2017-10

    やはりこの夏になにかあるのか?17

    8月17日

    今回もなんとか一週間以内に更新することができた。いつも読んでくださっている多くの読者の方、ならびに有益な投稿をアップしてくださっている方々に感謝する。

    なお、今回の記事から音声ファイルにしてダウンロード可能にしました。以下のリンクからどうぞ。mp3ファイルです。ただし、電子音声ですので読み間違いやイントネーションのおかしさなどは避けられません。これを了解の上でダウンロードしてください。

    音声ファイルダウンロード

    本の出版のお知らせ

    また本を出版しました。今度は徳間書店からです。今回は、このブログの内容を大幅に加筆修正し、未来予測を行った本です。よろしければぜひどうぞ!

    未来予測コルマンインデックスで見えた 日本と経済はこうなる(徳間書店)

    koru


    今回、講談社から英語本を出版しました。通勤途中に電車の中で軽く読める本です。ちょっと英語に興味がある人はぜひどうぞ!

    通じる英語 笑われる英語

    eigo

    最新版 予言解説書15の有料配信

    最新版 「予言解説書15」が完成しました。配信をご希望の方は筆者に直接メールしてください。これは6月21日に配信されたALTAのレポート、「来るべき未来の形 0巻6号」の詳細な要約です。

    今回のレポートはメキシコ湾原油流出事故のこれからとともに、今年の後半から激化する環境変化が予測されています!

    info@yasunoeigo.com

    驚異的な前世リーディングサイト
    遠い記憶・前世からの約束

    講演会のご案内

    またビオマガジンから講演会を依頼された。以下の日時で実施するそうである。

    日時:2010年8月28日(土)14:00~16:00(開場13:30)
    場所:東織厚生年金会館2F 多目的利用室、東京都中央区東日本橋 3-6-20
    料金:前売3,000円/当日4,000円(各税込)


    *EUは分裂するのか?超国家連合になるのか?
    *朝鮮半島で戦争は本当にあるのか?
    *金融危機の第2波
    *背後で進む新しい生産体制と価格破壊の波
    *中国経済の行方
    *コルマン博士の最新論文とウェッブボット最新版
    *内容が変化してきた2012年予言、などについて話をします。お

    時間があればぜひどうぞ!

    有料メルマガのご紹介

    小麦を筆頭に穀物価格が上昇している。今回は、これに対するロシアと中国の対応を解説した。

    ロシアにおける火災と干ばつの影響でロシアの小麦生産の4分の1が被害を受けることがはっきりした。これを受けてロシア政府は、小麦を一時的に禁輸することを発表した。

    この結果、これまで500ドル台で安定していた小麦の価格は、一気に上昇に転じ、700ドル台になった。2008年8月に史上最高値を付けた1200ドル台の水準には及ばないが、過去2年間で最大の上昇である。

    今回、ロシアで干ばつと火災の影響を受けたのは春小麦である。春小麦は、世界全体の需要の20%程度でしかない。ロシアはかなりの量の備蓄小麦があるため、今回の被害で需給が逼迫するわけではない。

    だが、北半球の異常気象と熱波が秋まで続くと、需要の80%を占める冬小麦の収穫に影響が出る恐れがある。

    さらに原油の高騰によるバイオエタノール燃料の需要増加で、小麦からトウモロコシに作付けを変える農家が多くなると、小麦の価格はさらに上昇する可能性が出てくる。

    将来起こるかもしれない食糧難に対処するために、中国はアフリカ諸国への農業投資を加速させ、アフリカを将来の中国の食糧庫とする計画を打ち出した。またロシアは、小麦の禁輸処置をカザフスタンとベラルーシ、そしてウクライナにも求め、食糧ブロックを形成する方向性を明確にした。将来的に、もしこの3カ国が食料の禁輸処置で同盟したのならば、世界の供給量の15%から16%を支配する強力な食料ブロックが出現する。

    最後に、ビリー・マイヤーが1987年2月に得た「エノク予言」の内容を確認した。

    今回の記事

    書きたいことがあまりに多いが、テーマの焦点を絞ることにした。イランの動きを中心に解説する。戦争は回避されたと思うが、やはり水面下で大きな動きが起こっている。

    原油採掘のエキスパートで告発者のマット・シモンズが死亡したが、新たな告発者が現れた。大変な告発をしている。原油流出事故はこれで収まるどころか、拡大の次の段階に入ったようだ。今回はあまりに長くなり、かき切れないので次回に回すことにした。

    イラン情勢

    ロシアの支援のもとで建設されていたイラン南部ブシェールの原子力発電所が稼働を始めることになった。
    当初の予定よりもかなり早く、8月21日に稼働する見込みである。

    当所、この原子力発電所の稼働に強く反対していたオバマ政権も、「ブシェール原発と、核兵器製造を目指すイランのたくらみは区別して考えるべきだ」とし、稼働を容認する方向に転換した。

    このような姿勢転換の理由として、ロシアがイランへの国連制裁に協力してくれた対価であるとの見方が強い。読売新聞などはそのように報じている。

    「これは、同原発の建設を支援するロシアから、国連安全保障理事会の対イラン追加制裁決議の採択での支持を獲得するための外交取引だった可能性が高い。米政権が、対イランを含む国際的核管理体制の確立でロシアを有力なパートナーと見なしつつある実態も浮き彫りとなった」

    一方、ネオコン派で前ブッシュ政権で国連大使をつとめたジョン・ボルトンは、超保守派のFOXニュースの報道番組で、同原発の稼働でイランの核兵器開発能力が高まることを懸念するイスラエルが「原子炉に燃料棒が挿入される8月21日以前に同原発を攻撃する可能性がある」と警告した。

    この発言がきっかけとなり、アメリカでも日本でもネット上ではイスラエルによるイラン攻撃が間近であるとする情報が多く出回っている。

    デブカファイル

    他方、オバマ政権が原発の稼働を容認した真の理由に関してはいくつか興味深い情報が出回っている。その多くのソースはイスラエルの除法サイト、「デブカファイル」のものである。

    「デブカファイル」はイスラエルのジャーナリストの有志が、一般のメディアでは報道できない情報を伝える目的で、2000年6月に立ち上げたサイトである。編集長はイギリスの著名な経済情報分析誌、「エコノミスト」の記者だったジオラ・スミス氏である。

    「デブカファイル」がイスラエルのジャーナリストが立ち上げたサイトであるということで、このサイトがイスラエルの情報機関、モサドが撹乱情報を流すためのサイトではないのかという疑念がいつも付きまとっている。事実、CIA系のシンクタンク、「ストラトフォー」などはそのように見ており、ここの情報の信頼性は低いとしている。

    編集長のジオラ・スミス氏はそのような疑念に答え、インタビューでは、デブカファイルはイスラエル当局とはなんの協力関係なく、むしろイスラエル当局から情報をリークするとして睨まれていると言っている。そして、デブカファイルは大手メディアでは絶対に報道できないような陰謀系の情報も扱うが、信じるかどうかは読者にまかせるとしている。

    一方、「デブカファイル」が主要メディアを出し抜く数々のスクープをものにしてきたのも否定できない事実である。

    例えば、6月にパレスチナのガザの援助物資を運んでいたトルコの民間団体の船がイスラエル軍によって襲撃され、9人が死亡した事件があった。これをきっかけに、これまで親密であったトルコとイスラエルの関係にひびが入り、現在も対立が続いている。

    主要メディアでは、この事件によってトルコとイスラエルの関係が悪化したように伝えられている。

    しかしデブカファイルは、すでに1月23日にはトルコとイスラエルの関係に修復困難なひびが入りつつあることを伝えていた。後にデブカファイルは、トルコは両国の関係を断絶するための絶好の口実としてこの事件を利用したと伝えている。

    だがそのようなスクープにもかかわらず、このサイトがモサドの情報撹乱サイトではないかという疑念は完全には払拭できない。それを承知の上で記事を読んでいただきたい。

    オバマ政権がイラン原発の稼働を容認した本当に理由

    デブカファイルの一連の記事を読むと、オバマ政権がイランの原発の稼働を容認したのは、「原発の建設を支援するロシアから、国連安全保障理事会の対イラン追加制裁決議の採択での支持を獲得するための外交取引だった」どころではないことがよく分かる。ロシアの軍事力による実質的な脅しが背景にあったと見られる。

    アブハジアへのS-300ミサイルの配備

    8月11日、ロシアがグルジアの飛び地であるアブハジア自治共和国に米軍のパトリオットよりも性能がよいといわれる地対空ミサイル、S-300を配備していることが発見された。以下がその衛星写真である。

    s300

    rus

    ストラトフォーなどの見方

    一昨年の南オセチア紛争以来、グルジアのサーカシビリ政権とロシアは一触即発の緊張した関係が続いている。ロシアがグルジアを牽制するためにミサイルを配備することは特に不自然ではないが、「ストラトフォー」などによると今回の配備の目的はそうではないという。

    ロシア軍は陸、海、空のすべてでグルジア軍を圧倒的に凌駕しており、グルジアの牽制には現行の兵力で十分であるという。S-300が配備された目的は、中央アジアで弱体化したロシアの勢力圏を回復するためである。

    2001年の9.11以降、米軍はアフガン戦争の支援を目的に、かつてはソビエト連邦に属していたキルギスやカザフスタンなどに米軍基地を建設し、一時はロシアの勢力圏を脅かす存在になった。これらの基地からはすでに米軍は撤収している。今回のS-300の配備は、中央アジアとコーカサス地域におけるロシアの勢力圏の回復をさらに確実なものにする動きの一環だとしている。

    デブカファイルの見方

    一方、デブカファイルはこれとはまったく異なった情報を報道している。

    現在、ルーマニアとブルガリアの黒海近くには、2つの米軍基地が存在する。7月26日、イスラエル軍のヤスールCH-53型ヘリコプターがカルパチア山中で墜落した。イスラエル軍兵士6名と、ルーマニア軍の将校1名が死亡した。この事故で、イスラエル軍がイラン攻撃の訓練をルーマニアで行っていることが発覚した。イスラエル軍は、これらの2つの基地からイラン北部に入り、イラン攻撃を実施する計画だという。

    この計画では、ブルガリアとルーマニアの米軍基地を飛び立ったイスラエル軍機は、グルジアからアゼルバイジャンに入り、その後、カスピ海から黒海を抜け、イラン北部に入る空路をとることになる。

    今回、ロシアがアブハジアにS-300を配備したのは、イスラエル軍機をアブハジアから撃墜するためであるという。

    アラビア海に展開している空母ハリー・S・トルーマンの挙動不審

    さらにデブカファイルは、8月11日、これまでアラビア海でアフガニスタン支援任務についていた空母、ハリー・S・トルーマンをこの任務から一時的に外し、イランのホルムス海峡にはるかに近いドバイに寄港させたと報道した。これは、ホルムス海峡を巡るイランの最近の動きに対する警戒のためだという。

    日本のタンカーの攻撃はイランの潜水艦によるものだった

    先月、日本の商船三井に属するタンカーが、ホルムス海峡でイスラム原理主義組織の攻撃を受けた。原理主義組織は攻撃声明を出し、これが警告のテロであることを明確にした。

    しかしデブカファイルによると、この攻撃はイラン革命防衛隊海軍による潜水艦攻撃であったという。攻撃は、弾薬を搭載していないダミーの魚雷を使って行われた。目的は、イラン海軍がホルムス海峡のタンカーを攻撃する能力があることを米軍に見せつけるためだという。

    今回の空母ハリー・S・トルーマンの配置換えは、イランの増大する脅威に対処するためではないかと見られている。

    S-300の配備による牽制とイランの反応

    デブカファイルによると、ロシア軍によるアブハジアへのS-300の配備は、こうした米海軍の動きを牽制する意味もあるという。

    一方、米軍の動きに対し、イラン海軍司令官のアリ・ファダビ提督は、レーダー探知が難しいロシア製最高速魚雷、シャハバルを搭載したスピードボートを追加配備したことを発表した。

    容認させられたイラン、ブシェール原発の稼働

    このように、デブカファイルの一連の記事をもとにすると、オバマ政権のイラン、ブシェール原発の稼働容認は、ロシア軍によるアブハジアへのS-300の配備によって、イスラエル軍によるイラン攻撃が不可能になったことの結果であったということが見えてくる。このような情報のソースはいまのところデブカファイルしかないが、この可能性は否定できないように思う。

    動いていない米海軍部隊

    だが、やはり本当にこのような動きがあるのかどうか裏を取って見る必要はある。CIA系シンクタンク、ストラトフォーが8月11日に米海軍部隊の現在の配置図を公表している。配置図は8月4日現在のものだ。空母ハリー・S・トルーマンは「CVN-75」である。

    811

    まず言えることは、デブカファイルには「第6艦隊所属の空母ハリー・S・トルーマン」とあるが、ハリー・S・トルーマンは第5艦隊の所属である。

    そして、8月4日の段階ではハリー・S・トルーマンはアラビア海に止まったままで、ドバイまで移動する気配はない。

    ただ、デブカファイルの記事が出たのは8月11日で、公表になっている米海軍部隊の配置図は8月4日のものである。一週間の違いがある。この間にデブカファイルのいうように、ハリー・S・トルーマンがドバイまで動いた可能性は十分になる。

    また、情報源であるストラトフォーもCIAの意向を強く反映したサイトではないかと疑われている点も言及しておく。

    100%信頼できるニュースソースなどというものは存在しないと考えたほうが妥当だ。それを十分に考慮しなががら、上の情報を読んでいただければありがたい。

    当面は回避されたイラン攻撃

    いずれにせよ、このような情報が事実だとするなら、8月21日にイランのブシェール原発は稼働し、イラン攻撃は当面回避されたことになる。

    イマニュエル・ウォーラスティンの読み


    すでに6年前の2004年ころから、イラン戦争の可能性が高いことはさんざん報道されてきた。しかし、イラン攻撃が間近であるとの情報が流れるたびに、情勢が大きく変化し、攻撃は回避されてきた感がある。

    このブログでも何度も取り上げた著名な歴史家のイマニュエル・ウォーラスティンは、すでに2004年6月に興味深い観測をしている。ウォーラスティンはトップレベルの社会科学者である。その予測の精度は非常に高く、高い評価を得ている。今回のイラン情勢の変化から見て、やはりウォーラスティンの読みは当たっている。すでに2004年10月におおよそ次のようなことを書いていた。

    「たとえ核武装したとしてもイランが攻撃的な国家となることはまずない。唯一、イスラエルにとっての脅威が増すだけである。

    アメリカは、イランが核武装すると核拡散の波に歯止めがかからなくなると感じているのでイランを脅威と見なしているのだ。だが、イランが核武装しようがしまいが、2020年ころには核保有国は現在の9つから25に増えていることだろう。

    イランは、中東の地域覇権国になれるほどの軍事大国である。これと本格的に戦争を行う力はいまのアメリカにはない。またイスラエルも単独でイランを攻撃する力はない。したがって、もともと戦争は起こり得ないのだ。

    おそらく近い将来、アメリカもEUも核保有国としてのイランを容認することになるだろう。そしてその方が、イスラエルを抑止する核保有国が中東にできることで、中東はより安定すると思われる」


    この予測が出されてからすでに6年たつが、明らかにウォーラスティンが予想したこの方向に動いている感じがする。

    ブルース・ブエノ・メスキータの予測

    以前の記事で、現代のノストラダムスの異名をもつゲーム理論の専門家でニューヨーク市立大学教授のブルース・ブエノ・メスキータ博士を紹介した。メスキータ博士は政治分析に高度なゲーム理論を応用しており、その的中率は94%だという。

    そのメスキータ博士もウォーラスティンと近似した予測をしている。以下である。

    イランの核兵器開発に関して

    イランの権力構造ではアフマディネジャド大統領の順位は決して高くはない。18位である。このまま行くと、イランは2010年後半から2011年前半にかけて、核爆弾を1個だけ作ることのできるウランを濃縮するが、実際には核爆弾の製造は行わない。アメリカもこの状態を容認し、イランを受け入れる。

    また、イランの権力中枢で大きな変化が起こり、アフマディネジャド大統領などの強硬派の影響力は決定的に弱まる。強硬派に代って、穏健派、それも「静穏派」と呼ばれているこれまでまったく注目されてこなかったもっとも穏健な宗教者の派閥が権力を握る。

    興味深いことに、イランに対する海外からの制裁や圧力などがまったくないほうが、こうした理想的な状態に早く到達する。2010年には実現する。一方、海外からの圧力がある場合、この状態の実現は2011年までずれ込むことになる。

    核兵器を開発するところまでは行かないとしているところがウォーラスティンとの違いだが、1)イラン戦争は起こらず、2)結局、イランはアメリカによって受け入れられるとすることでは両者は一致している。

    ジョン・ホーグのノストラダムス解釈とイラン戦争

    一方、イラン戦争が起こらないことの予測ばかりかといえばそうではない。著名なノストラダムス研究者のジョン・ホーグは「イラン戦争」という電子ブックを出している。この本の中で、ホーグは以下のノストラダムスの四行詩とコーランを解釈し、これがイラン戦争の予言であると説明している。以下は以前にこのブログに書いた記事だ。再度引用する。

    詩編5Q25

    アラブの王子、火星、太陽、金星が獅子座にあるとき、教会の支配は海で敗退する。ペルシャに心が向かう100万近い人々。エジプト、ビザンチウム(現在のイスタンブール)、本物の蛇が支配する。


    この四行詩を、ホーグはこれから起こるイラン戦争とその後に続く事態の予言だと解釈する。

    この詩の「教会の支配」はキリスト教徒の軍、つまりアメリカ軍を指している。そしてそれが「海で敗退する」とはアメリカ軍がペルシャ湾で敗退することを意味しているのではないかという。

    次の「ペルシャに心が向かう100万近い人々」とは、イランを守ろうと世界中からジハードに結集したイスラムの聖戦士のことを指しているとする。その動きは巨大で戦闘は一気に西へと拡大する。それはクルアーン(コーラン)にある次の一節とシンクロする。

    「東から人々は決起し、地面を踏みつけながらイマーム・マフディを援助するために駆けつけるであろう」

    そして、「エジプト」はイスラム原理主義の運動を強権で押さえつけている非宗教的なエジプトのムバラク政権が崩壊し、その結果、原理主義運動の波に飲み込まれ最後のジハードに参戦することをあらわしているという。またこれに続く「ビザンチウム」は、非宗教的な政権が統治するトルコにも原理主義の高まりに基づく政変が起こり、トルコも最後のジハードに参戦することを指しているとする。

    そしてもっとも重要なのは最後の一節だという。だが「本物の蛇が支配する」とはどういう意味なのか?

    ホーグは以下の旗に注目するようにいう。ノストラダムスが指している「蛇」はこの旗のことではないかとホーグは考える。

    serpent.jpg

    これはアメリカ海軍国籍旗である。現在アラビア海に展開している第5艦隊の空母部隊も掲揚している。

    ホーグは、アメリカ軍は甚大な被害をこうむりながらも最終的には勝利し、テヘランを占領するのではないかという。

    だが戦争はこれで終わらない。ノストラダムスの予言はさらに続き、その最後のジハードの結末がどうなるのか明確に表現しているとホーグはいう。

    以上である。いまのところホーグの予言が的中する予兆はない。どうなるだろうか?

    次回は、原油流出事故で出現した新しい告発者の情報についてお伝えする。

    高島康司講演会

    雑誌アネモネ

    便利な学校検索サイトです!

    海外子女.com

    投稿に関しては以下の方針に従い、どうしても必要な場合以外は削除しないことにしておりますが、他者の人格を傷つける不適切な表現がある場合は例外とし、予告無しに削除し、投稿禁止にする場合もあります。

    意味産出の現場としてのBBSやブログ

    また、私はいま日本で起こっている変化を以下のようにとらえております。もしよろしければこちらもどうぞ。

    いま何がおこっているのか?

    ヤスの英語

    よろしかったらクリックをぜひ!↓



    人気ブログランキングへ

    スポンサーサイト

    テーマ:歴史と予言 - ジャンル:学問・文化・芸術

    コメント

    ヤス様、いつも貴重な更新心から感謝致しております。
    異常な暑さが続いております、どうぞお身体だけはご自愛下さい。

    真実の声

    先の大戦で日本がアメリカに敗北したのは、山本五十六以下、親米フリーメーソンが牛耳る日本海軍のせい!

    子羊通信 の「コメント欄・・付き」
    http://zaakai.cocolog-nifty.com/blog/2010/08/post-65ec.html?cid=53653516#comment-53653516

    「投稿に対しての不評」を買ったので、今はこちらのブログに移り、「投稿の練習に励むつもりです」。
    そのブログのコメント欄も、投稿システムは凄く簡単でした。
    投稿はすでに何件かはしています。

    ブログを覗くなり、投稿をするなりをしたらとどうでしようか。
    この「ヤスの備忘録 歴史と予言のあいだ」のブログも重要な情報源になっています。
    なのでこれからも回数多く覗いて、良い情報があれば別のブログにもコピーをさせてもらいます。
    なにせ、【 コピー魔 】なのですから。

     ちょっと、他のブログの紹介でした。 では。

    神は科学ではない。


    生命が特定の惑星にどこから飛来したか、あるいはいかなる存在者が移植したのか、ということが神の何であるかを証するのではないだろう。

    神の探究とは、この物質宇宙に生命なるものが入ってきた起源を体験的に了解することにある。

    人類の造物主がどこそかの惑星からやってきたエイリアンであるか、自然発生的なこと(唯物論)であるのかは生命の源たる神そのものとは無縁の話しだ。

    生命はこの宇宙にどこから来たのか、この探究にこそ「神」と言う用語の必要性があるのではないのか。

    相場は正直





    インドかパキスタンが発生源とされる抗生物質が効かない新種の細菌の存在が報道されベルギー人1人の死亡が確認された17日の東京株式市場では思惑を呼んで、合繊メーカーのダイワボウホールディングス株が前日比9円高の185円と値を上げた。他に富士紡ホールディングスなども値を上げた。

    http://media.yucasee.jp/posts/index/4428?oa=ymb6088&utm_source=twitterfeed&utm_medium=twitter



    ハーバード大学のファンドが保有するイスラエル企業の株式を全て売却した模様。ハーバード大学は国務省やCIAに人材を輩出しており、また教授陣もアメリカの国策に関係が深く、最新の国際機密情報を入手できると思われる立場にある・・・

    http://blog.livedoor.jp/tokyokitty_seed_destiny/






    個人的にはやはりイスラエルがイランを攻撃
    すると思う、たとえアメリカの支援を得られず
    国家存亡の危機に陥るとしても、イスラエルは
    選民思想に基づき暴走する国だから

    タンカー周囲に不審船

     中東ペルシャ湾のホルムズ海峡で7月、商船三井の大型原油タンカーが外部からの攻撃とみられる損傷を受けた問題で、国籍不明の小型船から攻撃を受けた可能性が大きい、と発表。

    自国の原油タンカーを警護する目的で、日本の自衛隊のみならず、各国の艦隊がホルムズ海峡に集結しても、不自然でなくなるわけです・・・

    二重のユダヤ



    個人的には~ イスラエルは丸焼きにする生贄として・・・・

    解放戦争に向かう中東 2010年8月16日  田中 宇
    http://www.tanakanews.com/100816iran.htm


    ちょっと中国マスコミを褒めてあげたいです。

    ヤスさん、更新ありがとうございます。

    いまは、アメリカが夏休みのせいか、情報が止まっていますね。。。

    今回のテーマとは異なりますが、今夜のメジャーニュースからの感想です。

    ◆今日の中国のマスコミのコメントは、なかなか立派ですね!!
    今の我々日本人には、こういった心(思想)は残っているのだろうか・・・
    ましてや今の日本のマスコミには皆無なのでは。。。
    慢心とアメリカンナイズされた我々なら・・・
    きっと大自慢で「やったぜ~~~~っ!みたか~~っ!!」って鼻高々ってところだろう。。。

    久々に東洋の心を見た気がします。

    「裏」を詮索せずに、たまには素直に賞賛してあげたいものです。

    [GDPが日本抜いた中国、目立つ「有頂天になるな」の論調]

    内閣府が16日に発表した日本の2010年4-6月期の名目国内総生産(速報値)は米ドル換算で1兆2883億ドルで、同期の中国のGDP(1兆3369億ドル)を下回った。・・・中国でも大きく報道されたが、「有頂天」になるべきでないとの論調が目立った・・・

    中国新聞社は、GDPが世界第2位になったことで「1人当たりのGDPは、世界平均の5割程度。中国は得意がるべきでないし、(自らの経済発展に)酔いしれてはならない」(香港・文匯報)、「GDPが第2位になったことは、ニュースとしての価値はあるが、経済的な意味合いはない」(シンガポール・星島日報)など、世界各地のメディアの見方も紹介した。

    中国国際放送は専門家による座談会を紹介。出席者らは中国の成長は改革開放の30年の成果と評価した上で、「日本と中国には、まだ差がある」と指摘。「平均的な日本人の教育レベルは、中国人よりもはるかに高い」、「経済規模は、判断のための1つの数字だが、経済の質、持続可能性、環境や資源利用の問題を見れば、日本と中国の距離は、いまだに非常に大きい」、「日本は問題を処理する際には系統的・合理的で、人間性も配慮する。中国は日本を見習わねばならない」などの考えを披露した。

    http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=0817&f=national_0817_140.shtml

    難しい予言より、今は現在進行形のメキシコ湾が大事。。

    続報速く知りたいです。

    8月21日

    ヤス様
    更新有り難うございます。イランの原子炉が8月21日に駆動すると言う日程ですが、何かしら需要な意味を持つ出来事が起こる日が、占星術的に非常に興味深い日と一致するのは、いつも不思議だと感じます。8月21日は、以前にお話していました火星と金星のコンジャンクション(天空での結婚式の日)と土星と冥王星のスクエアが同時に起こる日です。これ以外にも、この日は占星術的な要素が盛りだくさんです。先ず、木星と天王星はぴったり重なってコンジャンクションを形成していますが、今もまだ土星と対立してTスクエアを形成います。また、木星と天王星のペアは、太陽と月とヨードを形成します。更に太陽と海王星は、ほぼ180度の位置関係で対立しており、木星と天王星、月、海王星で逆ヨードも形成されます。加えて、太陽と冥王星がトライン、月と土星もトラインです。水星だけは、他の天体と絡まずひとりぼっちですが、他の天体は全て非常に複雑に絡み合って、一体何がどうなっているのか突っ込みどころ満載と言った配置です。この日に何かが起こると言うよりも、この日に丁度起こる出来事が、将来非常に重大な意味を持ってくると言うようにも考えられます。イランの原子炉の駆動日は、本来はもっと先の予定だったのがかなり早まりこの日に予定されているようですが、まだ単純な作業の遅れ等で8月21日以降になる可能性も十分あると思います。しかし、一部の報道で8月21日と言う日程がことさらに強調されて、あたかも決定事項の様に取り扱われている点には、違和感と危険性を感じます。8月21日の天体の配置は、一見すると混沌としていますが、全体として「非常に大きな綿密な計画性に沿って行動を開始する」と言ったことを示す配置であることが読み取れます。このエネルギーを利用したい人たちがいるのかもしれません。日本時間では22日になると思いますが、この日の近傍で起こる出来事は、イラン関連以外の小さな出来事でも将来の大きな流れに繋がって行くトリガーになる可能性を秘めているようにも感じます。まだまだ、占星術的に非常に興味深い期間が持続していきます。

    ・・・




    8/15付、米国の退役軍人向けニュースサイトの記事。

    ”ロシアとヨーロッパから避難しろ、 これは訓練じゃない!”

    http://www.veteranstoday.com/2010/08/15/evacuate-now-this-is-not-a-drill/

    イラン攻撃論者よ、頭を冷やせ!

    http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2010/08/post-1532.php

    北朝鮮機、中国で墜落 朝鮮人民軍所属のミグ戦闘機が遼寧省内で墜落。

    http://www.bbc.co.uk/news/world-asia-pacific-11008466







    [カトラ山で地震 ― アイスランド (続報 19)]

    ◆カトラ火山の地震は今は止まってきた感じです。
    震源の深さも浅い。。。。
    これで終息すればいいのですが、まだ要観察ですね。

    2010年8月18日水曜日

    カトラ山の地震数は少ない状態で推移しています。ほとんどの地震はカルデラの西から北西にかけての領域(エイヤフィヤトラヨークトル氷河に近い側)で発生しています。

    一方、エイヤフィヤトラヨークトル氷河(氷冠)では、地震がほとんど発生しなくなりました。噴火は終息したとの見方がでていますが、アイスランドの当局はまだ公式の終息宣言を出していません:

    Iceland: Troublesome Volcano Quiets (ニューヨーク・タイムズ)
    The Volcano May Have Gone Quiet But Investors Still Fear European Explosion (ウォールストリート・ジャーナル)

    以下は、8月 9日以降にカトラ山で発生した地震のリストです:

    8月09日 03:12:49 深さ 5.6 km M1.6
    8月09日 03:14:52 深さ 4.7 km M0.5
    8月09日 03:25:03 深さ 5.7 km M1.6 (カルデラ内)
    8月09日 08:01:33 深さ 2.5 km M0.4
    8月09日 10:24:54 深さ 0.1 km M0.6
    8月09日 13:03:06 深さ 1.0 km M1.4
    8月09日 17:48:23 深さ 1.0 km M0.8
    8月10日 08:24:56 深さ 1.0 km M0.3
    8月11日 00:09:50 深さ 0.1 km M1.4
    8月12日 07:16:10 深さ 11.0 km M0.5
    8月12日 16:01:23 深さ 0.1 km M1.1
    8月13日 02:01:29 深さ 0.1 km M2.3
    8月16日 05:58:14 深さ 1.1 km M0.9
    8月16日 17:07:02 深さ 1.0 km M0.9
    8月16日 17:10:09 深さ 1.0 km M1.1
    8月16日 17:27:55 深さ 1.0 km M1.0
    8月17日 09:59:17 深さ 1.0 km M1.4
    8月17日 12:26:52 深さ 1.0 km M0.3

    http://macroanomaly.blogspot.com/search?updated-min=2010-01-01T00%3A00%3A00%2B09%3A00&updated-max=2011-01-01T00%3A00%3A00%2B09%3A00&max-results=50

    宏観亭見聞録 より

    メキシコ湾情報がメジャーニュースに!

    夏休みのせいかWEB上で情報があまりでてきませんが・・・
    メジャーニュース(CNN)にメキシコ湾BP事故のその後の記事が掲載されました。
    すでにチェックされている方はご容赦を。。。

    ◆やはり海底に原油の塊や分散剤の毒素が充満しているようです。
    さて、これから何がでてくるかですね。
    海底の亀裂からの噴出や、もうひとつの大きな噴出口の情報も出てきそうな気がします。
    しかし、海底の原油は表層の油膜どころではなく、日数から考えても、もう大西洋海流にも流れでいると思います。

    これからの、ハリケーンの到来とともに、いろいろな問題が一気に浮上することでしょう。。。
    要注意です!!


    2010.08.18 Web posted at: 13:25 JST Updated - CNN
    USA
    [メキシコ湾海底にも原油流出の影響、大学調査 ]
    (CNN) メキシコ湾で起きた原油流出の影響を調べていた南フロリダ大学の科学者チームは、初期段階の調査で有毒な海洋微生物が見つかったと明らかにした。


    調査チームは流出した原油が環境に与える影響を調べるため6日から現地調査を実施し、16日夜にフロリダに戻った。今回のような発見は、同大学が調査を開始して以来初めて。これは原油が海底に沈殿し、海洋微生物を汚染していることを示すものだと見ている。


    調査では、原油の微小な飛沫が海底に散在しているのも見つかった。一部はフロリダ州のメキシコ湾沿岸地域で商業施設やレジャー施設への給水源となっている箇所に漂着していることも分かったという。


    調査に参加した化学海洋学者のデビッド・ホランダー氏は「水中の原油と水面下の分散剤がどんな影響を及ぼし得るかを総合的に考えた場合、原油流出の様相は2次元の表面的災害から3次元的な大惨事へと一変する」と話している。

    http://www.cnn.co.jp/usa/AIC201008180008.html

    悲観的なニュースは出回るけれども

     楽観的なニュースは有りませんね。当然ですが。
     もしも皆様が面白半分じゃなくヤス様のサイトを見ているのなら潜在的に植え付けられた価値観を今こそ破らねばならいのではなかろうか、
    私は最初これは経済を扱ったサイトなのだと思い、そっち系は苦手なので敬遠していました。
     しかし良く読んでみるとそんなんじゃなく、未来に対する篤い思いが込められていることを知りました。
     占星術、予言、預言、科学的な未来予測、
     なるほどと頷きつつ決定的に欠けているものに気づきました。
     解決方法に対する人々の無関心さです。 
     多くの方は真剣に考えているのは良くわかります。
     が、真剣な面持ちでコメントしながら解決するのは自分以外の何者かだと考えている人がほとんどなのではないでしょうか。
     そんな事は有り得ません。自分の運命は自分の行ってきた結果であり当然受けるべき報いだからです。
     免罪は無いのです。 今をいかに生きるか、自分が死ぬときに後悔の無い生き方が一番重要ではないのでしょうか。
     ヤス様がこのサイトを運営されているのも結果的に皆がそんな生き方をされるのが隠された目標なのかと勝手に思っています。
     世界中に泣く人の無い世の中にしたいものですね。
     明るい笑顔、いたわりの笑顔、慈しみの笑顔 そんな自分であり続けたい、又、世界がそうあって欲しい。   

    今夜は頭痛で寝つきが悪い^^;


    やって失敗したことは反省と言う。

    やらずして悔いることを後悔という。

    反省は、失敗から学び、次の成功の鍵を得る。

    やらずして後悔するのは何も得ないし、永遠に道を知ることはない。

    成功(幸福)の鍵は知識でなく行動、体験(経験)である。

    いっぱい行動して、いっぱい反省しましょう!!(なるたけ失敗したくはないが^^;)

    で、成功(幸福)つかむまでやり続けましょう。

    継続は力なり。。。(これが一番大変だし、大事なこと)

    生きてる限りは、ポジティブマインドが大切ですね!!

    そうそう。。。
    ネガティブオーラの人に係わらないってのも鉄則です。

    ポジティブオーラの人と接しましょう。

    そうしたら、元気とその気をもらえるから、プラス思考になって行動的になれる。

    なんてね^^;

    右奥歯から来る、こめかみの頭痛はしんどい・・・
    歯医者にいかなくっちゃ^^;

    tontonことカエルよ
    子羊通信の人にキレられてたな
    でこの都合良いポディティブ文章てか
    子羊通信の人が読んでどう思うやら

    ↑の  2010/08/19(木) 05:18:35 | URL | #- [編集] の者

    下手な推理はするな

    どうしてその様な下手な推理をしているのだ?
    全く外れた推理をして、自信マンマンの投稿をしているのだ?
    それだけ下手な推理に自信を持っているのも珍しい。

    だったら、その下手に推理を別の事へ使え。
    今はその下手な推理を見て、急に気分が悪くなったのでコメントをした。

    その様な下手な推理をするなら、「推理をするな。」
    それが下手な推理をする者へのアドバイスだ。

    あまガエルことtontonさん
    おはよう
    私はもっとキレてます

    誰も、これも・・、下手な推理ばかりをする。
    下手な推理をするのなら、下のものについて、推理をする方が楽しいはずだ。
    そして、これから世界に何が起きようとしているのかも、推理できるかも知れない。

    同じ推理をするのなら、下のものについて推理をして欲しい。 げろげろ・・・


    ● 聖書は終末予言の書である  2007年2月15日(木)
    http://www.h2.dion.ne.jp/~apo.2012/tsubuyaki060215.html

    ■迫りつつある人類の終り
      「見よ! 主は燃える怒りを持ってくる!」

      聖書に述べられていることは歴史的事実どころではなかった。
    旧約が書かれた時代には知り得るべくもない未来への記述(予言)も、
    すべて的中してきた。それが聖書に大きな位置を占める預言書である。

    しかも恐るべきことは、預言書でいうスケジュールは未だ完結されていないことである。
    ということは、これから人類が遭遇する未来も、預言書で述べられているシナリオの通り、
    寸分違わず実現される可能性が大となる。
    --------------------------

    新ダニエル書講解

    原案 ユライア・スミス /改訂 健康法師
    ダニエル書は今一度あなたを驚愕(きょうがく)に陥れる
    あなたはこれを読んで人生が変わるかもしれない

    http://homepage3.nifty.com/newSDA/proph-dan.htm

    ※驚愕(きょうがく)= 非常に驚くこと。

    このやりとりは削除しないで下さいな

    感想です

    こんにちは。ヤス(管理人)です。興味深く議論を拝見しています。基本的に削除はいたしません。ただ、個人に対する集合的ないじめと判断した場合はコメントを削除させていただきます。

    ちなみみ私は、本格的にポジティブになるためには不安感や恐怖感を克服しなければならないと思っています。それは簡単なことではなく、不安や恐怖の源泉となるすべてのシナリオを味わい尽くすことによってでしかそれは難しいのではないかと思っています。

    ポジティブになろうとするあまり、否定的なシナリオやニュース、そして予言などを排除することは、結果的に不安感や恐怖心を無意識の内部に封印し、現実になにかが起こったとき、封印したものから強烈なパニック反応という形で反撃されるのではないかと思います。

    私はこのように個人的には考えておりますので、否定的なニュースや予言、そして情報などは投稿欄で歓迎しております。また、特定の人にとって価値があると信じている夢や妄想もそれなりに価値があることだと思います。

    一番怖いのは、ポジティブに生きようとするあまりすべてのネガティブを封印して、今の日常が無変化のままそのまま今後も継続すると信じることではないかと感じております。

    ちょっとした感想でした。いじめにはくれぐれも気をつけてきださいね。

    太陽フレア

    太陽があちら側(地球に向いていない側)で、また大きなフレアを出したようです。
    こういうのを見ると、ただただラッキーとしか言いようがない(本当は宇宙に偶然はないんですが)。
    中心の白い円をクリックしてください。

    http://spaceweather.com/

    オタマじゃくしはカエルの子

    いやはや、その太陽フレアの情報は凄い。 フレアの出た方向が地球に向いて
    いないしても、映像を見るとフレア自体が超・巨大過ぎます。

    素人だから「感覚による推理」になるけれども、その感覚では、フレアが右横に
    噴出したとしたもその巨大さからして、地球にも影響が出ると感じたのですが。
    どうでしようか? フレア噴出から普通は3、4日で地球に影響が届くと言われて
    いた様な気がしますが。 そのフレアの爆発力は映像を見ると「超」が付きそうなので
    地球に届くのも早いとすれば、木、金曜日にはすでに届くのでしようか?
    気になります。

    さて別のニュースとして  ↓

    この撤収のニュース。 意味があるのか・・無いのかが分かりませんが気になりました。
    隣の国に軍隊を移しても 「撤収をしたことになる」。 アフガンに移しても「撤収になる」。

    その様なことで「撤収」になるのなら、「アフガンから撤収をします」。 ではどこに?
    「そりは勿論、クエートに移動です」。 とした言葉だけの撤収になるのかもです。

    これからの中東戦争に使う兵力をやはり、「中東地域に温存をする計画」が
    行われる可能性があるのかもと感じますが。


    イラク駐留米軍、最後の戦闘部隊が撤収
    2010年08月19日 11:30 発信地:ワシントンD.C./米国

    【8月19日 AFP】 米メディアは18日、イラク駐留米軍の最後の戦闘部隊が
    イラクから撤収を開始して隣国クウェートに入ったと報じた。

     故サダム・フセイン(Saddam Hussein)政権打倒を掲げて米軍がイラクに進攻してからほぼ7年半。 米政府が掃討作戦完了を宣言する今月31日を境に、駐留米軍の任務はイラク軍・治安部隊への助言、訓練へ完全に移行し、駐留規模は5万人になる。
    http://www.afpbb.com/article/war-unrest/2749370/6090913

    やはり、その太陽フレアの爆発力は凄い。

    我々は?として良いのだろうかとする疑問も出るけれども、
    あの巨大な太陽フレアが飛び出ている方向が、右の方に向いていて良かった~~~
    と感じているのは誰でもが同じだけれども、その「良かった~~~」の意味の中には
    太陽フレアの噴出が右方向だから地球には影響がないはずだ・・・・とする直線的な
    思考をしているのではないのかと。

    つまり、あの巨大な太陽フレアの悪影響は、すべて右側に放出をされたとする
    「右方向危険性=それは、右側へと直線的にフレアの影響が進む」と無意識に
    考えているのではないのかと。

    太陽フレアは、電荷を帯びた粒子だと言われています。 また、電磁波を出すとも
    言われています。 粒子だと進む方向は直線的な場合が多いとは思います。
    地球の磁場に捕らえられるまでは宇宙空間を直線的に進んでいるはずです。

    しかし、電磁波は?と考える場合・・・・。 電磁波は全方位に発生したはずです。
    フレアの炎は右側に吹き出たけれども、電磁波は全方位=つまり地球側にも
    あのフレアの巨大さからして「あれでも危険量としての電磁波」が今、進んで
    来ているのではないのでしようか?

    まあ・・・・、個人的な対応となるでしようが、金曜日ごろからはADSL回線であれば、
    PCを使わない時とか、寝る時には電話線から線を外しおくとか、モデムの電源も
    OFFにしておくとかで、なるべく・・、気休めかもしれないけれども気になる時は、
    電話回線からモデムに行く線を外す気持ちが必要なのではないのでしようか。

    ↑ ↑ ↑ ↑ ↑

    ブログパラサイト?

    ちよっと、前の投稿に注目です。 ↓

    2010/08/18(水) 00:04:01 | URL | なお #or/SGm2g [編集]

    8月21日
    ヤス様
    更新有り難うございます。イランの原子炉が8月21日に駆動すると言う日程ですが、何かしら需要な意味を持つ出来事が起こる日が、・・・・ ・・・・ 一体何がどうなっているのか突っ込みどころ満載と言った配置です。この日に何かが起こると言うよりも、この日に丁度起こる出来事が、将来非常に重大な意味を持ってくると言うようにも考えられます。
    ----------------------

     8月21日に 何が起きるのか?としています。 8月21日は土曜日です。
    今日(木曜日)に太陽フレアに関係した情報が出たので、土曜日といえば、
    木、金、土曜日です。 太陽フレアの映像に付いていた日付は、18日の水曜日?

    だとしても太陽フレアが発生してから4日目が土曜日。 21日の日になります。
    とすると、あれでも太陽フレアからの影響を警戒する日になるのかも?なのではと。
    いやいや・・、思考がどうも直線的だ。

    太陽フレアはすでに爆発をしているのだから、電磁波は地球方向にも向かって来ている
    はず。 徐々に強いエネルギー数量が上がりながら地球に届いているはず。
    だとするとすでに・・、日ごとに電磁波エネルギーの数値は強くなり始めるはず。
    とすると、木曜日の今日でも危険は高まりつつ在るはず。 明日の金曜日には更に悪いはず。
    土曜日にも、「危険をタップリサービスをしておきましたとする危険度の高い電磁波エネルギー」が
    届くはす。 今日からすでに「危険度は高まる方向に進むのではないのか?」
    土曜日の21日に向かって。 

    冗談抜きにして、この数日間は、熱中症や日焼けに特に注意と警戒をしておいた方が
    よいのではないのでしようか。
     

    -----------------------

    世界の目はイスラエルとイランの戦争が近い?として中東に注目をしていますが、
    【聖書】の部分をちょっと思い出したのです。 → 戦争との声が聞こえ始めるでしよう。
    しかしそれは直ぐには起きない。 いずれは起きるけれども、まだまだ起きない。・・・・
    という部分からして、今回されている多くの予測は外れると思っています。

    とすると、8月21日において気を付けなければいけない事は、イスラエル-イラン戦争の
    ことではなくて、別の事と考えるべきなのではと・・・・。 その中の一つが「今回の凄い
    太陽フレアからの影響なのではと・・・・」との妄想も出たのですが。 果たして・・・・です。

    般若波羅蜜多




    観自在菩薩、行深、般若波羅蜜多、時、照見五蘊、皆空度、一切苦厄。

    深い行に入り、五感を超越
    時空を超えて自在に観ることを可能とした菩薩は
    般若波羅蜜多の時を一切苦厄と警告する



    故知、般若波羅蜜多、是大神呪、是大明呪、是無上呪
    是無等等呪、能除一切、苦、真実不虚。

    蜜の多い羅刹の時代に訪れる般若(叡智)の波
    是 明るく、大きな、すべてに無上に、等しく振りかかる、神の呪いである。
    誰も逃れることはできない、真実で動かしがたし呪い

    般若波羅蜜多=超電磁波

    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%88%AC%E8%8B%A5%E5%BF%83%E7%B5%8C



    …(-人-)ナムナム




    メキシコ湾の原油

    8月4日に連邦政府から発表された報告に真っ向から反対する意味で、ジョージア大学の研究者は自身のレポートを発表したとの事。

    それによると、流出された原油の80%近くはいまだに、どの様な速度で蒸発するか、或いは生物学的に分解されるかわからずに湾のエコシステムの中に残っており、さまざまなかたちでダメージを与え続けている。
    また、ほとんどメタン・ガスからなる膨大な量の天然ガスがこの流出により排出された。何人かの科学者は
    流出されたものの40%は天然ガスでその殆どがメタンではないかと概算している。メタンは水中を上昇し
    大気中に気化するのではなく、水中で分解された。80立方メートルのメタン・ガスが1バレルの原油の中
    にあり、合計流出量である410万バレル(1億7200万ガロン、約5億1600万リットル)の原油の
    中に、我々は3億2800万立方メートルのメタンが存在すると計算した。

    テキサスA&M大学、ジョージア大学、カリフォル二ア大学のサンタバーバラ校の研究者達は何千フィート
    の深海で、通常の何千倍ものメタンを測定した。メタンを微生物学的に分解するには水中の酸素が必要で、
    特に深海では原油の分解は遅くなり、更なる、魚、海洋生物、典型的な湾内の動物等のいない、酸欠の死の
    水域を作り出している。

    http://blog.skytruth.org/

    これを読むと、最近死んだ魚がミシシッピ、デラウェア、マサチューセッツの海岸に打ち上げられた理由が
    推測できようというものです。
    ヤスさん、更新を期待しています。

    太陽フレア

     8月1日に発生した太陽フレアが、8月3日から8月6日にかけて磁気嵐を発生させ、M7クラスの地震を多発させるきっかけとなった、といわれていますが、これがC3クラスのフレアでした。今回発生したのはC4.5のフレアで、(実際にはもっと大規模だった可能性が大きいそうです。)太陽のあちら側で発生したことは、本当にラッキーだったと思います。
     ただ、これから、C5クラスの太陽フレアが、太陽のこちら側でいつ発生してもおかしくないわけです。地球の上層大気の熱圏が崩壊してシールド機能が低下している今、C5クラスの太陽フレアが放出する高エネルギー粒子やイオンガス、放射線が、地球にどんな影響を及ぼすのか、未知数なのではないでしょうか。メガクエイクを発生させる可能性も、否定できないと思います。

    http://swnews.jp/

      ● 聖書は終末予言の書である  2007年2月15日(木)
    http://www.h2.dion.ne.jp/~apo.2012/tsubuyaki060215.html

    新約聖書となると、もっと直接的でわかりやすい。次は「マタイの福音書」に
    記録されているイエスと弟子との問答である。

      「世の終わりには、どんな前兆がありますか?」

      「多くの者が、自分はキリストと名乗って人を惑わす。 また多くの偽予言者が現れ、人を惑わします。 不法がはびこり、多くの人の愛は冷えるでしょう。

    戦争の噂も聞くでしょう。 民は民に、国は国に敵対し、また、あちこちに飢饉や地震があるが、これは産みの苦しみの始めである。 注意していなさい。 あわててはいけない。 終わりは必ず来るが、まだ終わりではない。 そして、それから最後が来る。

      預言者ダニエルによっていわれた、荒らす憎むべき者が聖なる場所に立つのを見たならば(ソ連のイスラエル侵入)、その時は人々は山に逃げよ、家に帰ってものを取り出そうとするな。 その日には乳飲み子と身重の女は不幸である。 その時には、世の始めから現在に至るまで、かつてない、今後もないような大きな災難が起こるからである 。もし、その期間が縮められないなら、救われる人は一人もいないであろう。 しかし、選民の為に、その期間は縮められるであろう。
    --------------------------

    この「聖書の預言」からすると、イスラエルとイランの戦争が色々なブログの中で取り上げられているけれども、まだまだ先の様に感じるのですが。

    今回のロシアでの大火災と大干ばつの発生はなぜか? 奇跡的な感じさえ人類に与えたと思うのです。 あれ程の大災害を人類の思惑だけで起こせるものでしようか。 幾ら自然災害だからと言っても、超・奇跡的な発生に感じるのです。 ロシアが中東に軍事侵攻をするのを遅らせる為に、超・自然災害を何らかの意志がロシアに与えた「罰」とさえ感じたくもなります。

    そして、もしも「罰」としたならば、ある科学ニュースに書かれている内容からすれば、ロシアの大規模火災はまだまだ続き、雨もまだとうぶんの先まで降らないはずです。 そして今回の大火災で上空に巻き上げられた微細な微粒子はロシアの国土に太陽光を与えなくなり、冬には想像を超えた極寒の災害がまた発生するのでとの心配をするのです。

    だとして当分の間、ロシアからのニュースに注目が必要なのかもと思っているのですが。

    黒点に見るシンクロニシティ

     とんぼさんが、「素人がその黒点を見ても異常な程に大きいと感じたものでした。」とコメントしていた1093黒点ですが、伊勢ー白山道でも8月5日のブログで、同じ太陽黒点に強い霊光の放射を感じます、とコメントしていて、面白いシンクロニシティだと思います。また、黒点ナンバーの1093ですが、ドリーン・バーチューの数字のメッセージから、「終わりの時、神の思考をマスターする。」とも解けます。これは、Ku-uuさんの般若波羅蜜多=超電磁波説の内容とシンクロしているように思います。
    この呪いの時に、神の叡智を身につけるラッキーな人類も現れるということなら、ここに参加している皆さんも、その可能性大のような気がします。

    ■ 炎が生む“積乱雲”の恐怖
       August 17, 2010

     激しい炎はときに強力な積乱雲を発生させ、気候に大きな影響を与える
    可能性があることが明らかとなった。

    http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20100817002&expand#title

     炎によって発生する積乱雲は、火山噴火と同じように煙や微粒子を成層圏まで噴き上げるという。 通常の雷雲より高層で形成されるため、温暖化や寒冷化など、地球の気候に予期せぬ影響をもたらす可能性がある。

    「火災による積乱雲は1つだけでも地球の半球に影響を及ぼす可能性があり、広がった煙や物質は数カ月にわたって残存し続ける」。

     炎で発生するこの種の雲が異質な理由は他にもある。例えば、▲危険な雷や竜巻の発生原因になる一方で、▲雨を降らせることはほとんどない。 これについてフロム氏は、「煙に含まれる微粒子を大量に吸収するためだ」と説明する。  また、通常の雷雲のように移動せず、▲火災現場の上空に留まる性質もあるという。

     「この雲が撒き散らす煙の幕は太陽からの放射エネルギーを吸収し、気温上昇や天候の変化をもたらす可能性もあるため、気候学的に重要な研究対象だ」と述べている。

    ▲「逆に大気を極度に冷やしてしまう危険性もある。 いずれにせよ影響は無視できない。 ▲局所的に甚大な被害をもたらすほど強力なのだ」。
    -------------------------

     この科学ニュースの説明を読むと、今発生しているロシアの大規模火災の被害は、まだ終わる事なく続いて行く・・可能性を示しています。 雨が降らないのに雷が発生する。 その雷によりまた火災が発生をする。 その火災雲は雨を降らさなくなると書かれているところからして、乾燥状態はまだまだ続き、大干ばつの被害はまだ酷くなる可能性もあるはずです。

    つまりは、このロシアの大干ばつと大規模火災の行方をどの様に考えてよいのかが、全く分からない状況を生んでしまう。・・という事なのではないのでしようか。 現在もロシアの国土は焼け続けている。 その内に水も無くなる。 食べ物も不足を始める。 その時に、ロシアはどの様に考えて、何を始めるかが気になるところだと思うのですが。

    黒点の話。 なるほどと思いました。
    しかし、その巨大なフレアの発生原因が専門家の説明とズレテいたので、その投稿は削除をしました。

    ※連絡として。

    異常気象の裏に気流変化、国連機関「緊急に調査必要」
    2010年08月19日 16:17 発信地:ジュネーブ/スイス

    【8月19日 AFP】 世界気象機関(World Meteorological Organization、WMO)は18日、パキスタンの大洪水やロシアの森林火災に関連している  「ブロッキング現象」と呼ばれる気流の変化 について、緊急に調査する必要があると述べた。

     アスラー事務局長がAFPに説明したところによると、ブロッキング現象は大雨や熱波を増長し、同じ地域にとどめ、異常気象を引き起こす可能性がある。地球温暖化のもとではより頻繁に起こると考えられている。

     アスラー事務局長とWMOは、ここ数週間で発生したパキスタンの豪雨、ロシアの熱波、中国の土石流、グリーンランドの棚氷分離はいずれも自然発生的な異常気象の基準にあてはまらないと強調する。

     WMOは声明で、これらの現象が規模、期間、発生範囲のいずれの面においても、「前例のない連続的な現象」だとし、「ブロッキング現象発生の頻度や期間が今後変化するのか否かの解明は、気象科学における急務だ」と指摘した。
    http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/environment/2749395/6089873

    急に実生活でも変調を感じだしてきています

    tontonです。あまがえるさん(いろいろハンドルネームが変ってる?)とは同一人物ではありませんので、誤解されている方はよろしくご理解ください。。。

    さて。。。

    日本国内でも秋刀魚の水揚げ量が例年の10分のⅠで、なんとセリで一匹1000円になるなど、海産物の漁獲量が激減してきています。
    また、予想以上に長引く熱波で農産物の秋の収穫も激減しそうです。

    日本でもそうなのに、地球全体でみれば、この秋から食料問題が現実的な社会問題として、間違いなく火中の栗状態になってくるでしょう。。。

    2日前から、多分、熱波のせいだと思いますが、頭の中が室内にいても熱を持つ感じでずっと頭痛(神経系)と首凝りが凄くて(特に夜は)あまり眠れない日が続いていますが
    昨日、一昨日と面白い現象が起きました。
    TVはデジタル放送でB-CASカードなんですが、この2日は部屋に戻ってTVをつけると、カードが使用できませんって画面にでる。
    挿しなおすと正常に戻ったが、異常な現象です。
    やはり電磁波、磁気の乱れの影響があったと思われます。
    多分、この頭痛もそうでしょう。。。

    実感として、ここ数日前から、今まで以上に急速に何かが変だと感じています。

    皆さんも、ご自愛ください。

    ペットも熱中症…動物病院に問い合わせ殺到

    どうぶつ

    来院した犬の健康状態をチェックし、飼い主にも熱中症への注意を呼びかけている。
    連日の猛暑で、各地の病院が救急搬送者の対応に多忙を極める中、
    動物病院でも“熱中症患者”のペットが相次いで運び込まれている。

     飼い主から熱中症についての相談も増加しているといい、獣医師や
    県動物指導センターは「動物の暑さ対策にも気を配って」と呼びかけている。
    http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100819-OYT1T00568.htm?from=main3

     ≪ 熱中症に注意 ≫ 

    体調は人それぞに違い、体質も違う。
    だから一概に、すべて同じだとは言えないけれども、 ≪ 熱中症予防には絶対的に、一日、1.5リットル以上は飲む必要があるのではと・・≫。

    一度、暑い日に凄い頭痛に苦しんだ日がありました。 夜になっても頭が痛い。 なぜ?と考えました。
    その日は暑かったです。 だから体温よりも気温の方が高かったのでしよう。 だから汗をかかなかった。 汗をかかないので、水は余り必要ない?と無意識に思っていたのか? 後から考えると汗をかかなかったので、その日は水を余り飲まなかったのだと思います。

    それが原因で、からだは水分不足にになり血液などがドロドロ状態になっていたのかも知れません。 その事に気がついたので、それからは気をつけて水を小まめに多くのんでいます。 汗は当然に噴き出しますが。 その結果、暑い日などでも頭痛は発生していません。

    気温が体温より高い日には、汗をかかないので、水が欲しくならないのかも知れませんが、汗をかいて体温を下げる為にも、暑い日にこそ少しは無理をしてでも水を大量に飲むべきだと思います。 塩を少し入れて。

    夏なのかは分かりませんが、普通、大人で一日に1.5リットルの水を飲む必要があると言われているはずです。 暑い日には特に、頭痛を感じている人は、気にかけて水を多く飲むことを心がけてみたら、どうでしようか。

    その様にして、頭痛の原因を探ることも出来るかもしれません。 ≪ 異常な太陽フレア ≫の情報投稿が有ったように、巨大フレア発生からの日数を考えて、金曜、土曜日、日曜日なども、異常な暑さに注意が必要になるのでは?と思っています。 気をつけながら、水を多く飲むように心がけてみたらどうでしようか。

    気温が体温を超えても発汗しますよ。

    ご高齢の方は体内の水分量が少なくなっているので
    喉の渇きを感じることに対し感覚が鈍くなってきます。

    カエルさま、お気をつけくださいませ。

     
    げろげろ げろげろ・・

    (※人間の言葉に訳すと 了解しました。です )

    「オバマ氏はイスラム教徒」=国民5人に1人が誤認-米調査

     【ワシントン時事】 米世論調査機関ピュー・リサーチ・センターが19日公表した世論調査結果によると、オバマ大統領をイスラム教徒だと誤認している米国人が18%に上り、2009年3月の前回調査から7ポイント増加していることが分かった。

     オバマ大統領の信仰や出生地をめぐっては、08年の大統領選の際に、インターネット上でうわさがはんらんしたが、就任して1年半たっても、誤った情報を信じる人が増えていることが浮き彫りになった。  オバマ大統領はキリスト教徒だが、正しく回答した人は34%で前回から14ポイント減少した。大統領をイスラム教徒だと考える人の割合は共和党支持者で高く、無党派層の間でも増加した。
    http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2010081900609

     「モスク建設での支持発言」といい、この調査結果は、アメリカの国内の乱れを予兆さしているのでは?

    国内の乱れと、政権の権威の失墜が起きるとした場合、その先にあるものは何なのか?

    もしも仮に中東などで不安定な情勢が発生した場合、アメリカはオバマ大統領を信じきれていない国民ににより、強い決定を出せない。 強い指揮権を出せないとしたら・・・・。 ノストラダムスが予言している様に、英国との協力も、「指揮権を持つトップの頭が二つになり、決定的な指揮が出来ない。 その間に反キリストは着実に支配を広げて行く・・・・・」という状態も、未来には見えて来るのかも知れないと。

    太陽電磁波と不定愁訴

     tonton様、最近頭痛と首凝りにお悩みのようですが、伊勢ー白山道のブログにも太陽電磁波との関係についてコメントが出ていたのを思い出しました。(7月23日のコメント)。現代人はPCに長時間接したりして、どうしても姿勢が悪くなりやすいので、これが繊細な首の神経に影響を与え、肉体全体の不調につながっている、という点も指摘しています。彼は枕をかえてみたり、整体で姿勢の矯正をしたり、いろいろ試みたようです。よろしかったら、ご参考までにご覧ください。

    http://blog.goo.ne.jp/isehakusandou/1

    予言

     ジュリアーノ予言は恐ろしい程の的中率をもっていました。過去形になりましたが、彼はそれを見ていたのだと思います。

     しかし現実はぎりぎりの所で回避されたのか、予言が当たらなくなりました。

     ノストラダムスは「違うものが王国をうちたてれば運命は変わる」と言っています。

     もしジュリアーノ予言が当たらなくなった理由が、その王国がすでにこの世に有るのだとしたら、その王国を見極めて発見する事が、今一番大事な事では無かろうか。

     それは何処に在るのか?

     

    ロシア、穀物大量輸入も 旧ソ連時代に戻る恐れ ---2010/08/19

     19日付のロシアの有力経済紙ベドモスチは、同国の農業省指導部に近い筋の話として、
    干ばつ被害に見舞われているロシアが2010年度(農業年度)に500万トン以上の
    穀物輸入を迫られる可能性があると報じた。 同紙は、ロシアが穀物を大量に輸入していた
    旧ソ連時代に戻る恐れがあるとしている。

     同筋は「既に輸入の方針は決まったが、量については検討中だ」と説明した。
    輸入元にはカザフスタンなどの近隣国が候補に挙がっているという。
    輸入する穀物の種類には触れていない。
    http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/europe/430068/

    財政悪化は確実。 これだけの大災害。 大干ばつと大火災。 だとすると来年の農作物も期待できないかもしれない。 食料不足でロシア国民の不安と怒りは大きくなるはず。 財政悪化であればフランスから買おうとしている 「ミストラル級揚陸艦」は契約だけの一隻になるかも。 一隻であれば世界にとっては良いことになる。 日本にとっても良いことになる。 しかしこの穀物輸入の流れの先には、ロシアに何が起きるのだろうか?

    出口王仁三郎 三千世界大改造の真相
    http://www.h2.dion.ne.jp/~apo.2012/daiyogen30.html

    続瑞能神歌
    http://www.geocities.jp/oniken1820/oniken_018.htm

     ■蒙古襲来
     ~日本を襲った歴史上最大の危機~
    http://members.jcom.home.ne.jp/invader/works/works_8_b.html

    結局

    結局tontonによる日月神示
    大本教勧誘ブログか
    酷いもんだ

    動物の熱中症?
    ペットたちも良し悪しにつけ人間の「念」を受けており、人間の去勢されたような弱弱しい観念に影響をうけるのだろう。
    ・・本来いったい熱中症になるような動物がどこにいるのだろうか。
    気の毒な人間に依りそって癒しを与えることの副作用ではないか。ペットたちありがと。

    遂に今日は、午前中は仕事をリタイアし、マイマンションに帰ってきています。。。
    どうも、原因は右奥歯?にあるみたいです。
    歯医者にいってみようかな。。。
    それにしても脳が疼くって感じです。
    体中の神経が熱を持ってピリピリしてる感じ。。。
    ちょっと大げさかもしれませんが。。。
    (こうして投稿病?できるから、まだ大丈夫ってことでしょう^^;不思議と気がまぐれるのか、打ってると痛みが安らぎます)

    レイさん、レスありがとうございます。青ガエルさんもありがとうございます。

    盆が過ぎてからの熱波にはみなさん気をつけましょうね。
    盆って、やっぱりいろんな意味で節目の時期なんでしょうね。


    -------------------
    <tonton語録?>

    人は人を騙せても
    自分自身だけは騙せない

    心の乾きを癒すためには(心の安らぎを得るには)
    自己信頼することがいちばん大切

    そのためには
    わが身を持って行動(経験)していくこと
    善(自分の基準で良い)で思考していくこと

    その積み重ねが大切。。。

    ---------------------

    <追伸>
    絡んできてる誰かさんへ

    tontonは日月神示 、大本教関係の人間ではないですよ。反キリスト教信者でもありません。
    また、それもよしだから絡むなとは言いませんが、ホドホドにね^^



    自分(青ガエル)などと一人会話してれば頭痛が酷いのは当たり前
    自分に絡むのはホドホドに

    ※余談 → ★16 (8月16日号)に多くの投稿をしたので、今・・・・ →【 スパム認定 】をされて投稿不能になりました。 だからこれはモデムの電源を切り替えての再・再トライです。 投稿を受け付けてくれればよいのだけれども・・・・。

    なので HNを今回は → 赤ガエルにしてみます。 投稿拒否を回避するために。

    再・再トライなので 本文は削除をして今は投稿をしません。 投稿を受け付けるかのテスト投稿です。

    ↑ ↑ ↑ ↑

    本当に単なるパラサイトだな!キモッ!

    テスト投稿③

    ※本文を入れると、「スパム認定をされて投稿拒否をされる。 今、4回くらい拒否された」。 なにが原因? 内容の長さの問題? あの変なヤツのことを・・・・少し批判的な内容を書いているので、それが原因?

     いずれにしても、本文が短いと 投稿は成功をする予感が 今回はするのだけれども・・・・果たして?
    -------------------
    ※余談--- キーボードの横に置いていた・・ まだ一口も飲んでいない カップにタップリと入っていたコーヒー。 手が当たりカップの中身が消えてしまった。 やれやれだった。

    投稿を拒否されるし、カップは倒れるし、今日は注意を要する日なのかもと考え始めた。 みなさんも気を付けてください。 巨大太陽フレアの影響で 脳が解け始めているのでは・・ないとは思うけれども ≪暑さの為に注意力が散漫になるのは確かです。≫ 気を付けてください。

    ※投稿を受け付けるかな?

    米国で卵3億8万個を回収、サルモネラ菌汚染の疑い
    2010年08月20日 12:19 発信地:ワシントンD.C./米国

    【8月20日 AFP】 米アイオワ(Iowa)州の卵生産会社が、生産した卵がサルモネラ菌に感染している疑いがあるとして、19日までに卵3億8000万個の自主回収を発表した。

     FDA --- 「卵の回収としては近年で最大規模」という。

     19日電話会見したFDAの専門家によると、FDAでは5月~7月に流行したサルモネラ菌による食中毒1953例の汚染源を調査していた。今期のサルモネラ中毒は通常の2倍を超えているという。

    中毒の増加とライト・カントリー・エッグ社を直接関連付けることは避けたが、FDAは同社の養鶏場でねずみによってサルモネラ菌が広がった可能性は指摘した。(c)AFP
    http://www.afpbb.com/article/politics/2749686/6093551
    -------------------

    ●風水師「ジェームス・リーの予言2010」 
    5.世界の医療衛生・・・「夬(かい)」
    ①雨や空気中の細菌や化学物質が世界中に運ばれ、多くの人が感染し、
     皮膚、呼吸器がやられる。
    ②「毒物」への感染が動植物に大きく広がり、食糧供給に影響を及ぼす。

    新疆ウイグル自治区、チベット、香港、マカオなどにも、「知らない毒物がまん延」 「病気の拡大感染」「害のある毒物が侵入」「新しい細菌」などの表現があり、世界的な病気の感染拡大が危惧されます。「この新しい細菌」と言われる有毒物質は、人種に関係なく猛威を奮い、特に、香港にこの有害細菌が出現したら「一回で絶滅させないと大変なことになる」。

    パキスタン洪水被害、国連総会が支援決議採択
    19日、パキスタン南部シンド州で、洪水のため農地に取り残された家族(AP) 

     国連総会は19日、パキスタン史上最悪とされる洪水被害に関する特別会合を開き、同国政府への支援を呼びかける決議案を採択した。

     日本からは藤村修外務副大臣が出席、総額1440万ドル(約12億3000万円)の支援と、支援物資輸送のために自衛隊ヘリコプターの派遣準備を開始したことを説明した。

     最大支援国である米国のクリントン国務長官は、拠出済みの1億ドル(約85億円)に6000万ドル(約51億円)を追加拠出すると約束した。

     国連によると、洪水による死者は約1500人、被災者は2000万人にのぼり、パキスタンの主要産業である農業だけで10億ドル(約853億円)の損害が出ている。  (2010年8月20日14時15分 読売新聞)
    http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20100820-OYT1T00513.htm
    ----------------------

    ●風水師「ジェームス・リーの予言2010」 
    世界各地で住宅・不動産に著しい変化が起こる。 頂点から奈落の可能性。
     -------------------------------

     中国でも大洪水--どれ程の人々が家を失い、住む土地を失い、移住をしたのだろうか。
     パキスタンでも住む家や土地さえも無くしたはず。 多くの人が移住をしたはず。
     もちろんロシアの大火災と大干ばつでも、人々は住めなくなり、移住に追い込まれているはず。

    3.地球の自然生態・・・「既済(きせい)」
    ①▲世界的な干ばつ、水害がある。

    今日は本当に 暑いです。 げろげろ

    焼け付く暑さと言いましようか・・・・ げろげろ

    ≪ 水分補給をしていますか・・・・・ げろげろ・・ ≫

    本当に今日の暑さ・・  暑さ・・・・ではなくて → 熱さ・・です。 げろげろ

    水分補給をしなかったら大変です。 げろげろ

    水分補給を忘れないようにしてください。 げろげろ

    そう言えば 確かに・・・・ 存在感の在るすかすがしい頭痛感がヒシヒシと
    来ているような・・・・・・・・・・


    この、ジワワ・・・・と来る圧迫感のある心地地良い頭痛感。

    圧迫感をジワワーーーと感じさせてくれる すがすがしい頭痛感。


    もしかして? あの巨大フレアからのエネルギーが地球に届きはじめている? あれだけのフレア爆発だったら=微粒子といってもその数は凄くて、到達速度も速いはずだからとしての≪圧力エネルギーにもなるのではと・・≫

    もしもそうだとしたら、地球の大気を圧縮しているのだろうか? 磁気圏には絶対に≪歪は発生させているはず。≫ フレアから出るエネルギーは電荷粒子であり、電気的なエネルギーを持っているのだから。

    だとしてその地磁気の乱れというか・・、歪が脳に、心地よい圧迫をした頭痛感をプレゼントしてくれているのかも知れない。 つまり? この素晴らしい圧迫感頭痛は・・ 太陽からのプレゼントかも知れない。 ・・・・・ なるほど。 一人で納得を楽しんでしまった。

    だとしても、この仮説が有効であれば、この すかすがしい 圧迫感のある頭痛は世界的に発生しているはず。 なるほど。

    その様にして、「頭痛分析」も楽しいかも知れない。 しかし酷い場合はやはり専門家の診察がいる。 気をつけてください。 げろげろ
    ......

    兵馬俑を超える規模 最古の石像5000体、湖南省で発見

     【8月20日】 17日、湖南省永州市で開催された考古学のシンポジウムで、秦の始皇帝の兵馬俑を超える規模の古代石像群が同市で発見されたと発表された。中国国内メディアが伝えた。  (10/08/20 06:24)
    http://www.epochtimes.jp/jp/2010/08/html/d71670.html

    まあ・・・・これからは、遺跡文化どころではなくなるはず。 余りにも多くの自然災害の発生。 それもまだまだこれから発生して来て次々に続くはず。 遺跡がどうのと言ってはいられない時代になるはず。 第三次大戦も控えているはずだから・・。

    救援金ほしさに偽の被災宣言、ブラジルの町長を起訴
    2010年08月20日 15:43 発信地:リオデジャネイロ/ブラジル

    【8月20日 AFP】 ブラジルのある町の町長が、100万ドル(約8500万円)相当の災害救援金ほしさに 「洪水で被災した」と偽の宣言を発令したとして、19日、検察に起訴された。

     災害救援金をだまし取ろうとした疑いがかかっているのは、バイア(Bahia)州グアラチンガ(Guaratinga)の町長。 町長は6月15~16日にかけて町が集中豪雨に見舞われたとして 「洪水被災宣言」を発令したが、国立測候所の記録には、当時同町で降雨があった事実を示すデータは一切なかったことが、州検察当局の調べで明らかになった。
    http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/crime/2749700/6094297

    このニュースからすると、時代的にそろそろ、「高き地位にいる者も 引き降ろされる・・・の時代」に入りはじめたのだろうか?

    オバマ大統領もアメリカ国民の5分の1が、「オバマ大統領はイスラム教徒と思っている・・」というから、異常と言えば異常のはず。

    真実はどこに?

     
    米軍基地移転:「李大統領、普天間の韓国移設を提案」
    2010年08月20日08時59分 / 提供:朝鮮日報

     時事月刊誌『文芸春秋』最新号(9月号)は、カナダでG20(主要20カ国・地域)首脳会議が開催された今年6月26日、韓米首脳会談の場で、李明博(イ・ミョンバク)大統領がバラク・オバマ大統領に対し、沖縄・普天間にある米海兵隊飛行場の代替敷地を韓国が提供する用意があるという意向を伝えていたと報じた。

     同誌によると、李大統領は、普天間基地移転問題をめぐり日米が対立の様相を示していることに懸念を表明し、「普天間基地問題のため日米同盟が最悪のシナリオに陥った場合、基地の移転地として、韓国国内の軍施設を提供したい」と提案したという。

     大統領府(青瓦台)は19日、この報道について、洪相杓(ホン・サンピョ)広報首席が「対応すべき価値もない、完全な作り話」と発表した。また金姫廷(キム・ヒジョン)報道官も、ブリーフィングで「カナダでの韓米首脳会談は、大統領だけでなく、関係者ら数人が同席する拡大首脳会談のほかは行われなかった。そうした話をしていないのはもちろん、できる機会そのものがなかった」と語った。http://news.livedoor.com/article/detail/4956735/

    別名は「侵略トンネル?」

     
     日中韓を結ぶ海底トンネル=今月末にも中韓区間の建設日程発表も―中国メディア 
    2010年08月19日13時02分 / 提供:Record China

    18日、人民網は記事「中韓海底トンネル建設は月末にも発表か=韓国政府、民間には切実な思い」を掲載した。 日韓、韓日、そして日中を結ぶ東アジア海底トンネル網建設が今や現実間近の課題として検討されているという。
    http://news.livedoor.com/article/detail/4955105/

    まあ・・・・、計画が具体化する前に、第三次大戦は始まっていると思うのだけれども。 まあ・・・・希望のニュースはニュースとてして、在ってもと・・・・。

    台湾の美人芸能人、韓国の芸能界「枕営業」の実態を暴露で話題に
    2010年08月20日11時09分 / 提供:サーチナ

     中国メディアの新浪によると、台湾のアイドルグループ「3EP美少女」のメンバーだった林韋伶さんが、韓国芸能界で自身が軟禁されたり、枕営業を強要されたりした過去を暴露し、大きな話題となっている。

     「非人道的な扱い」を受けたと語る林韋伶さんは、台湾に戻ってから暴露本を出版、「韓国で売れている歌手は、男女を問わず枕営業をしている」と語ったほか、「すべて事実だ」として、韓国側からの抗議を恐れてはいないと述べた。

     1980年生まれの林韋伶さんは、2007年に韓国に進出したが、「年をとり過ぎている」との理由で、プロフィールを1985年生まれに変更させられたという。さらに、「なぜこの年で芸能活動などやっているのだ?」と侮辱されたことも明かした。
    http://news.livedoor.com/article/detail/4957079/

    アフガンとアフリカ 食料不足の危険性大 国連調査  --2010.08.20 - CNN

     19日に発表された英調査機関メイプルクロフトと国連の共同調査によると、世界で最も食料不足の危険性が高い国はアフガニスタンで、以下10位まではすべてアフリカ諸国が占めるという。

    最も食料不足の危険性が高いとされたのはアフガニスタンで、以下コンゴ民主共和国(旧ザイール)、ブルンジ、エリトリア、スーダン、エチオピア、アンゴラ、リベリア、チャド、ジンバブエと続き、2位から10位までをアフリカ諸国が占めた。上位50位中、36カ国をアフリカ諸国が占めている。

    メイプルクロフトは、「アフリカのサハラ砂漠以南の地域は、極端な気候現象が頻発する。さらに貧困率が高いことやインフラ不備などの影響で、食料不足の危険性が特に高い」と指摘している。
    http://www.cnn.co.jp/world/AIC201008200005.html

     つまりこれらの国々では、近く「内戦や暴動、あれでも戦争が始まります」。 言われて事になるはず。 アフリカでの数年来の自然災害の凄さ。 もうニュースにも出して来ない。 その恐ろしい事実を知らせない為なのか? 事実を知らせてもすでに支援は来なくなり、世界に事実を知らせる意味が無くなって来たのか?

    アフリカの多くの国が飢えているはず。 しかし世界はすでにアフリカには見向きもしなくなっているはず。 見捨てられて行く大陸になる・・という事かもしれない。 その先にあるものは何なのか? それは内戦や暴動。 そして戦争しか残されていないはず。 そしてこの近年の異常災害続き。 もう・・・・来年はアフリカで食料を得る為の戦争が始まると思う。 今は北半球の穀物地帯でも大災害に遭い、農業生産が崩壊に向かい始めているのだから。 アフリカには支援の食料が届くはずはない・・はず。

    毒、毒、毒、、、

     
    メキシコ湾の海底に残る有毒原油 -- August 19, 2010

     メキシコ湾の原油流出事故で、「流出原油の大部分は回収済み」とアメリカ政府が発表してから数週間が経過した。 しかし今週、南フロリダ大学の専門家らが、「海底にはまだ原油が残っている可能性がある」という調査結果を公表した。 17日の中間発表によると、石油の主成分である炭化水素に深海の微生物が「強い毒性反応」を示しているという。
    http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20100819001&expand#title

    アフリカ中西部各地で水害相次ぐ 食料危機悪化が懸念

     【ナイロビ共同】 雨期を迎えているアフリカ西部から中部の各地で6月以降、洪水が相次いで発生し、これまでに100人以上が死亡した。

    食料危機が深刻化するサハラ砂漠南縁のサヘル地域では、作物が流されるなどの被害も出ており、食料事情の一層の悪化が懸念されている。

     国際赤十字社・赤新月社連盟(IFRC)などによると、洪水被害が出ている国は、北西部のモーリタニアから中部のコンゴ(旧ザイール)まで少なくとも18カ国で、約26万7千人が家を追われた。ガーナでは最も多い40人が死亡した。

     各国では汚水流出などで衛生事情が悪化し、コレラやマラリアのまん延も不安視されている。

     国連緊急援助調整官室(OCHA)などによると、700万人以上が食料不足状態にあるニジェールでは8月上旬に河川決壊などで約6万7千人が家を失い、10月の穀物収穫期を前に多くの畑が被害にあった。 チャドでは7月に数十年に一度という規模の豪雨が降り、各地で耕作地が水に漬かった。

     IFRCのサヘル地域担当者は「状況は深刻。 緊急援助だけでなく、被災者の生活再建に向けた長期的支援が必要になるだろう」と話している。  2010/08/20  【共同通信】
    http://www.47news.jp/CN/201008/CN2010082001000501.html


    ヒトラーの予言が思い浮かぶ= 人類は大自然から手ひどく復讐される。 気候も2つに分かれ、激しい熱と激しい冷気、火と氷、大洪水と大旱魃が代わる代わる地球を襲うだろう。」

    一部の恵まれた国を除き、多くの国が飢える。いくつかの国は崩れて燃える。 毒気で息絶える街もある。

    2000年以後は、それが一層ひどくなる。 2014年にはヨーロッパの3分の1と アメリカの3分の1が荒廃してしまう。 アフリカと中東も完全に荒廃する。 結局、いまの文明は砂漠しか残さない。

    しかし人類はそれでも滅びない。
    ......

    沖縄の竜巻

     8月18日、沖縄の海上で竜巻が発生し、↓が撮影された映像です。

    http://ireport.cnn.com/docs/DOC-483130?hpt=C2

    CNNで、ロシアの森林火災やパキスタンの洪水の報道のあとで、この映像が流れていたことに、何か違和感を感じました。気のせいでしょうか。

    仕事復帰したものの

    ◆頭の疼きは歯医者に行って右奥歯を抜いてもらったら治まりましたが、根本的な頭痛と首凝りは治らない。。。歯は、なぜか急に神経を刺激していたみたいです。でも虫歯でも歯茎の原因でもなかった。。。
    偶然と言うか、歯の疼き、頭痛発生と同じ18日に、調べたら↓の異常現象が日本で発生していました。。。


    「18日北九州の空がオレンジ色に染まる異常現象発生!!」

    18日の夕暮れ時、久留米市上空がオレンジ色に染まったり(左は久留米市役所)、赤紫色に染まったり。普段とは違った表情を見せ、「セピア色の世界だ」「遠い昔に戻ったみたい」などと、家路を急ぐ市民を驚かせた。

     福岡管区気象台によると、発達して上空に伸びたかみなり雲などに夕日が反射し、低層にある雲の間から夕焼けの色が漏れ出して起きる現象とみられる。

    =2010/08/19付 西日本新聞朝刊=
    http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/191802

    宇宙天気予報では22日から23日にコロナホールから吹き出す高速太陽風の影響が地球にあるようです。

    http://swc.nict.go.jp/contents/index.php


    ◆でも、この熱波なせいもあるが、周りの人々をみても、生命力が低下しているというか、何かがオカシイ気がするのですが・・・
    個人的には風邪でもないのに風邪っぽいというか、脳内部に熱が溜まってる感じです。。。

    *自然災害、メキシコ湾関係の新しい情報がピタッと止まって出てきませんね。。。

    二つの情報も凄いです。

    さっそく「空想の世界で妄想を開始してみます」。

    沖縄の竜巻では、その竜巻が発生した【二元性空間の景色が・・天地創造のイメージを呼び起こした】のでニュースとして取り上げたのではと。 沖縄には米軍基地があるので、沖縄に関係した情報も注目されやすいのではないのかと。

    写真番号 1、2、3、では特に 二層大気を感じさせます。 下の階層=我々の直ぐ上の空。 そこの様子は薄曇りで別に悪い天気でもない。・・・・しかしその上を見ると、黒々とした厚い雲。 まるでサタンの顔でも出て来そうな黒い闇を感じさせる厚い雲。 地上の空と天界の空を感じさせる様な二層構造の空。 それが天地創造のイメージを少し湧かせたのではないのかと。 そしてその天地創造のイメージを強める竜巻がタイミングよく発生して、「天空から竜巻に乗って降りる天の使者・・」などとしたイメージが出たのでニュースにしたのでは、ないのてしようか。


    九州の空の色も凄い。
    これもタイミングよく、雲がそのオレンジ色の空をの在感を強めていると思います。 記事の説明にも在りますが、「夕焼け現象が強められた結果、その様な強いオレンジ色になったのではと推理」。

     それらのタイミングは、本当に意外な心理状態を作らせるものだと思います。 偶然の芸術・・というものなのでしようか。

    「コロナ・ホールからの噴出し?」・・・・ コロナ・ホールという名前にはまだ興味が無かったので、コロナ・ホールとは何なのかも良く分かりません。 しかし、太陽風が噴出すのだから何らかの影響があるのかな?? という位しかイメージしかないのですが。

    話は変わり、「宇宙天気ニュース」  http://swnews.jp/   での、2枚目の太陽のオレンジ色の画像。 ポインタを当てると「黒点情報の白黒の画像に変わります」。 --その画像で気がついた事が今日ありました。 その黒点情報の白黒画像の右下のカドに、地球と ジュピター(木星)の大きさを示す丸が在ります。 最初は地球の大きさが分からなかったですが、アースと書いているので地球の大きさを示していると分かりました。

    そこで話は数週間前?に戻るのですが、すでに太陽の裏側に移動していると思うのですが、黒点番号=1093 1094番の黒点の大きさは、その示されているアース(地球の大きさ)よりも大きかったのです。 極端には外れて大きくはなかったけれども、アースの示す大きさよりは大きかったのです。 黒点でその大きさは異常のはずです。 まあ・・・・、意味が無い内容になった?けれども、18日に太陽の右側に噴出した=巨大フレアの凄さのイメージはまだ頭の中に残っています。

    その18日の巨大フレアの影響が今日も、明日の土曜日も、あるいは日曜日まで続くと想像をしているのに、「コロナ・ホール? からの噴出し?」 ・・・・また気になるものが出て来ました。 コロナ・ホーネールとは何なのか? 黒点と同じものなのか?という疑問が出てので後で調べるつもりです。 まあ・・・・、そのコロナ・ホールからの太陽風の噴出しの影響は別にして、18日 水曜日の影響も土曜日、日曜日と現れると思うので、更に≪熱中症には警戒が必要と思っています。≫ ちょうど土曜、日曜に重なるので、海と山も注意かもです。 無理をしたら体力が直ぐに無くなり、おぼれるかもです。 気をつけてください。

    前の投稿の情報で、「 8月21日は、何かが起きる日? 重大な分岐点になる?・・・・などの内容が書かれていたと思います。 そうそう占星術の投稿での情報では。」 ---よって明日、土曜日 8月21日は、無理はしないで、自分の観察日にするのが良い時も、あるいはあるかも知れないと・・・・。 まあ・・・・暑い日になるのは確実です。 水分補給をお忘れなくと・・言っておきたいです。

    「ギラード首相が勝利」 W杯的中のワニが“予言”  2010.8.20

    オーストラリア総選挙では与党労働党が勝利し、党首のギラード首相が再選されるという予言をしたワニの「ダーティハリー君」。 ギラード首相の画にぶら下がっていた鶏肉に食いついた=19日、

     ダーティハリー君はオーストラリア北部ダーウィンの施設で、与野党両党首の戯画にそれぞれつるされた鶏肉のうち、野党自由党のアボット党首ではなく、ギラード首相の方に食い付いた。(共同)
    http://sankei.jp.msn.com/world/asia/100820/asi1008201921002-n1.htm

    日本も、タコか・・何かに、何かの予言をさせてみたいけれども。

    ちょっと ヤバイ流れになる?

     
    チェチェンで断食月に飲食店閉鎖 急速なイスラム化に反発も  2010.8.20

     独立紛争が続いてきたロシア南部チェチェン共和国で、カディロフ大統領がイスラムの教えに沿った社会変革を進め、イスラム聖職者の呼び掛けでラマダン(断食月)期間中は飲食店が閉鎖を迫られる事態となった。 急速なイスラム化に対しモスクワなどで世論の反発が起きている。

     ラマダンで飲食が禁じられるのは日の出から日没までの間。 イスラム教の国々では日没後に飲食店に出掛け食事をする人々も多いが、ロイター通信によると、チェチェンの聖職者は日没後も飲食店を閉鎖するよう要請。

     昨年まではラマダン期間中に開いていた飲食店も多かったが、今年はほぼすべての飲食店が閉鎖に追い込まれたという。

     チェチェン周辺では、イスラム武装勢力の動きが活発化しており、 多くのロシア人は北カフカス地域でのイスラム運動を懸念している。
    http://sankei.jp.msn.com/world/europe/100820/erp1008200935002-n1.htm

    メキシコ湾の原油事故

     
    油井完全封鎖は 9月に延期=メキシコ湾原油事故―米政府  8月20日  時事通信

     【ワシントン時事】 米メキシコ湾原油流出事故対策の統括責任者を務めるアレン元沿岸警備隊司令官は19日の記者会見で、破損した油井を完全封鎖するために、「リリーフ井戸」を使って油井の根元にセメントを注入する「ボトム・キル」と呼ばれる作業は、9月7日以降に延期されるとの見通しを示した。

     ボトム・キルにより新たな泥やセメントを注入した場合、油井内の圧力が高まり、既に封鎖した場所から原油が再び流出することを防ぐ措置が必要と判断した。 圧力の高まりで油井を損傷した場合、油井内部に残留している原油約16万リットルが流出する恐れがある。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100820-00000023-jij-int

    北朝鮮

     
    金総書記、精密検査か=仏人医師が訪朝―韓国メディア
    8月20日18時8分配信 時事通信

     【ソウル時事】 韓国の北朝鮮向けラジオ「開かれた北韓放送」は20日、北朝鮮消息筋の話として、金正日労働党総書記が今月前半、同国東部の咸鏡南道咸興市の招待所にフランスの医療陣を呼び、脳血管と中枢神経系統の精密検査を受けたと報じた。

     医療陣は2008年8月に金総書記が脳卒中で倒れた際に治療に加わったフランスの医師2人らで、磁気共鳴画像診断装置(MRI)などを使い脳血管や中枢神経の精密検査を行ったという。 
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100820-00000103-jij-int

    ●風水師「ジェームス・リーの予言2010」 

    ③最も心配するのは北朝鮮が新たなる挑戦に直面すること。 2010年は60年前の1950年の時よりも、朝鮮戦争勃発の兆しがあり、経済発展の余地を阻害するかなりの可能性がある。

    ⑤病気の影。政府が懸命になっても病気の発生を食い止められず、大国の元首クラスが重病にかかる。

    9.北朝鮮・・・「既済(きせい)」
    ①悪、亡くなった後に生き返る暗示。 突如としてやってくる大きな爆発、あるいは驚天動地の大事件が起こり、人々の目がまた北朝鮮に向く。
    ②重大事件が起こった後、代表的な人物、あるいはその家族が一人孤独に「旅立ち」ます。

    日本 パキスタン支援

     
    陸自部隊にパキスタン派遣命令 21日に出発
    2010年8月20日(金)20:19

     北沢俊美防衛相は20日夕、パキスタン大洪水の被災者支援のため、国際緊急援助隊派遣法に基づき陸上自衛隊ヘリコプター部隊などに派遣命令を出した。第1次部隊は21日に福岡空港から出発。来週後半にもヘリ部隊の活動を始め、派遣期間は2カ月程度の見通しだ。自然災害に伴い国際緊急援助隊として陸自ヘリ部隊を派遣するのは05年のパキスタン地震以来。
    http://news.goo.ne.jp/article/kyodo/world/CO2010082001000668.html

    自衛隊ヘリ部隊に派遣命令…パキスタン洪水
    2010年8月20日(金)20:15

     ヘリの輸送や後方支援にあたる部隊も含め、計500人規模となる。 第1陣約50人が21日午前、福岡空港から民間機で出国し、現地で受け入れ準備に当たる。 現地の活動には、陸上自衛隊の多用途ヘリUH1と大型輸送ヘリCH47を3機ずつ使う。

     活動は、パキスタン中部パンジャブ州ムルタンのパキスタン軍航空基地を拠点に、半径約200キロ・メートルの範囲で、救援物資の輸送や負傷者の搬送などを行う予定。派遣期間は約1か月を想定している。防衛省はムルタンの治安状況について「比較的安定している。現時点で、差し迫った脅威の情報はない」としている。
    http://news.goo.ne.jp/article/yomiuri/world/20100820-567-OYT1T00891.html

    ラスベガスに執着しています

    ◆もう何度も、同じ内容の投稿をしているのだが、ラスベガスの気温は未だにずっと40℃超えで夜も連夜27℃超えなんだが・・・今年に限ったことでなく毎年そうらしい。。。(世界の主要都市で一番高温、赤道あたりの都市よりもね・・・)
    日本の今だって35℃超えが続くとこんなに普通の人間はキツイのに・・・夜だって25℃越えるとエアコンつけてもキツイのに・・・
    エイリアンが住んでいるとしか考えられない。。
    モスクワは気温が下ってきているようです。

    ラスベガスの生態に詳しい人いませんか???


    <ラスベガスの気温>
    http://nihongo.wunderground.com/US/NV/Las_Vegas.html

    <モスクワの気温>
    http://nihongo.wunderground.com/global/stations/27515.html

    メキシコ湾の原油事故

     
    米原油流出、政府の楽観視に「待った」
    2010年08月20日 20:13 発信地:ワシントンD.C./米国

    【8月20日 AFP】 米ウッズホール海洋研究所の海洋学者チームは19日、油井にふたをかぶせる前の6月下旬に巨大な油の層を観察したと発表し、原油の大半は消散したとする米政府の見解に疑問を投じた。

     米科学誌サイエンス(Science)に掲載された報告によると、海洋学者チームは、海中で長さ35キロ、幅2キロ、厚さ200メートルの油の層が雲状に広がっているのを観察した。

     また米ジョージア大学の研究チームも、政府見解は過度に楽観的な仮定に基づいたものだと批判しており、流出原油の80%は今もメキシコ湾に滞留している可能性があると指摘している。(c)AFPhttp://www.afpbb.com/article/environment-science-it/environment/2749705/6094356

    最近は 細菌の ニュースが多い

     
    ※ ↑ 分からない人のために --- ダジャレです。
     
    スーパー細菌、感染疑いの通報要請…厚労省

     抗生物質がほとんど効かない新型耐性菌(スーパー細菌)の感染や死亡例が欧米などで報告されている問題で、厚生労働省は都道府県などに対し、菌が検出された場合は通報するよう求める通知を出した。

     新型耐性菌はNDM1という遺伝子を持ち、感染すると臓器に重い炎症を起こす恐れがある。 インドやパキスタンが発生源とみられ、これまでにベルギーで1人が死亡したが、国内での報告例はない。  (2010年8月20日19時10分 読売新聞)
    http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20100820-OYT1T00852.htm

    ●風水師「ジェームス・リーの予言2010」 

    5.世界の医療衛生・・・「夬(かい)」
    ①雨や空気中の細菌や化学物質が世界中に運ばれ、多くの人が感染し、皮膚、呼吸器がやられる。

    12.日本・・・「内門(ないもん)」
    ①体調を崩し、病気に感染する人が多くなり、感染地域も非常に拡大する。「
    内門」は体内の分泌の不正常で、体の抵抗力が低くなる。

    新疆ウイグル自治区、チベット、香港、マカオなどにも、「知らない毒物がまん延」 「病気の拡大感染」 「害のある毒物が侵入」 「新しい細菌」などの表現があり、世界的な病気の感染拡大が危惧されます。「この新しい細菌」と言われる有毒物質は、人種に関係なく猛威を奮い、特に、香港にこの有害細菌が出現したら「一回で絶滅させないと大変なことになる」。

    ラジオ放送? だったら近いかもと・・・ 予感

     
    金総書記が精密検査…対北朝鮮 ラジオ放送 

     韓国の民間団体が運営する対北朝鮮短波ラジオ局 「開かれた北韓放送」(電子版)は20日、北朝鮮の消息筋の話として、金正日(キムジョンイル)総書記が今月2~14日、咸鏡南道(ハムギョンナムド)咸興(ハムフン)の招待所で、フランス人医師から脳血管と中枢神経の精密検査を受けた、と報じた。 今夏の猛暑で金総書記の健康に負担がかかっているため、北朝鮮の医師団が検査を要請したという。
    (2010年8月20日21時45分 読売新聞)
    http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20100820-OYT1T00938.htm

    ●風水師「ジェームス・リーの予言2010」 

    9.北朝鮮・・・「既済(きせい)」
    ②重大事件が起こった後、代表的な人物、あるいはその家族が一人孤独に「旅立ち」ます。


    ※ラジオ放送をしたという事は近いのかもと。 何日に・・・天国でした。では急で驚くはず。 まずはラジオで心の準備をさせておくはず。 そしてその時が来て、事実を伝えてもショックは軽くなるはず。 だから近いのかもしれない。。 三男のジョンウン?のバッチも作らせていたとのニュースも出ていたし。 やはり・・・旅たちが近いのかもと。

    しかし気になる予言もされている。→
    9.北朝鮮・・・「既済(きせい)」
    ①悪、亡くなった後に生き返る暗示。
     突如としてやってくる大きな爆発、あるいは・・・

    → 亡くなった後に生き返る暗示? ゾンビでもないだろうし。 しかし、影武者が何人もいるという北朝鮮。 だとすればその予言内容にも一理あるかも。 亡くなっても影武者で復活をするのだろうか?

    ラスベガスの年間平均気温

    生態というか・・・乾燥してて、寒暖の差が激しい所なんです。
    暑くても日陰に入るとかなり違います。
    カジノしなくても観光するには良いところですよ~機会があればぜひ。

    Average Vegas Temperatures(ラスベガスの年間平均気温)
    http://www.vegas.com/weather/averages.html
    All figures are according to National Weather Service records for the Las Vegas Valley. (データはNational Weather ServiceがLas Vegas Valleyで記録したものです)
    Month     High        Low

    January    58° F (14° C)   34° F (1° C)

    February    63° F (17° C)   39° F (4° C)

    March     69° F (21° C)   44° F (7° C)

    April     78° F (26° C)   51° F (11° C)

    May      88° F (31° C)  60° F (16° C)

    June      100° F (38° C)   69° F (21° C)

    July      106° F (41° C)   74° F (23° C)

    August     103° F (39° C)   74° F (23° C)

    September   95° F (35° C)   66° F (19° C)

    October    82° F (28° C)  54° F (12° C)

    November   67° F (19° C)   43° F (6° C)

    December   58° F (14° C)   34° F (1° C)

    Record Vegas Temperatures(記録的な過去の最低・最高気温)

    Coldest day
    Jan. 13, 1963 8° F (-13° C)

    Hottest day Tie:
    July 24, 1942 and July 19, 2005 117° F (47° C)

    ラスベガスの情報提供ありがとうございます。

    8月18日の二つの不思議

     カブトムシ様、中々の妄想戦士ぶり、面白かったです。私も早速、この2件の現象について妄想してみました。
     まず沖縄の竜巻ですが、沖縄という地名は、霊的世界と物質的世界を結ぶ、綱渡りを表している、ともいわれています。この縄という字から、DNAのらせん構造の中に、ウォーターポール(=水の柱)があるという話を思い出しました。水は情報伝達をするので、DNAの中にある水の柱が神に直結していて、それが神の情報を伝える役目を果たしているのでは、という説もありました。あまりに海を汚染してしまった罪悪感、嫌悪感に悩む米国人の集合意識が、この映像を見て、水への感謝の気持ちを取り戻そうとしたのかもしれません。
     九州のセピア色の空ですが、この世と異世界が混ざったような不思議な感じですね。九州には高天原があり、天孫降臨の地という、重要な聖地です。実際九州上空に、異次元に通じるスターゲイトがあるという話は、あちこちで聞かれます。新しい時代へ向かうための、天孫降臨が始まったのかもしれないですね。
     以上取り止めのない、妄想のお話でした。

    馬鹿みたいにコメントが伸びてると思ったら、馬鹿が復活してた・・・。

    「赤ガエル」「青ガエル」他、の「~はず」を多用する人は、迷惑が掛かるのでしばらくコメントしない、と一昨日言ってたんじゃないの?



    同じ妄想を書き連ねるのでも、「レイ」さんのコメントに不快感を感じず、「~はず」の御仁に感じるのは、その投稿量の多さだけじゃなく、日本語のおかしさに拠るところが大きい。

    読みたくないなら飛ばせばよい、と言ってた人がいたので、アドバイス通り飛ばしてみたが・・・。

    稚拙な日本語の字面を見るだけでも不快感を感じる長文コメントが5回も6回も連続してるので、じゃんじゃんスクロールしてると他の人の分まで飛ばしてしまう。




    「子羊通信」で管理人さんから、やんわり「控えてくれないか」と諭されたら、今度はこっちに戻ってきて投稿毎にハンドルを変えて連投する、と。

    相変わらず≪≫や「」の遣い方がデタラメ。
    今回は一文中に「はず」が3回も出てる文章さえあった。


    どんな妄想を書いてもいいから、せめて日本語で書いて下さい。
    貴方の様なおかしな日本語しか使えないような人間が大連投してると「オカルト・陰謀論」がいつまでも「ゴミ屑扱い」で終わってしまいます。

    反キリストの霊  2001/08/13
    http://www.logos-ministries.org/kiyotae/kiyo2/01_0813.html

    きよきよの部屋  エッセイ集
    http://www.logos-ministries.org/kiyotae/kiyo2.html

    国民の歴史 - たえこの徒然草
    http://www.logos-ministries.org/kiyotae/taeko/history.html

    『イスラム教白書』
    チャック・ミスラー 著
    高木 潤 訳
    http://web.archive.org/web/20011213213644/www.juntakaki.com/cgi-bin/library.apc?list=s&cid=6&file=html

    自転車 意外な盲点

     
     自転車:事故で賠償5千万、実刑、失職…加害者に重い代償 

     高額賠償を命じる判決が相次いでいることが判明した自転車を巡る交通事故。 一瞬の不注意は被害者や遺族に大きな痛みや深い悲しみをもたらし、長く癒やされることはない。加害者側にも賠償の負担に加え、刑事罰や失職など重い代償がのしかかる。手軽さの裏に潜んでいる「悲劇」が浮かぶ。

     05年11月、東京都杉並区の幹線道路。当時55歳の女性は、結婚したばかりの娘とその夫が訪ねてくるため、もてなしの買い出しに向かったところだった。横断歩道を渡っていると、信号を無視して時速30~40キロで走ってきた自転車にはね飛ばされた。頭を打ち、意識が戻らないまま、数日後に亡くなった。

     「まさか自転車事故で亡くなるなんて」。 遺族は信じられなかった。 「なぜ歩行者の存在に注意を払ってくれなかったのか」。 自転車を運転していた当時37歳の会社員男性に賠償を求めて提訴した。
    http://mainichi.jp/select/wadai/news/20100821k0000m040125000c.html

    自転車 意外な盲点 ②

     
     自転車:歩行者との事故に高額賠償判決…過失相殺認めず 

     自転車の車道走行ルールを厳格化するため道路交通法が改正された07年以降、自転車で歩行者をはねて死亡させたり重傷を負わせた場合、民事訴訟で数百万~5000万円超の高額賠償を命じる判決が相次いでいることが分かった。
    http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100821k0000m040119000c.html

    カメムシは 害虫です 注意です

     
     <カメムシ>猛暑で大発生 出穂期、福島県が注意呼び掛け 
    8月20日15時17分配信 毎日新聞

     猛暑の影響で、水稲に被害を及ぼす「斑点米カメムシ類」が平年の倍以上発生し、
    福島県病害虫防除所(郡山市)が注意を呼び掛けている。 出穂期の稲穂の養分を
    吸い取る虫で、コメに黒い斑点が発生する。 商品価値が下がったり、
    出荷できなくなる恐れがある。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100820-00000006-maiall-soci

    水すましさんへ

    「ラジオ放送をしたという事は近いのかもと。 何日に・・・天国でした。では急で驚くはず。 まずはラジオで心の準備をさせておくはず。 そしてその時が来て、事実を伝えてもショックは軽くなるはず。 だから近いのかもしれない」とありますが、誰が誰に対して準備させるのでしょうか。北朝鮮当局が北朝鮮人民にでしょうか、北朝鮮当局が世界中の方々にでしょうか。この放送局は貴方が引用した通り「韓国の民間団体が運営する対北朝鮮短波ラジオ局」です。確かにこの放送は北朝鮮内部について非常に教務深い内容を伝えることでも有名です。といって北朝鮮系ではありません。北朝鮮側から見ると謀略放送局というニュアンスのものです。
    ま、金正日の命運がすぐにでも果てるかもしれない、これは確実に近いほどあり得ます。というか、北朝鮮が消滅してしまう可能性も。

    急激に気温が下がるロシア




    露で初雪、急激に気温下がる 森林火災は沈静化

    記録的な猛暑が続いていたロシア西部の気温が20日までに急激に下がり、北西部のムルマンスクでは初雪が観測された・・・


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100821-00000500-san-int




    デイ・アフタ-・トゥモローのシナリオ

     映画では、
    1)地球温暖化により、南極大陸の棚氷が溶け始めた。
     ・・・8月5日、北極圏のグリーンランドでマンハッタン島の4倍の巨大な氷の島が分離し、海上を漂流し始め た。
    2)その光景を見た気象学者のジャック・ホールは、温暖化による海流の急変が将来的に氷河期を引き起こす可 能性を考え、危機を訴えた。
     ・・・イタリアの理論物理学者ジャンルイージ・ザンガリ博士が、メキシコ湾の海流速度の変化を指摘。分散 剤Corexitが、メキシコ湾の海水の粘性、温度、塩分度を変化させたことで、地球全体の海流に影響を 及ぼし、極端な気候変化の危険性を訴える。
    3)スーパーフリーズ現象によって、英軍のへリが墜落。いきなり氷河期が到来
     ・・・ロシアで記録的猛暑から一転、急激な気温の低下、初雪も観測。
     映画はまだまだ続きます。

    ◆メキシコ湾BP関連情報がでてきました。
    やはりメジャーニュースの内容と実体は異なっているのだろうと思います。

    [BP原油:一般的な記事では]
    2010年8月20日 金曜日 配信

    解説

    ★やっと朝日等の一般紙にも海水中で大きな原油の塊が漂流している事を報道していますが、
    これまた、調査不足の点があります。 代表的な例として(1)のような報道が有ります。

    ★この原油の塊の大きさを、長さが22マイル(35km) 幅1マイル(1.6km)と
    大きさを限定しています。 これは間違った表現です。 調査船の行動範囲が
    22マイルx1マイルの範囲の蛇行であって、行動範囲が50マイルx3マイルであれば、更に大きな塊であると発表されていたかもしれないからです。 実は、ハリケーンの”ALEX”の接近で調査船は、調査を打ち切らざるを得なかったのです。

    ★この原油の塊の中の油滴は微小な油滴で、肉眼で見分ける事が不可能な程の大きさだそうです。 臭いもしないそうです。 もし人間が この塊の中で泳いだとしても多分 油滴の存在に気が付かないのではと言われています。

    ★しかしNOAA(国立海洋大気庁)の主任研究員のSteve Murawski氏によれば
    「低濃度でも遺伝子変異を引き起こすので、この深度に暮らす魚にとっては重大な問題である」としています。


    ★(2)は(3)の記事に掲載されていた深度による海中の様子の変化です。
    無人潜水艇を海底のBP原油噴出場所へ沈めていく途中の様子を撮影したものです。
    1200mから1300mは確かに色が異なっています。 調査船の報告では1065mから1300mの深度で漂流しているとの分析した。

    http://blogs.yahoo.co.jp/goldrush21japanbranch/32834565.html

    いろいろ考えてみるに・・・
    ◆メキシコ湾BP原油流出に関しては、ハリケーンが勃発しだすと、また急激に大変な事が起きてくるのだと思います。
    原油も分散剤もですが、やはりメタンガス爆発が気になります。
    メキシコ湾の海底の海水は原油とメタンでシャッフルされ、低温度でも引火・爆発の危険度は高いと思われます。爆発により地殻が壊れ、大量のメタンハイドレートが噴出すれば、正しく世の終わりの大爆発と気候変動を誘発するのでしょう・・・それが無いにしても・・・時間をかけながら着実に大西洋の生態系を破壊していくことは間違いないのでしょう。。。

    ◆また、4月~6月の日本のGDPが異常に下りましたよね。。。7月~9月は熱波で夏商品が動いてるから多少改善するでしょうが・・・やはりメキシコ湾や世界中での急激な自然災害の勃発が人々の将来不安をあおり、消費意識を低下させているのでしょう。
    表層意識もだが、潜在意識としての人間(種)の集団無意識がこれからの危機(恐怖)を察知し、全体行動として現れてきているのでしょう。。。

    ◆世界経済(日本も)の衰退と秋からの食料不足(価格高騰)と、この冬の異常低温など、秋以降に起きる新たな天変地変により、この世はこれからいよいよ本格的に乱れてくると感じます。。。
    なんか考えれば考えるほど・・・八方塞がりですね。。。

    ◆もしかすると革命的な何かが起きてくるのかも知れません!!
    それは、気候変動(氷河期)・ポールシフトなどの大転変地変かもしれませんし
    世界の国々のイニシアティブをとりだす、何か(何者)かもしれません。

    夏バテしてるどころではないですね^^;

    言葉は 難しい

    そのラジオ放送が「韓国側のラジオ放送」であっても、「北朝鮮の国民に重大な情報を教えるという意味では、北朝鮮の放送、韓国側の放送には関係なく、「金正日が危ないかもも? という放送」は、北朝鮮国民にもそろそろ?と感じさせるはずです。 今ではニュースに出ないですが、去年のニュース?だったか・・・・、北朝鮮の国内情勢が余りにも悪いので軍部の中にも=戦争を望んでいるとの声があるとのニュースがあったのです。 更には金正日には早く死んで欲しいという声もある・・とのニュースにもなっていたのです。

    まあ、だとして、どちら側のラジオ放送だから~~~というのではなくて、「ラジという電波に乗って、金正日がそろそろかも?という意味を含んだ放送を北朝鮮国民が聞いたのは事実です」。 だからあれでも、急に、明日にでも「大サービスの特報としての、・・・・・・ついに、ついに、逝きました・・・・・」とのニュースが出ても、やはりな~~~。で収まると思うのです。 もしも前置きのニュースがなくて急に、・・・・・・・ お知らせします。 次からは第何号の影武者を使います・・の放送になると、北朝鮮国民ならずに世界も驚いてしまいます。 だから含みを持たせて、あれでも次からは第何号の影武者を使う事をお知らせします」。で、すべては「一件落着になる」と思うという意味の投稿が、前回の投稿なのです。

    水すまし・・の頭と理解力は本当に悪いので、「ご勘弁をおねがいします」。

    クロッキー画

     素晴らしい完成作品を世に出す前に、多くの画家はラフなクロッキ-(速写画)を何枚も画いて、練習を重ねていると思います。このスレに、ラフなクロッキー画もOKとする寛容さが加われば、皆さんの素晴らしいアイデアがさらに昇華するのでは、と思います。

    映画の題 = ロシアに明日はない

     
    「急激に気温が下がるロシア」・・・・の投稿内容を見て驚いたのですが、「もう初雪が降ったとのこと」。 しかしある面では「なるほどな・・」と納得をしている部分もあります。 下の科学ニュースを読んでからは、「ロシアの冬は異常になる」と感じていたからです。 その科学ニュースが出る前から「ロシアでの大火災・・、大火災のニュース」が続いていたのでロシアの気温が気になり、毎日チェックをしていたのです。

    確かにその大火災が発生している期間のロシア全土の気温は異常を示していました。 シベリアに当たる地域でも30度近くになり、モスクワは連日 35度以上。 更にの日には39度近くの気温の日が多かったです。 しかし18日ごろより気温の低下が現れはじめて、あれ? あれ?という間に日中でも気温は下がり、20度以下の日もありました。 モスクワの近くの国などの気温も当然に?一緒に下がってはいましたが。

    モスクワの近くの国といえば、ベラルーシや 三国の=エストニア、ラトビア、リトアニアなどの国です。 それらの国もモスクワと一緒に日中の気温も下がってはいましたが。

    ■ 炎が生む“積乱雲”の恐怖
       August 17, 2010

     激しい炎はときに強力な積乱雲を発生させ、気候に大きな影響を与える
    可能性があることが明らかとなった。
    http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20100817002&expand#title

    2010/08/19(木) 16:22:57 | URL | カエルの子 #LPJRZ.t. [編集]

    -----------------------------
     ちなみに、少し前のモスクワの気温を振り返ってみたいと思います。

    2010年8月19日 18時00分 GMT
    ●モスクワ   ▲   22度   最低気温   16度  --天気  雨
    ノビォシビールスク   26度   最低気温   16度
    イルクーツク      21度   最低気温   8度
    ヤクーツク       20度   最低気温   9度

    2010年8月20日 18時00分 予想
    ●モスクワ      ▼16度   最低気温   ▼9度  --晴れ
    ノビォシビールスク   26度   最低気温   16度
    イルクーツク      21度   最低気温    8度
    ヤクーツク       20度   最低気温    9度

    ----※今日=21日の気温はこの様な感じで推移する予想です。
    2010年8月21日 18時00分
    ●モスクワ       ▼18度   最低気温   13度  曇り
    ノビォシビールスク    30度   最低気温   19度
    イルクーツク       22度   最低気温    9度
    ヤクーツク        22度   最低気温    9度

    2010年8月21日 GMT再生
    ●モスクワ     ▼16度    最低気温   ▼7度  --晴れ
    ノビォシビールスク  29度    最低気温   15度
    イルクーツク      22度   最低気温   8度
    ヤクーツク       23度   最低気温   8度

    ---※明日は少し気温が上がる予想になっています。
    2010年8月22日 GMT
    ●モスクワ       20度   最低気温  19度
    ノビォシビールスク   31度   最低気温  20度
    イルクーツク      25度   最低気温   9度
    ヤクーツク       19度   最低気温  10度

    ---※ 気温は、「 msn の世界の天気 」のユーラシア地域での気温で調べました。 モスクワの気温は18日から下がり始めました。 モスクワ近郊が異常に下がっているのです。 20日のモスクワの気温などはもう・・冬直前の気温です。 日中で16度、夜には9度に下がるのですから。 今日のモスクワ気温の予想でも、日中は16度 夜には7度まで下がる予想になっています。 その気温だったら「雪がふってもおかしくはない気温と思います」。

    ※このモスクワの気温の低下が、一時的なものなのか?が気になります。 22日 明日 の予想を見ると少しは気温が上がる予想になっています、 日中で20度までに。---しかし、モスクワ以外の地域の気温と比較をしても、モスクワの気温の低さの異常は一目瞭然です。

    科学ニュースにも書かれていた様にもしも、この大火災によって発生した微粒子がロシアの空に溜まり続けて気温を下げる結果を誘発する様にでもなれば、モスクワ近郊だけは=映画の様子になるのかもと・・・・。 題は=デイ・アフター・トゥモロー 氷に覆われるモスクワ ・・・・人々は凍りに包まれたクレムリンを見た 驚いた 腰を抜かした ロシアは氷の中に沈んだ・・・・。 その様な映画の中に、その様な言葉が生まれるの状況に近い状態がロシアに来るのかも~~~  おお! 怖い 怖い。 しかしロシアの気象は完全に狂い始める予感はする。

    来る~~~ といって 来ないから悩む

     
    「東海アマ のブログ」も非常に良い情報源なので毎日チェックをしています。 しかし、地震に関した情報には関心がありません。 それはなぜか? 「 来る。 来る。 来る~~~ といっても 来ないからでず。」 しかし本当に怖いのは、その油断かもしれません。 来ると言っても来ないので、もう信用はしない・・とする油断こそが本当に危険なのかも?とも思っていますが。

    さて、覗くと、次のような部分に目が行きました。 普段であれば、スルーをする内容です。 しかし今回は、待てよ~~~?? そう言えばかなり圧迫感のある頭痛を感じていた事を思いだしたのです。 頭痛の原因を素人が考えても正確な診断(原因)を出すことは出来ませんが、個人的な身勝手で頭痛の原因を数種類・・あげてみななさい・・と言われれば、①太陽エネルギーが異常に地球に到達したのでそれが頭痛として現れた。 ②今は熱中症の危険がある夏だから、熱中症の予備軍としての頭痛かも?・・・・とする原因をあげると思います。

    しかし、地震ブログなどでは、「 頭痛も地震予知の道具?としての性質があると言われている」ことを思いだしたのです。 その思い出した言葉でもって、下の内容を見る時。 あれれれれ? 巨大な地震? 本当に?? という気持ちと同時に、それ程の巨大地震であれば、「 あの感じていた心地よい頭痛は、その地震の前兆? としての思いが湧きあがっのですです。」
               ↓

    「 今朝、非常体感! 48時間以内に日本近傍、おそらく南海トラフ~マリアナで大型超大型の予想 行徳三宅島2000超  約8時間前 webから  」

    ※それでもって、もう~~~ 長く覗いていなかった下のHP。 微弱電気? 電波? を記録したグラフです。 まだそのグラフの見方はよく分かりません。 正直言って。 グラフのレベルが乱れていると、本当に来るのかな?という位の知識しかまだないのです。 2008年の中国の四川大地震の時には、確かにそのグラフの線は・・乱れて、乱れて、なんだ~~~? これは・・。という乱れでした。 その事からして、頭痛の事もあるし、そのグラフの乱れもあるし、・・・・あれでも「東海アマ」が言っているように地震に対して警戒が必要なのかも知れません。

    行徳方式FM電波観測 リアルタイムグラフ by SC
    http://earthq.system-canvas.com/browse2.wpp?cmd=view&loc=B_UCB&dir=NORTH

    ※しかし今、この様に書き込んでいる最中に、ふと!思ったことがあります。 それはやはり、18日に太陽で発生した=巨大なフレア爆発(噴出)の影響が、その地震データや実際に 「地殻への影響を与えている?」のではとの感じも湧きました。 次の満月は25日の水曜日です。 もしも本当に巨大な地震が発生するのであれば、満月に近い時になると個人的には思っています。 新月も同じですが。 として考えると巨大地震がもしも発生する可能性があるとしたら、満月前にもその兆候が現れるかもとの想像も沸きます。 だとすれば、22日 日曜日、23日 月曜日あたりも地震の予兆を感じられるかも、カモカモ現象になるのかもです。

    あの・・、昨日の心地よい圧迫感のある頭痛は、本日・・消えています。 まるで何も無かったかのように消えています。

     今日も凄い暑いとニュースでは言っています。 ≪ 熱中症には注意です。≫  水分補給をお忘れなく! 

    フランスは 【予言】を信じ始めたのか・・・・

     
    【聖書】だけではない。 ノストラダムス予言にも、ヒトラーの予言などにもフランスだけの危機というのではなくて、ヨーロッパの危機もあり、人類全体の危機も予言している。 今までは個人主義を尊重しているフランスの「楽天的意識」も聖書を意識し始めて、危機を感じ始めたのだろうか?

    そうそう。 忘れていた。 あの凄い予言。 ババ・バンガの予言を忘れていた。 第三次大戦は今年の11月に始まるという予言があった。

    ババ・バンガの予言

    2010-3次世界大戦は2010年11月から始まります。核や化学兵器が使われます。 第三次大戦は2014年10月に終わります。

    2011-戦争の結果、放射性シャワーは、北半球ではほぼすべての生命を破壊します。 ヨーロッパでは、生き残っている人々へ、イスラム教徒が化学兵器を使用する。 より深刻な脅威に直面するだろう。

    2014-戦争中の化学物質と核兵器の別の結果として、世界の人口のほとんどが 皮膚がんや他の皮膚病を発病します。

    2016-ヨーロッパほぼ無人島です(無人地帯です)。
       ----------------

    仏政府、ロマ人の強制送還を開始
    2010年08月20日 13:46 発信地:パリ/フランス

     フランス政府は19日、不法移民取り締まりで拘束したロマ人をルーマニアとブルガリアに強制送還する措置を開始した。 エリック・ベッソン移民相は同日、86人がフランスを退去したと発表。 20日にはさらに139人がルーマニアに送還されるほか、月末までに約850人を送還する予定だと述べた。
    http://www.afpbb.com/article/politics/2749689/6092490

    内緒です 実を言うと選挙結果より ワニの方の結果が気になるのです

     
    豪総選挙、開票へ=激戦区の行方に注目
     【シドニー時事】 オーストラリアの下院(定数150、任期3年)選挙の投票が21日、行われた。 即日開票され、同日深夜にも大勢が判明する見通し。
    http://www.jiji.com/jc/zc?k=201008/2010082100168&rel=j9

     「ギラード首相が勝利」 W杯的中のワニが“予言”   2010.8.20
    オーストラリア総選挙では与党労働党が勝利し、党首のギラード首相が再選されるという予言をしたワニの「ダーティハリー君」。 ギラード首相の画にぶら下がっていた鶏肉に食いついた=19日、
    http://sankei.jp.msn.com/world/asia/100820/asi1008201921002-n1.htm

    ※結果は今日わかりそうですが・・・・。 ワニ君 果たしてご馳走をもらえるのでしようか? それが気になります。 選挙結果よりもワニ君の「予言力の結果」が気になります。

    洪水で一日に10数本の橋が落下 通過中の列車、流される=中国四川省(写真)
    http://www.epochtimes.jp/jp/2010/08/html/d29307.html

    もう、ただ凄い!という以外にはないです。 橋の破壊だけでなく住宅も、大地そのものも形を変えるくらいに破壊をされているのだから、復興には相当な長さが必要になるのではと、ただただため息が出ます。

    CAに地震近いかも

    http://news.yahoo.com/s/afp/ussciencegeologyearthquakecalifornia

    ↑カリフォルニアに近いうちに地震があるとの報告。要注意です

    木星表面で閃光



    今朝21日午前3時22分頃、木星表面で閃光が観測されました


    USA
    米国でサルモネラ菌感染疑いの卵回収、5億個を突破  --2010.08.21 - CNN

    (CNN) サルモネラ菌汚染の疑いがあるとして全米で回収された卵の数が5億個を突破した。

    「予防策を講じれば、卵からのサルモネラ菌感染は約6割減らせる」と同局は指摘する。 --- 卵に十分火を通せば中のサルモネラ菌は死ぬが、食材を用意した人が台所用具を適切に洗っていない場合、それらに付着した菌が生卵に接触し、二次汚染の引き起こす恐れがある。

    サルモネラ菌は一般に、汚染された家禽、鶏肉、卵、水から感染し、人間の腸管に影響を及ぼす。 感染すると通常12時間~72時間以内に下痢、発熱、腹部のけいれんなどの症状が現れる。 これらの症状は4日~7日間続くが、健康な人なら特に治療を受けなくても自然に治る。 しかし、免疫力の弱い高齢者や幼児などは、より深刻な病気にかかる恐れもあるという。

    エバリー氏は、卵白や乾燥卵黄などの卵製品は低温殺菌や熱処理が行われるので食べても安全だと考えられており、鶏卵安全センターも殻付き卵以外の製品がバクテリアに汚染されているとは考えていないと付け加えた。
    http://www.cnn.co.jp/usa/AIC201008210005.html

    アフリカの荒廃

     
    南アフリカ 女性露天商が増加 一時的なW杯景気冷めて
    8月21日14時48分配信 毎日新聞

    サッカー・ワールドカップ(W杯)の「にわか景気」が冷めた南アフリカで、夜通し食料などを売る露店が増えている。 露天商は大半が女性だ。W杯後も約25%という高い失業率は改善されておらず、物価も上昇している。 「祭りの後」で市民が懸命に日銭を稼ぐ姿が街頭に目立つ。 

    「W杯は国民に希望を与えたけれど、私らの生活は何ら変わらない。公務員のストライキも続いているし、みな厳しい状況なのよ」  W杯は南アに約13万人分の雇用を創出したが、効果は一時的と言われる。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100821-00000015-maip-int
    -----------------

    アフリカの生活が厳しいことを伝えるニュースを見るたびに、なぜか「ヒトラーの予言」を無意識に思い出してしまう。 その予言にアフリカという言葉が入っているから思い出してしまう。

    【ヒトラー予言】より

     世界は続けざまの天変地異と戦乱の中にあるだろう。 そのため一部の恵まれた国を除き、多くの国が飢える。 いくつかの国は崩れて燃える。毒気で息絶える街もある。

    2000年以後は、それが一層ひどくなる。 2014年にはヨーロッパの3分の1とアメリカの3分の1が荒廃してしまう。 アフリカと 中東も完全に荒廃する。 結局、いまの文明は砂漠しか残さない。
    -------------------------
     この『 ヤスの備忘録 歴史と予言のあいだ 』 の過去ブログの中に、≪人々の集合意識≫について書かれていたものがあります。 今は内容を忘れれていますが、世界は何かしらその≪集合意識≫によって動く? 思い描いている事へ向かう?などとした内容だったかも知れませんが。

    その、、世界の人々の集合意識の中には、アフリカの荒廃はすでに決まっている。 アフリカは見捨てられて行く大陸になる・・との思いが在るのでは思うのです。 自然災害の多さと極度の水不足、そして干ばつ。 そして民族対立。 民族対立も好戦的で血なまぐさい。 北半球での自然災害の多さと同じようにアフリカでも自然災害が多くなっている。 その内に北半球の国々は自分の国の復興でアフリカまでは助ける余力は無くなってくるはず。 その様になればアフリカの好戦的な性質は、民族対立を加速させて行くはず。 その様になった時には、もう・・余力の無くなった北半球の国々は完全にアフリカに介入できなくなるはず。 そしてアフリカは自ら戦いを始めて、自滅への流れを作ってしまうのではと思ってしまう。--- 世界の集合意識もアフリカをその様に見ているのではないのかと。

    そしてアフリカに対してのその集合意識は、現実にアフリカの荒廃を無意識に誘って行くのではないのかと。 そして世界はアフリカの荒廃を目にする様になるのではないのかと。

    ●リークされたシオニスト計画はアメリカに関してのことか?
    【5月26日 ヘンリー・メイコウPh.D. 】
     http://www.henrymakow.com/

     シオニスト反乱手引書は1989年ロシアで物議をかもした。 それはシオニズムというものが単にユダヤ人の祖国建設に関するというよりか、世界制服を目指したイデオロギーであるということを示していたからだ。

     「ソ連邦におけるユダヤ人の教義問答」と呼ばれるこの冊子は、エストニアの作家であるジリ・リナ氏が言うには、1958年にテルアビブで練り上げられたロシア支配のための秘密の指図書である。

     この計画は1989年、S・スペンサーを含む、こういった陰謀に反対のシオニストでないユダヤ人によってある新聞にリークされた。 この計画に信憑性があるのか、あるいは反ユダヤ主義のいかさまなのかは、読者に判断を委ねたい。 この計画の一部はヨーロッパとアメリカで起きた事柄に関するもののように見える。
    http://rockway.blog.shinobi.jp/Entry/128/

    イラン攻撃についての 過去の記事

     
    サウジアラビア:イスラエルのイラン攻撃を黙認か
    ◆7月7日 ---
    ※このブログ記事は 2009年 7月7日に掲載されたものらしいです。

     イスラエルがもしイランを攻撃するとしたら、イスラエルからどのルートを通ってイラン攻撃をするのか、という点が常に問題となる。

     グルジアの南オセチアの空港を使わせてもらう計画も、グルジア・ロシア紛争で南オセチアがロシア側になってしまっため頓挫、イラクはイランと近いシーア派のマリキ首相の政権であり、領空を使わせてもらえない。トルコはエルドガン首相がイスラエルのガザ侵攻を激しく非難したばかりだ。そうなると残りはサウジくらいになる。サウジはスンニー派であり、イランのシーア派政権が核を保有し中東で強大な勢力となることを恐れている。そこでアラブ諸国の不倶戴天の敵であるイスラエルだが、そのイスラエルがイランを叩くのならば、一時的にでも領空を使用させてもいい、となっても不思議ではない。
     
     こうして具体的なイラン攻撃のルートが確保された、となると、その攻撃の時期も間近に迫ってきているのか、と考えざるを得ない。 時を同じくして、イスラエルの潜水艦がスエズ運河を通過した、という。行き先は分からないが、おそらくイラン方面であろうと推測される。

     バイデン米副大統領は、イスラエルがイランを攻撃することを、アメリカは阻止はできない、という発言をした。 つまり、イスラエルにイラン攻撃の「グリーンライト(了解)」に近いサインを出したことになる。反対に統合参謀本部議長はイランを攻撃することは、・・・・
    http://rockway.blog.shinobi.jp/Entry/164/

     この様に過去の記事を読むと、イラン攻撃については長い、長いこと「攻撃が近い!」そうな事が書かれるけれども、実際の攻撃には進まないでいると感じます。 それからすると、「攻撃する。。する。。と言っても、まだ余裕期間がある様にも感じたのですが・・」。

    イラン、イランと言っても核はそこにある

     
    中東核紛争は数千万人の犠牲者を生む
    ◆7月25日 ---※この記事も 2009年の7月に掲載されたものらしいです。

     イスラエルがイランの核と軍の施設を攻撃するのでは、ということで騒がしくなっている中、戦略国際問題研究所(CSIS)の2人の研究者が、両者の間の核戦争を想定した研究の結果を概略説明している。

     本当に核が使用されれば、前のブログに書いたように、事はイスラエルとイランだけの問題だけで終わらなくなる可能性が高いことから、決してそれを許してはならないのだが、ここではとりあえず彼らの想定した内容の記事があるので紹介する。

     イランが使用する原爆が100㌔㌧と想定されている。広島型原爆が1.5万トンと・・・・・の住民はほとんどが核シェルターに入っている、というのが前提なのだろう。 広島の場合には、即死7万人と言われている。

     最後にウィトニー・ラース氏らが、イスラエルのイラン核施設攻撃は、「少なくとも、イランの核兵器開発を遅らせるという利点はある」と言っているが、問題は、イスラエルの奇襲攻撃が成功すれば、という前提が抜けていることだ。

    成功しなかった場合をどう想定しているのか、と言う問題を一向に論じないのはどうなのか。 オバマ大統領がイスラエルのイラン攻撃に対して、明確に「ノーだ」と発言したばかりである 。ロシアはイランのナタンツの原子炉が攻撃されたら、そこで働いているロシア人が攻撃されることを意味するし、原子炉もロシアが供給したものだから、ロシアに対する攻撃と受け止める、と発言している。 これは米露両国がそろって、イスラエルのイラン攻撃はまかりならん、と言っていることになるのだ。・・・・・
    http://rockway.blog.shinobi.jp/Entry/182/

    この閃光がトリガーでは?

     木星表面の閃光↓で見れます。

    http://chiron.mtk.nao.ac.jp/watanabe/optical-flash-on-jupiter

    なおさんが、「21日に起こる出来事は、将来の大きな流れにつながっていくトリガーになる可能性を秘めているように感じます。と言っていましたが、個人的にはこの閃光のことではないかな、という気がしました。
     木星(ジュピタ-)は、天空神ゼウスを表します。彼は、雲、雨、雪、雷などの気象を支配していた一方で、弱者の守護神、正義と慈悲の神、悪者を罰する神でもあったわけです。
     木星表面で観測された閃光は、隕石の衝突かもしれませんし、宇宙船かもしれませんが、私には、「わしの出番じゃ。」といってゼウスがウインクしているようにも感じました。

    それは イランの原子炉稼動のことなのでは・・

     
    ブシェール原発に核燃料搬入=イラン初、地域大国へ国威発揚

     【カイロ時事】 イラン初の原子力発電所となるブシェール原発(1000メガワット)で21日、原子炉への核燃料装着作業が始まった。 送電開始は2~3カ月後。 ---  9月22日までに燃料装着作業を完了する予定。 (2010/08/21-15:35)
    http://www.jiji.com/jc/zc?k=201008/2010082100192&rel=j9

     「21日に起こる出来事は、将来の大きな流れにつながっていくトリガーになる可能性を・・・・ とは、このイランの原子力発電所が稼動を開始したことを指すのでは?との思いが・・・・・・・。

    このイランの原子力発電が稼動し始めた事は、核兵器の燃料が将来できる事になる。 よってイスラエルにとってはもう・・いつかは絶対に攻撃をしなければ・・・・。 とする、「確定的な決意をイスラエルに持たせる日になった。」 のではないのかと・・。 気になるのは9月22日までに核燃料を原子炉に追加をするという事が気になりますが。

    イスラエルに関しての 最新の動向・・・・

     
     アメリカで 反イスラエル感情が高まっている  ---◆8月21日
    反イスラエルのデモ

     イスラエルが世界から嫌われている傾向が強まっている。世論調査にそれが表されている。これは当然の結果である。

     ナチス政権下でホロコーストの犠牲者という同情の対象と認識されていたのは既に過去のことだ。彼らはそのホロコーストさえ利用して自らの利益追求を進めきた。 そして特にアメリカからの支援を中心に戦争を通じて領土を拡大し、現在も西岸に入植地を拡大し続けている。

     パレスチナ人との和平を追求するというより、すきあらば更に領土の拡大を進めようという姿勢を持っている。 力にまかせて西岸での入植を進めているのもその目的達成のためである。そのようなイスラエルの野望を人々は認識し始めている。

     ・・・・ 他の民族蔑視の姿勢が我々日本人には想像もできないほど強く深いのであり、それが戦闘にも日々の警戒行動にも表されるのである。

     それに気付きだした世界の人々がイスラエルに対して疑惑の目を向け始めることは時間の問題であった。 そのようなイスラエルの姿勢を人間であれば、誰一人として歓迎するものはいない。今のイスラエルに真の友は存在しないのだ。
    http://rockway.blog.shinobi.jp/Entry/289/
    -------------------------
     ある面、イスラエルにべったりだったアメリカ。 政治の中にも「イスラエルのロビースト」が多くいると言われてたはず。 アメリカ国内の多くの企業もユダヤ資本に大きく関わっているはず。 それなのにアメリカで「反イスラエル運動が高まれば・・・・」。 アメリカは表立ってイスラエルを支援できなくなるのでは? その事はイスラエルはイランを攻撃できる可能性が無くなりつつあるのかも。

    この、「アメリカでの反イスラエル運動の動向」も将来の運命に大きく関わって行くのではと・・・・・。

    ロシア、中国の大災害は 神の計画なのか?

     
    中朝国境の鴨緑江氾濫、5万人避難・農地冠水

    中国・遼寧省丹東、大雨でほぼ水没した鴨緑江の威化島。

    対岸は北朝鮮=比嘉清太撮影  中朝国境地帯で19日から21日にかけて大雨が降り、21日、国境を流れる鴨緑江が氾濫(はんらん)した。

     新華社電によると、遼寧省丹東では市民約5万人が避難し、対岸の北朝鮮・新義州一帯でも農地が冠水。 北朝鮮での食料不足に拍車がかかる恐れや、北朝鮮が進めている国境地帯での投資計画に影響が及ぶ可能性がある。
    http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20100821-OYT1T00712.htm
    -----------------------------

     ロシアの大災害に続いて、中国への大災害が続いている。 「聖書」などによる予言からではロシアは中東を支配。 そして一時期、世界を支配を力を与えられると予言されています。 しかし今の大災害続きでロシアの国力は落ちます。 また現在の軍事力だけでは世界征服は無理と思うのです。 そこで、【聖母マリアの予言】などを見るとロシアは中国やポーランド、復活をするネオナチと共に世界征服に向かうと予言されているのです。

    つまり、ロシアの軍事力だけでは世界征服は無理なのでいずれロシアは、中国との連帯を深めるはずと・・。 しかし現在の軍事兵器の破壊力は凄いです。 中国の兵器の数量が膨大なまま温存をされながらロシアと連携した場合、ロシアと中国の併せ持った兵器の破壊力では、地球そのものを破壊してしまうので、≪ 神は ロシアと中国に破壊を与えて その軍事力と国力を弱めさそうとする計画を 実行した ≫・・のだろうかとする位の想像を、この最近の両国への連続した災害発生には感じるのですが。

    本当に今のロシアと中国への大災害は、まるで ≪ 災害砲・・という神の兵器 ≫が打ち込まれた感じがする程の、あの大災害の連続には驚かされます。 まるで・・、≪ 神から罰を受けている ≫ように感じられる位の災害の多さです。 本当に・・まるで罰のように見えてしまいます。 まあ・・・・、神からの罰は別としても、両国にはまだまだ災害が続くような感じがするのですが・・。

    国内にも 心配事はあった

     
    <目黒のさんま祭り>開催危うし、記録的不漁で
    8月20日15時14分配信 毎日新聞

     岩手県の宮古市魚市場はこの時期、本州のトップを切ってサンマが水揚げされる。 ところが今年は記録的な不漁により、第1船の入港の見通しが立たない状態だ。

     県水産技術センターや宮古市水産課などによると、現在、漁場が形成されている北海道花咲港の東方沖合では水温が14~16度と高くなっている。 このため水揚げ量が1トン前後の船が多く、15日に解禁となった大型船も魚群を求めて3昼夜も走っている状態という。

    「台風で水揚げを心配したことはあったが、不漁で心配するのは初めてだ」と気をもむ。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100820-00000005-maiall-soci

    忘れてしまった 家畜たちの悲しみ・・

     
    口蹄疫犠牲の家畜を慰霊、宮崎で灯籠流し

    口蹄疫で失った家畜の鎮魂を祈り灯籠を流す宮崎県の畜産農家の人たち=林陽一撮影 宮崎県新富町と宮崎市を隔てる一ツ瀬川で21日夜、口蹄疫(こうていえき)で殺処分された家畜の霊を慰める灯籠(とうろう)流しが行われた。
    http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100821-OYT1T00911.htm

    しかしなぜ、こんなにも忘れるのが早くなったのだろうか。 そして、多くの家畜たちの悲しみが伝わってこないのは、なぜ?なのただろう・・・・

    追加--
    「畜魂、やすらかに」口蹄疫禍供養の碑

     口蹄疫(こうていえき)で牛や豚など約2万1000頭が殺処分された宮崎県新富町が、家畜を供養する「畜魂碑」を建てた。
    http://www.yomiuri.co.jp/feature/20100518-296281/news/20100811-OYT1T00705.htm

    「フリーエネルギー」

    ●たった2リットルの水でエンジンが動くんです。
    http://tenkataihei.xxxblog.jp/archives/51622850.html
    これからは、旧時代が崩壊していき、一時的に世界的なパニックが起こるかもしれませんが、その先には明るい未来があることを、是非知って下さいね。

    ●水から フリーエネルギー 安全な薬 目覚めましょう!
    http://plaza.rakuten.co.jp/kagoshimalife/diary/201008200000/

    ●技術者がフリーエネルギーマシーン、ルーテック1000を公にした
    http://blog.chemblog.oops.jp/?eid=993448

    「ジェームス・リー」日刊ゲンダイ

    http://smilejlife.blog28.fc2.com/blog-entry-48.html
    日刊ゲンダイのインタビュー

    10年後の2015年に、日本は再び甦るそうで、
    12年からその兆候が始まり、景気が戻ったと感じることができるようです。
    ここから大きな飛躍があり、日本のフィーバーが再び始まるそうです

    \(^O^)/ ワ~イ

    来年までは、ボトム状態が続くとのこと。。。

    今から3年以内に、日本にニューリーダーが現れ、
    このニューリーダが日本をグイグイ引っ張って、日本の景気を引き上げる。
    しかし、その役目は今の日本のリーダーではないようです。

    最後に李氏が言ったことば

    「地球・国・街・家・個人を巻き込んで起こる事象は避けることができません。
     でも、それを前もって知り、備えることで最悪の事態は避けられるのです。
     本当の風水というものを理解し、悪い状況を打破するすべを身につけてもらいたい」

    ↑ なるほど。 見つけてきた事に感謝です。

    ジェームス・リーの予言は 信じられる

    ※だけれども、次の部分が気になる。 →

    最後に李氏が言ったことば

    「地球・国・街・家・個人を巻き込んで起こる事象は避けることができません。
     でも、それを前もって知り、備えることで最悪の事態は避けられるのです。
    -------------------------
     その言い方の感じは、ババ・バンガにも言えるはず。 ジェームス・リーの予言には ①戦火を逃れることが大変な年となる。 --との予言もあるので、上の言い方はそれ以外の事に対してのコメントに感じたのだけれども。 つまり、ババ・バンガも第三次大戦についてはハッキリとして「第三次大戦」という言葉を使っている。 それなのに、「どうしても避けられないものに対しては、言えない・・」と言葉を誤魔化した部分があるそうです。

    つまり、「聖書」などに書かれている天変地異の到来は本当なのかという質問です。 別の言い方では、「マヤ・カレンダーが示している人類の滅亡はあるのか?」などの質問のはずです。 その答えが、上に書いたような答えなのです。 → 「どうしても避けられないものについては、答えられない。」 つまり言ってもパニックになるだけだと知っていたのかもです。

    その意味と同じ感じにジェームス・リーの説明は聞こえます=「地球・国・街・家・個人を巻き込んで起こる事象は避けることができません。・・・・つまり、すでに起きると決まっている事は止められない。・・と言っているのと同じです。 地球を巻き込む・・・・ほどの事象とは、天変地異の事のはずです。 国、街を巻き込んで起きるものの中には戦争があります。 しかし地球としているのでそれは天変地異の事のはずです。 ジェームス・リーもババ・バンガと同じに、天変地異は避けることが出来ないと同じ事を言っています。 とすると時期は不明としながらも天変地異は起きるという事になるはずです。 やれやれです。


    ●風水師「ジェームス・リーの予言2010」 

    この夏に何があるのか? 5  4月28日
    http://ytaka2011.blog105.fc2.com/blog-entry-172.html
    2010/05/01(土) 16:08:33 | URL | にゃんこ #- [編集] ・・・・の投稿部分を参照のこと

    メキシコ湾BP最新情報!!

    ◆メキシコ湾BP原油流出の情報はアメリカ政府とBPの共謀により隠匿・改ざんされています。
    Matt Simmons氏を殺して、情報を隠匿してしまうほど、【裏】が介入しています・・・・・ケネディの暗殺と同じ手口ですよね・・・

    しかし、徐々に真実は出てきます。
    【口封じ】しても、今回の場合は物理的現象が新たに次々と起こってくるから、封じ込めは不可能です。

    メキシコ湾の今後は危険です。
    人類史最大の危機災害になる可能性大と感じます。。。

    [BP原油 アレコレ]
    以下、いつも感謝している高年の独り言さん ブログより

    2010年8月21日 土曜日 公開

    まず、政府側、BP社は、異なる動機ではあるものの、事実を国民の目に晒したくないと言う結論で一致しており、科学者が集めた証拠の採取サンプルを没収したりしています。 特に 哺乳動物のイルカの死体等は 今後の 人間に与える健康被害裁判で有力な証拠となりうるので、目に触れぬように埋め立て処分をしたり、冷凍してメキシコへ運搬して処理をしています。証拠隠滅です。

    メキシコ湾の魚介類が食用に適するかどうかの分析も手抜きをしており、原油に含まれる重金属や砒素等が含まれているかどうかのテストさえ実施していません。

    又、水中を漂流している原油の塊についても、ハリケーン ALEXで調査が中断したのですが、それ以降 一切 調査船の派遣をしていないので、どのような状況か不明です。(調査をする気が無いのではなく、真実を隠匿したいからです)

    油井の圧力が、低いレベルで停止している事についても公表はしていませんが、この沈黙の意味するところは、重要です。 否定をしないのは肯定をしているのです。 メタンハイドレートの漏出も増加しており、地層の亀裂は間違いなく、ケーシングも破壊されているようです。 手抜き工事の具体的な状況も
    一般人にわかるような図解図も出てきています。

    この流出は、現在も 続いており 今後 何十年も続くと見られています。(石油業界の情報リークでは)

    但し 政府、BP社は それを認めないでしょうが。

    Matt Simmons氏が死去する前の最後の対談で「業界人が口を噤み、私だけが真実を伝えている この
    状況が情けない」と語っていたのが印象に残っています。

    ウィキリークス創始者を告発

    先日、ネットに流出した米軍のアフガン関連情報を暴露したジュリアン・アサンジュ氏がスウェーデン検察当局によって告発されたニュースが米国内メディアのトップで報道されています。
    このサイトに関しては、日本の「DAYS JAPAN」9月号でも大きく取り上げられましたが、ゲーツ国防長官が来年辞任するする大きなきっかけを与えたと思われます。ウィキリークスはゲーツの事を不法行為者であり、兵士の命を危険にさらしていると痛烈に批判しつつアフガンにおける軍事機密を全面暴露しました。
    この件で震撼した関係者がこの天才ハッカーを冤罪で闇に葬ろうとしているのかも知れません。

    イラン攻撃の意志は固まったはず

     
    ※このニュース記事はイランの原発が21日に稼動される前に書かれた内容のようです。 なぜなら、「イラン初の原発稼働が目前に迫った。」と書かれているからです。 しかし気になるのは、米ロの利害が一致をして「イラン原発の稼動になった。」という意味にとれます。

    米ロの「利害一致とは何なのか?」 国連という機関でもすでに「世界機関とするほどには世界の問題に介入をして解決して行く組織力は無いはず。」 その様な時に、アメリカがロシアに「イラン制裁に協力して欲しいと・・したところで、抜け道は多くあり、イラン制裁も【見せかけ】の約束と同じなのではと思ってしまいます。 つまり、ロシアもアメリカも「世界にタダ、両国の面子を見せただけ。」 世界にはいかにも米ロの利害一致でイスラエルのイラン攻撃を止めたとする流れをPRしているけれども、それは「見せかけ」だけのはず。

    アメリカの政治の中も「ひとつではないはず」。 ネオコンもいるし、イランを攻撃したいユダヤ資本から支援を受けている政治家もいるはず。 
    イスラム過激派などでもイラン攻撃した時にはイスラエルを攻撃するチヤンスだと待ち構えているかもしれない。 これからの時代という大きな流れの中には、「大国の思惑や、テロリストの思惑が渦巻いているはず。 そしてその思惑は実行されるはず。 それは組織力が強大である為に。 だから、ニュースに出て来る=一時的な・・破壊へ向かう時代の修復を期待できる様な記事を見ても、安心は出来ないはず。 我々一般人にはタダ、少しだけ何かを知らされるだけ。 そのちょっとした情報で世界の流れを見ようとしても無理なのかも知れない。」

    下のニュース記事に書かれているもの → 「大国による思惑の一致が原発計画のゴーサインにつながった。」 ・・・・その意味するものは何なのか? 米ロが一致をして、「イスラエル-イラン戦争の流れを完成させた」・・という事になるはず。 → 「イラン側が不満を強めている。 原発稼働で、イランとの亀裂の修復につなげる狙いは明らかで、米露の利害の一致が原発容認につながった。」・・・・それも一時的な気休めの流れでしかない。 ロシアはいずれイランをも裏切り、イランを占領して中東を制圧する流れになるはず。 【聖書】をウソと見た場合は、今の世界の姿そのものが「見せかけであり、ウソの世界になる=つまり善はなく、悪だけの世界になるはず。 しかし人類は悪もあるけれども善もあると考えているはず。 だから、今の世界にも【聖書の示す流れは活きているはず】。 つまり【聖書の今なお、活きた預言書である】と思います。 活きた預言書であれば、分かるはず。 ロシアは中東の国々を裏切り、中東を支配する。 その力を使いアジアをも 支配。 そして世界征服に向かう。 その様に書かれています。

    とすれば、米ロが幾ら世界に向けて、大国の面子や利害が一致した。・・・・よかった! よかった!というニュースを出しても世界の平和の為には役に立っていないはず。 世界は大国のウソ・ニュースを読まされて、見せかけの喜びに誘導されているだけと思う。 

    幾らニュースで、「米ロの利害は一致した。」と書かれていても、米ロはいずれ世界を裏切って戦争を始めるはず。 しかしその時まで我々は、大国の「見せかけのウソ・ニュースに振り回され続ける・・・・。」とは。 どうりで神経が磨り減るはずだ。 ストレスも溜まるし。


    イラン:初の原発稼働 米露利害一致し前進 懸念深めるイスラエル

     イラン南部のブシェール原発への核燃料搬入が始まり、イラン初の原発稼働が目前に迫った。 建設に協力するロシアの意向と、対露関係を重視した米国の姿勢転換があり、大国による思惑の一致が原発計画のゴーサインにつながった。

     同原発稼働に難色を示してきた米国だが、今年6月、対イラン制裁決議を急ぐため、ロシアに決議への協力を要請。 ロシアが協力に応じれば同原発支援を容認するとして取引した可能性がある。

     またロシアは米国の意向を受けてイランへの対空ミサイルシステム「S300」の納入も現在延期しており、イラン側が不満を強めている。 原発稼働で、イランとの亀裂の修復につなげる狙いは明らかで、米露の利害の一致が原発容認につながった。

     一方、ブシェール原発をめぐっては、イランの核開発計画に強く反発するイスラエルの動向も注目された。イスラエルはイラクのオシラク原子炉を稼働直前の81年6月に爆撃。ブシェール原発の稼働前にも施設攻撃があるのではとの観測も流れた。 核兵器関連の技術の蓄積が進むとの見方もあり、イスラエルが神経をとがらせる恐れもある。
    http://mainichi.jp/select/world/news/20100822ddm007030060000c.html
    --------------------------------
    別の ニュースなどでは、イラン原発が稼動を開始したのでイラン攻撃は難しくなったと書かれていますが。 それは常識的な見方をすればそうだけれども、「 戦争というものは、常識ではない。 異常だから悲惨な事を平気で行う。」 つまり、いずれイスラエルがイラン攻撃に更なる決意を固めた時には、原子炉に核燃料が入っていても攻撃には関係ないはず。 それは戦争だから。 現在の世界はかすかな常識でまだ完全には国際間のつながりは壊れていない。 しかしいずれは、ホピの予言するところの=創造主の教えを忘れて、貧欲な戦いを始めだすとされています。 いずれはその様な時代が来るはずです。 その時には、イランの原発が稼動していてもイスラエルには関係がないはずです。 戦争であり、イラン原発の破壊というよりも、イランの国を破壊したいのだからです。 だから、原発を攻撃するというよりは、イランの国そのものへの攻撃をいずれはするはずです。 それは理屈でなくて、お互いの国が戦争をしたいからです。

    イランの大統領は過去に、「イスラエルは世界から抹殺されるべきである!」と世界に向けて発言をしています。 イスラエルも当然に反対の事を考えているはずです。 イランは抹殺されるべきだと・・・・・・。

    錯覚をした喜び

     
    米露、新核軍縮条約に調印  -- 2010年04月08日 プラハ/チェコ

    【4月8日 AFP】 米国のバラク・オバマ大統領とロシアのドミトリー・メドベージェフ大統領は8日、チェコの首都プラハ(Prague)で、核兵器の削減などを定めた新核軍縮条約に調印した。

     米露両政府は数か月にわたる困難な交渉を乗り越えて調印にたどり着いた。 その過程ではさまざまな局面で主張が食い違い、特に米国のミサイル防衛計画にロシアが反発するなどし、交渉が行き詰る場面もあった。
    http://www.afpbb.com/article/politics/2716636/5585108


    ノーベル賞受賞式前夜出現の謎

    そもそも今回のオバマ氏の平和賞受賞に対しては違和感を持っている人が多いことは先のHPで紹介した通りであるが、それは、受賞の理由が核不拡散 と軍縮に対する意思表示をしたに過ぎないのに、なにゆえ突然ノーベル賞なのかという点である。

    あの程度の発言なら、これまでにも多くの科学者や政治家が何度も繰り返し述べている。 問題はそれをいかに実行に移すかである。 単なる 平和に向けての意気込みを語っただけで、即、受賞というのはなんとも納得感が乏しいというわけである。

    授賞式でオバマ大統領自身も自ら言及していたが、二つの戦争を遂行中で、アフガンへの増派を決断したばかりのアメリカ軍の最高司令官が今、平和賞を受賞するということには大きな違和感がある。
    http://www.y-asakawa.com/message2009-1/09-message72.htm

     中央ヨーロッパの国=チェコ  大きな国際的イベントの舞台に使われる国。 国際舞台に関わる歴史のある国。

    そのチェコで、米ロが「核軍縮を約束することに調印した。」・・そのニュースは世界に大きく配信された。

    しかしその後はどうなのだろう。 そのチェコでの米ロの協力姿勢で世界は少しだけ安全に向かうのではないのかと、期待感を持たされた。 絶対に世界も少しは安全になるかも知れないと期待したはず。 しかし現実は皮肉だ。 米ロのスパイ騒動も発生したし。 今回も米ロの利害は一致したとしてイラン原発を稼動させてしまった。 それは米ロにによって仕組まれた=イラン攻撃に向かうシナリオだったのではないのか?

    まあ、その様に大きなニュースにも、「中身には、ほんとうの実は無い・・。」と分かり始めたはず。

    上のブログの中の言葉を借りれば、→ 「 単なる 平和に向けての意気込みを語っただけで、即、・・・・ 大きなニュースになり、錯覚させられての希望を世界が持たされるのは、問題だ。」と言えるのではないのだろうかと。

    危うし 日本の海?

     
    松花江に流れ出た化学物質容器、当初報道の7倍と判明=吉林
    2010/07/29(木) 15:07

      大雨による洪水で、吉林省吉林市永吉県の化学工場、新亜強学工廠から28日に松花江に流れ出たトリメチルクロロシレンなどの大型容器は、当初報道の7倍の7000個程度だったことが分かった。 チャイナネットが報じた。

      4000個は空の容器で、残り3000個のうち2500個にはトリメチルクロロシレンが、500個にはヘキサメチルジシラザンが、いずれも170キログラム入っていた。 吉林省当局は、容器400個を回収したという。

     松花江は、アムール川(中国語名:黒龍江)に流れこんでいる。 アムール川は中ロ国境を流れたのちに、ハバロフスク市近くで流れを北東方向に変え、ロシア領内を流れて、間宮海峡北部で海に注いでいる。 中国から大量の汚染物質が流れだした場合、北海道周辺の海洋に汚染が及ぶ恐れもある。http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=0729&f=national_0729_108.shtml

     いよいよ日本の海も危ないのかも。 中国の大連でも数量を誤魔化された・・あの原油流出事故。 その原油事故の大きさからして日本近海の海への影響は絶対にこれから発生するはず。 安全だと思う方が異常かもしれない。

     「今が旬の=サンマの水揚げが異常なほどに悪い」とのニュースも出ていたし。 これは・・・・絶対に日本にも海からの危機が迫るのではないのだろうか?

    ジュリアン・アサンジュ氏告訴取り下げ

    米軍のアフガン関連情報を暴露したジュリアン・アサンジュ氏がスウェーデン検察当局によって告発されたニュースが米国内メディアのトップで報道されていました。
    ところが、スエーデンの検察が告訴を取り下げました。
    はたして、これから何が起るのでしょうか?

    AFP通信
    「ウィキリークス」創設者に逮捕状、直後に撤回 スウェーデン検察
    http://www.afpbb.com/category/disaster-accidents-crime

    東海? 日本海? そうかい?

     
    フランスとオーストラリアが「東海」と「日本海」の併記を提案-韓国
    2010/08/22(日) 12:57

      国際水路機構(IHO)の実務グループ会議が先月初め、シンガポールで開催され、その席上でフランスとオーストラリアが 「東海」と 「日本海」の併記案を提案したことが明らかとなった。 複数の韓国メディアが報じている。

      IHOは国際水路機関条約に基づき、海図等の改善により航海を容易かつ安全にすることを目的に設立された国際機関。現在、日本をはじめとして、韓国・北朝鮮を含む80の国と地域が加盟している。
    http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=0822&f=politics_0822_007.shtml

    健康は 大切

     
     2型糖尿病予防には緑色の葉もの野菜が有効、英研究 
    2010年08月22日 11:56 発信地:パリ/フランス

    ホウレンソウなどの緑色の葉もの野菜を多く摂取することで、2型糖尿病のリスクを減らすことができるとする論文が、20日の英医学誌 「ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル(British Medical Journal、BMJ)」に発表された。 対象患者数は計22万人を超えた。

     その結果、緑色の葉もの野菜の摂取量が増えると糖尿病のリスクが減少することが分かった。 一方で、果物とともに摂取すると効果があまりないことも分かった。

     2型糖尿病は糖尿病の最も一般的な型で、脂肪・糖類過多の食生活やデスクワークなどの普及とともに、先進国から新興国にかけて広がりを見せている。 

    世界保健機関(WHO)によると、全世界で患者は 2億2000万人以上に上り、毎年100万人以上が死亡している。

     予防には適切な栄養と運動が有効であることは知られているが、質の高い研究が少なかったため、予防に適した食材やそのメカニズムについてはいまだに論争が続いている。

     カーター氏の研究チームは抗酸化物質とマグネシウムが豊富であることから緑色葉野菜の有効性を指摘しているが、裏付けのための更なる研究が必要だとしている。(c)AFP
    http://www.afpbb.com/article/life-culture/health/2749731/6094501

    ワニの予言は 当たったのか?

     
    豪総選挙、大接戦で「宙ぶらりん議会」へ
    2010年08月22日 12:25 発信地:シドニー/オーストラリア

     オーストラリア・メルボルンで、支持者を前に演説する与党・
    労働党のジュリア・ギラード首相(2010年8月21日撮影)。

     21日に投開票が行われたオーストラリアの下院(定数150)選挙は、ジュリア・ギラード(Julia Gillard)首相率いる与党・労働党と野党・保守連合(自由党・国民党)の大接戦となり、過半数に達する政党がない、同国で70年ぶりの「中ぶらりん議会」となることが確実となった。
    http://www.afpbb.com/article/politics/2749925/6098702


     「ギラード首相が勝利」 W杯的中のワニが“予言”  2010.8.20
    オーストラリア総選挙では与党労働党が勝利し、党首のギラード首相が再選されるという予言をしたワニの「ダーティハリー君」。 ギラード首相の画にぶら下がっていた鶏肉に食いついた=19日、
    http://sankei.jp.msn.com/world/asia/100820/asi1008201921002-n1.htm
    ------------------------
     そうなのか~~~。 〝予言するワニ〟も夏バテになったのか? それとも〝予言疲れ〟を起こしたのだろうか? しかし予言は外れた。 では? ご馳走は 〝 お あ ず け 〟なのかな? しかし腹を空かせたワニも怖いはずだワニ・・・・・。 やはり、〝 予言はタコ 〟がよいのかも知れない。 だとするとこれからは、タコにも愛情をタコツボ(いっぱいに)~~~ 。

    宇宙とは 一体 何なのだ?

     
    「帯磁星」はなぜブラックホールにならなかったのか?研究論文
    2010年08月22日 13:35 発信地:パリ/フランス

     米航空宇宙局(NASA)のスピッツァー宇宙望遠鏡がとらえたクエーサー
    (2010年3月17日公開、本文とは関係ありません)。


    「帯磁星(magnetar)」と呼ばれる特殊な天体が、星の進化とブラックホールの誕生に関する理論に 一石を投じたとする論文が、18日の欧州天文専門誌「アストロノミー&アストロフィジックス(Astronomy and Astrophysics)」に発表された。

     この帯磁星は、地球から1万6000光年離れた、「さいだん座(Ara)」のウェスタールンド1星団(Westerlund 1)の中にある。 帯磁星とは、超新星爆発により生まれた特殊な中性子星で、地球の1000兆倍とも言われる非常に強い磁場を持つ。

     1961年にスウェーデン人の天文学者が発見し、恒星物理学の世界で格好の観測対象になっているウェスタールンド1は、天の川銀河のなかでも最大規模の星団だ。 数百個の超巨星で構成され、太陽の約100万倍明るい星や 直径が太陽の2000倍という星も存在している。

    ■連星に質量を奪われて「減量」

     だが、ここで疑問が生じる。現在の主流の学説では、質量が太陽の10~25倍の星は中性子星になり、それを超える星はブラックホールになると考えられている。この帯磁星の元になった星の質量が太陽の40倍もあったのならば、ブラックホールになっていなければならない。

     この2つの星が成長するにつれ、相互作用が始まった。伴星は親星の質量を吸収し始め、親星の質量は減っていった。親星はついに爆発、超新星になる。爆発により関係性が断ち切られた2つの星は星団からはじき出され、光り輝く残骸のみが残ってこれが帯磁星になった、という説をこの論文は示した。

     論文は、「この説が正しいとすれば、連星系は星の進化において重要な役割を担っている可能性がある」としている。(c)AFP
    http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/science-technology/2749821/6094555

    写真は小さい わかりにくいです

     
    木星での発光現象、撮影=小惑星など衝突か-熊本のアマ天文家

     木星に小惑星などの小天体が衝突した際に生じたとみられる発光現象を熊本市内のアマチュア天文家立川正之さん(52)が21日、観測し、撮影に成功した。木星への小天体衝突は1994年の「シューメーカー・レビー第9彗星(すいせい)」などの例があるが、衝突の瞬間が観測された例は極めて少ないという。
     立川さんによると、発光現象が起きたのは21日午前3時22分ごろ。木星の赤道よりやや北側で光の点が生じ、約1.7秒間で消滅した。
    http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2010082100340

    なに? これがドイツ式ユーモア? 考えたのはドイツだ!?

     
    8月22日
    ドイツで人々が次々と銃を口にくわえだすという奇妙な光景が・・・

     ドイツのフランクフルトで、老若男女問わず、人々が次から次へと銃を口にくわえだすという異常な光景が展開されていたそうなんだ。集団自殺?っと思いきやその真相は・・・
    http://karapaia.livedoor.biz/archives/51756877.html

    ドイツ式ユーモア? しかしいずれ深い意味が生まれて・・・・

     
    ↑ のドイツ式ユーモア? 確かに見た瞬間は、笑ってしまう。 本当に、「こんなことを考えたのはドイツだ?!」と 言いたくなる。 しばらくはその様子に笑いが止まらないと思う。 ---しかし、その内によくは、わからないけれども深い意味が生まれて来そうな漠然とした、不思議感・・を感じた。 過去のニュースではドイツ? フインランドでもだけれども、意外と銃社会? 銃を使った無差別殺人事件が発生していたはず。

    今は確かに「ドイツ式ユーモア・・」だと思うけれども、銃のある生活・・、銃のある社会へと慣れていく予兆になるのではと・・。 ヒトラーもそうだけれど、【聖母マリアの予言】でも、いずれは「 ネオナチが復活するとされていた。」

    この「ドイツ式ユーモア」の先には、そのネオナチの増加にまで結びついている流れになるのではと・・・・・。 それは妄想だろうか?

    インスピレーション



    直感的に頭に浮かんできたので投稿します。

    今日から一週間くらいの間で、日本の山間部で洪水が起きる!!

    この1ヶ月以内に東アジア(日本以外)で新たな大洪水が起きる!!


    当たらないことを祈ります。




    ドイツには ユーモアのセンスがある?

      
    ※記事が少し過去のものです。

    「予言ダコ」 パウル、スペイン代表入り? 背番号は 「8」
    2010年07月23日 17:01 発信地:オーバーハウゼン/ドイツ

    【7月23日 AFP】 2010年サッカーW杯南アフリカ大会(2010 World Cup)で占った8試合すべての勝敗を見事的中させた ドイツのタコ 「パウル(Paul)」に、パウルの予言どおり優勝したスペインの「タコ祭り」で有名な村から、パウルのネーム入りスペイン代表ユニフォームと、パウルをかたどった銅像が贈られた。

     独オーバーハウゼン(Oberhausen)の水族館「シーライフ(Sea Life)」に飼育されているパウルは、今年のW杯でドイツがスペインに敗戦した準決勝を含むドイツ代表の全試合7試合と、スペイン勝利を予言した決勝の全占いを的中させ、一躍国際的なスターとなった。 感謝のギフトは、「タコ祭り」で知られるスペイン、ガリシア(Galicia)地方オ・カルバジーニョ(O Carballino)村の特使が届けた。(c)AFP
    http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2742382/5997211

     ドイツには、もともとユーモアのセンスがあるのだろうか? タコに「ワールド・カップの占いをさせてみたり・・」。 

    タコは 何でも知っている?

     
    確かにタコの予言力は凄い。

    下手な国会議員よりも役にたつかも。 国会議員を少し減らして、国会に「 タコ議席 」を作ったらどうだろう?

    国会議員の下手な質問、答弁よりも優れた答えを出す可能性がある。
     

     その内に、ロシアのメドヴェージェフ大統領と プーチン首相は、このように言うに違いない。

    「 タコには気をつけろ! タコは何でも知っている。 ロシアのスパイも タコには敵(かな)わない。」

     だとすれば、下手な国会議員を削減して、「 タコ議員 」を誕生さするのがよいのかもと。

    世界の 食 は大丈夫なのか?

     
    世界から食べ物が減っていく感じを受けます。
    メキシコ湾の原油事故により魚もこれから減り始めるはず。 中国の大連の原油事故でも、これから魚が減るはず。 中国の北東部で発生した化学薬品の入った缶の流出事件。 その事件にゆっても魚は減るはず。 アメリカでは卵もサルモレラ菌? などに汚染されたとの事で回収になっているし。 世界的に余りにも多くの自然災害で農作物が洪水で流された。 それによってもいずれ世界に食べ物が不足している事に気が付き始めるはず。

    ほんとうに何か凄い危険がすぐにでも近づいて来る感じがするのですが・・・・・。

    USA
    熱帯フルーツで腸チフス感染者、サルモネラ菌汚染と関連  --2010.08.22 - CNN

     米国のカリフォルニア州とネバダ州で、熱帯地域原産の果物、マメイの冷凍果肉によって少なくとも9人が腸チフスに感染したことが判明したことから、米食品医薬品局(FDA)は20日、同製品を食べないようにとの警告を発した。

    米国で「ラ・ヌエストラ」および 「ゴヤ」のブランド名でマメイの冷凍果肉を販売する業者は、販売した同製品の自主回収を始めた。
    http://www.cnn.co.jp/usa/AIC201008220011.html

    中東情報

     
    2010年08月22日
    NO・1740「イラン攻撃に不安募らせる湾岸諸国」

     イランのブシェール原発に燃料棒が入ることになり「イランが核兵器を持つのではないか?}という不安が、イスラエルのなかでますます高まっている。そのことは、イスラエル軍内部の意見の対立、分裂状況からも推測できる。

     イスラエルはイランの核兵器開発を、武力をもってしても阻止すべきか、アメリカがそれに同調しなくてもやるべきか、イランは本当に核兵器を開発し、それをイスラエルに向けて使用するのか。イスラエルは政府も国民も、いまそのことで頭が一杯であろう。 -- つまり、イスラエルは国内では、イラン核開発への不安が高まり、頂点に達した場合、単独でもイラン攻撃を実施する、可能性があることを、否定できなくなっているといことだ。 その場合、結果的に、アメリカはイスラエルを放置できず、参戦せざるを得なくなる、と考えるほうが妥当であろう。

     そのイスラエルの不安から来る、イラン攻撃の可能性に対し、ある意味では、イスラエルよりも敏感に、かつ強い不安を抱いているのは、イランに隣接する湾岸諸国だ。 イスラエルがイランを攻撃し、それにアメリカが加担することになれば、ほとんどの湾岸諸国は、アメリカ軍の基地を抱えていることから、戦争に巻き込まれざるを得ないからだ。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    http://www.tkfd.or.jp/blog/sasaki/

    バイオ・ウェザー・サービス (※今の表示は 気圧の配置図 )
    http://www.bioweather.net/chart/pressure.htm

    ※上の画面の左にある枠の中のものを選ぶと、色々な表示が出ます。

    世界の天気 ( ヨーロッパを表示させています ) 天気や 気温も出ます
    http://www.bioweather.net/world/wmap0.htm

    ※モスクワの気温を数日先まで見ると、20度超える日もあるけれど、すぐに「秋」、そして「冬」が来そうな気温に感じますが。

    初の国産無人爆撃機を開発 イラン --2010.8.22

     AP通信などによると、イランが初めて開発した国産の小型無人爆撃機「カラル」の完成式が22日、首都テヘラン市内で行われ、アフマディネジャド大統領が出席した。  同機は全長約4メートル。長距離を高速で飛行できるという。 イランは、1980年代のイラン・イラク戦争当時から国産兵器開発を進めている。(共同)
    http://sankei.jp.msn.com/world/mideast/100822/mds1008221818003-n1.htm

    この無人爆撃機は、結局、巡航ミサイルということになるのでは? 全長4mでは爆撃機というよりは、巡航ミサイルに近いのでは? しかしイスラエルを刺激するニュースにはなるのかもと。

    イタリアもロマ送還 仏に続き --2010.8.22

     イタリアのマローニ内相は21日までに、国内に居住する少数民族ロマについて、十分な収入や定住先などの要件を満たしていなければ、欧州連合(EU)市民であっても出身国に送還する政策を進める考えを明らかにした。コリエレ・デラ・セラ紙が伝えた。

     ロマをめぐっては、既にフランスが19日、犯罪対策の一環として送還を開始しており、イタリアもこれに倣った形。人権団体などから、人種差別的政策との批判を呼びそうだ。 --  イタリアには同国の市民権を持つロマのほか、ルーマニア、ブルガリアなど他のEU諸国の市民権を持つロマが多数、居住している。(共同)
    http://sankei.jp.msn.com/world/europe/100822/erp1008220937004-n1.htm

    「政治はよく分からない・・」けれども、ヨーロッパには・・何かが起きる予感? --- ヨーロッパに広がったイスラム女性の服装(顔を隠す服装)=ブブカの排除をしている流れが、今度は少数移民の排除に向かおうとしている様に感じてしまう。 しかし納得できる心情でもあるかも。 やはり予言からの情報が関係するのだけれども、ヨーロッパで戦争になる時、多くの移民がそれぞれの国の国内から暴動を発生させて、国の崩壊へと導くと予言されている。 ヨーロッパでの移民の多くはイスラム教徒?

    まだ第三次大戦は始まらないので誰も事実はわからないはず。 しかしノストラダムス予言では反キリストが重要な役目をする。 イスラムを使い世界征服に向かうと予言されている。 事実、ヨーロッパやロシア、イラク、インド、インドネシアなどでの自爆テロなどの多くがイスラム過激派によるものが多いのは事実になっている。 ババ・バンガも第三次大戦後は、ヨーロッパはイスラム教徒に支配をされると予言されている。

    だとしたら、ヨーロッパが移民やイスラム過激派、イスラム教徒を恐れても不思議ではない感じがするのだが。

    過激派は 過激がないと 生きていけないのでは?

     
    過激派の外国人ら11人死亡 ソマリア、2カ所で爆発 --2010.8.22

     ソマリア暫定政府は21日、首都モガディシオの2カ所で爆発があり、外国人7人を含む少なくとも11人のイスラム過激派組織メンバーが死亡したと発表した。ロイター通信などが伝えた。

     情報省は、過激派組織が自動車爆弾などを準備中に爆発が起きたことを明らかにした。外国人はパキスタン人3人とインド人2人、アフガニスタン人とアルジェリア人としている。 --  イスラム過激派組織と暫定政府軍の戦闘が続くソマリアには、多数の外国人イスラム教徒が密入国し、戦闘に加わっているとされる。(共同)
    http://sankei.jp.msn.com/world/mideast/100822/mds1008221719002-n1.htm

    ※写真は中国側を写しているけれども、別のニュースでは北朝鮮側の堤防は、中国側の堤防よりも低いので被害が大きいと書かれていました。 とすると中国側の写真よりも北朝鮮側の水没状態は凄い可能性があるはずです。


    豪雨で鴨緑江が氾濫=住宅の水没など被害甚大―北朝鮮

    モバイル版URL : http://rchina.jp/article/44793.html

    2010年8月21日、北朝鮮の国営通信社・朝鮮中央通信は、平安北道新義州地区が豪雨により大被害を受けたと発表した。新華網が伝えた。

    報道によると、21日午前0時から午後9時にかけ、鴨緑江上流の水豊湖一帯を300mmもの豪雨が襲った。 その影響で鴨緑江の水は堤防を越え、周辺地域が洪水になったという。一部地域では住宅や施設が水没し、大きな被害がでている。なお人的被害について報道は触れていない。

    鴨緑江をはさんで新義州と向かい合う中国・遼寧省丹東市でも21日には洪水が発生、都市部が冠水するなどの被害が生じている。(翻訳・編集/KT)  2010-08-22 13:13:57 配信
    この記事のURL : http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=44793

    大いなる変化の兆し?

     
    ●風水師「ジェームス・リーの予言2010」 
     
    1.2010年の総合運

    ①戦火を逃れることが大変な年となる。
    ②世界各地で住宅・不動産に著しい変化が起こる。頂点から奈落の可能性。
     特に旧暦の3月、6月、9月がもっとも要注意。
    ③最も心配するのは北朝鮮が新たなる挑戦に直面すること。 2010年は60年前の1950年の時よりも、朝鮮戦争勃発の兆しがあり、経済 発展の余地を阻害するかなりの可能性がある。
    ④中国東北地方で国家的な災禍が深刻になる。国土、国境問題再燃。

    9.北朝鮮・・・「既済(きせい)」
    ①悪、亡くなった後に生き返る暗示。突如としてやってくる大きな爆発、あるいは驚天動地の大事件が起こり、人々の目がまた北朝鮮に向く。
    ②重大事件が起こった後、代表的な人物、あるいはその家族が一人孤独に「旅立ち」ます。

    新疆ウイグル自治区、チベット、香港、マカオなどにも、「知らない毒物がまん延」 「病気の拡大感染」 「害のある毒物が侵入」 「新しい細菌」などの表現があり、世界的な病気の感染拡大が危惧されます。 「この新しい細菌」と言われる有毒物質は、人種に関係なく猛威を奮い、特に、香港にこの有害細菌が出現したら「一回で絶滅させないと大変なことになる」。
    ------------------------------
     「細菌の感染が増えるとの予言」は確かに言えるはずです。 これだけ多くの国で異常な深さに水没する洪水が発生すれば、その衛生状態の悪化は誰でもが分かります。 災害地域では、細菌だらけになる危険が発生することも分かるはずです。 --とすると、中国と北朝鮮でもこれらの水害による衛生面の悪化で、細菌だらけも想像できるのかもです。

    だとして、北朝鮮にはこれから何かの「 大きな変化が起きる 」とする予感を感じるのですが。

    堪えられない

    ここの掲示板を楽しみにしてる者ですが、虫に巣喰われて見るに堪えません。
    表現の自由とか超えて妨害以外の何ものでもないでしょ。
    掲示板の本来の目的から大きく逸脱してると思います。
    お願いですから虫を駆除して下さい。

    ※↑ に投稿をしている中国の洪水と同じニュース。

    一夜の豪雨で20年に一度の大洪水=4万5000人が緊急避難―遼寧省

    モバイル版URL : http://rchina.jp/article/44788.html

    2010年8月21日、 21日午前6時、鴨緑江の荒溝測定所は水位のピークを観測した。警戒水位を2.82メートルも上回り、1957年の観測開始以来、史上4位の水準を記録している。また各支流でも警戒水位を大幅に上回る水位を観測、20年に一度の大洪水になったという。

    特に、中朝国境の丹東市は大型の洪水に見舞われたもよう。各地で道路、交通、通信、電気が寸断するなどの被害が報告されている。遼寧省は対策として4万5821人を事前に避難させた。(翻訳・編集/KT) 2010-08-22 15:43:38 配信
    この記事のURL : http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=44788

     しかしこれだけの水量が押し寄せている洪水。 中国と北朝鮮を結んでいる鉄道橋と道路もなかり古いはず。 鉄道橋のあるトラスト構造を見ると相当に古い橋のはず。 水位が深くなれば橋脚に掛かる水圧も増える。 ただとしたら、ある鉄道橋の橋脚も被害を受けているはず。 下手をすれば崩れる可能性だってあるはず。 中国の内陸部の洪水では、何十という橋が流されているのだから。

    もしも中国と北朝鮮を結ぶ橋が壊れれば、北朝鮮は孤立なのか? 中国側にもすぐに橋を建て換える余力は無いはず。

    カメムシは 害虫です 注意です

     
    意見はごもっとも。

    この異常な暑さで、害虫の活動活発化本性が現れて、害虫としての本性を活発化させているのです。

    申し訳ありません。 気温が下がって来ると、その異常さは和らぐと思います。 それまでは極力、ご迷惑にならない様に心がけるつもりです。 ・・・・ つもりです。 では。

    追加分---
    別の思考をすると、この様にも言えます。
    害虫に負けたくないのなら、気になっている事をドシドシ投稿すれば、よいと思います。 害虫を気にするから、ますます害虫が気になるのです。 害虫の投稿を気にするよりも、自分という主体が何を気にしているかの発見にもなるので、気になっている事を多く投稿するべきだと思います。 では。


    追加の追加分---
    ここにいつもお邪魔をしていますが、ここのブログは本当に有益な場所と思っています。 色々な情報が集まるし、見つけた情報もここから多くの人の目に発信をして行けます。 そして予言をも扱っているので、本当にこれからの人類に何が待っているのかを、考えたり、知ったり、探ったりする場所として本当に有難い場所になっています。

    その様に思っているので、ここのブログを邪魔したり妨害したりするという気持ちは全く無いです。 しかし、ここのブログの投稿欄が「タダの仲良しクラブなどとした無意味な場所に変わろうとした時には、断固反対をするつもりです。」

    害虫だって、益虫になろうと努力をしているのです。 その害虫に負けない為にも気になるニュースなどがあれば、情報交換という意味になるので、ドシドシ投稿をすればよいと思うのです。 では。

    いちいち内容をチェックして削除してたら管理人の負担が大きくなるだけだろ。

    くだらない文章は読み飛ばせばいいじゃない。

    ●風水師「ジェームス・リーの予言2010」 

    12.日本・・・「内門(ないもん)」
    ①体調を崩し、病気に感染する人が多くなり、感染地域も非常に拡大する。「内門」は 体内の分泌の不正常で、体の抵抗力が低くなる。
    ②日本人は自分の利益のために対立し合うようになり、もはや以前のように民族的な団結心はなくなってしまう。 日本人にとっては「人間関係
     の観察年」でもあり、日本の未来に影響を与える年。
    ③政界のこれまでの保守的なやり方を変えなければならなくなる。

      ---------------------

    いつしか・・・・忘れてしまった 家畜たちの悲しみ・・
     
    口蹄疫犠牲の家畜を慰霊、宮崎で灯籠流し 口蹄疫で失った家畜の鎮魂を祈り灯籠を流す宮崎県の畜産農家の人たち=林陽一撮影 宮崎県新富町と宮崎市を隔てる一ツ瀬川で21日夜、口蹄疫(こうていえき)で殺処分された家畜の霊を慰める灯籠(とうろう)流しが行われた。
    http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100821-OYT1T00911.htm

    「畜魂、やすらかに」口蹄疫禍供養の碑
    口蹄疫(こうていえき)で牛や豚など約2万1000頭が殺処分された宮崎県新富町が、家畜を供養する「畜魂碑」を建てた。
    http://www.yomiuri.co.jp/feature/20100518-296281/news/20100811-OYT1T00705.htm

    いつの間にか我々れは大切な気持ちを忘れてしまったのではないのか?と、この宮崎県の口蹄疫事件の後にこの様に出て来たニュースの記事を読んで、感じました。 我々はいつの間にか大切な気持ちを忘れれて、なくしてしまったと感じました。

    人や社会や国を批判する事だけは忘れていないけれども、動物の悲しみや人々の悲しみを「 感じる気持ちはいつの間にか忘れてしまったと 」。 だから口蹄疫のニュースが出なくなると直ぐに、口蹄疫事件そのものも忘れてしまったと思うのです。 もしてその事件で処分をされた多くの家畜の悲しみ、農家の悲しみも直ぐに忘れてしまったと思うのです。 確かに多くの疑いのある家畜を処分しなければ、全国に口蹄疫は広がり、多くの農家をつぶし、想像を超える数の家畜たちを処分しなくてはいけなくなるので、宮崎県内においての家畜の処分が必要であった事は分かります。 分かるけれども、「 多くの命が奪わなければならなかった事への悲しみは、感じられなくなった我々の気持ち 」。 悲しみや痛みを感じなくなった我々の気持ち。 時代が時代と言えばそれまでだけれども。 それでいいのだろうかと思う。

     なぜ、我々は悲しみや痛みを感じなくなって来ているのか? よくは分からないけれども考えました。 今の日本は本当に孤独な社会。 生きる事自体たいが苦しくて大変さをいつも感じる社会であり、国になっている。 その様な国、社会の中において、その孤独感は「 人を寄せ付けない気持ちを生んでいるのでは、ないのだろうかと・・。」  「 苦しさのあまり? 不満のあまり? 意識は自己という面に向いてしまうかも。 社会や他人への関心は薄れて、自己へ意識は向き、自己を責める。 その精神的な流れの中で、我々の神経は他人の苦しみや悲しみ、すべての悲しみ(動物たちの悲しみも含めて)を感じられなくなってしまったのではと、考え始めた。

    その考えが事実なのかは分からない。 しかし日本は「 悲しみを忘れ、人の苦しみ、人の痛みを感じられない人間に変化を始めているのは確かだと思う。」  しかしそれは、社会が「 孤独社会 」を作っている以上、我々は悲しみを感じられない日本人に変化を続けて行くことは確かのはず。 だとしたら、どうすれば良いのかというまでは分からない。 多くの・・、大きな集合意識でもって、「孤独社会を変えようとする気持ちが生まれれば、その悲しみを感じない変化に向かう流れは、止まるかもしれない。」  しかし、人に対しても、動物たちに対しても、悲しみや痛みを受けているのを感じられない人間に変化をした時には、日本は完全な無関心国家となり、外国の侵略の危機が叫ばれる様になったとしても、その危機( 危機の中には、多くの人、多くの動物、多くの生き物の痛みと悲しみが含まれているはず)を感じられないので、その危機と戦おうという気持ちさえも生まれないはず。 その事は直ぐに、あっという間に外国の軍隊に侵略をされるはず。

    その様に考えると、この今の日本の 「孤立と孤独社会への流れは、ずてに外国勢の侵略が完成する・・という流れに結びついているはず。」
    つまりこの今の「 孤立と孤独社会の進行を止めなければ、日本は侵略される!は確実になると同じことになるはずと・・。」

    黄砂通過中らしいです

     
    424 :本当にあった怖い名無し:2010/08/22(日)
    こう残暑がひどくてはかないませんな。
    残暑というか、本暑続行中だ。

    残暑は残暑でまた別に、9月頃に用意いたします。


    426 :本当にあった怖い名無し:2010/08/22(日)
    >>424
    2~3日前からくしゃみがひどい。
    夏風邪でもないし、空がやけに黄色いから調べたら今黄砂通過中。
    暑いわ、黄砂だわで何このダブルパンチ。


    428 :本当にあった怖い名無し:2010/08/22(日)
    >>426
    ほんとだ。
    http://www-cfors.nies.go.jp/~cfors/index-j.html

    8月だし、黄砂なんかすっかり念頭から離れていた。
    鼻水が止まらないのはこれか。
    夏風邪かと思っていたよ。

    [ 次のページ ]
    [gps**248 様のコメントから感じている事を書きました] 傑作(0)

    Matt Simmons氏が暗殺されたのかどうかは判りません。 せめてJFK暗殺事件なみの多くの傍証があれば良いのですが。 しかし十分あり得る話ですし、今後の動きを注目したいですね。

    (1)記事でも取り上げましたが、Macondo油井に取り掛かった理由の一つが、その火災埋蔵量の規模の大きさで、今後 予想されるイランとの戦いでホルムズ海峡が閉鎖されても、この油井があれば、米国の原油供給にとってかなり楽になると言う背景があったと言う噂があります。

    (5)BP原油流出事件でハッキリ判った事は、現在の米国と言う国家は無条件で国民を守る気持ちは無いと言う事です。 -- 権力層に近ければ、そして友好的、協力的であれば、守ってくれるでしょうが、末端で、反抗的であれば、排除すると言うのが明々白々です。 -- 国家と言う組織を守る為には、国民を犠牲にするのは当然であると言う、国家至上主義である事が 今回の原油事故でも判ります。

    (6)今後 更に 超不況から人類史上最悪のThe Greatest Deppression,史上最悪恐慌に入っていけば、インターネットの反政府的なサイトやブログは 閉鎖されていきます。 これを観察するだけでも、どの程度のレベルになりつつあるかが判ると私は予想しています。 米国は自由でな無くなりつつあります。 見た目は自由ですが、----。
    http://blogs.yahoo.co.jp/goldrush21japanbranch/MYBLOG/yblog.html?m=lc&p=1
    79/P0007958.html

    未知の伝染病?

     
    今回、中国と北朝鮮の両国に関係した大洪水の発生場所を地図で確認をすると、意外な事が分かりました。 その大洪水の前に、その今回の洪水の発生場所と同じ地域で、【 病原体の種類を特定できな未確認・細菌 】が発生しているとするWebニュースが出ていたのです。 ラジオ放送では7月22日としているので、その疫病をまだ抑え込んではいないはずです。 だとすれば今回の大洪水の場所もその【 未確認・細菌 】が現れている場所と同じなので、今回の大洪水によってその細菌により、未知の疫病が北朝鮮に蔓延を始める危険性があるのではないのかと。

    だとすると、北朝鮮からのニュースにも注意が必要になるのかもと。


    鴨緑江(おうりょくこう、ヤールージャン) ---『ウィキペディア』
    鴨緑江(おうりょくこう、ヤールージャン)は、中華人民共和国(中国)東北部と朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)との国境となっている川である。 白頭山(中国名:長白山)に源を発し黄海に注ぐ。水の色が鴨の頭の色に似ていると言われたことからこの名前がある。
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%B4%A8%E7%B7%91%E6%B1%9F

    両江道(リャンガンド) --- 『ウィキペディア(Wikipedia)』
    両江道(リャンガンド)は、朝鮮民主主義人民共和国北東部(朝鮮半島北東部)の内陸部に位置する行政区。
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%A1%E6%B1%9F%E9%81%93

    In Deep
    北朝鮮で病原体を確認することができない伝染病が拡散
    自由アジア放送 2010年07月22日

    夏を迎えた北朝鮮で様々な病気の猛威
    本格的な夏に入り、北朝鮮の全域で伝染病が広がっている。免疫力が弱い子供と老人たちの被害が大きく、憂慮される状況だ。

    北朝鮮の両江道地域を行き来して貿易の仕事をしている中国人のチェさんは、最近、自由アジア放送に「6月末に、両江道から始まった下痢病が北朝鮮の全国に広がっていて、北朝鮮側の貿易相手が下痢病に必要な薬品を緊急に必要だと送信してきた」と伝えた。

    大洪水で北朝鮮新義州が100%浸水 開発計画頓挫 金正日体制に打撃
    2010.8.22 21:12 
    --水没した新義州市上空を飛行する朝鮮人民軍のヘリコプター(ロイター)
     北朝鮮の朝鮮中央通信は21日、中国と北朝鮮の国境を流れる鴨緑江が集中豪雨で氾濫(はんらん)し、北朝鮮側の平安北道新義州市で住宅や農地などが浸水したと報じた。水害は依然として深刻な状況にあり、金正日総書記の救助命令により朝鮮人民軍が動員されたという。現場は北朝鮮の穀倉地帯に近く、対中貿易の要所。経済難を依然、克服できない金正日政権に今回の水害は大打撃となりそうだ。
    http://sankei.jp.msn.com/world/korea/100822/kor1008222113001-n1.htm

    これは奇跡? 神は在宅している? 地球に在宅中?

     
     しかし、ふと・・・・考えてみると不思議です。 世界で起きる大きな事故や自然災害。

    それらの発生には不思議さを感じ始めました。 最初はそうでもなかったけれども。 現在大きな事故や自然災害が発生している国々は、これから起こるだろうと想像されている第三次大戦に何らかの関わりを持って来るであろうと考えられている国々ばかりです。

    アメリカしかり、ロシアも、中国も、北朝鮮も韓国との戦争を考えているというので、第三次大戦の始まりになる戦争に関わっています。 その様に各国の大きな事故、自然災害は正に、それぞれの国の力を弱める働きをしています。 アメリカではメキシコ湾の原油事故。 ロシアでは大干ばつと大火災でした。 中国では繰り返される大洪水と大干ばつ。 中国もそろそろ余力を無くして来るはずです。 そして今回は北朝鮮の大洪水。 その自然災害で北朝鮮も戦争を始めようとする余力と意気込みを失ったはずです。

    その様にして、それらの国々の事故と自然災害を見る時、まるで神がそれらの国を狙い打ちにして、大災害を発生させた様に見えてしまうのです。 偶然なのかは分かりません。 しかし余りにも「 それらの国の災害は狙い撃ちされている感じはします。」

    本当にそれらの偶然は何なのでしよう。 神はいるのでしようか? 

    耐えられないに同意です

    ほとんど一人か二人の投稿の連続にイライラします。
    予言とはまったく関係ない内容や以前投稿した内容と同じものを繰り返す文章。
    しかも長文。
    読み飛ばせといってもほとんどが同一人物の投稿です。
    もう勘弁してください!

    気になっていたのかも知れません。 この時間に目が開きました。 あいにくとコーヒーも切らしました。 眠気が取れないので言いたい事の説明が出来るかは分かりません。

    カメムシ、カブトムシ、水すまし、とんぼ・・などは確かに同一です。 その使い分け方は別にして、投稿の多さは、今の私の叫び声なのかもしれません。 理由は、「 日本に迫る危機です。」 日本に危機が迫っているけれども、直接的な危機の説明が出来ない。 何が危険でどの様に危険なのかも具体的にはまだ分からない。 しかし危険を感じている。 その様な漠然とした危機感の中において、「何がどの様になっているのだ? 考え方はなぜ?いつも同じ所を回っているのだ? 考え方はなぜ?次に進めないのだ? これが思考の限界なのか? などの悩みが襲って来ています。 冗談抜きにして、漠然とした日本の危機を感じている時において、自分の思考の限界。 説明力の無さへの悩み。 それらが自分に向かってて襲って来るのです。

     その感覚は、例えるならば、カメムシやカブトムシ、とんぼ・・などが水の中に落ちて、おぼれ・・、もがいている状態なのです。 助かりたい・・、水面でバタバタともがいているのです。 しかし水の中から抜け出せない。 だから、もがいて叫ぶ。 その投稿の多さはそれぞれの虫の名前を使ったけれども、その投稿の多さは「叫び声と一緒なのかもと、反省をしながら考えるとどうも、そうらしい事に気がつきました。

     日本に漠然とだけれども危機が迫っている。 どうすればこの危機を回避できる? この危機をどうすれば説明できる? 何を、どう考えたらいいのだ? ・・という気持ちのもがきが、あの様な投稿の多さになったのです。 今、振り返るとそうです。 あの投稿の多さは、気持ちの中で溺れている私の叫び声だったのです。 しかし、どの様にすれば漠然と迫る危機を、どの様に説明してよいのかも分からないので、心の中で叫んでいたのです。 それがあの様な投稿の多さになったのです。

    その危機の中のひとつは、日本の中の風潮も危機のはずです。 「仲良しクラブ的に集まる傾向がある事」。 それはそれで良いのですが、日本の危機や危機が迫っている段階でその危機から抜け出さなければいけない・・と真剣に考えなければいけない場所において、「 おにゃん子クラブ的な感情と感覚を集めようとする。」のは、どうかな?と思うのです。

    ブログや掲示板の中において、「 長文はウザイとか、ダサイとか、迷惑、邪魔・・ 」という風潮があるのも日本の危機であり、日本の思考をダメにした「悪」とも呼べるものと思っています。 長くなるのは、訴えたい事が多い。 説明したい事か多い。 必要だから長くなる。・・とも考えられます。 それを長文は邪魔して排除をすると、何も訴えられない。 参加は出来ない。 参加できるのは、おにゃん子的な楽しむ言葉だけ。 短い言葉だけ。 長い文章はダメ。 その様なものであれば、あるものにおいての、ブログや掲示板の意味が無いと思うのです。 ※あるものにおいて・・・・としたのは、全てのブログや掲示板ではない。とする意味です。

    まあ・・・・、長文にも悪い面はあります。 説明が下手だから長くなった。 何を訴えたいか分からないので長くなった・・などでは、確かに耐えられないとは思います。 それは同感です。 確かに長い文章につき合うのは辛いものです。 そう言えばこの投稿も長い文章になって来ました。 そろそろ書くのを止めないと何を言っているのかを、理解されなくなるので止めにします。


    ■ 蒙古襲来
     ~日本を襲った歴史上最大の危機~

    http://members.jcom.home.ne.jp/invader/works/works_8_b.html
     
     しかし、奇跡は起こり、日本は救われたのであった。 
     この出来事以来、日本人の頭の中には、▲危機に陥った際、▲神仏に祈祷を行えば、必ず神風が吹き荒れ、▲日本を救ってくれるという考えが定着するようになった。 そして、日本という国は、特別に神に守られているとする神国思想が信じられるようになった。

    ▲ そのため、こうしたラッキーな大勝利も、数世紀後には、大きなツケとなって日本人全体の運命にはね返ってくるのは皮肉な話である。

    -----------------------------
     その様に書かれている言葉はそのHPの中の言葉です。 そしてその言葉に同感しているのです。 だから余計に危機感を感じているのです。

    最後にカメムシは叫びます。 おにゃん子的な会話もいいけれども、時には日本への危機感を感じて真剣に何かを考えろ!と叫びたいです。 格好の良い投稿を読む時、どれほど、不安や寂しさ、孤独、苦悩、を感じない生活をしているのか・・・・。と思ってしまいます。 日本には軍事的な危機や、経済的な危機、自給率の低さという危機。 色々な危機があり、色々な叫び声を出そうとして もがいている人々が多くいるはずです。 日本にはもがいて、もがい苦しんでいる人たちが多くいるはずです。 しかしどの様に叫んでよいのかが分からない。 その様な人たちが多くいるはずてす。 しかし「おにゃん子クラブが好きな人たちは、それらの叫び声をウザイ、ダサイ、長文は迷惑・・として叫び声を封殺してしまいます。」  その風潮も日本を危機に向かわすものの中のひとつと思っているのです。

    世の中にはというよりは、日本の国の中にも、何かにもがいて、もがき苦しむ人たちがいて、何かを叫びたいはず。 確かにその叫び声の中には「邪悪な叫び声」もあるかも知れません。 その様な「邪悪な叫び声に近寄るのは確かに危険です。」、それとは別の叫び声があったなら、少しの気持ちだけ何を叫んでいるのかを聞いてみたらどうでしよう。 何かの意識が変わり始めるかも知れません。 では。

    >カメムシ

    >投稿の多さは、今の私の叫び声なのかもしれません。



    自分でブログを立ててから、思う存分叫んでください。

    もう来ない、と言っておいて何度も名前を変えて現われるのは止めてね。
    貴方の場合、意味の無いところに「」を付けたりするので名前を変えてもすぐに特定できます。


    前にも書きましたが、貴方の何が迷惑なのか、というと、このジャンルの話には貴方の様に可笑しな日本語で偏執的に幼児的魔術思考を開陳し続ける御仁しか居ない、と誤解されかねないから、です。

    色んなハンドルでダラダラ既知外じみた妄言を書き連ねられると、「あぁ、やっぱりオカルトファンってこんなのばっかりなのね・・・」と信用を落としてしまい、本当に有用である情報、一見陰謀論的であっても事実として正しい情報、までもが鼻で笑われて終わり、という事になりかねません。

    ヤスさんやその他の情報提供者の信用を落としたくなかったら、もう止めてね?

    こんにちは。
    数年前より拝読させて頂いております。
    管理人殿は、このブログを通じて有料会員の募集や講演会の宣伝をされていらっしゃいます。
    先々をお考えならば、昨今のこの掲示板の状況はご自身のためにも対応されたほうが賢明だと思います。
    また、これまで参加されていた多数の方は現在投稿を控えている状況でしょう。彼らの発言が間接的に謀殺されています。
    非常識な輩を管理者が承認して放任すればこのような事態は避けられません。
    いち読者として差し出がましいようですが、どうかこの状況について今一度ご再考ください。
    暑い日が続きますがお身体ご自愛くださいませ。
    それでは。

    ヘルメス計画





    西暦400年頃、世界中から集められた膨大な書籍を保有していたアレクサンドリア図書館を破壊し、地球周期に関する資料を盗みだして真実を隠蔽した宗教勢力は、次回に予想される気候変動に対応するべく(特定地域の生き残り戦略も含め・・)長期的計画を秘密裏に遂行する秘密結社を創設しました。

    太古の昔、高度な宇宙文明を保持し地球に住んでいた知的生命体が残した文明遺産には、宇宙周期に連動した太陽活動周期による気候変動の歴史が神話やシンボルなど使って抽象的に描かれていたのです。現代でもその偽造された知識を独占し、権力支配に利用しようと企む宗教勢力や秘密結社など多数存在しています。

    そんな輩の出現をも想定していた長期計画立案者は本物の知識を巧妙に隠蔽・偽装(フェイク)し、極一部の人間だけが伝承することで秘密を守りながら、その他の秘密裏に計画を遂行する秘密結社は多数に分かれ、世界中に拡散、近現代の人類史の影で、それぞれがバラバラの思想や教義を持つ相反勢力として動き、一つの計画を完成させるべく現代に継承されてきました。

    http://pub.ne.jp/healbeauty/?entry_id=2165782

    中世ヨーロッパではキリスト教やユダヤ教、ユーラシアではノーメンクラツーラ、メソポタミア地域ではイスラム教、アジア地域ではヒンズー教や仏教、景教、日本では神道。世界中のさまざまな地域に分散し、独自の思想や教義を発展させてきた勢力が結合する時期が迫っています。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ダニエルよ、あなたの道を行きなさい。 この言葉は終わりの時まで秘し、かつ封じられておきます。 多くの者は、自分を清め、白くし、かつ練られるでしょう。 しかし悪い者は悪い事をおこない、ひとりも悟ることはないが、賢い者は悟るでしょう。

    聖書 ダニエル書 12章

    非常に待望されたものは決してヨーロッパヘは戻らないだろう
    それはアジアに現れるだろう
    偉大なヘルメスから発した系統(同盟)のひとつが
    そして東方のあらゆる王の上で成長するだろう。

    『諸世紀』 第10章75節

    http://www42.atwiki.jp/nostradamus/pages/203.html

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    得 阿耨多羅三藐三菩提 故知、般若波羅蜜多、是大神呪、是大明呪、是無上呪、是無等等呪、能除一切苦、真実不虚。故説、般若波羅蜜多 呪 。

    なぁーんちゃって!!






    投稿に関して

    カメムシ、カブトムシ、水すまし、とんぼさんへ

    こんにちは。ヤス(管理人)です。カメムシ、カブトムシ、水すまし、とんぼさんのご投稿に関してなのですが、やはり個人的な妄想の投稿は自粛してほしいとの読者の方の声が多いように思います。申し訳ありませんが、今後はご自身の思いや想念の極端に長い連投は自粛していただき、できるだけ簡潔に表現していただければと思います。

    よろしくお願いします。

     良い意見投稿者が少なくなったね。

     管理人様は下記のように感想を書いておられます。

    感想です
    こんにちは。ヤス(管理人)です。興味深く議論を拝見しています。基本的に削除はいたしません。ただ、個人に対する集合的ないじめと判断した場合はコメントを削除させていただきます。

    ちなみみ私は、本格的にポジティブになるためには不安感や恐怖感を克服しなければならないと思っています。それは簡単なことではなく、不安や恐怖の源泉となるすべてのシナリオを味わい尽くすことによってでしかそれは難しいのではないかと思っています。

    ポジティブになろうとするあまり、否定的なシナリオやニュース、そして予言などを排除することは、結果的に不安感や恐怖心を無意識の内部に封印し、現実になにかが起こったとき、封印したものから強烈なパニック反応という形で反撃されるのではないかと思います。

    私はこのように個人的には考えておりますので、否定的なニュースや予言、そして情報などは投稿欄で歓迎しております。また、特定の人にとって価値があると信じている夢や妄想もそれなりに価値があることだと思います。

    一番怖いのは、ポジティブに生きようとするあまりすべてのネガティブを封印して、今の日常が無変化のままそのまま今後も継続すると信じることではないかと感じております。

    ちょっとした感想でした。いじめにはくれぐれも気をつけてきださいね。

    2010/08/19(木) 09:33:07 | URL | ヤス(管理人)

     おっしゃるように
     ネガティブな意見や既知外的な意見や変質的な意見な ど全面的に排除してほしいと言う訳じゃないのですが
     、やはり程度問題があると思います。
     結構有益な投稿者が減少していますよね。
     たぶん下記の方もおっしゃっておるように
    >これまで参加されていた多数の方は現在投稿を控えている状況でしょう。彼らの発言が間接的に謀殺されています
     本当に差し出がましいですが一考をお願いしたいと
     思います。
     
     

    個人的メッセージ

     この掲示板に参加している一個人に対して、強いメッセージを授かりましたので、ご連絡させてください。「あなたは、前世で宇宙飛行士でした。覚えていらっしゃいますか?あなたは宇宙空間で異星人と遭遇してショックを受けましたね。そしてご自分も宇宙人になりたいと思いながら、残念なことに宇宙空間で事故によりお亡くなりになりました。あなたは今世では、メッセージによって地球を浄化する役目をお持ちです。最近、あなたの発言を擁護する存在にお気づきですね。この人はあなたが前世で出会った異星人が、今回こちらに地球人として転生なさった方で、あなたをバックアップする役ですので、安心してください。この役目を終えると、あなたは念願の異星人にグレードアップしますから、自信を持ってお役目に励んでください。」該当する方は、心に留めておいてください、ということです。関係しない方は、詮索せずに、どうぞ静かにスルーしてください。以上、仕事柄、業務連絡(?)になりますが、何とぞ削除せずにご連絡の方よろしくお願いします。

    連投カメムシさんは、決して悪人ではないのだが、本人的には、皆になにかを知らせたいという、強い使命感に駈られるあまり、周りが見えなくなってしまっている。そろそろどのように読まれるか、ということも考慮にいれてください。わたしもむかし、同じようなまわりが見えなくなって近しい者に迷惑をかけたような経験があるからいうけども、よいことをかいたつもりでも、読ませたい人びとにいやがられてしまってはもともこもないのではないだろうか?あなたは、そこまで発言したいことがあるなら、そういうことは自分のブログでやるべきだよ。そうすればなにも問題ないんだよ。お願いだ。

    中東大戦争と食料・石油危機論(その4)

     近い将来に世界が終わるのは必然である。これは大宇宙の輪廻であるから仕方が無い。

     最終戦争で奪い合い殺しあって終わるか、分かち合い助け合って終わるかの違いである。

     これは卒業試験である。神は、神の子である人類の各々に採点を下し評価する。その結果に従って魂の行き先が定まるであろう。

     (おわり)  連続投稿、許されたまえ。

    占星術は統計的ではあるけれど、実証とまではまだ言えませんよ。

    占星家個人の解釈に頼っている以上、誰がおこなっても同一の実証を得られる科学には成り得ませんから。

    警告サイン

     8月18日から19日にかけて、中国四川省が今年最大の豪雨に見舞われ、7万人が被災、7000軒の家屋が倒壊し、成都市の通済橋も洪水で落下したと伝えられていますが、その2か月前に、ここで奇妙な現象が起きていました。6月17日、四川省成都市の繁華街で、突然路面が盛り上がり、出来た隙間から、大量の赤褐色の液体が湧き出したそうです。
    「地球の血液だ。2012の中でもこの現象があった。」と市民の間でパニックが広がったそうですが、今となっては、やはり警告だったのでは、という気がします。

    http://www.epochtimes.jp/jp/2010/06/html/d95177.html

    http://www.epochtimes.jp/jp/2010/08/html/d29307.html

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    北半球各地がハリケーン・台風シーズンに突入

    ◆世界各地で相次ぎ熱帯低気圧が発生しています。
    いよいよハリケーンと台風が到来する!!
    今年は超大型化に要注意です!!

    欧州では23日、ロンドンなどイングランド南部は大荒れの警報が出ている。強風と大雨により鉄砲水が発生する恐れもある。フランスからポーランドにかけては大気の状態が不安定になり、暴風雨や竜巻が予想される。

    南シナ海で22日に発生した熱帯低気圧は週半ばまでにベトナム北部に移動して大雨を降らせる見通しで、洪水の発生が警戒されている。

    太平洋東部の熱帯低気圧「フランク」は22日現在、メキシコのプエルトアンヘルから約200キロ南部にあり、23日午後には勢力を強めてハリケーンになる見通し。

    大西洋では22日に4番目の熱帯低気圧「ダニエル」が発生した。週半ばまでにはハリケーンになり、西北西から北西方向に進むとみられる。

    http://www.cnn.co.jp/world/AIC201008230007.html

    コメント一つでこの混乱

     世界が平和でいられない縮図ですね。30年前高校生活に思った人間の業というものを改めて思い出します。
     所詮人間は目先の事しか考えられず。邪魔が入れば、消す。
     そして平穏な(自分にとって)時が来れば何事も無かったかのように振る舞いしたり顔で又平和を語りだすのだ。
     ここは、そんな所じゃ無い、と、投稿を控えている方は賢明な方でしょう。

     現代の教育や社会の在り方の歪があらゆる所まで押し寄せているのを感じるとき本当に、今が、人類の正念場であろうと恐怖を感じます。
     私はシュタイナー信者ではないけれども、子供たちが大人に又教師に、人としての顔を見せて欲しい、そして安心させて欲しい、という欲求をずいぶんと見てきました。
     子供たちが「自分の未来を預けても良い。
     大人たちは真剣に、全身全霊をもって私達の為に戦ってくれた。死んでも悔いはありません。」
     そう言ってもらえる様に努力しようではありませんか。





    http://blog.goo.ne.jp/itagaki-eiken/d/20100823

    米ロックフェラーとブッシュ前大統領が2012年に、「イスラエル・イラン核戦争」「パキスタン・インド核戦争」「インド・中国核戦争」からなる「第3次世界大戦」を計画し、菅直人首相に最低200兆円から300兆円もの戦費調達をはじめ戦争協力を求めてきているとの情報が、永田町、霞ヶ関界隈で流布されている。



    ↑このスピン記事は”菅直人”が”小沢一郎”に入れ替わる可能性もある







    害虫駆除

    なんだここのコメント欄は。

    変な虫に寄生されているではないか…

    これはひど過ぎる。。

    虫コナーズ買ってきます

    もう、やめなさい・・・

    「総括」する必要がある。

    悪循環

     環境ストレスを受けた植物は、大気中により多くのメタンガスを発生させるらしい。

    http://www.epochtimes.jp/jp/2009/09/html/d37936.html

    悪循環もいいところです。

    害虫といえば 本家本元です

     
     60代女性が「人食いバクテリア」に感染、筋肉がどんどん壊死 香港 
    2010年08月24日 09:40 発信地:香港

    【8月24日 AFP】 自宅で魚を扱っている際に人差し指をけがした香港の女性(68)が、いわゆる 「人食いバクテリア」に感染し、危篤状態に陥っている。香港保健省が21日明らかにした。

     保健省によると、この女性は感染から12時間以内に死亡する危険性もある「壊死(えし)性筋膜炎」に感染したとみられ、集中治療を受けている。
    http://www.afpbb.com/article/life-culture/health/2750331/6104442


    ●風水師「ジェームス・リーの予言2010」 

    新疆ウイグル自治区、チベット、香港、マカオなどにも、「知らない毒物がまん延」 「病気の拡大感染」 「害のある毒物が侵入」 「新しい細菌」などの表現があり、世界的な病気の感染拡大が危惧されます。 「この新しい細菌」と言われる有毒物質は、人種に関係なく猛威を奮い、特に、香港にこの有害細菌が出現したら 「一回で絶滅させないと大変なことになる」。
    【関連?としては】

    洗い粉」のせい?エビを食べて筋肉が溶ける市民が続出―南京
    2010年08月23日15時50分 / 提供:サーチナ
     江蘇省南京市ではここ数日、食用のエビを食べた多くの市民の筋肉が
    溶解してしまうという事態が発生しているようだ。揚子晩報が伝えた。
    http://news.livedoor.com/article/detail/4961951/

    ※追加---
    赤文字は目が痛くなるという事なので、要望により文字色を変えておきました。
     

    アカムシさん、文字の赤色は目がいたくなるので止めてほしいです。
    よろしくおねがいします。

    それよりも用途不明のカギ括弧使いを止めていただきたいです。


    これだけ言われてまだ分からんか。

    脳が溶けているのかもしれない

     
    その可能性もあるかもです。

    しかし、香港の「人食いバクテリア」。
    中国の「筋肉が溶ける病気」。

    もしかするとこれからの「大きな話題性は= 溶 け る 」かもです。

    お互い脳みそが溶けない様に気をつけましよう。

    既に溶けてる人は黙ってるべきでは?

    では そうしますが・・・・

     
    そのように 直ぐ食いつくから 話はおかしくなる。

    その様にすぐに食いついていたら、その内に「人食いバクテリア」に食いつかれるかもですよ。

    >>既に溶けてる人は黙ってるべきでは?

    >>2010/08/24(火) 12:54:04 | URL | #- [編集]

    ↑を受けての↓

    >では そうしますが・・・・

    という事は、貴方は今後黙っててくれる、という事ですよね。
    これを約束していただけるならこれ以上何も言いません。

    貴方が引っ込むだけで話も掲示板も直ぐに元通り。


    ここ以外の色んな場所でも貴方の書き込みは邪魔者扱いされてるんだから、いい加減に気付きなさいね。


    この、思想にも似た風土が恐ろしい

     
    お金儲けの為なら、何でも許されるとした・・まるで思想にも似た風土(あるいは、風潮)が恐ろしい。 エビを食べたら「筋肉が溶ける事件」も発生しているし。


    毒ミルクが再び流通 230トン押収=中国

     【8月24日】 30万人の乳幼児に健康被害をもたらした2008年のメラミン入り粉ミルク事件で、中国当局は回収された粉ミルクの廃棄処分を徹底するとしたものの、汚染された粉ミルクはまだ市場で流通している。 今月20日までに、全国各地から問題の粉ミルク230トンを押収し、関係者50数人を逮捕したもよう。

    2008年河北省三鹿集団が製造した粉ミルクに有毒成分メラミンが添加され、飲用した乳幼児が腎臓結石にかかるなどの被害が頻発し、被害者は30万人に達していると見られている。 ---  いずれも、2008年に廃棄処分を命じられた毒入り粉ミルクを廃棄せず、ほかの粉ミルクに混ぜ合わせたり、乳製品の製造に利用されたりして、再び流通させたという。
    http://www.epochtimes.jp/jp/2010/08/html/d16798.html

    北海道局地的豪雨 東川町で道路寸断、天人峡温泉などの
    宿泊客ら720人余り取り残される


    北海道は、23日夜からの局地的豪雨の影響で、東川町では道路が寸断され、天人峡温泉などの宿泊客など、あわせて720人余りが取り残されている。
    http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00183151.html

    前に投稿されていたものを探したけれども本人により削除をされていました。 記憶の範囲ではこの様に書かれていたはずです。 急に思い浮かんだ事を書きます。 これか一週間以内に日本の山間部で豪雨が発生して多くの人が孤立をします。

    さらにアジアでは一ヶ月以内にまた大きな洪水災害が発生します。 急に思い浮かんだので投稿をします。と書かれていました。 それは予言的なことになるのだけれども、当たればよいけれども、外れた時の事も想定をして自分で削除をしたのだと思います。 その投稿が削除されていたのは検証が出来なくなったので残念です。

     その様な予言的な投稿は、外れた時に削除をしたらどうでしよう。 削除は外れた時からでも遅くはないと思います。 話は戻り、山間部での孤立が当たったので、次はアジアでの大洪水があるとの予想も当たる可能性があるかもです。 だから・・どうした?としても何も出来ませんが、パキスタンには今、日本の自衛隊も支援に行っています。 だからアジアでの次に起こるとされている大洪水の可能性への情報にも注意かもです。

    虫はじめ色んなハンドル使い分けてる特定の人へ

    あなたはブログを持ちたくないとの事ですが、ブログを持ち名を名乗り意思表示するという事はリスクを負うという事です。ですから説得力が生まれる。

    あなたの場合は単なるエゴでしかない。
    自分のストレス発散の為に周りの人間にストレスを与えているだけなのです。
    あなたの屁理屈には全く説得力がない。
    あなたが警告を発したいならリスクを負いなさい。
    そうすればあなたの言葉に耳を貸す人も現れるでしょう。

    ↑ ↑ ↑ ↑ ↑

    上記に激しく同意!!!!!!!!!!太字の文

    初めて投稿させていただきます。
    やすさん、いつも有用な情報をありがとうございます。

    しかし、なぜ?・・・と、感じます。
    かめむし氏の心の叫びの内容は理解できるのですが。戦後からの日本潰しの政策は今、佳境を迎えているのではないでしょうか?スカポンチンの大量生産教育、金儲けだけが唯一の成功という虚しい星を追い求めての、心の喪失と自然の破壊。その昔「健全なる精神は、健全なる肉体に宿る」という言葉が札幌の学校に残っているようですが、これだけ母なる地球の肉体を破壊しているのです。その母なる地球の表面に存在してている我々生物は、一個の細胞と考えられるのではないでしょうか。これだけ環境が破壊され、肉体が衰えているのです、健全な精神はどこかに引越しされている事でしょうね。

    重箱の隅突っつき隊・・・か!?
    表現や、「」の用い方などにぐだぐだ言う前に、今、現在の人心の荒廃を見つめてみる事です。この事は、母なる地球の荒廃と同期しているのだと想う。何が正しくて、何が間違っているのか?「多数決というまやかし」決められるものではありません。『多数決』という手法に騙されて、世の中が狂っているのです。多数決という意見が罷り通っているから、貴重な少数意見が封殺されると想う。このような貴重なサイトだからこそ、そのような「重箱の隅を突っつく」様なことはしないでいただきたい。

    このような世相です。
    今一度、ご自分と対峙して見ては如何なものか。

    新タイプの ネット工作員の集合?

     
    人が活きる(生きる)のには、いつも刺激がいる。 人間というものは、日々の刺激にり生きていけるものだから。

    だから起きれば、今日は何をしよう? なにを食べよう? テレビはどの様な番組がある? 今日のニュースはどの様なことが? この暑さはいつまで続くのだろうか? なにか儲ける方法はないものか? 世界はこれからどの様になる? などとした思いが日々起きているはず。 その日々の思いが良い刺激となって人間は生活を続けて生きていゆける。 人間の生活の中から刺激を取り去ると人間は発狂するかもしれないし、よからぬ考えばかりを持つ人間になるかも知れない。

    人間にとって良い刺激は大切なもの。 良い刺激によって頭は何かを考え始めて、向上をするし進化をするはず。 しかし色々な刺激があり、人それぞれにより刺激の種類は違うかも知れない。 しかし個々個人の頭の情報収容容量では、グローバルな情報の多さを詰め込む事は出来ない。

    だからこそ、それぞれの個人が気になる情報(ニュースも含めて)を色々なブログや掲示板などに持ち寄る事で、人は新たな刺激を得る事になり、社会や国、そして世界の出来事までにも興味が湧いて、個々の個人であるけれども、社会や国、そして世界までも繋がっている意識を感じる事が出来る様になるのではないのでしようか。

    人間には日々、新しい刺激がいるのです。 その刺激は人間が人間らしく生きる為に必要な材料的なものです。 その人間が生きる為に必要な刺激という材料を投稿するのを拒否しようとする投稿の者は、考え方によっては、ブロクを破壊するもの=ネット工作員という見方も成り立ちます。 新種の工作員として。 その様な投稿をすれば、ここのブログには良い刺激(情報)が集まらなくなるはずです。 それは、ブログを破壊したとも言えるかもしれません。 批判だけを繰り返す者には、ネット工作員が多いのも事実です。

    用途不明な場所に「」を使ったり、自分が望む方向へ誘導する為に「~はず」を連発するような幼児的魔術思考で彩られた、如何にも「オカルト馬鹿」的な幼稚な文章を日に何十回も投稿する馬鹿の所為で、ヤスさんやその他のコメント者が書いてる内容や事実に即した有用な情報紹介が埋もれてしまうから「止めろ」と言ってるわけです。

    この事は複数の方々から何度も説明されてますので、今に至ってもこれを「重箱の隅突き」だと言ってしまう様な人は単にやり取りを読めてないだけ、ですね。





    それからカンチガイなきよう御願いしたいのは
    ここで批判されてる人物は単に「その意見の内容」が「多数決」で非難されている訳ではありません。

    今まで有用な情報の掲示・やり取りの場として機能していたこの場所が、たった一人、彼の埋め尽くすような連投の所為で機能しなくなった、というこの場所をシステムとして機能させる為の防衛行為です。


    文法も推敲方法も異常な文章を延々書き連ね、他の投稿が埋もれるから止めてくれ、と何度注意されても止めない様な馬鹿と、それを差し置いてそれを擁護するような御仁が振りかざす「母なる地球がどうのこうの~」なんてズレた説教もまた同じ。

    この数回のヤスさんブログ記事コメント欄を埋め尽くしてる膨大な、単一人物による無駄投稿を見て「健全な状態」だと思えるようならば一読者 #xsUmrm7U さん、貴方こそご自分としっかり対峙すべきだな。

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    なるほど・・・。
    小市民的人間を大量生産する教育に洗脳されていますね。かめむし氏の連投は確かに問題があると想います。しかし、内容の理解は人それぞれです。それに、カメムシ氏の為に「この程度だという同一視をされるのが嫌だ」・・・まったくの洗脳ですね。人それぞれの思想を拒否しての同一化ですか?恐ろしい事です。

    ①偏執的な投稿→②否定的な反応→③自演での擁護と中傷の応酬

    典型的に荒れるパターンだと思いますが、偏執的な投稿をしている人はこうなると承知していた。
    というより、それを望んでいたのでしょう。
    そしてここの多くの人が、その意図を見抜いていたと思います。
    (でも面白いですよね。いくら文体を慎重に操作したとしても、同じ人だというのは直ぐに分かる。)

    現在は残念な状態になっており、管理人さんの心中はお察し致します。
    しかし私は ①から②に至るまで結構時間があったことに、ここの閲覧者のレベルの高さを
    感じられたことが、何よりの救いだと感じました。
    またこういう方が放埓に暴れているうちは、本当に大きな異変は起きないという確信も持てました。

    かめむしさんへ

    以下、日月神示の一文です。

    悪い事(天災や戦争や世の中の騒動や混乱等)を待つ心は魔の心である。
    いつどこにそれらが来たり、起ったりするのかと待ち望んでいるような心は悪魔に使われているのである。

    もしもこの言葉にご自身でなにか感じる点がございましたら、少し自粛されたほうがよろしいのではないでしょうか?

    老婆心ながら

    猛暑から冷夏へ

     
     猛暑から一転、寒波に襲われた「ルムマンスク」

    猛暑に音を上げていたロシア北部の町・ルムマンスクでは急に寒くなり始め 、市民を戸惑わせている。ここ1週間ほど8度以下の冬日が続いていたが、22日の夜にはとうとう零下以下となり、突然雪が降る事態に至っている。

    ルムマンスクはノールウエーに隣接し、北極海に面したコロ半島の町、とはいっても8月にこれほどまでに気温が下がるのは極めて希。例年、9月半ばまでは暖房を使うことがないため、各地で冬に備えて温水を送るパイプの 点検作業中であった。そのため暖房設備を稼働させることが出来ず、市民は今月いっぱい、厚着をし、部屋の中ではガスコンロを焚いて寒さ に耐えなければならないようである。
    http://www.y-asakawa.com/Mssage2010-1/10-message57.htm

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    ネット規制や情報統制は起こるでしょうね。たぶん・・・・

     巣さんが 言うように

     近い将来に起きうる可能性は大ですよね。
     そうなったときに冷静沈着で居られるかどうか
     少し不安だが。
     しかし、例えが悪いかもしれないが遭難を
     したときと同様に動かない事、慌てない事、
     動揺しない事、事実を受け入れて自身と自分に
     関わり合う人達との連携を持ちたいと思いますね。
     それにしても・・・・
     未来はそう悪くないように思えるのだが。
     あくまでも個人の希望的観測だけれどね。
     夜明け前の暗さをじっと耐えて光ある未来を
     祈ろう。

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    為替を再度固定せよ!!


    http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C93819481E0E7E2E2938DE0E7E2EAE0E2E3E2E2E2E2E2E2E2

    ◆円高が、かつてない危険水域に入ってきました。
    このままでは日本経済は崩壊します。。。
    デフレスパイラルが促進し、2番底どころか一気に国内恐慌に陥ります。
    もう目先の円売り・ドル買い介入とかの対処療法だけでは限界だし効果が出ないと感じます。

    日本経済の元凶は「為替」です。
    今の日本は、為替変動で一夜にして負債国家に陥る危険をはらみ右往左往させられている。。。
    円高、円安に左右されない実質・実物経済で勝負できる日本になること。
    金融操作に影響を受けず、実力で勝負できる国家体制を確立することが急務である。

    日本を救うには「為替」の固定しかありません!!
    1$=150円
    に固定すれば、海外移転していた企業の工場も日本で立地、生産できるようになりメイドイン・ジャパンとしてより付加価値が高まる生産ができるでしょうし、国内雇用機会も改善されます。

    1$=200円
    固定になれば日本国内の農業、水産業も個人レベルでも輸出化できればビジネスとして成り立ってきます。
    あらゆる産業分野でビジネスの可能性が広がります。
    国民一人ひとりの所得も増え、国家財政も一気に健全化していきます。

    日本は1970年の大阪万博までは
    1$=360円固定
    でした。
    世界でも類を見ない奇跡的な経済発展をした日本の時代(期間)です。
    人々が明日への夢や希望、向上心に包まれていた時代です。

    いまいちど、日本政府は国家の生き残りのために、国民の生活安定のためにも
    為替の固定を断行すべきと考えます。

    日本経済が滅びるまえに
    余力があるうちに断行しましょう。

    アメリカ、IMFの餌食になるのはもう止めにしましょう。

    そして、なんでもかんでも大量生産、低価格化といった大資本産業しか生き残れない一極的で支配的な考え方のアメリカ的な産業拡大策(これが意図的な戦争を引き起こし、資源独占に走り、・地球環境・生態系を破壊する、悪魔の搾取型産業化なのです)からチェンジして、
    再度、付加価値の高いメイドインジャパン産業政策に舞い戻りましょう。




    年寄りの余計な一言でしょうけれど、

    未来がどうなる?ということではなくて、君はどうなのか?ということなんでないの?

    君はどう人生を全うするのか?ということでないの?

    中身も読まずに、虫さんだからと噛み付くのは何かとてもいやな印象があります。
    いいお話も多いと思うのですが?

    noffyさんへ(私信ですみません)

    原油分解の新種細菌、メキシコ湾流出で繁殖?
    http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20100825-OYT1T00665.htm

    noffyさんが提唱していた話が事実となって報道されました。
    この後、増えすぎたバクテリアが辿る末路までが気になりますね・・・

    密室の談合政治?





    菅直人首相が完敗を認め、小沢一郎が実権を掌握し激突回避、菅首相続投で終戦処理、人事作業に入った

    http://blog.goo.ne.jp/itagaki-eiken/e/d07c4b5f04c49307a78c2fb9cc7cf912



    7割>真実、3割>嘘。かな







    怪死の謎

     英国とスコットランドで、謎の切り跡のある数十頭のアザラシの死体が、海岸に打ち上げられ続けているらしい。

    http://oka-jp.seesaa.net/article/160515931.html

    皆さんの妄想力で、この謎が解けないものでしょうか。

    バットマンさん(虫さん?)へ


    「インスピレーション」

    直感的に頭に浮かんできたので投稿します。

    今日から一週間くらいの間で、日本の山間部で洪水が起きる!!

    この1ヶ月以内に東アジア(日本以外)で新たな大洪水が起きる!!

    当たらないことを祈ります。

    2010/08/22(日) 15:49:33 | URL | tonton #PI2JBVVU

    は、消していません。投稿欄に生きています。
    お知りおきください。
    でも、23日の北海道は大変な豪雨洪水になりましたね。
    お見舞い申し上げます。
    まだ、今週は国内山間部で、他の場所も発生する危険度が高いと感じています。
    要注意です!

    今宵の月の位置って??

    変じゃないですか??
    18:58黄色でなくオレンジ色の満月が東の山裾に輝いている。
    月って西の空から上がり東に沈むもの。
    こんな時間は西の空でないのかな??
    詳しくないのでなんとも言えないが
    今宵は月の位置と色が変?異常??
    詳しい人いませんか。

    今宵の月は東から西に上がっている??
    ただいま19:31です。

    ↑LOL
    これでーいいのだー♪

    気になり後で調べたら
    これで~いいのだ~でした^^;
    小学生レベルの理科でした
    天才バカボンありがとう

    新種の細菌が原油分解を加速か メキシコ湾流出現場

    こんな米国政府とBPの改ざん情報をう飲みにしてはいけない!!

    http://www.cnn.co.jp/science/AIC201008250017.html

    ↓この記事と比較してみてください。。。

    http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20100820001&expand#title

    まだまだ、他にも隠匿されていることが・・・

    <ファチマの第3予言の解読はいろいろと有りますが!・・・こんなのどうでしょう!?>

    まいどお世話になります。

    ももいちたろうさん情報です。

    <ファチマの第3予言の解読はいろいろと有りますが!・・・こんなのどうでしょう!?>

    と題して2ページにわたって情報があります。

    最初のページは以下↓です。
    http://slicer93.real-sound.net/0-hl-space-11746.html

    目次ページは以下↓です。
    http://slicer93.real-sound.net/0-JPspacecontents96.html#111

    よろしくお願いいたします。

    同感!!

    ◆マドモアゼル・愛さんのブログにとっても良い事が書いてありました。
    紹介します
    http://mademoiselleai.nifty.com/madeailog/

    *マドモアゼル・愛さん、勝手な転載ですがご容赦ねがいます。

    原油の雨はただの迷信?

    メキシコ湾の原油流出報道が盛んなる頃、色んな事が言われてましたが....
    ナショナルジオグラフィックの記事では、ただの迷信だととのことです。
    http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20100826001&n_gadget=0000

    久々に大笑い!
    160、180歳が生きている!
    ぜひお会いしてみたい
    明治維新の話を聞いてみたい。

    なんちて

    警報!南米・コロンビアのガレラス山が噴火

    2010年8月26日木曜日
    ガレラス山が噴火 ― コロンビア

    8月 25日、南米・コロンビアのガレラス山が噴火を始めました。同火山の警戒レベルは最高度の 「レッド」 に引き上げられました。今後さらに噴火が激化するとみられ、周辺住民約 7000人(報道によっては 8000人)に避難命令が出ています。

    http://www.google.com/hostednews/afp/article/ALeqM5gMg1Qp_z2WlQ5sTzBaQYOD9ZTsFw
    宏観亭見聞録 より

    ◆この秋から世界中での噴火・地震の多発が気にかかります。
    経済危機も含め、様々な自然災害現象がクロスオーバーしてくる予感が・・・
    特に海洋(地殻変動)で起きる噴火・地震が起きたら要注意です。連鎖が止まらない。

    ニュースにでないから、何も起きていないのではなく、ニュースにしないのです→メキシコ湾BP原油災害NOW!

    [BP原油噴出事故:海岸地帯の大気の硫化水素濃度]

    2010年8月26日 木曜日 一般公開

    (1)ルイジアナ州のBURASでの、大気中の硫化水素濃度は8月23日午前4時には 4ppb(0.004ppm)を記録しています。

    (2)労働安全衛生に関するホームページです。 猛毒ガスの硫化水素に関して、米国環境保護庁では、老人や、子供への暴露上限を0.00014ppm(0.14ppb)と定めています。 赤枠の部分です。 その下に世界保健機構の基準では、5ppbを上限とし、但し暴露時間を30分以下にしています。 米国環境保護庁の基準の30倍近い濃度を記録しています。

    (3)は この硫化水素濃度を記録したルイジアナ州の BURASの地図上の位置を示しています。

    ☆現在 流出した(又は現在も流出しているだろう)BP原油の90%以上は海面下に隠れており、分散剤は現在も散布が継続され、それが混在物となって毒性の高い化合物になっています。

    ☆これにより、新たに白濁した泡状の化合物の漂着も目撃され話題になっています。

    ☆ニュースにならないから、何も起きていないのではなく、ニュースにしないのです。 しかし、このような大気中の硫化水素濃度などのデータは誤魔化しようがないので、少しづつ明らかになるでしょう。

    http://blogs.yahoo.co.jp/goldrush21japanbranch/32882019.html

    政府見解のメジャーニュースを裏読みすると

    [ウィキリークス 今度はCIAの内部報告書を公開 ]

    (CNN) 
    告発サイト「ウィキリークス」は25日、米中央情報局(CIA)の内部報告書とされる文書を公開した。これに対し関係者は、重大な機密情報の漏えいはないとしている。

    今回公開されたのは「もし諸外国が米国を『テロ輸出国』と見なしたらどうなるか」というテーマで考察したCIAの内部報告書。2010年2月2日付の3ページの文書で、最も機密レベルの低い「機密」扱いに分類されている。ウィキリークスは、前日にミニブログのツイッターで同文書の公開を予告していた。

    これについてCIAのリトル報道官は、こうした分析資料は思考を刺激し、視点を変える目的で作成されており、それ以上のものではないと述べた。

    また、ある情報当局者は、文書が公開されたことに不快感を示しながらも、「これはさほど重要性が高い文書ではない」としている。

    http://www.cnn.co.jp/usa/AIC201008260004.html

    ◆CIA見解のこのメジャーニュースを裏読みすると??
    米国は『テロ輸出国』ってことです。

    自然の中での人

    地震があっても気象が変わっても問題ないではないか。何があってもそれは自然の姿そのものだからね。
    人間は一体何を騒ぎ、何を恐れ、何を期待するのだろうか。それが、生き延びることに必死なためだというのならば、自然に調和すればいいことだ。自然に生きる諸動物はそれゆえに難を逃れている。
    人間も自然の中で生きているわけであれば、人命が大事だと喚きまわり恐れおののく前に、自然に調和することしかないのではないか。
    多く人の作り出す頭の中の概念のリレーごっこであそんでいる時間は、もうなかろうもん。

    太字の文更新まだ~??

    1920年代、アメリカはいわゆるバブルの時代でした。
    作家、スコット・フィッツジェラルドとその妻ゼルダは、時代の寵児として輝いておりました。
    フィッツジェラルドは田舎者でしたが、流行作家としての地位と名声を手にし、育ちよく美しいゼルダを娶り、社交界の花として名声をほしいままにしておりました。
    20年代の終わりに時代が暗転、町には失業者があふれ、流行は消え去っていきました。
    フィッツジェラルドは作家として売れなくなり、アル中になりました。ゼルダは次第に精神を病んでいきました。二人は社交界から消え去り、ひっそりと人生を終えました。

    こんなふたりが時代を超えてふたたび現れる日が来るかもしれません。

    BPが情報操作??

    [BP原油: 何かを隠したいから、色を消しました]

    2010年8月28日 土曜日 

    この件 忘れて放置していました。 

    いつものように カラー映像が、流れていたのです。
    突然 BOPから カラフルな物体が噴出したのです。 

    色つき映像
    http://www.youtube.com/watch?v=_tjmB6XP4V0&feature=player_embedded#!

    余程 都合が悪かったのでしょう。

    レンズにフィルターを架けて 白黒映像に変えたのです。
    http://www.youtube.com/watch?v=TafcaKSDql0&feature=player_embedded#!

    説明は 一切無いので 詳細不明です。

    http://blogs.yahoo.co.jp/goldrush21japanbranch/32894294.html

    害虫くん

    自分でブログを立ち上げることは、リスクを背負うことではなく「勇気を持つこと」だと思う。
    ここは沢山の人が訪れる場所だからね。
    でも、きみの想いを感じ取るために来ているのではないよね。どうせ自分が立ち上げても誰も来てはくれない?もがき苦しむ一番の原因は、やっぱり自分の中にあるのではないか
    な。きみの妄想が、伝えたいと言う情熱が、生命へとつながるものであれば、それが善的な表現であれ、魔的な表現であれ、必ず響く人々はいるだろ。少なくとも、俺はそうだ。
    第3次大戦に関わる国に自然災害が起きてるのは偶然じゃない気がする。っていうきみの直観には共鳴するところだね。
    どんな権威のある人の知識や情報よりもね。9月は、宇宙エネルギーが高まる。何かを始めるのには、勇気を奮い立たせるにはいい時だと思うよ。じゃあな。
    立ち上げたら、アドレス貼らせてもらいな。
    それなら文句言われないだろうから。

    カトラ山で地震 ― アイスランド (続報 20)

    2010年8月28日土曜日

    カトラ山の地震数に目立った増加や傾向の変化はありません。ほとんどの地震はカルデラの西から北西にかけての領域(エイヤフィヤトラヨークトル氷河に近い側)で発生しています。

    8月 26日に、エイヤフィヤトラヨークトル氷河(氷冠)の火口付近から大量の水蒸気が立ちのぼっているのが観測されました:

    Steam Rises from Eyjafjallajo"kull Crater

    この現象に対してアイスランド気象庁は次のようにコメントしています:

    火山活動が復活する兆候はない。水蒸気は氷河内の水が自然に蒸発したものである。地震計はいかなる火山活動も捉えていない。氷河からは常に水が蒸発していて、視界がよいときには(蒸発活動が)いつもより活発に見える。今月初め頃には、蒸発した水蒸気の雲が 3km も立ちのぼった。

    宏観亭見聞録 より

    http://macroanomaly.blogspot.com/search?updated-min=2010-01-01T00%3A00%3A00%2B09%3A00&updated-max=2011-01-01T00%3A00%3A00%2B09%3A00&max-results=50

    良くない兆候

    ◆この噴火はとってもまずい兆候を感じます。

    400年以上噴火していないインドネシアの火山が噴火

    2010年08月29日

    スマトラ島のシナブン火山が噴火し、インドネシアは緊急警報が発令された状態にある。1500メートルの高さまで噴煙が上がっており、少なくとも 12,000 人の住民が避難した。

    北スマトラのシナブン火山は 400 年以上噴火していない。

    In Deepより

    http://oka-jp.seesaa.net/article/160933391.html

    いつまでもつのだろうか・・・

    世界の実質経済は5,000兆円~6,000兆円と考えられます。それに対して今の金融経済は1京円~1.2京円ぐらいに、なっているでしょう。(紙幣だけすり刷り増ししている)
    さらにデリバティヴという虚で、6京円から8京円もふ膨らんでいると推定でき、これを今、現金決済すれば5京円くらいは消えそうです。
    *船井幸雄さん文を参照

    現実の消費に伴った経済こそが実質経済。

    為替と株式相場とデリバティブのバブルマネー(実質経済と異なる虚構マネー)は、もうどうしようもなくなってくる。

    金融の雪崩(崩壊)が起きると、一瞬に世界を飲みつくす。。。
    一夜で世界の状況が変る。
    身近な現実の社会状況も一瞬にして変る。

    その後だろうな。。。。
    新しい世界のあり方が発芽してくるのは。。。

    そうなると、自分自身の心のあり方が、とても重要になってくる。
    それまで、傲慢に生きてきた人は誰からも救われることはないでしょう。

    この現実は明日にでも起きる可能性があります。(そう思って日々精進)

    ↑そうですね。
    金融・経済(人間活動)=バランス=生命の樹の意思が働くのだと思います。

    今の時代のバランス=生命の樹は金融・経済だと思います。

    自作自演でみんなハッピー^^




    水面下で「解け合い」を模索している世界経済。一斉に金融データを消してしまうには不可避の事故がベストだ、コンピューターウイルスか太陽CMEのプロトンか・・・


    巨大太陽嵐の可能性

    太陽嵐(サン・ストーム)が1億個の爆弾の力で地球を襲う

    10年間の活動停止と言えるような状態があったが、太陽が目覚めている。これによって天文学者たちが高度警戒態勢に入っている。今週のアメリカのメディア数社のNASAの警告についての報道によると、今月前半に地球上で目を見張るような光を放たせた(オーロラ)巨大なフレアーは、巨大な太陽嵐が準備されている前兆に過ぎないという。この嵐は地球上のすべての電力網を消し去ってしまいかねない規模のものである。

    http://icke.seesaa.net/article/160915163.html




    やはりこの夏、何もないんですね。

    <「神の仕事=ソマリア海賊=投資銀行行員」、皆さん!この関係を理解出来ますか~>



    まいどお世話になります。

    ももいちたろうさん情報です。

    <「神の仕事=ソマリア海賊=投資銀行行員」、皆さん!この関係を理解出来ますか~>

    と題して2ページにわたって情報があります。

    最初のページは以下↓です。
    http://slicer93.real-sound.net/0-hl-space-11748.html

    目次ページは以下↓です。
    http://slicer93.real-sound.net/0-JPspacecontents96.html#111

    よろしくお願いいたします。

    いやー!恐ろしい!1人に対して多勢に無勢の集団リンチ!
    これがなりすましや在日ではなく日本人のやってることだとしたら…

    怖いですねー

    <マスメデアの世論操作調査とインタ-ネット世論調査の違い、こんなものでしょう。>

    まいどお世話になります。

    ももいちたろうさん情報です。

    <マスメデアの世論操作調査とインタ-ネット世論調査の違い、こんなものでしょう。>

    と題して3ページにわたって情報があります。

    最初のページは以下↓です。
    http://slicer93.real-sound.net/0-hl-space-11751.html

    目次ページは以下↓です。
    http://slicer93.real-sound.net/0-JPspacecontents96.html#111

    よろしくお願いいたします。

    猛暑のとらえ方

     精神世界から物質世界にエネルギー情報が相転移してくる場合、われわれが住んでいる物質世界は発熱するという現象になります。こちらの世界から向こうの世界にエネルギー情報を相転移なする場合は、吸熱的な変化をします。
     これは、例えば死後硬直という現象にみられます。これは、生体の中で普通の常温以下に温度が落ちるわけです。又、イギリスのベンソンという科学者が、高僧が雪が降る中、瞑想をしている時に実験をやりました。すると、高僧の体温が40℃にも上がり、下に敷いていたタオルが、全部乾いてしまうという現象が起きたのです。それは、瞑想中に向こうのエネルギーがこっちに来て、発熱的に変化したと説明できます。
    (高尾征治:物質世界と精神世界のエネルギーの相関図より)

    今の私たちは、ある意味瞑想中の高僧と同じ状態にあるのかもしれません。

     
     異種の者(超能力者)が異世界からメッセージを受ける時、その血圧は上がり、中には鼻血が止まらなくなる者もいる。

           映画『ナイトウオッチ』より

    15日が無事に過ぎました。
    何もなくてよかったです。
    ありがとうございます。

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://ytaka2011.blog105.fc2.com/tb.php/184-31502b40
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    «  | ホーム |  »

    私はペット殺処分ゼロを応援しています!ピースワンコ・ジャパン

    まぐまぐ大賞2016

    メルマガ登録 月840円

    メルマガ登録・解除
    未来を見る! 『ヤスの備忘録』連動メルマガ
    >> サンプル
    詳細ページへ
    powered by まぐまぐプレミアム
     

    WEB検索

    Google

    プロフィール

    ヤス

    Author:ヤス
    普通の中年のおやじです。

    他の活動:ヤスの英語

    ※注意
    投稿欄としての本来の機能を維持するため、本ブログの管理人が内容としてふさわしくないと考える投稿は、予告なく削除いたします。また、投稿する方自らが自粛していただければ幸いです。

    最近の記事

    最近のコメント

    月別アーカイブ

    カテゴリー

    フリーエリア

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    ブログ内検索

    RSSフィード

    フリーエリア

    ヤスの本

    翻訳・監修本

    「神霊の世界に覚醒して」 shaman02

    ハワイの長老が語り伝える先住民族の聖なる知恵 bowl

    社会分析

    望みなき時代の幸福論 koufuku

    日本はこう変わる コルマンインデックス未来予測 nihonkawa

    「マルクスに聞け」(道出版) marx

    コルマンインデックス後 私たちの運命を決める 近未来サイクル cycle03

    コルマンインデックスで見えた日本と経済はこうなる koruma

    語学教育

    日本人が「英語ペラペラ」を本当に実現できる本 (講談社) pera

    通じる英語笑われる英語 tsu

    きちんと伝える英語 tsutaeru

    英文社内メール例文集 shanai

    実践 英文ライティング入門 bizw

    音声読み上げソフトで練習する速読即解英文リーディング sokudo

    「確実に意志が伝わる英会話」 kakujitsu

    ビジネスレター実用フォーマット bizletter

    英会話「英訳」トレーニング cd

    ネイティブはゼッタイ使わない nat

    ビジネスコミュニケーション

    論理的会話トレーニング ronri

    知的論理トレーニング chiteki

    対談本

    宇宙の設定を読み解く[BlackBox]超予測 black

    日月神示の緊急未来予測 hitsu01

    日月神示のサバイバルガイド hitsu02

    フリーエリア