fc2ブログ

    2024-04

    「yoor」の記事の紹介 番外編 ヒトラーの真実 その2

    いまビリー・マイヤーのプレヤーレンとのコンタクト記録の本を執筆しています。「プレヤーレン最新コンタクト記録2019年から2023年を中心に」という本です。本の内容、さらに本には収めきれない膨大な情報をコミュニティーサロンの「yoor」にアップしています。実際に出版されるときは内容が変更になるかもしれません。また、日本では報道されていない世界情勢の最新情報もアップしています。そのほんの一部を紹介します。よろしかったら登録をどうぞ。

    危機を乗り切るための高級雑学

    ・ヒトラーの死の真相

    さらに、興味深いのヒトラーの死の真相に関するマイヤーとプターの解説である。周知のようにヒトラーは、ソ連軍に包囲されたベルリンの総統地下壕でエヴァ・ブラウンとともに自殺したことになっている。遺体は側近によって焼却されたが、遺骨はソ連軍が押収した。

    しかし、ヒトラーは地下壕から脱出してアルゼンチンに逃れ、そこで隠遁しながら1985年12月までくらしていたという説もある。1945年当時、ヒトラーの世話をしたアルゼンチンのホテルのスタッフが、ヒトラーと会っていると証言をしている。アルゼンチンのヒトラーの足跡を追ったドキュメンタリーも撮られている。

    しかし、プレヤーレンの語るヒトラーの死の真相は流布しているものとはかり異なる。

    第733回 コンタクト
    2020年3月15日(日)22時03分
    https://www.futureofmankind.co.uk/Billy_Meier/Contact_Report_733

    「プター:

    この点での女性の悪習は、残念ながら世界中に広まっています。

    マイヤー:

    戦争で顔にピエロのペイントをした方が有利に見えると考える女性たちのために、本当に「残念ながら」と言えるでしょう、それは正反対です。というのも、この人類の犯罪者は本当に自殺したのか、それともアルゼンチンに逃げたのか、という質問があちこちから、そしてテレビからも出てくるのです。あなたはどう思いますか?

    父スファトとあなたがしたことについて何も言わなければ、秘密でもないし、黙っている必要もないのですから。

    マイヤー:

    私はただ、バカげた陰謀論はまったくナンセンスだということを言いたいだけです。1930年代に何年にもわたる厳しい訓練の間に、ヒトラーのそっくりさんとエヴァのそっくりさんがヒトラーとエヴァ・ブラウンとして「作り上げられ」、その結果、二人ともその役柄に完璧になり、素人には本物と見分けがつかなくなったのだろう。ヒトラーに最も近い2人の親友だけが真実を知り、2人の替え玉の「育成」と「訓練」に関わった者はすべて清算(殺された)された。

    この替え玉たちも、ヒトラーとエヴァ・ブラウンの名前で偽の書類を渡され、ソビエトが攻めてきたときにアルゼンチンに逃げた。

    一方、ヒトラーとエヴァ夫人はベルリンの総統地下壕にこもって、本当に時間を楽しんでいた。しかし、彼とエヴァ・ブラウンは彼の話を聞いた2人の狂信者に撃たれた、それを自殺として発表し、またそのように記録したのだ。

    ヒトラー自身は本当に臆病で、エヴァを撃って自殺することはできなかった。その後、ヒトラーに死ぬまで忠実で完全に従順な2人の実行犯が、1945年4月30日の15時33分に、ヒトラーとエヴァ・ブラウンの頭に2発撃って殺した。二人のヒトラーの腹心の部下は、数日前にすでにこのことについて話し合っており、その際、二人のヒトラー狂信者は、偽りの、嘘の議定書を作成することを誓った。

    二人のヒトラー狂信者も、死ぬまですべてのことについて沈黙を守り、ヒトラーが死後も勇気ある自殺した英雄として存在し続けさせることを誓った。これは、実際にどのように起こったか、実際に何が起こったのか現実の観点から説明するものであり、嘘と改竄のプロトコルや二人の殺人者の後の発言とは全く異なるものである。

    プター:

    あなたはすでに32年前に説明しましたね、私も父の年譜の中にそのことを確認する記録を見つけました、また、あなた方2人が現在の時間から未来に移動し、コロナのパンデミックで起きていることを経験しましたが、それは話すことが許されませんでした。

    また、今日、あなたは、ある種のつながりを自分の中に留めておかなければなりません、なぜなら...。

    マイヤー:

    公然と話すには多すぎるでしょうから、どうか話さないでください。

    プタア:

    しかし、11月30日に私がすでに話したことについて、今話してもいいかもしれません。父が1945年に、あなたが1945年7月に会ったカール・グスタフ・ユング教授の姪が1980年代にあなたに会いに来て、すぐにウェンデル・スティーブンスにあなたのことを伝え、彼はすぐにあなたに会いに来てくれると、すでにあなたに発表していたことです。

    そのため、あなたは彼に多くの情報を託しましたが、それについてあなたは沈黙を守り、また今日も沈黙を守らなければなりません。例えば、中国から発せられた伝染病について、あなたは75年間沈黙を守ってきま
    マイヤー:

    失礼ですが、現在もそうでなければならないのです。ウェンデルに疫病のことを話したのは、当時スファスが私にそうしろと言ったからです。ウェンデルはコロナ感染症に関する知識を、私はもう名前を覚えていませんが、ウェンデルの依頼を受けて、広東から1回目、武漢から2回目に発生するウイルスについて世界に警告を発することになっている女性に伝えることになっていましたから、私はそうしたのです。私の知る限りでは、彼はその後、問題の女性を個人的に知っていたので、私に話したようにそれを実行したが、彼女が実際に世界に警告したという話は聞いたことがない。

    また、私はウェンデルに、セミヤーゼから得た他の情報、例えば誘拐事件などの情報を伝え、彼はそれをその女性に伝えたが、この女性がそれを公にしたということについても、私は何も聞いたことがない。しかし、感染症に関しては、現在でも公然と話すことが許されない懸案事項が残っている。

    プター:

    しかし、それは私たちの間でやればいいことで、先ほども話したように、私の興味のあることがいくつかあるので、あなたが説明してくれるかもしれない。

    ところで、その女性の名前はシルビア・ブラウンといい、これは父の年譜に記されているのですが、父はこの女性が不誠実で利己的で、利益のためにあらゆる情報を悪用し、「予言者」として偽りの行動をとったとも書いています。

    マイヤー:

    つまり、「占い師」ということですね。でも、それならそれで、タワーの震災の後、「この女性とは何か嫌なことがあったから連絡を絶った」と電話をかけてきたのでしょう。しかし、私たちの間では、そのことについて話すことができるのですが、それは本当に純粋にプライベートなことでなければなりません。

    プター:

    ウェンデルとその女性については、あなたのおっしゃるとおりかもしれませんが、先ほど私は他のことを話したいと思いました。

    マイヤー:

    いや、もういいんだ、プター、君が今言おうとしたことは、公然と言ってはいけないことで、僕も話したくないことなんだ。この件を抜きにしても、エヴァ・ブラウンとヒトラーは、彼の命令で彼の狂信的な従者2人が撃ったのではないことは明らかでしょう。

    この卑劣な男(ヒトラー)は臆病で自分で判断できないので、従者2人が、ソビエトに捕まり、その残虐性などから彼を救うために自分たちの手で処理したからです。エヴァ・ブラウンとヒトラーがソビエトに撃たれなかったのは残念なことである。

    エヴァ・ブラウンがここで同情されるべきは、二人のヒトラーの腹心の部下が現れて、ソビエトが近づいていることを彼らに告げ、また彼らがこれから何をするのかを説明し、さらに彼らが入ってきたときにすでに手にしていた拳銃でそのまま撃ったので、ヒトラーやエヴァ・ブラウンやヒトラーが何も言い返すことができなかったことだ。

    アドルフ・ヒトラーとエヴァ・ブラウンの周りにも二組の替え玉がいて、これはほとんど隠されていたので秘密にされていたが、彼らがヒトラーやエヴァ・ブラウンの安全圏内のほかの場所にいるときに時々表に出てきているという事実は、そのとおりだった。

    2組の替え玉のうち1組は、話し方、動作、行動、態度に至るまで、オリジナルとそっくりで、いわば何の違いも見出すことができなかった。そのため、ヒトラーの直属のスタッフでさえ、ヒトラーが、出演が危険と思われるときに、実質的に完璧な替え玉を前面に押し出していることに気づかないことがあった。

    また、ヒトラーが地獄のように恐れていたロシアの捕虜にならないように、ヒトラーと最終的に結婚した妻を射殺した二人の狂信者だけが、その一部始終を知っていたため、疑惑などは一切出なかった。この2人の狂信者は、実質的にヒトラーとエヴァ・ブラウンを処刑した実行犯であった。

    ヒトラーは以前から、すべてがうまくいかなくなったら自殺すると宣言していたが、臆病なため、それを実行できなかったからだ。

    しかし、いざ世界征服の妄想が叶わなくなると、彼は心理的に壊れてしまい、壕の中で惨めによろめき、惨めな恐怖と臆病さでいっぱいになって、妻とともに壕に隠れてしまった。

    そこで、彼の話を聞いていた2人の狂信者が力を合わせ、ロシア人が世界征服に取りつかれた彼を手に入れる前にヒトラーとその妻を殺すことを決定した。そこで、2人の共謀者はヒトラーとエヴァ・ブラウンの部屋に入り、そこで2人はソファに座って殺害された。

    まずヒトラーが側近兼ボディガードに撃たれ、その数秒後にヒトラー夫人であるエヴァ・ブラウンが撃たれた。

    しかし、二人の処刑人はこのことを生涯隠し、しかも、この事実をメチャクチャに改ざんした。なぜなら、彼らは、その代償を払わされ、また、戦後もネオナチなどのヒトラー狂信者たちから、ヒトラーのSSキラーのバンカークルーの同志などに撃ち殺されるであろうことをよく知っていた。

    そして、彼らが沈黙を守ったために、その時本当に起こったことが知られることはなく、そのため、ロシア人やアメリカ人の耳に何も届かなかったように、これらの秘密の出来事の何も一般大衆に届くことはなかった。そして、二人の処刑人は生涯この秘密を守り通すことができたのである。

    プター:

    彼らもまた、誓いをもって沈黙を決意したように、黙秘を続けて死んだのだから、実際そうだった。

    しかし、エドゥアルト、このすべてを公然と語ることは、あなたにとって再び危険をもたらすでしょう。混乱したヒトラー支持者は、現在でさえも、狂信的に真実を信じようとせず、年代記作家やその他の歴史家たちが、偽の議事録や裁判の記録、偽の報道に基づいて、これを否定するでしょうから。

    (中略)

    マイヤー:

    さて、実は、ヒトラー事件についてもう少し言いたかったのは、ヒトラーとエヴァ・ブラウンの顔、体、言葉、話し方、さらに動き、態度と振る舞いを切り取ったヒトラーそっくりカップルが、18000人以上のナチの子分も逃亡していたアルゼンチンへ逃げたということです。

    スファトは、世界大戦の何年も前から、このダブルの夫婦は、ヒトラーの動き、話し方、振る舞いなどを密かにリハーサルして覚え、気にすることなくヒトラーのやり方で演技できるようにしたと説明した。こうして、このヒトラー・エヴァ・ブラウンそっくり夫婦は、私生活の記録などの写真や映画についても、帝国における替え玉として行動し、「本物の」ヒトラー・エヴァ・ブラウンの映画として、また「本物の」ヒトラー・エヴァ・ブラウンの写真として配布され、帝国国民と世界を欺いた。

    プター:

    このことはすべて、私の父スファトの年譜からもわかっていることであり、以前の私的な会話であなたに確認したとおりです」

    これは驚くべき情報だ。ヒトラーがアルゼンチンに逃れた可能性を示す情報は多いが、実は逃れたのはヒトラーではなく、そのダブルであったということだ。もちろん確認しようがないが、もしこれが事実だとすると、歴史の見方が変わるかもしれない。

    ところで、情報を公にすることになってたシルビア・ブラウンという人物だが、彼女は2013年に亡くなったアメリカの著名な占い師であり預言者である。複数の本を出している。

    スポンサーサイト



    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://ytaka2011.blog105.fc2.com/tb.php/1186-f1c8d39d
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    «  | ホーム |  »

    私はペット殺処分ゼロを応援しています!ピースワンコ・ジャパン

    まぐまぐ大賞2020

    メルマガ登録 月880円

    メルマガ登録・解除
    未来を見る! 『ヤスの備忘録』連動メルマガ
    >> サンプル
    詳細ページへ
    powered by まぐまぐプレミアム
     

    WEB検索

    Google

    foomiiメルマガ配信 クレジットカード決済が苦手なかたはこちら

    foomiiメルマガ配信 クレジットカード決済が苦手なかたはこち

    メルマガ登録

    メルマガ詳細

    プロフィール

    ヤス

    Author:ヤス
    普通の中年のおやじです。

    他の活動:ヤスの英語

    ※注意
    投稿欄としての本来の機能を維持するため、本ブログの管理人が内容としてふさわしくないと考える投稿は、予告なく削除いたします。また、投稿する方自らが自粛していただければ幸いです。

    最近の記事

    最近のコメント

    月別アーカイブ

    カテゴリー

    フリーエリア

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    ブログ内検索

    RSSフィード

    フリーエリア

    ヤスの本

    翻訳・監修本

    「神霊の世界に覚醒して」 shaman02

    ハワイの長老が語り伝える先住民族の聖なる知恵 bowl

    社会分析

    望みなき時代の幸福論 koufuku

    日本はこう変わる コルマンインデックス未来予測 nihonkawa

    「マルクスに聞け」(道出版) marx

    コルマンインデックス後 私たちの運命を決める 近未来サイクル cycle03

    コルマンインデックスで見えた日本と経済はこうなる koruma

    語学教育

    日本人が「英語ペラペラ」を本当に実現できる本 (講談社) pera

    通じる英語笑われる英語 tsu

    きちんと伝える英語 tsutaeru

    英文社内メール例文集 shanai

    実践 英文ライティング入門 bizw

    音声読み上げソフトで練習する速読即解英文リーディング sokudo

    「確実に意志が伝わる英会話」 kakujitsu

    ビジネスレター実用フォーマット bizletter

    英会話「英訳」トレーニング cd

    ネイティブはゼッタイ使わない nat

    ビジネスコミュニケーション

    論理的会話トレーニング ronri

    知的論理トレーニング chiteki

    対談本

    宇宙の設定を読み解く[BlackBox]超予測 black

    日月神示の緊急未来予測 hitsu01

    日月神示のサバイバルガイド hitsu02

    フリーエリア