2017-06

    第9サイクルでいったいなにが起こるのか?15

    9月24日

    今週はコルマン博士のコズミックコンバージェンスというイベントが行われる。なんとかこの開催期間に間に合うように更新できた。いつもブログを読んでいただいている読者には感謝する。

    投稿欄で有益なディスカッションが行われている。あらゆる多様な意見が交差するディスカッションの場でこそ、新しい思想やアイデアが生まれてくるのだと思う。これこそコルマン博士の言うような、階層秩序にはよらないフラットなネットワークを形成する場なのではないかと感じる。

    コルマンインデックス終了勉強会のお知らせ

    今年の10月28日にコルマンインデックスが終了します。日本時間では29日になります。29日に開催予定でしたが、場所が取れなかったため、23日の日曜日に変更しました。

    ヤスの備忘録では、これまでコルマンインデックスのほか、多くの予言や予測を紹介してきました。コルマンインデックスとともに、それらを一度すべて整理し、何が的中し何が外れたのか明確にして、これからさらになにが起こるのか、最新情報を使いながらみんなで予測したいと思っています。

    料金は4000円にしました。参加ご希望の方は事前に筆者までメールをください。

    info@yasunoeigo.com

    日時:10月23日(日)、午後2時から午後5時くらいまで
    料金:4000円(資料代込み)
    場所:てくのかわさき
    川崎市高津区溝口1-6-10
    JR南武線武蔵溝ノ口駅、東急東横線溝口駅徒歩3分


    記事全文を音声ファイルにしました。よろしかったらどうぞ。3日で削除されますので、お早めにどうぞ。

    音声ファイル

    予言解説書18の有料配信

    最新版 「予言解説書18」が完成しました。これは、ウェブボット最新報告書、「来るべき未来の形0巻9号」の詳細な要約です。今回は内容が濃く、普段の1.5倍の分量があります。新しい磁極の出現、「ドルの死」の過程などいよいよかと思わせる内容です。入手を希望する方は筆者まで直接メールください。

    info@yasunoeigo.com

    新しい本の紹介

    今度、また講談社から英語の本を出した。筆者も強く感じているが、やはり英語は仕事では必須となりつつある。しかし、実際に英語を使う相手は欧米人とは限らない。中国や韓国なのどのアジア出身の人々も多い。そのような状況のなか、この本では普遍的なコミュニケーションの手段としてのグロービッシュに注目し、これをマスターする方法を解説した。英語に関心がある方にはぜひお勧めしたい!

    日本人が「英語ペラペラ」を本当に実現できる本 (講談社+α文庫)

    eigohon

    講演会のご案内

    コルマンインデックスの終了にともない、講演会をたくさん依頼されました。よろしかったどうぞ。内容は「コルマンインデックス終了勉強会」とは大きく異なります。

    高島康司先生講演会「マヤの予言とコルマンインデックス」
    日 時:2011年10月8日(土)
       ●13:30~16:30(開場13:15)
    講 師:高島康司先生
    会 場:JR新橋駅、三田線内幸町徒歩5分 (お申込みの方に別途ご連絡)
    定 員:55名
    参加費:4000円 


    10月29日(土)
    にんげんクラブ北海道主催講演会
    第1部 『アクエリアス革命!三女神、降臨!~いよいよ始まる女性性の時代~』
    第2部 『10/29コルマン・インデックス終了と「未来から考える新しい生き方」』
    場所:ガーデンシティ札幌 カンファレンスルームN-1
    (北海道札幌市中央区北4条西1丁目 共済ビル4階 TEL011-252-3165)
    札幌駅南口より徒歩5分

    【地図】

    11月3日(木・祝)
    にんげんクラブ大阪主催
    『これからの日本~コルマン・インデックス後の世界と日本人の天命~』
    日時:2011年11月3日(木・祝) 11:00
    開場、11:30 開演、20:10 終了予定
    (懇親会20:30~同施設内にて)
    会場:新大阪ココプラザ 2階 エクスプレス・ココ
    大阪市東淀川区東中島1-13-13 TEL.06-6370-5421
    JRまたは地下鉄御堂筋 新大阪駅より徒歩6分

    【地図】

    有料メルマガのご紹介

    長い間、メルマガの紹介を怠ってきた。今回から再開する。

    今週は3つの話題について詳しく解説した。ひとつはエレニンすい星のその後についてである。この部分は今回のブログに転載した。

    次に、ユーロ危機の全体像について解説した。もともとEUが東ヨーロッパの安い労働力で外資を引き付け、それによりヨーロッパが世界の製造業の中心となり、再度発展するためのプランであったこと、それが中国の国内の労働力の開放政策への変更であてが外れてしまったこと、そして製造業に投資できなきなくなったヨーロッパ域内の金融機関の資金が国債の投資に活路を見いだしたことなどを解説した。いまの危機を解決するためには、EU諸国が独自の財政政策を放棄した超国家的なまとまりとなるように再統合する必要性があることなどを解説した。

    最後に、コルマン博士の最新のインタビューを掲載した。コルマン博士は、9月13日と16日、それぞれ異なったネットラジオに出演し、1時間のインタビューを受けた。メルマガにはその16日のインタビューの詳しい要約を掲載した。ブログの今回の記事には、13日のインタビューの内容を掲載する。

    以上のような内容であった。

    今回の記事

    今回は3つのテーマについて詳しく解説する。ひとつはメルマガにも書いたエレニンすい星に関してだ。相当にオカルト度が高い内容だが面白いと思う。

    次に、著名な金融占星術師、ウィリアム・スティックエバース氏の実に興味深い予言の数々を紹介する。

    最後に、9月13日に行われたコルマン博士の最新インタビューの詳細な要約を掲載する。16日の分はメルマガにも掲載した。両者は重なる部分もあるが、内容は相当に異なっている。両方を読むとよいだろう。

    エレニンすい星のその後

    このブログで何度も紹介したように、地球への接近で地震などの大きな災害の引き金になると予想されていたエレニンすい星は、8月29日、オーストラリアのアマチュア天文学者によって消滅しかかっていることが確認された。これは後にNASAによって確認された。

    8月19日ころ、エレニンはおりしも発生した太陽フレアに直撃され、分解しつつあるとのことであった。以下がオーストラリアのアマチュア天文家が撮影し、NASA関連のサイト、スペースウェザードットコムが公開した8月19日と29日の画像だ。19日には輝いていたエレニンは29日には消えかかっている。

    elenindis

    しかし、その後もエレニンはいまだに存在しているとの情報はネットを駆け巡っていた。そのため、エレニンの行方を巡る議論は続いている。

    人口の飛行物体である可能性

    そのようななか、非常に注目されている情報がある。エレニンの分解が発表された同じ8月29日、アメリカでもっとも著名な深夜ラジオ番組、「Coast to Coast AM」に、NASAの元コンサルタントで番組に宇宙関連の技術情報を提供しているリチャード・ホグランド氏が出演し、エレニンについて次のように解説したのだ。

    「8月19日、エレニンは太陽が放出したCME(コロナ質量放射)に直撃された。この直後の様子はNASAが打ち上げた「ステレオーB衛星」に搭載されたカメラが撮影した。画像は見えやすくするため解像度に処理され公開された。

    三角の形をした物体がエレニンである。

    elenin01

    下がこれを拡大した画像だ。

    elenin02

    一見して分かるように、エレニンは正4面体の物体なのだ。このような形の物体が自然のすい星とは考えられない。エレニンは人工の物体である。

    私は、この正4面体の各辺の長さを計測してみた。すると、その長さはなんと地球と月の距離の1.5倍もあるのだ!エレニンは巨大な物体であることは間違いない。私は、この正4面体は太陽フレアやCMEの直撃から内部にあるエレニンを保護するためのシールドの役割を果たしているのではないかと思う。

    私は個人的には、エレニンは、未来の地球人が時間軸を超えて我々に向けて送ってきた超次元的な物体なのではないかと思う。」

    以上である。

    たしかに、NASAの「ステレオーB衛星」に搭載されたカメラが撮影した8月19日のエレニンは公開されており、ユーチューブで見ることができる。はっきりと正4面体の形が映っている。



    ただ、これが目の錯覚なのか、それともエレニンの本当の姿なのかは判別がつかない。

    エレニンから受信した音声信号

    さらに、同じ8月29日、地球外知的生命体探査プロジェクト(SETI)がカリフォルニア大学バークレー校にある電波望遠鏡をエレニンの方向に向けたところ、主に音声信号に使用されるGパルス(適応的差分パルス符号変調)と呼ばれる信号の電波を受信した。以下のユーチューブのアドレスで聴くことができる。



    人間の声と同じ周波数の音ではあるが、特に意味のある言葉は聞くことはできない。唸るような音だけである。また、SETIという機関が電波望遠で地球外の電波を受信していることは確かだが、エレニンから受信したとされるこの音をどうやって入手したのか明かされていない。これをユーチューブにアップロードした作者が作ったものである可能性も否定できない。

    これをアップロードした人物は、エレニンが人口の飛行物体であり、エレニンから人類に向けてなんらかのメッセージが送信されていると言いたいようである。確実な証拠がないとなんとも言えないが、はたしてどうだろうか?

    筆者の信頼する霊能力者のリーディング

    筆者は、このエレニンから受信したとする音声信号のあるゆる可能性を考慮した上で、筆者のもっとも信頼する霊能力者にこの音声を聞いてもらい、どのように感じるか話してもらった。この霊能力者は、多くの著名な経営者の相談を受けている方だ。以下がその内容だ。

    「これは明らかに人類に向けられたメッセージだと思う。私にははっきりと聞こえるが、内容は断片的にしか聞き取れない。次のような内容だ。

    我々はかつて人工太陽を作ろうとしていた。我々は高度に発達した文明だ。人工太陽は意識を持った存在だ。いま地球はねらわれている。気をつけろ、気をつけろ。

    このような内容のように聞こえる。これが実際に何を意味しているのか私には具体的には分からない。」


    これをどのように解釈するかは読者の判断にゆだねたいと思う。

    エレニンの接近

    このように、エレニンが分解しておらず、存在しているとする主張は多い。しかし、それらのどの情報も確実に証明できるかと言えばそうではない。もちろん、思い込みと錯覚である可能性もある。

    いずれにせよ、エレニンは9月26日から27日にかけて、地球と太陽と直列する。これは3月11日と同様の配置なので、地震の可能性が高まると考えられている。さらに、10月17日から20日には地球に最も接近する。これらの期間になにもないことを祈る。

    ウィリアム・スティックエバース氏の占星術師と予測

    次のテーマに行く。筆者もなんどもお会いしたことのあるウィリアム・スティックエバース氏だが、これはコンピューターをフルに活用した予想を提供している。個人的な交流もあり、ここ数年氏の予想を追ってきたが、非常に精度が高いことが明らかになった。今回はそれがどのようなものであるのか解説したい。

    スティックエバース氏の占星術の特徴は、フランスの著名な占星術師が発見したボーボルドサイクルをもとにしているということだ。これは以前の記事に詳しく書いたが、氏の予測を知る上で重要なので一部を再度掲載する。

    スクエアとTスクエア

    占星術にはいくつか否定的な星の配置が存在している。ひとつはスクエアと呼ばれる配置である。これはいくつかの星が90度を形成する配置で、不調和、不安定、障害、失敗を表すとされる。

    さらに、最も否定的な意味合いを持つのがTスクエアと呼ばれる配置である。Tスクエアとは、ホロスコープ上で3つ以上の惑星がT字型の位置関係で配列しているものを指す。

    困難なアスペクトとされ、強力な否定的な作用をもたらすが、うまくのりきれば逆にプラスの効果を与えるとされている。

    ボーボルドサイクル、惑星配置の収縮局面と拡大局面

    このようなスクエアやTスクエアのアスペクトをいっそう詳しく解析し、その動きをグラフ上で上昇と下降の運動として分かりやすく表示することに成功したのがフランスの著名な占星術師、アンドレ・ボーボルトである。

    第二次大戦中、グーションという占星術師が、木星から冥王星までの外側の5つの惑星が形成する10通りのサイクルの黄道上の距離を計算した。グーションはこの計算を毎年3月21日に行い、10通りの黄道上の距離を合計してグラフに表した。この方法は、60年代半ばにアンドレ・ボーボルトによってさらに体系化され、ボーボルドサイクルとして発表された。

    グラフでは、上昇と下降を繰り返す変動の波が出現した。下降局面は惑星同士が180度から0度に接近する収縮局面を表し、谷は惑星がもっとも集中し0度で一列に並ぶ時期を示す。逆に上昇局面は、0度から180度に向かって惑星が相互に離れる拡大局面を表す。この180度から0度に向かう収縮と、0度から180度に向かう拡大を交互に繰り返すというのがボーボルドサイクルである。

    ボーボルドサイクルは、ソルボンヌ大学パリ校のスーゼル・フューズ・ブランチ博士らによって研究され、かなりの確率でサイクルの波動と実際に起こった歴史的な出来事が一致していることが確認された。

    経済収縮と危機の下降局面と経済成長と発展の上昇局面

    ボーボルドサイクルの下降と上昇の局面は、それぞれ社会変動の異なった過程と一致しているという。

    下降局面
    経済収縮や危機、悲観主義、不安定、混乱、退行、全体的な混乱および破壊的戦争

    上昇局面
    経済成長や発展、楽観主義、安定、科学的発明や無制限の創造性、そして軍備拡張


    スティックエバース氏の手法、ブラック・ボックス分析

    スティックエバース氏はこのボーボルドサイクルを詳しく解析する独自のプログラムを開発し、運勢の変化がグラフで細かく現れようにした。その結果、だいたいどのくらいの時期に運勢がどうなるのか相当に細かく分かるようになった。

    氏はこのグラフによる詳細分析をブラック・ボックス分析と呼んでいる。

    個人にも当てはなるボーボルトサイクル

    ボーボルトサイクルによるブラック・ボックス分析は社会や国の運勢だけを表すものではない。個人にも適用できる。下は氏のサイトで公開されている米国の有名な役者、ジョニー・デップの運勢だ。運勢の変動の時期が非常に詳細に分かるようになっている。

    johnny

    個人コンサルティングを受けたとき筆者の運勢の見てもらったが、非常に正確だったので驚いている。

    また、それだけではなく、自分が活躍する地域まで詳しき出てきたのには驚いた。いつ、どこの地域にいるとどのようなことが期待できるのか詳細に示される。筆者の過去に関しては的中していた。

    日本の運勢グラフ

    今回は詳しい解説を省く。グラフを見ると一目瞭然だからだ。まず、日本の運勢グラフだ。以下がそうである。日本経済は、2012年4月の初旬からいっそう大きな落ち込みの時期に入り、その後変動はありながらも、2014年2月が底になるのが分かる。

    japan black

    中国

    中国は2011年8月第1週に経済成長が限界に達し、その結果として10月第3週あたりに社会不安が増大し、政治的な危機を向かえるという。政治的な危機の時期が終わった後、中国はこれまで以上に発展するようだ。

    chinafu

    アメリカ経済

    8月の末が底であったことが示されている。その後は弱いが少し上昇に転じている。

    usecono

    ドル

    ドルのグラフは面白い。2012年1月が底になっている。その後、運勢はこの水準に止まり回復することがない。

    usdollar

    EU

    EU全体の運勢グラフである。雇用、金融、総合運勢とも2012年11月が底になっている。

    euall

    銀の価格

    2011年9月に頂点に達するが、それから下落し、2011年末には相当に下がる。だが、2012年第4週には急騰する。

    silver

    イラン

    2011年12月から2012年5月に市民革命が広がり、イスラム共和国が終焉の危機を向かえる。

    iran01

    スペイン

    いま財政危機が叫ばれているPIIGS諸国のポルトガルだが、スペインは変動はありながらも、2011年第3週まで厳しい状態が続く。

    spain

    ポルトガル

    一方、ポルトガルだが、2012年7月から11月の半ばまでに危機が増大し、社会保障費の削減に怒った市民によって政権が転覆されるようだ。

    port

    エジプト

    ムバラク政権の崩壊以降も政治的に安定したとは必ずしも言えないエジプトだが、2012年2月の始めに底に入る。だがその後は安定し、発展するようである。

    egy

    シリア

    いまアサド政権による弾圧で多くの市民が殺害されてりるシリアだが、やはり運勢グラフでも2011年6月から9月にかけてがもっとも厳しい時期になることが示されている。

    syria

    リビア

    先頃、NATO軍の空爆でカダフィ政権が転覆され市民側が勝利したかっこうになったリビアだが、グラフを見ると2011年8月第2週から9月第4週にかけて運勢が上昇しているのが分かる。しかし10月に入ると運勢は下降を始め、厳しい時期に突入する。勝利をした市民側の分裂による新たな内戦か?

    libya

    以上である。

    非常に興味深い。どんなに正確に見えようともこれらは占星術の予測である。これに100%依存してしまってはならないだろうが、興味深い参考にはなるはずだ。

    コルマン博士の最新インタビュー

    最後のテーマに行く。最近コルマン博士は。9月13日にキンバレー・イエーガーという人物が主催するネットラジオ、そして16日には「レッドアイスラジオ」というスエーデンの著名なネットラジオの2つのインタビューにこたえた。9月16日のインタビューは有料メルマガに詳しく要約した。ブログでは13日のインタビューの要約を紹介する。

    自分の生い立ちとマヤカレンダー

    私は1950年5月15日に生まれた。発癌性物質の研究者として訓練を受けたが、29歳のとき所属していたストックホルム大学から中南米に行ってスペイン語を学ぶ機会が与えられた。いま思えば、これはいわばマヤの地から呼ばれたような感じだった。

    このときの体験は私に非常に大きな影響を与えた。現地で出会った人々は私を仲間として迎え入れ、この地に私は何かの使命があると強く実感した。しかしこのときは人生のコースを変えたわけではなく、研究者としての道を歩んだ。

    私はアメリカ西海岸、シアトルのワシントン大学で研究者としてのキャリアを歩んでいた。しかし1993年、私はマヤカレンダーの研究に専念するため、科学者としてのキャリアから全面的に撤退することにした。それ以来、マヤカレンダーの研究者として活動している。

    コズミックコンバージェンスについて

    マヤカレンダーにはいくつかの意味がある。ひとつはマヤカレンダーを適用して自分の周囲の出来事の意味を知るということだ。だが重要なのはもう一つの側面である。マヤカレンダーは意識の進化の壮大な予定表なのだ。私はこれを発見してから、これを世に伝えなければならないと強く感じた。

    コズミックコンバージェンスにはいくつかの意味がある。過去に2度同じような儀式があった。ひとつは1987年のハーモニックコンバージェンスである。これは新しい意識の誕生を祝うイベントであった。そして次は昨年のコンシャスコンバージェンスである。これは今回のコズミックコンバージェンスの準備をするようなイベントであった。このどちらの儀式もマヤカレンダーに基づいたものだ。

    コズミックコンバージェンスのコンバージェンスとは「収斂」という意味だ。つまり、統合意識をもたらすエネルギーはコズミックコンバージェンスのイベントに集中するということだ。これは、10月28日に終わるマヤカレンダーの最後の夜の期間となる第6の夜の開始日に行われる。これはとても重要なのは時期なのだ。

    エレニンすい星について

    マヤカレンダーの終わりにはエレニンすい星が近づいている。私は個人的には、これはホピの予言が伝えるブルー・カチナだと思う。

    いまネットではエレニンの話題でもちきりだ。エレニンの存在に関してさまざまな億則が飛び交っている。ただ私は、今回のコズミックコンバージェンスの儀式でエレニンの存在そのものが大きな役割を果たしているとは思わない。コズミックコンバージェンスが行われている9月26日には、エレニンは太陽と地球と直列する。エレニンの出現は、マヤカレンダーが予測している統合意識の現れが、まさに宇宙的な広がりをもつ事象であることを我々に実感させてくれる重要な象徴なのである。

    マヤカレンダーとは、地球だとか太陽系だとか狭い範囲の変化を表すものではない。マヤカレンダーは宇宙全体を貫くエネルギーの発現であり、エレニンはこれを伝えるためにやってきたメッセンジャーのような役割を担っているのではないかと思う。

    コズミックコンバージェンスの時期と決意について

    コズミックコンバージェンスが第6の夜の期間に行われるというのはとても重要なことだ。マヤカレンダーでは、昼の期間に大きな出来事が発現し、夜の期間には潜在するというリズムになる。夜の期間は、起こった出来事の意味を内省するには絶好の期間だ。そして第9サイクルの第6の夜は、マヤカレンダーの最後の夜の期間になる。つまり、我々が内省し反省する最後の機会になるということだ。この期間に我々は統合意識を呼び込み、その一部となる決意をしなければならないのだ。

    もちろん、コズミックコンバージェンスの4日間に統合意識へと一気にシフトするというようなことはない。統合意識の発現はゆっくると進む。だが、この期間に統合意識をもたらす決意をしっかりと固めることが重要なのだ。決意した段階で神的なエネルギーはすぐに動き始めるのだ。だから、主体的な決意こそもっとも重要だ。

    否定的な感情とコズミックコンバージェンスについて

    ところで、人間であればだれしも暗い側面をもっている。この暗い側面から出てくる相手の否定的な感情が自分に向けられることはよくあることだ。このようなとき、決して否定的な感情に同じような否定的な感情で反応してはならないのだ。コズミックコンバージェンスでは、このような反応はしないと決意することがとても重要なのだ。

    コズミックコンバージェンスの期間には、決意することがとても大事になると思う。実は私自身、決意の重要性に最近になって気づいたのだ。私はこれまで、何かに導かれるようにマヤカレンダーを研究し、いまのような立場になった。なので、意識進化の過程で、主体的な決意が重要になるとは思っていなかった。しかしいまは、統合意識をもたらすと決めた強い決意こそもっとも重要なものである確信している。

    決意すべき内容について

    決意するべき具体的な内容は2つある。

    ひとつは、自分の人生を自我で決定するのではなく、神性によって導かれるようにすると決意することだ。

    そして2つ目は、相手がどんなに否定的な感情をこちらに向けようとも、同じような否定的な反応はしないという決意だ。一度否定的な感情に否定性で反応してしまうと、どんどん否定的な感情が拡大し、取り返しがつかない状態となる。


    これらのことを、個人でも集団でもよいからしっかりと決意するイベントがコズミックコンバージェンスのイベントなのだ。

    第7の昼について

    10月11日からいよいよ第9サイクルの最後となり、マヤカレンダーの最終期間となる第7の昼に入る。10月28日でマヤカレンダーのすべてのサイクルが終了する。これはこれまで人類の意識進化を主導してきたサイクル全体が終わる。つまり、進化の段階が頂点に達し、統合意識がはっきりとした形をとって誕生するのがこの期間だ。

    もちろん、統合意識が一気に出現し、すべてが一気に変わるなどということはない。これから統合意識の力が次第に強まり、個人のみならず社会や経済のあらゆる側面に強い影響を与え始める。もちろんこの過程で、既存の自我や階層構造、そして権力構造に基づいた古いシステムは全面的に崩壊しなければならない。

    マヤカレンダー終了後の変化について

    マヤカレンダーの終了後には、時間の感覚が大きく変化するはずだ。

    これまでの人類の歴史には明らかに意識進化のはっきりとした方向性が明示されていた。たとえば、第6サイクルの期間には、左脳の圧倒的な優勢に基づく自我の強化や分析的な知の台頭、そしてそれらを前提とした階層構造や国家が出現し、また第7サイクルでは現代の科学や新しい通信手段が現れて世界をひとつに結び付けるというように、人間の歴史はマヤカレンダーの進化の予定表に引っ張られるように進化してきた。我々が時間を、一方方向に流れる単線的なものとして体験していた理由は、私はマヤカレンダーが説き明かしたような、はっきりとした進化の目標をもった時間が存在していたからだと思う。

    マヤカレンダーの終了で人間を引っ張るいわば強制力のようなものはなくなると思う。この結果、我々は特定の目的のある方向へと引っ張られながら生きて行くということは希薄になるのではないかと思う。ある目的を実現するために生きるという目的合理的な生き方ではなく、生きている一瞬一瞬を心の底から楽しむ、いわば「いまを生きる」ような生き方に変化するはずだ。

    以上である。

    コズミックコンバージェンスは23日から26日の期間である。日本時間では24日から27日だろうから、ちょうど今日からコズミックコンバージェンスは始まったことになる。コルマン博士とともに統合意識を呼び込むための「決意」をするとよいだろう。

    続く

    むちゃくちゃおもしろかった講談

    筆者は月刊ザ・フナイの連載を書かせてもらっているが、読者の方に講談師の方がおり、会う機会があった。筆者は講談はこれまで聞く機会がなかったが、実におもしろかった!今後はスピリチュアル系の講談をやるそうである。サイトに音声ファイルがあるので聞いて見たらよいだろう。

    田辺鶴瑛

    筆者のいとこのブログ

    筆者にいとこがスピリチュアル系のカウンセラーになっていたのを最近知ることとなった。以下にリンクする。よろしかったらどうぞ。

    ねもとまどかの「宇宙のゆりかご」

    本の出版のお知らせ

    また本が出ます。前著の続編にあたる本です。今度は今のシステムのつっこんだ解説と将来の予測です。よろしかったらどうぞ。

    「支配ー被支配の従来型経済システム」の完全放棄で 日本はこう変わる コルマンインデックス未来予測[2020年までの歩み] (ヒカルランド)

    nihonn

    筆者の友人の作家のブログ

    茶房ちよちよ
    駒村吉重のブログ。いつもの飯、酒、より道、脱線、思いごと


    また本を出版しました。今度は徳間書店からです。今回は、このブログの内容を大幅に加筆修正し、未来予測を行った本です。よろしければぜひどうぞ!

    未来予測コルマンインデックスで見えた 日本と経済はこうなる(徳間書店)

    koru

    今回、講談社から英語本を出版しました。通勤途中に電車の中で軽く読める本です。ちょっと英語に興味がある人はぜひどうぞ!

    通じる英語 笑われる英語

    eigo

    「いったい世の中どうなっているんだ!こんな時はマルクスに聞け」(道出版)

    体裁としては「資本論」の解説書のような本だが、マルクス礼讚の本ではない。われわれはこれからなんとしてでもサバイバルして行かねばならない。そのための状況認識のための書として有効だと思う。よろしかったらぜひどうぞ!

    marx

    このブログの基本方針

    このブログの基本方針を掲載しました。記事をお読みになる前にかならず一度はお読みになってください。

    基本方針リンク

    友人の飲み屋

    筆者の友人の一人が飲み屋を始めました。こちらもよろしかったらどうぞ!

    ナイトクルーズ51

    驚異的な前世リーディングサイト
    遠い記憶・前世からの約束

    前世リーディング問い合わせ電話番号
    080-3128-8600

    雑誌アネモネ

    便利な学校検索サイトです!

    海外子女.com

    投稿に関しては以下の方針に従い、どうしても必要な場合以外は削除しないことにしておりますが、他者の人格を傷つける不適切な表現がある場合は例外とし、予告無しに削除し、投稿禁止にする場合もあります。

    意味産出の現場としてのBBSやブログ

    また、私はいま日本で起こっている変化を以下のようにとらえております。もしよろしければこちらもどうぞ。

    いま何がおこっているのか?

    ヤスの英語

    よろしかったらクリックをぜひ!↓



    人気ブログランキングへ

    スポンサーサイト

    テーマ:歴史と予言 - ジャンル:学問・文化・芸術

    コメント

    こんにちは

    yasuさんって、こんなに真面目な方だったのですね。知りませんでした。

    読ませて頂きます。

    もしよろしかったら、うちにもいらして下さい。

    ヤス様
    更新有り難うございます。ボーボルドサイクルは、私も以前の記事のコメント欄(2010/04/15)で少しお話しましたが、非常に興味深いですね。特に20年という非常に長いサイクルで、世界情勢を見つめると驚く程奇麗に相関していることが解ります。スティックエバース氏の独自の解析も、これから数年先の詳しい状況を理解する上では非常に興味深いですね。しかし、やはり全体的には2020年の底に向かう大きな流れの中で、短期間の変動を理解する事が大切なように感じます。天体の配置の中でスクエアやコンジャンクションは非常に大切ですが、私はそれ以外に、惑星がどの星座宮に分布しているかも重要だと考えています。以前にも何回かお話していますが、特に牡羊座から乙女座までの前半の6つの星座宮と、天秤座から魚座までの後半の6つの星座宮のどちらかに極端に惑星の配置が偏っている時期は非常にアンバランスになると思っています。特に80年代からは、後半の星座宮に極端に天体が偏る時期が何回か出現してきました。後半の星座宮に天体が著しく偏在すると、社会の枠の中で個人の特性が障害されるように感じます。2023年を過ぎると、私たちが生きている間には、後半の星座宮に天体が極端に偏在することはもはや無くなり、逆に前半の個人の成長を象徴する星座宮に天体が多く位置するようになってきますので、このころからようやく個人の特性が尊重される時代が見えてくるように感じます。その他にも幾つかの占星術的な要素を考慮すると、2023年頃、次の卯年あたりが本当の上昇期の開始時期になるように思います。今の状況は、これから深い深い底を目指す状況下にありますので、少なくとも10年という非常に長いカオスの期間を乗り切るためには、やはり覚悟と共に未来への希望を失わない事が大切だと感じます。

    ビッグバン??が近い??

    現在、周回中の人工衛星は約3000個以上あると言われています。またロケットの機体や、アポジモータなど人工衛星以外も含めるとすごい数です。
    今日、話題のアメリカの人工衛星が地球上に落下したようですが、まだ状況や場所が特定されていません。

    これからは、今回のような人工衛星の老朽化による地球上への落下が頻繁になりますね。

    今回が破片が人に当たって負傷する確率は3200分の1とされていますが、3000以上の人工衛星とその他の宇宙ゴミ(ロケットの破片等)がこれから落下するならその確率は
    延べ1分の1以上??

    20世紀の工業化による、人間の欲望による無尽蔵で無秩序な機械文明のつけがこれからはいっぱい人類の危機として降りそそぐのでしょう。。。

    メキシコ湾の石油事故問題も当面は一見治まったかのようですが・・・コンクリでフタしだけですから、もうすこし時が経てば・・・老朽化や地殻変動で・・・
    原発にしても老朽化した原発がこれからあふれ出すし、廃棄物を詰めたドラム缶にしても腐ってきているものが・・・

    また20世紀は金融工学によるマネーゲームが無秩序に広げられ、EU、アメリカを見ても崩壊の最終章に入っていきている。。。

    20世紀は機械文明に支えられ発展した、人類史上、稀ににみる物理的進化の素晴らしい世紀であったがそのつけは大きい。

    また、人類の思考も機械的な思考(合理主義・管理主義)へとどんどん変り(特に1990年以降、IT時代になってからの機械的な思考は異常)、市場経済主義(弱肉強食)が経済発展のスタンダードとなり、さまざまな格差、矛盾を生み出してしまった。

    コルマン博士の言われる
    『ある目的を実現するために生きるという目的合理的な生き方ではなく、生きている一瞬一瞬を心の底から楽しむ、いわば「いまを生きる」ような生き方に変化するはずだ』
    その意図する真意はわからないところが多いが

    このような意識の変容が起きるのは、なんとなく理解できる。
    自分自身の中でも価値観・ライフスタイルの変容が起きています。
    一言で言うと「優しく」なってきている。。。

    だが一方では、急速にそうならざるを得ない社会環境になってくるのだと強く感じだしてきてる自分がいる。。。

    20世紀の無秩序な機械文明の弊害が100年経ち、破壊的なほころびとなり、文明自体の方向をシフトせざるを得なくなる。。。

    重要なのは、そのビッグバンがいつ起きるのかを察知することなんだろう。。。

    もう、そんなに遠くない気がします。。。
    10月28日なのかもしれないし・・・
    なにか、とんでもないパニックが突然起きるのかもしれない。。。

    多分、それを予知するかのように人々の中で徐々に意識変容が起こってきはじめる(もうすでに一部の人々には始まっているのでしょうが)

    人類も地球の有機生命体の一部です。
    昆虫や動物の生態変容と同じようにネイチャーコンシャスのサイクルの元に変容する。

    やはり地磁気(磁気)の変容と関係しているのでしょうか。。。
    太陽エネルギーの変容と関係しているのでしょうか。。。

    コルマン博士はその変容を人類の中でもいち早く察知している、云わば「因子」「シャーマン」「伝道師」なのでしょう。

    百匹の猿現象の最初の1匹目なんでしょう。。。

    BE HERE NOW
    今ここにあるがままに

    産業革命から始まった機械文明(大量生産・消費に基づく欲望の資本主義)に魂を支配されない、奴隷化されない人間文明の時代がやってくる。
    自由な時代がやってくる。

    過去に戻る平面的な円運動の周期ではなく
    昇華していく螺旋運動での周期の転換。。。

    きっと素晴らしい時代がやってくる。

    いままでの因果関係(支配構造)から解き放たれる時代がくるのかも。。。






    なおさんってなんか占星術による予知を、都合が合わなくなると、どんどん先延ばしにされるんですね 知りたいのは20年後、30年後のことでなく、今と明日です せめて一年、ながくても3年以内のことが知りたいですね 実生活に直結した「今」が知りたい いま、打つ手の糧にしたい でなければあまり役にたたないから不要かな

    予言ってのは聞いたら頭の片隅にソッとおく程度にしておかないと
    いちいち生活に直結するような予言の捕らえ方をしていると身がもちません と思います
    ここ数年サイトを徘徊して予言に関する検証をしてきましたが、私の予言への関心のポジションはかなり低くなりましたね
    予言をしてる方がいても、見るだけにしてます
    考えません

    今が過去であり、未来ではないでしょうか?
    「歴史と予言の間」このブログの主旨もそうでしょう!?
    要するに、できた・できない ではなくて、した・しない でしょう。
    こんな有意義なテ-マに妄想は必要ないと想いますよ。
    したいことはなんですか?

    <福島原発事故て何なんだろう!・・・・今は こんな状況かな!・・>

    まいどお世話になります。

    ももいちたろうさん情報です。

    <福島原発事故て何なんだろう!・・・・今は こんな状況かな!・・>  
    と題して情報があります。<P>

    URLは以下です。
    http://www51.tok2.com/home/slicer93190/10-7300.html

    よろしくお願いいたします。

    日本の正念場

    日月神示では、
    『 最も苦しいのは一年と半年、半年と一年であるぞ 』と告げている。
    その最も苦しい3年間を4つの期間に分けている理由とは???
    このブログは明快に答えている。そして悲しい未来を告げている。
    目を逸らさず見てほしい。

    http://blogs.yahoo.co.jp/martingood0323


    10/28頃を境に人類の意識が変容しなければ、大難がやってきて、へたをすると人類のほとんどは滅亡する。
    これは、福島原発を見ていてなるほどと思います。
    原子力ほど、今の人類の意識の低さを象徴するものはありません。
    原爆、原子力発電、すべてが反自然でコントロールが危うい。
    人がコントロールできない技術の文明は滅びます。
    つぎの文明は、新しいエネルギーがでてくるでしょう。
    それは、今の意識、制度、価値観を改めないと、破壊的な状況となって現れてくるでしょう。

    円高をプラスに考える

    空前の円高ドル安そして円高ユーロ安
    今、円が世界でいちばん高い
    これをプラス要因に考え、戦略的な思考をするならば
    欧米の企業・資産・不動産の買収であり、産業資源・技術・ノウハウの買い込みである
    視点をかえれば今、日本経済は、企業は最大のチャンスを抱えている

    日本経済を立て直す最大のチャンスだ!!
    日本の資産を増やす最大のチャンスだ!!

    国家も企業も今、戦略的に行動せよ!!

    バブル(泡)な金融投資でなく
    実体経済資産・資本に投資せよ!!

    お金をもってる個人は欧米の不動産・美術資産(資産価値のある実物)を買え
    金融商品(ペーパー取引)は買うな

    私がお金があれば欧米の牧場とかワイン工場・畑を買うな^^
    農園もいいな^^
    欧米のリゾート地や高級住宅街の土地やホテル・家やレストランもいいかな^^
    ハワイのコンドミニアムもいいかも^^
    ベニスのベネチアングラス工房もいいかも^^
    オリーブ畑やジャム工場もいいな^^

    そして、金銭的な余裕を持ち、心を豊かにし
    将来その資産をマネーを世界平和、人々の幸福のために使え

    けっして今までのような我欲に溺れることなく
    徳を持て!!

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    山場に向かっている!?

    やすさん みなさん こんにちは

    nevada情報 http://blog.livedoor.jp/nevada_report-investment/archives/3948932.html

    世界では色々な動きが錯綜し、暴走しだしているようですね。以前から噂されていた、アメリカの州の切り売りを認める法案が通ったと言うような情報もありますね。

    株価の暴落、金や貴金属の暴落が始まった!?ように視られますが、その裏では、いよいよ世界政府に向けての人口淘汰が始まっているようにも見受けられます。日本でも、放射能被曝で、大変な事になるでしょうね。

    心の持ち方は難しいですね。
    色々と情報を漁っては、一喜一憂している。

    来月は山場になるのでしょうかね!?
    明日(26日)は、富士山ニニギさんの予言の地震の日になりますが、どうでしょうね!?太陽黒点数、X級フレア、M級フレアも多発しだしているしね。

    一人ひとりの心模様が、その人の現実に反映しますから、しっかりと準備をして、取り乱さないように生きましょう。

    資本主義という、麻薬患者は紙幣という麻薬がないと禁断症状が出て、次々に紙幣を要求してきます。
    当面は、それを打てばいいのですが、そのうち資本主義という体はボロボロになっていきます。
    そして、最後には死という形になって解決されます。

    2011年9月25日日曜日
    NASAの人工衛星が自動車を直撃!
    http://macroanomaly.blogspot.com/2011/09/nasa.html

    しかしNASAは24日の人工衛星墜落の情報を何もだしませんね。。。
    市カルガリーの南にあるオコトクス周辺に落下したとの情報があります。ツイッター上で複数の市民からの報告があったのみですね。。。

    >日本人の近代的自我確立5

    この手の話は聞き飽きた・・・
    論理的な説明をするにも他人様のブログのコメント
    欄では無理があるだろうから、自分でブログを開設
    してみてはどうか?

    実際に説明が成っていないことだし。。。

    村正さん
    貴方は幾つなの??
    貴方の日本人観は、村正さん自身のことを書いてるんですね
    そんな日本人ばかりではないですよ

    其々の国民性(人間性)

    やすさん 皆さん こんにちは

    村正さんが、興味深いコメントを残しておられる。それに関しての私の思いをメモしておきたい。

    確かに日本人は特殊です。
    それは、太古から居住している環境によるのだと考えます。日本人は農耕民族であり、四方を海に囲まれた島国で居住しています。
    一方、大陸系の人達は、狩猟民族が大半であり、地続きであるが故に、紛争も頻発する環境です。このような環境下では、子供の時から危機感を持ち、しっかりとした考えを持たざる得ないのです。生か死か!の環境ですからね。また、狩猟する性情、獲物の肉を食す為に、その肉の性情を、先祖代々に取り込んでいるのです。遺伝子レベルでね。

    農耕民族である日本人の甘えは、菜食であり、一定の土地に居住し、自然から食物を頂いている。食物の収穫量は天候に支配される。自然に抱かれ、自然と共に生きているという安心感から来ているのだと考えます。だから、穏やかな気性の民族なのですよ。

    世界中で先住民族は迫害されてきました。しかし、日本人という民族は、その特殊性故に、独立した位置を占めているのです。

    やまとさん

    特攻隊や切腹って欧米人の概念にはない日本人の特殊性ですが
    また天皇って位置づけも(エンペラーとは異なりますよね神ですから)
    どういった精神性からきていると思いますか?

    金のグラフ

    銀だけでなく、金のグラフも載せてほしいです。

    答え

    http://musyoku.com/bbs/view/1280735933/#bt

    私へのご質問がありますが、やすさんのプログ内容とはかけ離れていし、答えの内容が脳みそがメルトダウンしたような内容ですから、上記のURLの3069に書いておきました。

    日本人の精神性

    全然ネガティブじゃないどころか、日本人の勤勉、自制、自己犠牲に美徳を感じる文化が世界中に広まれば世界はすごく平和になる気がするのですが。
    この精神性を民族単位で獲得するのは極めて至難であり、日本人は非常に恵まれた国に生まれたことを感謝すべきでしょう。
    深夜営業のコンビニがこれだけ大っぴらに展開し、世界中の食べ物が好きなときに食べられ、落とした財布が戻ってくる国はそんなに多くありません。

    もちろんその裏返しとして自由な発言がしにくい、出る杭が打たれる、自己評価が低くなりやすいという側面もありますが、それらも絶対的縛りとしてあるわけではなく、個人のレベルでは打ち破れるようなものです。

    2011年9月25日日曜日
    NASAの人工衛星が自動車を直撃!
    http://macroanomaly.blogspot.com/2011/09/nasa.html
    この動画は、ジョークです♪
    事実ではありません。

    21世紀の三国同盟

    日中、日韓、日中韓の芸能・文化交流が活発化してきましたね

    スマップ=北京
    エグザイル=北京
    AKB48=上海

    日中韓三国が連携、融合した経済圏が確立できれば、アメリカ、EUと同等の経済圏となります。
    生産力も産業技術も持ち合わせた経済圏となる。
    もちろん消費市場としても大きい。
    基本的な需要と供給がこの経済圏内で成り立つ。

    欧米を主軸とした経済崩壊にも屈しない自立力のある経済・文化圏となるだろう。
    アメリカの金融システムの呪縛に屈しない自立力のある経済・文化圏となるだろう。

    21世紀、世界バランスは変っていく。

    20世紀の第2次世界大戦(世界大恐慌が引き金であった)での日・独・伊の三国軍事同盟が成されたが
    21世紀は世界大恐慌(欧米のデフォルト)を引き金にしての日・中・韓の東アジア経済三国同盟が成されると。

    日本って実は一般人が知らないだけで、けっこう戦略的かも知れませんね。

    文化輸出とかメディア戦とか、アメリカの二番煎じ、Intelligenceの基礎を理解してない付け焼刃ですよ。しかも韓流って知ってるでしょ?遅いんです。アニメなんて海外ではすでに韓国や他のアジア諸国で作られた訳解らない物に摩り替わってます。アニメ=Japanではなく、=アジア文化になってしまってます。いまさら遅いです。ヤルなら国家で覇権狙うつもりで文武両面からやりましょう。穏やかな気性、、って上にありましたが、私もそう思います。日本人に覇権は無理です。諦めましょう。日本の支配層は言ってもいじめっ子程度。悪支配の哲学に欠けます。魂の売り方が成ってません。福島原発だってなんであれをやられたのか解って無い。支配層も知らいし、見てみぬ振りしてればいいだけです。中途半端に覇権争いに首突っ込むから痛い目に合うんですよ。相手にされないぐらい逆方向に突っ走るべきです。鎖国です。それしかありません。家康も世界の動乱の時期を見極めたんでしょう。時代が変わっても人間の習性は変わりません。今は鎖国して日本人の血を将来に保全するべきです。農民でもボロ服でも良いじゃないですか。冬は好きなアニメみて夏は働く。

    価値観の逆転

    やすさん、皆さん こんにちは

    やすさん、何度も投稿をお許しいただきたい。
    私的には、今の時期はとても大事な時期と感じています。社会状態、経済状態が混乱してきているからこそ、今までの呪縛を振り払い、自分の頭で考える、良い機会であり、気付きの時だと感じているのです。

    日月の神さんは、現代の社会は「上が下になり、下が上に為っている」と、指摘されている。この事は、価値観の逆転を意味しているものと受け取れる。価値観が逆転しているからこそ、社会のシステムも逆転しているのです。

    前の記事のコメ欄のひらがなのコメ主の「かんたんなことを、むずかしくしている・・・」というご指摘がありました。真に、この社会を表していると感じています。逆に考えれば、本質を隠す為に、意図的に難しくしているとも思える。一つの誘導術ですね。

    現在の社会は、支配者の価値観を押し付けられている社会であり、幼い時からの教育も、競争を意識する教育がなされています。この事は、獲るか、獲られるか、支配するか、支配されるかの二元性の社会である事は、今では多くの人が気付いているはずです。日本人には合わない思想です。それを押し付けられているのです。記憶重視の教育であり、意図的に想像力を低く抑えられている教育です。

    元々、日本人(倭人)は想像力豊かな民族です。オリジナルを視て、オリジナル以上のものを創造できる能力を持った民族なのです。その能力を恐れた支配勢力が、日本を二重、三重の檻の中に押し込んでいるのです。日本人を自由にすれば、支配勢力の社会が崩壊してしまいますからね。しかし、世界の他の先住民のように虐殺、迫害を加える事をしないのは、日本人(倭人)を利用するだけ、利用しようとする意図があるからです。(一説には、日本が保有している金塊目当てという事も言われています)

    現在では、二元性の社会を形成しているのが支配社会です。搾取と破壊しかない社会です。こんな社会に未来はありません。自己を地球を破壊しつくすまで暴走をやめないでしょうね。

    しかし、世界中で多くの人が気付き始めています。日本でも気付き、循環型、自給自足型の生活をしようと動き始めている人も居ます。しかし、そのような動きが出来ない人がほとんどだと想う。だからこそ、気付きの機会を多くすることにより、意識的なエネルギーの方向を収束する時に来ていると想う。

    意識(思念)はエネルギーです。
    今までの社会常識、教育で、封印され、目を逸らされてきたのです。その意識エネルギ-を強奪されてきたのです。その強奪を食い止めるには、一人ひとりが気付き、自覚する事で止めさせる事ができるのです。今までの社会常識を疑い、外の権威に縋る事をやめ、自分の意識の方向をしっかりと定める事が重要です。(この事は祈りのコメントとしてメモしています。理解できない方は、無職コムに入らしてください。いやというほどメモしています)

    支配システムに乗っ取って、三国同盟(日中韓)とかといわれている方もおられますが、所詮、支配システムの延長であり、何も変わらないのです。日本のアニメが世界中に広がっているのは、想像力への気付き、支配システムの気付きに繋がるからです。この事は、人知を超えた働きです。先住民族の国である日本がこれまで残ったのも、人知を超えた働きです。

    これから、世界の支配システムは崩壊に向かうでしょう。その後、価値観が元に戻った世界来るのです。支配ではなく共生の世界がね。
    だからこそ、一人でも多くの日本人(倭人)が気付き、意識の方向性を鮮明に定めなければならにのです。

    ルドルフ・シュタイナーによれば、33年前に今年起きることが仕組まれる。その時起こされたことが、
    イデアに運ばれ現実界に戻ってくるそうです。

     福島原発の33年前は スリーマイル事故、66年前は広島・長崎原爆事故です。
     果たして偶然でしょうか。
     私たちが 今年まいた種は必ず33年後に花開くとしたら、やっぱりあきらめないことは大事ではないでしょうか。
     すぐに、効果はあらわれなくとも、33年後にまた世界のどこかで核の事故が起きれば、私たちの地球は汚染されます。
     行動を起こしている仲間、あきらめないで種まきしましょう。

    >とろろさん

    >66年前は広島・長崎原爆事故です。

    他の文章はいいのですが、これだけはどうしても聞き捨てならないので書かせてもらいます。
    ご了承くださいね。

    広島長崎のは事故ではなく、アメリカが日本に対して行なった無差別大量虐殺です。

    よろしくお願いします。

    ジャパンクールでなく
    クールジャパン=日本文化ってってかっこよくてしぶい
    ですね
    フランスでは今、クールジャパンブームです

    「日本鬼子」戦略ですね。
    中国で日本鬼子を検索すると、トップに萌々の鬼子ちゃんが現れるそうです。
    これを考えた人はすごいと思いました。

    ちょっと精神世界的かもしれませんが。

    小生は、戦争も含め、他人との争いの元は、自己保存や自己防衛またはエゴ(個人・国も含め)から生まれると思っています。

    西欧のインテリは、子供の頃から、聖書で「右の頬を打たれたら、左の頬を出しなさい」と教えられてはいても、キリストのような聖人でないエゴだらけの凡人には、それはなかなか出来無い事を知っているし、争い事は(戦争も含め)簡単には無くならない事も知っています。もちろん無いに超した事はないのも当然知っていると思いますが。

    ところが、日本では、今、「戦争反対、平和・平和」と叫んでいる人達は、大半が元左翼系統の人達で、
    「社会が悪い、政治が悪い」と、自分を棚に上げて、全て他人や社会が悪いと非難して来た人達ですし、表面上は良い人を装っていますが、じっくり見ると、ほとんど自己中心的でエゴだらけの、自分は棚に上げてでも、他人を平気で非難出来る、恥知らずの人達の集団だと思えてしかた有りません。
    そうでなかったら、まず、「ソ連や中国や北朝鮮が理想とした」自分達の発言の過ちを、総括・反省するのが先だと思うのですが、そう言う人はほとんど見かけません。

    社会主義国がそれほど良い国では無いと事が判明してからは、
    「平和・平和、戦争反対」ときれい事を叫べば、それだけで、自分が立派だと勘違いしている様です。

    自分の中にあるエゴを見つめて、それに気づいている欧米のインテリと、現状の日本の、自己中心的で、きれい事を恥ずかしげも無く平気で言っているインテリとの差はかなりある様に思います。

    ですから、これからは、人間の持っているエゴや欲望も十分見つめた上での様々な考察と、占領軍と敗戦利得者(公職追放利得者)達が作り上げた日本に対する自虐史観から若い人た達を解放し、「誇りと自信を取り戻させる事」と、自分自身のエゴも十分見つめられ、自分の間違いも勇気を持って反省・総括出来る恥知らずでは無い真っ当なインテリを育てていかないと日本の将来は無いと思っています。
     
    また、そうしてこそ、「日月神示」の予言が意味を持って来るのでは無いでしょうか。

    修羅場

    311から修羅の世界ははじまっていると感じています。
    震災、原発事故(テロ!?)、そして経済不安、隠されてきた近隣国の侵略意図、行動・・・。
    多くの隠されてきたものが明るみに出され、日本人(倭人)は気付き始めているのです。フジテレビ、花王への抗議デモ。

    先住民と、他の民族の違いは、意識の強さだと感じています。穏やかな気性とお人よしの性情は、自然と共存していたからこそ培われた物と思う。自然からの贈り物です。

    今まで眠りこけていた日本人を無理やり叩き起こしたのが、寒流ブームであり、その背後にある意図だと思う。穏やかな気性の底にある激しい何かが目覚めたのだと想う。

    jさん
     この33年説は、世界のどこで何があろうとつながっているというという形であらわれると聞きました。
     日本で起きたことが必ず日本で起きるわけではないようです。
     チェルノブイリ事故も、原子力平和利用宣言がアメリカでされたなど、国の因果関係はない感じがします。
     私も詳しくないのですが、参考までに。
     33年後、世界のどこかでまた悲劇が起きませんように。
     地球の汚染を食い止めるために、この小さな命を使いたいです。

    日本の産業の市場規模をみたら、アニメだの芸能だの
    音楽、出版メディアの輸出をやったってたいしたことない。
    のはアホでもわかります。
    雇用の規模と価値創造サービスをうける層の特殊性、
    突出してるのはパチンコの20兆だかじゃないですかね。
    これ、世界最大の賭博産業で、税金かけなきゃおかしいわけで。

    こういう歪をきちんと解消していかないと
    言葉遊びに終始するだけでナンセンス。




    核の悲劇

    とろろさんの33年説には第五福竜丸のことは含まれていないのか(つд⊂)。

    第五福竜丸
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AC%AC%E4%BA%94%E7%A6%8F%E7%AB%9C%E4%B8%B8

    不気味なニュース

    遂にイギリスの上空にもオーロラが現れました。

    肉眼でも見える巨大黒点群出現 (続報)
    http://macroanomaly.blogspot.com/2011/09/blog-post_29.html

    流産率7倍!世界人口削減のワクチン接種!!

    流産率が7割増加した新型ワクチン接種を公○党が推進する!!

    http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/cat10724970/

    エレニン現れなかったですね、、、良かったような、残念なような。周期の彗星って事は元々ぶつかる事は無いわけで(マヤ的に宇宙のかなたから飛んでくる流星がぶつかるのを予想するのは物理的に無理だし、周期的に来る物によって天災があるってのを記録してるってのは納得がいきますが。)って事は此れだけ近づいてポールシフトも地殻変動も無い。しかも光学望遠鏡でも見えない。影もみえない。つまりドアーフスターでもない。(NASA信じなくても、アマチュアがリモート望遠鏡で観測するでしょう。)って事はこれは陰謀論にはまっちゃったのかな。うーん、、、どうなんだろう。たまたま、僕のパラレルユニバースが平凡な物に分岐したとかですかね、、、巨大太陽黒点が実はエレニンの影だったとか、そういうトンでも情報は無いですか?それにしても何億年も周回している彗星が何故今回だけ粉砕したのかな?Nasaはどうやって貧弱な小さい普通の彗星を、流星ではなく彗星だと発見同時に発表できたのでしょうか?疑い深いから陰謀論とかにはまるのかな。皆さんどう思います?次は宇宙人ですかね、、、

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    非対称な太陽

    10月になりますが、ヤス殿いかがお過ごしか?
    コメント欄に太陽黒点の話が出てきたので、久しぶりに宇宙天気ニュースで太陽の画像を見にいった。
    丸い太陽の上半分に6つの活動領域がずらりと並んで賑やかな様子であったが、下半分は活動領域が無くおとなしい様子。
    太陽の北半球と南半球で、これだけ非対称なのも、やはり、太陽の北極域だけ先に磁場反転したという影響なのでしょうな。

    地球の磁気・磁場にかなり乱れが出てきているようです
    穏やかな秋晴れを心ゆくまで堪能してください
    今と此処を、今日といういちにちを楽しんでください
    安らいで穏やかに過ごしてください
    この世の春を満喫してください

    もうすこししたら精神的に不安定や異常になる人々が多発して
    様々な社会変動が起きそうです

    国民が好戦的でなく、心安らかに暮らしていることは大切ですよね
    テレビは全く見ないので社会に疎いのですが、この動画を見て戦争が近いのではないかと感じました
    http://www.zaeega.com/archives/52942955.html

    大事な事って・・・!?

    やすさん、皆さん こんにちは

    あちらのエージェントさんの誘導コメントが入っていますね。

    ユーモアは大切な事です。しかし、コメントの中に、真逆の語彙を散りばめている。この事が何を意味するのかを、しっかりと考え、感じる事は、大切な事だと想う。何かしら同調しているように見えて、真逆の恫喝、不安を煽る言葉が見えている。

    本当に、日本はWW2後、混乱させられている。現在、日本列島は放射能汚染列島になっています。収束も出来ずに、今後も続いていくことでしょうね。韓国も、日本の同胞の為に、町を創っているようです。在日外国人は総引き上げする時も近いと想う。

    その後は、世界から隔離された日本と、日本人が残るだけです。好戦的でない、温和な日本人(倭人)が助け合って、小さな国を形創る物と思う。先住民の血を引く日本人です。再建は出来ます。

    そして、WW2の時のように、大陸の国に情けはかけないことです。一線を画して、相手にならないようにするべきです。戦後の混乱は良い教訓になったはずです。恩知らずの犬に情けをかけることがどれほど危険な事か!?恩を仇で返すところか、あくまでも収奪に来ているのですからね。

    日本人が倭(大和)の民である事を辞めない様に、自ら律してゆかなければならない時に来ている、と想う。そうしないと、世界中の先住民の如く、迫害されて、隅に押し込められるだけです。

    今という時期は、しっかりと、自分自身と向き合って、本当の倭の心というものを視付け、掴まえる時に来ていると感じる。

    くれぐれも、流されないように、自分の感性を磨きましょうね。


    アホくさ。。。

    このデモが米国民の独裁者、独裁組織に対する反乱の勃発点になるのかもしれません

    ◆いよいよアメリカで一般国民の反乱が始まる。
    金融支配層(独裁者・独裁組織)への反逆が始まる気がします。
    共和党が崩壊するのかも知れません。
    これはイギリスにも伝播する。。。

    そんな気がします。

    NYで金融界などに対するデモ、橋ふさぎ700人以上逮捕
    http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-23442920111002

    『倭』という言葉は元来日本を揶揄する言葉です。あんまり気持ち良いものじゃないですね。

    どんどん人の精神が2極化してきだしましたね。

    精神が心が現実化しだしてきているように感じます。
    なにか予感めいたポジティブな何かを感じ、潜在的なエネルギーが高まってきている人々。。。

    その逆に生気がどんどん落ちてきている人々。。。
    精神が日増しに不安定になってきだしている人々。。。
    記憶力が日増しに落ちてきている人々。。。

    狡賢い輩はどんどん壊れていく。
    卑怯な輩はどんどん壊れていく。
    見せ掛けの偽善者はどんどん壊れていく。
    支配力の強すぎる人間はどんどん壊れていく。

    さてあなたの精神状態はどう変化していますか??

    精神の根っこは真面目ですか??
    今と此処を前向きに生きてますか??
    受身でなく前に向かって行動していますか??
    秋を満喫していますか??
    愛し合える人はいますか??
    盟友と出会えましたか??
    人の善い(良い)ところを認めてあげてますか??
    妬み・嫉みが強いとだめですよ。
    人の批判・評論ばかりしていると精神が腐ってきますよ。
    人を認める精神を持ちましょう。




    そういえば「卑弥呼」も蔑称ですね。

    本当は「姫巫女」だったという説もあります。

    日本という国柄から考えると「陽巫女」のような気もしますが。

    操作されてきた歴史

    本当の歴史は、書き換えられているようです。

    正義 ⇔ 不正義
    光   ⇔  闇
    善  ⇔  悪
    ・・・。

    其々の立場で、逆転する物です。
    長い時をかけて、洗脳、刷り込みに因り、誘導されてきているのです。今までの常識の判断基準に、「?」の目を向けて考える方がよいと思う。
    何が正しくて、何がそうでないのかをしっかりと、自身の感性を磨いて感じることが大切になってきます。現在の社会の状況を見ていると「上が下になり、下が上になっている」状況だということが理解できるはずです。

    洗脳されているから辛い世界なんだって思い込めば楽ですもんね

    「卑弥呼」は固有名詞ではないです
    個人を指す名前ではないのです
    一般名詞です
    卑しい国の巫女です
    職業名です

    また「卑」は当時の中国(魏)からみると日本(倭)は未開の野蛮人国家ですからね
    日本の大和王朝時代で言う蝦夷(関東以東)・熊襲(九州南部)と同じあつかいです

    日本も中世から江戸時代は
    士農工商といった身分とは別に
    エタ・非人といった一般的に言うと世俗から分離した身分がありました
    実は僧侶、神官もエタです

    賤民とか差別階級の人々の呼称だけではないのです
    中世では特殊技能集団もエタとされ
    一般階級から分離されていました
    土師・木地師なんかがそうです
    彼らは一般人から区別され税を徴収されませんでした
    ある意味、特権階級でした

    巫女は神官の使いであり
    シャーマンです
    天照大神も巫女であり、シャーマンです

    もう少ししたら先行きが見えてくる

    ギリシャの債務危機(デフォルト)も11月中旬までセーブできると言っていますが
    今のEUの動きを見ていると、各国がわが国守ることで精一杯って感じですね。
    ギリシャを支援する余裕がない。。。
    アメリカも実体は消費・内需がEU以上に低迷してきているようだし・・・
    欧米諸国はそろそろタイムリミットにきているようですね。。。
    アメリカの銀行もEUへの融資比率が高く、ギリシャをはじめとしたEU国家のデフォルトが連鎖すればアメリカの銀行は共倒れになる可能性が高い。。。

    10月28日ってその引き金となるギリシャのデフォルトが起きる日なのかもしれませんね。

    中国はそれに対して堅調さを示していますが
    欧米マーケットの需要が下れば、それに連鎖して中国経済(輸出)も麻痺してきます。
    底堅いと言われる日本経済も欧米の需要が低迷すれば同じ木阿弥です。。。
    日本と同じ経済体質を持つ韓国も日本と同じ運命に。。。
    といってもアジア経済はまだ堅調ですが。。。

    それから今の金融不安を増幅させている金融筋ってのは、どうも保険会社の投機筋みたいですね。。。

    日本では三菱UFJがきな臭い。
    アメリカの株価が急落している米金融大手、モルガン・スタンレーに対して、22%も出資している三菱UFJフィナンシャル・グループです。
    三菱は軍需産業でもある。
    裏支配者と繋がっています。
    これからの動きに注視です。

    アメリカ経済をボロボロににしてアメリカ国民の多くを失業・貧困に追い込んでいる悪の権化であるアメリカの特権階級である銀行、金融業界やそれをバックアップして資金投入しているアメリカ政府に対しての怒りのデモがどんどん日増しに拡大していることにも注視です。
    アメリカ国民の怒りが爆発しだしてきています。

    このことはEU債務問題以上に世界大恐慌の発火点は資本主義の牙城である覇権国アメリカであると感じます。
    前回の大恐慌との違いは国民の怒りです。
    アメリカに革命が起きるのかも。

    ウォール街に「企業ゾンビ」出現、金融界などへのデモで
    http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPJAPAN-23471120111004

    しかしあまりマスコミが言わないが東京の企業状況は日増しに大変なことになってきているようです。(東京だけに限ったことでなく地方はもうどうしようもない状況だが・・・)

    あの電通でさえ給料が激減し、リストラが進み・・・企業の存続が危ぶまれてきている。。。
    広告代理店が存続できないってのは産業全体が限界にきていることのバロメーターです。

    10月28日が無事に過ぎたとしても年度末決算の来年3月から5月くらいは日本経済の先行きが見えるのでしょう。。。
    その前に欧米企業の決算月は12月です。
    12月~年明けには世界経済の先行きがやはり見えてくるのでしょう。。。

    国家の経済状況は闇に隠すことが可能でしょうが民間企業はそうはできません。。。
    だから、そこに先行きが見えてきます。

    今年のクリスマスもなんとかハッピーに過ごしたいものですね。。。

    凍える冬には暖かな部屋が維持できないと凍死します。。。

    凄い頻度です

    気象庁地震速報http://www.jma.go.jp/jp/quake/quake_local_index.html

    東北
    関東
    東海
    南海
    に多発しています
    すごい頻度です

    それ今に始まったことじゃないでしょう
    3.11以降そんな感じを繰り返してますよ

    アメリカのデモに誰かが武器を与えたら・・・
    アフガニスタンでもどこでも誰かが過激な反政府派に武器をあたえ内乱を起こさせます
    アメリカは、軍産複合体は我が身にはそんなことをしないよな・・・
    アメリカ・軍産複合体のやりくちがアメリカのデモで見えてきた気がする・・・

    カールコルマン博士の去年の動画メッセージ

     誰かアップしたとは思いますが、今見ると心にしみるものがあるので、再度アップします。

     http://www.youtube.com/watchv=dAb7JM9inX4
      

    熊本で震度5強

    http://headlines.yahoo.co.jp/smartphone/hl?a=20111005-00001501-yom-soci

    ヤスさんあまりあいてしてくれなくなってきましたね(。-_-。)

    地震が4日徳島~5日熊本とだんだん西に日本列島を縦貫してきましたね・・・
    http://www.jma.go.jp/jp/quake/quake_singendo_index.html
    3.11以降、日本列島は異常に地震が多発しています
    日本に限ったことではないのでしょうが・・・
    地球レベルでの地殻変動を感じます
    これはポールシフトが起きる予兆なのでしょうか・・・
    プレート崩壊の予兆なのしょうか・・・
    日本海溝(太平洋プレート)の崩壊が近いのか・・・
    経済・金融問題(資本主義の崩壊)から気象・地震と様々な崩壊(変化)の連鎖がはじまり
    そのターニングポイントが近いと想いが増す昨今です。

    いろんな意味で、地球も人間社会もリセットしないと建て直しが出来ないのでしょう・・・
    個々の人々の中にも直感的に察知してきている人は多いとおもいます・・・

    神の手の働きを感じます



    小沢の裁判が始まるが
    この結果は日本の将来を左右する
    検察・・・その裏に潜む官僚主導体制派・・・その裏に潜む覇権国アメリカ・・・・その裏に潜む裏支配者・・・全てはマネーと権力(覇権)維持といった欲望にある
    それに利用され国民を都合良く洗脳するマスコミ・・・裏共のプロパガンダ・・・
    今回の小沢弾圧の茶番劇はあまりにも作為的すぎる

    小沢が無罪でなく有罪になれば日本はチェンジすることは出来ない
    目覚めることはない

    最初から決められているガチガチに固定された運命
    変えられる事のできる未来
    どっちなのでしょうね
    後者ならば予言など戯言になってしまうのでしょうが
    いや、予言を聞いて影響を受け未来を変える事ができるのであればそれもまた・・・
    しかし変えたか変わってないかは知るよしもないので予言者にとっては固定されたを望む人も多いのでしょうかね
    滅亡や地震を予言し、実際に起こったらドヤ顔が恐ろしいな

    闇の組織の闘争

    やすさん、皆さん こんにちは

    以前からネットでは噂になっていた「闇の組織の分裂」ですが、なにやらきな臭くなっているようです。

    http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2011/10/tunnels-to-at-l.html

    この事が事実ならば、まさしく、核戦争並みの動きだと想われる。闇の組織の主流派のリーダーが、主要会議に門前払いされたとか・・・!?
    この動きが、表の動きにどれだけ影響してくるかは、わかりませんね。
    闇の組織は、次の覇権国を中国にして、アメリカの技術を中国に移植してきました。中国のステルス戦闘機などの技術ですね。現在では、空母を配備するようですが、闇の組織の混乱で、先行きが解らなくなっていますね。分裂しての抗争ですから、排除される側は、黙って従うとは思えないしね。それ相当の混乱があるのでは無いでしょうか!?

    ネットの噂で、21世紀のリーダーは日本だということが言われ始めています。この事はオカルト的には、以前から指摘されてきた事です。

    しかし、混乱している世界を一度は掃除しなければいけない事は確かですね。乱雑なままで放置はしておけないしね。
    これらの闇の動き、表の動きはリンクしていますから、闇の動きのタイムラグ的な表の動きになるはずです。

    さてさて・・・全てが明るみに出る事になるのか!?それとも、今までどおりの世の中が進行するのか!?
    今の時点では、地球規模の変革が起きると感じていますけどね。笑

    墓穴・・・!?

    やすさん 連続コメですみません。

    なんか・・墓穴を掘っている様な・・・!?
    中国の事例は、以前読んだ記憶があります。
    コピーしているのかな・・・!?
    それに、コメを読んだ印象(波動)が、以前のコメとは異なる印象(波動)を感じる。コメントは、その人が入力する事により、その人の個性(波動)が入るものです(感じられるものです)。そのような意味で、コメを読んだ時に、物凄く違和感を感じた。コピーか、HNは同じで、別人が書いているのか!?・・・そうなると、組織的な動きが見て取れるのだけれども・・・!?

    (私は、コメの内容よりも、そのコメから受ける印象(波動)を重視しています)

    邪推していていても仕方がないがね。
    世の中が慌しくなってくると、どうしてもジタバタする人(組織?)が出てきますね。

    搾取する組織や人間はこれからはうまくいきません。
    搾取・・・奪い取る・騙し取る・人の手柄を取る、人を陥れる・・・
    搾取する組織や人間が成功する時代は終わります。
    そう云った意味では金融産業や保険産業は搾取することをビジネスにしている産業です。

    新しい世界を望む気持ちもわかりますが
    結局は自分が変える努力をしないと
    変わらないでしょ何も
    いつだって結局は自分次第だと思う
    そんな漠然とした望みをタラタラ語ったところで説得力に欠ける
    と思います

    ↑自分次第ってのは大人なら、あたりまえで当然のことです。
    人生は善くも悪くも自分できりひらくもの
    そのレベルの次元は、いちいちつっかからなくていいです。

    東北からの光は、小沢がどうなろうと変わるものではありません。
    東北の地震は、日本全体を変える、ひいては世界を変える。
    原子力政策を変える影響を世界に対して及ぼしている。
    金融でも、世界に日本から資金はでていけない。
    ユーロへもアメリカへも資金がでていけない。
    つまり、資本主義の崩壊は、日本が遠因となりつつあります。

    メルマガ

    ヤスさんのメルマガ代金は決して安いとは言えない?
    月4回で800円。
    文庫本が一冊買えてしまう。
    解約しようかな…

    10/11からいよいよと最後のマヤ暦に入ります。
    ギリシャのデフォルトです。
    ギリシャの民衆の怒りは、荒れ狂って行きます。
    各国は、これを見て、追加融資を止めます。
    その結果、ギリシャはデフォルトします。
    そして、つぎにイタリアやヨーロッパの金融機関などの危機が発生します。
    対岸の火かと思っていた、アメリカのヨーロッパと取引している銀行が資金繰りがつかなくなり暴落します。
    アメリカのリーマンショックの再来です。
    これで、アメリカの景気は信用不安により一変にわるくなります。
    世界不況の発生です。

    しかし、ほんとうに格付け会社ってなんだろう??
    その格付けによって。為替は変動するわ、株式は変動するわ、国債金利は変動するわ・・・
    格付け会社って言うのは民間企業でしょうに・・・
    なぜFRB、中央銀行~政府までが揺るがされる??
    この金融の世界って不思議ですね。。。
    覇権国、アメリカ政府でさえコントロールできない。。。
    このままではEUは崩壊してしまいます。
    この格付け会社の評価によって世界金融が簡単に変化する・・・
    それに乗じて確実にマネーを搾取しつづける何者かがいる。。。

    アメリカも大企業(財閥系)は国家が救済するが(融資している大手銀行が共倒れになるから救済する。日本も同じだ)、中小企業は倒産が拡大し、もう火の車・・・国家も支援せずメタメタの状態・・・若者も中高年も雇用不安が拡大しつづけ、年金生活者もますます生活危機に陥る・・・
    このままでは99%の貧乏人と1%の富裕層といった格差がますます決定的になり、どうしようもない格差社会が深化する。。。

    アメリカの国民デモは、やはりイギリスにも伝播してきた。。。
    でも単なるデモでは、焼き石に水である。。。

    政府も、議員も財閥企業や金融業界の家僕と化しているのだから・・・
    オバマとて同じ・・・
    オバマが手を打とうとすると財閥や金融筋の後ろ盾のある共和党に潰される。。。

    仮に革命を起こして政府を倒してもなにも変らない・・・
    それどころか、ますます混乱する・・・
    倒すべき相手は財閥と軍産複合体と金融支配層だ。

    資本主義と現金融システムが継続される限り今の、格差社会はなくならない。。。

    やはり地球レベルの天変地異が起きない限り
    人間の手では解決できないのかもしれませんね。。。

    絶対的な力を持ってしまった、財閥や金融支配者が、もはや交代することはない。。。

    しいてやるべきことは金融システムの改革だろう。
    為替を固定し、対国家間で決定し、マネーゲームが入り込む余地をつくらないこと。
    国債、ファンドの発行の中止。
    株式取引(株式市場)の廃止。
    株式会社制度の廃止。

    つまり金融投資の凍結である。

    マネー投資は実質経済(金融以外の産業)への投資しかできないようにする。

    金融工学によるマネー運用の禁止である。

    そしてFRB、各国中央銀行、各国財務省といった金融、マネーを司る機関の改革と、その黒幕を明らかにし排除すること。

    その裏には一握りの裏支配層(組織)が存在するはずです。



    腐りきった司法界
    「陸山会」裁判の判決には唖然とした。
    検察不正を早くから指摘した、あのブログが・・・
    検察の証拠改竄事件は、司法浄化の最大チャンスであると・・・必見!

    http://blogs.yahoo.co.jp/martingood0323


    植物の生態がおかしい・・・

    近年・・・とくに今年は日本各地で植物の生態異常が多発しています
    世界でも・・・です

    これは何を意味するのか
    植物は何を感じこんな状態になっているのか
    異変を予知し、種の保存を急いでいるのだろうか・・・

    各地でサクラが〝狂い咲き〟
    http://macroanomaly.blogspot.com/2011/10/blog-post_8368.html

    ドルの死、アメリカのデフォルト、中国がアメリカ国債不買・・・これらの予測はことごとくユーロ諸国へ移行したような気がします。
    それは、途中で何らかの意志の変化があったのか?
    それとも、最初からユーロの崩壊から目をそらす意図があったのか?

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://ytaka2011.blog105.fc2.com/tb.php/223-cfef336a
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    «  | ホーム |  »

    私はペット殺処分ゼロを応援しています!ピースワンコ・ジャパン

    まぐまぐ大賞2016

    メルマガ登録 月840円

    メルマガ登録・解除
    未来を見る! 『ヤスの備忘録』連動メルマガ
    >> サンプル
    詳細ページへ
    powered by まぐまぐプレミアム
     

    WEB検索

    Google

    プロフィール

    ヤス

    Author:ヤス
    普通の中年のおやじです。

    他の活動:ヤスの英語

    ※注意
    投稿欄としての本来の機能を維持するため、本ブログの管理人が内容としてふさわしくないと考える投稿は、予告なく削除いたします。また、投稿する方自らが自粛していただければ幸いです。

    最近の記事

    最近のコメント

    月別アーカイブ

    カテゴリー

    フリーエリア

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    ブログ内検索

    RSSフィード

    フリーエリア

    ヤスの本

    翻訳・監修本

    「神霊の世界に覚醒して」 shaman02

    ハワイの長老が語り伝える先住民族の聖なる知恵 bowl

    社会分析

    望みなき時代の幸福論 koufuku

    日本はこう変わる コルマンインデックス未来予測 nihonkawa

    「マルクスに聞け」(道出版) marx

    コルマンインデックス後 私たちの運命を決める 近未来サイクル cycle03

    コルマンインデックスで見えた日本と経済はこうなる koruma

    語学教育

    日本人が「英語ペラペラ」を本当に実現できる本 (講談社) pera

    通じる英語笑われる英語 tsu

    きちんと伝える英語 tsutaeru

    英文社内メール例文集 shanai

    実践 英文ライティング入門 bizw

    音声読み上げソフトで練習する速読即解英文リーディング sokudo

    「確実に意志が伝わる英会話」 kakujitsu

    ビジネスレター実用フォーマット bizletter

    英会話「英訳」トレーニング cd

    ネイティブはゼッタイ使わない nat

    ビジネスコミュニケーション

    論理的会話トレーニング ronri

    知的論理トレーニング chiteki

    対談本

    宇宙の設定を読み解く[BlackBox]超予測 black

    日月神示の緊急未来予測 hitsu01

    日月神示のサバイバルガイド hitsu02

    フリーエリア