2017-06

    いよいよ第7の日に突入4 朝鮮半島情勢とリンゼー・ウィリアムスの最新警告

    12月22日

    いつものように、更新の時期が大幅に遅れてしまった。いつも読んでくださっている読者の方には感謝する。

    記事全文を音声ファイルにしました。よろしかったらどうぞ。7日で削除されますので、お早めにどうぞ。

    音声ファイル

    このブログの基本方針

    このブログの基本方針を掲載しました。記事をお読みになる前にかならず一度はお読みになってください。

    基本方針リンク

    最新版 予言解説書17の有料配信

    最新版 「予言解説書17」が完成しました。配信をご希望の方は筆者に直接メールしてください。これは10月20日に配信されたALTAのレポート、「来るべき未来の形 0巻8号」の詳細な要約です。今回は、ずばり「ドルの死」がテーマです。ご希望の方は直接メールをください。

    info@yasunoeigo.com

    筆者の友人の作家のブログ

    茶房ちよちよ
    駒村吉重のブログ。いつもの飯、酒、より道、脱線、思いごと


    本の出版のお知らせ

    また本を出版しました。今度は徳間書店からです。今回は、このブログの内容を大幅に加筆修正し、未来予測を行った本です。よろしければぜひどうぞ!

    未来予測コルマンインデックスで見えた 日本と経済はこうなる(徳間書店)

    koru

    今回、講談社から英語本を出版しました。通勤途中に電車の中で軽く読める本です。ちょっと英語に興味がある人はぜひどうぞ!

    通じる英語 笑われる英語

    eigo

    「いったい世の中どうなっているんだ!こんな時はマルクスに聞け」(道出版)

    体裁としては「資本論」の解説書のような本だが、マルクス礼讚の本ではない。われわれはこれからなんとしてでもサバイバルして行かねばならない。そのための状況認識のための書として有効だと思う。よろしかったらぜひどうぞ!

    marx

    驚異的な前世リーディングサイト
    遠い記憶・前世からの約束

    前世リーディング問い合わせ電話番号
    070ー5657-4550

    有料メルマガのご紹介

    今回も朝鮮半島情勢を詳しく解説した。これまで日本は、朝鮮戦争にもベトナム戦争にも巻き込まれないで来ることができた。それというのも、戦後の日本には、国際紛争に巻き込まれることを防止するメカニズムが存在していたからだ。それらは、1)憲法9条、2)日米安保の極東条項、そして尖閣諸島の個別のケースでは、3)78年密約、4)日中漁業協定などであった。

    しかし2005年から、日米安保が「日米同盟:未来のための変革と再編」で補強され、さらに今回の尖閣諸島の衝突で78年密約と日中漁業協定が実質的に破棄されるのおよび、日本が国際紛争に巻き込まれることを防止していたメカニズムはなし崩し的に破棄されてしまった。

    この結果、朝鮮戦争などの国際紛争が発生すると、日本は確実に巻き込まれ、米軍と一緒になって戦闘部隊として出動せざるを得なくなる状況が生まれようとしている。

    最後に、昨年からネットで流れている朝鮮戦争に関する予言をいくつか紹介した。この予言では、朝鮮戦争は38度線の小競り合いから拡大するとしている。そして、北朝鮮のミサイル基地の爆撃では、日本の航空自衛隊がきわめて重要な役割を担うとされていた。

    前回はこのような内容を詳しく紹介した。

    今回の記事

    韓国軍は延坪島で射撃訓練を実施した。延坪島は北朝鮮が主張する領海内にある。北は射撃訓練に対して強く警告を発していたが、北の自制によって今回は大きな戦闘にならないで済んだ。どのようなことが起こったのか解説する。

    次に、元石油メジャー重役のリンゼー・ウィリアムスが12月15日に行ったインタビューの内容を紹介する。非常に重要な情報だと思われる。

    ぜひ読んでほしい本

    読者の方にぜひ読んでほしい本があるので紹介する。それは、植草一秀氏の「日本の独立」である。

    dokuritsu

    筆者に尊敬する人物をひとりあげろと言われれば文句なしに植草一秀氏をあげるだろう。氏の本やネットの論文、そしてネットテレビのビデオニュースドットコムにおける氏のインタビューなど、手に入るものは片っぱしから読んできたが、植草氏はまさに現代日本を代表する知性と良心の持ち主であることと確信した

    その植草氏が「日本の独立」という著書を新しく出された。これまで日本が、政治、経済的にどのように米国に操作され、蹂躙されて来たのか示す本は多数存在した。しかし、米国による操作の実体を体系的にまとめ、社会のさまざまな領域で進行する米国支配の実体を実証した本は少なかった。「日本の独立」はまさにそのような本である。

    これからの時代の変動に備えるために、現代の日本人であれば、なんとしてでも読んでおかなくてはならない一冊だと思う。ぜひ手に取るべきだろう。

    朝鮮半島の情勢

    12月20日、韓国軍は、延坪島から韓国側の海域に向かって、K9自走榴弾砲の射撃訓練を予定通り実施した。訓練は一時間半ほどで終わり、危惧されていた北朝鮮の反撃もなかった。

    北朝鮮は、射撃訓練が実施された場合、「前回の攻撃をはるかに上回る深刻な事態になる」と警告し、それに対し韓国も、北朝鮮国内の基地の精密爆撃を実施すると警告していたことから、まかり間違えば報復合戦から第二の朝鮮戦争へとエスカレートするのではないかと危惧されていた。

    事実、攻撃が実施された21日には、北朝鮮のグラード式ロケットランチャーの大部隊が攻撃体制に入ったことが確認された。

    だが、北朝鮮は自制して反撃しなかった。これで、朝鮮戦争はひとまずぎりぎりで回避された。

    リチャードソン、ニューメキシコ州知事の説得

    北挑戦には、ロシア、中国、国連などが自制を呼びかけていたが、説得にもっとも効果があったのはアメリカ、ニューメキシコ州のリチャードソン知事の説得であったといわれている。

    北挑戦は反撃を自制したのみならず、これまで拒否し続けていた国連原子力機関(IAEA)の核査察官を受け入れる意志があることを表明し、一転して交渉に前向きな姿勢であることを示した。

    北朝鮮の変化の理由

    一時は朝鮮戦争も辞さないとしていたにもかかわらず、北朝鮮がこのように豹変したのを見て驚く人々も多い。

    また反対に、今回の延坪島攻撃は、韓国とアメリカを脅し、北朝鮮の要求を実現するための手段として行われたのであり、アメリカが交渉に応じる姿勢を見せればただちに態度を軟化させる用意がはじめからあったのだとする見方も強い。

    もし後者であれば、今回リチャードソン知事の説得が成功したのは、オバマ政権が、北朝鮮と改めて交渉する用意があることを伝えたからであると見ることができる。

    カーター大統領のワシントンポストの記事

    では北朝鮮は何を要求しているのだろうか?まだリチャードソン知事は、「私は協議する立場にない」として北朝鮮の要求を公開していない。

    しかし、この要求の内容がどのようなものであるのか類推できる材料が存在する。それは前々回の記事で紹介したカーター元大統領がワシントンポスト紙に寄稿した記事である。

    まず、カーター元大統領は北朝鮮の要求が明確であることを確認する。

    「北朝鮮のこのメッセージは一貫している。このほどウランの濃縮施設にアメリカ人の専門家を招き入れ、ウラン濃縮を行っていることをあえて公開した。これも、94年の枠組みの履行へと向けた2国間交渉の再開をアメリカに求める一貫したメッセージだ。このように、北朝鮮のメッセージは一貫している」

    そして、オバマ政権は緊張緩和に向けて北朝鮮との交渉をすぐに再開すべきだとして提案し、記事を締めくくっている。

    「94年の枠組みの履行へと向けた2国間交渉を、アメリカに再開してほしいのだ。オバマ政権は北朝鮮のメッセージにすぐに応じるべきだ。応じれば朝鮮半島の緊張は一気に緩和するはずだ」

    ちなみにこの記事は、アメリカでも日本でもまったく無視され、一切報道されなかった。

    北朝鮮が求める94年合意の枠組みの履行

    では北朝鮮が求める94年合意の枠組みの履行とはどのようなものなのだろうか?これも11月30日の記事で詳しく解説しているが、再度掲載する。以下である。

    1994年、北朝鮮と米国はジュネーブで2国間協議を行い以下のことに同意した。

    1)米国はできるだけすみやかに53年の停戦協定を破棄し、朝鮮戦争を正式に終結させる平和条約を北朝鮮との間に締結する。

    2)米国は、北朝鮮を攻撃しないことを文書で確約する。

    3)米国と北朝鮮は将来の国交回復に向けて、ワシントンとピョンヤンにそれぞれ外交代表部を開設する。

    4)米国は、北朝鮮に対する金融、経済制裁を解除する。

    5)北朝鮮は、核兵器開発につながるプルトニュームの再利用を停止し、朝鮮半島の非核化を実現する。

    6)この見返りとして、米国は軽水炉型原子力発電所を北朝鮮に建設する。また重油を供与する。


    オバマ政権は北朝鮮の要求を始めから知っていた?

    カーター元大統領はこれまでに数々の紛争処理に成功している、ノーベル平和賞受賞者である。オバマ政権に対してもそれなりの影響力を持っている。したがって、先のワシントンポスト紙の記事はオバマ政権にも十分伝わっているはずである。

    さらに、これが北朝鮮の要求であることは、カーター元大統領の記事を待つまでもなく、オバマ政権は十分に理解していたのではないかと思われる。

    挑発したのは韓国

    さらに、北朝鮮の11月23日の攻撃も、そして12月21日の脅しも、基本的に韓国が先に挑発したことが背景であることは分かっている。このブログの過去の記事でも詳しく解説した。

    そして、韓国のこうした軍事的な動きはアメリカの支持のもとに行われたことは明白である。中国とロシア、さらに国連が両国に自制を求めていたときに、アメリカは「韓国は自衛権を行使する正当な理由が存在する」として韓国の反撃を強く支持していた。

    とするなら、韓国軍の挑発もアメリカの支持のもとに行われたと考えた方が妥当だ。

    朝鮮半島で意図的に緊張をあおり、計画を実現する

    ではこのような情報から何が見えてくるだろうか?それはこういうことではないかと思われる。項目別に並べて見る。

    1)まずアメリカは、北朝鮮の挑発を、怒りが臨界点に達している韓国に許し、朝鮮半島の緊張をぎりぎりまで高める

    2)高まった緊張を利用して、中国が内海と考える黄海に、原子力空母、ジョージワシントンの大規模な機動部隊が自由に出入りできる環境を形成する

    3)さらにこの緊張を利用して、日本には攻撃力をある程度是認した「新防衛大綱」を採択させ、また、自衛隊が将来的に米軍と一体化して海外で展開できる状況を作る

    4)こうした状況が実現に向かった段階で、アメリカは北朝鮮に94年枠組みの交渉が可能であるとのメッセージを送り、一気に緊張緩和にもってゆく


    このようなことではないのだろうか?十分に可能性はあると思う。

    このブログの11月30日の記事では以下のように書いたが、やはりそのような方向に動いた。引用して確認する。

    「このように見てくると、今回の延坪島攻撃は、実は中国の内海である黄海に、原子力空母、ジョージワシントンを中心とした米海軍機動部隊を展開させることに狙いがあった可能性が非常に高いということが分かる。だとするならば、アメリカは今回の延坪島攻撃で目的を達成したことになる。そうすると、これ以上北朝鮮を刺激しても意味はない。まだ何があるか分からない部分はあるにはあるが、非難の応酬は国連に移り、新たな朝鮮戦争へと向かう危機には発展しないと見た方が妥当だろう」

    では軍産複合体の目的は何なのか?

    このようなシナリオを立案して実行したのは、オバマ政権というよりも、ペンタゴンを中心にした軍産複合体と考えた方が妥当だ。だとするなら、このシナリオの戦略的な目的は何なのだろうか?

    それはすでに明白であると思われる。

    前回紹介しちょうに、オバマ政権の外交問題アドバイザーで、ジャパンハンドラーズのリーダーのジョセフ・ナイは「フォーリンアフェアーズ」誌で、「これからもアメリカの覇権は政治的、軍事的に安泰である」とし、これの脅威となる可能性のあるのは、「日中韓が連帯する東アジア共同体」だけであるとしていた。

    すると、今回朝鮮半島で緊張を高めた目的ははっきりとしている。

    目的:東アジアにおけるアメリカの政治的、軍事的覇権を強固に維持すること


    先の「これからもアメリカの覇権は政治的、軍事的に安泰である」という認識は、むしろ「アメリカの覇権はこれからも維持する」という決意声明だと受け取ってよいだろう。

    これを実現するために、アメリカは次の2つを実行していると考えられる。

    A)第一列島線の内側に中国を軍事的に封じ込める

    B)日中韓の間で高度な緊張感を維持し、日本と韓国がアメリカの軍事力に依存せざるを得ない状況を維持する


    そして、この2点を実現するために、先の1)から4)のように、韓国に北朝鮮を挑発させて朝鮮半島の緊張感を高め、目的が実現する状況が整うと北朝鮮に交渉を再開する意志があるとのメッセージを送り、緊張を緩和するという複雑な手段を用いた。

    この目的を見ると、決して複雑ではないことが分かる。比較的に単純なものだ。軍産複合体は、その強大な軍事力と影響力を使い、目的の実現に向かって粛々と、それも単純に動くというところに軍産複合体の戦略の特徴がある。

    そうして、目的の実現に向かうときは、他の国の状況など外部の条件を考慮することは一切ない。設定した目的を実現するべく粛々と動くだけである。


    先にも述べたように、今回の目的は、中国の軍事的な封じ込めと、アメリカの東アジアにおける覇権の強化だ。この目的は実現した。ということでは、やはり本格的な朝鮮戦争は回避された可能性が大きいと見ることができる。

    明らかに政策を転換させたアメリカ

    いずれにせよ、アメリカは覇権の弱体化を許容しながらも、新興国の台頭を受け入れるというこれまでの政策を大きく転換させ、覇権を強化する方向に舵を切ったことは確かなようだ。

    では次にアメリカが覇権の強化に乗り出す地域はどこだろうか?やはり、前回リンゼー・ウィリアムスが予告したようにイランだろうか?

    明日から韓国は、陸海空の三軍による大規模な軍事訓練を、延坪島に近い京畿道で実施する。注視するべきだろう。

    リンゼー・ウィリアムス、12月15日の最新警告


    12月15日、アレックスジョーンズのネットラジオ、プリズンプラネットに元石油メジャーの重役のリンゼー・ウィリアムスが出演した。

    はじめにお断りしておくが、リンゼー・ウィリアムスのリーク情報はアメリカの崩壊を予告するものである。それは上のアメリカの覇権強化の政策転換の分析とかならずしも一致しない。両論を併記するかたちで掲載する。

    以下がインタビューの要約である。

    ・私にこれまで情報をリークしていた人物は2人いる。そのうち一人はBPの系列会社、「アトランティックリッチフィールド社」の元CEO、ケン・フロム氏である。フロム氏は87歳で最近死去した。私は本人から彼の名前を公表する許可を得た。

    ・フロム氏は、自分が死亡した後に公表するようにと情報を私に託した。情報を公開する情報の一部はそうしたものだ。

    ・私は支配エリートとの電話の会話を録音している。それを今回実際に多くの人に聞けるようにした。近いうちにDVDで手に入るようにする。

    ・ところで、なぜ軍産複合体の支配層が私に情報をリークするのか疑問に思われるかもしれない。実は、支配層には彼らなりの倫理規定が存在していることが理由だ。すべては操作されているのだが、計画を実行する前には、しかるべき人物に計画の情報をリークしなければならないというのが彼らの倫理規定である。私は過去に彼らとともに働いた経験がある。おそらくこの経験から、私が情報のリーク先として選ばれたのではないかと思う。

    ・EUは大きな問題に遭遇し、ユーロは近いうちに崩壊する。ユーロの崩壊はドルの崩壊の前に起こる。しかし、いつ崩壊するのかはいまのところ明示できない。

    ・ユーロの下落が始まると、準備する期間が2週間から3週間ある。この期間に資産の喪失を防ぐために準備しなければならない。


    ・私に情報をリークしている支配エリートは、どのようなことが起こるのか暗示する彼らなりの方法がある。それはいま起こっていることを示し、これからどうなるか注意を換気するという方法だ。

    ・日本やアメリカを含む世界主要15カ国の借金の利払い総額は10.2兆ドルという天文学的な水準に達している。利払いだけでこの額である。借金の総額となると、これらの国々のGDPの27倍に相当する規模だ。借金の支払いはもはや不可能であり、どの国も財政破綻に向かう。

    ・金証券や銀証券で貴金属を売買する方法がある。だが、貴金属が契約した通りに引き渡されることはまずない。これからは現物で持っていないとすべてを失うことになる。

    ・中国や日本が米国債を買わなくなり、FRBが米国債を買うようになるときが、ドルの下落が止らなくなる兆候だと支配エリートは見ている。

    ・支配エリートは、アメリカ経済の崩壊を計画している。その理由は非常に単純だ。アメリカ経済が崩壊すると企業も含めドル建て資産が暴落する。これを買い叩き、主要な企業を手中に収めることが目的だ。相場がもっとも安くなったときに株を大量に買うのと同じ手口である。

    ・1年半前、フロム氏はあと2年でアメリカは貧困化し、現在のアメリカは見る影も無くなるといった。いまその方向に向かっている。

    ・先にも予告したが、原油価格はこれから急騰する。急騰の原因はドルの暴落である。

    ・中国とロシアは相互の取引でドルの使用を停止した。そのため、ドルが暴落しても中国とロシアは大丈夫だ。だが、サウジアラビアなどの中東の諸国はそうはゆかない。バーレル当たり150ドルを越えて高騰しても、それでも中東諸国は大変な状態になる。


    以上である。

    筆者の印象

    これまでリンゼー・ウィリアムスの原油価格やドルの推移に関する情報はかなりの程度的中している。その意味で、他の陰謀論的なリークの情報に比べ信頼性は高いように思う。

    しかし、リンゼーのインタビューを聞いていていつも思うのだが、どこまでがリンゼーの意見でどこまでが支配エリートのリークした情報なのか判別しがたいことがときどきある。また、支配エリートとは電話で情報をリークしてもらっているようだが、リーク情報の中に電話口にいる支配エリートの個人的な意見が混入していることがよくあるようだ。今回のインタビューでは、「借金の利払いが10.2兆ドル」の情報は、話した支配エリートの個人的な見解である可能性が強いのではないかとの印象をもった。

    いずれにせよ、こうした情報を頭から信じるのではなく、こうした限界があることを十分に勘案して読むのがよいだろう。

    ジュリアン・アサンジをはじめウィキリークスのメンバーに関して実に興味深い情報が手に入った。次回はこれを詳しく解説する。

    続く

    雑誌アネモネ

    便利な学校検索サイトです!

    海外子女.com

    投稿に関しては以下の方針に従い、どうしても必要な場合以外は削除しないことにしておりますが、他者の人格を傷つける不適切な表現がある場合は例外とし、予告無しに削除し、投稿禁止にする場合もあります。

    意味産出の現場としてのBBSやブログ

    また、私はいま日本で起こっている変化を以下のようにとらえております。もしよろしければこちらもどうぞ。

    いま何がおこっているのか?

    ヤスの英語

    よろしかったらクリックをぜひ!↓



    人気ブログランキングへ

    スポンサーサイト

    テーマ:歴史と予言 - ジャンル:学問・文化・芸術

    コメント

    更新ありがとうございます。

    尖閣

    http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/101222/plc1012222248025-n1.htm
    「昭和46年当時、中国が沖縄・尖閣諸島の領有を主張したのに対し、中国と議論する必要すらないという当時の福田赳夫外相の姿勢が明らかになった」


    ヤスさんが何度か言及されている尖閣密約と呼ばれているものは、当時の政治家が中国に買収されて日本と日本国民を裏切った売国行為なのではないですかね。
    もしそうなら、その裏切り行為は犯罪行為(外患幇助罪)であって、日本国および日本国民がそれを受け入れる義務はないと思いますが。

    地震

    ヤスさん、更新有難うございます。

    やはりリンゼイ・ウィリアムズの伝えている警告は現実化しつつあるのでしょうか。
    アメリカではガソリンの小売価格がじわじわとですが、確実に上昇しつつあるようです。しかもメディアは
    以前のように騒がない。

    ところで、日本に対して地震の警告が発せられました。
    マグニチュードは7かそれ以上だそうです。
    最近の月食に関連したものだそうですが、ここ14日間は要注意だそうです。
    気をつけろといわれても仕方ありませんが、備えあれば、憂いなし。
    元記事はこちら。

    http://earthchangesmedia.com/

    更新ありがとう。

    今回は簡潔にまとまっていて分かり易かったです。
    m(_ _)m


    因みにオカルト的ですが、
    シリウス文明さんのブログにて、
    最近にも世界大戦の危険が高まっていたけれど今は何とか回避出来たと書いて有りました。

    ウィキリークスのアサンジは胡散臭いなぁ~と思いつつ興味がありますので次回も楽しみです。


    >挑発したのは韓国

    めちゃめちゃな言いがかりに過ぎないと思います。ミサイル発射や核実験などの挑発行為を繰り返す北朝鮮に韓国が砲撃してかまわないというのですか? そもそも北朝鮮は朝鮮半島すべての領有を主張しています。すべての軍事訓練をやめろといってきても、それをきかないといけないんですか?


    滄浪号ハイジャック事件、イ・スンボク殺害、文世光による大統領夫人射殺事件、青瓦台襲撃未遂事件、プエブロ号事件、大韓航空機爆破事件、ラングーン事件、麻薬の密輸、拉致事件、強制収容所問題。信頼できる国家ではにと思います。金日成にしたって偽名だし、交渉できる相手ではないと思います。全体主義国家でありである北朝鮮と交渉しても意味がない。

    地震

    先日から小笠原諸島で何度もかなり大きな(M7あたり)地震があるようですが、メディアはどうして報道しないのですかね。
    皆さん、何もなければそれでいいのですが、気をつけてくださいよ。
    経済の危機や、戦争も大変ですが、それも人間が生きていればこそです。

    <最近、惑星Xが再度話題になってきたようですが・・・!惑星X!何処にいるのだろう?その2>

    まいどお世話になります。

    ももいちたろうさん情報です。

    <最近、惑星Xが再度話題になってきたようですが・・・!惑星X!何処にいるのだろう?その2>

    と題して3ページにわたって情報があります。

    最初のページは以下↓です。

    http://slicer93.real-sound.net/0-hl-space-11801.html

    目次ページは以下↓です。
    http://slicer93.real-sound.net/0-JPspacecontents97.html#111

    よろしくお願いいたします。

    >日本やアメリカを含む世界主要15カ国の借金の利払い総額は~それはこれらの国々のGDPの27倍

    利払いが27倍なら、借金は数百倍ということになりますが、いったいどこから出てきた数字なのでしょうか?
    こんなのでも信じちゃう人がたくさんいるんでしょうねえ。

    >利払いが27倍

    こういった計算は詳しくないのですが、利払いが27倍ではなく利払い総額が27倍ということではないのでしょうか?

    訂正です

    こんにちは。ヤス(管理人)です。訂正です。

    再度インタビューを聞きますと、「借金の総額がこれらの国々のGDPの27倍」で「利払いの総額」ではないように思います。理屈にあいませんものね。ただ、根拠は明示されていませんので、なんとも言えませんが。

    記事を訂正しておきました。

    地震

    う~ん、やはり大変な数の地震ですね。
    このBonin Islandsは小笠原諸島ですね。
    なんか震源の深さが10kmあたりなのも、どこか中東であった群発地震と似ているかも。。。。

    http://earthquake.usgs.gov/earthquakes/recenteqsww/Quakes/quakes_all.html

    質問です

    ヤスさんはツイッターはされてますか?もしヤスの備忘録のツイッター版があるのならID教えて頂けたら嬉しいです。情報をリアルタイムで知ることが出来るので^^

    ご返事

    残念ながらツイッターはやっていないのですよ。将来は分かりませんが。

    ではでは

    これは面白い

    これは面白い!
    ベンジャミン・フルフォード氏より合衆国下院議員ロン・ポール氏に宛てた、アメリカ経済立て直し案!
    もしこれが本当に書かれたとするなら、またロン・ポール氏が返信をするなら、ぜひ見て見たいもんです。

    http://www.rense.com/general92/flf.htm

    賢者の石





    「ゴーイング・フォース・ワジェト」伝説は、擬人化され抽象的に伝達されてきた地球周期に関する知識であり、天文観測技術などの忘れられた叡智に長けた古代人は地球の未来を予測し過去の伝説として断片化し分散して隠した

    そして、その意味を理解することは一定の法則による厳格な障害によってはばまれることであろう。全体は難解な表現のもとに編集され、学者たちの目から慎重に隠したのだ。それは権力者や王に知られないようにするためである。

    惑星規模でグリッドエネルギーの交差するポイントから螺旋状に発しているエネルギーを支配することができれば、地上におけるあらゆる気象現象や、人間の思考や感情をコントロールすることができるからである




    植草一秀氏について

    ヤス様がお勧めされている本の著者は痴漢、手鏡でのスカート内覗き見などで事件になったみたいですが、真実はどうなのでしょうか? 本当に信頼して彼の本を読んでよろしいのでしょうか? 信頼できる著者でなければ、本の中身を信じて読むことができないのでよろしければ真実を教えてください。

    植草 一秀氏冤罪事件記録

    千成です
    >植草一秀氏について

    植草 一秀氏冤罪事件記録です。<P>
    http://slicer93.real-sound.net/mokuji-uekusa.html

    参考になればいいのですが・・・<P>

    植草さんの事件に関して

    こんにちは。ヤス(管理人)でございます。植草さんの事件に関してお答えいたします。また、千成さん、情報提供ありがとうござkます。

    もっともなご質問ですね。私はえん罪と確信しておりますが、やはりご自身で情報を調べてお読みになる以外、納得する方法はないのではないかと思います。以下が非常に参考になりました。なお、ビデオはすべて有料で、料金は300円だと思います。

    ●ミラーマン事件に関して

    マル激トーク・オン・ディマンド 第210回(2005年04月09日)
    命をかけて無実を訴えていきます
    http://www.videonews.com/on-demand/0201201210/000611.php

    「ちょうど1年前の4月8日、東京JRの品川駅で女子高生のスカートの中を手鏡でのぞき見しようとしたとして東京都迷惑防止条例違反で逮捕、起訴され、さる3月23日、「罰金50万円・手鏡一枚没収」の有罪判決を受けたエコノミストの植草一秀氏は、無実を訴え続けているにもかかわらず、控訴期限だった4月6日控訴を断念した。
     植草氏は「罪を認めたわけではない。しかし、このまま裁判を続けても公正な裁判が期待できない」と控訴断念の理由を説明し、今後裁判とは別の形で無実を訴え続けていく意向を明らかにしている。冤罪を訴える植草氏が、「サッカーにたとえると、アウェーゲームだった」と主張する裁判とは、どのような裁判だったのか。一度は罪を認めたと報じられた植草氏が一転全面否認に転じた背後に、どのような経緯があったのか。果たして裁判は公正だったのか。ほとんど報じられていない植草氏の言い分を聞いた」

    植草一秀氏の当社番組への出演について
    http://www.videonews.com/HTML/about_uekusa.html

    「植草氏が主張するように、この事件は品川駅でのできごとに対して、神奈川県内からずっと植草氏を尾行してきた神奈川県警の鉄道警察隊の隊員が、しかも非番の時に逮捕している点など、始めから植草氏を狙い打ちしたとしか思えないような不可解な点が多いことも事実です。また植草氏が一貫して小泉政権の経済政策批判の急先鋒であったことや、氏が小泉首相と自民党総裁の座を争った政敵亀井静香氏の経済政策ブレーンであったことなどから、政治的陰謀の 可能性も排除できないとの意見も根強くあります」

    ●電車内の痴漢行為に関して

    植草一秀の『知られざる真実』
    http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/

    植草一秀氏の事件
    http://livealot.exblog.jp/

    植草「目撃証言」の矛盾
    http://koufu.exblog.jp/6032733/

    ご参考になれば幸いです。

    千成様、ヤス様

    お二人とも情報ありがとうございます。既に本を購入しており、他人に言われて著者が事件にされた植草さんだと知りました。自分の目で確かめてから、真偽を判断し、しっかり読ませていただきます。
    ありがとうございます。

    初めまして。

    植草一秀氏については私はよく分からないのですが、こんな物がありました。
    これが本当に裁判で言われた事なのかどうか(調べれば裁判記録が検索で出てくるんでしょうか?)言われたとしても何の関係もないと言えばその通りです。証拠という訳ではないですしね。http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/economics/1251040338/

    場所が場所ですし全くのでっちあげだったらすみません。

    Kさんへ

    ヤス(管理人)でございます。

    Kさん、情報ありがとうございます。ただ、Kさんもおっしゃるようにちょっと信ぴょう性に問題ありますよね。公判記録は公開されていますので、確認できると思います。

    私はむしろ以下のものを信じます。

    植草事件求刑で検察側が決定的事項認める
    http://news.livedoor.com/article/detail/3237455/

    「犯行時間帯については検察官が「(10時8分品川発の)電車の出発と同時に発生し、2分間続いた」と明言した。これは、青物横丁からうとうとした状態になったことを紹介して「結局、検察側の主張を覆す証言はなかった」と切り捨てたマスコミ報道がうそであることを認めたことになる。

     目撃者は前回、検察官や裁判官の質問に対し、被告の有利・不利にかかわらず証言をしている。うとうとしている時間内に事件が起きた場合は分からないと認めたり、事件が発生した時間帯を知らないことをうかがわせたり。癒着のないこの証人が植草氏の一連の様子を目撃していたなら、植草氏に完全なアリバイが成立することになる」

    2011予測??



    今日はクリスマスオンタイムですね。
    街のイルミネーションも今年は少なかったし・・・
    USJ名物の日本一のクリスマスツリーも今年で見納めに・・・・
    マスコミ報道以上に不況時代の有様を実感する昨今。。。
    激動の2010もあと数日ですね。。。。
    なんとか今年も無事に終わりそうです。
    さて、気分まかせの2011の妄想です。

    ◆北半球の大寒波はこれからが本番である。
    特にヨーロッパの寒波は欧州経済を麻痺させる。
    来年は欧州経済危機が拡大するだろう。
    春になると国民の政府に対する反乱・暴動が多発する。

    ◆アメリカは雇用が低下しているなか株価指数だけが上がるという実体経済とまったく異なる詐欺行為を行っている。
    来年初頭も株価の好調が続くと言う。。。
    来年はアメリカでも、政府に対する国民の反乱が欧州に続き起きる。
    オバマ政権は壊滅的になってくる。

    ◆中国・韓国の経済躍進が来年も続く。
    アメリカからの様々なパッシングが続くが日中韓の三国の同盟は秘密裏に堅く守られるため分裂はしない。
    軍事的な威圧はアメリカが、中国に仕掛けるだろうがけっして中国はそれに乗らない。

    ◆日本に世界の投機マネーが集まってくる。
    いっときバブル的な状況が起きる。

    ◆アメリカ政府を裏で支配するパワーエリートの陰謀・策略が、世界中の人々に知れ渡っていく年となる。
    表に出ることのなかったパワーエリート達の実名・企業名も明らかになってくる。
    パワーエリートやパワーエリートの配下である組織、政治家が知れ渡ってくる。
    中央銀行(FRBを頂点にした金融ネットワーク)
    がパワーエリートの支配システムであることが暴露される。

    ■2011年は現在のパワーエリート支配の時代に終わりを告げる、改革・革命元年となる。

    ■21世紀のチェ・ゲバラが現れる。(神・メシア的存在でなく革命家が現れる)

    ■200年続いた産業革命以来のパラダイムシフトが始まる元年となる。

    ■季節の変わり目(奇数月)に起きる地震?地殻移動?大洪水?天変地異的な大規模自然災害にも注意!!

    *上記は個人的妄想であり根拠はありませんので笑読してください。

    アメリカおワタ




    “庶民が口にしていいものを政府が決める法律”

    恐怖の食品安全近代化法案が上院でのテスター条項を残したまま
    下院を通過。オバマ承認
    http://truefoodnow.org/2010/12/22/obama-to-sign-landmark-food-safety-legislation/

    密かにロシアに与えられた4つのアメリカの州
    http://americanholocaustcoming.blogspot.com/

    米にロシア軍が大量に入っているって話はもう10年以上前からありましたが
    公然とこういう形になってきたということは最終段階の詰めに来てるってこと?
    http://blogs.yahoo.co.jp/jennifer1215b/32329339.html


    日本やアメリカを含む世界主要15カ国の借金の利払い総額は10.2兆ドルという天文学的な水準に達している。利払いだけでこの額である。借金の総額となると、これらの国々のGDPの27倍について

    現在 日本の国債の発行額が約940兆円ですGDP比で約180%です
    利払いが約9兆5000億円これを世界二の借金国日本の現状です。
    米国の国債発行額が約1000兆円対GDP比で約75%
    利払いが20兆円~30兆円
    世界一の借金国です。
    そう考えると10.5兆ドル利払いは円換算で約850兆円ですから 日本と米国を足しても30兆円~35兆円
    少し根拠のない数字ではないでしょうか?

    償還債や借り換えの元本金額を含めると近い金額にはなると思います日本でも年間160兆円ほど新規以外に国債の発行をしています。 

    太陽黒点

    太陽の黒点が最近0が続いてますね。何か気になりますが、なんでもないのでしょうかね。

    「氷河期に向かう地球―2011年からの気候大変動」
    http://archive.mag2.com/0000101181/index.html

    パラダイムシフトしかないのか。。。


    ◆アメリカは12月国内消費の回復を今日もでっち上げで報道しているが・・・
    いつまでこのでっち上げ状態が維持できるのだろうか。。。

    この半世紀、世界を、日本を、中国を経済的に発展させ、人々の生活を豊かにしてくれたのはアメリカとそれに憧れるアメリカイズムの浸透である。
    物質主義の繁栄に裏づけされ、アメリカ大衆文化に酔いしれ
    個人主義、自由主義とアメリカイズム的ライフスタイルを謳歌した。。。

    それはそれで素晴らしい時代であった。(今現在も厳しいながらもアメリカイズムのまだ中にある)

    ところが世界人口70億人となった今日・・・
    地球環境も地球資源も経済も今までのように立ち行かなくなってきた。

    地球生態における物理的なリミットが近づいて
    いるのではないのだろうか。
    臨界点が差し迫ってきているのではないだろうか。。。

    根源はやはりここに行き着く。

    マネーの一極への偏りとか、リーマンショックにはじまる金融崩壊が原因と思っていたが

    どうも今の社会崩壊の根源ではないように思う。

    マネーは循環しないと、マーケットが拡大しないと増えていかないから自然とバランスが図られていくものであると思う。

    イギリスの産業革命以来、工業化とともに資本主義はアメリカを中心に200年あまり、人間社会の繁栄をもたらしたが・・・

    やはり新しいパラダイムへと人類は移行しなければならないのだろう。。。
    パラダイムシフトが起きることでしか次のステップへと人類はいけないと。。。

    と言うことは今のパラダイム(物質主義・工業化社会・資本主義社会)を超えた新しい価値観のもとでの再編集が始まるのであろう。
    それは現代文明の終焉を伴うのか
    新しいパラダイム・文明で上塗りされるのか。。。

    いずれにしても人口爆発という絶対的な物理現象はこのままでは着実に進む。
    2040年代には地球人口は100億人となる。
    しかし、地球と言う惑星はそれにともなって生態的なキャパシティは拡大はしない。
    逆に時間とともに枯渇していく。

    人類が未だかつて経験したことのない惑星レベルでの生存維持の分岐点が遠からず訪れる。。。

    その臨界点が近い。。。

    かといってどうしようもないから、そのことに執着することなく
    また、どこかで覚悟もしながら
    来年も日々いちにちをまっとうして生きていこう!!

    欲して生きよう!!

    こんな誇大妄想よりも
    今と此処を生きることが大切だし、それが大変な時代でもある。。。

    しかし人間って
    どんな環境にあろうとも
    自分が幸せと思えれば幸せだし
    不幸と思えば不幸だし
    自分の考え方、気持ちの持ち方次第。。。
    人間って「こころ」の生き物なんですね。。。

    けっこうこれが
    これからの時代を生きながらえる究極のポイントかも^^

    いかなるときも
    ポジティブマインド
    プラス思考
    陽転思考
    可能思考
    です。

    ケセラセラ






    ジェームス・リー2011年の予言

    こちらの掲示板でも引用されていた、ジェームス・リーの、2011年の予言です。
    昨年と違って世界の予言はさらっと紹介されており、個人の12支別の運勢や開運法にページが割かれてます
    以下要約です。

    ①2011年半ば、巨大爆弾が爆発、一部の国や地域が文明的、近代的な状況から大きく後退
    ②異常気象、天災はますます増える
    ③ウイルスや細菌による病気が世界的に広がる。脳細胞や心臓、神経中枢を破壊するウイルス
    ④世界中が驚く大事件により、世界経済が一瞬にして大きなダメージを受ける。大きな財を成す
    ごく少人数のグループが現れる
    ⑤磁場の干渉、衛星、海底ケーブルなどのトラブルにより、世界の通信網にトラブルが出やすくなる。
    一部の国や地域で電子製品が正常に動かなくなり、人々の生活が原始レベルに後退
    ⑥世界ではテロリストが一躍有名に

    中国   経済の卦は「沢風大過」泣き面に蜂。
    香港   吉運 改革の一年
    マカオ  新しい展開を迎える
    台湾   全世界に羽ばたく。
    アメリカ 突発性の事件、事故が発生し、極めて短期間のうちに大量の人口が消失、または潜伏することに。
    日本   運勢は全体的には「どうにかこうにか良し!」地中や海水、地震で漏れ出す黒や黄色のガスや液体に注意。山野にある「秘密の洞窟」での事故に気をつけてください。2011年の日本人はなんの罪もなく清浄。面倒なことはよそ者がもたらすもの、外国人が引き起こすものです。
    韓国   国際的な地位がさらに上がる 重大事故が発生する
    北朝鮮  難題山積
    ロシア  二つのトラブルに直面①大規模な襲撃や戦争の暗示②環境の変化。気候やウィルス、不慮の事故が続発
     

     ヤス様、今年一年間ありがとう御座いました。
     来年も又厳しい年になるかも知れませんが、
    御体ご自愛くださり世界に有効な情報を発信して下さる様お願い致します。

     ナオさんにもご迷惑おかけしました。御免なさい。

     また私のコメントで不快に思われた方々にも反省と謝罪の気持ちを伝えたいと思います。

     皆さん御免なさいね。

     世界が何処へ向かうのか、自分が何処に向かうのか、お互いに強力な自主性を持っていきたいものですね。

     ではでは、

     
    一段と激しさを増す異常気象

    夏のオーストラリアで積雪 

    ・・・また、異常気象は北半球だけに留まらず、オーストラリアでは▼今は夏の真っ最中であるが、ニューサウスウエールズ州やビクトリア州では▼真夏の雪に見舞われており、 なんと、シドニー市からそう遠くない山間部では、約 30センチもの大雪となっているようである。

    ロシアでは冬と初夏

    ロシアでは首都モスクワが▼寒波と大雪に見舞われ空の便や道路が閉鎖されている一方、南部のクラスダナル地方では▼連日20度を超す異常な暖かさ が続いている。▼チューリップが 咲いてチョウチョが舞い、街では、コートを脱いだ半袖姿の人々が思わぬ春の到来を楽しんでいる。 しかし、人々は 突然の暖かさを喜ぶだけで、地球が大変な状況に向かっていることを 実感している人はいないようだ。
    http://www.y-asakawa.com/Message2010-2/10-message96.htm
    --------------

     この内容のような部分は正に、日月神示だったか?  冬に桜の花が咲く・・・・という部分と符号しているはず。 まぁ・・・・日月神示が欧州版になってしまったけれども。 次の部分は重要な部分と思うのですが。
                          ↓
     南部のクラスダナル地方では▼連日20度を超す異常な暖かさ が続いている。▼チューリップが 咲いてチョウチョが舞い、街では、コートを脱いだ半袖姿の人々が思わぬ春の到来を楽しんでいる。

    ・・・・・その状態は、冬なのにまるで夏の陽気になっているとの事。 冬なのにチューリップが咲いて、チョウチョまでもが羽化をして飛んでいるとの事。 その異常な状態は・・・・、とんでもない事のはず。 チョウチョが飛んで・・・、飛んで・・・・と、陽気に浮かれている場合ではないはず。 その季節が狂った陽気の出現は正に=日月神示が異変を知らせる部分であるはず。

    それは正に、チョウチョが飛んでいるように・・・・とんでもない事のはず。 だからとすれば、2011年・・・・来年は、すごい事が発生する年のような感じがするのですが・・・・。  その様な年になる予感がするのですが、それでも悪い事が少なくなる様にと祈りたい気持ちでいっぱいです。

    では、気をつけながら、新年を迎えてください。
      

    ぬるぼさんへ

    ぬるぼさん、こんにちは。ヤス(管理人)です。ご投稿ありがとうございます。こちらこそ、今年の投稿はご苦労様でした。

    ですが、いまいろんな方からぬるぼさんの連続投稿が迷惑であるとのメッセージをいただいております。投稿内容をまとめていただき、もう少し短めに投稿していただけないでしょうか?

    よろしくお願いします。

    虫は、結局何だかんだと言いながら、さいごの最後まで行動を改めるつもりはないんだろうね。
    2chのオカ板でスレでも作って書きたいこと書けばいいのに(もうやってるのかもしれんけど)

    ブログ主さんも弱腰対応は今年で終わりにしたほうがいいんじゃない?ま、ここは主のブログなので大きなお世話かもしれないけど。

    Global Cooling Consensus




    地球は寒冷化していると主張する科学者が増えている。31名の著名な科学者が政府に『今後10~30年間は寒冷化する可能性が強く警戒が必要』と警告!地球生活圏の大幅縮小によって経済難民や環境難民の移動がはじまり、国家レベルの食料や資源の奪い合いが激化すると世界は大混乱・・・・

    最悪の地球寒冷化に備える具体的な方法論の確立が急がれる

    http://notrickszone.com/2010/12/28/global-cooling-consensus-is-heating-up-cooling-over-the-next-1-to-3-decades/

    世界政府は、北半球の凍結、南半球の砂漠化、地球生活圏が五分の一まで縮小する世界混乱を想定。




    北磁極、シベリアに向かって移動中

    スラッシュドット・ジャパン
    http://slashdot.jp/science/10/12/30/022232.shtml

    磁力線の方向が鉛直になる地点である「北磁極」は継続的に動いているが、近年その移動スピードが速くなっているそうだ。

    北磁極は北極とは異なる地点である。磁力線が「下方向に垂直に落ちる」ことから英語では「dip(落ちる) pole」とも呼ばれている。イギリスの探検家ジェイムズ・クラーク・ロスによって北磁極が発見されたのは1831年であり、当時の北磁極はブーシア半島(現カナダ北部)に位置していた。

    その後観測を続けたところ1990年代までは1年あたり15km程度移動していることが分かった。しかし1990年代以降は移動速度がスピードアップし、北北西方向に年間55kmのスピードで移動しているとのこと。 今後このペースで移動した場合、10年そこそこで北極点を通過しシベリアに到達すると予想されている。

    北磁極の移動にはプルームテクトニクスが関わっていると近年は考えられている。より低密度のプルームが地球の自転軸を中心とするシリンダー状の筒を上昇した場合、地球の自転によってプルームに強いらせん状の動きが生まれ、これが磁力線に影響を与えるとのことだ。

    Why is the north magnetic pole racing toward Siberia?
    http://www.scientificamerican.com/blog/post.cfm?id=why-is-the-north-magnetic-pole-raci-2010-12-24

     
    シベリア・・の範囲は
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%99%E3%83%AA%E3%82%A2

    世界の天気 (ユーラシア)http://weather.jp.msn.com/region.aspx?wealocations=%e3%83%a6%e3%83%bc%e3%83%a9%e3%82%b7%e3%82%a2

    ユーラシアでの最低気温を注目していると、シベリア地域での最低気温はすごい低さです。 その低さが普通だとして勝手に決め込んでいると思いますが、改めて考えると、やはりその最低気温は異常なのではと・・・・。 ヤクーツク、ノビォシビールスク、イルクーツクなどの最低気温は異常に感じるほどなのですが。 最近ではヤクーツクで -50度の日がありました。

    ↑の投稿の 北磁極、シベリアに向かって移動中 の記事を見て、もしかすると、磁極がシベリアに向かっているので、その磁極点に集まっている地磁気の集合束が、大気圏上空の熱圏の機能を弱めさせていて、その事が宇宙空間の超・低温の温度をシベリア地域に引き込んでいるのでは?との妄想も湧くのですが・・・。

    更に、ヨーロッパでも、真夏のオーストラリアでの寒波なども、熱圏が崩壊に向かっている為に発生している状態なのではと・・・・。 今年の科学ニュースでの内容を総合的に考えてみると、太陽系は銀河系の中での未知の領域に進み始めているという事などからも影響を受けて、熱圏の崩壊は更に進んで行くと考えられるのでは、ないのかと。 だとすると、熱圏崩壊の度合いが進むと、夏での超・熱波状態の発生。 と思えば夏にでも寒波が襲う。 更に冬には今年のニュースにある様に百何十年ぶりの寒波という状態が、これからは頻繁(ひんぱん)に発生して来ると予想できるのではないのかと。

    つまり、超・熱波と超・寒波はセットになって一年の中に発生してしまう・・・・という時代になるはずと考えられると思うのですが。 その状態の先にあるものは、世界的な食料不足、そして自然災害の多発により住む大地が流れて消失して、住む土地が消えて行くという時代に入るのではと・・・・推理につながるのではと。
     

     
    In Deep  2010年12月29日

    洪水と干ばつと猛暑と大寒波が同時にオーストラリアを見舞っている

    北部と東部では暴風雨による未曾有の大洪水、西部では干ばつ、そして、
    南部では真夏の雪。
    http://oka-jp.seesaa.net/article/177181428.html
     

    ぬるぽ(虫)君へのお願い

    お願いがあります。
    連投だけはやめてください。
    正直イラつきます。
    1回投稿したら次誰かが投稿したあとに投稿してください。
    よろしくお願いします。
    君の投稿内容も、それなりに価値があると感じていますが、解釈の幼稚さは我慢するとしても、いつも文章がクドイのです。
    ぐだぐだ論評せずに、要点(結論)を書いてもらいたい。
    コピペもタイトルと補足文、アドレス掲載だけで十分です。
    内容文章までコピペはしなくても興味があればチェックします。
    それから同じ内容を何度も書きこまないこと。
    またチャラケタ漫画は絶対にやめて欲しい。
    非常にイラつきます。

    ここは2ちゃんねるでありません。
    お遊びや自己主張を書き込むフリー伝言板ではありせん。
    予知、予測サイトであり
    読者は真剣に情報を求めています。
    ぬるぽ君の個人的なサイト・投稿欄でないことを認識してください。

    このサイトは一日1万アクセスあると聞いて言います。
    アクセスする方の年齢層も幅広く、様々な社会的影響力を持つ方々もアクセスしています。
    そして何によりもリピーター(毎日見ている人々)が多いです。
    かなり知的レベルの高い読者や投稿者が多いサイトです。

    とにかく連投は止めてください!!

    1回投稿したら、マナーとしても次の方の投稿があるまで待ちましょう。
    よろしくお願いします。

    返信コメントはいりません。



    ヤス様、みな様
    今年もお世話になり有り難うございました。今年の夏のグランドクロスの影響が顕在化するには、もう少しだけ時間がかかりそうです。前にもお話しましたように、今年40年ぶりに地球に大接近していた木星の好影響がとても強かったようです。この点で私は読み間違えましたので、私も皆様にお詫びしなければなりません。と言いながらも、来年の春のカーディナルTスクエアの影響は、今年の夏のTスクエアを遥かに超える影響があるように感じます。今年の夏以降の世界的な変化は、あくまでも来年以降に始まるもっと大きな変化の予行演習に過ぎないように思っています。変化は、ある意味で未来に向かうための非常に大切な要素だと思います。

    ダンディーさんの貴重なご意見も、勉強になる要素がたくさんありますので、また、いろいろ教えてください。ヤス様、みな様、どうぞ良いお年をお迎えください。

    人には自分の意見を聞いてもらいたいわりに、自分のほうは人の意見を受け入れられない・・・
    いやはや・・・


    ぬるぽ(虫)君へのお願い

    とにかく連投だけはしないでくださいね!

     
    ちょとした豆知識

    イライラする人は、カルシュウムが足りているでしようか?   ストレスからもイライラが発生し易くなりますが、カルシュウムが不足しても人はイライラを発生し易くなるらしいです。

    また、カルシュウムは心臓を動かす為に必要なものらしいです。 もちろん微量のカルシュウムなのですが、心臓を動かす為のカルシュウムが不足してくると、骨を溶かして必要なカルシュウムを作るらしいです。

    カルシュウムの摂取は、お酢と一緒に使うと、体内に摂取しやすくなるらしいです。

    カルシウム不足
    http://psychodoc.eek.jp/abare/calcium.html


    骨粗鬆症(こつそしょうしょう)・・の余談として

    骨が折れ易くなると、骨粗鬆症が原因として論じられます。 骨がスカスカになるので折れ易くなると・・・・。 それとは別のところでの話しでは、糖分を過剰に取ると、骨は弾力性を失いやすくなるらしいです。 その骨に弾力性が無くなるので骨は折れ易くなるらしいです。 カルシュウム不足からの骨粗鬆症も原因に含まれるのかも知れませんが、糖分(甘いもの)を過剰に取り過ぎるのも、骨折が起こり易い原因を作る・・と言われていました。

    だから、過剰な甘党の人は骨折に注意かもです。 若い時はよいとしても、年齢を重ねても甘いものを過剰に取る人は要注意かも知れません。

    ▲話が骨粗鬆症の方にまで流れてしまいましたが、イライラがよく発生する人はカルシュウム不足のことも一応、視野に入れていた方がよいのかもです。 
     

    まるで2chオカ板のコピペーノ プププ

     
    新たなマヤ文字の発見
    http://www.y-asakawa.com/Message2010-2/10-message97.htm
     

    ぬるぽさん

    ぬるぽさんのお気持ちもわかります。
    虫という表現は私にはなんのことかわかりませんが。
    どうか皆様一つになって、ヤス様のブログを応援したいものです。一つとはわかりあう、認め合うということです。今年もありがとうございました。

    ぬるぽ虫もコピペーノ知ってるのかw

    【オカ板住人】 ヤスの備忘録コメント欄 【常駐】
    http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1293724554/

    ヤスさん、ぬるぽ(虫)さんはもう規制してもいいんじゃないでしょうか?
    注意したけど直らないようですし。

     
    EUの対中武器禁輸、近く解除も=英国など態度軟化-仏紙

     【パリ時事】 30日付の仏紙フィガロは、1989年の天安門事件後に欧州連合(EU)が発動した中国への武器輸出禁止措置が、2011年の早い時点で解除される可能性があると報じた。 EU内ではフランスやスペインが解除に前向きだったが、反対していた英国、オランダ、ドイツなどが態度を軟化させつつあるという。

    中国は過去20年間で兵器製造能力を大幅に向上させ、禁輸措置は実質的な意味を失いつつあるとの見方も出ている。 フィガロ紙は、同措置によって中国との技術協力という「実利」から欧州が取り残されかねないとする欧州外交関係者の見解を伝えている。(2010/12/31-01:34)
    http://www.jiji.com/jc/c?g=int&k=2010123000477
    ------------------

     フランスを初めとして、欧州全体も危機意識が失われ始めているのではないのかと・・・・。 フランスは多くの預言にロシアは危険な国になると指摘されているのに、侵攻する時には強力な兵器になる艦船=≪ミストラル級の強襲揚陸艦≫をロシアに2隻も売る契約を最近、成立させた。 いずれヨーロッパはロシアに侵攻されると預言されているのに。

    中国もいずれは、西に向かって軍事活動をすると予言がされている。 預言の中にはロシアは中国、北朝鮮と連携して世界征服に向かうとされているのに、その中国までにも最新の兵器を売ろうとしているというニュース。 中国の兵器は独自開発ではなくて、ニュースにもある様に他国の兵器をコピーすることにより、兵器の近代化をしている。 という事は中国の武器は、まだ遅れている部分があるはず。 そこに持って来てヨーロッパの最新の技術なり、システムなりを持っている兵器を中国に売れば、中国はすぐにコピーをして簡単に最新兵器を持つ事になるはず。 そして、ロシアと同じに世界に向けた野望を持ち始めるはず。

     という事は、フランスも欧州連合も、いずれ自分たちを攻撃してくる相手に最新の兵器を売ろうとしているという事になるはず。 その間違った思考の底には、安全保障よりも経済活動が優先するという思考に変わりつつある現状が発生し始めているのではないのかと。

    つまり、世界は見せかけの平和に迷わされて、いずれ危険な国になる相手、あるいは自分たちに攻めて来る相手に最新の武器を売ってしまおうとする破壊された思考に進みつつあるのではないのかと。 
     

    ロシアや中国に近代兵器を売る。

    ヨーロッパ諸国にとって、現在の経済危機は目の前の事です。将来を見ている余裕はないのでは・・・。『背に腹は変えられぬ』の諺の通り、目の前にある危機を乗り越えたい・・・という足掻きにも似た事情でしょう。

    その裏を見れるならば、ロシアや中国に兵器を売却しても、それを使う事ができないかもしれないという目論見もあることでしょうね。実際、影の組織が地球を支配しているようですから、双方に武器を供給しているのですよ。

    現在のヨーロッパの気候変動で安易に軍隊を中東に向けることが出来ないが故に、極東アジアで緊張を高めているのでしょうね。心理的不安と緊張を持続させているのだとおもう。

    その裏に計画されているものは!?
    おそらく、着々とハルマゲドンの計画が進行しているのではないでしょうか。目を逸らせる材料はたくさんありますからね。だからこそ、しっかりと見据える必要があるのではないかとも想う。

     
    それは言えるかも・・

    フランスは3、4年前に、中国に最新式のジェット戦闘機 ミラージュ?を中国に売りたかったとのニュースが出ていた。 しかし、EUの対中武器禁輸・・があるので売れなかった。 それは別にして、EU? フランス?は、中国で最新のエアバスA380 旅客機の部分を大規模に中国で作っている。 つまりフランスは中国との経済関係を発展させて、フランスの経済の活性化を狙っている。

    その流れからすると、ロシアにもヨーロッパ諸国からすれば大変に脅威になる≪ミストラル級の強襲揚陸艦≫を売る契約を成立させた今回の実績からして、フランスが主導を取って中国に最新式の武器を売る流れは、成立するのかもと。

    そして、更に裏では言っている様に、秘密裏に東アジアでの軍事的緊張を画策しているのかもと。 なぜなら、フランスは日本にも最新式のミラージュ戦闘機を売りたいとの目論見がある。 その事はニュースに出たいた。 つまりフランスにとっては、中国と日本、日本と北朝鮮、日本とロシアなどの間での軍事的緊張が高まれば、中国に・・、もしくは日本にフランスから武器を売れる口実が出来るのかもと。

    フランスというよりは、サルコジ大統領は自分の策略を優れたものとして暗黙の認識をしているのかも知れないけれども、世界やヨーロッパ諸国から見れば、サルコジ大統領は世界に対しての=裏切り者に値するのではないのかとの想いもあります。

     ロシアに≪ミストラル級の強襲揚陸艦≫を売り、今度は中国までに最新式の兵器を売ろうとしているのだから。 戦う相手同士にフランスの武器を売ろうとしているのだから。 裏切り者としての策略は優れているのかも知れないけれども、裏切り者としての本質は変えれないはず。

    預言によればいずれ、ロシアに占領されるとされているのに。 そのロシアにフランスの武器を売るのだから、狂った裏切り者なのかもと。
     
    -----------
    ※追加

    フランスは、アメリカと同じで、日本が好きな国の中に入っていると思います。 だからフランスは好き・・という日本人は多いと思います。 映画で言えば、ブリジット・バルドーもいるし、ソヒィア・ローレン、カトリーヌ・ドブーヌ、アラン・ドロン、ソフィー・マルソー・・・・まだまだ、日本人が好きな俳優も多いと思います。

    その様にフランスという国は好きだけれども、サルコジ大統領は・・・・。 世界にとっても・・、ヨーロッパにとっても、アメリカにとっても、日本にとっても危険な匂いかしているのかもと。  ロシアや中国はサルコジに良い匂いを感じているのかも知れないけれども。
     

    ぬるぽって歳は幾つぐらいなんだろうね。

    害虫への怒り

    害虫を自覚するぬるぽ(虫)は2CHのみに投稿していなさい!
    この投稿欄が2CH的スレ化している状況には涙が出てくる!!!
    怒りが爆発する!!
    もうやめてくれ!!
    出て行ってくれ!!!
    子羊通信でも管理人から迷惑だと追い出されても未だに同じことをココでもしている始末
    反省がないというより根っからの精神的欠陥者なんだろう
    人の言うことを聞かず反省することもなく
    人に迷惑、人の気分を損ねていることにも気をとめず
    自分の我を張るだけ・・・
    さらには意地になって、注意されてる行為をますます増大させる・・・
    害虫そのものです
    この投稿欄を君のおもちゃにしないでくれ
    マスターベーションはほかでやれ
    読者や他の投稿者への気遣いもなくすき放題な君
    ほかの投稿者は君のように無意味に色つけたり、連投したり、ぬるぽ(漫画)書き込んだりはしないでしょ
    そんな幼稚な投稿は君だけです
    君が書き込むと次のレギュラーの投稿が止まるのがかわらないか!!
    君と同等の2CH的な幼稚投稿しか続かない
    悪貨は良貨を駆逐する
    ほかのレギュラー投稿者のみんさんは大人として、ルールをまもる気遣いや、読者への気遣いがあります
    君の行為は害虫そのものなのです
    この投稿欄を虫食って枯らさないで欲しい!!!
    ここは2CHのスレではない
    君の立てたスレでない
    ヤスの備忘録です
    このサイトを愛するなら読者の意見を拝聴しなさい!!!
    読者があって、読者が広がって、読者が評価してこそヤスの備忘録が評価されるのです
    君と同じく、私もヤスの備忘録のファンなのです!!!
    君も投稿者のレギュラーの端くれなら、ヤスの備忘録を愛しているならそこまで考えなさい!!!

    年末にこんな投稿したくはないし
    他の読者の方々への迷惑とは理解しつつ、この投稿欄を汚すのは苦しい限りですが、来年はこのヤスの備忘録がますます重要なサイトになると思っていますので、あえてこのような苦言を呈しました
    無視すればいいのですが、あえて苦言を呈します
    嫌なこと、面倒なことから脱げる(眼をつぶる)のでなく、自ら立ち向かうことも大切な時代になってきたと感じています
    皆さま、管理人様おゆるしくださいませ

    苦言を書き込むほうも苦しいので もうこれ以上は苦言は呈しませんが 管理人様とこのサイトを愛される読者の方の判断におまかせします

    よい年末をお過ごしください!!

    それにしても大寒波で大荒れの日本です

    論理的に仰るが、皆が論理的に話をしたとしても虫の論理が破綻している訳なんだから話が通じるわけが無いだろw

    虫の行動を論理的にみても可笑しいだろw
    主からも嫌がられ、サイトを愛する人からも嫌がられているのに屁理屈こねて居座り続け書き込み続けてるんだから。

    それも自分の行動が可笑しいということに気づかないのにもかかわらず、人様に気づきをあたえようと、せっせとリロード&カキコwww

    だから虫は観察対象者になるんだよー(爆)

    ま、ブログ主がどのように対応するか拝見させて頂くとします。仏の顔も三度までというしね。
    違う意味でブログから目が離せないw

    (おっ、もしかしてこれが虫の望んでることか!?)

     
    飼育施設で強毒性鳥インフル=韓国

     【ソウル時事】 韓国の農林水産食品省は31日、国内のカモと鶏の飼育施設で強毒性の鳥インフルエンザウイルスが検出されたことを明らかにした。 (2010/12/31-12:25)
    http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2010123100108
    --------------------

     嫌な予感の理由は分からないけれども、なにかイヤな感じがします。 韓国では現在、口蹄疫も大規模に発生しています。→ 韓国:口蹄疫で非常事態 47万頭処分、全土拡大の勢い・・・・
    http://mainichi.jp/select/world/news/20101230ddm003030073000c.html

    その様に韓国では2つの脅威ある家畜の疫病が発生しているとの事。 そこで悪い方へと妄想をすると、、口蹄疫ウイルスと強毒性鳥インフルウイルスの融合というか・・・・、ウイルスの合体が行われた場合には、ブログにも出ていた=デイムス少佐の予言での脅威を想い出すのです。

     番外編3
    http://ytaka2011.blog105.fc2.com/blog-entry-124.html

    デイムス少佐

    「世界経済はもうじき破綻する。 だが、・・・・
    来年の2009年には全世界に広まっていることだろう。 ---「また、この進化型鳥インフルエンザにはタミフルはまったく効かないはずだ。 いまのところ特効薬は存在しない。」  「この新型のウィルスが感染するのは人だけけではない。 牛に感染する。牛の被害はものすごく、膨大な頭数の牛が感染で死ぬ。」 ---「次のパンデミックは強毒性のH5N1型だ。 その被害はものすごい。この蔓延によって世界経済崩壊の最終的な引き金が引かれる。」
     

     
     懺悔です。 よい投稿により、ジェームス・リー2011年の予言・・がこのブログに入って来たのに、無視をしてスルー状態です。 その素晴らしい投稿をスルーしている悪い状態を懺悔します。

    よって、投稿数もかなり進んで、そのジェームス・リー2011年の予言・・が見つけにくくなっているので、改めてここにコピーをしたくなりました。 それでもって、ジェームス・リーの予言からも推理をボチボチとしたくなっています。
           ↓

    ジェームス・リー2011年の予言
    こちらの掲示板でも引用されていた、ジェームス・リーの、2011年の予言です。
    昨年と違って世界の予言はさらっと紹介されており、個人の12支別の運勢や開運法にページが割かれてます
    以下要約です。

    ①2011年半ば、巨大爆弾が爆発、一部の国や地域が文明的、近代的な状況から大きく後退
    ②異常気象、天災はますます増える
    ③ウイルスや細菌による病気が世界的に広がる。 脳細胞や心臓、神経中枢を破壊するウイルス
    ④世界中が驚く大事件により、世界経済が一瞬にして大きなダメージを受ける。 大きな財を成す
    ごく少人数のグループが現れる
    ⑤磁場の干渉、衛星、海底ケーブルなどのトラブルにより、世界の通信網にトラブルが出やすくなる。
    一部の国や地域で電子製品が正常に動かなくなり、人々の生活が原始レベルに後退
    ⑥世界ではテロリストが一躍有名に

    中国   経済の卦は「沢風大過」泣き面に蜂。
    香港   吉運 改革の一年
    マカオ  新しい展開を迎える
    台湾   全世界に羽ばたく。

    アメリカ 突発性の事件、事故が発生し、極めて短期間のうちに大量の人口が消失、または潜伏することに。
    日本   運勢は全体的には「どうにかこうにか良し!」地中や海水、地震で漏れ出す黒や黄色のガスや液体に注意。 山野にある「秘密の洞窟」での事故に気をつけてください。 2011年の日本人はなんの罪もなく清浄。面倒なことはよそ者がもたらすもの、外国人が引き起こすものです。

    韓国   国際的な地位がさらに上がる 重大事故が発生する
    北朝鮮  難題山積
    ロシア  二つのトラブルに直面 ①大規模な襲撃や戦争の暗示 ②環境の変化。 気候やウィルス、不慮の事故が続発
     
    2010/12/29(水) 23:18:44 | URL | tappu #3fIBvpkA [編集]
     

    ぬるぽさんへ

    >※この部分からすれば、人々や国は、敵対し合うとされています。 敵対をすると人はどうしても、感情論的
    >な言葉を使い始めるはずです。 北朝鮮しかり。 中国もいずれは感情論的言葉でもって、日本を批判しだす
    >かも知れません。

    上のくだりで、敵対することと感情的な言葉を使うことの関係が良く理解できません。
    説明していただけますか。
    それと、中国は既に感情論をぶちまけている感があると考えていますが、どの様にお考えですか?

     
    ホピの予言 ---これから起きる予言

     いつの日か、大地から不思議な霧が立ちのぼり、全ての人々の
    思考力と心を弱めてしまうという

     彼らの智恵と知識は方向を失い、創造主の偉大なる掟は
    人々の頭から消え去ってしまう。


     子供たちは手に負えなくなり、人の言うことを聞かなくなって、
    道義のない、貪欲な戦いが繰り広げられるのだ
    http://hyla.jp/future.htm
    --------------

     思考力と心が弱まれば、人間は動物の仲間からの進化であるという本質性に帰り易くなると思うので、攻撃的=感情の支配が起きやすくなると思うのです。 さらに、創造主の偉大なる掟は人々の頭から消え去ってしまう。--とあるので、これも博愛精神が欠如に向かうと感情が支配をしやすくなるはずです。 更の更に、子供たちは手に負えなくなり、人の言うことを聞かなくなって、道義のない、貪欲な戦いが繰り広げられるのだ。 --と予言されているので、それは正に、道義が無くなっているので、感情での行動となりやすいので、貧欲な戦いに流れて行くのだと思うのです。

    敵対する相手=喧嘩をする相手には、どうしても攻撃的な感情が発生するはずです。 その攻撃の時に、上品や、え~~~ 私は、あなたの考えは間違っていると思うのですが・・・・・、などと調子の外れた話し方はしないはずです。 相手に自分の怒りをぶちまける言葉を使うはずです。 そして相手を怒らせてしまうはずです。

    敵対する相手には、どうしても感情的な言葉を投げかけ易くなるのが、人間の習性と思うのです。 別の見方をすると、→「敵対することと感情的な言葉を使うことの関係が良く理解できません。」と書いています。 そうです。 感情とは・・ある面、理解しにくいものと思うのです。 だから敵対するとどうして感情的になるのか理解が出来ない・・というのが正解かもです。 理解できない事が起こるので敵対心は高まり、喧嘩が始まり易くなる・・・・というのが正解と思うのです。

    感情とは、理解しにくいものです。 理解しにくいですが、敵対心を持つと感情的論になり易いというが正解のはずです。 だから地球に戦争と争いが無くならないで、続いている・・と言えると思うのです。
     
    ・・・・これも、ひとつの解釈論です。 他の人に同じことを聞くと、別の解釈が聞けるかも知れません。
     

    >ホピの予言 ---これから起きる予言
    >いつの日か、大地から不思議な霧が立ちのぼり、全ての人々の思考力と心を弱めてしまうという。
    >彼らの智恵と知識は方向を失い、創造主の偉大なる掟は人々の頭から消え去ってしまう。
    >子供たちは手に負えなくなり、人の言うことを聞かなくなって、道義のない、貪欲な戦いが繰り広げられるのだ。

    つまりだね虫くん。これチミ自身のことをさしているのだよw
    論理的思考が破綻しているチミにはさっぱり分からんだろうけどw

    神国・日本
    検察不正を早くから指摘した、あのブロが・・・
    来たるべき世界動乱期について、日本の役割を述べている。
    http://blogs.yahoo.co.jp/martingood0323/36298678.html

     
    中国、11月のレアアース対日輸出量75%激減 「今後の輸出枠は流動的に」
    http://www.epochtimes.jp/jp/2010/12/html/d22966.html

    中国がいくら理屈を付けても、この処置は感情的な対応以外のなにものでもないと思うのだけれども。
     

    おおっ・・
    この暮れの時期に早速のご回答。
    まぁこんな話も宜しかろうと思いますが。。。

    さて、私が問いかけた内容に対する上の回答ですが、事象或いは現象の説明は多少成されてはいるものの敵対と感情論に対する解が記述されておりません。解=わからない、ということでしょうか。

    全ての事象・現象は因果をもって論ずることが可能だと思います。この場合の敵対と感情論は因果の果の部分に相当するものだと思います。事象として「敵対」行為をすること、および「感情論」を展開することは異なるものですがこれらは全て因がなければ生じないものです。つまり、敵対や感情論を展開せざるを得なくなる原因となるものは何か?ということになります。
    もっと理解し易い形でいうならば、敵対と感情論は何かの結果に生じるのもであって、寧ろ逆に、それらを生み出すものは何なのか?に行き着くはずです。

    よって、私の問いかけは果に焦点をあてたものであるので、意味を成さないものであることは明白ですが、それに対する指摘はありません。
    何故でしょうか・・・・?

    煙たがられることを解決したいのであれば、投稿する内容他も含めて、解決するカギはこの辺りにあるのかもしれませんね・・・・

    私?
    は、まぁ色々面白いので、気長に見ていますよ。

    みなさん少し落ち来ませんか&虫さんへ

    私はよく人に「相手を変えるより自分を変える方が早くて良い」
    とエラそうに説いておりますが当事者になると中々難しい事を痛感しております(笑)

    この方が何度注意をしても変わらないのは皆さんもご存知かと思います。
    「モラルの良い悪い」の言い争いは理論で相手をねじ伏せる単なる「理論ゲーム」になってしまいがちです。しかしその理論すら破綻している事に気づかない人達もまた居ます。

    「つぼみも付いていない種にいくら花を咲かせよ!と叫んでも種は種のまま」
    (程度が低ければ言葉すら届かないと言う意味です。注:多少アレンジしていますが私の言葉ではありません) 

    まさにこの状態の人なのです。

    こちらが変わるしかなさそうです。 またコレも一つの学びと思えば良いかもしれません。

    ブログのコメント欄をアボーン(特定の人物を透明化)する物が無いか少し探してみましたがありませんでした(もっと探せばあるかもしれませんけど)


    種さん・・・いや虫さん。
    あなたに何を言っても変わらないでしょう。これからも狂ったように連投するでしょう。
    いいでしょう私は受入れます。これがこのブログのコメント欄と思いあなたのコメントを避けながら読んでいきます。
    ヤスさんブログの名物「ドブさらいゲーム」と思いますからそれで私は構いません。
    ドブさらいもゴミが多い方が宝石の探し涯があるという物です。

    みなさんもどうでしょうか?少し趣向を変えて
    「ドブさらいゲーム」やってみませんか?


    <--以下は虫さん以外読む価値無しです-->
    理論ゲームをするつもりはありませんがあなたの理論はどう考えても変です。エリートや優秀な人の存在はコメント欄には関係ありません、少なくともあなたの理論が通用する相手は殆ど居ないでしょう。アラシでないのならば、はっきり言ってあなたは病気です。病気を自覚して連投する事によって精神を安定させているのならば仕方のない事かもしれません、しかし自覚してない場合は一度病院に行った方が良いと思います。進行は処置が早い方が良いと聞きますから。

    それではみなさん良いお年をv-222

    虫の音なら情緒があるが、虫の騒音、不協和音はうるさくて不快な感情を呼び起こすだけ。
    何事もほどほどが丁度いいんだよ。
    現状だとブログ活性の応援よりも混乱を巻き起こしているだけ。
    調和を大切にしたいなら、まず自らのふるまいに注意すべし。
    皆の批判は、長文コピペ・連投。誰も書くなとは言ってない。
    虫は書き込むならツイッターのようにリンク含めて140文字以内におさまるように文章の書く。
    書ききれなければ他のサイトに誘導するべし。

    これが一番いい落としどころだろ。

    ここはひとつ、
    みんなで力をあわせて大きな愛になって、
    本人(ぬるぽ)が気づくまでほっとこうぜ。
    この掲示板に課せられた最大の試練と思って、、、

    ところでアホでダメで最低なぬるぽを含め、
    みなさんよいお年を、、

    >ところでアホでダメで最低なぬるぽを含め、

    可哀想じゃないですか。規格外れだけど、
    一生懸命で、要領悪いけれど、何か憎めない
    ぬるぽさんを含め、みなさん明けまして
    おめでとうございます!

    2011年もやはり

    アメリカでは遂にガソリン小売価格が1ガロン$3.を超えました。これは2008年10月以来の高値ですが、このサイトの予告によると、2012年までには(つまり来年一年で)$5.までに高騰するとの事。
    リンゼイ・ウィリアムズの忠告が現実となってしまう可能性大です。

    http://www.csmonitor.com/Business/2010/1230/US-gas-prices-pass-3-mark.-Will-anything-stop-them-from-climbing-higher

    また、現在のアメリカの状態。

    3百万件の家屋が銀行によって差押さえ;
    3千万人が求職中;
    4千3百万人が食べ物の購入に政府の社会福祉に頼っている;
    5千2百万人が貧困の中にある(独身世帯年収$11,000 以下, 4人家族で$22,000 以下);
    5千9百万人が健康保険なし;
    2億3千9百万人が貯蓄全く無し;
    1千440億ドルが今年の金融界のボーナス;
    13兆ドルの財産がアメリカの人口の1%の人間に握られている;

    http://www.marketoracle.co.uk/Article25258.html

    これをおそらく資本主義の極みの姿と言うのでしょうね。
    皆さん、今年も頑張ってください。

    !心機一転!

    2011年~♪新年明けました!
    ヤスさん、皆さん、おめでとうございます!
    虫君もおめでとう!

    !心機一転!

    こちらにも遊びにきてね
    http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1293724554/

     明けましておめでとうございます。

     何となく子供の頃の正月を思い出しています。
     羽子板、墨のにおい、独楽の重量感、壊れやすい凧、一生懸命に走っては墜落し皆で知恵を出し合って直した。

     近所には工場のアパートがあり沢山居た遊び友達、ほのかな恋心、日が暮れるまで遊び、時には悪さをして兄弟三人電柱に縛られた。

     何処からか送られてきた木屑の中の動く海老に腰を抜かして驚いた。  

     青大将の親分クラスを紐で引っ張って帰り近所のおばさんに叫ばれた。

     あの頃は横浜にも蛍がいた、牧場には牛もないていた。山の小道にはお地蔵さんが赤い前掛けをして必ずお供え物が供えてあった。

     防空壕の探検をし、底なし沼にはまり、崖から、大きな木から下りられなくなって泣き、いつも助けてくれる御爺さんが居た。

     思い出すのは暖かい人との触れ合いばかりだ。

     そんな当たり前だった日常が跡形もなく消えてしまった。 あっという間に。

     ぽっかりと開いた心を埋める為温泉に入ってラーメンを食べます。たぶんアイスもね。






     

    謹賀新年

    やすさん みなさん あけましておめでとうございます。

    今年は、今まで隠されてきた物が、本格的に顕になるときでもあると想います。
    宇宙の情報、地球上でも『渦』現象の多発の原因。
    政治・経済・軍事的混乱の勃発。
    気象の激変による人心混乱と社会不安。
    隠されてきた技術の開示。
    マインドコントロールの実態。
    人類の変容。 etc。

    チャネラーの増加で、霊性の覚醒が進んでいます。集合意識の方向性に変化が出てきていると想います。バーバリアンイルミナティが計画しているNWOには、霊性の覚醒が必要条件らしいです。人が人らしく生きるための社会創り。現在の奴隷社会からの脱却は、一人ひとりの意識の変容が鍵に為ると想う。そして、牽引のお役は日本人だと想う。

    そのためにも、『疑問を持つ!?』という事が大切になってきると思う。

    大きな次代の過渡期に差し掛かり、其々が刺激あいながら、気付いて行くべき時ではないかともおもう。
    学術的な内容、論理的な内容・・・これらも良いのだけれども、どれだけ直観を働かす事ができるかではないでしょうか。

    今後とも、よろしくお願いします。

     
     天皇陛下は、新年を迎えるに当たっての感想を発表された。

     感想では、昨年は猛暑が続き、経済状況も厳しかったことに触れ、「人々の生活には さまざまの苦労があったことと察しています」と国民の暮らしぶりを案じられた。

    その上で、「家族や社会の絆を大切にし、国民皆が支え合ってこれらの困難を克服するとともに、世界の人々とも相携え、その安寧のために力を尽くすことを切に願っています」と メッセージを送られた。  (2011年1月1日05時11分 読売新聞)
    http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110101-OYT1T00159.htm?from=main3
     

    異常気象ではじまった2011

    この日本海側の寒波はやはり異常だ。
    一日に降った積雪量は日本の観測史上最高。
    鳥取では奥大山スキー場でパトロール隊が雪崩で死亡し
    海沿いを走る国道9号では年末から未だに600台の車が渋滞のままストップしたままである。
    いままでとは雪の降り方が違う。
    山沿いに降る雪でなく海沿いに降る雪。
    地球規模の寒気団の張り出しによる波を被っている。
    今日明日もかなり荒れ狂うみたいだ。

    2011は経済も大変だが
    それ以上に地球環境異変が多発する年になりそうだ。

    しかし、この眠さはなんなんだろう
    いままでこんなことはなかった。

    異常気象もだが、人心も急速に何かの景況を強く受け始めている。

    共存共栄の道

    アーメニアさんへ
    虫君はこちらで情報提供とコメントしていますよ↓

     2ch掲示板 [ヤスの備忘録コメント欄」スレッド
     http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1293724554/

    皆様 こちらにも情報提供の程ヨロシクお願いしますm(_ _)m

     
     そのようにスレッドを紹介してくれるとなんだか
    照れてしまいますぬるぽ


     「世界の不思議?」 探索の旅 
    http://www.y-asakawa.com/index.html

    ペンギンがお出迎え(写真)

    チチェンイッツアの光の柱 
    ククルカンの神殿の「光の柱」

    先日、私の読者から驚くべき映像が送られてきた。それはメキシコのテレビに映し出されたもので、メキシコに住む30歳の夫妻が二人の子供と一緒にユカタン半島のチチェンイッツア遺跡を訪ねた際に、偶然映された映像である。
    http://www.y-asakawa.com/Message2011-1/11-message1.htm


    ※参照資料
    ククルカンのピラミッドと秋分の日の奇跡
    http://www.y-asakawa.com/mekishiko-gazo/chichenitua2.htm
     

     
    2011年 1月1日
    「あけましておめでとう!」--昭和初期の年賀状画像特集 (1910年代~)
     


     いよいよ2011年。2012年まで残すところあと1年となったわけで、あけましておめでとう!!
    ●いつも見に来てくれるおともだちのおかげで今日まで続けることができたよ。

    今年もどうぞよろしくお願いしますのだ。 ということで、年明け最初は昭和初期の年賀状特集。
    今年の干支は兎(ウサギ)ということで、昔から干支をモチーフにした年賀状が作られていたんだね。
    http://karapaia.livedoor.biz/archives/51935371.html

     新年には、年賀状が届くという・・・・日本の粋(いき)な文化。 意気(いき)・・気持ちの良さを葉書に表す文化かも・・。

    その年賀状を出すという古来からの日本文化。 その昔の絵柄を見るのも、昔の人の美学、
    芸術性、意気なき持ちを知れておもしろいかも知れない。
     

       
    ↑ の者へ

    超・早い返信でビックリしていると思う。


    それは、それで置いておきます。
    ---------------
    ※追加
     → さて、酒飲んでアセンションして寝ます。 --- アセンションして寝る?
       それは良いことだ。 ついでに、一週間くらい寝ていろ。


     ▲他の人へのお願いです。 
    最終解脱者・・と、意気がっている者に乗せられて、ブログなどを作らないでください。

    なお・さんを又、例えに出して悪いですが、人というのは意外にも無責任な部分があるはずです。 予言などからしても、これからは益々、人々の心は荒廃をするとされています。 人を乗せておいて、その後のことは放置という無責任さを表し易くなると思います。

    あれだけ多くの人が、なお・さんにブログを作ってくださいと・・言ったのにもかかわらずに、イザ・・ブログが出来ると放置状態です。

    ↑ に ガラパイアというサイトの記事を投稿しましたが、その管理人が書いています。 → ●いつも見に来てくれるおともだちのおかげで今日まで続けることができたよ。

    ・・・・よい言葉だと思いました。 ブログやサイトは管理人だけで作っているものではない・・と、教えてくれている言葉だと想います。 ブログやサイトは、管理人も含めての・・多くの人の参加で作って行くものなのでしよう。 多くの人が集まってこそ、活性化する性質もものなのでしよう。

    だとして、その最終解脱者に乗せられて→ ブログを作れば大変だと思います。 誰も参加をしないブログになる予感がします。 作ってもタダ、放置をするだけだと思います。 だから決して、思いつきでブログは作らないでください。

    それこそが・・ → 善意の皮を被った 悪意・・というものだと思うのです。 悪意を善意という皮で隠して、悪い事をする・・という事だと思うのですが。 
     

    あたたた、、、最終解脱者の自負があったのだが、
    君のレスポンスを読んで、あたまいたくなってきた。
    まだまだ修行が足りないようだ。

    ぬるぽ君とはまともな疎通が出来ないのがわかったから、もう何もいわないことにするよ。
    上の文章はぬるぽだけが読めばいいから消しとくよ。君は君の文章を読ませたいはずの人たちからうざがられて、批判されているんだよ。それじゃ意味ないじゃないか。伝えたいことは伝え、主張したいことは主張し、その分マナーや礼節はしっかりわきまえる、現実でもネットでも同じことなんじゃないかな。

    さてまた沈黙の一読者に戻ります。スレ汚しスマソ

    アーメニアさんには大方同意、
    今いるどんな存在も、
    天によってその意思に沿うように生かされしかり。
    だからぬるぽも元気でやれよ。

    ぬるぽ君は単に若いんだろうな、、、
    私(30代)も20代初頭くらいまでは、
    おなじくらい幼稚だったかもしれない。
    だから痛いほど彼の精神状態がわかる、、。
    周りの見えなさもわかる、、、
    それは真剣に生きたいと願うからこその歪(いびつ)
    自然な成長とともに、だんだんよくなっていくもの。

    だからこそ萎縮したり排除されるのじゃなくて、
    ここでかきこみつつも、
    めざましい成長を期待するのだが。。。


    孔子曰く

    七十にして心の欲する所に従って、矩を踰えず。
    (七十になると思うままにふるまって、それで道をはずれないようになった。)
    超訳
    (好きなことをどんだけ書き込んでも誰にも怒られなくなりますた)
    http://home.owari.ne.jp/~shiva/part04/koushi4.html

    まだまだ先は長い。(ほんとにこれでかきこおしまい)

     
    ①▲ だふん、世界的に笑いを獲得したと思われるロシアのこの動画・・・
     この動画を見てからは、ロシアという文字や ロシアの建設機械・・・・という言葉を見ると
     つい・・ドキドキしてしまう。 また、何かをやらかするではないのか?とする心配をする ドキドキ感が無意識に湧いて来ます。


     そのドキドキ感は本当に、ただものではないドキドキ感です。

    2010年 12月2日
    ショートコントみたいなロシアの重機救出大作戦

    http://karapaia.livedoor.biz/archives/51791113.html


    ②だもんで・・・・として

     この題にも、ロシアのパワーショベルの・・・・ と書かれていたので、その見出しを見ただけで、もう・・・・ 気持ちはドキドキしました。 しかし、この投稿を する為に、まだ全部を観ていません。 別の意味では、すべてを観るが恐ろしい気さえします。

    2011年 1月1日
    車のトラブルにも完全対応!ロシアのパワーショベルの使い手のすご技テクニック

    http://karapaia.livedoor.biz/archives/51932085.html


    ③▲ これはオマケです
     もちろん、ロシアからの話題です。 本当に見出しに→
     ロシアと書いているともう~~~ ドキドキします^^


    2010年 5月23日
    まるで超常現象?ぐわんぐわんと歪む橋(ロシア)

    http://karapaia.livedoor.biz/archives/51703019.html
     

    >車のトラブルにも完全対応!ロシアのパワーショベルの使い手のすご技テクニック

    まさに、トランスフォーマー的発想ですね。
    出来るか出来ないか、という岐路に立たされた時、大丈夫だ問題ない、という選択肢を選び
    がち、というのが、ロシア的発想なのでしょうか。

     
    ↑ やっと観ました。 今回は車を壊していなかったようで安心をしました。

    しかし、そのパワーショベルに日本のメーカーの小松・・の文字が書かれていたので、笑えました。 まぁ・・・・? 日本製だったら細かな動きにも安心をして使えるとの安心感から、その様なパフォーマンスをしたのかもしれないけれども。 しかし、水深はすごく浅く見えました。 それでも水の中に入りたくない・・とする根性のハッキリ感には関心をしてしまいました。

    -----------

    この、大紀元も情報源として多くの人が活用をしているサイトのはずです。
    その意味では、多くの人がお世話になっていると思います。 よって、今回は情報は
    なく、新年の挨拶としの内容になっているようですが、そのページを投稿したいと思います。


    大紀元からの---新年のご挨拶

     【大紀元日本1月1日】 新年明けましておめでとうございます。

     寒風の中、ウサギがぴょんぴょんと元気よく登場し、
    雪化粧で一新された日本列島は新しい年を迎えました。

     元日の雪は豊年の瑞(しるし)と言われますが、この大雪は今年の大収穫を告げるものでしょう。 ----

     寺田寅彦は 「雪は天からの手紙である」と言います。 元日のこの大雪は、いわば天からの吉報および激励なのでしょうか。 しかし、よき兆しを示すのは天であり、そのよき兆しを現実のものとするのは、われわれ人間の仕事です。

    「忠告とは雪のようなものだ。穏やかに降るほど、長く消えずに残り、心に染み込んでいく」(イギリス詩人・コールリッジ)。 大紀元の伝えている情報、そしてこの新年のご挨拶も実は心からの一つ一つの忠告でもあります。 穏やかにお届けするこれらの忠告が皆様の心に染み込んで行くことを切に願っております。

    大紀元日本語編集部スタッフ一同
     2011年元旦
    http://www.epochtimes.jp/jp/2011/01/html/d59246.html
     

    アラシがアラシでなくなる時

    虫さんの登場により昨年から色々とあっていますが、結局誰であろうが「相手をアラシにするかを決めるのは自分自身」と言う事がよく分かりました。
    青かった過去の自分自身とダブって見えて腹が立っていたのかもしれませんね。(私だけかもしれませんが)

    現代社会は自分も相手も、許し認める事が難しくなっていますがこのコメ欄に関してはある意味アセンションしましたかね(笑)

    不要な物はやはり存在しないと言う事を改めて知らされました。

     
    月のページ 
    http://www.moonsystem.to/

    ページの左下のカレンダーを見ると、1月4日 火曜日が
    新月になると分かります。



     ---月の神秘--- 
    http://www1.ocn.ne.jp/~iyasiro/maji/moon.html#

    ---新月---
    不思議なことに、新月も満月と同じように引力が強いのですが、
    その作用はまったく逆になります。

    ☆満月・新月は共に、人間の脳神経が月の引力によって張りつめるためか、
    普段よりカンが冴えるようです。


    ただ、そのカンの種類も少し違って、満月時には動物的・肉体的なカンが、
    新月時には精神的・内向的なカンにが冴えるそうです。

    新月の日には、精神的なことや、瞑想的な思索をしてみると
    思いがけない実力が発揮されるかもしれません。
     

    今のコメント欄の様は・・・

     
    ■類は友を呼ぶ
    http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1110979191

    ■悪貨は良貨を駆逐する
    http://www.geocities.jp/kurogo965/kotowaza1/page10.html

    ・・・この状況なんでしょうね。
    昨今、急に投稿欄のレベル低下を感じます・・・
    このサイトに期待しすぎている感はあるが・・・
    やはり、今の日本は稚拙でノーテンキな思考者がマスとして蔓延し終末感がただよう・・・

    ■江戸末期(ええじゃないか)
    http://members.jcom.home.ne.jp/rekisi-butaiura/eejya.html

    そんな中で維新を起こすNEXT SEEDSである
    サイバー
    イノベーター
    オピニオン
    が此処には集結してきていると思っていたのですが・・・
    今はいないようですね・・・
    もしくは今傍観中なのか・・・
    ここ最近はマスがはびこっている・・・
    有名サイトになって低年齢・低俗化もあるだろうが
    テレビのバラエティ系三文番組レベルですね・・・
    まっ、それでよければそれでもいいのだが・・・
    残念でもある・・・

    ・・・もうすこし様子をみましょうかね・・・

    管理人さまも判断が難しいとおもいますが
    このままでは良くないですよね・・・
    ヤスの備忘録自体の評価が下っていくと思うのですが・・・

    <参照>
    ■形態形成場理論
    http://bravehikari.seesaa.net/article/48909597.html

     
    まだこの「名言ナビ」の使い方が分かりません。
    しかし面白そうなサイトに感じたので投稿をします。
    書いている言葉すべてはそのサイトからのコピーです。


    名言ナビ
    http://www.meigennavi.net/index.htm

    名言ナビとは?

    ■「名言ナビ」は、
     古今東西の名言・格言の網羅を目指す、名言データべースです。
     同時に、日本人の自己実現と幸福な人生を支援するための名言ポータルサイトです。

    3.豊富な翻訳バージョン

      海外の名言には多くの翻訳バージョンが存在します。 自分の感覚に合う
      訳を見つけることができます


    ■日本人の多くは、欧米やイスラム圏のように、特定の宗教に依存する生活は
     行っていません。 初詣は神社、葬式はお寺、クリスマスも祝ったりします。


    ■宗教の行事で面白いものは何でも取り入れるという節操の無さが、
     いかにも日本人的なのかもしれません。


    ■しかし、問題はキリスト教の聖書やイスラム教のコーランのような行動や態度の
     規範となるべきものが日本人には無いことです。

    ■人生の教科書、参考書となるような、人を導くものが無いため、
     ほとんどの日本人は人生の迷子になっています。


    ■「名言ナビ」は、古今東西の名言や格言のうち、特に自己実現や
     人生に対する示唆となるようなものを厳選して紹介します。

    ■「名言」という「人類の知恵」によって、少しでも皆さんの人生が良い方向に
     変わるお手伝いができれば幸いです。
     
     

     
    紹介した・・「名言ナビ」
    使い方はまだ分かりませんが、気になる名言があったので抜き出してみました。
    しかし、名言はさらに多く在ります。 なぜなら3万5千点の名言が収録されて
    いるそうです。


    名言ナビ☆名言・格言辞典
    ----------------------
    [名言]

    人間は高慢な思いをいだくべからず。
    高慢は花をつけ破滅の種を実らせる。
    実りの秋はとめどなき、涙を刈り取る。

    ----------------------------
    [出典]
    アイスキュロス(紀元前6~5世紀・古代ギリシャの悲劇詩人、前525~456)
    「ペルシア人」


    [名言]

    そうさ 僕らも世界に一つだけの花 一人一人違う種を持つ
     その花を咲かせることだけに 一生懸命になればいい

    --------------------------------
    [出典]
    槇原敬之[まきはら・のりゆき]
    (シンガーソングライター、1969~)
    「世界にひとつだけの花」


    [名言]

    もしある朝目を覚ますと、全ての人間が同じ人種、同じ宗教、同じ肌の色に
    なっているとしたら、我々は正午までに別の偏見のタネを捜し出すことだろう

    ----------------------------------
    [出典]
    ジョージ・エイケン


    [名言]

    逆境には必ずそれよりも大きな報酬の種が隠されているものだ。
    ----------------------------------
    [出典]
    ナポレオン・ヒル
    (米国の成功哲学者、1883~1970)


    [名言]

    樹木にとって最も大切なものは何かと問うたら、それは果実だと誰もが答えるだろう。
    しかし実際には種なのだ。
    ---------------------
    [出典]
    ニーチェ[フリードリヒ・ヴィルヘルム・ニーチェ]
    (19世紀ドイツの哲学者、1844~1900)
     

    [名言]

    軽蔑すべき者を敵として選ぶな。
    汝の敵について誇りを感じなければならない。

    ---------------------------------
    [出典]
    ニーチェ[フリードリヒ・ヴィルヘルム・ニーチェ]
    (19世紀ドイツの哲学者、1844~1900)
    「ツァラトゥストラ」
     

     
    ネットユーザー人口 4億5千万 世界トップに=中国
    -----------------------------------
     【1月2日】---中国国務院新聞 、中国のネットユーザー人口は同年11月末までに4億5千万人に達し、13億人の3分の1を超え、世界最多ネットユーザー人口保有国になったが、同時に世界で最も厳しくネット統制されている国の1つでもある。 米VOAが報じた。
    http://www.epochtimes.jp/jp/2011/01/html/d66357.html
     

    ---きょう‐あい【狭×隘】 --[名・形動]
    1 面積などが狭くゆとりがないこと。 また、そのさま。「―な土地」
    2 心がせまいこと。 度量が小さいこと。また、そのさま。
     「人を容(い)れない―な心」



    中国による空母建造はもはや秘密ではない、海外報道は欧米の
    狭隘(きょうあい)を示した―中国メディア


    モバイル版URL : http://rchina.jp/article/48232.html
    2010年12月31日、国際在線は、複数の外国メディアが中国による空母建造について報道しているが、空母の完成時期や、空母建造が周辺国や世界にどのような影響をもたらすのかについては、推測の域を出ていないと指摘した。
    この記事のURL : http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=48232
     

     
    David Icke, Headlines掲載2010年12月29日
    ヴィーナス・プロジェクトと 「最後の一厘」

    このところカレイドスコープのハリマオ氏が、面白いテーマを取り上げておられる。 少し複雑な内容なので、私の知能では完全に理解できないのであるが、---- 
    ------------- 新世界秩序の問題点
    ユートピア構想
    このヴィーナス・プロジェクトのサイト(http://www.thevenusproject.com/)を少し読んでみた。 まずは非常に面白い提案だと素朴に思った。

    このプロジェクトが描くユートピア社会では、最終的には、人工知能(コンピュータ)が世界を支配することになっている。 その究極の価値観は、「自然環境の維持」であり、そのための「資源の最適配分」のようだ。---

    こうした大胆な構想に対して--- で、ズバリ本質的な問題を指摘しておきたい。

    それは、「人工知能のプログラムを考えるのは誰なのだ?」という疑問である。 ---

    そうすると、どうなるだろう・・・。 私は、いつかコンピュータが、「人間をゼロにする」という「最適解」を出す可能性があると思う。 自然環境を最大の価値に置けば、人間がいないことが究極の答になるからである。 違うだろうか? このプロジェクトは、テクノクラートというエリート支配を目指しているわけでないと否定はしているが、ただ単に恩恵を享受するだけという大多数の人間に存在価値はあるのだろうか。 家族計画を「教育」することで過剰な人口増加を防ぐそうだ。

    魂が抜けている 
    物質的な価値観しか持っていない西洋人が考えることは、これぐらいが限度なのだろうか。 「仏作って魂入れず」という言葉があるが、まさにこのヴィーナス・プロジェクトは、魂(プログラムを書く意志)の抜けた箱(コンピュータ)を作ろうとしている。

    もっと言えば、世界各地に遺跡が残っているように、現代人が持っている文明よりも遥かに進んだ文明が過去にもあった。 それでも滅んだ理由は何なのだろうか。 ----------

    http://tamekiyo.com/documents/original/20101229.html
     

     
    [名言]

    悪人がいくら害悪を及ぼすからといっても、善人の
    及ぼす害悪にまさる害悪はない。
     

    ----------------------------------
    [出典]
    ニーチェ[フリードリヒ・ヴィルヘルム・ニーチェ]
    (19世紀ドイツの哲学者、1844~1900)
    「ツァラトゥストラはこう言った」
     

     
    In Deep  2011年01月01日
    準備元年2011 


     #1  災害/非常事態バインダー(手帳)を完成させる。 
    以前アップした記事「災害準備バインダー」というタイトルの記事で、家庭内のすべての家族が参照することができる=「災害時の手引き書」の重要性を論じたことがある。 特に、あなたの家に、災害時の対応を完全に覚えることは難しい。 鍵っ子などがいる場合にはこの手引き書のバインダーは文字通りのライフセーバーとなり得る。

    このバインダーは、段階的に、自分の家のガス、水道、電気の元栓をシャットダウンする方法が記載されている必要がある。 これにより、二次的な災害を防ぐことができる。

    あなたが家族と共に避難しなければならないような状況の場合、保健や緊急の医者など、緊急時に接触が必要となるリストも付記しておくこと。


    #2  自宅のすべての車両に72時間非常用キットを用意する。
    以前の記事、「72時間キット」で、車両に72時間非常用キットを積んでおくことの重要性を議論した。

    #3  食料備蓄を最低でも30日間分に増やす。
    財政的に厳しい生活をされている方も多いだろうが、バーゲンや、あるいはクーポン券などを利用して、食料の備蓄を増やす努力はされてほしいと思う。

    #4  借金から解放されること。
    これは多くの人には厳しいことかもしれない。
    しかし、生活の上のどこかからでも始める必要がある。

    http://oka-jp.seesaa.net/article/177948134.html
     

    普段書き込みしない読者ですが、皆さんあけましておめでとうございます。最近、ぬるぽさん叩きが目につきますが、何か民族紛争の発端をみているような気分です。
    日本人のわびさびを理解できない白人はレベルが低いとか、漢民族の色彩感覚は下品だと
    か言っているのと、大して変わらない気がします。ぬるぽさんは、振り幅が広い人だと思う
    のですが。漫画が直感を効率良く刺激する事も、ニーチェが言わんとした事も理解した上で、
    我々に問題提起してくれる存在かと。
    ヤスの備忘録は、知的好奇心を触発してくれる場ではありますが、学術論文の発表の場でもなければ、2ちゃんでもない。ただ異質な存在同士が、いかに共存していくか、その過程を観察もできる、非常に興味深い場でもあると思います。

     
    ※この様な・・世界に共通した流れは何なのでしょうか? 考えられるのは、世界の各国政府は権力の集中化と絶対化を進めているように
    感じるのですが
    。 ---しかし、世界が同時に権力の集中化に向かい始めたのには
    不思議さ湧きます。 ---支配層というものが、世界へ指示を出したと想像すれば、
    世界共通のその流れには、納得が出来るのですが。 ほんとうに実際には裏で
    何が行われようとしているのでしようか?


     ■「大統領、12人もいりません」 ロシアで法改正  
    2010年12月30日20時34分

     ロシアに「大統領」は一人だけ――。 ロシアのメドベージェフ大統領は29日、
    共和国や州などロシア全土で83ある連邦構成体のトップに 「大統領」という呼称を
    禁じる改正法に署名した。
    http://www.asahi.com/international/update/1230/TKY201012300178.html

     In Deep 2010年12月31日
    ■ヨーロッパで多くの漢方薬とアーユルヴェーダの天然ハーブ医療が法律で禁止される
     


    何百ものハーブ療法が禁止されるヨーロッパ
    ▲ 漢方薬も禁止に。
    ヨーロッパでの法律の下で何百ものハーブ薬の製品は、来年から英国での販売が禁止される。 活動家たちによれば、この法律は「差別的で不適当だ」という。

    この禁止措置は、5ヵ月後に EU 全体で実施されるが、英国ではそれよりも前に実施されることになる。 英国において何十年も使われ続けられていたハーブによる療法を受けるチャンスを患者たちは失うことになる。
    http://oka-jp.seesaa.net/article/177740294.html


    ■激しい抗議にもかかわらず、食品安全近代化法が上院で可決
    食糧を抑圧する新法、「食品安全近代化法」が本日(11月30日)、米国上院で可決された。 この法律により、FDA(米国の食品医薬品局)には、農家や食糧生産者を犯罪者にし、監獄送りにする広範な権限が新たに付与される。 そして、食糧汚染の本当の原因(工業化された畜産)を解決することは何もなされない。 (畜産は、FDAではなく、農務省の管轄)
    http://tamekiyo.com/documents/healthranger/510passed.html

    =掲載2010年12月2日
    ■食品安全近代化法、「ブルー・スリップ」で暗礁に乗り上げる可能性

    昨日、可決の情報を紹介したばかりだが、実は上院の法案にヘマがあり、例外的な扱いでもなされない限り、下院から上院に差し戻しになる可能性が出てきたという話である。
    http://tamekiyo.com/documents/healthranger/blueslip.html

    ■記事は探しませんでしたが、アメリカでは国家非常事態゛発生した時に、政府はインターネットを強制的に遮断する法律を成立させています。

    ■中国でも、インターネットへの政府監視が行われ、その権限は絶対的です。 国家的な何かが発生すれば、インターネットを遮断する事も出来ます。 
     

    潮時かな

    このままぬるぽの連投が続くなら、

    このブログに来るのをやめようと思います。

    賛同される方はこの機会にこのブログを一緒に卒業しましょう。

    ぬるぽ殿

    >今はこのブログの中の投稿に怒りを感じている時ではないはず。

    下らんAAや動画感想を貼り付けてる時でもないわな。
    連投するなら、予言に関係するコメントだけにしてくれ。独り善がりが過ぎるのでは?

    ブログ主へ

    ブログの注目度が上がれば、いろいろな考えを持った人が集まってくる。
    ひとつの意見、反対の意見いろいろ出てくるが、互いに自分の意見が正しいと思ってるがゆえに対立の構図はますます悪化の一途を辿るばかり。

    ここで「自由に自分の考えを発信する自由」もあれば、それを「読みたくない自由」もある。
    (どちらが正しいとか間違っているということは無い)

    自由というのは、好き勝手に何でもして良いということではない。

    モラルとルールの下で互いに上手い落としどころを探し、互いが互いのことを考え行動していくならブログが発展していく要素も感じられるが互いが自己を主張しているだけの現状では、まず無理だと思う。

    私の意見としては、このような荒れた状態は、皆の感情面でも決して良いものでもないし、良質な情報が集まってくるとも思えないので、このままにしておくくらいなら当面の間コメント欄を閉じてしまうか、又は、ブログ主の認証型に移してしまったほうが良いのではないかと思う。(それはそれでブログ主は大変だと思うが)

    いづれにせよ、これまでのコメント欄のルールでは、すでに通用しない時期が来ていて、ブログ主が自分自身の考えとここの新しいルールきちんと伝え行動しない限り、この流れは収束に向かうことは難しいと思う。

    いかがでしょうかね。




    ぬるぼさんは削除させていただきます

    みなさん、こんにちは。ヤス(管理人)です。

    やはり、多くの人のメッセージにもかかわらず、ぬるぼさんは自制することがないようですので、残念ながらぬるぼさんのIPは拒否させていただき、意味のない絵のような投稿を中心に削除させていただくことにしました。

    これで当分様子を見ようと思います。

    無意味な連投主へ
    ご自分のブログ、そうじゃなくても大事に思っている交流の場に、
    いま正に自分が行っていることが起きても、そう思えますか?
    もし明日このブログの投稿欄が閉鎖になったら、あなたはそのことをどう思います?
    責任を感じますか? 責任を感じたとして、どう行動するか想像できますか?

    投稿欄は一方的な情報発信の場では無いのです。
    一方的な情報発信はブログで言えば本記事でのみ可能になります。
    本記事では何を書こうと、今や口にするのも恥ずかしい覚えたてのネット用語や、
    AAを使って遊ぼうと、それは管理人の勝手です。

    あなたが今やっていることが許されるとすれば、
    あなたが全責任を負う管理人の立場にいなければなりません。

    無責任な人の話には、誰も耳を傾けません。
    誰も耳を傾けないのを知って続けているなら、それはただの嫌がらせでしかない。
    格言の多くは「自分自身を良く知りなさい」と示唆していませんかね?

    同一人物なのか?笑止千万
    リーマンを消せば解決するなんて考えていた輩が、当時どれほどいただろうか?
    数多の投資銀行が同じであることは自明だったし、誰でも判っていたこと
    擁護したいなら、もう少し次元を高めた譬え話をしないと駄目だろうね
    ここの訪問者全てが自分と同じレベルにある人間だと思っていては道を誤る
    恥をかいているうちに立去る方が宜しいかと

    荒し騒動によって、
    新年早々、人間社会生活における基本事項、
    自由と自律について、深く復習させられた。
    来る高次元新時代への移行を前にして、
    タイムリーで貴重な体験といえなくもない。


    ふと思ったのだが、
    ここに集う匿名の私たちにでも今すぐ表現できる新時代というのもあるのかもしれない。
    これまでのインターネットのらしからぬ、
    秩序というか、互いの思いやりというか、
    そういうもの。みなが自由で快適なのに、
    互いに創造性を犯さない、
    そういう空間になれるのではないか。
    地球がアセンション(いまいちよくわかっていないが)しても、そのまま同じ雰囲気で続けられるコメント欄。そんな風になれないだろうか。

    モチネタが無い私は今後も見学専門になりそうですが、、、

    今後も皆様の投稿に期待します。
    ことしもよろしくおねがいします。


    一応は収束したと言う事で。

    虫さんは残念な結果でしたね。許しから何かを学ぶと思いましたが制御できませんでしたか。。

    >アーメニアさん・最終解脱者さん
    リーマンについてですが今の中国の様に「分かっていたがどうにも出来なかった」のではないでしょうか?
    所詮経済などはねずみ講と同じですからいつか破綻するように出来てますからね。

    せっかく収集した事ですし両者共、穏便に^^;

    中国のバブル崩壊がトリガーとなるかドル崩壊がトリガーとなるかは分かりませんが、次の○○ショックは凄いでしょうね。

    おめでとうございます

    いよいよ2011年になりましたね。先日、ジョセフ・ナイ氏をNHKで見ました。知性的な紳士でした。やっぱり、NHKさんもこのサイト見てるとしか思えません(笑)ヤスさんとこのサイトが益々発展すること祈っております。

    <最近三角形のUFOの目撃情報が多いようですが・・・整理整頓するとこんなものでしょう?!>

    まいどお世話になります。

    ももいちたろうさん情報です。

    <最近三角形のUFOの目撃情報が多いようですが・・・整理整頓するとこんなものでしょう?!>

    と題して情報があります。

    ページurlは以下↓です。

    http://slicer93.real-sound.net/0-hl-space-11804.html

    目次ページは以下↓です。
    http://slicer93.real-sound.net/0-JPspacecontents97.html#111

    よろしくお願いいたします。

    未来の世界を想わせる展開だと観じます。

    アセンション後の世界では、テレパシーでの会話が行われると考えています。言語での会話は、誤解曲解を招きやすく、言語での会話が不得手な人は尚更です。このネットという会話手法は、将来の世界の会話手法の布石ではないでしょうか。そう考えると、波動の共振・共鳴の法則が成り立ち、同じ波動のもの同志が集まる事となります。異なる波動のものは弾かれるか、去ってゆく事になるのです。

    ネットを彷徨っていると、同じ波動のもの同志が集まって会話を楽しんでいるのを見ますね。この事は将来の『型』を演じているのであり、今回の虫さん騒動も、一つの『型』なのではないかと考えていました。私自身は虫さんに強い不快感は感じていません。時期の問題だと想っていましたから。

    今後、益々篩い分け、組み分けが行われてゆく事でしょうね。特定領域の波長者同士が集まる傾向が強くなり、其々の世界を創ってゆく事でしょうね。この事もアセンションの一つの過程ではないかと思う。今後、世界的混乱は激しさを増してくると想います。その半面、其々に適した世界観を有する者同士の結束も強くなってくると想いますね。

    恐らくぬるぽさんが見ていると思うので・・・

    核心に迫ったやまとさんの意見が投稿されたので、私見を少々書き込ませていただきます。
    (アセンションなるものの理解はしておりません・・・)

    ぬるぽさんの投稿に私が残念に感じたことは、推論から始まって断定するに至るまでの根拠が抜け落ちていることです。つまり、何故そうなのかが書かれていない。最も典型的な例が上の敵対と感情論で、そのメカニズムの解明を行っていない。結果、ぬるぽさんご自身がメカニズムを解明出来ないが故に、自らがその中に溺れてしまっているように見えます。
    上の私の意見は暗に「書くな」或いは「控えろ」と読取ることが出来ますが、寧ろ逆で、メカニズムをきっちり考察した上で投稿して欲しかったというのが本音です。やまとさんの言葉を借りれば誤解曲解というで伝えきれなかったということになりますか・・・・

    しかしながら、誤解曲解は、例えば二者が同じ物を見聞きした結果を論じてみても生じるのではないかと考えております。故にこの間隙を埋める言葉が大切なのではないかと。。。
    何故生じるのか?ぬるぽさんよければ考えてみて下さい。
    好奇心を無駄に使ってはなりませんよ。
    大きなお世話ですが。。。

    ユーラシア・ハートランド連合




    Russia-China oil pipeline opens

    ロシア・中国が世界最大の消費者を結ぶ第一次石油パイプライン営業を開始。 シベリア、大慶の北東中国の都市間パイプラインは、両国間の石油輸出の急激な増加が可能になる

    http://www.bbc.co.uk/news/world-asia-pacific-12103865



    悪魔の聖書」がロバの皮膚から作られているとはオモチロイ!!・・

    http://oka-jp.seesaa.net/article/178178817.html

    「ロバ」=「アリボロン先生」は、ヨーロッパ人にとって無知の象徴であり、ほぼ普遍的に、暗闇、さらには悪魔的傾向のエンブレムになっている。



    ははは



    見つけました

    こんにちは。偶然に下記のブログ見つけました。
    http://ameblo.jp/fukeiki01/
    結論をスパっと書いてくれてるので読みやすいです。
    ざっとみたところ的中率は6割~7割くらいでしょうか。でもすごく優秀な確率だと思います。

    管理人のゆるい対応には失望しました

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    ブログ主と虫さんへ

    私が人を判断する時、考え方・感じ方の結果としての「ふるまい」で判断することがあります。

    虫さんの先ほどの書き込み、これまでの書き込みをみているとあなたの考え方・感情云々より、そのふるまいに皆がうんざりさせられてしまうのです。物事には、すべて良いタイミングというものがあります。間違ったタイミングでは良い果実が実ることはないでしょう。

    虫さん、しばらくは自重したほうが良いのでは?
    このままでは、自分自身の評価をさらに落とすだけの行動だと思いますよ。
    これは、あなたのためです。

    ブログ主の対応「ふるまい」も然り。

    これまでのはっきりしない対応が虫さんを助長させてきました。船の船頭がこの船のルールと明確な行き先を伝えなないと不安になり、乗客は「あっちに行ってくれ」「こっちに行ってくれと」と意見ばかり。

    まずブログ閲覧者の意見がどうということよりも主がどのようにしたいのかをはっきり伝え・行動するべきだと思います。こちらも順番を逆にすると良い結果と生み出しません。



    ぬるぽさんへ

    もういい加減にしてください。
    2ちゃんねるにあなたの居場所があるでしょ。
    あれほど周りから言われているのに
    まだやるのですか?
    はっきり嫌われているのがわからないんですか?
    ここはもともと仲良しクラブでもなんでもないブログです。
    もう何年もここにいる読者です。
    あなたが来る前はここまでひどくなかった。

    ぬるぽの猟奇的自己弁解をみていると、
    気持ちがわるくなってきたよ、、、
    論理的魔境に突入してるね、、、

    実社会で同じことをやれるならあなたは革命家か精神病人かなにかになれるかもね(俺はそんなの興味ないけど)、、だけど、匿名でそんなとこに隠れてニーチェごっこしても駄目。ニーチェは顔出し実名だったからなんとかカッコついたんだよ(俺はニーチェは好きじゃないが)。ぬるぽが引用すると幼稚で臆病なぬるぽの言葉にしかならないんだよ。君がどんな誰なのか、ということが君の言葉に力を与える。で、匿名インターネットではあるものの、ぱちょこんの前の君の姿形は見えなくとも、読んでる多くの人は君の事を君が考えてる以上にお見通しなんだよ。

    ブログ主様は、ぬるぽを見つけ次第理由無く内容にかかわらず即刻削除していいとおもいます。こうしても、ぬるぽ以外誰も損しないとおもいます。他の同じカテゴリーの人気ブログだと、すでに承認制か、コメント欄自体無かったりとかだとおもう(もちろんどうしようとブログ主様の勝手ですが、、)

    わたしも正月で暇なので調子に乗って書き込んでしまいましたが、すぐ消しますのであしからず。

    私も数年前からの読者です。
    実に残念な結果となってしまいましたね。

    閲覧者の殆どは自制心がある方々ばかりなので傍観されていたと思います。
    しかしそのせいか参加者もめっきり減少し、このブログは一年以上停滞してしまったような気がします。
    また、この件で「再認識させられた」とか「学べた」という事を仰る方もいましたが、こんなのは社会生活を送る上での初歩の初歩、
    「自分の我儘で他人に迷惑をかけるな」というのは幼稚園に入る前に習う事です。

    とりあえず、今後は安心してコメント欄を開けるようで、ホッとしています。
    失われた時間を取り戻せるかどうか分かりませんが…これからもこのブログの発展を祈っています。

    ぬるぼさんの件について

    明けましておめでとうございます。ぬるぼさんはやはり自制が効かないようですので、多くの方のリクエストに応え、残念ながら見つけ次第削除させていただくことにしました。ただ、どの書き込みがぬるぼさんなのか分からないこともありますので、投稿者の方が発見した場合、私に削除の依頼をしていただけたらと思います。

    よころしくお願いします。

    あるいはそれとの対決。





    錬金術文献 フルカネリ著 「大聖堂の秘密」 p16~

    「ろば祭り」もまた馬鹿祭りとほとんどおなじく「はではでしい祭り」である。かつてキリストを乗せてエルサレムのユダヤ街路を踏みしめたアリボロン先生が、聖なる門をくぐって華々しく入場行進する。

    特別な典礼のなかで、使徒書簡の朗読のあと、教会にとりアラビアの黄金とシバの薫香と没薬にも値するとして、栄光の「キリスト持ち(クリストフォル)」たる力持ちの驢馬が大いにほめたたえられる。

    寓意のわからぬ司祭が、カバラ学者(cabalistes)にほかならぬシバ(Saba)あるいはカバ(Caba)の詐欺師たちの珍妙な手管にまんまとのせられて黙認していた異様なパロディである。この奇態な祝典が実在したことは、当時の彫刻師の鑿そのものが確言する。事実、ストラスブールのノートル・ダム大聖堂においては、身廊の「大柱の柱頭のひとつに風刺行列を描いた浮彫り」がある。

    「聖水盤の持ち役の豚に続いて、聖職者のなりをしたロバ、キリスト教のさまざまな標章を身につけた猿、さらには聖遺物箱に閉じ込められた「狐」がそこにいる。これは「狐行列」、または「ろば祭り」である」と、ヴィトコフスキーが述べている。

    国立図書館所蔵の第五○五五番写本第四○丁の彩色挿絵にも、まったく同じ情景が窺えることをつけくわえておこう。

    /////////////////////////////////////////

    テンプル騎士団の秘宝は注意深く、堂々と隠されている。
    これ以上の素晴らしい隠し場所は考えられない
    「ロバ祭り」は人類史上最高のパロディであると断言しよう。

    「あなたがたが、わたしを選んだのではありません。
    わたしが、あなたがたを選び、あなたがたを任命したのです。」

    ヨハネ15:16

    小さなロバの子にも主の用がありました。それはイエスさまを背中にお乗せしてエルサレムに入場することでした。ロバの子に乗るというのは、特別な意味がありました。それは、王の入場のしるしでした。ロバの子にはイエスさまが神の国の王であるということを人々に知らせるという主の用があったのです。

    /////////////////////////////////////////


    対決するまでもない、自滅するのだから・・・ わはは





    素人考えですが

    ヤス様

    IPをたどればどれがN氏かを判別出来ると思うのですが。それと簡単で結構ですので次回の記事でN氏の件についてコメントを出していただけるとありがたいです。

    こんな書き込みがありました

    【オカ板住人】 ヤスの備忘録コメント欄 【常駐】
    http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1293724554/149

    149 名前:異常気象ではじまった2011 ◆8QX9Hfv8Ww [] 投稿日:2011/01/04(火) 20:41:49 ID:q6CGGKPy0
    今回の備忘録騒動でなぜか投稿拒否になってしまった者です
    多分、管理人さんが一連のIP削除のなかで消してしまったとおもわれるのです
    どなたか備忘録管理人さんに復活を依頼していたでけないでしょうか!
    異常気象ではじまった2011 #WGv/JGO2 の投稿者です

    失礼しました

    異常気象ではじまった2011さんへ

    ヤス(管理人)です。失礼しました。拒否設定をするつもりではなかったのですが、こちらのミスでそうなってしまったようです。拒否設定は解除いたしましたので、いつでも投稿できますよ。

    よかった!

    ヤスさま
    ありがとうございました。
    感謝いたします。
    また、ヤスさまに連絡いただいた方
    お手間をかけ、大変お世話になりました。
    こんなに早く回復できるとは嬉しいかぎりです
    感謝いたします。

    米南東部で野鳥が謎の大量死

    米南東部で野鳥が謎の大量死だそうです。
    異常な出来事ですね。なにかの前触れなのかな?


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110105-00000005-wsj-int
    http://www.y-asakawa.com/Message2011-1/11-message2.htm

    米南東部で・・・・

    いえ、これは米軍がイラクから密かにアーカンソー州のパイン・ブラッフ・アーセナルに運んだ、フォスジーンと言う強力な毒ガス兵器をテスト使用した為と言われています。その事実に気付いた元ブッシュ政権の高官は公に
    しようとして殺害されてしまったそうです。

    http://www.whatdoesitmean.com/index1435.htm

    前触れなら、いよいよアメリカが本格的に自国民の口減らしに乗り出してきたということでしょうか。

    ニュージーランドとブラジル

    ニュージーランドとブラジルでも違う種類の魚ですが、やはり死んで海岸に打ち上げられているようです。

    http://www.earthfiles.com/

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    オモチロイ!


    以下、記事より抜粋

    ヴィーナス・プロジェクトは、魂(プログラムを書く意志)の抜けた箱(コンピュータ)を作ろうとしている。物質的な価値観しか持っていない西洋人が考えることは、これぐらいが限度なのだろうか。自然や生命に対する畏敬の念さえ補えば、ひょっとして素晴らしいものに化ける可能性はある。

    このプロジェクトの描くユートピア(新世界秩序)が実現した後に然るべき魂(プログラム)を入れることができれば・・・という意味である。

    http://tamekiyo.com/documents/original/20101229.html



    西洋が箱をつくり、東洋が箱に魂を入れる



    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://ytaka2011.blog105.fc2.com/tb.php/197-0aeea684
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    «  | ホーム |  »

    私はペット殺処分ゼロを応援しています!ピースワンコ・ジャパン

    まぐまぐ大賞2016

    メルマガ登録 月840円

    メルマガ登録・解除
    未来を見る! 『ヤスの備忘録』連動メルマガ
    >> サンプル
    詳細ページへ
    powered by まぐまぐプレミアム
     

    WEB検索

    Google

    プロフィール

    ヤス

    Author:ヤス
    普通の中年のおやじです。

    他の活動:ヤスの英語

    ※注意
    投稿欄としての本来の機能を維持するため、本ブログの管理人が内容としてふさわしくないと考える投稿は、予告なく削除いたします。また、投稿する方自らが自粛していただければ幸いです。

    最近の記事

    最近のコメント

    月別アーカイブ

    カテゴリー

    フリーエリア

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    ブログ内検索

    RSSフィード

    フリーエリア

    ヤスの本

    翻訳・監修本

    「神霊の世界に覚醒して」 shaman02

    ハワイの長老が語り伝える先住民族の聖なる知恵 bowl

    社会分析

    望みなき時代の幸福論 koufuku

    日本はこう変わる コルマンインデックス未来予測 nihonkawa

    「マルクスに聞け」(道出版) marx

    コルマンインデックス後 私たちの運命を決める 近未来サイクル cycle03

    コルマンインデックスで見えた日本と経済はこうなる koruma

    語学教育

    日本人が「英語ペラペラ」を本当に実現できる本 (講談社) pera

    通じる英語笑われる英語 tsu

    きちんと伝える英語 tsutaeru

    英文社内メール例文集 shanai

    実践 英文ライティング入門 bizw

    音声読み上げソフトで練習する速読即解英文リーディング sokudo

    「確実に意志が伝わる英会話」 kakujitsu

    ビジネスレター実用フォーマット bizletter

    英会話「英訳」トレーニング cd

    ネイティブはゼッタイ使わない nat

    ビジネスコミュニケーション

    論理的会話トレーニング ronri

    知的論理トレーニング chiteki

    対談本

    宇宙の設定を読み解く[BlackBox]超予測 black

    日月神示の緊急未来予測 hitsu01

    日月神示のサバイバルガイド hitsu02

    フリーエリア