2017-06

    第9サイクルでいったいなにが起るのか?6

    5月16日

    先月には2回しか記事を更新できなかったので、今月はいつもより多く記事を更新したい。いつも記事を読んでくださっている読者の方には感謝する。

    勉強会のご案内

    集中した勉強会が非常に盛り上がっています!未来がどうなるのか、全力で見通しを立てて行きます。よろしかったらどうぞ。

    ヤス先生の
    未来社会創造講座 勉強会


    筆者のいとこのブログ

    筆者にいとこがスピリチュアル系のカウンセラーになっていたのを最近知ることとなった。以下にリンクする。よろしかったらどうぞ。

    ねもとまどかの「宇宙のゆりかご」

    講演会のご案内

    またビオマガジンから講演会を依頼された。以下の日時で実施するそうである。今回は、これから本格化する激動の2011年を予測する。

    日 時
    2011年5月29日(日)
    14:00~16:00(開場13:30)
    会 場 東織厚生年金会館 3階 第1会議室 
    東京都中央区東日本橋3-6-20
    ■JR総武線「馬喰町駅」1番出口より徒歩7分
    ■都営新宿線「馬喰横山町駅」A3 出口より徒歩3分
    ■都営浅草線「東日本橋駅」A3、B2 出口より徒歩3分
    ■日比谷線「小伝馬町駅」1番出口より徒歩7分、
     「人形町駅」A4 出口より徒歩7分
    料 金 前売3,000円/当日4,000円(各税込)

    時間があればぜひどうぞ!

    記事全文を音声ファイルにしました。よろしかったらどうぞ。3日で削除されますので、お早めにどうぞ。

    音声ファイル

    予言解説書18の有料配信

    最新版 「予言解説書18」が完成しました。これは、ウェブボット最新報告書、「来るべき未来の形0巻9号」の詳細な要約です。今回は内容が濃く、普段の1.5倍の分量があります。新しい磁極の出現、「ドルの死」の過程などいよいよかと思わせる内容です。入手を希望する方は筆者まで直接メールください。

    info@yasunoeigo.com

    本の出版のお知らせ

    また本が出ます。前著の続編にあたる本です。今度は今のシステムのつっこんだ解説と将来の予測です。よろしかったらどうぞ。

    「支配ー被支配の従来型経済システム」の完全放棄で 日本はこう変わる コルマンインデックス未来予測[2020年までの歩み] (ヒカルランド)

    nihonn

    有料メルマガのご紹介

    すでに前回の記事で今週の有料メルマガの内容は紹介したので、今回は特にない。

    今回の記事

    前回の約束したように、今回はコルマンインデックスの第9サイクルでこれから何が起こるのか展望する。さらに、福島第一原発で深夜に観察された3号機の黒煙に関して、アメリカの原子力の専門家に意見を聞こうとメールを出したところ、回答がきた。それを紹介する。思っても見ない意見であった。

    オサマ・ビンラディンの殺害

    オサマ・ビンラディンが米軍特殊部隊、ネイビーシールスによって殺害された。パキスタンの首都カラチ郊外にあるパキスタン軍や情報局の退役軍人が多く住む高級住宅街に潜伏しているところを襲撃され、殺害された。

    殺害された人物が、本当にオサマ・ビンラディンであったのかどうか怪しむ声が多い。おそらく別な人物か人違いであった可能性は高い。これに関しては、すでに多くの情報が出回っており、話題にもされているので、今回は特に論じない。

    オサマ・ビンラディンが殺害された日

    今回は特にオサマ・ビンラディンが殺害された日に注目したい。オバマ大統領がオサマ・ビンラディンの殺害を発表したのが、5月1日の深夜である。おそらく実際に殺害されたのは、発表よりも少なくとも数時間前であろう。

    コルマンインデックスでは、5月1日は第9サイクル第2の昼の期間の最後にあたる。

    第9サイクル第2の昼(発芽)4月14日~5月1日

    以前の記事にも何度か書いたが、コルマンインデックスでは、その期間には以前のサイクルと近似的な出来事が起こるとされる。

    この原則を今回のオサマ・ビンラディンの殺害に適用すると、やはり奇妙なシンクロがあることがはっきりする。第8サイクルの第2の昼の期間は以下である。

    第8サイクル第2の昼 2000年12月25日~2001年12月19日

    この期間を見ると一見して分かる通り、第8サイクルの第2の昼の期間には、2001年9月11日の同時多発テロが発生している。それも、第2の昼の期間の最後の方で起こっており、第9サイクルの第2の昼の最後で起こったオサマ・ビンラディンの殺害とよくシンクロしている。

    第7サイクルとのシンクロ

    また、さらにひとつ前の第7サイクルでもおもしろいシンクロがある。

    第7サイクル第2の昼 1794年~1814年

    この期間はフランス革命の混乱の中からナポレオンが台頭し、一時はヨーロッパ全域を席巻するも、1814年にエルバ島に追放され失脚した期間に相当する。ナポレオンは、第7サイクル第2の昼の期間に登場し追放された。

    一方、オサマ・ビンラディンは90年代後半から名を知られていたが、やはり歴史の表舞台に登場したのは、第8サイクル第2の昼の期間に起こった9.11の同時多発テロである。そして、第9サイクル第2の昼の期間に殺害された。

    むろん、ナポレオンとオサマ・ビンラディンはあまりに異なるので同列に並べるわけには行かない。

    ましてや、9.11の首謀者が実際にオサマ・ビンラディンであったかどうかは相当に疑わしい。あらゆる情況証拠から見て、そうでない可能性のほうが圧倒的に高いことは言うまでもない。

    だが、どちらも歴史の表舞台でそれなりに重要な役割を果たした人物であるということでは共通している。そうした人物の登場と消滅が、どちらも第2の昼の期間に起こったことは実に興味深いシンクロだ。

    これは、第9サイクルが始まった第1の昼の期間に東日本大震災が起こり、第8サイクルの第1の夜では台湾とトルコの大地震、そして第7サイクルの第1の昼ではM8のリスボン大地震と大津波によるリスボン壊滅がシンクロしていることと非常によく似ている。

    第2の夜の期間には何が起こるのか?

    我々はいま第2の夜の期間にいる。第2の夜の期間は以下である。

    第2の夜(反作用) 5月2日~5月19日

    この期間に起こるとされる「反作用」は、オサマ・ビンラディン殺害に関連した反作用と見て間違いないだろう。だとするなら、それはどのような反作用なのだろうか?あと少しで第2の夜の期間は終わるが、これからの歴史の方向性を見定めるためには、「反作用」がなんであるのか押さえておくのは重要だろうと思う。

    アメリカで始まった反動の動き

    「反作用」と聞くと、オサマ・ビンラディンの殺害に対する報復としてのテロが予想される。確かに、5月19日までの数日間でテロが起こる可能性があることは決して否定できない。

    だが、テロとともに重要なことは、アメリカ国内の雰囲気の大きな変化である。

    ブッシュを批判して大統領に就任したオバマ

    一般的にオバマ大統領は、前大統領のブッシュとは根本的に異なる大統領として見られている。ブッシュは、善と悪、神と悪魔という、あまりに単純なキリスト教原理主義の勧善懲悪的な枠組みを世界に押し付け、アメリカだけが神から与えられた超法規的な単独主義が可能であるとの幻想から、イラク侵略戦争を始めた。

    オバマは、あまりに歴史に逆行するこうした16世紀のようなカルト的なアメリカを反省し、イスラムを含む異なった文化圏を許容し、世界との対話を重視するリベラルな路線を全面に押し出して大統領になった。これで、アメリカは180度変わり、少しはまともになるという希望を多くの人に抱かせた。事実、就任まもないオバマは、イスラムとの対話を積極的に行う姿勢を見せた。

    一気にブッシュ時代に戻ってしまったかのようなアメリカ

    しかし、オサマ・ビンラディンの殺害が発表になったかと思うと、アメリカでは、殺害を祝う熱狂が起こった。その熱狂の中で、ブッシュ時代のキリスト教原理主義的な勧善懲悪の世界観が息を吹き返し、善の勝利と報復の成功が祝われている。その雰囲気の中で、オバマの支持率も急上昇しているのがいまのアメリカなのだ。

    これは、ブッシュ時代のアメリカを反省して登場したこれまでのリベラルなオバマを歓迎したアメリカからみると、これは明らかに「逆行」であり、「反動」である。いわば、2001年9.11直後、多くのアメリカ人が狂ったかのように「USA!USA!」と絶叫して、戦争を支持した当時のアメリカへの退行であろう。


    コルマンインデックスの第2の夜の期間の「反動」とはこのような意味ではないのだろうか?

    本格的な変動の時期となる第3の昼

    しかし、時間が加速して、それぞれの期間が短くなっている第9サイクルでは、「反動」の期間は一時的なものにしかすぎない。大きな変動は次の第3の昼の期間に起こると考えられる。以下が第9サイクルの第3の昼の期間である。

    第3の昼(萌芽) 5月20日~6月6日

    この期間は、第8サイクルと第7サイクルでは以下の期間になっている。

    第7サイクル第3の昼 1834年~1853年

    第8サイクル第3の昼 2002年12月5日~2003年12月9日


    この期間のシンクロも実に興味深い。第8サイクルの第3の昼にはイラク戦争が始まっている。そして、イラク戦争開始に反対する史上最大の世界的な反戦運動が起こったのもこの時期だ。

    また第7サイクルの第3の昼には、1848年革命という、ドイツから始まりヨーロッパ全土を席巻する一般選挙による民主主義を要求する巨大な革命が起こった時期だ。


    どちらのサイクルも、いわば歴史の転換点となる戦争や、大きな市民運動や革命が起こった時期にあたっている。

    第9サイクル第3の昼では何が起こるか?

    では第9サイクルの第3の昼では、どのようなことが起こるのだろうか?5月20日からその期間に入るのでもうすぐだ。

    もちろん、イラク戦争のような戦争や、世界的な反戦運動や1848年革命のような革命が起こる可能性はある。

    しかし、第8サイクルを見ると、この期間にはこれとは異なった出来事が起こっていることも注目に値する。それは地震だ。

    第8サイクル第3の昼と地震

    この時期は大きな地震が連続して地震が起こった時期だった。以下の地震である。

    2003年5月26日 三陸南地震
    宮城県沖を震源とするM7.0の地震。

    2003年7月26日
    宮城県北部の地震。M6.2。震度6強

    2003年9月26日
    十勝沖地震。北海道襟裳岬沖を震源とするマグニチュード8の十勝沖地震が早朝に発生。主に北海道に津波などの甚大な被害を与える


    特に9月26日の十勝沖地震はM8と巨大であった。

    むろんこのような地震が、第3の日の5月20日から6月6日という短い期間に起こるかどうかはまったく分からない。しかし、この期間には前回の記事で解説した惑星の直列が発生することになっている。以下である。

    5月18日~21日前後 地球、金星、水星、火星直列 

    0518

    惑星の直列が地震の遠因になっている可能性が高いことは、前回の記事で紹介したコーネル大学の論文で詳しく解説されている。

    もちろん、地震が本当に起こるかどうかは分からないし、起こったとしても日本で起こるとは限らない。

    しかし、第1の昼に起こった東日本大震災とトルコ、台湾の大地震、そしてリスボン地震と大津波のようなシンクロが起こらないとは言えない状況だ。注意するにこしたことはないはずだ。


    福島第一原発の状況

    次に、福島第一原発の状況について書く。いま1号機で炉心が完全にメルトダウンしていることはすでに広く報道されている。

    また、5月8日と12日の早朝に、3号機からかなりの量の黒煙が上がったことは前回の記事に書いた。この黒煙が何を意味するのか、いぶかしく思った筆者は、ガンダーソン氏にメールし、氏の意見を聞くことにした。

    アーニー・ガンダーソン

    ガンダーソン氏がどのような人物なのか簡単に紹介する。

    ガンダーソン氏は環境コンサルティングを専門に行うフェアウィンズ社のチーフエンジニアである。

    以前は原子力発電大手の原子力エネルギーサービス社の上級副社長であった。ガンダーソン氏は、自分の会社が米政府原子力規制委員会の規定に違反しており、危険な状態で原子炉を運営している事実を内部告発した。ガンダーソン氏はこれで職を失うことになったが、原子力規制委員会は安全基準違反で原子力エネルギーサービス社を告訴したため、ガンダーソン氏は原発の内部告発者として有名になった。

    またガンダーソン氏は、1979年のスリーマイル島の原発事故の調査に専門家として深くかかわっている。

    このような原子力の専門家であるガンダーソン氏は、いま福島原発の詳細な分析を行い、ネットで公開している。

    ガンダーソン氏の詳細な分析

    5月13日(日本時間14日)、フェアウインズアソシエーツの福島第一原発分析サイトに、最新の詳細な分析ビデオが掲載されていた。そこに、筆者の質問に対する回答もあった。ビデオは「一歩前進、四歩後退」と題名がつけられていた。以下で見ることができる。

    フェアウインズアソシエーツ

    以下がその内容の要約だ。

    ガンダーソン氏の分析

    夜間に黒煙が見える現象について

    インターネットでは夜間に3号機から黒煙が上がっているとの情報が寄せられているが、これはあまり心配しなくてもよいと私は思っている。

    3号機のみならずすべての原子炉から、放射性物質は高温の水蒸気として漏れ続けている。夜間になると気温がかなり下がるので、高温の水蒸気が大気に触れて厚い黒煙のように見えることが原因だと思う。だから、火災が起っているということではないので、さほど心配いらないだろう。


    1号機

    圧力容器、格納容器ともに水がまったくなく、炉心はメルトダウンを起こし、格納容器の底に溜まっている。格納容器の放射線量は致死的な水準に達しており、この場所に4時間いると死亡するレベルである。したがって、格納容器に人が入ることは不可能である。東電は新たに対応策をたてなければならない。

    2号機

    特に大きな変化はない。冷却プールは損傷しているので、注入した水はすべて漏れ出ている。汚染された水を回収し浄化することが必要になるが、浄化しなければならない水の量は一日100トンを越える。しかし、浄化能力は一日1トンから2トンが限界である。浄化能力を越えた場合、水は海や地中に漏れだし、深刻な汚染を引き起こす。

    3号機

    原子炉上部の温度は極めて高いが、原子炉内の圧力はかなり低い。この条件では水が原子炉内に存在することはできない。原子炉内は高温の空気が満たしている状態である。水が存在していないので、3号機の冷却はまったくできていない。だから、3号機では水素爆発が起る可能性はまだある。

    3号機の冷却プールの動画が公開された。炉心はめちゃくちゃに壊れていて原形を止めていない。これは、3号機の爆発が規模の大きいものであったことを示している。

    さらに3号機では、高い濃度のヨウ素131が燃料プールから検出されている。ヨウ素131の半減期は8日と短いので、大量のヨウ素が検出されたということは、3号機の炉心が再臨界に達し、核分裂反応をしている可能性があることを示唆している。

    4号機

    4号機の建屋の上部が傾いている。この状態で余震が起こると、建屋は完全に崩壊してしまうだろう。

    4号機近くでプルトニウムの破片が発見された。これは3号機から2キロも離れた地点である。このプルトニウムの破片は3号機から出たものと思われる。破片がこの距離まで吹き飛ばされるためには、時速1600キロという音速を越える速度が必要である。おそらく、3号機の爆発はこれを可能にするほどの規模であった可能性が高い。

    原子炉の周囲の環境

    原子炉のコンクリートでできた基礎は損傷し、亀裂が走っている。そこから放射性物質が地下水に流れ込んでいる模様である。

    総合評価

    1号機から4号機では放射性物質は継続して漏れ続けている。漏れが止まる兆候はまったくないのが現状だ。

    ところで、米国の原子力規制委員会は、格納容器から放射性物資が漏れることはあり得ないと言っているが、これは間違いだ。格納容器から漏れ出すことは十分にある。

    以上である。

    これがガンダーソン氏による最新の分析である。

    注目に値するのは3号機の分析である。もし再臨界に達しており、核分裂反応がすでに起こっているとするなら、炉心はメルトダウンしていることは確実かもしれない。

    やはり、京都大学の小出助教と同様、1号機のメルトダウンした炉心は圧力容器ではなく、その外側の格納容器の底に溜まっていると言っている。おそらく、こちらの方が正しいように思われる。

    日本で一般に報道されている以上に事態は深刻であることが分かる。

    ところで、筆者の3号機から深夜に上がった黒煙についても丁寧に回答してくれた。もしガンダーソン氏の分析の通りであれば、黒煙に関してはさほど心配することはないのかもしれない。

    続く

    筆者の友人の作家のブログ

    茶房ちよちよ
    駒村吉重のブログ。いつもの飯、酒、より道、脱線、思いごと


    また本を出版しました。今度は徳間書店からです。今回は、このブログの内容を大幅に加筆修正し、未来予測を行った本です。よろしければぜひどうぞ!

    未来予測コルマンインデックスで見えた 日本と経済はこうなる(徳間書店)

    koru

    今回、講談社から英語本を出版しました。通勤途中に電車の中で軽く読める本です。ちょっと英語に興味がある人はぜひどうぞ!

    通じる英語 笑われる英語

    eigo

    「いったい世の中どうなっているんだ!こんな時はマルクスに聞け」(道出版)

    体裁としては「資本論」の解説書のような本だが、マルクス礼讚の本ではない。われわれはこれからなんとしてでもサバイバルして行かねばならない。そのための状況認識のための書として有効だと思う。よろしかったらぜひどうぞ!

    marx

    このブログの基本方針

    このブログの基本方針を掲載しました。記事をお読みになる前にかならず一度はお読みになってください。

    基本方針リンク

    友人の飲み屋

    筆者の友人の一人が飲み屋を始めました。こちらもよろしかったらどうぞ!

    ナイトクルーズ51

    驚異的な前世リーディングサイト
    遠い記憶・前世からの約束

    前世リーディング問い合わせ電話番号
    080-3128-8600

    ヤス先生の
    未来社会創造講座 勉強会


    高島康司講演会

    雑誌アネモネ

    便利な学校検索サイトです!

    海外子女.com

    投稿に関しては以下の方針に従い、どうしても必要な場合以外は削除しないことにしておりますが、他者の人格を傷つける不適切な表現がある場合は例外とし、予告無しに削除し、投稿禁止にする場合もあります。

    意味産出の現場としてのBBSやブログ

    また、私はいま日本で起こっている変化を以下のようにとらえております。もしよろしければこちらもどうぞ。

    いま何がおこっているのか?

    ヤスの英語

    よろしかったらクリックをぜひ!↓



    人気ブログランキングへ

    スポンサーサイト

    テーマ:歴史と予言 - ジャンル:学問・文化・芸術

    コメント

    更新ありがとうございます!

    ヤス様いつも感謝してます。
    第3の昼、何が起ころうと受けいれなければならないのですよね・・・
    震災後から熟睡出来ず寝不足です、ヤス様もご自愛下さい。

    ヤス様
    更新有り難うございます。5月22日前後は占星術的にも再び明確な転換時期になっています。先ず、太陽が牡牛座から双子座に移動し、同時に、水星と金星と火星が奇麗に重なって合を形成します。いわゆる直列ですね。この3つの惑星の固まりが、冥王星とは120度の幸運角度トラインを形成しますが、一方で土星とは150度のクインカンクスを形成します。クインカンクスは閉塞を意味する負の影響を発揮します。この土星と冥王星は、互いに90度のスクエアを形成し対立していて、同時に天王星と土星と冥王星でTスクエアも形成されてます。また、この日、双子座に入ったばかりの太陽は、魚座の海王星とスクエアを形成しますが、水瓶座に入ったばかりの月とはトラインを形成します。一方で月は木星とスクエアを形成します。何だか結構強い要素が多すぎて訳が分からない感じですが、簡単に言いますと、何らかの隠されて来た事実が明らかになったり、あるいは社会体制の大きな変革があり、それは、きっと変革と新しい未来を求める人々には良い事になりそうですが、旧体制を維持しようとする人々、もしくは変化を嫌う人々には都合が悪い結果を及ぼすような、そんな影響が有りそうです。いずれにしましても、第3の昼が始まる5月20日以降数日間は、吉凶の強い影響が同時に存在し、占星術的にもかなり大きな転換期になりそうです。特に日本は数年前から、世界の何処よりも占星術的な変化を正確に受けているように感じますので、第3の昼の開始と共に日本で再び大きな変化があるかもしれませんね。更に面白い事に、第3の昼が終わる6月6日の直前の6月5日に、木星が牡羊座から牡牛座に移動します。ここでも、結構興味深いシンクロがやはり認められます。

    ありがとうございます

    こんにちは。いつも投稿ありがとうございます。ヤス(管理人)です。

    なおさんへ

    いつも実に貴重な卓見、ありがとうございます!なるほど、そうですか。5月22日前後は占星術的にもシンクロしているのですね!この前後に日本でも大きな変動が起こる可能性も大きいのですね。歴史の方向を受け入れつつ、力強く生きてゆきたいですね。

    のりさんへ

    暖かいお言葉ありがとうございます。確かに、何が起こるか分かりませんが、はじめに「安心」してしまうことが大事だと思っています。それに合わせて周囲の環境も変化するので。

    宵の明星さんへ

    東京に出て来られるのですね。私も東京に住んでいますが、いまのところ特に問題がないので大丈夫ですよ、きっと。ただ、万が一ですが東京に来ている間に地震が起こると、すべての交通機関が止まるので、帰宅困難者になる可能性があります。3月11日に私も経験しました。そのときは、すべての携帯および一般の電話回線も不通になり、使えるのがネットだけになりますので、その時の通信手段を確保しておけば安心できますよ。

    ちなみに私はIDEOSというシムフリー(どんなSIMカードも受け付ける)スマホにスカイプをインストールし、イーモバイルのPocket WiFiの契約で使っています。

    IDEOS
    http://www.amazon.co.jp/Android-Froyo%E6%90%AD%E8%BC%89HUAWEI-IDEOS-%E2%98%86Pocket-%E6%B5%B7%E5%A4%96Sim%E3%83%95%E3%83%AA%E3%83%BC%E7%89%88/dp/B004F44I6E/ref=sr_1_3?ie=UTF8&qid=1305507919&sr=8-3

    むちゃくちゃ便利で、スカイプが全国どこでも携帯感覚で使えますね。また、日本通信のプリペイドのSIMカードを使う手もあります。これですと、買い取り制で通信契約の縛りはありませんので。

    日本通信SIMカード
    http://www.amazon.co.jp/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E9%80%9A%E4%BF%A1-%E3%81%A8%E4%B8%80%E7%B7%92%E3%81%AB%E3%81%8A%E5%BE%97%E3%81%AB%E3%81%94%E5%88%A9%E7%94%A8%E3%81%84%E3%81%9F%E3%81%A0%E3%81%91%E3%82%8B%E3%82%88%E3%81%86%E3%81%AB6%E3%83%B6%E6%9C%88-%E3%83%B6%E6%9C%88%E3%81%AE%E7%84%A1%E6%96%99%E9%80%9A%E4%BF%A1%E6%9C%9F%E9%96%93%E3%81%8C%E4%BB%98%E3%81%84%E3%81%9Fb-mobileSIM-%E9%99%90%E5%AE%9A%E3%83%91%E3%83%83%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%B8-BM-U300-7MSW/dp/B004H8EYC6/ref=pd_cp_e_1

    ではでは

    関東地方は危険

    100万倍に濃縮されるエリア
    http://p.tl/IfuB
    既に高濃度の放射性物質が千葉や東京、神奈川ででています。
    http://www.tpao.info/blog/2011/05/post-175.html
    (土壌のサンプリング)

    次に水蒸気爆発が発生したらどうなるのでしょうか?

    ついにメルトダウンが公のものとなりましたが
    これからこの国がこの事態をどうしていくのか
    何とか早く収束してもらいたいものですね

    固体錫をパチンコ玉にして入れてはどうか?

    ヤスさん、ブログ更新ご苦労様です。
    部分的臨界の可能性がある(既に臨界を繰り返していると思っています)なら、常温で固体の錫をパチンコ玉にして大量に入れたら良いと考えます。錫は融点232℃と低く融けやすいし、沸点が2270℃と高い(気化し難い)わけです。しかも、錫は鉛と異なり、毒性が大変低く缶詰や玩具のブリキの材料にもなっています。
    パチンコ玉にすれば常温で水で満たされた状態の場所にも安全に送り込む事が出来ますし、球状のため、その動態は重力によって低い場所に移動、つまり、液体と同じ動きをします。
    核燃料近くの300℃位の水の無い場所に移動すれば液状になり、核燃料を取り囲み、熱を出し続けている間は液体で熱が無くなれば固体化します。核燃料が臨界を繰り返しても液体・固体を繰り返すだけですし、核燃料から離れた場所では固体化します。地下に行っても固体化するため、水を汚染しません。また、臨界によって爆発しても錫で取り囲まれた燃料は固体化して遠くに飛びません。錫を入れておいて注水を徐々に止めれば水は蒸発しますし、錫が核燃料の不純物になって固まり、だんだん臨界し難くなります。
    そして、錫は磁石にくっつくため、飛び散った錫を集めるのも簡単です。

    出所は忘れましたが、ロシアの学者が溶融錫を入れてはどうかと進言していますが、水の入った状態では危険です。しかし、パチンコ玉の常温の固体錫であれば液体とほぼ同じ動態となるので、常温で水の入った状態でも使えます。そして、パチンコ玉なら材料に錫を使うだけで日本で大量に作る事も可能でしょう。

    錫を使うのは良いと思うのですが、、、ダメですかね?

    こっちも注意ですか??

    米でデフォルト回避へ特別措置 財務省、債券発行停止も

    http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011051601000537.html

    なんかさ、毎日放送の種まきジャーナルに毎日出演している小出助教授なんだけど、今日の放送なんか、もう、声に悲壮感が漂いまくってるよな。
    ほんとに日本は、いろんな意味でだめかもしれないって感じ・・・・
    彼が、3月、4月に仮定で予想していたことが、ことごとく当たっていたから、これからほんとに悲惨なことになるかもね・・・・

    ホットスポット

    ヤス様
    一歩進んで四歩下がるの解説ありがとうございます。私もユーチューブで見たのですが、もっと英語がわかればな~と思っていたところ、ヤス様が解説してくださったので、理解できて嬉しいです。

    ところで武田先生のブログに、三郷、柏、流山、松戸がホットスポットであるとありました。
    http://hightree.iza.ne.jp/blog/entry/2279070/

    あと、モニタリングポストでは葛飾の値が高かったです。

    銀色狼さん

    お世話様です

    銀色狼さん、こんにちわ、パチンコ玉すごいと思います、物理は全てのものは丸で安定するといっているので、正解はそっちで間違いない気がします、化学反応とかの難しいことはよくわかりませんが、直感は強いです、

    誤植?

    本文の下のほうに講演の案内が2011年1月15日になってますよ

    SPEEDI

    SPEEDIリアルタイム版がありますので、
    東北・関東周辺にお住まいの方に良いと思います。
    宜しかったらどうぞご覧下さい。

    http://orangeapple01.blog62.fc2.com/

    ドイツの放射能汚染シュミレーションもあります。

    妄想

    福島第1原発は徐々にチェルノブイリを超える原発災害の様相を表してきた。
    今までひたすら隠していたのは菅政権の指示だけでなく、その背後にいるアメリカ→軍産複合体の指示だろう。。。
    軍産複合体の意図に反して、これからの世界エネルギー政策は転換を迫られ来ることになるだろう。
    また、日本にとってはこれからの国土計画・国家財政・経済計画の根本的な見直しである。
    エネルギー政策の転換もだが、東京一極集中の首都機能の遷都、分散が急がれる。

    アメリカ経済(軍産複合体)の経済衰退は歯止めがきかず、アメリカはテロ~戦争と言う常套手段をプロパガンダ(マスコミ操作)を巧妙に絡ませながら加速させてくるだろうが、ここまでインターネットが発達した今日の情報社会では、その策略を国民が鵜呑みするこはなく。結果、事は進まず、ますます経済衰退に追い込まれていく。。。

    中国をはじめとしたBRICs (ブリックス)諸国の台頭は工業化社会・市場経済でありつづける限り、もう止めることはできない。
    アメリカ、日本を含む先進国は、このままでは益々経済衰退していく。
    BRICsはローコストで生産できる世界の工場なのだから理に合う。
    従って、先進国の雇用はどんどん無くなっていく。国民が貧困化し国内消費産業はますます衰退していく。
    ローコストスパイラルであり、一部の支配企業は一時は儲かっても、ほとんどの企業・国民はますます低所得化、貧困化する。。。
    消費が停滞すれば需要が低下し、全ての企業が衰退する。

    気づきの視点:新しい、抜本的な産業発明がコンピュータ・インターネットの産業製品化以降30年ほど止まっています。既存産業品はローコスト化していくのが自然の流れだから、先進国で作る必要が無くなるのは当然の流れ。電波通信・電話や車、飛行機のような文明を変えるような発明が止まっているのが経済崩壊の根本原因かもしれないとも思う。
    それにしても産業発明以外でも新しい文明の利器となる、発明がずっと無い。。。
    もう人類の進化は止まってしまったのかもしれない。。。
    歴史的にも貨幣・文字・紙・車輪・鉄器・火薬・鉄砲の発明など、偉大な発明やアメリカ大陸の発見など偉大な発見とともに文明は変化・進化していくのだが・・・


    もうアメリカを中心とした今の世界経済システムはクラッシュしている。。。
    今はうわべの数字だけ操作し、実態は空回りしているだけだ。
    もうすぐ失速する。。。

    福島第1原発事故による世界のエネルギー政策の転換は自然エネルギーへの転換を進めるとともに、さらに石油・天然ガスの争奪に拍車をかけてくる。
    そうなると石油・天然ガスを持つロシアが台頭してくる。
    また、アラブ諸国へのアメリカの覇権は今後一層、壮絶さを増してくる。
    この度のビンラディン殺害劇はその布石である(しかし先日の20代しか映像に移っていないUSAコールのテレビ中継には、その策略の体たらくに悪寒が走った・・・)
    アメリカ国民(常識ある30歳以上)はそんな政府プロパガンダに簡単に乗ることはないだろう。
    今まで論はもう通用しない。。。

    それに加えて、天災(自然災害)の多発はますます猛威をふるってくるだろう。。。

    人心も乱れ、人災・天災も多発し、全てが八方塞になっていき・・・現代文明が終焉する時を迎えてきてると感じる。

    やはり、どこかで新しい文明へシフトしていく転換期が遠からず来ると感じます。

    パラダイムシフト(社会的・経済的価値観の転換)といったカタチで起きるのか。。。
    大災害、戦争、殺戮による破壊的な再生がもたされるのか。。。

    ある日突然にアメリカ発世界大恐慌が起きるのがいちばん現実的なのだろう。。。
    やはり、とことん社会が破壊されることからしか創造は生まれないのかもしれない。。。
    中途半端な痛手では人間は変われないのだろう。。。
    この震災で金ずるの日本に金がなくなれば、アメリカ国債は誰が買うのだろう・・・中国だけでは追いつかない。

    やはり福島第1原発事故と東日本大震災は、まちがいなく世界的な文明の転換点の起点となる出来事なのです。。。

    そして唯一、言えることは、いついかなる時、いかなる事になっても、そこには変らぬ自分自身が居ると言うことである。

    だから出来るだけ悲観的にならず、常にポジティブマインドでいよう。

    なんとかなる。
    なるようになる。
    自分次第だ。
    人生は楽しいのがいちばん。
    そのためには・・・


    <自然 or 兵器>

    地震発生時、空母ロナルド・レーガンはどこにいたのか?
    何と・・・とんでもない所にいたらしい。
    そして地震予知で一躍有名になった、あのブログを切ってすてた。
    さあ、地震は兵器の仕業か?

    http://blogs.yahoo.co.jp/martingood0323/36849864.html

    あちこちでUFO出現

    奴らは家の壁をも通り抜けて外へ出る事が出来る。鼻が大きく長く顎が無い生き物、それは人間でもなく地球上生命体でもない。ふくよかな丸顔の金髪で白いスモッグのようなドレスをまとった生き物。いろんな姿かたちをした知的生命体がみんな大勢でコンサートのような晩さん会のようなものを開いている。リヤカーのような物を引いている生き物。多分、畑を耕しているのだろう。魔界かムーミン村のような世界であった。

    恐るべき放射能汚染の実態
    目を凝らしてよく見てください。

    http://www.cpdnp.jp/pdf/110518Takasaki_report_May15.pdf

    気が付いたんですが、過去十数年の地震記録を見ると、Mag1程度の小さな地震が増えた後に、小さな地震が減って、Mag4などの中型が増え、そしてここ数年で中型も減り、巨大地震が増えています。つまり、小型地震が増えて徐々に共鳴して巨大地震になってきている。音が共鳴し波長が増大する状態です。人間の脳内パルス(感覚/意識)も共鳴する事で知られています。此れは量子力学の特徴ですが、エナジー等の量子物質にはXYZの3D空間や時間が無いので、量子のスピン角度等の特性でその量子体の識別をします。つまり、スピン角度などが一緒の物は所在地に関係なく絡まって(共鳴して)しまう訳です。波長が有る一定の領域を超えると物質化します。物質化したものには相対性理論が適応できます。
    何が言いたいのか、良く判りませんが、アセンションなどの考え方も全く出鱈目では無いと思います。宇宙にも方向性があるので、それに共鳴して自分の進むべき道を見つけるべきでしょう。宇宙の方向性にそむいても抹消されるのではないか、と。

    狂国・日本

    やすさん、皆さん こんにちわ

    福島第1原発1号機はメルトダウン(2,3号機も!?)。現在、マスコミの話題は2号機に移っているようですね(テレビを持っていないから詳しい事は解らない)。しかし、3号機は核爆発、4号機の貯蔵プールは崩壊寸前・・・らしいですね。それでも、政府は住民に対して避難命令を出さない。東京も恐ろしく汚染されているようですね。人の症状としては鼻血、のどの痛みがあるようですが、環境の変化をしっかりと見ているほうがよいと思う。

    植物の奇形、昆虫類の奇形、大量発生、その反対に見られなくなる生物。春先の放射能汚染ですから、細胞分裂が活発な小動物や昆虫類は大きな影響を受ける物と思われます。

    現政権の日本人虐殺政策は順調に進んでいるようです。『大丈夫だ』『安心だ』と言いながら、現地視察の時には重装備で防護する政治家。住民の避難指示・命令は出さずに、首都機能の移転を考えているようです。まったく、狂っています。政治家も狂っているが、国民自体も狂っていますね。ここまで洗脳・すり込みが激しいと、まさしく、狂国・日本です。

    やはり、今は大淘汰されるべき時期なのでしょうね。超人・神人の出現が待たれます。地球の変容が加速していますから、その流れに沿った人の中から、遺伝子の変容が起きて現れることでしょうね。

    日本の混乱は世界に波及しますから、このまま放射能汚染列島化したほうが、軍事的影響、経済的影響がなくなり、真の日本国の立ち上げに有利になるのではないかとも妄想しています。

    度々すいません。またお邪魔します。

    浜岡原発でトラブルがあったようです。
    海水が400t流入したそうです。


    http://orangeapple01.blog62.fc2.com/

    原発事故

    ETが援助しているから被ばくなどの心配はいらないと発しているブログがあります。

    それによると危険な数値が観測されているのは計測器が悪いからだそうです。

    ソース
    http://blog.goo.ne.jp/flatheat/e/8cb4cfa665dabde8e91412ed100a8a69

    原発事故

    う~ん、そこまで楽観的にはなれません。

    木内さんの放送(前回コメで紹介されていた)を聞いてから、いろいろ考えました。
    自然の一部である人間の、自然の中の役割は何か。

    直接かかわりがあったのではないにしろ、同種である人間がウランを持ち出し、事故を起こし、生態系にダメージを与えているこの責任を、私も負っていこうと思うようになりました。

    家族を含め、放射能を避けていく生き方には限界を感じます。不安が付きまとうし、何より何かを避けると言う考え方が、自分と世界を切り離してしまい、小さくせせこましく、楽しくない方向に自分が追い込まれていくのを感じるからです。

    この事故はきっとチャンスなんだと思います。

    放射能を軽減させていくやり方が、環境の浄化や自然の一部としての人間の役割やあり方を取り戻すきっかけになっていくように思います。

    命あるものはみな放射能物質を取り込んで、結果的に環境を浄化しているようですよね。

    私は微生物から入っていってみようかと思います。

    私にとって、この入り口がどこにつながるかはわかりませんが、わくわくと気持ちが広がっていくので、きっとよいところにつながっていく予感がします。

    EM菌をどんどん増やして、家と生活周りの環境改善やって見ます。

    腸内細菌もいきいきさせて、発酵食品たくさん使ってみます。

    アセンションもUFOも異次元存在も、すべて肯定しています。

    人生自分で舵を取って、思いや周波数にあったひとつのパラレルワールドを経験していくと言う考え方に共感しています。

    それぞれの立場で、この事故や状況をどうチャンスとして使い、次のこまに進めていくか、やれることはみんな違うと思います。

    大きくつかんで方向を決められる立場の人など、どれだけ勇気がいるんだろうか。

    チャンスをつかもうよ。

    これをきっかけに世界が変わりますよ。

    ここでどう動くかがこの文明を決めると思います。

    がんばりましょう!

    みんな、今の気持ちをメールに書き記しておくるんだ。うだうだ言っていてもしょうがない、行動するんだ。

    福島の児童を守りたい人は議員にメールしましょう

    細野豪志 内閣総理大臣補佐官 (福島第一原発担当)
    ※細野議員は「20mS/年は絶対に認められない」と言っています。
    メールフォーム:
    http://goshi.org/contact/

    川内博史 民主党議員
    ホームページ:http://www2c.biglobe.ne.jp/~kawauchi/
    東京事務所:
    E-Mail Kawauchi@mxz.mesh.ne.jp
    鹿児島事務所:
    E-Mail fvgg5470@mb.infoweb.ne.jp

    森ゆうこ  民主党
    メールフォーム:
    http://www.mori-yuko.com/info/

    空本誠喜 民主党
    メールフォーム:
    http://www.soramoto.com/opinion/

    福島瑞穂 社民党
    E-Mail mizuho-office@jca.apc.org



    <例文>

    ○×△閣○理△臣○佐官  (※名前を変えてください)
    細○△志 様

    「福島児童20ミリシーベルト撤回」を強く要望します。

    福島の児童に年間20ミリシーベルトまで放射線の被曝を許容することは法令違反であることは明らかです。

    正式な手続き、会議を経ずして勝手に決められた数値によって、福島の児童が人体実験にかけられているのです。

    5年後、10年後には日本国民は、このことに気がつくのでしょうけれど、そのときは手の施しようがないでしょう。

    20ミリシーベルトを撤回すれば、後は福島の児童の保護者たちは創意工夫をこらして避難行動を取ることができます。

    これは本当の意味で「国難」です。
    この事態を見過ごしていいと考えてる国民は誰一人としていないでしょう。

    一刻も早く、撤回すべく行動起こしていただきますよう願います。

    ※自分流の表現にしてくださいね。

    エレニン情報

    放射能汚染のバイオ浄化

    腐らない野菜

     ゆうごはんを作ろうと冷蔵庫を物色、何時作ったか忘れたがモヤシのナムルに使ったニラを発見、いつもなら三日程度で腐るニラがピンピンしてる。足の速い野菜だから皆さん早く消費してしまうでしょうね。

     ゆうに二週間もたったニラが生き生きとしているのは被災者は何でも食べるから今のうちに儲けようという農家の知恵なのか、混乱期だから多少多めの農薬でも気づくまいという意思なのか、便乗商売なのか、美味しそう見せる為の善意の農薬なのか、どちらにしてもショックな出来事です。

     そのニラは群馬県産でしたが農薬や科学物質で死のうが全て放射能のせいにしてしまえという意図を感じ、悲しい気持ちになりました。

     「道義が無い世界、政治は有っても」

     ノストラダムスの予言の言葉が胸に突き刺さります。

    http://blog.goo.ne.jp/nagaikenji20070927/c/28437a365885c2ef56b77f094706d3da
     かなり下のほうですが、茨城県の主婦の話の中に、菌が発生しないのは放射能のガンマ線における滅菌状態にあるのでは。という話がありました。

     いきなり農薬を増やすのは難しいと思われるので、ニラはもしかしたら放射能による滅菌状態にあるのではないかと思いました。

     茨城と福島のもの、表示のない野菜は食べないにこしたほうが。
     早く原発なくして 節電システムにして、自然エネルギーになってほしいです。
     希望さえあれば大丈夫。四代先を見越した 子孫のために立ち上がりましょう。

     

    この世界は変われるのか

    この思いは幻か

    なんかで聞いた歌の詩です。
    今日はなぜか胸に響きました

    第3の昼

    第3の昼が始まりましたね。
    今まで隠されていたものが、表に出てきています。原発事故の詳細ですね。

    「1号機のメルトダウン(全炉心溶融)などの新情報が、いまごろになって続々と判明している東京電力福島第1原発。こんどは3号機がメルトダウンし、冷却目的で放水されている水の多くが圧力容器に届いていない可能性が出てきた。事態が改善されなければ、圧力容器の底が溶け落ちる危険性があり、事態は1号機よりも深刻なようだ。

     東電関係者によると、3号機も震災直後、燃料が損傷してメルトダウンした可能性が極めて高く、現在、溶けた燃料が「圧力容器の底にたまっている状況とみられる」という。」ZakZakより一部引用

    ここで、ネット上で噂されている千葉沖大地震が起きると、福島原発、浜岡原発が破壊され、日本からの退去が始まるでしょうね。人口の大移動です。このままでも数年後には癌が多発して、人口の大幅な減少が起きる事でしょう。日本は名実共に“4流国”になります。人口も大幅に減少することでしょうし、放射能汚染を恐れて、他国人は近づかなくなります。実質的な隔離であり、鎖国になりますね。

    時間の流れ、意識の変容などを考えて、間に合うのかどうかは解りませんが、爺さん、婆さん、おっちゃん、おばちゃんなどは腹を括って、現在増えているチャネラーや特異な感覚の子供たちの邪魔をしないようにしなければいけませんね。

    現実的に、この社会が続くのかは解りませんが、現在の社会は崩壊せざる得ないでしょう。新たな社会は、次元上昇した世界なのか、意識の変容した社会の到来なのかは解りませんが、必ず来るものと信じています。

    念のため

    日向灘~足摺岬沖で地震の予兆を感じます。
    感覚的なイメージですので当たらないと思いますが
    念のために記載します。

    ジョン p ホールデン

    ホワイトハウスのジョンホールデン博士というのが気になったので 色々調べてたら ここに行き当たりました。http://www.whitehouse.gov/sites/default/files/microsites/ostp/ostp-letter-neos-house.pdf

    1999

    わしは年老いておるが、若者の邪魔は一切しておらぬぞ。
    ノストラダムスで思い出したが、前世紀、日本のとある扇動者が「1999年7月」と雑誌やTVで喧伝しておって、多くの大衆が恐れおののいておった。が、肝心の恐怖の大王なるものは現れなかった。
    このことから、ノストラダムスの大予言は大衆から侮蔑されるようになっていった。今では、この大予言を真顔で言い出せる者がニッポン国内では、ほとんどいない状態になっておる。
    しかし、ノストラダムスの原文のどこを探しても西暦1999年などという記述は見つからないのである。
    ノストラダムス研究者によると、「暦が終わるとき」が正しい訳なのだという。
    「暦が終わるとき」を大衆受けするため、ようは金儲けのため、「1999年」とした輩も輩であるが、それを少しでも信じてしまった大衆も大衆である。そして「な~んだ」とかたづけてしまうのが多くの浅慮な者供である。
    さて今日、我々は、前世紀には無かったインターネット技術により、多くの情報を得ることができるようになった。こうしてヤス殿のHPにアクセスしておる者達であれば、「暦が終わるとき」の意味を理解しておることであろう。

    このように書くと、必ず1999に拘りのある浅慮な者が出現する。
    たとえば、「実は、旧暦で1999で、これを新暦に換算すると・・・」と、したり顔でくだらん論を展開してくるような者がな。
    このような真実から遠い者どもに影響されぬことである。

    余談

    ノストラダムスは1999なんだが
    ノストラダムスの生きていた時代の旧暦でそうなんで、今の新暦になおすと2014なんだな。

    珠光茄子さん

    私が読み落としているのかも知れませんが、これって結局この表の事なんでは・・・・
    この表の事を心配している人達は結構いると思いますが、かなりの近さで来るのがありますね。
    3ヶ月にいっぺん位は物凄く近いです。ページのずっと下の方まで行って下さい。
    あとはNASAが衝突すると計算すれば、アメリカ政府がどのように行動するかだけの話だと思います。

    http://spaceweather.com/

    以前のコメントで、どなたか木内氏のインタビューを紹介していましたよね。氏は2125年?あたりに
    彗星が衝突するとおっしゃっていたような気がしますが、これは彼の死亡体験からではなく、計算上
    でそうなったと思いますが。
    余談ですが、あのインタビューは非常に興味深いものでしたが、どうしてバックグラウンドに音楽なんか
    流すんでしょうか。大切な話をしているのに、後ろで音楽が騒々しかったです。

    日本で隠蔽されたニュースが中国で報道

    日本で隠蔽されたニュースが中国で報道
    http://www.youtube.com/watch?gl=JP&hl=ja&v=N0cvNmhK15k

    >日本で隠蔽されたニュースが中国で報道

    なぜか、民衆の話している言葉は中国語のようです。

    ↑って中国iPad主力工場で爆発のニュースですね。日本で隠匿されたニュースではないです。

    中国四川省成都市iPad主力工場(台湾企業の中国子会社、富士康科技集団フォックスコンで爆発 2人死亡、生産停止
    http://www.nikkei.com/news/headline/related-article/g=96958A9C9381959CE0E3E2E3E18DE0E3E2E7E0E2E3E3E2E2E2E2E2E2;bm=96958A9C9381959FE0E2E2E79F8DE0E2E2E7E0E2E3E39494E0E2E2E2

    隠蔽されたというより
    日本語の情報は英語圏の情報量に全く追いつけないとはよく言われていることなんで
    自分の情報収集能力の問題だと捕らえて
    対策講じなきゃならないなと思うようになってきた

    原子力委員会が年間被爆量を100ミリシーベルトにするらしいです。
    本当に大丈夫なんでしょうか?
    http://www.nsc.go.jp/info/20110520.html

    とろろさん

     有難うございます。もしやとも思いましたがそんな可能性もやはり有るのでしょうね、今もニラは元気です。話は変わりますが、現実過ぎで申し訳ないのですが、気仙沼の高校の吹奏楽部でフルートが足りないそうです、中古でも構いませんので誰か寄付される方がいればと想いました。
     本当ならツイッターでつぶやけば良いのでしょうが、田舎者につき良く分りません。本当に御免なさい。

     部活をやっている場合かという意見も御座いましょうが、それが今の気仙沼の現実です。

    リビアでM8.4の地震、組織ぐるみで隠蔽される 5月20日
    http://sekaitabi.com/libyam8.html

    なんだか今日21日は南は熊本
    北は北海道まで日本全土に広がっています

    ズルッっといってしまうんでしょうか


    21日×
    22日○

    噴火

    アイスランドで火山の噴火が始まった模様です。 前回の場所とは違うようですが。http://www.bbc.co.uk/news/world-europe-13487858

    http://www3.nhk.or.jp/weather/

    日本全土の広範囲でやってうなーっておもってたら、
    7:32以降ピタッと止まりました

    更新されてないだけっすかね

    現実的な手立てはあるのでしょうか

    小出先生→冠水は意味がなく石棺
    ガンダーセン教授→地下水にも放射能が漏れているので、打つ手なし。果たして現実的な手立てはあるのでしょうか。
    http://www.ne.jp/asahi/kibono/sumika/kibo/note/naibuhibaku/naibuhibaku1.htm#12setsu
    これなんか読むと絶望的な気持ちになります。

    フルートは

     八王子の友人がやっているリサイクルショップで発見しました。格安で譲って戴きます。有難うございました。 素敵なお店です、ご近所の方はお立ち寄り下さい。「ハープス」です。

     先日、気仙沼で活動していた自衛隊が一部帰還されました。早朝からお祭りの様な賑わいの人出で見送ったそうです。住民の感謝は言葉に出来ない程だったと思います。

     暴力組織と言われ、安全だと嘘をつかれ被爆し、無残な部分遺体を捜索してノイローゼになりながら誰にも本音を言わずに必死に働いてくれた彼等達。 一生忘れません。 ありがとうございました。

     あなたがたがクーデターを起こしても誰も責めはしないだろうと思いましたよ。 あまりにも狂った権力構造、マスコミ、彼等の家族が皆原発で働くべきです。下請け会社に変わって。それくらいの罪だったという認識さえ無いのではないですか! 誰も責任をとらない社会。そんな世の中で子供達がおかしくなるのは当たり前でしょう! 世直しはこれからです。

    スコットランド西部の島の沿岸で、100頭にも及ぶゴンドウクジラの群れが座礁してしまったようです。
    最後の審判と噂されてた21日に

    この兆候・・・21から始まったと考えてよろしいんじゃないでしょうか?
    噴火も起こりましたね

    まぁいつものように何もない気もしますが、
    しばらくは経過観察です

    ■小出裕章先生 参議院へ■

    今日、5月23日に参議院の行政監視委員会「原発事故と行政監視の在り方」に、
    小出裕章先生(京大原子炉実験所助教)が参考人として招かれます。
    インターネットで中継があります。

    参議院 インターネット審議中継
    行政監視委員会 13:00 ~
    (↓参議院の中継サイトです。)
    http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php

    他の参考人は孫正義氏、後藤政志氏、石橋克彦氏です。

    どさくさにまぎれて

    東日本大震災や原発事故のニュースに隠れて進むあの問題!
    http://video.fc2.com/content/20110522z3mL5GSp

    覚悟

    米ミシシッピ川流域での過去最大の大規模洪水の危険度が高まってきている。。。(報道と異なり、現在かなりの危険水域になってきているようです。)

    長江中下流域の降水量が50年間で最低レベルであるというデータを発表。耕地面積約1億ムー(中国全耕地面積の約20分の1)が水不足の影響を受けているという。華北地域は、今や世界最大の「地盤沈下」でも大変な状況。
    オーストラリアも含め大干ばつは世界の穀倉地帯を昨年以上に破壊してきている。。。

    アイスランドのグリムスボトン火山然り、噴火は報道以上にその猛威は大きいと思われます。空港閉鎖はこのままではヨーロッパを巻き込みます。また成層圏まで届く噴煙は、今後地球の気候異変を誘発するのは間違いなでしょう。
    日本でも阿蘇山の噴火など世界中で噴火の活発化がみられます。
    スコットランド西部の島の沿岸で、100頭にも及ぶゴンドウクジラの群れの座礁もかなり不気味ですね。。。

    東日本大震災以降、
    上記をはじめとした自然災害が世界中で日々多発してきている。。。
    昨年を振り返っても、今年は自然災害の規模は未だかつてない最悪なことになりそうな気がします。。。

    もう地球は完全に狂ってきていますね。
    太陽黒点も活発期に入ります。。。
    地球の磁気も完全に狂いだし、磁極移動もどんどん加速し・・・

    スペインも大変なことになってきましたね。
    金融崩壊も秒読みか。。。
    世界大恐慌もいつ勃発してもおかしくない状況です。

    日中韓FTA推進。。。
    まにあって欲しい。。。
    アメリカの潰しがまたあるのだろうが。。。

    本気で「覚悟」だけはしておいていたほうがよさそうです。

    といっても個人レベルでは今、日々なにが変る訳はありませんが。
    ある日、突然に、その日はくると思います。

    「覚悟」だけはどこかでしておきましょう。

    やはりアメリカの動きに注視です!!


    現実的に

    やすさん、皆さん こんにちは

    今日はちょっと現実的に、現状に対して、どのような感想を持っておられるかをお聞きしたい。

    武田邦彦先生のサイト http://takedanet.com/2011/05/110523_a0af-1.html

    武田先生は御尤もな事を書いておられるのですが、ちょっと、引っかかる点があります。専門の武田先生から見られると、現在の放射能汚染の程度は、3月に比べて『大丈夫』レベルらしいです。確かに、3月のレベルは『京』単位の莫大な量の放射能放出レベルです。現在はその一万分の一レベルであるからたいしたことはないというご意見です。しかし、3月で『京』単位。その一万分の一ならば『億』単位のレベルの放射能量ですよね。大した事はないのでしょうか!?それに持続的に放出されているのです。

    私は何も武田先生の批判を書いているのではありません。ただ、判断レベルがどうなのかをやすさんや皆さんにお聞きしたいのです。

    3月と5月の放射能の量の比較の問題ではなく、持続して放出されている放射能の影響です。著名な方の見解は大きな影響力があります。武田先生も注目されている方ですが、その先生が『現在の放射線の量は大丈夫だ』と言う事を言っていると、多くの方が安心してしまうのではないかとも思う。持続的に放出されているにも関わらず・・・。

    このような問題をやすさんのコメント欄で提起すること自体がおかしなこととお叱りを受けるかもしれませんが、注目されている方のコメント欄は多くの人が観られる事と思います。現状では、ちょっと立ち止まって考えてみる価値のある話題とも想います。

    元東電社員の内部告発

    一度見てみてください。それなりの内容が分かり
    安く語ってます。最後をどう思うかは、あなた次第です。

    http://www.youtube.com/all_comments?v=wlaAVvpIG-k

    やまとさんへ

    こんばんわ。ヤス(管理人)です。いつも投稿していただきありがとうございます。出来る限り答えますね。

    武田先生のサイトは私ももっとも信頼しているサイトのひとつです。ですので、武田先生のおっしゃっていることは基本的には事実ではないかと思います。

    ただ、放出される放射線量そのものが減っているというよりも、放出のされ方がこれまでとは異なっているということではないかと思います。

    つまり、原子炉への注水がまだちゃんと行われていなかった3月中旬から下旬では、大量の放射性物質が大気中に放出されていました。

    一方、いまは注水が実施され、水が圧力容器などに空いた穴からどんどん外部へと漏れ出ているので、大量の放射性物質は汚染水として外部に放出されているはずです。

    ですので、放射性物質の放出のされ方が変わったというだけで、放射性物質そのものの量はむしろどんどん増えていると思います。

    事実、4月の終わりには4号機の建屋から漏れ出た水から3億ベクレルのヨウ素131が検出されました。ヨウ素131は核分裂反応が起こっていないと生成されない物資で、なおかつ半減期は8日です。この短い半減期からして、4月の終わりには検出されたヨウ素131が3月12日や14日の爆破のときにできたものではないことは明らかです。このヨウ素131は、4号機でメルトダウンが起こり、核分裂反応で新しく生成された放射性物質です。

    ということは、現在でも放射性物質の生成は続いていることを示しています。1、2、3、4号機がメルトダウンしているなら、これらの原子炉すべてで新たな放射性物質の生成が続いており、むしろ量としては増大しているのではないかと思いますよ。

    いま、1号機の内部の放射線量が200シーベルト(ミリでもマイクロでもない、ただのシーベルトですよ!)を越えています。これはすさまじい線量で、入ったら人間は即死する線量です。これだけの線量がでるということは、いま1号機では核分裂反応が起こり、大量の放射性物資が生成されている最中だと思います。下のリンクからどうぞ。

    http://atmc.jp/plant/rad/?n=1

    ただ、上にも書いたように、そうした放射性物質は汚染水として放出され、大気への放出は減っているのだと思います。

    最近では、空間線量は各地で低下傾向が続いています。ですが、土壌の積算汚染、また地下水や下水、海の汚染はどんどん拡大しています。

    また、空間線量が下がったから安全になっているのかといえばまったく違うと思います。これから被爆の健康被害は大変な状況になるのではないでしょうか。

    メルマガに詳しく書くつもりですが、放射線の国際的な安全基準には2つあります。

    ひとつは、「国際放射線防護委員会」の制定した基準です。これでは「1ミリシーベルト/年から20ミリシーベルト/年のうち小さい方の値を基準として採用すること」となっています。日本政府は「20ミリシーベルト/年は健康被害はない」と勝手に決めつけ、「国際放射線防護委員会」の基準の最大値を採用しました。

    「国際放射線防護委員会」とは、IAEAとともに原子力の推進を唱える国際組織です。

    一方、「放射線リスク欧州委員会(ECRR)」というまったくの別な組織の基準が存在します。ここは、「国際放射線防護委員会」の基準が外部被爆のみを対象にしており、内部被曝による健康被害は無視しているので、「国際放射線防護委員会」の基準には根拠がないとして、外部、内部の被曝を考慮した基準を設定しています。

    「放射線リスク欧州委員会」の基準では、放射性物資を体内に取り入れると体内で放射線を出し続けるので、低い線量の被爆であっても大変な健康被害が出るとしています。はっきりした基準は忘れましたが、1ミリシーベルト/年がぎりぎりの許容範囲ではなかったかと思います。

    ところで、「国際放射線防護委員会」と「放射線リスク欧州委員会」のどちらの基準を採用するかはそれぞれの国が自由に決定できるはずです。日本政府は恣意的に原子力推進派の「国際放射線防護委員会」の基準を採用しました。

    また、日本の放射線学会という専門家の組織ですが、これも「国際放射線防護委員会」の基準を強く押しています。最近、琉球大学の矢ヶ崎名誉教授が放射線学会に関して、1)放射線の悪影響を学会で発表する研究者には大変な圧力がかかること、2)原子力推進の立場の経済産業省と電力会社の意向で運営される政治組織であり、科学的客観性はないこと、などを告発しました。内部被曝の詳しい説明と合わせてぜひご覧ください。

    http://www.videonews.com/asx/special/special_110519_yagasaki_300.asx

    以上のような観点から見ると、武田先生のコメントは以下のような前提からなされているのではないかと思います。

    1)放射性物質の放出は、大気よりも水による放出に変化した。そのため、空間線量だけを見ると放射性物質は低くなりつつある。

    2)健康への危険度の査定は外部被爆の線量を中心に考える。

    この2つの前提を適用すると、武田先生のような結論になってくると思います。

    ただ、内部被爆を考慮するとはるかに深刻ではないでしょうか。先ごろ、福島で20年間ウサギを飼っていた人が、安全を確かめるためにあえて外に生えている草を与えて飼育したとこと、奇形のウサギの誕生が報告されています。

    http://www.youtube.com/watch?v=UqVY9azhH3U&feature=player_embedded#at=93

    チェルノブイリでは13ミリシーべルト/年で乳幼児の奇形が83%増加しています。

    チェルノブイリ原発事故によるベラルーシでの遺伝的影響
    http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/Chernobyl/saigai/Lazjuk-J.html

    ありがとうございます

    日本一のおバカさん・さん
    ありがとうございます。

    やすさん
    ありがとうございます。

    狭い日本、それでも汚染された地域に留まらなければならない人達が多いのです。と言うか、日本全体が汚染されてきています。現状ではどうする事もできませんね。
    これから大きな悲劇が繰り返される事でしょう。戦後の対日本政策から抜け出すことが出来ないのですからね。

    (ここから妄想)
    やはり、時代の過渡期に差し掛かってきてるのでしょう。肉体は魂の着ぐるみだと考えています。肉体は道具、魂が本体。この世での経験が済めば、肉体を脱ぎ捨てて、本来の姿にかえる。物質的な執着があるからこそ、苦しむ事となるのですから、苦しみながらも、その経験が必要な時期に生まれてきているのでしょうね。欺瞞と虚飾、隷属と搾取の社会です。『お金』と言う物が総てと洗脳、刷りこみが長い期間にわたって行われてきたのです。そう簡単には変わることはないでしょう。だからこその大震災と原発事故ですね。その上、民主とという、どくでもない政党が政権を握っている。なんか、筋書き通りの出来事がドミノ倒しの如く起きているようです。政治・経済には予定表があり、どのような出来事がおきても、起きるべくしておきているということを何代か前のアメリカの大統領が言ったと言うような事が言われていますね。影の支配組織の計画通り、日本は滅ぶべくして滅ぶ・・・と。

    しかし、ここで、倭人の遺伝子が活性化することにより、倭人を中心にしての人類文明の再興隆が始まる。その時には影の支配組織も、日本における下っ端や反日分子も掃除されていることでしょうね。それまで、艱難辛苦の時を過ごさなければならないがね。それ自体、種人が生前志願した事でしょう。

    意見を募集中

    内閣府原子力委員会が国民の意見を募集しているようです。http://www.aec.go.jp/jicst/NC/tyoki/tyoki_oubo.htm 

    質問!

    ヤスさん、つかぬ事をお尋ねしますが、ブログを開いたとき数秒間現れる画面右上の傘を差すカエル君は何なの?可愛いですよね。

    内閣府原子力委員会が募集する意見で、
    子供たちを疎開させる意見が多ければ、
    現実になるかもしれませんね。

    意見を募集することは、「国民がそういったからやった」ってことで、国は責任をとらん、ってことだとも思いますが。

    事実上、報道禁止に

    数々の賞を受賞しているにもかかわらず、
    事実上報道禁止にされた感動作。

    台湾で空前の大ヒットを記録した映画

    『海角七号/君想う、国境の南』PV
    http://jp.youtube.com/watch?v=pjSB2I_87SU


    マスコミの報道規制を暴け。

    涙が止まらない。東京都中央区は砂場の検査も食材の情報開示も拒否。親が調べるのもダメ。さらに牛乳を飲ませないのも砂場に入れないのもダメ。保育園に通っている以上は牛乳を飲まなきゃいけないそうです。そういう区の方針を理解した上であずけていただいているの一点ばり。国と都は信用してると…。
    http://twitter.com/#!/mangakosan

    さっき、5/25のたねまきジャーナルの小出さんの話では、炉心は完全に溶けて、格納容器を突き破って、その下のコンクリートを溶かしているとのこと。そして、もう炉心を冷やす方法がなく、あとは
    地面に杭を打って、地下水との接触を最小限にすることだとのこと。

    も~~~~、どうなってんお・・・・・

    海角七号・・・・・・良かった。
    http://www.youtube.com/watch?v=WlFzSrQadro&feature=related
    中文版(字幕漢字)ですが。一気にpart12迄見てしまいました。

    コンクリートの上に核燃料があるならまだ間に合います

    常温固体錫のパチンコ玉(表面はパチンコ玉と同じクロムメッキで水中で錆びない)を入れれば良いと考えます。仮に核燃料がコンクリートを破って地下に潜っても、常温固体錫のパチンコ玉は穴に向かって転がって核燃料を追いかけていきます。全体としては表面積と体積が増え、核燃料の不純物となり臨界の頻度と規模を抑え、放射線の遮蔽になり、燃料と混ざった錫の外側の温度は1000度程度になり、地下への沈降は途中で止まるでしょうし、上手く行けば最外装は固体化します。それが間に合わなくて水蒸気爆発しても、溶融錫が空気中では冷却されて固体化して核燃料を取り込んで少し大きな物質になっているので遠くには飛びませんし、飛び散った放射性物質も錫の性質から磁石にくっつくので集める事も容易です。固体化した錫と核燃料の合金が地中の浅い所に留まっていれば将来磁石で引き上げる事も可能になります。
    最悪のシナリオでも、打つ手はあります。問題は最悪のシナリオの先を想定して先手を打てるかどうかでは無いでしょうか?

    相手がどんなに強くても、先手を取れれば勝機は生まれる。「放射能から生まれた怪獣ゴジラ相手の大惨事大戦」と考えてはどうでしょうか(笑)?。。。人間が作りし物が相手です。わざわざ負けてやる必要も無いでしょう。違いますかね(笑)?

    タレント山本太郎、反原発発言で仕事なくなる

    @yamamototaro0
    山本太郎俳優
    今日、マネージャーからmailがあった。『7月8月に予定されていたドラマですが、原発発言が問題になっており、なくなりました。』だって。マネージャーには申し訳ない事をした。僕をブッキングする為に追い続けた企画だったろうに。ごめんね。
    http://twitter.com/#!/yamamototaro0/status/73367872579178497

    日本の政治が変わる?

    関東地方の放射能汚染実態
    http://renzan.org/2011/05/post-120.html
    リアルタイムで放送されるそうです。
    専門医だけでなく、政治家も参加し、数百名の主婦を中心に数十台のガイガーカウンターで調査しネットで放送するらしい。
    プルトニウムを判別できる高性能軍用調査機も投入するようです。

    緊急◆防衛省重要施設から2.3km、中国の直轄地に。

    下記は某ブログのコメントのコピペです。


    皇居から4km、防衛省の重要施設からわずか2.3kmの場所にある、
    広大な土地が、中国政府の治外法権地となりそうだった件ですが・・

    あれほど国会が紛糾したのに・・・

    5月25日に、予定通り、中国共産党に売り渡されてしまったそうです。

    詳細は、こちら。えびにゃんさんの日記で。

    ↓  ↓  ↓
    南麻布中国大使館土地契約されたみたいです。(えびにゃん@ポス部☆総統☆)

    こうなるともう、一度は中国への売却を阻止した名古屋・新潟の買収問題も、
    再度のゴリ押しで中国政府に引き渡されてしまう可能性が出てきました。

    中国が新潟を、どうしても欲しい理由については、
    「パチンコ屋の倒産を応援するブログ」さんのこの記事が地図付きで秀逸ですが、

      ↓  ↓  ↓  ↓
    http://ttensan.exblog.jp/12326563/

    新潟港をグーグルで調べると、そこには新潟空港がくっついていて、
    なんと、自衛隊の基地も併設されていることがわかります。

    今回、中国政府が入手した東京の広大な土地も、
    自衛隊の重要施設や、港までの距離が、おどろくほど近い・・・
    これは、国防上、どのように捉えなければいけないことなのか、
    クソ高い歳費を支払って雇ってやっている、国会議員の先生方wwに、
    とっぷり反省して、考えてもらうしかないでしょう。

    以下、中国共産党の、事実上の直轄地となった、東京都港区南麻布から、
    我が国にとって最重要とみられる施設までの、徒歩検索での距離です。

      ↓  ↓  ↓

    ◆ 国会議事堂  3.8 km
    ◆ 皇居(桜田門)  4.0 km
    ◆ 芝浦ふ頭(重要港) 3.4 km
    ◆ 外務省‎    3.1 km
    ◆ 法務省‎    3.5 km
    ◆ 検察庁‎    3.5 km
    ◆ 警視庁‎    3.5 km
    ◆ 財務省    3.5 km
    ◆ 文部科学省 2.8 km
    ◆ 防衛省技術研究本部艦艇装備研究所‎  2.3 km
    ◆ 防衛省航空自衛隊幹部学校‎  2.3 km
    ◆ 防衛省防衛研究所総務課‎    2.3 km
    ◆ 防衛省陸上自衛隊幹部学校‎  2.3 km
    ◆ 防衛省海上自衛隊幹部学校‎  2.3 km
    ◆ 防衛省統合幕僚学校‎       2.3 km
    ◆ 防衛省海上自衛隊幹部学校長‎  2.3 km
    ◆ 防衛省防衛研究所総務課長‎  2.3 km
    ◆ 防衛省  4.7 km
    ◆ 東京入国管理局‎   3.4 km

    どう見ても日本の心臓部です。
    たった半径3.5kmを押さえられれば、国防が終了する場所です。

    これと絡んで国防動員法の問題ですが・・・
    今、北海道に、東京ドーム何個分、とか山全部、と言われるほど、
    中国企業の「買い占め」が進んでいることは皆さんご存知でしょうが、
    もし国防動員法が発動されれば、それらは
    「すみやかに、中国企業の手から、中国政府のものになる」んですよね?
    千歳空港の周辺では、すでに中国人向けの、広大な住宅地が開発されつつあると聞きます。人員を駐留させる施設の目処はたった、ということです。
    そして、千歳には、空港と、そして自衛隊の基地がある・・・。
    こちらも新潟・東京と同じ意味を持っている、ということです。

    空港・港・軍事基地、そしてその国の最高議会。

    これらをピンポイントで押さえれば、どんな国もあっという間に占領できます。
    日本にとって、極めて重要な、心臓部から至近距離であるその土地を、
    他国の治外法権地とすることの危険性を、民主党政権はわかっていません。
    あれほどたくさんの議員がいても、誰一人、立ち上がらなかった・・・。
    松本外務大臣は、かたくなに売却をすすめる姿勢でした。

    このことはたぶん、将来、歴史の教科書に載る事態だと思います。
    ・・・ただし、将来、

    「 私 た ち の 国 が 残 っ て い れ ば 」   ですが。

    わたしたちの子供たちの未来のために何かしたい、
    今の平和な日々と安心を守りたい、
    国会議員は高いお給料なんだからしっかりしろ、
    など・・・
    「意見発信」は、私たちに残された、合法的な、唯一の「抵抗手段」です。
    アクションを起こすヒントはここにあります。
    ぜひ読んで、一言コメントだけでもしてください。

    (※ 記事にコメントが多く入ると、
    ニュースの注目記事の上位にこの記事があがってくるので、
    初心者さんや外部から覗いた人たちに見えることになります。
    感想のコメントだけでも「アクション」になります!)

    ====

    皆さん、早く目覚めてください!

    事態は進行していますよ!

    中国が新潟と首都圏の広大な土地を取得しました。

    これは新潟からの侵攻を計画している証拠です。

    コチラのサイトが地図付きでわかりやすいです。
    http://ttensan.exblog.jp/12326563/

    可能なら多くの人に知らせてください。


    コピペ終了

    何か行動を起こしてまで
    守り抜きたい国とは思わない
    そこまで愛国心も無い

    ダンディーさんへ・・・

    5月29日(日)気仙沼市に行きます・・・

    おれ・・・仙台

    かきこ・・・読んでて・・・「通じるなァ~」って、

    常々、思ってました・・・・

    enchanは、

    「何言ってんだか、解んない!」って、何時も言われて

    る・・・ヤヂオ」です、

    こ間来た、稲垣(潤一)にも言われてたって・・・

    ラブミーの内海さん・・・言ってた。


    終いには、新たな虫かって・・・、言われちゃったし。


    ただオレは、「言葉は、自分しか語れない・・」ってことを、

    知ってるだけ、・・・だから。メンドイ

    ほんと、喋ったら「てにおは」すら、無いもん!


    五葉温泉で知り合った・・・岡崎ケッタロウ・・・

    20代の京都の若者・・・おれ、57歳

    彼ッタラバガニ、29,30,31と・・・・

    気仙沼で、今度「炊き出し」するんだってさ。

    「おっちゃんと、逢いたいな」って、

    っで、気仙沼プラザホテル・・・。

    PM。6:半・・・集合


    もしもし???ヨカッタら来て下さい・・・。


    あすこ辺りは今、紫の「つつじ」が綺麗・・・・・・。



    あぁ、やすさん・・・・とも、話せたらなぁ~・・・


    プラザで「ケッタロウ・・・」居るって、訊いてください



    スミマセン・・・おじゃましました






    必読です

    ヤスさん、英語の読める皆さん、お時間のある時に必ずお読み下さい。

    http://www.earthfiles.com/news.php?ID=1855&category=Environment

    妄想

    ミズーリ・オクラハマ・カンザスと連続する米国の竜巻災害は大変なことになっていますね。
    竜巻と豪雨・・・
    ミシシッピー川が氾濫すると、米国は国家を揺るがす大災害となります。
    http://www.jiji.com/jc/p?id=20110527092459-0904074
    http://www.cnn.co.jp/usa/30002862.html

    今年は昨年以上に自然災害が世界中で猛威を振るいそうですね。
    日本も例年よりかなり早い梅雨入りをしました。これからの豪雨、土砂災害に注意です。
    そしてしばらくは東海・南海・東南海大地震がこないことを祈ります。

    竜巻・台風・大豪雨と大干ばつ・・・
    異常低温と異常高温・・・

    地震・噴火・地殻崩壊・・・

    全ては地磁気異常と磁極の移動が原因かと。。。
    その背景には惑星(天体)異変。。。

    物理的な地球が変革期のピークに近づいているのでしょう。。。
    やはりポールシフトが起きるんでしょうか。

    今年は世界の終焉を感じさせる災害や異変が全地球的に多発してくるのでしょう。。。。
    そして、今現在、人心もそれとリンクするように変化してきいると感じます。

    世界の、あらゆる人知の情報を知り尽くし、情報を操作し、世界の覇権を牛耳るアメリカ政府と軍産複合体(経済至上主義の権化)の支配・コントロールの呪縛を超えた意識が働き、世界(アメリカ国民も含む)の人々の意識は生命維持のための団結へと向かう。。。
    この度のG8での原子力を見直すエネルギー政策の流れをみるように。。。
    経済至上主義からの脱却。

    一方ではアメリカ軍産複合体は日本・韓国~中国(総じて東アジア)~BRICs の次はアフリカの市場活性を企む。

    経済至上主義を突き進む支配層。
    経済至上主義の不条理・弊害に危機を感じ出した人々。
    貧困・格差の拡大への怒りの爆発。
    そして自己利害以外には無関心な大多数の人々。
    一部の覚醒(気づき)がはじまったかと思われる人々。

    臨界点が、そこまで近づいていると感じる昨今です。






    今年の評語

    「うそつきは、東電の始まり」

     原発テロ

     今回の事故で原発の脆弱さが露見されました。 私は人口地震等は疑問視していますが、有り得ない事でも無いのかもしれません。

     しかし、今恐れるのはテロリストにとって原発があまりに簡単な目標達成の標的となることです。 もしもそれが何処かで起こったら、核攻撃以上の混乱と恐怖をばらまく事になるでしょう。 実行犯の分らぬうちに次から次えとテロが起こった場合一体世界はどうなるのか。

     先ほどテレビで地球滅亡をテーマにした映画が放映されていました。 エイリアンは地球を救うために人類を消滅させようとします。しかし、人類の変化に期待し中止するという内容でした。危機になって初めて人間は変わると言うけれども・・・・・・・・世界中が危機になる様な事がなければ変われぬほど人類は愚かなのだという事なのでしょう。 その時までにどれだけの命が失われるのでしょうか。

     愛が地球を救うのか、慈悲が地球を救うのか、宇宙人が地球を救うのか、キリストが復活して救うのか、救われ、救う道を必死に探すのが今人類の、もっと言えば最前線にいる日本人の役割なのでしょうね。

     enchanさん、日曜日は台風の状態によりますが、仙台に行く予定です。残念です。有難う御座います、頑張って下さい。行けたら必ず顔出します。

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://ytaka2011.blog105.fc2.com/tb.php/212-2e6412b2
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    «  | ホーム |  »

    私はペット殺処分ゼロを応援しています!ピースワンコ・ジャパン

    まぐまぐ大賞2016

    メルマガ登録 月840円

    メルマガ登録・解除
    未来を見る! 『ヤスの備忘録』連動メルマガ
    >> サンプル
    詳細ページへ
    powered by まぐまぐプレミアム
     

    WEB検索

    Google

    プロフィール

    ヤス

    Author:ヤス
    普通の中年のおやじです。

    他の活動:ヤスの英語

    ※注意
    投稿欄としての本来の機能を維持するため、本ブログの管理人が内容としてふさわしくないと考える投稿は、予告なく削除いたします。また、投稿する方自らが自粛していただければ幸いです。

    最近の記事

    最近のコメント

    月別アーカイブ

    カテゴリー

    フリーエリア

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    ブログ内検索

    RSSフィード

    フリーエリア

    ヤスの本

    翻訳・監修本

    「神霊の世界に覚醒して」 shaman02

    ハワイの長老が語り伝える先住民族の聖なる知恵 bowl

    社会分析

    望みなき時代の幸福論 koufuku

    日本はこう変わる コルマンインデックス未来予測 nihonkawa

    「マルクスに聞け」(道出版) marx

    コルマンインデックス後 私たちの運命を決める 近未来サイクル cycle03

    コルマンインデックスで見えた日本と経済はこうなる koruma

    語学教育

    日本人が「英語ペラペラ」を本当に実現できる本 (講談社) pera

    通じる英語笑われる英語 tsu

    きちんと伝える英語 tsutaeru

    英文社内メール例文集 shanai

    実践 英文ライティング入門 bizw

    音声読み上げソフトで練習する速読即解英文リーディング sokudo

    「確実に意志が伝わる英会話」 kakujitsu

    ビジネスレター実用フォーマット bizletter

    英会話「英訳」トレーニング cd

    ネイティブはゼッタイ使わない nat

    ビジネスコミュニケーション

    論理的会話トレーニング ronri

    知的論理トレーニング chiteki

    対談本

    宇宙の設定を読み解く[BlackBox]超予測 black

    日月神示の緊急未来予測 hitsu01

    日月神示のサバイバルガイド hitsu02

    フリーエリア