも本当はよくないのでしょう。
     私は、日本はスイスとか、コスタリカみたいになるといいなぁなんて思っています。
     それから私のイメージは六さんも村正さんも、戦時中の念がなぜかすごく強い。
     六さん、村正さんの親は、軍隊に行ってたのでしょうか。
     なんだか凄く辛い念みたいのが残っている感じがします。
     まぁ私は霊能者でもなんでもないのですが。
     
     
     

    まず、ドイツの電力事情ですが

    とろろさんへのお答えですが。

    まず。ドイツの電力事情について。
    日本と違って大量に石炭が埋蔵され、300年分位有ると言われています。
    ですから、全ての発電設備の中で、石炭火力発電が50パーセント以上です。
    また、お隣のフランスとの関係もあり、約80パーセント原発依存のフランスから電力を購入しています。
    ですから、原子力で造ったフランスの電気を買っていて、自分は原子力反対とは、きれい事を言いすぎるとの批判もかつてあったと思いますが。

     まあ、基本的jには、日本より遙かに資源には恵まれていると言えますね。

     フランスはなぜか原発に80パーセント依存していますが、なぜなのでしょうか。小生には分かりませんが、なぜそうなのか、その理由がお分りならお教えください。
     
     中国、ロシア、インドやその他の国も原発を続けていく国もまだ多いようですし、米国も福島原発の事故以前は、再度原発を見直す方向だったと思います。
    小生にはよく分かりませんが、その理由がお分りでしたら教えてください。
     もしかして、我々日本人より、大幅に判断力や人間性が劣ると言う事なのでしょうか。

    参考までに、各国の電源比のサイトのアドレス貼って置きます。

    http://www.acci.or.jp/energy/energy/en01/en01.html

    スロースリップ1

    フィリピン海プレートに起きているような気がします。
    昨今の動物の生態異常や北海道大学の12月~1月に起きるとされるM9クラスの地震予知ってスロースリップが関係している気がします。
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%97


    スロースリップ2

    カナリア諸島の地震の移動と噴火も不気味になってきました。

    カナリア諸島のエル・イエロ島
    http://maps.google.co.jp/maps?q=El+Hierro,+Spain&hl=ja&ie=UTF8&sll=28.38632,-15.74706&sspn=7.544759,7.624512&vpsrc=0&brcurrent=3,0x0:0x0,0&t=h&hnear=%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%A4%E3%82%A8%E3%83%AD%E5%B3%B6&z=4&iwloc=A
    では、群発地震の中心が島の北側にもどっています。これまで少なかった M3 クラスの地震が増えていますが、震源の深さは 20km前後で、地表に近づく顕著な動きは見られません。
    一方、同島の南沖で発生している海底噴火は沈静化する傾向を見せていたのですが、11月になって活動が激しくなっています。海面に複数の変色域が直線状にならんでおり、海底で亀裂噴火がおきているようです。
    まだ水柱が上がるところまでは至っていませんが、噴火にともなって海面が盛りあがる様子が撮影されています。
    http://www.wired.com/images_blogs/wiredscience/2011/11/Hierro_vents.jpg
    その盛りあがった海面から噴出物が飛び出す様子が目撃され、
    http://www.wired.com/images_blogs/wiredscience/2011/11/2011-11-05_IMG_2011-11-05_20_57_56_explosion225.jpg
    軽石のようなものが水蒸気を放ちながら海面を漂っています。
    http://www.wired.com/images_blogs/wiredscience/2011/11/Hierro_pyroclast.jpg
    これらの現象は、噴火口が海面に近づいていることをうかがわせます。

    プレート
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%88

    そろそろポールシフトが起きるのでしょうか??
    だとすれば神の手の働きなのかもしれませんね。


    神の手に比べれば

    なんて人間の力って微力なんでしょう
    人間なんて地球の表層に巣くう、ちっぽけな生き物ですね
    さらに私はその人間の中のたったの一匹なんだけど
    だけど・・・人生は、宇宙は、時は私という存在を中心に回っています
    時空間って言うのかな・・・
    私が存在する時空間って言う宇宙・・・
    私の宇宙は私の世界観の分しかありませんが、それでも自由にならない大きな大きな宇宙です

    限りあるこの人生、精一杯生きねばね!!
    もったいなくて腐ってる暇はないのです
    実のある人生を過ごさないとね
    この時空間は間違いなく私が主人公なんだから・・・
    あと何年生きられるのかな~~~~
    でも、死ぬその時までは実のある人生を生きよう

    私の知識がきちんとしたものかは、わかりません。が、私が知っていることを書きます。
     私がわかっている範囲では、フランスがなぜ原発を推進するかというのは、核燃料サイクル。つまり核のごみから原爆が作れるからです。
     原爆が作れると、周りに自分の国はいつでも、原爆を作れるぞ。と誇示することができますよね。
     それをフランスは国民が了承済みで原発を使っているとヨーロッパに在住の人が話していました。
     メリットはそれだけです。
     お金が莫大にかかるし、倫理に反する。
    しかし、原爆を作れるというメリットです。
     日本は、もんじゅなど核燃料サイクル等で、いつでも作れるように、自民党がひそかに進めていたそうです。
     だから、こんな福島の人に対してもひどい対応をとっているのでは?
     まぁ、第三次世界大戦などしたら、この地球が終わってしまうだけだと思いますが。
     ところで、モンサント社の遺伝子組み換えは、次世代に生殖機能を失わせてしまうということがマウスを使った実験でわかったようです。
     また、放射能は農薬がかかっていると、より作物に浸透しやすいそうです。
     電磁波も 放射能でより体に悪く作用するようです。
     
     なんか、どこだかの人類削減のためいろいろやっている人たちがいるって、本当かなぁって思ってましたが、TPPの動きといい、モンサントン社(枯葉剤を作った会社です。)のやってることといい、70億を人口が突破して、もしかして本当なのかもなぁって思う今日このごろです。

     私はそんなことわざわざしなくても、減るときは減ると思いますけどね。

     私はあるビジョンを見たことがあり、世界の人口がなんの理由かはわからないけれど、十分の一に減っており、貧富の差がなくなり、美しい自然が溢れ人々が素敵な笑顔で笑っている。
     そんなビジョンを見たことがあります。
     いつかそうなるのだと思っています。

     まぁ楽しく一歩一歩やりましょう。
     
     
     
     

    とろろさんはおまえさんに返事なんか求めてないだろ???
    ここは知識自慢する場ではない!!
    いちいち投稿者につっかかるな!!
    うざい!!
    皆さんどう思いますか

    村正さんと六さんって同一人物??フランス原発って六さんコメだが・・・・村正さんは軽薄で鼻持ちならない奴だな・・・村正さん自分でブログつくったらいいよ・・・好きなだけそこで毒舌はいたり投稿者をあざ笑って返答しなさいよ・・・虫さんもそうしたんだからね・・・でも虫さんは投稿者をあざ笑ったりしなかったが・・・村正さんは人格が虫さん以下だな・・・

    村正さんにとろろさんが求めたのは なぜ右よりのことばかり書くのかって質問だ それは六さんにもの質問だが

    知識自慢と投稿者へのあざ笑い
    最低の輩だな・・・
    村正さん
    なんでそんな人間性になったのだい
    質問します
    どうぞお答えください

    村正さん どうしたらそんなに 高慢ちきになれるの?? 教えて

    ケイマン諸島

    照さんのブログにあったケイマン諸島
    なにか心の奥に引っかかりますね・・・

    海外でも捜査加速へ ケイマン諸島に資金か
    http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111108/crm11110812320011-n1.htm

    ケイマン諸島ウィキペディア
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B1%E3%82%A4%E3%83%9E%E3%83%B3%E8%AB%B8%E5%B3%B6

    悪の巣はここにある??

    悪の巣・中枢はなんかここに隠れていそうですね・・・
    ケイマン諸島の首相はマッキーヴァ・ブッシュ
    あのブッシュ一族???

    イギリスの海外領土
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%82%AE%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%81%AE%E6%B5%B7%E5%A4%96%E9%A0%98%E5%9C%9F

    TPPの本質

    TPP=防衛問題。治安維持問題。軍事侵略防止。
    入れば、アメリカ様は自国の経済防衛のために全力で日本を死守する理由ができます。

    金勘定よりも、住民の命が大事。
    印刷できる金などくれてやることです。
    ニュースではTPPの問題が報じられています。

    TPPは農業問題であるように多くの番組では報じられていますが、

    本当の問題はISD条項にあります。

    これは外資企業が日本で商売をしようとしたときに、

    不公平であると問題視した内容について、

    IMFの管理下において裁判を行うという条項です。

    その裁判の内容は一切秘密で公開されません。

    もうその国の司法権と立法権はないということなのです。

    そんな~。大袈裟な。と思う方もいらっしゃるかもしれません。

    しかしその裁判の観点は、国民の安全とか健康とか

    治安とか文化を守るかという視点ではなく、

    投資家が損をしたかどうか。という視点で裁決されるのです。



    ある外資企業が日本に食料を輸出しようとします。

    しかし日本の法律では「遺伝子組換え」という表示が義務付けられています。

    この表示がビジネスの障壁であると外資企業

    (あるいは外資企業に投資している投資家)が思ったならば、

    その企業は日本政府を訴えることができます。

    そしてIMFの元で、外国人投資家が不利益を被っていると裁決されたら、

    日本政府は賠償金を支払い、かつ法律を改正しなければなりません。

    このように国民の健康を守るということが出来なくなります。

    ある外資企業は日本の農業の種が問題というかもしれません。

    自分たちの販売している1年しか収穫できないように、

    遺伝子組換えした種が売れないのは、何世代でも交配できる

    (普通の植物はそうです。1代限りというのが

    特殊で異常なのですが)種を使用しているからだ。

    またある外資企業は、自分たちの保険が売れないのは、

    日本に国民健康保険という制度があるからだと思うかもしれません。

    またある外資企業は、自分たちの建材が売れないのは、

    日本の入札が日本語で行われているせいだと思うかもしれません。

    このように、日本市場でのビジネスの障壁という口実があれば、

    どのようなことでも日本および企業や自治体を提訴することができ、

    そして法律を変えさせることができるという条項です。

    そしてその裁決の視点は、当事国の国民の健康や安全や、

    治安や文化を守るかという視点ではなく、

    投資家が不利益を被っていないかというのみの視点であり、

    その判決過程は一切公開されないのです。

    (ここは重要なので繰り返しました)



    ただそのような毒饅頭と言われるTPPですが、

    その本質は、経済問題ではなく、安保問題なのです。

    ----------

    [2011-10-30 09:22:00 | 伊勢白山道]

    。。。そういうことですが、国名も隠してね。

    TPP=国防問題です。安保重視。

    金で済むことは、人命のために良いことです。

    ----------

    であるならば、安保問題として、私たち国民は、

    このTPPを捉えなければなりません。

    アメリカと中国によって、第二尖閣問題が起こされたら、

    そのまま中国との紛争が大きくなる危険性が高いです。

    中国国民の不満が一気にそこに向けられるからです。

    このため紛争を避けるためにも、TPPの参加は、

    「安保問題」として認めざるを得ないということです。



    しかし、備えたことは起きにくいという原則のもと、

    このISD条項の危険さを、おおくの国民が認識すべきです。

    TPPは農業問題とすり替えるべきではありません。

    ISD条項の危険性を国民全体に認識させながら、

    TPPの交渉を「ゆっくり」とするべきでしょう。



    ----------

    [2011-10-31 10:44:55 | 伊勢白山道]

    極論すれば、地球による自然淘汰が始まっています。

    近年の異常気象や自然災害の始まりも、

    地球の振動数の上昇の始まりを意味しています。

    こう考えますと、陰の支配者や悪い国家による陰謀論などは、

    地球による選別の前では陳腐(ちんぷ)であり幼稚なものです。

    必ず死ぬ寿命の人間のすることなど、恐れることはありません。

    地球上のどんな大金持ちでも、寿命の縛りを解くことは出来ません。

    これから畏(おそ)れるべきものは、地球です。

    私が感じるには、悪い人たちも変わると思います。

    その視える様相は、ある日から突然にアホらしく成り始めるのです。

    「私は、いったい何をしているんだ?」

    と我(われ)に返り始めるのです。

    これから1年間を掛けて世界中で色んなレベル、

    国家から組織~個人において起こり始めるのを感じます。

    この地球の振動数に合わなければ、その地域から自然災害による

    淘汰が始まると感じます。

    ----------

    TPPやISD条項で実際に日本人の生活が破壊されるより前に、

    地球の振動数の上昇と人間のエゴが生み出す天変地異と、

    太陽霊光による人類の進化の方が早く起きるように思えます。



    感謝の気持ちで、自分なりの思いやりを実行することで、

    もう簡単に自分の良心に直結する時代になってきています。

    幸せなことですが、責任重大であるともいえます。



    縁ある人(国家)を自然淘汰から救うには、

    その縁ある人(国家)に対する日常生活での思いやりです。

    一見貧乏くじに見えることでも思いやりを提供する行動が、

    自分自身(日本)を救い、縁ある人(国家)を救います。

    今までの政治力学が通用しない、良心力学の世界に突入しています。
    ここからの抜粋です。
    http://maruzo3.blog45.fc2.com/

    隠されているもの

    やすさん 皆さん こんにちは

    色々な動きが加速していますね。
    色々な動きが複雑に絡み合っていますね。
    色々な動きに、目がいって、意識がいって、重箱の隅を突っつくような思考に捉われているのでは無いでしょうかね。

    多くの動きがあるほど、思考が混乱してきます。しかし、よくよく見てみると、どれも一つの流れに沿った動き(計画)である事がわかるのでは無いでしょうかね。

    相手が作った土俵に上がって、相手が作った規則の元に、相手が出している審判員で競技(協議)するようなものです。

    この動きは、正 → 反 → 合 の構図ですね。色々な所にエージェントを送り込み、混乱させて、解決策を提示する。革命運動のネットワークもそうした運動の下準備だと想う。TPPもそうです。強盗がニコニコ笑って詐欺を働き、抵抗すれば暴力(武力)を出してくる。すでに、シナリオは出来ているのですよ。シナリオどおりに進んでいるだけです。主な国の政治家はお人形さんですよ。駄目なお人形さん(政治家、官僚)は取り替えられるだけです。

    イルミナティーカードに示されたとおりのシナリオどおりに進んでいるようです。

    その裏に隠されているものは、世界統一政府、一つの軍隊、人口淘汰・・・ですね。
    なんか、支配組織の巣窟はスイスに有るような事を読んだ事があるが、この事は確認しようもないし、したとしてもどうすることもできませんからね。

    一人ひとりが意識をしっかりと保持し、高めるしかないと想う。我々の世界だけではなく、異世界も関係している次代の端境期に差し掛かっているのだと想う。太陽活動なども考えれば、地球圏だけではなく、太陽圏、銀河系圏の各次元の世界の変革期になっているのでしょうね。

    どのような世界を望むかは、一人ひとりの思考、意識に懸かっているのですよ。支配組織はその思考を破壊する為に、洗脳、刷り込み教育、社会常識などで縛り付けてきたのですが、地球環境の激変で、気付きの人が増えてきています。先住民族の日本が動き出す時です。
    企業が日本脱出・・・良いではないですか。
    政治家・官僚が堕落・・・良いではないですか。
    放射能による淘汰・・・良いではないですか。

    その中から、現実を直視しつつ、次世代の新人類が誕生するのです。
    何時の時代でも、過渡期には混乱します。出来うるならば、日本では、その混乱を最小限に抑える為に、一人ひとりの意識の波動を高める事に努力していただきたい物です。
    TPP、増税、失業者の増大、治安の悪化・・・多くの事が起きる事でしょう。日本人成り済ましも暴れだすことでしょうね。

    しかし、我々だけの世界の事では無いのですから、多くの次元の世界の意識が集まってくると想う。どの意識に共振・共鳴するかは一人ひとりの思考(波動)に懸かっているのです。自分に出来る事をしっかりとやって、後は天任せにするしかないと想う。

    支配組織は、そうされては困るから、色々仕掛けてきているのですからね。

    いつも思うんだけどこんな世界支配して
    いったい何が楽しいんだろうね。

    世の中をおもしろおかしく作り変えようとしてる
    んだったら解るけど。

    陰謀脳?

    なぜ嫌がられてるか分からないのも面白いですねえ。

    う~~ん・・・簡単な話ですよ。

    あなたが人を馬鹿にしたようなその態度に皆ムカついてるだけのことでしょう。

    ただそれだけのお話。

    ねえ 笑



    村正さんて私達が知らない情報をたくさんつかんでいらっしゃるようですが、どんなお仕事されてる方ですか?そーいう情報に携わっている自宅警備員とかですか?

    まとめたニュース : 女性らに生卵を投げつけ火炎瓶発言や選挙ポスタービリビリ発言の中核派らが「差別撤廃東京大行進」
    http://matometanews.com/archives/1640871.html

    2013年09月18日
    女性らに生卵を投げつけ火炎瓶発言や選挙ポスタービリビリ発言の中核派らが「差別撤廃東京大行進」
    1 : スターダストプレス(新疆ウイグル自治区)[sage] :2013/09/18(水) 16:08:52.94 ID:8CEjEIrM0 BE:1630625074-PLT(12358) ポイント特典

    差別なくそう東京大行進
    22日・都内

    (写真)差別撤廃東京大行進のフライヤー

    10 : 頭突き(群馬県) :2013/09/18(水) 16:19:57.07 ID:C5B2AE+f0
    おいちょっと待て、この拳のマークエジプトでも見たぞ

    15 : 稲妻レッグラリアット(庭) :2013/09/18(水) 16:29:58.71 ID:sxqzyEmI0
    こういうポスター見たことあるな…

    66 : 頭突き(群馬県) :2013/09/18(水) 17:33:01.84 ID:C5B2AE+f0
    これこれ

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://ytaka2011.blog105.fc2.com/tb.php/225-a88a5261
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    «  | ホーム |  »

    私はペット殺処分ゼロを応援しています!ピースワンコ・ジャパン

    まぐまぐ大賞2016

    メルマガ登録 月840円

    メルマガ登録・解除
    未来を見る! 『ヤスの備忘録』連動メルマガ
    >> サンプル
    詳細ページへ
    powered by まぐまぐプレミアム
     

    WEB検索

    Google

    プロフィール

    ヤス

    Author:ヤス
    普通の中年のおやじです。

    他の活動:ヤスの英語

    ※注意
    投稿欄としての本来の機能を維持するため、本ブログの管理人が内容としてふさわしくないと考える投稿は、予告なく削除いたします。また、投稿する方自らが自粛していただければ幸いです。

    最近の記事

    最近のコメント

    月別アーカイブ

    カテゴリー

    フリーエリア

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    ブログ内検索

    RSSフィード

    フリーエリア

    ヤスの本

    翻訳・監修本

    「神霊の世界に覚醒して」 shaman02

    ハワイの長老が語り伝える先住民族の聖なる知恵 bowl

    社会分析

    望みなき時代の幸福論 koufuku

    日本はこう変わる コルマンインデックス未来予測 nihonkawa

    「マルクスに聞け」(道出版) marx

    コルマンインデックス後 私たちの運命を決める 近未来サイクル cycle03

    コルマンインデックスで見えた日本と経済はこうなる koruma

    語学教育

    日本人が「英語ペラペラ」を本当に実現できる本 (講談社) pera

    通じる英語笑われる英語 tsu

    きちんと伝える英語 tsutaeru

    英文社内メール例文集 shanai

    実践 英文ライティング入門 bizw

    音声読み上げソフトで練習する速読即解英文リーディング sokudo

    「確実に意志が伝わる英会話」 kakujitsu

    ビジネスレター実用フォーマット bizletter

    英会話「英訳」トレーニング cd

    ネイティブはゼッタイ使わない nat

    ビジネスコミュニケーション

    論理的会話トレーニング ronri

    知的論理トレーニング chiteki

    対談本

    宇宙の設定を読み解く[BlackBox]超予測 black

    日月神示の緊急未来予測 hitsu01

    日月神示のサバイバルガイド hitsu02

    フリーエリア