fc2ブログ

    2024-03

    メルマガ752回の予告

    これから、筆者が毎週出しているメルマガの予告をブログに毎回掲載することにした。6月30日に配信される第752回の記事のほんの一部です。よろしければ登録をどうぞ。初月は無料です。

    メルマガ登録

    …━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
    第752回 プリゴジンの反乱で実際にはなにがおこっていたのか?日本では報道されていないこと、コルマン博士の語るAIの起源 前半
    …━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…

    ▼今回の記事

    ロシアの民間軍事会社、「ワグネル」を率いるプリゴジンが反旗をひるがえした。この事件について詳しく調べると、日本では報道されていない事実があまりにも多い。今回はこうした事実を紹介しながら、実際に何が起こったのか書く。最後に、マヤカレンダーの解釈で知られるコルマンインデックスから見たAIの起源とその行方を紹介する。記事が長くなるので、これは2回に分けた。今回は前半である。

    ●「ワグネル」は「ロシア軍情報機関(GRU)」の産物

    これが事件の概要である。しかし、今回の事件がロシア国内のクーデターの発生と、プーチン政権の転覆の可能性を示唆するものではないにしても、その実態は報道されているよりもはるかに深い。

    そして、ここで重要な点は、プリゴジンだけに焦点が当たっているが、実は「ワグネル」の指導者はプリゴジンだけではない。

    周知のようにプリゴジンは、スタンドのホットドッグ売りから身を興し、レストランのオーナーとなった人物だ。その後、ケータリングサービスの企業を成功させ、プーチンとの関係ができた。このようにプリゴジンにはまったく軍歴がない。

    そのような人物が、戦闘集団である「ワグネル」をなぜ設立できたのだろうか?筆者にはナゾであった。プリゴジンは「ワグネル」の実力者では確かにあるものの、「ワグネル」を動かしている別な人物や勢力がいるのではないかと思っていた。

    実は「ワグネル」の背景を調べると、ドミトリー・ウトキンという共同創立者がいたのだ。むしろ、「ワグネル」の本当の実力者はウトキンなのかもしれない。事実、占拠した「ロストフ・ナ・ドヌ」からモスクワに進軍していた3200人の部隊を指揮していたのがウトキンだった。ウトキンの動向から今回の反乱を見ると、まったく知られていなかった事実が見えてくる。

    実は「ワグネル」は、「ロシア連邦軍参謀本部情報総局(GRU)」の産物なのである。単なる民間軍事会社ではない。「GRU」はロシア軍の最高情報機関である。プリゴジン自身は軍歴がないものの、もう一人の共同設立者であるドミトリー・ウトキンは、「GRU」の特殊部隊、「スペツナズ」の特殊工作員だった。

    「スペツナズ」は少なくとも1949年以来、おそらくそれ以前から存在している。彼らは通常、敵陣の背後で秘密裏に作戦を遂行する。彼らは最新の装備で武装しており、ロシアの敵の裏庭に小型核兵器を仕掛けることができると疑われてきた。

    インターネット上では、「ロシア保安局(FSB)(KGBの後継組織)」、ならびに「スペツナズ」の隊員の多くが親ワグネル派であることが確認されている。つまり、軍内、おそらくは「FSB」内でも権力闘争があった可能性があり、現在の軍指導部の交代だけでなく、プーチンに屈辱を与え、交代させることが真の目的だった可能性があるのだ。

    ●6カ月前からプリゴジンは準備、ウクライナと内通

    まず、作戦を開始するために、プリゴジンは過去6カ月以上前から準備していた。その中には、バフムトで戦うための十分な弾薬が手に入らないという、証明可能なほど虚偽の告発があった。それとともに、プリゴジンは、ロシア陸軍指導部は腐敗しており、バフムト作戦中に「ワグネル」の側面を守ることを拒否し、ウクライナ戦争で大敗していると告発した。これらの非難はどれも真実ではなかったことが証明されている。

    そして、「ツイッター」、「テレグラフ」、「サブスタック」などで流れている未確認情報によれば、それ以上のことがあったようだ。

    プリゴジンは、少なくとも昨年1月以来、「ウクライナ軍情報部」と連絡を取り合っていた。一部の情報筋によれば、プリゴジンはウクライナ情報部幹部と会談するために、「ワグネル」が活動するアフリカにも飛んだという。同様に、プリゴジンはロシア国内の多くの特殊部隊にも連絡し、自分に加わるよう求めていたという情報もある。

    プリゴジンがウクライナの情報機関に伝えたとされる情報には、プリゴジンの最終目標が含まれていた可能性がある。報道では、これも確たる証拠はないが、プリゴジンはウクライナに対して、ロシアの主要な司令部がどこにあるのかを明らかにすると約束し、ウクライナを利用して彼らを壊滅させることを狙ったとも言われている。

    ●プリゴジンは治安組織に浸透、ロシア軍の犠牲

    現時点では確証はないが、プリゴジンは、警察、軍隊、諜報機関を含む数千人の支持者によって正義の行進が埋め尽くされるよう、一般的な蜂起を望んでいたようだ。もちろん今となっては、蜂起などなかったし、プリゴジンの気の遠くなるような探求に加わりたいと申し出る者もいなかった。

    スポンサーサイト



    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://ytaka2011.blog105.fc2.com/tb.php/1194-869d2dd7
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    «  | ホーム |  »

    私はペット殺処分ゼロを応援しています!ピースワンコ・ジャパン

    まぐまぐ大賞2020

    メルマガ登録 月880円

    メルマガ登録・解除
    未来を見る! 『ヤスの備忘録』連動メルマガ
    >> サンプル
    詳細ページへ
    powered by まぐまぐプレミアム
     

    WEB検索

    Google

    foomiiメルマガ配信 クレジットカード決済が苦手なかたはこちら

    foomiiメルマガ配信 クレジットカード決済が苦手なかたはこち

    メルマガ登録

    メルマガ詳細

    プロフィール

    ヤス

    Author:ヤス
    普通の中年のおやじです。

    他の活動:ヤスの英語

    ※注意
    投稿欄としての本来の機能を維持するため、本ブログの管理人が内容としてふさわしくないと考える投稿は、予告なく削除いたします。また、投稿する方自らが自粛していただければ幸いです。

    最近の記事

    最近のコメント

    月別アーカイブ

    カテゴリー

    フリーエリア

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    ブログ内検索

    RSSフィード

    フリーエリア

    ヤスの本

    翻訳・監修本

    「神霊の世界に覚醒して」 shaman02

    ハワイの長老が語り伝える先住民族の聖なる知恵 bowl

    社会分析

    望みなき時代の幸福論 koufuku

    日本はこう変わる コルマンインデックス未来予測 nihonkawa

    「マルクスに聞け」(道出版) marx

    コルマンインデックス後 私たちの運命を決める 近未来サイクル cycle03

    コルマンインデックスで見えた日本と経済はこうなる koruma

    語学教育

    日本人が「英語ペラペラ」を本当に実現できる本 (講談社) pera

    通じる英語笑われる英語 tsu

    きちんと伝える英語 tsutaeru

    英文社内メール例文集 shanai

    実践 英文ライティング入門 bizw

    音声読み上げソフトで練習する速読即解英文リーディング sokudo

    「確実に意志が伝わる英会話」 kakujitsu

    ビジネスレター実用フォーマット bizletter

    英会話「英訳」トレーニング cd

    ネイティブはゼッタイ使わない nat

    ビジネスコミュニケーション

    論理的会話トレーニング ronri

    知的論理トレーニング chiteki

    対談本

    宇宙の設定を読み解く[BlackBox]超予測 black

    日月神示の緊急未来予測 hitsu01

    日月神示のサバイバルガイド hitsu02

    フリーエリア