2017-04

    2009年地獄の夏に向かって6

    1月30日
    1月31日 「オバマのテスト」の部分記事追加

    いつものように更新が大幅に遅れてしまった。その間、重要な出来事が数多くあった。今回はまずいくつか重要なお知らせがあるので、それから先に書く。

    有料メルマガ

    メリマガのまぐまぐから「まぐまぐプレミアム」という有料メルマガへの参加のお誘いを受けた。これまで果たせなかったことを実現するにはよい機会ではないかと思い引き受けることにした。

    それというのも、いつもブログに書いている内容は、書きたいと思っていることの10分の1程度なので、書きたいことを書くためにはブログの更新をかなり早めればならないと感じていたからだ。だが、日々の仕事に追われ、強制力がともなわなければなかなか書けないというのが現状だ。

    ところが、「まぐまぐプレミアム」は週1回配信の有料メルマガなので、何が何でも書くという強制力がともなう。したがって、ブログには書けなかった内容をすべて書くには絶好の手段になると考えた。これが「まぐまぐプレミアム」に参加させていただいた理由である。料金は月額840円(税込)だ。

    ブログに書ききれなかったものをメルマガとして配信するので、内容がブログと重複することはない。ただ、ブログで紹介した内容をよりいっそう深く突っ込むこともあり得るので『ヤスの備忘録連動メルマガ』とさせていただいた。内容は以下のようにする予定である。


    今後、世界や社会がどうなって行くのかブログと連動した詳細な情報の紹介

    いまわれわれはもしかしたら、論理的な思考や理性的なアプローチの予測やモデルの彼岸に突入しつつあるのかもしれない。したがって、現在のわれわれの世界の向こう側にどんな世界が待ち受けているのか、予言系、スピリチュアル系まども含め、利用できるあらゆる手段を使って、ブログと連動しながら予測を進める

    2月6日、金曜日創刊。配信は毎週金曜日に行う

    最初の月は無料だそうなので、関心のある方は、左のページにあるメルマガ登録バナーからどうぞ。

    「WebBot予言解説書③」の有料配信について

    ご要望の多かった「WebBot予言解説書③」が完成した。今回は新しいシリーズのALTA1109のパート0からぱーと2までの詳細要約と解説を収録した。あいかわらず驚愕する内容だが、未来の希望も明らかにされている。配信を希望される方は筆者まで直接メールをされたし。詳細をお伝えする。

    info@yasunoeigo.com

    講演会の御礼


    1月25日の講演会は大変に盛況だった。来てくださったかたに感謝する。講演会で放映した資料ビデオがダウンロードできるリンクをご紹介するとお約束したので、明日にでもこのブログの掲載する。

    オバマのテスト

    とうとうオバマ大統領が就任した。このブログでも何度も紹介しているように、元国務長官のコリン・パウエル、また現副大統領のジョー・バイデンなどが「オバマは大統領としてテストされる」との発言を相次いで行っていた。特にパウエル元国務長官は「1月21日か22日」と期日まで指定して何かが起こることを示唆していた。

    またこれと呼応するかのように、WebBot予言のALTA909レポートを要約したクリフ・ハイは以下のように発言していた。

    「データからみると来年の1月26日に非常に高い感情価が検出されているので、この日の前後に「債務不履行宣言」のようなものが新大統領によって発せられるのかもしれない。元国務長官のコリン・パウエルは「1月21日から22日にかけてわれわれも分からない危機が迫っている」と言っているが、いずれにせよこの「危機」は経済的なものではないかと思われる」

    コリン・パウエルの発言も含め、今回は上記のクリフ・ハイの発言は完全に外れであったといわねばならない。これは否定しようもない。

    だが、今回の最新レポートのALTA1109のパート1には、以下のような奇妙な記述が多く見受けられる。

    ・(オバマがテストされることになる)軍事的な事件は、金などの資源の採掘が行われ、流れがせき止められた河川で発生するとのデータがある。さらにこの地域は、いまは2つの国が衝突しているが、かつては帝国の一部だった地域だ。

    ・そこでは1つの部隊が、相互に関係のある5つの部隊を追い払うとのデータがある。それは、いわゆる軍隊ではなく、軍閥のような存在かもしれない。

    ・この地域では「3年間」というキーワードが強い感情値をもつ。これは危機が3年間続いているのか、なしはアメリカ国民にこの軍事的な衝突がもたらす衝撃が3年間継続するのか定かではない。

    ・2月に入ると、アメリカ国民はロシアと対峙し緊張する。上記した「2つの国」はロシアのかつての共和国である可能性が強い。この2つの国が侵略と攻撃に関わり、問題を解決するためにはアメリカ軍とロシア軍の出動が必要になる。ロシアは、アメリカのキリスト教原理主義者が考えるような侵略国家ではないとのデータが強い。したがってロシアは問題をこじらせるようなことはしない。逆にロシアは緊張した地点から軍を撤退させるか、ないしはアメリカ軍の救出までも行う。


    レポート全体のニュアンスから想像すると、オバマがテストされる時期は①1月ではなく2月にずれ込み、②そしてそれは経済関連の事態ではなく、③国際紛争か戦争であり、④旧ソビエト共和国か旧ソ連圏の東ヨーロッパでなにか突発的な事態が起こることが予想されるというものだ。それが、こうした地域でアメリカ軍とロシア軍が直接対峙するような状況になるのか、または旧ソ連圏の国々の間で紛争が勃発し、それにロシア軍とアメリカ軍の双方が介入する事態になるのかはまだ分からない。

    さらに、レポートには次のようにある。

    パート0
    ・2009年の冬は、問題が山積して動きが取れなくなり、板ばさみとなった政治エリートがプレッシャーに苦しむことになる。多くの問題が発生するが、オバマ政権はこれに最終的には軍事的な手段、それもおもに陸軍を使って対処しようとする。

    パート1
    ・この期間、アメリカ国民は軍事行動に直面して大変に緊張する。陸上で動きが取れなくなった船舶が存在する。だがわれわれのデータでは、「船」というキーワードは水上を航行する船だけではなく、宇宙船や、さらには政治的な文脈では政治的指導力の意味も持っている。

    ・この軍事的に挑戦的な出来事に対して、オバマは2つの方法で対処することが可能である。しかしどちらの方法もそれなりの効果はあるが、大きな犠牲も伴う。それは、戦闘には勝つが最終的には戦争には負けてしまうような選択か、またはその反対である。たとえば前者は、個々の戦闘には勝利するが、戦争では負けを認めざるを得ない状況におかれるが、反対に後者は、戦闘では多くの犠牲を強いられるが、戦争そのものには勝利するという方向である。この時期オバマは、この事件に対する対応を批判するアメリカ国民の世論にも直面しなければならなくなる。

    ・この時期、支配エリートはオバマとは異なった見方をして移動の自由に制限を加える可能性がある。また、オバマ政権の政治的見方は近視眼的で、この事件の全体像を捉え損ねるとのデータもある。

    ・さらに、「戦闘に勝つのか戦争そのものに勝利するのか」という選択では、オバマに緊急時には正しい決断をしなければならないという認識があまりに強いとのデータが存在する。また、外部からかけられた強い圧力により、全体的な状況を見失うとのデータもある。このようなことの結果、事前に練られていた計画はすべて失敗してしまう。


    これはこれから始まる国際的危機に対するオバマの姿勢を表しているようの見える。また「2009年の冬は、問題が山積して動きが取れなくなり、板ばさみとなった政治エリートがプレッシャーに苦しむことになる。多くの問題が発生するが、オバマ政権はこれに最終的には軍事的な手段、それもおもに陸軍を使って対処しようとする」というのは、現在フランスやイギリスなど各国で起こっている失業に抗議するデモが発生しているが、さらに過激なデモがアメリカでも発生し、これを抑えるために軍の出動を要請する、というようにも読めるがどうであろうか?

    いまは時間がないので、後に詳しく書く。

    ケムトレイルに関して

    埼玉、神奈川を含む首都圏全域でケムトレイルが観察されている。このブログの投稿欄でも目撃例が相次いでいる。

    アメリカには、ケムトレイルを専門にしている研究者が数名いるが、彼らのケムトレイルの噴霧物の分析から、これが「モルジェロン病」という奇病の原因となる菌がまかれレイル可能性が指摘されている。もちろん噴霧物はこれだけではないはずだが、モルジェロン病の病原体は検出されたものの一つであることは間違いないようだ。以下のサイトがとても参考になる。

    モルジェロン病

    ところでこのたび、このブログの投稿欄に投稿してくださっている国際救助隊さんが、モルジェロン病から身を守るための方法を翻訳して送ってくださった。実に興味深い内容であった。明日にでも掲載するつもりである。

    続く

    雑誌アネモネ

    便利な学校検索サイトです!

    海外子女.com

    投稿に関しては以下の方針に従い、どうしても必要な場合以外は削除しないことにしておりますが、他者の人格を傷つける不適切な表現がある場合は例外とし、予告無しに削除し、投稿禁止にする場合もあります。

    意味産出の現場としてのBBSやブログ

    また、私はいま日本で起こっている変化を以下のようにとらえております。もしよろしければこちらもどうぞ。

    いま何がおこっているのか?

    ヤスの英語

    よろしかったらクリックをぜひ!↓





    スポンサーサイト

    テーマ:歴史と予言 - ジャンル:学問・文化・芸術

    コメント

    対立する二つの国→北朝鮮と韓国
    せき止められている川→6カ国協議
    1/26日前後は、北朝鮮の話題がたくさんありました。
    日本海への米のイージス艦の集結、沖縄へのF-22の配備等、
    実際には、予断を許さない状態です、
    3年間というのは、6カ国協議のことのようにも思えます。
    近い将来に、朝鮮半島に、何事もなければよいのですが。

    追加しておきますと、
    1の部隊が関連する5の部隊を退ける→6カ国
    金に関連する→北朝鮮には金の鉱山があったはずです。

    ウクライナが気になる

    金などの資源の採掘が行われというのは鉄鉱石や石炭のような気がします。流れがせき止められた河川というのはガスのパイプラインではないでしょうか?

    アメリカは上海協力機構を警戒しているようですし、ブッシュがウクライナとウ・米戦略的協力憲章を締結して、ウクライナのNATOへの統合を強調した事も考えると、裏で何か動きがあるような気がします。

    ・そこでは1つの部隊が、相互に関係のある5つの部隊を追い払うとのデータがある。それは、いわゆる軍隊ではなく、軍閥のような存在かもしれない。
    ということですが、ウクライナには陸軍、海軍、空軍の他に準軍事組織として、ウクライナ内務省ウクライナ国内軍 、ウクライナ国家国境庁 、野党臨時政府(人民自衛隊)という組織(合計6組織)があるようです。

    「2つの国」はロシアのかつての共和国である可能性が強い。この2つの国が侵略と攻撃に関わるというのはウクライナとクリミア自治共和国かも知れません。イスラエルのガザ進攻みたいな事が起こるかも知れません。

    ヤス様
    いつも拝見しています。私は占星術の観点から世の中を見ていますが、webbotのエネルギーの高いときには、占星術的に重要なアスペクトが形成される時期と一致していることが多いように感じます。非常に興味深いです。ちなみに一番最近の1月26日は日食でした。エネルギーの最も高い時点から少し後で、その影響が出て来るのは、占星術でもwebbotの予言でも共通するように感じます。昨年始まった経済危機は、私は土星と天王星の影響を大きく受けているように感じます。この配置は、2010年の秋まで継続します。困難と変革の時代に人間の英知と正義が試される時代です。この期間に、虚栄とその上に気づかれた楼閣は消え去ることになりそうです。日本のメディアやテレビは未だに浮かれた内容の放送ばかりをしていますが、現在の世界経済の崩壊のスピードは想像を絶します。確かに、いつ何が起こってもおかしくない状況であり、日頃からそのつもりで日々を生きていくことが大事なように思います。夏に日本で見られる日食のあたりで、全てのエネルギーがピークになりそうです。

    ありがろうございます。

    みなさま、こんにちは。ヤス(管理人)でございます。

    なおさん
    占星術のお話は実に興味深いですね!なおさんの見識に驚愕いたしました。そうですか。星の動きとWebBotがシンクロしているのですね。これは大きな発見です。するとやはり、アメリカのみならず日本も「地獄の夏」になるのでしょうかね。

    ぜひまた投稿をしていただければ幸いです。

    おそらく最も可能性が高いのが、コソボ―セルビア間での紛争でしょう。

    コソボはトルコとの関係が深いことから、事態は東方正教会とトルコの間の宗教戦争に突入し、ボスニアやアルバニア、ギリシャ、キプロス、トルコ本土などにも戦火が及ぶことになるかもしれません。

    ナナへ

    ナナさんこんにちは。ヤス(管理人)でございます。私もまったく同感です。あと、詳しい資料は後に書かせていただきますが、チェコスロバキアになにかあるような気がしてなりません。

    ヤス様
    お返事ありがとうございます。昨年の12月にも投稿させて頂きましたが、昨年の後半期で最もエネルギーが高い日が12月11日と12日で、双子の地震が起こる可能性が高い時がありましたが、実は、12日(日本時間では13日)にグランドクロスと言う占星術的に極めて重大な影響を持つ配置が形成されました。しかも見たこともないような恐ろしい程に完璧で美しい形のグランドクロスでした。言ってみると天で十字架が形成されたような感じです。この時は、柔軟宮と言う場所で形成されたので、疑心暗鬼と言う要素が強まる感じでした。事実、12日にビッグ3の救済法案が全ての人の予想を裏切り上院で否決されました。しかし、この日からダウは急上昇すると言う極めて異常で奇妙な動きを示しました。また、地震は直ぐには起こりませんでしたが、今年に入り、経済不安が急激に拡大していますので、いよいよ影響が出てきたように感じます。1月26日の日食で、これから具体的な動きに一気に転換されるかもしれません。2月に地球に接近する彗星の影響も考えないといけないかもしれませんが、次の最も重要な要素は、やはり7月22日の食です。これから開示される新しいwebBotの予言で、もし、7月22日前後にエネルギーの非常に強い高まりが報告されるようでしたら、占星術との関連性は間違いないと言えそうです。次の日本で見られる日食の影響ですが、日食が見えない場所にも影響は確実に及びます。食は必ずしも悪い要素ではなく、大きな転換期、新しい未来へのゲートと考えると良いかもしれません。ただし、問題を抱えた権力者にとっては、歴史的にゲートを超えられずに負の影響がもたらされることが多いようです。日本では、私が見る限り、安倍前首相も、福田前首相も食とからんで退陣しています。麻生首相も影響を受けるかどうか解りませんが、先に述べた土星と天王星の影響を誰よりも強く受けるホロスコープになっているのは確かです。日食が麻生総理の冥王星の近くで起こり、その直後に、天の月と総理の月がスクエアになるのは少し気になります。もし、麻生総理の支持率が日食の日までに少しでも改善していることが無く、しかも、まだ総理を逃げないでされておられるようなら、7月22日から1ヶ月程度の間に、日本では政治的な大混乱があるかもしれません。世界的な危機のまっただ中で、政治的な大混乱になれば国民に重大な影響が及ぶ可能性は避けられないように思います。これからのレポートを楽しみにしています。

    それでも地球はまわっている
    この先何があっても
    私たちに出来ることは、人類がいなくなる最後の最後の日まで精一杯生きる事でしょうか。子供達にこの星に生まれたことを後悔させない為に、せっかく築いた文明を残していきたいですね。できれば、もっと綺麗な形に直してから・・・
    私利私欲にまみれた汚い世界は、もううんざりです。

    でも、なぜか今こういう世界だからこそ、逆にこんな世界でも、負けないで私まで命をつないできてくれた祖先に感謝しています。
    綺麗事ですけど、本気でそう思っています。
    何が言いたいのかわからないですね^^;
    失礼しました。

    ヤス様

    「4つの目で世の中を考える」のいんきょさんが随分以前からケムを発表してらっしゃいます。おそらく日本で一番早く取り上げた方かと思います。詳しいですよ。
    http://310inkyo.jugem.jp/
    いんきょさんのケムの専用ブログです。
    http://www40.atwiki.jp/inkyo/pages/16.html
    モルジェロンス病
    http://310inkyo.jugem.jp/?eid=397
    インフルエンザ
    http://310inkyo.jugem.jp/?eid=833

    僭越ながら、ケムやモルジェロンス病に関しては、いんきょさんなしには語れないと思います。

    インフルエンザについて。

    この上記の記事によく似た映画をみました。
    「スティーブン・キング」の「ザ・スタンド」です。
    面白く仕上げているので後半は意味の無い内容ですが、前半は上記の内容と酷似しています。かなり古い映画なので知らない方が多いと思いますが、ご覧になられる事をオススメ致します。その上でヤスさんのコメントが欲しいです。巷では「スティーブン・キング」の映画は真実を盛り込んでいるとか・・・・・。本当はどうか解りませんが・・。

    3月までディストラが12万人になるらしい

    3月までにディストラが12万人になるであろうと、さっきTVでやってたね。ディストラでクビになったら再就職は若者や女性だに条件が良い社会だが中高年男性(45~50代・60代)はどこも雇ってくれない。これはクビになった年配の男性から聞いた話です。
    サービス業、接客業などの中高年男性採用は完全にお断り。
    正直、私は女ですが喫茶店でコーヒー注文したとき中年の男性がウエイトレスだったので、なんかコーヒー代がもったいないって思ってしまいました。そして2度と行かなかった。お年寄り(シルバー)や40代50代の男性にも平等に仕事を与えられる社会にしていかないと、この先ディストラされた年配者(特に男性)は再就職もなく浮浪者になり餓死するでしょう。
    家庭家族は崩壊し奥さんと子供は悲惨な目にあう。
    いま40代50代の既婚女性が20代30代の男性と再婚しているケースが多い。チャンスのある女性(40代50代)はディストラになって再就職困難な旦那とはやく手を切って若い男性と再婚されるのがいいと思います。e-277

    ケムトレイル陰謀論

    ケムトレイルの情報はいろいろな情報が飛び交っていて、どれが本当なのかわからない。なんの為にやっているのか目的も分からない。
    その理由がこのブログに書いてあります。
    文章が長いので気長に読んでください。
    http://blog.goo.ne.jp/photon1122/e/72cf2179ac2686fe74f8c8bcc2fc60d6
    http://blog.goo.ne.jp/photon1122/e/4f514cfd7370d0910602600ffe181671
    http://blog.goo.ne.jp/photon1122/e/9f18ddb764a3791bf6d7d32dbd186b9a

    インフルエンザ万能ワクチン開発の可能性が出てきましたね!完成まで数年かかるとの事ですがワクチン接種が早いか新型インフルエンザの流行爆発が早いかどうなる事でしょう。どんな陰謀があるかわからないから研究班にはSPつけた方がいいと思う。オックスフォードでも研究してたんですね。これは「奴ら」の生き残り用でしょうな(^_^;)万能ワクチンの完成まで待てない人はスイスでどうにか頼みこんでプレパンデミックワクチンを打つのも一案。実際に希望が通るかは分かりませんが「奴ら」の幹部もいるスイスのワクチンなら信用できるかも。さて日本でプレパンデミックワクチンや万能ワクチンを打つ時は国産原料で国内生産されたもので奴らの息のかかっていないものが良いでしょう。これなら変な混ぜものをする余地はかなり減ると思います。一番危ないのはキャンペーンと称して外国製のワクチンを打たれる事です。先月アフリカの某国で黄熱病ワクチン接種キャンペーンが行われました。安全なワクチンが使われた事を祈ります。話は変わりますがリストラされて困ったらクラガというフラワーエッスンスを使ってみて下さい。

    度々失礼します。また気になる事があったので書き込みします。先日町田の老人施設でインフルエンザがまん延するという事件がありました。ほぼ全員接種済みという事ですがワクチンのメーカー名やロット番号も調べたのならちゃんと報道してほしいです。問題なしならワクチンの品質に問題はありませんでしたと言えば済む事です。隠蔽の香りがします。考え過ぎですんでくれればよいですが。都内で慎重をきすなら役人の多い霞ヶ関や大使館の多い港区のクリニックで接種するのが良いかもしれません。陰謀ワクチンを用意する可能性は低いと思います。

    アメリカ分裂の始まり?

    アメリカ先住民のラコタ族が年末にアメリカから独立宣言をして、独自の旅券や自動車免許証を発行したそうです。法律上は何も問題は無いそうですが、Wikipediaで調べてみたら、そんな事どこの国も認めてないと書いてありました。どうなんでしょう?

    アメリカ人はこのニュースを見てると思いますし、何万人も職を失ってる人がいるのに金融関係業者が公的資金を受け取っておきながら高額のボーナスをもらってオバマが怒ったというニュースも見てるはずです。この動きは波及しそうな気がします。あんまり波及してしまえば各国も認めざるをえないでしょうし、オバマ政権も失墜するでしょう(オバマは就任後、一週間で支持率が15%下がりました)。少し前の話になりますが、アメリカ初の女性大統領、ウオークインの大統領が現実のものになりそうな…あくまでも予想です。いろいろ考えてしまいました。

    ラコタ族は昔から何度も独立運動してる部族で確か去年か一昨年も独立表明してましたがパフォーマンスに終ってるので・・・

    夕菜さんへ

    よけいなことですが…「ディストラ」ではなく「リストラ」ではないでしょうか? たしか「Restructuring」の略であったかと。

    パンダさんへ

    そうですね。ディストラって辞書に無かったね。

    今朝も早朝4時ごろ仕事帰りの運転中にラジオ聞いてたらリストラはもっと増える見込みで
    40万人になるそうだね。父の同級生もほぼ全員クビになったそうです。
    会社組織の農業林業、漁業が多数募集してるそうですから職探してる人は行かれてはどうですか??e-277

    ハドソン川に不時着した飛行機 - 実はテロ失敗 !?

    はじめまして。
    パウエル発言は,実はテロのことを言ってて,それが回避されたという可能性はありますかね?
    1月16日のハドソン川の飛行機事故は両エンジンへのバードアタックが原因ということですが,
    どうもきな臭い。
    マシュー君のメッセージにこれについての記述がありますね。
    「ニューヨークのハドソン川に不時着した飛行機はパイロットの操縦能力以上のことがあったのです。・・・その飛行機は妨害されたのです。・・・今回の妨害にはいくつかの目的がありました。排除したいと思う乗客を殺すこと。2機の飛行機がツインタワーを破壊したその同じ都市の地に飛行機が墜落した時に予想されるような多くの死と甚大な被害を引き起こすこと。"9・11"後の恐怖を甦らせるのにふさわしい雰囲気をつくること。衝突はテロリストの仕業だと主張し、アメリカをテロから守るオバマの政務能力に疑いを投げかけ、それによって楽観的ムードをネガティブなものに変えること。」
    [マシュー君のメッセージ(16) 25、26段落目]より
    http://moritagen.blogspot.com/2009/01/blog-post_23.html

    もし本当なら,WebBotの(オバマがテストされることになる)軍事的な事件は未遂に終わってしまったということも考えられますが,まだ連中はあきらめてないかも・・・
    それにしても最近,計画が頓挫することが多いかな?

    ところで,いつもヤスさんのブログ,すごく楽しみです。
    でも有料メルマガ,ちょっと残念です。
    もし要約などでも簡単にブログにアップしていただければ,幸いです。
    貧乏人にも,愛の手を!・・・なんちゃって。

    では,いつもありがとうございます。

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    夕菜さんへ

    家庭家族は崩壊し奥さんと子供は悲惨な目にあう。
    いま40代50代の既婚女性が20代30代の男性と再婚しているケースが多い。チャンスのある女性(40代50代)はディストラになって再就職困難な旦那とはやく手を切って若い男性と再婚されるのがいいと思います。

    あなたの考え方は、必要なくなったら人員削減の名目で社員を切り捨てても、自分は高い報酬を貰う企業のCEOと変わらない発想ですね!(旦那も働かせるだけ働かせて、用済みなったら捨てる?へぇ~、家族なんか持たないほうがいいかもね)そういう生き方は自分も用済み(男が違う女に興味を持ったら)なれば捨てられると思うよ、容赦なく。(天に唾を吐く)

    七曜さんへ

    こんにちは。ヤス(管理人)です。七曜さん、はじめまして。どうぞ、どうぞ。まったく問題ないですよ。

    みなさま、投稿ありがとうございます。すごく勉強になります。

    なおさんへ
    占星術からの見方、実に卓見ですね!なるほど、そうですか。WebBotのALTA1109は昨日まででパート4までが配信になってるので、7月22日あたりに何らかの記述があるかどうか確認してみます。

    どうもありがとうございました。

    貧相な発想しか出来ない彼女ですから、そのうちDeathトラされて泣きを見るのは目にみえてるよ

    でも知人は数億の借金を抱えたとき自分に会社を倒産させ破産宣告し、現在2万5千円のアパートに独り暮らししてるそうだよ。子供連れて奥さんは離婚し出てっちゃったそうだよ。旦那に金がなくなると捨てる・・・・・でしたら最初っから安月給サラリーマンでも若い男と結婚すればいいのに・・・と思ってしまった。
    「金の切れ目が縁の切れ目」ってその60代の知人も言ってたね。リストラで再就職困難な中年男性は行く末は浮浪者になり飢餓で死んでゆく。女はまず子供のことを第一に考えるからやっぱ我が子が餓死するより、ましって思っちゃうのかなぁ。「金がなくなったら男は価値無い」ってそれは常識だってそのちじんも言ってたなぁ。だから奥さんに捨てられて当たり前って思ってるみたい。
    知人にここのブログ紹介しちゃったから・・・見てたらゴメンネ。
    それから私はとっくに数年前リストラされ現在は会社組織の人間じゃぁないよ。外注契約であちこちの会社を回って派遣はその中の一部で単なるこずかい稼ぎだよ。e-277

    仕事が無いのに仕事くてくれって言われても無い物は出せない。
    だから会社にいてもらっても仕事が無いから給料払えない。e-277

    金のある者は貧しい者に分け与えよ

    競うこと、争うことを止めよ

    The Chemtrail & Conspiracy Con Job

    ケムトレイルと陰謀のペテン
    http://www.theyfly.com/The_Chemtrail_Conspiracy.html

    夕菜さんは、こういう人達(熟年離婚した人達)がいますよ。私の知人に、こんな人がいますよとみんなに伝えようと思ったんでしょう。ただ、さっさと離婚して若い人と再婚しろと他人にすすめるのは間違ってます。離婚しないで一緒になんとかしようって人もいます。夕菜さんはたまたまそういう環境にいたんでしょう。ホームレスになる人はカネの使い方がわからなかった。カネの使い方を間違えたんだと思ってます。
    私は、まぐまぐ有料サイトに毎月840円払うのに、携帯の有料サイトをいくつか解約しました。よく考えたら着メロや待受をかえても差し支えないから。
    これからは毎週金曜日はメールのチェックをしようと思います。
    2月6日が楽しみです。

    訂正

    着メロや待受をかえてもじゃなく、着メロや待受は変えなくてもでした

    イルミナッティカード

    それはそうとイルミナッティカードご存知ですか?つかさ組みさんのHPで知りました。


    今までの起きた事はこのカードゲームに予告されてます???

    ちなみに1996年から発売されたものです、
    http://tukasagumi.exblog.jp/3445083/
    今後起こるであろう出来事
    http://tukasagumi.exblog.jp/7411904/
    http://tukasagumi.exblog.jp/8103127/
    不思議ですね、今話題の新型鳥インフルエンザっぽいもの
    今のドル通貨危機、こんなのが今から12年前に発表されカード対戦ゲームとして販売されてました。

    訂正 米先住民の国


    ご存知アメリカにはネイティブアメリカンの居留地が
    ありますが、実は部族で連邦国家を内部に抱えていたりします。合衆国の原型はインディアンの合衆国http://wapedia.mobi/ja/Special:Search?search=%E3%82%A4%E3%83%AD%E3%82%B3%E3%82%A4%E9%80%A3%E9%82%A6&skl=%E8%A1%A8%E7%A4%BA&searchtype=
    彼等はオハイオ州東部に集められてます、、
    日本国は彼等を先住民族国際会議の時は
    彼等の主張するパスポートを黙認して入国させました、俗に言う草原のインディアンは皆さんご存知でしょうが、東部の場合バージニアの例
    日本人主婦の方のHPhttp://page.freett.com/takenokonosato/
    http://page.freett.com/valady/
    かなり同化してしまって、民族別、人種別でアメリカが分裂するというのは考えにくい
    一見中国も同じように民族別になるかに見えますが、どの自治区でも漢民族移住を奨励しどこでも主力民族、逆に少数民族は漢民族の都市に少数分散させて同化させてしまってる
    民族別ではなく中国で言う三国時代のように
    気候地域別、訛り?で分かれるのでは?
    日本だって別れるとしたら東西、それは訛り?

    浅間山の噴火ってハープなんでしょうか(?_?)このサイトをご覧の方はご存知かもしれませんが有意の人という本にプラズマUFOやハープの事が出ています。新潟の地震はハープのせいでKOーANもつかんでいるらしい。驚くべき内容です。

    先ほどのコメントに付け加えておきますが、もしその男が働く気もなく仕事を選り好みして努力もしてない場合はたしかに見切りを付けられても仕方ないと思います。誰かと再婚しても母子で生活しても子供のためにはなるでしょう。しかしどんな仕事でも良いから働きたいのに仕事が無い、努力しているけどどうにもならない場合はどうでしょう?金の切れ目が縁の切れ目と言えるでしょうか、その男に価値は無いと言えるでしょうか、子供の為?・・違うな、自分さえよければそれで良い考えだよ。私は独身30代ですが、先輩達のなかには失業している人もいますがほとんどが家族一緒に頑張っていますよ、ほとんどは1度離婚を男から打診したけど一緒に頑張ろうと奥さんに言われたそうです。僕はそういう女性と結婚したいですね、決して金の切れ目とか、金がないと価値がないとか言う女性との再婚はゴメンだね!そんな女はすぐにメッキが剥がれるし、子供に愛情なんか無いな・・寂しい人だよ・・・・(悲)

    今の混沌とした社会現象は神様から人類に対する警告で ”もう一度人としての価値観を考え直せ!”といっている気がします。世の中、銭、銭と銭ゲバばかりになって絆や情や愛が無い。確かにに生活するには銭は必要だが、それがすべてじゃない。キレイ事だ!と言われてもこの悲惨な現状が物語っていると思う。長々とコメントしてすみませんでした。

    言う女性との再婚はゴメンだね!


    訂正です
    再婚→結婚でした すいません

    イルミナッティカード

    イルミナッティカード
    怖い・・・ですね~
    そっちょくな意見・・
    意図的なものなのか
    予言的なものなのか
    偶然なのか・・

    とにかく、人間がまた怖くなりました

    フリスクさん

    フリスク氏の意見には激しく同意です
    ・・が、やっぱり綺麗事なんでしょうね。。
    金が全ての世の中の構図には、嫌気がさします。
    私たちは、生まれる惑星を間違えたのかもしれませんね。
    私が求めている物が、この地球には無い気がします。少なくとも今は・・

    「金の切れ目が縁の切れ目」???

    クソ食らえって感じですね

    オレの勤め先の近く

    都心の一等地にある高層ビルだけど、このところめっきり人が減ってます。


    外資系金融企業もリストラで外人消えた。。

    あと、テナントの高級レストラン、カフェ、ブティック軒並み1月末で閉店。


    株価は誤魔化せても、実態経済はますます悪化。


    オレはもともと富士そば生活だから関係ねーけどw

    ここに投稿する人の中には相当変わった人がいますね。
    そもそも、予言や予測は遊びや暇つぶしのためのもので大真面目に議論するもんじゃないと思うんだが。
    ふ~んでいいじゃないか。
    中でも40代50代のおばさんが30代20代の男こと再婚が増えてるなんて話を事実として話を進めてるのおかしくないか。
    くれぐれも暇で退屈な人よ詐欺に引っ掛からんように。

    ヤスさんも大真面目にやってるのは英語のほうなんだが。

    日本政府

    金の切れめが縁の切れ目という言葉を知らない人達がいます。それどころか、金を出すから仲良くしてくださいっていう状態です。
    このままでは日本はアメリカと心中してしまいそうです。

    社会の仕組み

    破産→離婚=金が無くなる→離婚
    だけの問題じゃないでしょう。破産前に離婚
    する人が多いのは配偶者に負債を負わせない為とか、財産がまだ残っていたら、配偶者に財産移してから破産するとかあるんじゃないの?
    詳しくは知らんけど、結論があまりに単純するぎる。うちの妻はそうじゃないと思いたいよね(笑)

    私から一言さんへ

    ホント、そうですよねぇ~。
    馬鹿どもが何万円もする、くだらないインチキアダルトサイトに登録するよりわぁヤス氏のまぐまぐに登録されたほうがよっぽど価値があると思いました。840円って安さだしねe-277

    夕菜さんは…

    決してそれを望んだりけしかけたりしたいのではなく、ほんとうはそれをすごく恐れているあまりにああいう表現になってしまったのではないでしょうか。自分のことも決して安住の地にいるとは感じていないと思います。彼女の文章に,彼女の幼さとおそれを感じるのですが。

    通さんへ

    この星に生まれたのは間違っていませんよ
    この時代に生まれたのも間違えてはいません

    希薄な人間関係

    私は、これからの困難な時こそ、家族や友人こそが生きる支えであると思いますが、日本では人間同士の絆が希薄になってきているのでしょうか。昨日の毎日新聞「記者の目」欄に、失業したブラジル人と日本人の違いという取材記事がありました。
    失業中の日本人とブラジル人たちに、「頼りにできる人、心の支えはありますか?」と必ず聞いている記者に対し、ブラジル人からは「神様」「家族」「友人」という何らかの返答があり、派遣を解雇され失業中のブラジル人4人家族の心の支えは「家族と友人」との事だったそうです。一方、20人ほどの日本人失業者のほとんどが(1組の夫婦を除き)、自分の支えは「何もない」と答えたそうです。「希望も、頼るものも、何もない」という日本人の失業者の孤独は悲しすぎるものがあります。
    拝金主義の日本では、これからの困難な時代、友人も家族もなしで、どうやって生きてゆくるのでしょうか。昔のように助け合いの精神や家族の価値観を、日本人は再発見したほうが良いと思いますが・・・・。

    空気よめとか

    一昔前に「空気をよめ」ということばがはやりましたね。これは読めないやつに対しては何をしてもかまわないという免罪符だと思います。
    自分の心をいらだたせる存在や、自分の言うことをきかない存在を〃仲間とは見ませんよね。〃仲間ならもっと気を使えと。

    失業者はやっかいな存在と見られるんです。
    私に迷惑がかかってしまうのではないかとか
    思うんですね。そんなことわからないのに

    迷惑かかってもそれを受け入れるのが、ブラジル人なんでしょう。日本人とは心の強さが違います。
    いやなものを避けて大人になった多くの日本人にはそれがありません。
    大難に弱いですね。きっと。どうなるのでしょう。


    僕も私から一言さんや夕菜さんに賛成です。
    これから何人の人が職を失くすかわからない世の中です。何を優先させて、何をきりすてるか考えて行動したほうがいいと思いました。

    玉梓さんが「空気をよめ」と言ったのは、 かっか さんのコメントに対して言ったのかと思ってしまった。
    すいませんでした。

    滅亡するのなら離婚しても意味ないね^^

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    ポ-ルチェンジとオバマ大統領

     「WebBot予言解説書③」において、ポ-ルチェンジについての説明があった。
    いずれの日にかヤス氏より、この情報はもたらされると思っていたが、思いの外早かった。
    私は このポ-ルチェンジ正体は 二匹の水蛇の予言に記載されているもので、「ノアの大洪水の伝説」に説明されているものと同じものを別々の角度で説明しているものであると指摘してきた。
    この二匹の水蛇の正体と威力については 別の機会に案内するとして、面白そうな内容を案内する。
    この内容は 我々の仲間の内には 流されているものであるが、皆さんも興味を持つ方がいるかもしれないからである。
    その内容は 現アメリカ大統領オバマに関するものである。
    現アメリカ大統領オバマは 何者かに守られているようで、大統領選挙以来、就任の今日まで幾つもの暗殺の罠を仕掛けられているが、巧くかわしている。
    オバマの大統領就任の前後の幾つかの予言が外れているが、それは 奴らが計画しそれを予言の形で流しものであるが、敵対する防御側がこれらからプロテクトしたために、それらの一連の予言は 外れたことになる。
    言い換えれば、やつらの計画が挫折させられたということでもあるが・・・・
    なお、●は マッシュ君とモントゴメリ-の原文、★は ももいちたろうのコメントである。
    =================
    <マシュー・ワード君のオバマ新大統領>
    ---------------
    さてオバマ新大統領です。
    『現代社会のスピリチュアルな真相』から抜粋したいと思います。
    「マシュー・ワード君は、1980年4月17日、パナマにいる父親の農場で1日働いたあと、ジープで帰路につく途中、事故に遭い、まもなく駆けつけた救急隊員の中で息を引き取りました。17歳の若さでした。悲しみに暮れる母スザンヌがふたたび息子マシューの声を聞いたのは、それから14年後のこと。」
    オバマ新大統領の誕生の経緯です
    ・・・<『現代社会のスピリチュアルな真相』、p187~191から抜粋開始>・・・
    ● どうしてバラク・オバマが光の存在だと言えるのか、ですか?
    なぜならそのとおりだからです。
    新しい読者たちのために、僕ががこれまでのメッセージで彼について話したことで、まず彼の大統領へと向かう止まることのない勢いから始めて言い換えてみましょう。
    この時点では、かれは国家の緊急事態を救うために自分がやらなくてはならないという強い使命感と、それができるのだという自信に従っているだけですが、やがて自分がスピリチュアルに進化した、高度に知的な文明社会からきた魂で、この使命をまっとうするために地球へ転生したことにみずから気づくことでしょう。
    彼がこれまでずっとはっきりと自覚していたことは、イルミナティの目的に沿うようにしていなければならないことです。
    そうでなければ、けっして民主党の指名を受けられなかったでしょう。
    これがいくつかの問題で彼が態度を変えた理由で、彼がイルミナティの“導き”にしたがってやっていることを知らない支持者たちの期待を裏切る結果になっています。
    オバマの本質や意図、行動が光と一致することは、時が明らかにするでしょう。
     最新情報も加えますが、まず、より広い背景でこの状況を見るためには、前に戻らなければなりません。
    イルミナティは、かつて多くのグループと個人が密着した集合体でした。
    それが結社になり、地球上でもっとも重要な生活の面を支配するようになったのです。
     やがて、エゴ、欲求、嘘、無慈悲が、この組織をふたつに分断し、それぞれが同じ目的を追求して、世界中の人間を殺戮し、残りの人々を奴隷のように思いのままに扱ってきました。
    そのひとつの活動は、アメリカが中心で他はヨーロッパですが、政略結婚やその後の銀行と企業合併による多国籍巨大組織によって、それぞれの勢力基盤は地球全域に及んでいます。
    不法な麻薬取引による莫大な儲けで、両分派は“闇の作戦”に資金を提供していますが、それには無実のひとびとの所為(せい)にされているテロ活動と巨大な地下組織があり、そこでは、かれらのかかえる科学者たちが人類に対してとんでもない実験を行ない、“グレイ”から教わったテクノロジーを使って宇宙船や兵器、監視システム、気候コントロールシステム等を開発しているのです。
     この数年間、このふたつの派閥間の乱轢が増し、お互いの勢力を削ぐことになったのですが、それが派閥内での抗争にまで波及し、さらに支配地域での弱体化へと続いたのです。
    派閥内と派閥どうしでの不信感が高まるとともに、新たな911の企てがことごとく失敗に終り、世界経済への締め付けがゆるみ、そして下部幹部メンバーたちの背信によって、かつてみじんも揺るぎなかったイルミナティの世界基盤も、いまやあちこちで瓦礫の山と化しています。
     でも、その中には世界支配の夢を忘れられない連中もいます。
    それが、僕の言う最新情報のことなのです。
    全体像は非常に単純ですが、とても重要です。
    なぜなら、クリントン夫妻とブッシュ一族、それに今の政権内と外のかれらの取り巻きは、イルミナティの派閥のなかでアメリカ政府を動かすパワーがあり、ヒラリーはかれらの支配を継続させるために、その連中が選んだからです。
    ところが、ほかの派閥のメンバーたちがそれを止めさせることを望んだので、ほらこのとおり! バラク・オバマ上院議員が突然国中で知られる存在として注目の的になったのです。
    もちろんその派閥メンバーたちは、オバマの魂レベルでの使命を知りません。
    でもかれらは、彼を頭の切れる、野心ある、カリスマ性をもった存在と見て、政府に新しい指導力を強く要求している投票者たちに強くアピールすると思ったのです。
    ですから、選挙キャンペーンが始まる前から、派閥内でも激しい競争が進行中だったのです。
     オバマは派閥全体の意向に忠実であるようにしなければなりませんでした---つまり、傀儡政権をつくってイランを支配し、その国の石油の所有権を獲得する---中東での覇権の継続---アフガニスタンのケシ栽培を促進してアヘンの取り引きを増加し、世界中の麻薬中毒を促進させる---そしてライバルの派閥より勢力を得るために必要だと思えばなんでもすることです。
    オバマの人気がますます高まっても、ヒラリーとその陣営は彼女をホワイトハウスに送り込む決意を変えませんでした。
    そして鍵になる州で勝利するように選挙が不正操作されたのです。
    ヒラリーが、オバマが党の指名者だと認めざるを得なくなったとき、彼女の派閥はオバマを“事故”のように装って殺そうとしました。
    それは不成功に終わりました。
    でも彼を殺そうとする企てはことごとく失敗するでしょう---聖なるキリストの光による強力な防御で、彼は地球上でもっとも安全に保護されている者のひとりであり、守られているからです。
    しかし、この暗殺計画と失敗がさらにこの派閥のふたつの分派間の乱轢を増す結果になり、イルミナティの悪巧みが実を結ぶ可能性はさらになくなっています。
    ★ なぜ、このような内容を長々と説明したかというと、現オバマ大統領とモントゴメリ-のウォ-クインのアメリカ大統領とポ-ルチェンジ・ノアの大洪水との関連が分かり難いと思ったからです。
    ================
    <ルース・モントゴメリー女史のポ-ルチェンジとウォ-クインの大統領>
    ★ 私は ルース・モントゴメリー女史のポ-ルチェンジの予言を読んで、「諸世紀」の内容に酷似していると説明した。
    しかし、酷似しているといっても、私のような「諸世紀」が「ノアの大洪水」の原因のポ-ルチェジとその結果地上に現出する阿鼻叫喚と救援のシナリオを解読出来ていなければ何が酷似しているのか理解できないと考えている。
    -----------------
    それはさておいて、ルース・モントゴメリー女史のポ-ルチェンジの予言に関連して「来るべき世界」では その時のアメリカ大統領のことを説明しているようである。
    ただ、その時の大統領の名前は 霊ガイドから教えて貰っていないようで、このサイトの著者は なんだかんだ云いながら下記のように特別に項目をもうけて検討している。
    どうやら、気になるようである。
    勿論、「諸世紀」の予言では 「・・・最後にヘリコプタ-で避難用の食料を積み込んだ穀物船に移動している様子の予言・・・」があるが、その大統領の名前も性別も明示されていないので、勝手に推測しろということであるようであるし、「諸世紀の神の霊」も「ルース・モントゴメリー女史の霊ガイド」も同じような態度から、同じ存在と関係があるのかもしれないと考えている。
    -----------------
    そこで、このサイトの著者の記述をたたき台にして、これから私も何回かに分けて検討してみようとおもう。
    巧くいけば、その時のアメリカ大統領とノアの大洪水の年代を特定できるかもしれないからである。

    ================
    <ウォーク・インの大統領とオバマ大統領>
    ★ どうやら、1998年時点で肉体の置換作業は終わっていたようだ。
    次に霊ガイド達がこのウォーク・インの大統領が何を行うかを予言する。
    ウォーク・インの大統領はすぐにはシフトの可能性について話さないという。

    ●なぜならそうした恐ろしいニュースを聞く準備ができていない人々が多いからだ。
    しかし、彼は 少しずつ、人々の、シフトのニュースへの心の準備をととのえさせるだろう。
    その方法は、米国の、電気とコンピューターへの完全な依存と、それらのエネルギーと知識の資源を保護する必要性を指摘するものだ。
    彼の言葉に注意する人々が徐々に現れ、選挙が近づくにつれ、彼は非常に強力な被指名候補者となるだろう。
    彼の問題解決への思慮分別は、多くの人々を彼の主義と目標に引きつけるはずだ
    ★ 2007年9月の現段階では 奴らの世論操作でクリントン夫人がダントツであるが、これが序助に壊れていくということであるので、日々のアメリカ大統領選挙の推移を追跡していく必要があるということのようである。
    もし、噂のクリントン夫人が敗れたとするのなら、このモントゴメリ-の予言は当たりということになるし、陰の世界政府は 光の勢力の攻撃を受け崩壊の道を歩み始めているということの証明になる。
    ★ 2009年02月の現在は オバマが大統領となり、クリントン女史は 国務長官という役割になっている。
    あくまでも、オバマ大統領に取って代わろうとする位置にクリントン女史はいることになった。
    これらのことより、2008年の大統領選挙でのクリントン女史は敗れ、オバマが大統領となりったが、まだ、クリントン女史(操っている組織の連中)は 暗殺などをして取って代わろうと云う試みをあきらめていないことがわかる。
    が、説明によれば、オバマ大統は 強力な防御壁(マッシュ君によればグリッド・精神的な格子で囲まれている)で防御されているとのことであるから、これ以後は この格子で防御している勢力と破壊しようとしている熾烈な戦いを見ることになる。
    ただ、熾烈な戦いといっても、地上界にいる一般人たちには その戦いの様子は理解できない。
    「オバマ大統領が暗殺された」などの、クリントン女史が大統領に取って代わるなどの具体的な様子でしか、確認・検証できないことが問題である。
     
    ----------------
    <ではポ-ルシフトが近づいてきたときに、どのようになるのだろう。>
    ●ポ-ルシフトが近づくにつれ、多くは 食糧と、電気に依存しない道具類を用意するようになるだろう。
    また、彼らは、地軸のシフト時にすさまじい勢いで風が吹き荒れるだろうとわかっている、災害をもろに受ける所から離れた場所に、シャルターを建設するだろう。
    なかには大昔の先祖がそうしたように、洞窟に住みはじめる者もいるはずだ。
    ただし、もちろんその数は今日の人口爆発のような数ではない。
    何の準備もしていない人々は 困難な時を迎えることになるが、事前に十分な警告を受けるはずだ
    ★ 「諸世紀」の予言から、その時、世界の人々は 「ノアの大洪水」のことも、その原因も理解している予言がある。
    それを知らせるのが我々かはわかりせんが、事前に人々は 理解しているといことのようです。

    ----------------

    ● 天気は 気まぐれな変化を続け、シフトが近づくと、甚大な被害をもたらす嵐が起こるだろう。
    地球の広範囲で食糧が不足し、大規模な輸送を行う資金のない米国の評判は、過去の気前の良さに関わらず、ますます悪くなるはずだ。
    メディカル・ケアに不満を抱く者が大勢出るだろう。
    というのはクリントン大統領が修正した制度は 準備金を枯渇させ、さらに生産による利益が減ることから、医療用具や薬さえも不足するからだ。
    シフト直前は 大多数の人々にとって、かなり厳しい時期となる。
    ウォーク・インの大統領は、まず、次々に現れる不平をこぼす集団をなだめることで多忙をきわめることになるだろう。
    シフトが間近であると察すると、彼は さらなる骨折り、特に安全な地域での居住地の建築に奮闘する者たちの志気を鼓舞するだろうが、住居建築は 簡単な仕事ではない
    ★ 2007年9月の現段階では ここで重要なことが記載されている。
    「クリントン大統領が修正した制度は 準備金を枯渇させ」とあることである。
    このクリントン大統領が、夫か夫人ということを明示していないことである。
    ただ、男の夫のクリントン大統領は 退位して久しい。
    そうなると、このクリントン大統領とは 女性のクリントン大統領ということになる。
    2008年の大統領選挙では 予言の通りクリントン夫人が大統領になるということを意味している。
    この女性のクリントン大統領の任期は 2008年11月~2012年11月であるからウォーク・インの大統領が就任するのは 女性のクリントン大統領に特別のことがあって退任しない限り2012年11月~2016年11月である。
    大統領選挙は その三ヶ月前には終わり、就任の活動を開始するので、2012年8月頃には実質的アメリカ大統領になっているということになる。
    ホピの予言の2012年12月の約四ヶ月前くらいのことを説明していることになる。
    ★ 2009年02月の現在は オバマが大統領となり、クリントン女史は 国務長官という役割になっているために、2008年11月~2012年11月の期間が任期で、2013年01に業務を次の大統領に引き継ぐことになるので、ホピなどの予言された2012年12月22日頃は アメリカ大統領に在位していることになる。

    ------------------
    ●シフトが近づくと、地球全土で大騒動になる。
    誰もがアドバイスを求めてワシントンを頼るだろう。
    新大統領は、『もっとも安全だと思われる場所に、新築されたシュルターがある』という言葉で、生き残りを願う人々を安心させることになる。
    ワシントンに群がる人々は、シュルターと、さらにくる人々のために準備した既成の住居、そしてすさまじい風と嵐の被害を受けない場所に植えた、さまざまな食物の種を発見することになる。
    あらゆるところが洪水に襲われるため、人々は大きな河川の側には移住しないだろうが、生活水は 苦もなく手に入るはずだ。
    それはまるで米国西部の開拓時代に戻ったようなありさまだ。
    ただし、米国人が新たに住む土地は、白人の開拓者たちがアメリカ先住民から奪った時代の土地のありさまよりも、快適さがはるかに劣ることを除いてだ。
    政府はすべてが順調にいくよう、苦境にいる人々を助ける必要があるだろう
    ★ これはアメリカでの騒ぎの説明ですが、他の国々も似たり寄ったりの状況ということになるでしょう。
    -----------------
    ●新聞などのメディアは、まぎれもない、太陽と地球の位置関係が変化する可能性について世界中に警告するだろう。
    そのニュースを疑う人々もいるが、ほかの多くの国々はウォーク・インの大統領のアドバイスにしたがい、海岸線に近い危険地域から国民を非難させる準備をととのえるはずだ。
    ★ 「太陽と地球の位置関係が変化する」の意味が問題となる。
    この記述では 地球の公転軌道が変わるように受け取る人が多いと思われる。
    ただ、地球から見た太陽の上り下りの位置のずれというのであれば、数々の伝説で説明されていることであるから、特別な内容ではないし、公転軌道が変わることを意味しない。
    ------------------
    ●シフトの知らせは地球の歴史上、もっとも精神的なショックを人々にもたらしそうだ。
    なぜなら、現代のメディアによるさし迫る災害の警告は必ず当たるからだ。
    地球上の多くの人々は、シフトをかつてない、命に関わる大災害とみなすだろう。
    しかし彼らは、霊的なことが、物質的、肉体的なことよりもはるかに重要であることを忘れてしまっていたと気づき、地球がシフト後、ある種の浄化の場となり、より良い住処となることに目醒めるだろう
    ★ この段階になって「ひふみの世界」が活躍するのであろうと思うのである。
    霊的なことを知る必要から・・・・
    ★ いずれにしろ、必要なのは 具体的なノアの大洪水の正体ということになる。
    既に、NASAなどの関係者や奴らには 私の解説的な説明から承知のことであるが、ウォクインの大統領、おそらくオバマ大統領が皆さんに語りかける前に、簡単に案内しておこうと思う。
    いずれ詳しい内容の予測が「WebBot予言解説書」に記載される日々が来ると思うからである。

    火山の噴火

    日本で双子の噴火?(浅間山と桜島)がありましたがイエローストーンはどうなったんでしょう?まだ危険な状態なんでしょうか?

    ももさん、これらの内容は信じてらっしゃるんですか?
    真実の事らしく引用してらっしゃいますが、なぜ貴方が知っているのかが知りたいと率直に思いました。
    または何を根拠に信じてらっしゃるんでしょうか。
    本と、ネットによる書き込みを参考になさってるだけでは、信憑性がなさすぎて、説得力に欠けると思ってしまいます・・

    少なくとも、私は精神的にあまり良くない影響を受けそうです・・(単純なので・・
    他の方も信じてらっしゃるんですか?

    ももつん

    何いうてるかわからん
    ウォークインてクローゼットのことか?

    ももさんへ

    自分でブログを立ち上げてみてはどうでしょう?
    うはうはさんみたいに

    パラブさんなんでオタク私と同じ時刻、秒に書き込む訳?まぎらわしい

    被害にあった若いOLがよく法律事務所に相談にかけつけて来るそうです。e-277

    大丈夫か?

    このひと統合失調症?
    まえからこんなんだっけ?

    夕菜さん

    もう少し詳しく説明してもらえないでしょうか?

    e-277最近OLを狙った新手の詐欺師がいるって法律事務所の経営者が教えてくれた内容を書き込みしたのですが削除されてしまったみたい。
    今はオレオレ詐欺や振り込め詐欺は成功しないから、こうゆう詐欺の被害に・・・・・

    夕菜さんへ

    ヤス(管理人)です。夕菜さん、申し訳ございません。先ほどスパム投稿を削除したときに間違って夕菜さんの投稿も一緒に削除してしまった可能性があります。ごめんなさいね。

    みなさんへ
    上の「パラブ」とうのは私が削除したスパム投稿のハンドルネームでした。夕菜さんはこの投稿にレスをつけたのでした。

    ポールシフト

    ももいちたろうさんの言われるポールシフトについては
    ロシアの科学者も警告しています。
    http://slicer93.real-sound.net/0-hl-space-10612.html

    もっとも、ももいちたろうさんのほうがロシアの
    科学者より前に警告されていたようですが。<P>

    >特にパウエル元国務長官は「1月21日か22日」と期日まで指定して何かが起こることを示唆していた

    についてですが、経済問題というより現在世界中の軍隊が
    アデン湾に集まって海賊退治をしていることに関してかもしれません。
    海賊などたいした話題ではないはずなのですが、裏がありそうです。

    地球連合海軍艦隊がアデン湾に集合している 真相↓
     http://slicer93.real-sound.net/0-hl-space-10603.html


    西洋はシナイ半島にある 監視者のスターゲイト(星間移動用入り口)に集中攻撃を開始した
    http://slicer93.real-sound.net/0-hl-space-10606.html

    ここに出てくる↑監視者って、人類を監視している存在がいるとのこと。
    そしてその監視者の基地が地球上に多数存在するとのこと。
    まさか、まさか・・・
    これなんか ポールシフトに匹敵するぐらいの過激情報です。

    ただ、海賊退治という名目で、世界中の大国が軍艦を派遣しているのが気になります。

    米国、イスラエル、ロシア、EU、インド、ドイツ、中国、韓国などです。

    日本もアデン湾(ソマリア海域)に呉基地の自衛艦2隻を派遣するそうです。
    数メートルの小さいボートが15隻以下で、持っている武器がちゃちぃ総勢50名も
    いないという海賊相手に、そんな重装備の艦船が必要なのでしょうか。
    日本だけでもでっかい自衛艦二隻に400名もの自衛官が乗り込んでいくそうです。

    以下の目次ページの黄色いページにあまり信じたくない「まさか情報」が・・・。
    http://slicer93.real-sound.net/0-JPspacecontents85.html#111

    千成さんの話って突拍子もない、うさんくさい話。
    でもETの存在は否定できないから真相はどうなんでしょうかね

    アデン湾

    これってベンジャミンさんが言ってたエイリアンの海底基地の話ですよね。乙姫艦隊というコメントもありました。私も興味あります。
    最近ベンジャミンさんは様子がおかしい。言ってる事も何か変。背中の腫瘍を取る為に入院したそうですが、なんか怪しい。自分の事を批判したから、この人をストーカーしてくださいとか言い出すし。ブログを更新してるのが23時~24時だし。入院中にそんな時間にパソコンいじってんの?私も交通事故で入院した事あります。私の時はそんな事できませんでした。

    金がすべてか?やはりこの世は腐ってる。早く滅亡するべきだ!ノアの大洪水?ノストラダムス?人口減少計画?望むところだ!むしろ起こって欲しいくらいだ!

    過激な内容は、
    セクハラで立件される可能性がありますよ。
    ここはこういうネットの場所ですが、
    一般的な考えでは、一緒に一緒の場所で
    討論しているのと同じ環境です。
    見知らぬ人に、隣で上記のような発言をされると同じこと、、つまり「セクハラ」行為にあたります。
    あまり容易にこういう事を書くと、思ってもいないような事態になりますよ・・

    最近捕まった方いましたね、書き込みで・・・

    エイリアンの基地、監視者との戦闘ですか~・・
    凄いですね(*_*)まるで映画のようだ・・
    興味はありますが、どうも無理やり結びつけているようにしか思えない気もします。。
    実際に私も見てみたら信じられるんですけどね~
    いつかはわかる日がくるのでしょうか(>_<)

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    夜菜さんへ

    e-277下品な書き込みはやめましょう。ここのブログは女性の方も大勢読んでおられると思いますから。
    私は30代独身者です。

    そうそう契約先の会社が行ってみると今日事務所たたんで電話も通じなかったわ。リストラってほどじゃぁないけど1社仕事が減ると収入も減るから辛いわ。
    今日は一日暇でやることなかったから、ここのブログに書き込んでいました。
    家庭があったらヤス氏のブログ読んでる暇なかったでしょう。

    削除しました

    意味のない卑猥な書き込みはすべて削除しました。これららも同じ処置をとらせていただきます。

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    予言好きさんへ

    ヤス(管理人)です。いつもありがとうございます。ところで、これはシンガーソングライターの小濱さんのことでしょうか?それとも小泉さんでしょうか?

    差しさわりがございましたらメールでも構わないので、お教えいただけるとありがたいです。

    都下ですがこんな夜中に飛行機の音がしました。夕べも夜中に飛行機の音がした。もしやまた煙トレイルと思ってしまった。飛行跡の残らないケムもあるかもしれない。ただの貨物機や自衛隊ならいいけど。始めはとんでも話と思ったけど今年に入って飛行跡を2回もみて政府が何もしないのがガッカリです。

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    シンガーソングライター

    いつも見てますが初めてコメントさせて頂きます。
    予言好き様とヤス様のやりとりでシンガーソングライターの小濱さんとあったのですが一体どんな話の流れで小濱さんの名前が出てきたのでしょうか?
    小濱さんは高校時代の同級生でこのサイトで話題になることが不思議で気になって投稿させて頂きました。
    ご迷惑でしたらすみません。

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    fantastockさんへ

    こんにちは。ヤス(管理人)です。小濱さんの同級生の方ですか。いやー、びっくりしました。ただ、予言好きさんのメッセージを私が意味を取り違えてしまい、これはまったくの人違いだと思います。なので、ミュージシャンの小濱さんとは関係がないと思います。お騒がせして申し訳ありませんでした。

    の612以降の内容を
    AAさんの気の向く範囲で結構です。
    目的:流れを変える。
        あきらめない。
        なんとかなる

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://ytaka2011.blog105.fc2.com/tb.php/112-63e9fb72
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    «  | ホーム |  »

    私はペット殺処分ゼロを応援しています!ピースワンコ・ジャパン

    まぐまぐ大賞2016

    メルマガ登録 月840円

    メルマガ登録・解除
    未来を見る! 『ヤスの備忘録』連動メルマガ
    >> サンプル
    詳細ページへ
    powered by まぐまぐプレミアム
     

    WEB検索

    Google

    プロフィール

    ヤス

    Author:ヤス
    普通の中年のおやじです。

    他の活動:ヤスの英語

    ※注意
    投稿欄としての本来の機能を維持するため、本ブログの管理人が内容としてふさわしくないと考える投稿は、予告なく削除いたします。また、投稿する方自らが自粛していただければ幸いです。

    最近の記事

    最近のコメント

    月別アーカイブ

    カテゴリー

    フリーエリア

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    ブログ内検索

    RSSフィード

    フリーエリア

    ヤスの本

    翻訳・監修本

    「神霊の世界に覚醒して」 shaman02

    ハワイの長老が語り伝える先住民族の聖なる知恵 bowl

    社会分析

    望みなき時代の幸福論 koufuku

    日本はこう変わる コルマンインデックス未来予測 nihonkawa

    「マルクスに聞け」(道出版) marx

    コルマンインデックス後 私たちの運命を決める 近未来サイクル cycle03

    コルマンインデックスで見えた日本と経済はこうなる koruma

    語学教育

    日本人が「英語ペラペラ」を本当に実現できる本 (講談社) pera

    通じる英語笑われる英語 tsu

    きちんと伝える英語 tsutaeru

    英文社内メール例文集 shanai

    実践 英文ライティング入門 bizw

    音声読み上げソフトで練習する速読即解英文リーディング sokudo

    「確実に意志が伝わる英会話」 kakujitsu

    ビジネスレター実用フォーマット bizletter

    英会話「英訳」トレーニング cd

    ネイティブはゼッタイ使わない nat

    ビジネスコミュニケーション

    論理的会話トレーニング ronri

    知的論理トレーニング chiteki

    対談本

    宇宙の設定を読み解く[BlackBox]超予測 black

    日月神示の緊急未来予測 hitsu01

    日月神示のサバイバルガイド hitsu02

    フリーエリア