2017-10

    日本に関して2

    9月1日

    選挙の前に更新できればよかったがかなわなかった。本日更新する。

    本の出版のお知らせ

    marx

    「いったい世の中どうなっているんだ!こんな時はマルクスに聞け」高島康司著

    定価¥ 1,470 道出版

    体裁としては「資本論」の解説書のような本だが、マルクス礼讚の本ではない。われわれはこれからなんとしてでもサバイバルして行かねばならない。そのための状況認識のための書として有効だと思う。よろしかったらぜひどうぞ!

    予言解説書10の有料配信

    「予言解説書10」が完成した。配信をご希望の方は筆者に直接メールしてください。これは7月20日に配信された「来るべき未来の形 0巻1号」の詳細な要約である。

    今回のALTAのレポートは、いつものように「ドルの死」や「ハイパーインフレーション」「食糧危機」そして「革命」などのいつものテーマの他に、「豚インフルエンザ」そして「環境異変と気候変動」の具体的な描写に多くのページが費やされている。環境異変の引き返すことのできないプロセスに入ったということのようだ。ご希望する方は筆者まで直接メールをください。

    info@yasunoeigo.com

    講演会の御礼

    昨日は選挙であるにもかかわらず、筆者の講演を聞きに来ていただいた。大変に感謝する。今回は、この記事で続きでもある日本に関することをお話させていただいた。やはり、大きな激動の時代に入ったことは間違いないようである。

    小泉政権の誕生

    2001年、「自民党をぶっ壊す」をスローガンにして小泉政権が誕生した。多くの国民は「ぶっ壊す」のスローガンに熱狂した。小泉政権の目玉は、これまでの政府主導のシステムを民営化し、これに市場原理を持ち込むことで、腐敗の温床となっているシステムもろともぶっ壊し、これを根本的に変えてしまうことだった。

    2005年の総選挙で小泉は大勝した。この選挙がどのようなからくりで行われたかは以前の記事に書いたが、再度掲載する。

    「2005年9月に行われた総選挙で小泉が率いる与党は圧勝したが、このときは「女刺客」「落下傘部隊」「小泉チルドレン」「抵抗勢力」などの言葉がメディアを埋め尽くし、どのメディアも「日本をよくするために改革に立ち上がった小泉」対「既得権益の維持を目論む抵抗勢力」という勧善懲悪の図式にしたがって報道がなされた。

    この図式とシナリオは、当時の自民党が選挙キャンペーン立案のために契約した世界的な広告宣伝グループ「オムニコムインターナショナル」の中核企業で、選挙キャンペーン専門の「BBDO」がプランを練り、その後、日本側のPR会社「プラップジャパン」に実際の脚本を書かせ、それを電通を通して各メディアに流したものであったことはいまでは詳しく明らかになっている。同じシナリオは、自民党側のネット情報操作チームである「チーム世耕」によって、多数の掲示板やブログに書き込まれ、日本国民へのシナリオの刷り込みが完成したこともいまでは周知の事実だ。この経緯は政治評論家、森田実氏のサイトに詳しい。関心のある方はぜひどうぞ。ここここ

    このようなからくりも手伝って、選挙民を観客に見立てた劇場型の選挙で小泉は勝利し、構造改革なるものはさらに進んだ。そしてわれわれ国民はといえば、公共圏を維持するシステムの不正と腐敗に目を奪われ、「ぶっ壊す」の意味を深く考えることなく、たまったフラストレーションのはけ口として、小泉とともに自分たちの社会を支えていた公共圏を破壊してしまった。これで日本の公共圏のあり方は根本的に変質したのである。

    公共圏の変質

    郵政民営化、医療制度改革、混合治療の解禁、石油公団の廃止、食糧庁の廃止、労働者派遣法の拡大による終身雇用の解体、メインバンク制の廃止、企業間の株の持ち合い制の廃止、政府系金融機関の統合合併、三角合併の解禁による外資の日本企業買収攻勢など、ここで一つ一つを詳しく説明する余裕はないが、一部腐敗しながらも戦後の日本の経済成長と公共圏を維持していた基本的なシステムは解体されてしまった。

    しかしそれは単純な解体ではなかった。それは社会主義ソビエトの解体に似たプロセスだった。

    1992年、ソビエトは消滅した。この消滅によって、これまで国家が管理していたあらゆる国営企業や組織が解体され、それらは資本主義化という名目で民営化され切り売りされた。買ったのはオリガルヒと呼ばれるユダヤ系マフィアであった。

    ソビエトの解体後、初代のロシア大統領に就任したのはエリチンだった。エリチン政権は実質的にオリガルヒのコントロール下にあった。オリガルヒはソビエト時代には国家管理されていた公共圏のリソースをすべて獲得することで莫大な富を得た。

    反対、この解体による社会と国民生活の劣化の結果により、ロシアはマイナス14.5パーセントの経済収縮、これまで73歳であった平均寿命の59歳までの低下など、ロシア社会は長期的な停滞の過程に突入した。90年代後半、ロシアは社会的な規範を喪失したような状態となり、マフィア資本主義と呼ばれるまでに落ちぶれた。

    これとほぼ同じようなことが日本で起こったと言ってもよい。民営化された公共圏は経済諮問会議などに結集している企業に切り売りされたのだ。つまり、国民資産のバーゲン価格の払い下げである。郵貯を独占した三井住友銀行、郵貯の350兆円に上る資金を吸い上げたゴールドマンサックスをはじめとするウォールストリート、そして簡保の宿を買いたたいたオリックスなどはほんの氷山の一角だ。インフラ整備、社会福祉、医療など公共圏を構成し、これまで政府の管理に属していた多くの領域が特殊権益を持つ民間企業にたたき売りされた。

    これまで日本の公共圏は、とてつもない腐敗と不正を内包しながらも公共圏としての機能は維持してきたが、民間に切り売りされたことで基本的な公共圏は機能しなくなったのだ。

    医療分野などはその典型であろう。小泉政権は「療養病床の削減」、姥捨てともやゆされる「後期高齢者医療保険」「医療費削減」、そして患者に保険の効かない高額治療を選択する自由を与える「混合治療」などの導入で劣化した医療分野は、外資系保険会社や、医療施設の買収を専門とするヘッジファンドの巨大な市場と化した。

    また、これまで禁止されていた製造業への労働者の派遣を解禁した改正労働者派遣法は、膨大な数の正社員労働者をいつでも解雇可能な派遣労働のスタイルに置き換えた。これで巨大な利益を独占したのは人材派遣会社だった。ちなみに、こうした改革の先頭に立っていた竹中平蔵氏は大手人材派遣会社の顧問に就任したことは記憶に新しい。

    さらに、「障害者自立支援法」「2200億円の社会保障費削減」「生活保護の母子世帯加算・老齢加算の廃止」「失業保険給付期間短縮」などのセイフティネットの基本的な劣化を伴う改革が同時に行われ、公共圏の機能は本格的に劣化してしまった。

    奇妙な選択

    このような経緯から見て、2005年における小泉総選挙はある大きな選択をわれわれに迫っていたことは明白だ。それは、A)利益団体の草狩場と化し、とてつもなく腐敗していたが、公共圏の基本的な機能は維持していたシステムと、B)特定企業の独占的な市場と化し、公共圏としてはまったく機能しなくなったシステムのどちらを選択するのかである。いうならばそれは、エンジンがボロボロでなんとかオーバーホールして走っている中古車を買うのか、ボディーは新車並だが、エンジンが抜き取られて走らない車を「新品」として偽って売っている車を買うのかの選択だった。

    しかし、小泉政権によるB)の利権と腐敗がどれほど巨大であったかのか、ネットの情報以外の手段ではその全貌を知ることはできない。

    それというのも、大手マスメディアがこの利権と腐敗の構造の一角を占めているので、これの利権と腐敗をきちんと報道することはないからだ。メディアでは、もはや急速に消滅しつつあるA)の腐敗構造の、いわば残り火のように時折噴出する「族議員」だの「談合」だの「口利き」だのといったたかだか数千万円程度の小ネタを、さも鬼の首をとったかのように騒ぎ立て、そうすることで最終的にはアメリカまでつながるB)の巨大利権をとことん隠蔽する。

    昨日行われた総選挙で民主党は308議席を獲得し第一党になったわけだが、民主党が長期政権を目指すためには、大きく落ち込んだとはいえ、まだそれなりの影響力を保っている自公の勢力を削ぐ必要があるだろう。そうするためには、小泉政権で自公が何をしてきたのか、背後に隠されているB)の巨大利権を全部暴くことが一番手っ取り早いはずだ。暴きのときは思ったよりも近い可能性がある。

    腐敗だけが日本経済低迷の原因だったのか?

    確かに、バブルの終焉後にやってきた失われた10年の長期的低迷こそ、政官財の癒着で腐敗した所得再配分システムの解体へとわれわれのフラストレーションが向かった大きな背景であった。われわれ国民は、マスメディアの誘導も十分にあって、このシステムの腐敗こそ経済停滞の基本的な原因だと考えたのだ。

    バブルの破綻以降、若干の浮き沈みはありながらも、日本経済の長期的な低迷はいまも続いている。この低迷の原因は多くの国民が考えたように、政官財の癒着に原因があったのだろうか?

    中国の進出に伴うコスト構造の変化

    確かにシステムの腐敗は停滞の重要な背景にはなっていた。だが、日本経済停滞の主要な原因ではかならずしもなかったのだ。停滞のもっとも大きな原因は、中国を中心とした新興工業国の進出によって、多くの産業のコスト構造が変化し、日本が国際的な競争力を失ったことにある。

    中国と米国との結び付きとグローバルな生産体制

    1978年から改革開放政策で外資を積極的に導入し、国営企業を中核とした経済成長政策を行ってきた中国は、1989年の天安門事件以後、中国製品の国際的なボイコットに合い、中国経済の成長は実質的に停止した。

    その後、国際的なボイコットは1990年代始めには解除されたものの、中国はかつての外資の導入による国営企業を中核とした成長政策に戻ることはなかった。新しい成長モデルにシフトしたのである。

    その成長モデルとは、中国の安い労働力市場を外国資本に開け放つことであった。

    一方、90年代始め、米国経済も低迷していた。中国の安い労働力市場は、当時日本の製造業に押されて低迷していた米国系企業にとって、願ってもないことであった。米国系企業は生産拠点をこぞって中国に移し、グローバルな生産体制を確立しながら、中国の安い労働力を利用して、製品の生産コストを徹底的に低下させることに成功した。日本の主力産業である製造業は、この新しい生産体制の導入に失敗したのである。

    グローバルな投資システムと金融テクノロジーの遅れ

    また、日本経済の停滞を招いたのは日本の投資システムの立ち遅れもあった。これまでの日本の金融システムは、政府保障によるメインバンク制と護送船団方式を機軸にしたシステムで、それはほとんど外国資本に頼らない、国内資本に依存した経済成長を推進するための機構であった。

    一方、90年代になると、米国が構築した金融システムを介して際限の無い投資が世界を循環し、それを引き入れることに成功した国が成長するという、外国からの投資に依存した発展パターンが主流になった。そうした投資を呼び込むためには、投資が自由に行えるような規制の緩和がどうしても必要であった。

    戦後日本を支えてきた保護主義的なの金融システムでは、むしろ行き過ぎた投資を規制し、国内の投資ルールを維持することに焦点があり、グローバルな投資を自由に促進するための道具立ては始めから持ち合わせていなかった。

    高度な切開手術の必要性

    このように、日本は生産、金融の両面にわたる世界的な構造の変化に対応できなかったのである。これが日本経済が長期的な停滞にあえぐことになった基本的な原因である。

    むろん、公共圏を維持する腐敗したシステムの硬直性が、停滞にいっそう拍車をかけたことは間違いない。このシステムのもとでは、生産、金融とも規制でがんじがらめになり、新しく出現した世界経済の構造に適応する柔軟性はほとんどなかった。

    だが再度言うが、この腐敗したシステムを小泉とともに破壊すればそれですんだのかといえばまったくそうではないことは、いまの高失業率と格差で停滞した日本を見れば明らかだ。必要なのは、公共圏をしっかりと維持しながら、腐敗や硬直した規制を排除し、世界の変化した環境に適応する柔軟性を獲得できるように制度を改革する高度な切開手術であった。

    それはたとえば、中国やインドの安い労働力を基盤にしたグローバルな生産体制ではもはやコスト的に見合わなくなった終身雇用を緩和して、ある程度の派遣労働を製造業に導入するかわりに、極端な格差や生活破綻の発生を防止する頑強なセイフティネットを整備し、また一部派遣会社が暴利をむさぼらないようにルールを設定して、政府が社会の公共圏の維持に最善を尽くすというようなことであろう。

    実はこのような、高度な切開手術のような政策があらゆる領域で必要であったのだ。

    民主党政権と公共圏の再構築

    昨日の総選挙では、民主党が308議席の安定多数を獲得し、政権交代が実現した。自公両党は、これまでの市場原理主義的政策とそれによる公共圏破壊の責任を問われ惨敗した。先に述べたように、もし民主党政権が長期政権を目指すのであれば、これまでの公共圏の民営化で発生した巨大な利権を暴くことになるであろう。

    ところで、民主党のマニフェストでは、民主党の政策は公共圏の再構築とその維持に主眼があることは明らかだ。それは、「社会保障の充実」と「働くものが潤う景気回復」を実現するために、「中央集権から地域主権」への転換を実行して「官邸主導で官僚制を打破」し、「公務員制度改革」と「税金のムダの是正」で財源を作るというものだ。これで公共圏が再構築されるならばいうことはない。

    繰り返される小泉劇場の熱狂

    だが、こうした政策に小泉改革の熱狂の再来を思わせる不安を感じるのも事実である。いま、主要メディアの報道(プロパガンダ)で一番聞こえて来るのは「官僚制解体」のヒステリックな叫びと、「公務員が多すぎる」の大合唱である。すでにわれわれ一般の国民の中でも「官僚制解体」と「公務員数削減」は当然の常識と化してしまったかのような印象さえある。官僚と公務員こそ諸悪の根源だという漠然とした印象だ。

    「官僚制打破」と「公務員制度改革」は民主党のマニフェストでも最重要課題になっているので、これが実行された場合、諸悪の根源は官僚制で、日本は公務員が多すぎると信じ込んでいる国民は拍手喝采してこれを歓迎するだろう。この改革を過激に行えば行うほど鳩山政権の支持率も上昇するだろうし、またプロパガンダ機関と化した民放も視聴率を稼ぐためにこの「公務員削減」と「官僚制解体」のキャンペーンをあおれるだけあおることだろう。

    公務員は本当に多いのか?


    実はちょっと調べて見るとすぐ分かることだが、世界で比較すると日本は公務員の数が実に少ないのである。公務員小国といっても過言ではない。以下の図を参照。この調査を掲載したHPには次のようにある。

    koumuin

    「公務員数(役人の数)を国際比較したグラフをかかげた。公務員数(役人数)が多いか少ないかを人口千人当たりで比較したものである。「行政・国防;強制社会保障」分野の事業所に従事する者を公務員としている。「強制社会保障」は国連の国際標準産業分類(ISICver3.1)解説によれば「強制的な社会保障スキームの管理」である。国公立の学校・病院・福祉施設の従事者や交通、郵便、水道ほかの公的企業の就業者は、それぞれの分野にカウントされている。

    「行政のムダ」がマスコミ等で大きく取り上げられ、行政改革が大きな課題となっているが、以上のようなデータからすると、「行政の不足」の面も同時に存在している可能性が高く、それ故の国民の不幸が生じている可能性も大きい。介護、プール管理、防衛装備品の調達、道路・建物・エレベーター管理など民間企業に業務の多くを任せていて、そうした企業に年齢を加えるのと平行して公務員が天下っていく方がよいのか、公務員がもっとそうした業務を自ら行った方がよいのか、合理的な検討が必要である」

    これは一言で言うと、日本の公務員制度は、世界でもっとも効率的で筋肉質である可能性が大きいということである。

    官僚制と公務員制度なくして公共圏の維持は不可能

    再度確認するが、公共圏には最低でも以下の5つの領域がある。

    A)経済システムの整備
    国民が生活できるような安定した経済システムと、そのもとでの成長の確保。インフラの整備、食料生産の確保も含む。

    B)社会の安全の確保
    国内の安全と秩序の維持のための警察組織、ならびに外国から侵略を防止するための軍事力の確保。

    C)エネルギーの安定的な確保
    社会のインフラはエネルギー源なしには機能しない。どんな状況でもエネルギーを安定的に確保すること。

    D)社会的安定性の保証
    どんな社会でも矛盾は存在する。こうした矛盾を放置すると社会は不安定となり、極端な場合は暴動や内乱などが発生し、社会の安定性が脅かされる。これを防止するために、医療や福祉などの機構を整備し、社会的矛盾を緩和する処置をとる。

    E)教育の整備
    国の経済成長は労働力の質の高さに依存する側面が大きい。また、社会のあらゆる分野では質の高い人材の確保が必要になる。これを行うためには教育のシステムを整備しなければならない。

    これらのシステムを市場に任せるのではなく、行政で管理する場合、官僚制も公務員も絶対に不可欠である。これらなくしては公共圏はそもそも存在し得ない。

    天下り、硬直した許認可権の体系、縦割り行政など、確かに官僚制や公務員制度には問題があることは事実である。だが、だからといってメディアの罠にまたはまり、官僚制や公務員制度そのものの解体を、さも小泉劇場の「女刺客」や「落下傘部隊」が「抵抗勢力」を破壊する姿に熱狂したように支持すると、今度こそ後戻りのできない状態に、それも大変な流動的な状態にわれわれは自分自身を陥れてしまうことになる。


    つまり、公共圏の本格的な解体を再度われわれ自らが行ってしまうということだ。リンゼーのサイクル理論を適用すると、1945年と2009年はシンクロしている。

    日本の関して3に続く

    雑誌アネモネ

    便利な学校検索サイトです!

    海外子女.com

    投稿に関しては以下の方針に従い、どうしても必要な場合以外は削除しないことにしておりますが、他者の人格を傷つける不適切な表現がある場合は例外とし、予告無しに削除し、投稿禁止にする場合もあります。

    意味産出の現場としてのBBSやブログ

    また、私はいま日本で起こっている変化を以下のようにとらえております。もしよろしければこちらもどうぞ。

    いま何がおこっているのか?

    ヤスの英語

    よろしかったらクリックをぜひ!↓





    スポンサーサイト

    テーマ:歴史と予言 - ジャンル:学問・文化・芸術

    コメント


    ヤス殿の体調が
    よくなられて良かったです。

    先はまだまだ不透明ですが、
    いずれにせよ、見守りたいです。

    公務員をカットしたらますます地方の経済は悪化するでしょう。
    もともと地方はすでに工場は海外へ移動。この景気のわるさで、さらに雇用は悪化。景気が悪くなれば、税収が減り、公共事業を減らしたために経済が悪化し、公務員切りでさらに地方に行くお金は減り続け、経済は疲弊すると思われます。そこに貧しい移民がきたら、これまで治安のよかった日本も犯罪におびえる国に。公共性があるからこそ日本では犯罪が少なかったのでは?

    ある家庭のシュミレーション



    とてもわかりやすかったので、ミク友さんの日記から、コピペさせて貰いました。

    (許可頂いてます。)


    ※拡散推奨



    --- ここから ---


    政権交代した後の四年間で、生活はこんなに変わります!
    ある家庭のシュミレーションです。


    30代夫婦+小学生2人のAさん家の場合
    Aさん(サラリーマン)
    :年収350万円
    aさん(パート主婦)
    :月収7万円(84万円)
    子供:小1と小4


    【投票前夜】
    Aさん「やっぱり自民党にはお灸をすえてやらないと!」
    aさん「そうよ!一度ひどいめにあわないと分からない甘ちゃん総理なんだから!」



    ☆無事、民主党政権発足☆
    民主310議席、自民90議席



    【2009年晩秋】
    鳩山「労働者の生活環境改善のため、全国的に最低時給を1000円にします」
    aさん「やったわ!これでおこづかいアップね!!」



    【……翌日】
    店長「aさん、ちょっと……」
    aさん「はい、なんでしょう?」
    店長「厳しい話なんだけどね、君には辞めてもらうことになったんだ」
    aさん「え!!どういうことですか!」
    店長「ニュースは見たでしょう? 残念ながら、一人当たりのお給料が増えるということは、 誰か何人か犠牲になってもらわないとお店がやっていけないんだ」
    aさん「で、でもなんで私なんですか!! 私がんばってますよ!!」
    店長「だからだよ。君の時給が今の800円から1000円にあがると、君の年収は105万円になる。 つまり配偶者控除から外れて社会保険や所得税など様々な経費が発生するんだ。

    女手一人で家族を養ってるパートの人もいるからね、夫のいる君には辞めてもらうよ」
    aさん「…………はい」
    《年収84万円Down》



    鳩山「こども手当てを発足させるための法が衆参両院で賛成多数で可決しました 。来春よりスタートします」
    Aさん「パートできなくなった分、申請しておいで」



    【翌々日】
    窓口「申請された子ども手当てですが、半分になります」
    aさん「ど、どういうことですか!? 」
    窓口「あのね、今年度予算には2兆4千億円しか計上されてないんですよ。日本国内に居住する15歳以下の子どもは1760万人いますから、半分になります」
    aさん「そ、そんな……」



    【4月20日】
    Aさん「なんだこりゃ!」
    aさん「ど、どうしたのあなた?」
    Aさん「それが税金が凄い増えてるんだよ……5000円近く」
    aさん「じゃあ1年で……6万円近く増えてるってこと!?」
    Aさん「あれだ……子ども手当てが出来る代わりに控除がなくなったらしい……じゃあ住民税もだな……」
    《負担6万円UP+負担10万円UP》



    【同じころ】
    鳩山「高速道路の無料化の準備が出来ました」
    Aさん「さてさて今年の自動車税も納めないとな……って、えええええええええ!!!」
    Aさん「は、84500円ってどういうことだ!!5万もふえてやがる!!!」
    aさん「納付書の下に紙が入ってるわ……自動車税で高速道路の管理維持をすることになったんですって」
    Aさん「む、むちゃくちゃじゃないか……ウチは新幹線しかつかわないのに……」
    《負担5万円UP》



    【2012年春】
    鳩山「年金改革の総仕上げです!社会保険庁は解体!新組織に移行して新システムになります!」
    Aさん「やっとか……今度はちゃんとしてくれよ……ったく」



    【その月の20日】
    Aさん「……俺もう人生いやになった」
    aさん「あなた!そんなこといわないで!!いったいどうしたっていうの!」
    Aさん「みろよこれ……」
    aさん「給与明細書?……国民年金税……36000円!!!」
    Aさん「今月の給料全部さっぴいて19万しか残らないぞ…… マンションのローンが9万円で、保険が月に6万円で、残り4万円で家族4人どうやって生活しろっていうんだ!」
    aさん「あなた……もう終わりよ……切り崩していくしかないのよ」



    時給1000円改革に伴う失職 : -840000円
    控除廃止による住民税と所得税増 : -160000円
    高速無料化による自動車税増税 : -50000円
    年金一元化による年金税 : -525000円

    合計 -1575000円の余裕減

    そこに重くのしかかる住宅ローン、自動車や生命保険料、 子どもの学校の諸費用、そして高騰する光熱費……

    なんと弱者に優しい素晴らしい世の中ですね!




    以下、政策のおさらいです。

    【子育て支援に子供1 人当たり月額26,000 円支給します】
    ※但し、将来、お子様達に税金として自分達で支払っていただきます。
    お子様の出来ないご夫婦にも負担していただきます。
    専業主婦は配偶者控除がなくなることを覚悟しておいて下さい。


    【高速道路を無料化します】
    ※但し、混雑して高速道路でなくなることをご了解願います。
    時間通り目的地に着かなくなることを覚悟してください。
    CO2 を今以上排出するようになるので環境問題には目をつぶって我慢してください。
    車を使用しない方にも道路の維持費用を負担していただきます。
    維持費の為、将来、すべての皆様に税金でお支払いいただきます。


    【景気は何とかなります。ばらまけば消費が活発になると思いますから】
    ※但し、やってみて出来なければ謝ります。
    その時は日本の産業が世界から大きく引き離されることを覚悟しておいて下さい。
    雇用も逆に悪化することを覚悟しておいて下さい。
    企業は自分達だけで立ち直る努力をしてください。


    【最低賃金を引き上げます】
    ※但し、中小企業の皆さんは経営が苦しくなって雇用が改善されなくなることを覚悟しておいて下さい。
    正社員の全体の賃金が下がることも覚悟しておいて下さい。


    【すべての財源は大丈夫です】
    ※但し、根拠はないのですが、何とかなると思います。
    やってみて出来なければ謝ります。その場合は思いもよらない税金をお願いすることになりますので、覚悟はしておいてください。
    今は選挙ですから、消費税のことはだまっておかなければ票があつまらないのでとぼけているのです。


    【憲法改正はするつもりですが、党内でまとまるわけ無いのでよくわかりません】
    ※但し、党内の左派がいなくなれば、出来るかもしれません。
    一番大切なことだと思いますが、今はできないので当分議論しないでだまっていようと思います。


    【防衛問題については、今まで何でも反対してきたので、いまさらどうこう言えません】
    ※党内でもまとめる自信がないので、あたらず、さわらずで取りあえず生き延びようと思います。
    但し、党内の左派がいなくなれば、もう少しましな事が言えると思いますが、今は無理です。
    世界からの信用を失うことは覚悟しておいて下さい。
    もし、有事の時は皆さん、あきらめてください。


    【教育については日教組とともにこの国を担う覚悟です】
    ※但し、子供たちが、おきざりにされ、偏向教育がされ、反日日本人が沢山できることは覚悟しておいて下さい。
    国旗も国歌もなくなってもしかたないと思って下さい。


    【国籍をもたない外国人にも参政権を与え、ひらかれた社会を実現します】
    ※日本は日本人だけのものではないのですから。????
    北方領土はロシアへ、竹島・対馬は韓国へ、尖閣諸島は中国へ差し上げてはどうかと思います。
    沖縄は1国2制度を導入して、中国が主張するように差し上げれば良いと思います。
    但し、国の安全、国の独立性、国民の意思は保障できないので覚悟しておいて下さい。


    【人権擁護法を成立させて人権を守ります】
    ※但し、人権という甘い言葉でつつんでいるので、皆さんは誤解していると思います
    その正体は皆さんにはわからないと思いますが、結果として言論の自由や個人の権利を束縛することになる事だけは覚悟しておいて下さい。
    よくわからなければ、自分で良く調べて勉強して下さい。教えてあげませんから。


    【年金記録問題は実は我々の支持団体である自治労の者たちの引き起こした問題ですが、政府、特に当時の安倍首相に責任を負わせてしまったことは申し訳なく思っています】
    ※しかし、社会保険庁の人間の処遇を悪くすると票がもらえないので、皆さん、あきらめて、もう少し我慢してください。
    40~50 年後には何とかしますから。その頃には私達はいないと思いますけど。


    【マニフェストには書かれていない隠れた政策が沢山あるのですが、今は大きな声で言えません】
    ※政権を取ったら、一気に進めようと思っていますので、皆さん、その時になってだめだなんて言わないで下さいね。
    いったん頂いた票は4 年間は手放しませんからね。


    【鳩山・小澤違法献金事件や鹿児島の民主党大会での国旗切り刻み事件もあるのでそれを考えると頭の中が真っ白になってしまいますが、とりあえず、今は選挙ですから、皆さん、しばらくは忘れて下さい】
    ※こんな、未熟な私達ですが、何が何でも政権交代だけさせてみてください。
    でもすべての責任はあなた方が背負ってくださいね!



    民主党があなたの暮らしを守ります。



    --- ここまで ---


    危機感を煽りすぎのように見えますが、これらの政策は
    民主党のマニフェストと政策集2009に きちんと記載されている内容です。
    嘘でも冗談でもありません。

    緊急!地震に警戒!(Webbot)

    Webbotの中の人のブログによると、今週(9/2~5, 特に9/3,4を警戒)にM6.8からM8以上程度の地震が発生する可能性が高いようです。
    時差からいって米国の反対側、緯度は北緯34度前後が特にリスクが高いとのことです。
    なお、北緯34度とは日本の「太平洋ベルト」にちょうど重なっていますので、念のため警戒すべきかと思います。

    以下英文
    increased chance of a major earthquake this week (Sep 2-5, more likely 3-4) which will be large enough (>6.8 to 8.0+) that a couple of weeks after the quake we’ll still be watching imagery of buildings falling into their foundations.

    Quake could be Turkey/Pakistan/Asia/China because of the time delay in the pictures, or around latitude 34 north but that data’s very broad, so anything south of the SF area latitude-wise seems possible. And may not be North lat.

    本当の改革は、マスゴミ否定から始まる

    4年前の小泉大勝と、今回の民主大勝は構図が同じ。
    ともに、マスゴミが扇動して大勝に導いた。
    そう考えると、今回の民主大勝というのは、
    非常に恐ろしいものを感じざるを得ないのだが?
    やはり真の改革とは、国民一人一人が、
    新聞・テレビにNo!を突きつけることからしか、
    始まらないのではないだろうか?

    「友愛」という戦いの旗印

    それはフランス革命のスローガン「自由・平等・博愛」の「博愛=フラタナティ(fraternite)」のことを指す

    鳩山由紀夫氏のVoice論文がネットに上がっています。
    http://news.goo.ne.jp/article/php/politics/php-20090831-01.html

    効率の高すぎる政府
    http://blog.goo.ne.jp/ikedanobuo/e/62312ca6f8a8fdfb3cbfc62a73e4514c

    あと、日本の行政システムが効率的であることと、公務員制度が効率的であることは、別の問題だと思います。

    お話一題:お茶の時の話題にどうぞ

    お話一題:お茶の時の話題にどうぞ

    ローランド・エメリッヒ監督が、『2012』は世界の終末を引き起こす大洪水と、生き残った人々の英雄的な苦闘を描いたアドベンチャー大作を『2012』を製作したそうである。
    日本での公開は 「11月21日(土曜)丸の内ル-ブル他全国ロ-ドショウ」である。
    http://www.sonypictures.jp/movies/2012/にそのプレがある。
    内容は 過去、この板で私が案内した「ノアの大洪水」を―世界が2012年に終わる黙示録的予言を描いたSF超大作-だそうである。
    プレを見ただけでは 全体的にシナリオが読めないが、「ノアの大洪水」をイメ-ジ化出来ない方には お奨めできる。
    ただ、プレを見たところ、オグミオン(地下のマントル層の破断・滑り回転を開始するときの地底から聞こえる超巨大な地鳴りと振動)に伴う地球規模の超地震とそれに続く超大津波・「ノアの大洪水の始まる時期の超津波」の所をショッキングな画像で見せているので、これらの原理などついての難しいところは抜きであるから楽しめるようである。

    過去、何度も説明してきたが、『2012』をみれば、「オグミオン」と「ノアの大洪水の始まる時期の超津波」を容易にイメ-ジ出来るようになるから、これからの私の説明は 大変に楽になりそうである。
    チョト笑ったところは プレで「生き残る権利がある」と云う下りである。
    さんざん、戦争で他の民族を殺してきた奴らが、「苦しみ・恐怖にまみれて・怒りに打ち震えながら天を仰ぎ、死んでいく義務」を忘れているところであろうか!。

    ローランド・エメリッヒ監督は 『インディペンデンス・デイ』、『デイ・アフター・トゥモロー』などを監督している。
    私が一連のシナリオを案内して十有余年過ぎようとしている。
    当時、それらの動画を作りたかったが諸般の事情で出来なかった。
    私のHPを見た日本の映画人の誰かが、その内に映画化するするだろうと思っていたが、日本からは 現時点まで無い。
    当時、私のシナリオの要点を英語化して千成氏が、海外にも公開・案内していただいた。その前後、数多くの海外の方が訪問され、指摘したシナリオも背景の情報を持っている連中には大いに参考になったようだ。
    そのせいか、しばらくして、基本的に私のパクリではないかと思うような次ぎのような大作が制作されて公開された。
    少し、日本の映画人に期待したのに残念ではあるが、私が人類に知らせると云う意味では十年あまりの長い歳月を待たなければなかったが、良しとするところである。
    1。『インディペンデンス・デイ』
    2。『デイ・アフター・トゥモロー』
    3。『2012』

    この三作目の3の『2012』については 千成氏が関連を集めているようなので興味のあるかたは http://slicer93.real-sound.net/0-hl-space-10897.htmlを参考にされると良いと思う。
    山々を乗り越えて流れる超大津波の画像をみたとき、「ノアの大洪水の伝説、箱船がアララト山の峰に漂着」したということが、「・・・・遠くの高い山頂が島のように見え、地響きを上げて轟きを上げて流れる海流・・・海が退いていったあと平地の町村など何も無くなっていた・・・」どうゆうことが、イメ-ジ化出来ると思うのである。

    ===========
    もも いちたろう

    ヤス様
    今回の記事は大変勉強になりました。
    ありがとうございました。

    さて、日本国民の本当の苦しみもこれからですね。こればかりは、政権が自民だろうが民主だろうが、関係なく襲ってきます。アメリカはサブプライム恐慌で6京円とも8京円とも言われる、幾何級の債務を世界にバラ撒いたのですから、今のまま事が推移するわけがありません。

    政権が民主になっても、多くの分野の山積した問題が劇的に良くなるわけではありませんが、根本的に民主が政権を獲得して良かったと思うのは、アメリカに追従させられてきた日本のスタンスは、徐々にではありますが、最終的には大きく変貌できる可能性が見えてきたことです。

    自民や官僚は民主党の政策に財源の根拠がない根拠がないと、捲くし立てますが、国民年金、厚生年金基金の市場運用だけでも、この2年間で一体全体、どれだけの損失が計上されたでしょうか?17兆円以上です。しかも運用したのは、○○トピア・・・と日本中で、無駄な設備を作りまくって、二束三文で売却するハメになった、あの施設を担当運用してきた無能な官僚と同じ顔ぶれです。

    これは、運用損というより最初からの出来レースでアメリカに献上したようなものです。

    冷静に考えてみてください。たった2年でサラリーマンや自営業者が積み立てた年金基金が17兆円以上も消えてなくなったんですよ!

    こんなぶざまな運用をして、何も誰も責任をとらない自民政権が民主に、財源の根拠が云々とは片腹痛いです。

    さらに未だにアメリカが、この有様であるのに日本は、財務省は毎月1兆8千億円ものお金を、アメリカに送金しています。これをSTOPするだけでも1兆8千億円×12ヶ月=21兆6千億円が浮きます。年金運用損と合計すれば、38兆円以上の国民財産が捻出できます。これだけでも、38兆円以上です。各省庁には、まだまだ暗黙のお金がありますから、これから民主党はそれらを暴き、精査して国民に公開するでしょう。

    国民年金、厚生年金の市場運用損失は莫大なのに、誰も責任を取ろうとしません。
    これはもう、年間400万円以上支給される国会議員の議員年金を一律カット、或いは縮小して国会議員に責任を取ってもらうしかないと思います。

    伊勢白山道の8月31日の記事のコメント欄より

    「アメリカが日本の権利を、中国へ巨大なアメリカ国債の謝金と交換に移譲する動きがあります。

    すると、日本への命令書は中国から来ます。国が危ないです。チベットの二の舞です。これを防止しなければ生けません。」

    公務員の給料 みどりのおばさん 年収800万円。

    江東区の場合、月額給与は67万円で年間で802万円(平成13年度実績)にもなり
    朝夕の登下校時以外は学校の清掃業務などに当たるというが、実働2時間半の業務内容にこの給与とのことなのですが
    最初この記事を読んで信じられませんでした。

    また都内の江東区以外の他の区の情報では、800万円、770万円ということが書かれており
    実働2.5時間で、週休2日制で時間給換算では1万円を軽く超え、
    学校の休業日を考慮すると、その倍程度になります。

    また学校給食調理員の給与は909万円という記事も掲載されておりまして
    実働年間約180日とすると、日給換算では5万円を超えるそうです。

    これらの給料の支払いの元となるのが、私達の税金から払われているそうです。

    もう既に我が国社会はいわゆる団塊の世代が大量に定年退職する事態に直面しております。今般の衆議院選挙において麻生政権が大敗北を期した原因は、この定年退職団塊世代の票を取りまとめられなかったことも上げられると思います。

    今般の衆議院選挙を発端とする政治劇がこれからどの様な推移となるかは、単にマスコミにおどらされた今は未だ痛みが本格的ではない階層(定年退職直後階層)が本能的な将来不安から自民党を見限ったための結果であったとまず言えると思います。しかしながら、若い世代の様子は少し違い、社会問題に対して意識のある者達は本能的な将来不安から麻生自民党を比較的擁護するものと批判するものとに2分されていると私は思います。

    現実問題として、アメリカにおける国家戦略を推進する者たちがこれから先どの様な国際戦略・国家戦略を実践するかにより我が国社会もとんでもない影響を受けるのだと認識するとき、将来不安というキーワードによりある意味(負の意味)社会結束した我が国の民衆がどの様な挙動となるかが問題だと言う事でしょう。

    我が国同朋の大半は寄る辺立つ理念による社会行動ではなく、社会風潮を見て雷同する社会行動をこれからも採り続けるのだと私は思っております。

    ですから、危機が現実となるとき、つまりドル危機が現実的な日本国内経済秩序を混乱させるとき、全世界的な気候変動により世界同時不作となり、それが食料自給率の極めて低い日本社会に襲い掛かり食料配給制が実施されるとき、今は未だ漠然とした本能的な将来不安という気分でしかない社会風潮が、襲い掛かる現実に対して積極的な実践を行わざるを得ない社会風潮となるとき、日本社会は大きく変化して未来を創造する為にあらゆる具体的な努力を始めるのだと考えられます。

    我々日本人が形成するこの日本社会とは、危機が現実化するときその危機をエネルギーとして社会行動を起こす特質のある社会であると歴史が物語っており、あらゆる社会問題を克服し次なる未来を創造する為に社会結束し行動し始めるのだと言えます。

    『願わくば我に七難八苦を与えたまえ』 山中鹿之助
    http://meigen.shiawasehp.net/n/s-nakayama01.html

    官僚の概算した公式統計は嘘です


    今の日本は、国家公務員が100万人、地方公務員が360万人、その他、特殊団体や、化けの皮をかぶった独立行政法人など含め、合計で一千万人の公務員がいて。その家族まで入れると、3千万人。1億2千万人に、3千万人の公務員一族が食らいついている状態なのです

    最近、有名になった阿久根市の実情を例にとりますと・・・・年収700万円以上の職員が54パーセントを占め、大企業の部長以上の給料を受取る人間が過半数にもなる公務員組織が阿久根市民の上に君臨しているのです。

    公務員の給与と手当だけで年間17億3千万円、阿久根市の<税収は20億円>。日本全国で行なわれている納税者をバカにした天下り、年金の乱用、政治屋と特権官僚の売国行為、この現状で市民革命がおこるのは必定だと思われます。

    国の税収分がそっくり公務員の人件費に消えているのです。日本全国、国庫のみならず、地方においても公務員の人件費が財政を圧迫しています。単純に考えて、解決方法は二つしかない

    ①公務員給与引き下げ、ボーナス退職金カット
    ②公務員の定員削減

    日本の公務員の数は先進各国に比べ約半分程度です。(人口比率で見ています)。しかし、一人当たりの人件費で見ると日本は二倍程高いです。少子高齢化の加速で今後、社会保障費の増大が避けられず、増税を伴いつつ財政再建を進めるには高給を取得している公務員の人件費を削減するしかないのです

    民主党のマニフェストは全国の公務員給与自体を2割カットするものではない。

    自治労や国公労と予め協議した結果、 民主党は今回のマニフェストで公務員人件費の2割カットと言っていますが、これは全くのごまかしです。地方の出先機関を減らして定員の2割削減を行い総人件費の2割カットを行うもの。公務員給与はバブル崩壊後20年のデフレ経済の中で民間をはるかにしのぐ水準になってしまっているのに・・・

    自民党の河野太郎衆院議員も

    「国家公務員が再就職している法人は確かに4696法人。このうち国から公費が投入されているのは1766法人。1766の内訳は、特殊法人が23、独立行政法人が82、財団・社団法人が990、国立大学が40、学校法人が282、株式会社が220、その他が129。(その他の129のうち、80が更生保護法人)。

    この1766法人に天下っているのは16230人。この他の一万人は、国費投入されていない法人に再就職している。」正確には1766法人に16230人が天下り、そこに12.6兆円が流れている」と12.6兆円の存在をみとめている。

    独立行政法人や怪しげな省庁の隠れ天下り先に国から毎年流出するカネは12兆円規模に登っていることがすでに判明しています。これらの大部分を廃止するだけで、国の一般会計予算(財源)は一気に増えるのです。

    公務員給与を世間の給与水準に連動させ、無駄を省いて風通しが良くなればいいのです。政治はそのためにある

    v-366みなさんお久しぶりです。給食職員そんなに高給取りだったんだ。同級生も栄養士の資格持ってて給食職員してる。パートのおばちゃんだって自給千円以上だしうだ。ネルトンパーティでちょっと話した人は学校教員で年収800万だって明細書まで見せてくれた。なんか腹立ったんでコンタクト取らなかった。
    でも給食職員って女性社員が多くてイジメが多いらしいよ。だいたい給食(他人さまの食事
    )を作るなんて私には無理だな。

    やすさん更新ありがとうございます。

    Ku_uu さんの意見を読んでちょっと思ったんですが、公務員削減したり、退職金ボーナスなくして消費盛り上がると思いますか?
    金が回らないからデフレなんですよね?
    私は高級な公務員の給料を一律に下げて、そしてその浮いた分で失業者や若者を農業や、林業の公務員として雇うのが得策なんじゃないかなぁってなんとなく思ってます。
    あ、もちろん税金ちゅうちゅうの天下り法人にメスを入れるのは大賛成です。はい

    もこもこ さま

    現在の不景気(デフレ)と呼ばれている社会現象は、金融資本主義システムが崩壊する通過点だと考えています。60歳以上の老人が日本の金融資産の75%を所得し金を使わない、企業が効率化と合理化を徹底すれば労働人口は減り社会経済は閉塞する。合理性を追求した結果、不合理に陥る、景気が悪いのではなく、日本人は、欧米型の膨大な消費に頼りながら金融資本主義の法則下で成長拡大を続ける社会という幻想から醒めかけているのでしょうね。だから必要品以外を買わなくなった。小売店は売るために価格を下げても売れないの・・・これは世界的な現象です。

    解決策は、日本政府が日銀から通貨発行権を取り戻し、減価する政府貨幣を国民一人あたり500万円程度ばら撒くことでしょうw。エコロジーな環境整備を目的にした公共工事の増発、公務員給与などを新貨幣で支払いまして、預金に回っている金融資産をすべて減価する新貨幣に等価交換し減価率を年10%程度に設定すれば資産が消費に回ります。(実行出来るか、出来ないかは論外です)

    http://www.anti-rothschild.net/material/animation_03.html

    抽象度の高くなった通貨が、実体経済の10倍のデジタルマネーとして無限増殖を繰り返している世界経済危機は地球環境を破壊し人心を荒廃させ、世界に貧困や飢餓や戦争を生んでいるのですから・・・・・流通させる通貨にキラー遺伝子を組み込み抽象度を下げることが急務であります。もっと先には金のない世界がありまーす。

    http://video.google.com/videoplay?docid=-3788207618449105637


    公務員の賃金について

    正規職でも賃金がカットされ、非正規職や派遣が増える中で、国家公務員・自治体職員・学校教員の賃金や労働条件を聞くと、「この野郎!」思わずにいられない人が多いこと、よく分かります。
     でもそれは、公務員の賃金を下げることを求めるのではなく、自分の職場の労働条件を上げることでしか、解決しないと思うのです。

    それにしても、公務員の賃金って、そんなに良いといえるのでしょうか?じつは、公務員の待遇は、言われているほど良いとは言えません。単に賃金だけ比較するのではなく、仕事のハードさとかも考える必要があります。

    たとえば夕張市では、一昨年、ボーナスが突然半分に減らされてしまいました。支給額は43歳モデルで1.325カ月分の約42万円。夏のボーナス(46歳、75万5000円)からほぼ半減したとのことです。

    地元の新聞によると『市職員男性(32)は「出るも地獄、残るも地獄だ」と感じている。月給が平均3割削減。 妻(35)と中学1年の長女(13)、長男(1)の4人暮らし。妻は妊娠中だ。毎月の出費が約26万円に対し、月給は約24万円。不足分はボーナスで埋めていたが、そのボーナスも半分になる。「数年後にこうなると言われれば準備もできるが、来春からでは無理だ。死刑宣告だ」』と悲鳴をあげていたそうです。いくら自治体が財政破綻したからといって、この仕打ちはあんまりです。また、大阪府では橋下知事の方針で職員の人件費が削られ、中学校の先生が悲鳴を上げていました。

    以前、JANJANというサイトに吉田みえこさんという人が投稿してましたが、それをみると、橋本知事の給与がなんと145万円!それに対して吉田さんの手取りは34.5万円と少ない。とても贅沢な暮らしなんてできないということです。大型プロジェクト失敗のつけを人件費の削減で解消しようというのは筋違いだと訴えてます。

    月の手取りで34万円ほどなら1年だと400万円くらい、ボーナスとかをあわせても600万円くらいでしょうか。そこから保険や税金が引かれているので実際はもっと少なくなります。東京や大阪のような大都市なら、物価も高いので、とてもじゃないけど贅沢なんてできません。また、古いデータだけど「プレジデント(2006年11/13号)」という雑誌によると、学校給食員の平均年収が619万円、清掃職員が796万円だそうです。しかし、だからといって、民間企業より待遇が良いとはいえません。この金額は、あくまでも特殊勤務手当が含まれてのものだからです。特殊勤務手当というのは、著しく危険・不快・不健康又は困難な業務について支給されるというものです。つまり、学校給食や清掃の職員は、民間とは違い、ずっと危険で命がけの仕事内容であると規定されてるから、この手当てが付いているのです。

    ところが学校の先生が、給食や清掃の職員よりも低い給料にとどまっています。年齢と仕事の質を考えても、公務員基準でいえば、年間800万円くらい貰えてもおかしくないでしょう。教師という職業のハードさを考えれば、この額(34.5万)くらいの評価ではむしろ少ないように思えます。教師は、毎日の授業の準備、部活動、研修会、進路相談などで休日がほとんど無く、自分の時間がなかなかとれません。
    しかも最近は、つくる会の教科書の問題や、教え子を戦争に送らせないための活動など、右傾化とも戦わなければならないご時勢です。

    たしかに民間より金額は良いという人がいるかもしれませんが、民間と公務員との比較なんて、定規の違うところではかるようなものです。単純に比較はできません。

    また、府の庁舎に勤めている人で、若い女性が「私たちがどれほどサービス残業しているのか知事は知っているのですか」と切りこんだことがありましたが、この女性は後日配置換えになり今はどこで仕事をされているかわからないんだそうです。下手に知事に文句を言ったので制裁を受けてしまったのかもしれません。心配です。

    このように、破綻してると言われる自治体の状況を書いてきましたが、それ以外にも財政的に厳しいと言われる自治体が全国にたくさんあり、やはり同じように公務員の生活も厳しい状況だと思いますよ。

    ところで、景気がいいときは民間会社は平気でボーナスを50万とか100万円とかもらっていたはずです。そのとき公務員は人事院規定とかで、かなり低い金額におさえられてました。このように昔は我慢をしてきたことについてはなにも触れずに、今になって不況のときの状態しか評価しないのは、やっぱり不公平なことだとおもいまうす。

    日本の状況

    1)年収200万円以下の人口 1032万人
    2)生活保護を受けられない困窮者 最低600万人
    3)子供の貧困率 7人に一人
    4)非正規労働者 1800万人

    自殺者は3万人を超え、児童養護施設には3万人以上の子供達が暮らしている社会が日本なのです。
    自殺者3万人超ということは毎日100人が自殺しているという異常な状態。

    これは41歳の女性の話ですが、勤務当初は月額19万円だったものが今や12万円になり、アパートのベランダでジャガイモやニンジンを育てて食費を浮かせているとしています。

    この女性は京都市内の病院に勤務し療養病床で長期入院の老人30人に食事や入浴の介助をしており、【自民党の小泉元首相の社会保障費抑制改革】の影響で介護報酬が削減され25人いたヘルパーが11人に減らされ仕事が「まるでベルトコンベアーのように流れ作業になり一人あたり5分しか入浴時間がとれなくなっている」と嘆いています。

    しかも月収12万円でまともな生活が出来るはずもなく生活保護を受けた方がましな生活を送れる収入となっていますが、今の日本では月額12万円~15万円で朝から晩まで目一杯働く労働者がものすごく増えています。
    働けど働けど生活は楽にならず不安は高まる一方になってきており、そして一旦貧困層に落ち込めば二度と抜け出す事は不可能になっています。

    マスコミ各社の年収

    ヤスです。みなさま、いつも投稿ありがとうございます。時間があまりないので、いずれまとめてご返事させていただきます。

    ただ一点だけ。下のような会社は何を生産してこれだけ高い年収を支給しているのでしょうかね?社会に必要なんでしょうか?私はテレビは見ないので、少なくとも私にとっては一切不要なのですが。やってられましぇんさんがご紹介いただいたデータとはあまりに対照的ですね。

    http://www.ganvaru.com/

    朝日放送
    平均年収 1587万円
    平均年齢 約40歳
    従業員数 653人

    フジテレビジョン
    平均年収 1574万円
    平均年齢 約40歳
    従業員数 1384人

    TBS
    平均年収 1560万円
    平均年齢 約50歳
    従業員数 190人

    日本テレビ放送網
    平均年収 1431万円
    平均年齢 約40歳
    従業員数 1116人

    テレビ東京
    平均年収 1219万円
    平均年齢 約39歳
    従業員数 669人

    電通

    平均年収 1335万円
    平均年齢 約39歳
    従業員数 6005人

    マスコミの年収が高い所ほど、

    中国、創価、在日関連企業または団体に買収されている事を表しています。

    「反日マスコミの真実」で検索してみて下さい。

    公務員の給料も高いですが、
    在日朝鮮人の方々の待遇の方がいいですよ。

    彼らは、在日特権で働かなくてもかなりの年収が保障されてます。
    一般の日本国民にはあまり知られてませんが。

    以下、在日特権の内容を見ればおのずと見えてくるかと思います。

    [地方税] 固定資産税の減免

    [特別区] 区民税・都民税の非課税
    軽自動車税の減免

    [年 金] 国民年金保険料の免除
    心身障害者扶養年金掛金の減免

    [都営住宅] 共益費の免除住宅
    入居保証金の減免または徴収猶予

    [水 道] 基本料金の免除

    [下水道] 基本料金の免除
    水洗便所設備助成金の交付

    [放 送] 放送受信料の免除

    [交 通] 都営交通無料乗車券の交付
    JR通勤定期券の割引

    [清 掃] ごみ容器の無料貸与
    廃棄物処理手数料の免除

    [衛 生] 保健所使用料・手数料の滅免

    [教 育] 都立高等学校
    高等専門学校の授業料の免除


    具体的に。

    [年 金]
    ・国民年金保険料のカラ期間という特例制度
    (5年の納付のみでもOK)
    ・心身障害者扶養年金掛金の減免
    ・外国人高齢者給付金制度。
    (自治体により無年金者に一万円から3万円給付)

    [所得税]
    ・無課税(住民票がないため)
    *この他、生活保護を受けた場合、都民税や地方税、公営住宅費の
    免除、自動車税の免除、年金保険料の免除などもある。

    [教 育]
    ・朝鮮学校への補助金支給

    [職業]
    ・外国籍のまま公務員が可能

    [通名] ─本名でない日本名のこと。
    ・公式書類にまで使える。
    (会社登記、免許証、健康保険証など)
    これは銀行の口座開設に使用できるため 「オレオレ詐欺」 に
    良く使われている。

    [生活保護]
    ・家族の人数 × 4万円 + 家賃5万円
    生活保護率は、日本人の5倍とも言われており
    受給審査で優遇措置が取られている可能性がある。

    *「生活保護予算の大半は在日だけの特権保護費」
    国の生活保護予算の実に半分の1兆円以上にも相当します。
    これを僅か数十万人の日本の人口の1%に満たない
    在日外国人が占めています。

    [住民票]
    「外国人登録原票」は通常、一般人では閲覧できない。
    (日本人の場合、債権関係の係争で住民票を閲覧される)
    「外国人登録の変更可能事項」の部分は、自治体により氏名、
    生年月日、性別・国籍の変更又は訂正となっている。
    変更した本名から通名を新たに登録できるため、過去にいくつもの
    外国人登録書と複数の通名を同時に使用していた在日の事例もあり。
    これが、生活保護費の多重受給や犯罪に悪用されるケースが多々ある。

    [永住許可]
    在日外国人に対しては、子孫まで永久に永住が認められている。
    (「日韓法的地位協定」)犯罪を犯しても、子孫も永久にその権利が
    奪われない。(1991年の「日本国との平和条約に基づき日本の国籍
    を離脱した者等の出入国管理に関する特例法」(入管特例法))
    *入管法第24条には麻薬や売春、窃盗、密航など、罪の種類やその
    科された刑の度合いでは即退去強制とあるが、在日外国人はこれが
    適用されない。さらに、永住外国人には入管法第9条で定められた退去
    強制の項目があるが、実際にはこれすら適用されていない。


    入管特例法第9条の退去強制の各項目
    1. 内乱罪(付和随行を除く)、内乱予備罪、内乱陰謀罪、内乱等幇助罪で禁錮刑以上。(執行猶予除く)
    2. 外患誘致罪、外患援助罪、かそれら未遂罪、予備罪、陰謀罪で禁錮刑以上。(執行猶予除く)
    3. 外国国章損壊罪、私戦予備罪、私戦陰謀罪、中立命令違反罪で禁錮刑以上。
    4. 外国の元首、外交使節又はその公館に対しての犯罪で禁錮刑以上が処せられ、かつ法務大臣が(外務大臣と協議の上)日本の外交上重大な利益が損なわれたと認定。
    5. 無期又は7年を超える懲役又は禁錮に処せられ、かつ法務大臣が日本の重大な利益が損ねられたと認定。


    参考資料:
    http://www.zaitokukai.com/
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%A8%E6%97%A5%E7%89%B9%E6%A8%A9
    http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/107.html



    こうした事から、財政のために
    署名TVなどでの在日特権廃止の署名活動が行われているのです。

    【在日特権を廃止し、日本人への逆差別を無くそう!】
    http://www.shomei.tv/project-658.html

    他には、
    【永住外国人への参政権付与に反対します】
    http://www.shomei.tv/project-117.html

    など色々とありますので是非行って見て下さい。

    連投すみません。
    以下の記事は少し長いですが参照されてみると、
    いろいろ見えてくるものがあると思います。
    【在日韓国人の特別永住資格が付与された歴史的背景-韓国政府に拉致された日本人を取り戻す為】
    http://ameblo.jp/campanera/entry-10284950325.html

    民主党で日本終了

    日本には本物の右翼はいないのか

    いつの間にかヤスの備忘録ブログが、中国・朝鮮は馬鹿にするがアメリカ様にはペコペコする偽者右翼、アジア人は見下すが西洋白人には憧れるアホ右翼、在日特権だののはした金はガタガタ言うが、何千億円もの思いやり予算を貢いでいる在日米軍や、何百兆円もの郵貯資金をユダヤ金融に差し出した小泉・竹中の事にはこれっぽっちも触れない卑怯者右翼の溜まり場なってしまったようです。

    いろはさんの言うとおりだと思います。
    天皇を信奉する人々とは正直、肌があいませんが、例えば野村秋介氏が存命であれば、
    こんな卑怯者ウヨクは許してないと思います。

    「マルクスに聞け」買いました。わかり易い!いい本でした。

    いろはさんは何をムキになってるのかわかりませんが、
    アメリカや白人にペコペコしてるつもりはありませんよ。
    思いやり予算などの事実はマスコミも取り上げることが多く、
    多くの方が存じ上げてることなので、在日や中国の実態を語る方々はあえて追求しないだけだと思います。
    それに引き換え中国や在日の方々の真実の情報はマスコミも封印し、
    教育現場でも取り扱われることがないため、
    多くの方が知らずにいるのです。
    今まで被害者だと思わされてきた方々の真実がどんなものか知る権利は、
    本来、日本人全てに保障されているはずだと思いますが。

    マルクス

    >「マルクスに聞け」買いました。わかり易い!いい本でした。

    マルクスってなんだろう?
    共産主義がもたらしたもの

    http://www2.odn.ne.jp/~caq10260/c11.htm

    WebBot予測ー「恐怖する秋」が現実に

    ROCKWAY EXPRESSより引用 

    ●ロシア教授:アメリカの崩壊は2ヶ月以内に始まるかもしれない【9月1日 Paul Joseph Watson】
     イゴール・パナリン教授は、10年前に初めて唱えた運命の日の予想理論は変わりなく現在も有効だと言う。かれはこの理論で、アメリカは2010年の終わりにはソ連のように完全に崩壊し2ヶ月以内に混乱が勃発するかもしれない、と言う 政治学博士で外務省ロシア外交アカデミーの教授のパナリン教授は、記者会見で昨日、新著書の発表の際にオバマ大統領は急速に迫りつつある危機を回避するため何もしていないと語り、その危機は11月にも姿を現すかもしれないと述べた。「オバマ氏は、“希望の大統領”だが、1年以内に希望は何もなくなってしまうだろう」とパナリン教授は語る。「彼は実質的にはもう一人のゴルバチョフだ。彼は語ることは好きだが、何も実際的にはしてきていない。ゴルバチョフは少なくとも地域の共産党政権の書記だったが、オバマ大統領は社会福祉指導員だっただけだ。彼の精神性はまったく違う。いい人でうまく語る人だが、彼は指導者ではないし、アメリカを崩壊に導くだろう。アメリカ人がそれに気づいた時は、爆弾が破裂するよう感じだろう。
     1998年以来、パナリン氏は、アメリカの分裂とドルの崩壊について警告してきた。パナリン氏によれば最近の日本の民主党の総選挙での勝利は、アメリカの経済崩壊のもう一つのサインだという。
     「本日私はドルとアメリカの崩壊が避け得ないということのもう一つの確認を受け取った。日本の民主党が選挙で勝利した。この政党のリーダーである鳩山氏は、自分の経済計画の中でドルに対する不信感を示している。はっきり言えば、彼は日本の準備金をドルから別の通貨に変更することを計画している、ということだ。その動きはドルの交換レートでの価値を、早ければこの11月頃には下げるようになるだろう。分裂はその後起こるだろう」と語り、教授は翌年には中国もドルの大量投売りを開始し、ロシアは原油とガスをルーブルで取引するようになるだろう、と付け加えた。 パナリン氏は以前、アメリカ、カナダ、メキシコの間の安全保障繁栄パートナーシップ合意に言及し、ドルは「新通貨単位としてのアメロ通貨」にその座を譲るようになるだろう、と述べていた。
     教授はアメリカは6つのパートに分裂すると見ている。ほぼ1865年の南北戦争中の境界に似たライン、「中国人の人口の増大を見る太平洋地域、ヒスパニックの多い南部地域、独立の気運が見られるテキサス州、他とは異なる精神性を持つ大西洋側地帯、中央部分の貧乏人とインディアン先住民のの多い中央地域、カナダからの影響力が強い北方地域」と説明している。 長期的には、パナリン教授は、分裂する州は、最終的にはEU、カナダ、中国、メキシコ、日本、ロシアがそれぞれとるようになり、アメリカは無くなる、と言う。パナリン教授は、この崩壊を、「政治的なエリートの世界に紛争を撒き散らすことを狙ったばかげた攻撃的な政策」のせいだと非難する。そしてアメリカ国内での銃器の販売が増大していることに警告を発し、それは金融的な全面的崩壊の影響から生じる“混乱”に人々が備えるためである、と語った。 「私としては、アメリカが2010年6月までにアメリカがなくなってしまう可能性は50%を超えている。この点については、「世界の大国の使命は、アメリカに混乱が生じないようにすること」とパナリン氏は結論付けた。】

    >マスコミ各社の年収

    ヤスさん、私も同意です。
    私は、日本のマスゴミを完全に見限っているので、
    テレビだけでなく新聞も全く見ておりません。
    でも困った事は、一度もありませんね。

    しかし、テレビ局も新聞社も、大幅に赤字を出したと言いながら、一方でこれだけの給与を得ているのですから、
    テレビ局や新聞社で働いておられる方々というのは、
    随分とお偉い身分なのでしょうね(笑)。

    じっと、手を見る。

    >官僚制と公務員制度なくして公共圏の維持は不可能

    確かに、ヤスさんのおっしゃる通りです。でも、難しい問題です。私の知る限りでは、考えることすら、誰も満足にできておりません。毀れてよいことだとは思っておりませんが、果たして、どこから手をつけたらよいのか、それすら、私には、わかりません。部分的な手直しでは、お話にならない段階だと思っております。

    要は日本という国が、アメリカやユダヤ白人勢力、中韓や在日勢力に蝕まれているということです。
    今や右翼左翼と争ってる暇はありません。
    それほど日本の状況は深刻だということです。


    私は下記記事の主じゃありませんが、この記事は本当に日本を考える上でいいヒントになると思いますよ。

    http://blog.livedoor.jp/ninzya5/archives/51145654.html

    そうだね。学校給食って大変な仕事だね。
    給食員パートになりたいため順番待ちのところもあるそうだ。
    教職も休みがほとんどなく土日も部活があり先生も出勤して労働とゆうより時間にしばられて遊ぶ時間もないらしい。でも安定してて仕事にあぶれることがない。民間だとチョット不況になりとクビにするらしいから。私の派遣先サービス業も深刻な不況で客がぱったり減った。そして売り上げが減ったのは従業員のお客様への対応が悪いから「すべてお前たちが悪い」とののしる上司。生活にあまり必要ない物は売れないし必需品でも消費を抑えている。
    売り上げが減ると低所得の従業員のせいにする。じゃぁ辞めますと言うと「ちょっと待て」と言う。これは嫌がらせで民間企業はこれが現実ですね。
    このブログにもよく登場するウジ虫のような荒らしコメント。「お客様に感謝の気持ちを忘れずに」って言われてもガラの悪い奴に感謝なんてしたくない。v-366

    <その後、一週間で死者の数が倍増_タミフルが効かなかったみたいです!>

    千成といいます。
    毎度お世話になります。<P>

    ももいちたろうさん情報です。

    <その後、一週間で死者の数が倍増_タミフルが効かなかったみたいです!>

    と題して ももいちたろうさんが6ページにわたって情報を収集・分析されています。
    少し長いので、興味のある方は 以下のアドレスを参照してください。


    http://slicer93.real-sound.net/0-hl-space-10905.html

    目次ページは↓です。
    http://slicer93.real-sound.net/0-JPspacecontents88.html#111

    よろしくお願いいたします。

    e-448風邪を治す薬って実際には存在しないらしく、点滴もポカリセット程度だと聞きます。緩和されるだけらしいですがインフルエンザも免疫のない人がかかりやすいのでしょうか??
    風邪をひかないように1日ビタミンCを100mg摂取するくらいかな。100mgといえばホウレンソウなら1束です。種類によってはビタミンCがほとんどない野菜もある。4人家族で毎日ホウレンソウやキウイを食べると千円かかるね。今年は特に不作で背丈の小さいホウレンソウが店頭に並んでいた。
    千成さんの言う今回のタミフルが効かないインフルエンザもビタミンCで免疫をつけるとかかりにくいのでしょうか??v-366
    職場では玄関にガーゼと消毒液が置いてあって、インフルエンザ予防のために、これで手を消毒しないと会社内に入れないです。

    地震に注意

    黄金の金玉さんの情報です。
    http://goldentamatama.blog84.fc2.com/

    予言ではなく彼らの予告だったんだ

    過去に阪神大震災が1年後に起きると予言して本当に的中したのは今思えばハープだったからだね。v-366

    お疲れ様です。

    Ku_uu さま
    遅くなりましたが、返信ありがとうございます。
    紹介されたサイトのイサカアワーは衝撃でした。
    いつかそんな時代になるだろうとは思ってましたが、すでに動き出してるところもあるんですね。
    改めて情報ありがとうございました。

    ところで、そういう世界への移行期に起こりそうな混乱の種を阿修羅というサイトhttp://www.asyura2.com/09/hasan64/index.htmlで見つけたので紹介させてください。

    http://www.asyura2.com/09/hasan64/msg/413.html
    【中国国有企業はデリバティブ契約の一方的破棄可能と報道、外銀間に動揺】----(ロイター)
    (コメント)この記事から言えるのは、嵌められた中国の国有企業がバック(親方)の力を借りて、これ以上カネをムシリ取られないように圧力をかけたと言う事でしょう。

    http://www.asyura2.com/09/hasan64/msg/413.html
     中国、IMF債購入にドルでなく人民元を使用=合意文書】------(ロイター) 
    (コメント)分かりやすく言えば、SDRから交換できる通貨であるドル、ポンド、円、ユーロのいずれかが暴落する状況になった時には、人民元で買い支えができるようになったという事です。

    という記事なのですがこのここに書かれている記事とコメントと
    前に伊勢白山道ブログ
    http://blog.goo.ne.jp/isehakusandou/e/f4d30f92788631d4db2740db6271ec8d
    でリーマンさんが発言されていた大量の米国債購入の見返りに中国へ日本の利権を譲渡する動きがある、そうなると日本もチベットの二の舞です。っていう話が繋がっているような気がします。
    ちょっと不気味ですね。

    緊急情報(未確認)

    フルフォード・ラジオインタビュー

    2009年9月30日アメリカデフォルト、同日FRB倒産(同日に裁判判決もあり)、国民に知らされるのは10月7日遅くとも10月22日

    http://www.asyura2.com/09/hasan64/msg/414.html

    ももいちたろうさん

    タミフルが効かなかったんじゃなくて、タミフルのせいで死者の数が倍増したんじゃないの?
    タミフルを服用した人としなかった人では、どっちのほうが死亡率が高いのか調べたの?

    これから始まる新型インフルエンザ予防接種も同じ。
    やった人とやらなかった人、どっちのほうが死亡率が高くなるか?
    不謹慎だけど楽しみです。
    私は絶対拒否します。

    http://icke.seesaa.net/article/127304838.html

    http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/domestic/swine_flu_in_japan/?1252070224

    http://icke.seesaa.net/article/126473273.html

    <ワクチンの接種、いよいよ一服盛られることになるようだ>

    千成といいます。
    毎度お世話になります。<P>

    ももいちたろうさん情報です。


    <ワクチンの接種、いよいよ一服盛られることになるようだ>

    と題して ももいちたろうさんが14ページの情報を分析されています。<P>
    少し長いので、興味のある方は 以下のアドレスを参照してください。

    http://slicer93.real-sound.net/0-hl-space-10915.html

    目次ページは↓です。
    http://slicer93.real-sound.net/0-JPspacecontents88.html#111

    よろしくお願いいたします。

    無題

    ぁ”~

    おれもこの2年、昼休み抜き、
    時給換算で450円で働いてるよ・・
    お互いキツイな

    もうここには来ないから安心しろや


    態度の悪い運転手は(略

    未来人ウンコの世界が実現しつつありますね。最悪ですが。今後おこりうる事はドルの暴落→円の暴落。財産はユーロか金に換えとくべきか・・

    ■インフルにはビタミンCかインフル特効薬のSilver 100か! 

    千成です
    いつもお世話になります。

    ◎千成さんの言う今回のタミフルが効かないインフルエンザもビタミンCで免疫をつける
    とかかりにくいのでしょうか??

    というご質問を頂きました。

    そこで

    ■インフルにはビタミンCかインフル特効薬のSilver 100か! 

    と題してまとめてみました。


    http://slicer93.real-sound.net/0-hl-space-10929.html

    もし少しでも参考になれば幸いです。

    研究所の動物実験ではビタミンCを投与している動物のほうが投与していない動物よりも長生きしたとデータが・・・。ビタCが少ないと老化が早いそうだ。まぁこん

    インフルエンザも抵抗力、免疫の低い65歳以上の高齢者や5歳以下幼児、若者でも虚弱体質の人がかかりやすいと思う。去年までは毎日外食でラーメンがほとんどで野菜食べてなかって年中風邪ひいて年中咳き込んでたが田舎へ引っ越し毎日野菜炒めを食べるようになったせいか風邪ひとつひきません。ビタミンCが欠乏すると体調を崩し下痢をしたり風邪をひいただけで死に至るらしい。Cに限らずA~E摂取もだいじだね。農場の豚やニワトリが感染源だそうですがニワトリや豚も人間のようにビタミンCを体内で作れないんでしょうか??
    これからミカンが安いからダンボール1箱買おう。
    ちなみにガンを治すために肉を一切やめ塩分も控え野菜と玄米だけの食事でガンが消えたという本を読んだ。その本を書いた医者は「人間は草食である」と言う。ええっ?雑食でないの??
    タクシー自給450円はしんどいね。友人の旦那さんも30代でタクシー運転手で給料6万円のときがあるそうだ。場所が良いと客も多く安定してるが場所が悪いと24時間待機(流し)してても客いない。経営者が儲かってるだけだね。そういえばタクシーも値上がったね。v-366

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    <経済警報02> <2009年09月末頃、the Fed=FRBが破産?連鎖してアメリカ政府がデフォルト?ついに中国がキレたようだ!なんだかゴチャゴチャ!!>

    千成といいます。
    毎度お世話になります。<P>

    ももいちたろうさん情報です。

    <経済警報02> <2009年09月末頃、the Fed=FRBが破産?連鎖してアメリカ政府がデフォルト?ついに中国がキレたようだ!なんだかゴチャゴチャ!!>

    と題して ももいちたろうさんが情報を収集・分析されています。<P>

    14ページあり少し長いので、興味のある方は 以下のアドレスを参照してください。
    http://slicer93.real-sound.net/0-hl-space-10930.html

    目次ページは↓です。
    http://slicer93.real-sound.net/0-JPspacecontents88.html#111

    よろしくお願いいたします。

    <「インフルエンザ・ワクチン(予防接種)は打たないで!と呼びかけている」>


    千成といいます。
    毎度お世話になります。<P>

    ももいちたろうさん情報です。

    <「インフルエンザ・ワクチン(予防接種)は打たないで!と呼びかけている」>

    と題して ももいちたろうさんが情報を収集・分析されています。
    9ページあって少し長いので、興味のある方は 以下のアドレスを参照してください。

    http://slicer93.real-sound.net/0-hl-space-10946.html

    目次ページは↓です。
    http://slicer93.real-sound.net/0-JPspacecontents88.html#111

    よろしくお願いいたします。

    陰謀組織が人工的にばらまいたとは思えない。しかし養鶏豚場で働いてる人が一般人よりインフルエンザに対する抵抗力が50倍であることにびっくりです。抵抗力免疫をつける手段はなんでしょうか?

    話が飛びますが過去にインターネットカフェで仕事以外の時間を12時間毎日半年続けてたときカフェで寝泊まりしている人全員が咳き込んでて私も肺がんかとまちがうくらいせきや高熱の日々が多かった。狭い空間に大勢の人間がひしめきあって過ごしていると空気も悪くなり部屋もすぐ汚れ不衛生だ。カフェで寝泊まりしなくなってから症状はおさまったが1日喉から出る黄色いタンがコップにいっぱい出まして病院へ行ったが原因がわからないと言われ点滴、抗生物質を撃ってもらったが治らなかった。自然治癒で完治したが今思えばインフルエンザだったんかも。 v-366

    http://www.youtube.com/watch?v=87J4BAtioXY&feature=channel_page

    インフルエンザ対策

    5月頃、なにかのブログでインフルエンザを発症した豚の小屋に、乳酸菌を噴霧したら、あっと言う間に回復したという記事がありました。(だから抵抗力が高いのかも・・・)
    それ以来、ものは試しに朝、乳酸菌たっぷりのヨーグルトを飲んでます。
    これが得策!とは言い切れませんが、出来る事から始めるってのも必要だと思います。
    私のこれまでの経験では、インフルエンザは、ある日突然の高熱(39度以上)から始まります。つぎに喉の痛み・・・ウイルスは時として飛び火します。脳症や心不全を併発することもあります。痰が出るということは、良くないものが体外に吐き出されていることなので、体が元の元気を取り戻そうと頑張っているのではないでしょうか?

    >話が飛びますが過去にインターネットカフェで仕事以外の時間を12時間毎日半年続けてたときカフェで寝泊まりしている人全員が咳き込んでて私も肺がんかとまちがうくらいせきや高熱の日々が多かった。狭い空間に大勢の人間がひしめきあって過ごしていると空気も悪くなり部屋もすぐ汚れ不衛生だ。カフェで寝泊まりしなくなってから症状はおさまったが1日喉から出る黄色いタンがコップにいっぱい出まして病院へ行ったが原因がわからないと言われ点滴、抗生物質を撃ってもらったが治らなかった。自然治癒で完治したが今思えばインフルエンザだったんかも。

    それは、結核かもしれません。インターネットカフェは、結核患者が大量発生してます。結核は過去の病気と思われ、今の医者では発見できにくい。結核に詳しい病院で、胸部レントゲン検査や痰の検査することをおすすめします。

    0.5畳あるかないかの狭くてボロボロでPCとリクライニングチェアーが置いてあるだけのネットカフェでも都会ですと需要があるので御礼満員の店でしたが狭い空間でほとんどの人がタバコをふかし禁煙席はあっても同じ空間にいるわけで無意味でした。天井が低く窓もなく換気が悪く部屋ごとに置いてあるゼリー状の消臭剤が湿気でカビててそれが原因なのかタバコの煙か??県病院へレントゲン検査したがどこも異常なしだった。病院は空気がきれいだからか咳一つしなかったからやっぱ煙で蔓延したネットカフェにいたせいか?今は新築の換気設備の整ったカフェに行っている。ちなみにタバコを吸ってた頃は肌が湿疹でボロボロでしたが辞めたら治りました。マンションは家賃が10万と高い割にアスベストが天井に・・・・。
    空気の良い田舎に引っ越してからも人と会話ができないくらい連続咳が続き、、、ホコリアレルギーだったのか??アトピーで皮膚がただれた人が肉、酒タバコをいっさい辞め減塩醤油に変え無農薬の野菜とお米と毎日ヨーグルトが付属した病院からの献立でアトピが治ったそうだやっぱ野菜の力ってスゴイなぁって思った。私も野菜生活にしましてから完治しました。インフルに限らず全ての病気に野菜が関係あったのか?・

    霊的な面から言うと日ごろの行いが悪いとぜんそくになりぜんそくに関してはお祓いで治らないそうでほとんどの病気は霊能者お祓いで治ると聞いたことがある。病気は悪事を働いたり逆恨みなど人から受ける邪悪な念(生霊、死霊)によるものであると霊能者は言う。
    確かに私も不当な利益で荒稼ぎをしていた頃は体調不良の日々でした。人間悪いことはできませんね。神は信じませんが良いことをしたら良いことが帰ってきて悪い行いをすれば悪いことが跳ね返ってくる因果応報、宇宙の法則みたいなものはあると思います。v-366

    qaqさんの乳酸菌で思い出した

    マキノ出版から出ている済陽高穂(著)の「今あるガンが消えていく食事」とうい本の中に書いている食事の献立にも毎日ヨーグルトがあるね。
    体内に20個あったガンがこの献立メニューを3カ月続けて消えたそうです。v-366

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://ytaka2011.blog105.fc2.com/tb.php/141-071e7800
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    お勧めサイト紹介「ヤスの備忘録」

    今回の選挙は、2005年の郵政選挙と比較されることが多いですね。(参考)同じ衆院総選挙でありながら、4年前とは全く逆の結果になったのだからさもありなん、という感じでしょうか。そのせいか、今回の民主党勝利の要因分析、そして今後の予測などをするにあたって、...

    «  | ホーム |  »

    私はペット殺処分ゼロを応援しています!ピースワンコ・ジャパン

    まぐまぐ大賞2016

    メルマガ登録 月840円

    メルマガ登録・解除
    未来を見る! 『ヤスの備忘録』連動メルマガ
    >> サンプル
    詳細ページへ
    powered by まぐまぐプレミアム
     

    WEB検索

    Google

    プロフィール

    ヤス

    Author:ヤス
    普通の中年のおやじです。

    他の活動:ヤスの英語

    ※注意
    投稿欄としての本来の機能を維持するため、本ブログの管理人が内容としてふさわしくないと考える投稿は、予告なく削除いたします。また、投稿する方自らが自粛していただければ幸いです。

    最近の記事

    最近のコメント

    月別アーカイブ

    カテゴリー

    フリーエリア

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    ブログ内検索

    RSSフィード

    フリーエリア

    ヤスの本

    翻訳・監修本

    「神霊の世界に覚醒して」 shaman02

    ハワイの長老が語り伝える先住民族の聖なる知恵 bowl

    社会分析

    望みなき時代の幸福論 koufuku

    日本はこう変わる コルマンインデックス未来予測 nihonkawa

    「マルクスに聞け」(道出版) marx

    コルマンインデックス後 私たちの運命を決める 近未来サイクル cycle03

    コルマンインデックスで見えた日本と経済はこうなる koruma

    語学教育

    日本人が「英語ペラペラ」を本当に実現できる本 (講談社) pera

    通じる英語笑われる英語 tsu

    きちんと伝える英語 tsutaeru

    英文社内メール例文集 shanai

    実践 英文ライティング入門 bizw

    音声読み上げソフトで練習する速読即解英文リーディング sokudo

    「確実に意志が伝わる英会話」 kakujitsu

    ビジネスレター実用フォーマット bizletter

    英会話「英訳」トレーニング cd

    ネイティブはゼッタイ使わない nat

    ビジネスコミュニケーション

    論理的会話トレーニング ronri

    知的論理トレーニング chiteki

    対談本

    宇宙の設定を読み解く[BlackBox]超予測 black

    日月神示の緊急未来予測 hitsu01

    日月神示のサバイバルガイド hitsu02

    フリーエリア