2017-06

    2009年地獄の夏に向かって1

    12月25日

    資料の有料配信について

    ご要望の多かった「WebBot予言解説書②」が出来上がりました。ALTA909のパート4からパート6までの詳細要約です。希望者は筆者まで直接メールしてください。詳細についてお伝えいたします。

    info@yasunoeigo.com

    緊急情報

    世界経済とアメリカ経済の崩壊予測で最近定評があり、このブログでも過去に何度となく紹介し、また最近では方々で取り上げられるようになったフランスのシンクタンク、LEAP/E2020の最新有料レポートが手に入った。28ページほどのレポートだ。今後の世界経済崩壊で何が起こるかかなり細かく分析している。この紹介を中心にした長文の記事を本日深夜か明日に掲載するつもりであった。

    だが、いましがた緊急性の高いと思われる情報を入手したのでこれを先に掲載する。残りの記事は今夜にでも書き足すつもりである。まだ日本国内では報道されていないようだ。

    インド、パキスタン開戦前夜か?

    今朝、ストラトフォーからメールが配信され、以下のニュースが伝えられた。

    「24日、インド軍は、パキスタンの国境沿いのラジャスタン州南西部のバルマー地区に軍を移動した模様。軍は国境沿いにある村の住民に即刻退去するように命じており、開戦が近いことをうかがわせている。パキスタン軍も、この地域に展開している国境警備隊を移動し、正規軍を派遣した模様。

    11月26日に発生したムンバイ同時テロ以降インド政府は、パキスタンがテロリストの掃討要請には真剣に応じる可能性は低いとし、戦争準備にすでに入っていた模様。インド空軍のバーボラ司令官によると、すでにインド空軍はパキスタン国内にある5000の攻撃目標を選定し終わっているとのことである。さらに同司令官によると、カシミール地域にいるパキスタン側のテロリストはすでに全員同地域から避難したとのことである。

    ただ、ラジャスタン州とカシミールは距離的にはかなり離れているため、今回の戦争は戦闘が頻発しているカシミール紛争とは基本的には関係がないと考えられる。

    バルマー地区は、インド空軍南西司令部ジャイサルマー基地のすぐ近くにある。インド軍がバルマー地区を拠点に軍を展開した場合、パキスタンの沿岸部から内陸部への唯一の輸送路であるカラチーハドラバードーイスラマバード輸送路を切断することになる。この輸送路はまさにパキスタン経済にとっての生命線であり、すでに経済的に破綻しているパキスタンを窮地に陥れることになる。さらにこれは、パキスタンを経由して物資を輸送していうるアフガニスタンのNATO軍とアメリカ軍に甚大な影響を及ぼすものと思われる。

    インド軍の攻撃が始まると、地上軍のみならず、パキスタンの都市部郊外にあるパキスタ情報部を標的にしたインド空軍の爆撃も行われると見られる。

    戦闘がいつ開始されるかまだはっきりしないが、現在の準備のペーズからみてあと数日であろうと考えられる。インドーパキスタン戦争の勃発である。」
    以上

    ラジャスタン州地図
    rajastan

    カシミール紛争地域地図
    kashimir

    インド軍展開地図
    funsou

    日本ではインドとパキスタンの戦争が勃発する可能性は非常に低いとする見方が一般的だ。インド、およびパキスタン政府も同様の見方を示していた。

    「【クアラルンプール9日共同】パキスタンのムシャラフ大統領は9日付のマレーシア紙ニュー・ストレーツ・タイムズとのインタビューで「インドとの戦争発生の可能性は極めて低いと思う」と語り、事態が緊張緩和に向かっていることを確認した。だが、大統領は「和平に向けてはカシミール問題が障害になる」との立場をあらためて強調した。大統領は、パキスタンを訪問したアーミテージ米国務副長官との6日の会談を「大変良かった」と評価。「われわれが協議したことが受け入れられると楽観している。事態は改善に向かうだろう」と述べた。 」

    これとほぼ同様に見解がインド政府からも出されていたが、もし戦争が勃発した場合、これはインド政府の戦争準備に向けた時間稼ぎであったのだろう。ここ数日が山かもしれない。

    WebBotの記述

    11月30日配信のALTA909のパート4には以下のような記述がある。

    ・この期間は経済的にもあまりよい時期ではない。経済の悪化は軍事にまで影響を与えるようになる。そしてこの5日間の暴力と不安定な状態は多くの人に深刻な影響を及ぼす。

    12月12日をピークとしながらも、こうした不安定な状態は1月14日まで続く。これは、8日から12日の朝に起こる出来事によって強い感情が放出されるステージが設定されるということだ。

    事実、12月13日には以下のような出来事があった。

    【イスラマバード=杉井昭仁、チェンナイ(インド南部)=小暮哲夫】パキスタン空軍は13日、インド軍の戦闘機が同日、2度にわたってパキスタン領空を侵犯したと発表した。いずれもパキスタン軍の戦闘機の緊急発進を受けて領空外に出たとしているが、インド側は否定している。

    パキスタン空軍報道官の発表によると、13日午前11時半(日本時間同午後3時半)ごろ、北部カシミール地方のパキスタン支配地域の領空にインド軍の戦闘機2機が侵入。午後1時ごろにも東部ラホール周辺の領空にインドの戦闘機2機が侵入したという。

    パキスタンのザルダリ大統領は14日、記者会見で「よくある技術的なミスだ」と問題視しない考えを示したが、インド空軍報道官は「領空侵犯はなく、報道は誤りだ。パキスタン側の一部勢力による偽情報キャンペーンが続いている」と地元テレビに語った。


    このニュースの通りだとすると、すでに12月13日にはインドは戦争準備体制に入っていたことになる。領空侵犯は、爆撃目標の選定のためだったのかも知れない。やはり、1月14日までに戦闘は本当に勃発するのだろうか?

    今夜に続く

    雑誌アネモネ

    高島康司講演会

    便利な学校検索サイトです!

    海外子女.com

    投稿に関しては以下の方針に従い、どうしても必要な場合以外は削除しないことにしておりますが、他者の人格を傷つける不適切な表現がある場合は例外とし、予告無しに削除し、投稿禁止にする場合もあります。

    意味産出の現場としてのBBSやブログ

    また、私はいま日本で起こっている変化を以下のようにとらえております。もしよろしければこちらもどうぞ。

    いま何がおこっているのか?

    ヤスの英語

    よろしかったらクリックをぜひ!↓





    スポンサーサイト

    テーマ:歴史と予言 - ジャンル:学問・文化・芸術

    コメント

    ヤス様
    いつもいつも貴重な最新情報をありがとうございます。

    それにしてももしこの戦争が勃発したならストラトフォーのレポートにもあるようにNATO軍、アメリカも関係してくるとなると厄介ですね。
    インドとパキスタンだけの戦争ではすまない可能性が高くなると思います。

    さらにこれに乗じての裏の意図も気になるところです。

    もしかしたら

    国際救助隊さん、こんにちは。ヤス(管理人)です。いつもご投稿ありがとうございます。

    もしかしたら以前にご紹介した下記の発言はインド・パキスタンの核戦争を言ったものかもしれませんね。特に次期副大統領のバイデンの発言はこれが「国際的な危機」であることをうかがわせていますよね。だとすると、こうした発言が行われた11月初旬には、インドによるパキスタン攻撃は決定されていた可能性も否定できないかもしれませんね。

    コリン・パウエル
    「まずアメリカ国民と世界に向けて直接語りかけ、新しいイメージのアメリカとアメリカの役割をアピールするようにアドバイスするだろう。これから多くの問題が起こる。1月21日から22日にかけて、いまはまだわれわれにも分からない危機がやってくる。次期大統領は彼のパーソナリティーとホワイトハウスの力を総動員し、アメリカは一致団結して前進し、かならずこの経済問題を解決して国際的責任を果たすことをアメリカ国民と世界に宣言しなければならない。そして、国民と国際社会のアメリカに対する信頼を回復しなければならない。」

    ジョー・バイデン
    「いいですか、これから言うことをよく聴きなさい。よく聴きなさい。バラク・オバマは大統領になってから半年以内に、ジョン・ケネディーのときようにテストされるだろう。気をつけなさい。(中略)これから国際的な危機が起こる。それは、この男の勇気を試すために意図的に引き起こされた危機だ。」

    裏の情報あります

    今回のテロには米副大統領チェイニーが関与しているようです。インドが米に狙われています。私の予測ですが、インドに戦争をしかけさせ、悪者扱いして、それを米(国連の多国籍軍)が治めて信用回復+インドを植民地化。戦争が始まってしまえば軍需産業の仕事がふえて、雇用が増えて景気も回復って所でしょうか?
    alternativereport1.seesaa.net/article/110651046.html

    これですね

    http://www.infoahmedabad.com/2008/12/india-pakistan-signs-of-coming-war.html

    こちらに情報がありますね。インドのパキスタンへのテロリスト掃討要請のデッドラインが12/26日ですから、起きるとすればこれ以降でしょうね。また、原文には軍隊の移動にも時間がややかかるとのことで、インド側が戦争をしかけるとなると、26日から一週間程度は時間がかかるような気がします。仮に起きるとしても、核だけは使わないで欲しいところです。状況は逼迫しているのかもしれません。

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    パキスタンが動き始めましたね

    つい10分ほど前に、CNNのニュースになりましたね。パキスタンが軍隊をインドとの国境に移動です。緊張感が高まってきた様子です。

    http://edition.cnn.com/2008/WORLD/asiapcf/12/26/india.pakistan.tensions/index.html

    情報ありがとうございます。

    dxdydz^2さん、情報ありがとうございます。以下のパキスタンの英字新聞にも同様の情報がありますね。

    http://www.dailytimes.com.pk/default.asp?page=20081226story_26-12-2008_pg1_2

    ただ今回のパキスタン軍の移動先は、ストラトフォーが指摘するラジャスタン州ではなく、かねてから紛争が続いているカシミールですね。

    いずれにせよ、これからどうなるのか目が離せませんね。

    こちらも目が離せません。中国軍がアデン湾に向けて出航しました。しかも駆逐艦2隻。駆逐艦とは本来、潜水艦を攻撃する為の艦船で、海上の敵(海賊)を攻撃するものではありません。韓国は来月行くと言ってます。麻生総理も早く自衛隊を派遣するように促してるようです。

    まめ知識

    最近の戦闘機、戦車、艦船などはコストダウンの為、第二次世界大戦の頃より装甲を弱くして作ってあるそうです。(ゼロ戦は木で出来てたからそれは例外として)裏を返せば、簡単に壊れてしまえば、それだけ軍事産業が儲かる。経費削減という言葉を使って壊れやすい物を売りさばく。ロスチャイルドは商売上手ですね~。
    もうひとつ
    予防接種は受けないほうがいいと思います。HIV(エイズ)ウイルスは、なんかの予防接種を受けたアフリカの子供達から広まったという事が最近わかってきました。予防接種のワクチンの中にHIVウイルスが混じってたという事です。病気が広まってしまえば製薬会社が儲かる。ロスチャイルドが儲かる。ロスチャイルドは商売上手ですね~。最近マスコミが騒いでる新型インフルエンザも近いうちに政府が予防接種を受けるようにと呼びかけると思います。危険です。
    以上 まめ知識でした。

    私から一言さんへ

    まめ知識ありがとうございました!
    HIVウイルスが人口削減の為に人工的に作られたものだという噂は以前から耳にしていましたが予防接種が発端でしたかv-12
    ありえそうな話なだけに恐ろしいですね。
    WEBBOTの「今年の冬から広まる新しいウイルス」の預言と繋がってきそうですね。

    予防接種の危険性はいろいろな面で叫ばれ始めてますね。

    新型インフルも当然、“ワクチン開発のため”に先に“ウイルスが製造されている“筈です。
    つまり、ウイルスが意図的にばら蒔かれるのはもはや決定事項ですよね。

    実は昨年、祖母がインフルエンザ予防接種をうけた結果、彼女と極近い家族だけが立て続けにインフルエンザ様の病気で倒れました。
    ワクチン接種によってインフルエンザが防げるというのはまやかしだと思います。

    また、ワクチンの中にはウイルスを不活化したり保存のために水銀やホルムアルデヒドなど毒性の強いものがたくさん使われているそうです。
    そのために乳幼児が神経障害(自閉症、ADHDなど)を起こしているという説もあります。
    もちろん反証もされていますが、疑いも残ります。

    いずれにせよ、余計なことはしない事が一番の自己防衛ではないでしょうか。
    情報にふりまわされ、不安に駆られ、あたふたと焦って行動することは“奴等”の思う壷です。
    何故なら今の金融も医療も社会のシステムすべてが“奴等”の作り上げたまやかしであり、それが罠なのですから。

    HIVウィルス(エイズ)について

    エイズ発祥地はアフリカで一番最初は猿と現地人が性交渉(獣貫)したことからエイズ菌が移ったと聞いていますが・・・それを後に人工的に広めたり予防接種ワクチンに入れ込んだりってことですか・・・。注射器の回し打ちくらいじゃHIVには感染しないのかな?e-277

    ヤス様、いつも貴重な情報をありがとうございます。

    こちらの右側一番上の各種主要BBS(掲示板)に、いくつかの菌の発見時に関して載っています。

    http://soejima.to/ 

    アフリカには、ワクチン接種を隠れ蓑でをエイズを、アジアには、鳥インフルを隠れ蓑に人にうつる新型インフルをバラまいたようです。
    粘膜から感染します。パンデミック対策として最低限「マスク+ゴーグル+ゴム手袋」が必要となります。(使い捨てで)
    もちろん、食料の備蓄も。
    最悪期は、都内の国立公園が埋葬地との計画もあるようです。

    夕菜さんへ

    euueさんの言葉借ります。
    今の金融も医療も社会のシステムすべてが“奴等”の作り上げたまやかしなんです。つまり猿とHしたせいでHIVウイルスが広がったという情報が嘘なんです。まわりに嘘の情報を流して裏でとんでもない事をやってるんです。

    エイズは生物兵器

    『アメリカなどの先進国は、アフリカにポリオなどのワクチンをタダで与えると言いながら、実はエイズなどのウイルスをワクチンに入れて注射していることがバレている。
    アメリカなどでも黒人が多くいる町で、無料の病気対策と称して、肝炎の検査と言いながら、汚染されたハリで注射をすることが行われている。』
    だそうです。

    場違いですが・・・

    今日、「紀元前1万年」と言う映画を見ました。 このコメントにはネタバレが含まれていますので。。。 ピラミッドの建設時期が紀元前1万年と設定されていて奴隷が強制的に働かされています。 奴隷の支配者は「空から来た」「海中に沈んだ大陸から来た」などとされており中々面白い設定です。 中でも興味を惹かれシーンが奴隷が蜂起してピラミッドの頂点のキャップストーン(ご存知の通りアイインザトライアングルの部分)を頂点から落とすシーンです。 そして神として崇められている支配者は結局殺されしまうんですが、 奴隷を含む出演者が殆ど有色人種なのに対して支配者は白色人種でした。 ハリウッド映画は実際に現実世界で事件災害が起きた時のショックを緩和させる為に前もって映画として知らせる役目があるとの噂がありますが(宇宙人侵略など)、これからの世界を暗示するようなこんなアンチ・イルミナティ映画が作られ世に出た事に驚きを隠せません。

    ヤスさんの記事と関係無いただの映画レビュー&ネタバレになってしまい申し訳ありません。 ここに集まる皆様ならこの映画の重要さがお分かり頂けると思い書き込みました。

    2つの主戦場

    http://news.goo.ne.jp/article/kyodo/world/CO2008122701000515.html
    印パ開戦に一足早く先駆け..遂に中東でも始まってしまいました。今CNNで速報が流れています。停戦失効後小競り合いが続いていましたが(12.25IED設置作業のHamas戦闘員3名をIDFが射殺しアシュケロン市に報復の迫撃砲の雨)IDFは最後通牒の後、先程ガザへの激しいミサイル攻撃を開始。155名以上が殺害される最悪の規模。Hamas、いやパレスチナはもう引き下がれない。当然聖戦の下に最大規模の報復の連鎖が待っている。全面対決となればレバノンのHezbollah、そしてシリア、イランも控えている。やはりアルバート・パイク的なシナリオ(イスラム世界とシオニストその他を互いに殺し合わせ、大戦後の世界秩序再編へ)に導かれるのか。

    予測不可能な世界

    ヤスさま
    いつも拝見しております。

    2008年後半は、人類にとって従来の価値観を一気に崩すような事象が頻発(「はんざつ」ではない。。)して、まさに未曾有(「みぞうゆう」ではない!)の経験ばかりです。


    平成ガメラの映画で「ガメラは人類を救うのでなく、地球の生態系を救うために戦っているのだ」という台詞がありましたが、我々人類が反省せず、政治経済、環境的に地球にとって害悪を及ぼし続けるなら、淘汰されてしまうのかもしれません。


    2009年は、更に予測不可能な事がありそうです。

    インドとパキスタンの戦争が無いことを祈ります。

    恐るべしWeb Bot

    ヤス様
    更新お疲れ様です。
    前回のヤス様のWEBBOTのコメントに記されてました、「2009年はまさに変容の年となるはずだ。これは2009年の最初に日から終わりまで続く。2010年から2009年を振りかえると、おそらくわれわれはこのものすごい変容の年に生きていたことを感謝するだろう。未来の歴史家は、われわれ一人一人がこの変容の時期に何を体験したのか、個人としての経験を話してくれるようにきっと頼むことだろう。」
    これは実際最近の状況からいっても事実になるだろうことはおよそわかります。

    あくまで個人的な経験談ですから人様がどうかは全く分かりません。ここ数ヶ月、ちょくちょく軽い瞑想を日課にするようになりましたが、比較的昔に比べると瞑想状態に入りやすくなってきていることにきずかされます。やはり宇宙のバイブレーションはここ数年の間に全く変わってきているのかもしれないですね。それに瞑想中に時間の観念はなくなりますがそれほど長い瞑想ではなくても後で時間を見ると一時間ぐらいがあっという間にたっていたという、まるで浦島太郎のような感覚になってしまうのも最近の現象です。

    確かにここ1-2年の時間の流れは加速度的に速くなったような気がしています。それを図るものさしはないからなんともいえませんが、渦を巻く中心点に向かってまだスピードを上げていくことになるんでしょうか。

    またアクエリアスの時代にはっきり移ってきていることは変革、破壊、創成のスピードがいよいよ上がってきていることからもはっきりしています。問題は変革の後の破壊**旧弊の破壊がなければ全く新たなものは立ち上がらない。今ある文明さえ破壊しようとする輩は文明の行き詰まりの後、かならず現れてくるものなんでしょうね。それが一番怖い。少なくとも日本だけは何もかもソフトランデイングしてくれればと思う、この年末ですが***

    預言者たちの道標 更新しました。ご関心の折にはお立ち寄りください。
    1.賢者の贈り物***その由来は
    2.三人の賢者によって生誕間がないイエスにプレゼントされたもの
    3.イエスに東方の三賢人から伝わった天を統べるアロンの杖?
    http://yatagarasu369.blog97.fc2.com/ 

    双子の地震

    場所はだいぶ違うし、規模も違うけど

    中国】雲南省で26日に発生した、マグニチュード4.3と4.9の2つの地震…被災者は9万5000人以上、1万人が避難して帰宅できず[12/27] http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1230386439/

    予言が微妙にズレていってるのかな。

    エイズ人工流布説

    >>夕菜さん
    自分は医療人という事もあり、未だに正直懐疑的です。それでも海外サイトを含めたこの手のあらゆる情報を調べてみると非常に多く、しかも内容に大きなブレが無い事が気になっています。

    アフリカでは人口爆発に対する抑制策として、WHOが天然痘のワクチンと称した種痘に混ぜたという話。そしてアメリカでは70年代後半にNIHとCCDが主導して行ったB型肝炎ウィルスのワクチンに混ぜ、特定の相手のいないセックスばかりするゲイのみを選別して1000人近く実施したと言う内容です。これらの意図的なプロジェクトの名はMK-NAOMIであり、これらのプロジェクトはビルダーバーグ会議上で提唱された為、対象を白人以外にする事が提起された事。故に当初の対象は黒人のみでしたが、後にヒスパニック・同性愛者、アジア人も加わった事。そして人工的にウシの白血病ウィルスとヒツジのビソナウィルスから作り出した免疫不全を引き起こす癌のようなウィルスである事、などです。

    もしもこれらの話が事実なら、日本で起きた薬害エイズ問題は、日本国内での人口削減の可能性を調べる為の人体実験だったという話になってしまいます。恐ろしい話ですが。

    早く人類滅亡しろ!

    Jiaさん
    エイズの件はストレッカー博士のストレッカーメモが有名です。ストレッカー博士はレトロウイルスの専門家であり、エイズの陰謀説を知った当初は Jia さん同様、医療関係者、専門家として懐疑的でした。ところが専門家の立場から様々な角度で調査をすればするほど、エイズが本当に悪意を持って人工的に作られたウイルスであることを確信して、警告を世に発信し続けていました。しかし博士の肉親や博士を資金的にバックアップしてきた上院議員が暗殺されてしまったのです。勿論、表向きには病死か事故という彼らがいつも行う方法です。

    これにはWHO(世界保健機構)がかかわっていて、羊と牛から採取したウイルスを混合して基本的に作られたようです。

    エイズが世界に発表された当初、それはまるでホモセクシャルの黒人の人々だけの病気の様に伝えられましたし、実際その人達に発生したのですがそれにはカラクリがあります。

    当時ハイチの黒人のホモセクシャルの人々にB型肝炎が蔓延しだしたのです。WHOを含む影の政府はこれを絶好の機会であるとして、あたかも建て前はWHOとしてのB型肝炎に対処するワクチン接種ということにしてワクチンにエイズウイルスを混入させて注射しました。

    このような経緯によって当初は黒人のホモセクシャルの人達に発生しました。WHO(世界保健機構)はエイズウイルスの開発と同時にエイズワクチンも完成させているようです。しかしながら現在ではエイズウイルス自体が日に日に進化して6561兆以上の亜種?が存在するとされ、もはや人間の力では制御できない状態にあると推察されます。ちなみに先進国で統計上HIV患者が増加の一途を辿っているのは日本だけであり、安易な性交渉にはくれぐれも注意しなければなりません。

    webbot検証

    以前のwebbotを自分なりに検証してみました。
    2008年10月19日
    (イギリスで発生する「自主的生産運動」のようなもの)
    これはフィンドホーンが何か関係しているような気がします。「ギルド/組織」がフィンドホーンで「当局/君主制/大企業」はイギリス王室かな?

    2008年10月24日
    (連邦政府に関して)
    08.12.16
     AFPの最新報道によればロシア外務省外交アカデミーのパナーリン教授は、米国は6つの部分へ分裂する。それは、中国人が増えている太平洋岸、ヒスパニックの多い南部、独立運動が起っているテキサス、明確な分離独立の考え方を持った大西洋岸、インディアン人口の多い中部の貧困5州、カナダの影響が強い北部諸州だ、と指摘した。
    合衆国が6ヵ国へ分裂する?

    2008年11月9日
    (自然災害に関して)
    地震のかわりに違う自然災害が起きてます。
    ワシントン州など同国北西部の広い範囲で10日、季節外れの雪が降り、AP通信によると、同州西部のレーニア山にハイキングに出掛けていた3人が吹雪で遭難、うち1人が死亡した。地元当局が残る2人の救助に向かっている。  一方、先週末から熱波に襲われている米東部では10日も高温が続き、東海岸の都市では軒並み35度以上を記録した。ワシントン州では10日、州都シアトル郊外でも積雪を観測。気象当局によると、州東部スポケーンでは気温4度となり、観測史上最も遅い時期の降雪記録を107年ぶりに塗り替えた。同州の北部や中部、西部の山間部を中心に大雪警報が出た。 



    日本国内でもエイズ患者はかなりいるらしいですね

    一昔前は獣貫による感染って聞いてましたから長野県でそういうショーをやているって噂を聞きチョットびっくりでした。衛生的に悪いから法律的に廃止するべきですね。動物虐待にもなります。
    エイズよりも怖いエボラっていったい何なんでしょうかねぇ?知識不足でよく分かりません。
    2次3次感染で輸血感染が一番多いんじゃぁないでしょうか?
    自由恋愛って聞こえはいいけれど要注意です。結婚されてる方だと旦那から感染とか・・・・。日本人でもエイズを隠して会社勤めしてる人も多いらしいね。e-277

    もっと以前は宇宙人がばらまいたって説がありましたね。v-17
    なんでも宇宙人にかずけた陰謀????

    アデン湾とハワイでの危機

    アデン湾とハワイで、何らかの危機が進行しているようです。

    表向きは、海賊対策という名目で
    中国が艦艇派遣
    http://mainichi.jp/select/world/news/20081222ddm007030126000c.html
    日本も派遣検討
    http://mainichi.jp/select/world/news/20081225k0000m010128000c.html
    ハワイで停電
    http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-35647520081228

    といった当たり障りのない報道がされていますが、自分がWatchしているHPでは、何らかの事態が進行しているとレポートされています。
    http://www.whatdoesitmean.com/
    考えてもみてください、海賊ごときのために中国が何百年かぶりに海外へ派兵するのか、また日本に要請が来るのか。NATO,ロシア,EUの艦艇も派遣されているようです。具体的には世界軍と「敵」との対立。
    Webbotにも微妙に記述されているように読めますが、とにかく要注意ではないかと個人的に思っています。

    ワクチンという時限爆弾

    ここに書いてある事が事実出ないと信じたいが・・・・

    http://satehate.exblog.jp/10247752/
    http://satehate.exblog.jp/10242298/
    http://satehate.exblog.jp/10271067/

    最初は

    最初は、予言とかアセンションとかあるわけないなんて思ってましたけど、最近は、なんだかそういうのもあるんじゃないかな~って思うような出来事や情報ばかりで、今は不安であったり楽しみであったりします。

    いつもは見ているだけなんですが、今日は書き込んでしまいました。

    NASAの情報が漏れると、確かにいろんな情報が出てきそうですね。個人的に一番楽しみなのは異星人とのコンタクトがあるのかないのか、です。

    これからも見守らせていただきます。

    ハーモニックウェーブ、俺にも照射されないかな~


    創価もかんでいる

    エイズがここで人工的にばら撒かれたという話だが、日本では創価の池田が麻薬を幹部の在日朝鮮人を使い日本に広めているようですよ。創価にはご用心、ご用心。

    マジかよ

    俺んとこ創価学会はいってるし


    ヤバイなぁ

    webbotは経済に関しては殆ど当たらない

    v-8  v-8  v-8  v-8  v-8  v-8  v-8  v-8  v-8  v-8
    webbotは金融・経済問題に関しては殆ど当たらない。
    この前の暴落的中はマグレ当たり。

      v-8  v-8  v-8  v-8  v-8  v-8  v-8  v-8  v-8

    地球の目線を読み終えて

    今、‘地球の目線’を読み終えました。 12月29日午後10時50分。 予想通り、後半もImpactあふれる内容でした。 いや、凄い!
    誰か読んだ方はレスポンスお願いします。
    私にとってコンテニュウムをより具体的に体感できるようなメッセイジでした!

    読み終えて

    今、‘地球の目線’を読み終えました。 12月29日午後10時50分。 予想通り、後半もImpactあふれる内容でした。 いや、凄い!
    誰か読んだ方はレスポンスお願いします。
    私にとってコンテニュウムをより具体的に体感できるようなメッセイジでした!

    読んだ覚えのある話がWSJに

    いつも興味深く拝見させていただいております。
    たしかこちらのサイトで半年ほど前にどちらかの予言で紹介されていたような話が(記憶が違ってたらすみません)本日のWSJ電子版MOST POPULAR第一位にランクされています。アメリカで内戦がおこり、6つの地域に分裂されるとのロシアの元KGBアナリストの学者さんのコメントだそうです。

    http://online.wsj.com/article/SB123051100709638419.html
    より抜粋

    "There's a 55-45% chance right now that disintegration will occur," he says. "One could rejoice in that process," he adds, poker-faced. "But if we're talking reasonably, it's not the best scenario -- for Russia." Though Russia would become more powerful on the global stage, he says, its economy would suffer because it currently depends heavily on the dollar and on trade with the U.S.

    Mr. Panarin posits, in brief, that mass immigration, economic decline, and moral degradation will trigger a civil war next fall and the collapse of the dollar. Around the end of June 2010, or early July, he says, the U.S. will break into six pieces -- with Alaska reverting to Russian control.

    In addition to increasing coverage in state media, which are tightly controlled by the Kremlin, Mr. Panarin's ideas are now being widely discussed among local experts. He presented his theory at a recent roundtable discussion at the Foreign Ministry. The country's top international relations school has hosted him as a keynote speaker. During an appearance on the state TV channel Rossiya, the station cut between his comments and TV footage of lines at soup kitchens and crowds of homeless people in the U.S. The professor has also been featured on the Kremlin's English-language propaganda channel, Russia Today.

    Mr. Panarin's apocalyptic vision "reflects a very pronounced degree of anti-Americanism in Russia today," says Vladimir Pozner, a prominent TV journalist in Russia. "It's much stronger than it was in the Soviet Union."

    Mr. Pozner and other Russian commentators and experts on the U.S. dismiss Mr. Panarin's predictions. "Crazy ideas are not usually discussed by serious people," says Sergei Rogov, director of the government-run Institute for U.S. and Canadian Studies, who thinks Mr. Panarin's theories don't hold water.

    Mr. Panarin's résumé includes many years in the Soviet KGB, an experience shared by other top Russian officials. His office, in downtown Moscow, shows his national pride, with pennants on the wall bearing the emblem of the FSB, the KGB's successor agency. It is also full of statuettes of eagles; a double-headed eagle was the symbol of czarist Russia.

    情報ありがとうございます。

    読者Aさんへ

    情報ありがとうございます。この記事は、記事にある通りイギリスの番組に出演したロシアの政治学者のインタビューがもとになっており、まだビデオを見ることができます。このブログの投稿欄で読者の方から紹介されました。

    http://www.stockhouse.com/Blogs/ViewDetailedPost.aspx?p=85597

    そして、予言の内容との類似ですが、確かにアメリカの内戦と分裂に関する予言は多く、類似しております。以下のような予言をここのブログで紹介しました。特に面白いのはビリー・マイヤーのエノク予言ですが、これはアメリカが分裂する時期として、次のローマ法王がバチカンから避難するときに発生すると予言されていますね。

    ビリー・マイヤーのエノク予言

    アメリカの内戦と分裂
    http://ytaka2011.blog105.fc2.com/blog-entry-50.html

    「アメリカで二つの内戦が連続して発生し、地上の災難は継続する。その後、アメリカは分裂し(国民が)敵対するようになる。そして国家は5つに分裂し、それぞれ狂信的な宗派が独裁的な権力を振るうようになる。世界どこでも無政府状態が長い期間人類を苦しめる恒常的な状態となることだろう。」

    ジョン・タイター

    アメリカの内戦
    http://ytaka2011.blog105.fc2.com/blog-entry-17.html

    タイターの世界線では、内戦は2004年に発生したことになっている。内戦は、1993年にテキサス州ウェイコーでカルト教団ブランチ・デビアンが集団で立てこもり、州兵やFBIと銃撃戦を繰り広げたあと全員自害したような事件が全米に広がり、それがそのまま内戦化するという。2008年になるとアメリカの分裂は誰の目にも明らかになり、合衆国がもはや一つの国家にはなりえないことがはっきりするという。

    その後、内戦はさらに激しさを増し、2011年にはアメリカ合衆国が解体される。だが翌年にはアメリカ連邦帝国が建国されるため、内戦はそのまま継続する。そして2020年、アメリカ都市部の敗北により内戦はやっと終結し、新たな連邦政府が成立する。そのとき、現在の州は消滅し、分裂したときと同じく5勢力に国家は分裂し、社会主義に基づく小さなコミュニティーで人々は生活するようになる。連邦政府は首都をオマハ(旧ネブラスカ州)に置く。

    紹介の ビリー・マイヤーのエノク予言 ・・アメリカの内戦と分裂を見ると
    やはりアメリカの崩壊は確実と思ってしまいました。
    ※少しは半信半疑だったのですが。

    番外編6 ALTA909パート3について
    http://ytaka2011.blog105.fc2.com/blog-entry-102.html

    ・2009年には宇宙からの未知にエネルギーの影響による現象を多くの人が
    経験するようになる。 ●それは家電製品の機能停止、人工衛星との通信の途絶、
    軍事設備が不安定になるなどの現象だが、政府の官僚はそうした現象が
    なぜ起こるのかもっともらしい説明を与えるが、2009年の春分から
    秋分になるにしたがって、彼らが何も知らないことが暴露される。航空機や車両にも
    影響が出るとのデータもある。また、2009年には少なくとも2度、
    宇宙からの未知のエネルギーが関与する現象を直接見ることになる。
    ----------
    ●・・の部分に符号するものが次のHPにも載っています。

    「大いなる浄(きよ)めの日」の前兆
    磁気シールドに破れ、太陽嵐の影響懸念  ※( ホピの預言のもあり )
    http://www.y-asakawa.com/message/kinkyu-message65.htm

    2008年12月に発表された研究によると、太陽風が地球の防御壁である
    磁気圏を越えて侵入しており、太陽活動が極大期に入る2012年以降、
    激しい太陽風が吹き荒れる危険な時代がやって来る可能性があるという。

     太陽で生じた爆発現象によって地球に向けて荷電粒子の突風が
    吹き出すことがある。 このような激しい太陽風が生じると●人工衛星が
    誤動作を起こし、船外活動を行う宇宙飛行士が危険にさらされ、
    ●地上の電力網が全滅する可能性もある。

    ・・この2つから想像をすると、2009年にはすでに太陽風の影響を地球は
    受け始める可能性を感じます。 人口衛星、航空機、家電製品。 そして
    地球の電力網までも影響を与えるとすれば、相当なエネルギーです。

    そして
    紹介の ビリー・マイヤーのエノク予言  アメリカの内戦と分裂
    http://ytaka2011.blog105.fc2.com/blog-entry-50.html  での

    アメリカの崩壊・・・・での部分を見ると

    破壊は化学やレーザーやクローン人間殺人兵器などの信じられないくらいに破壊的な
    兵器のみによってもたらされるわけではない。人間によって深く傷つけられた地球の
    自然が今度は人間に対して復讐するのだ。●人類がこれまでに経験したことが
    ないような巨大なハリケーンや竜巻、そして大火を伴う旋風が
    全米を襲いアメリカを破壊し尽くす。」

    しかし、どんな大変な状態になろうとも、アメリカは他の国に対する侵略を
    止めることはない。北アメリカがかつてないほどの巨大な自然災害に見舞われても、
    アメリカの悪の軍事機構は生物化学兵器や●コンピュータ化された核兵器などで
    大惨事を引き起こす。コンピュータ化された兵器は人間の手を離れ、
    ●コントロール不能になっていることもその原因の一つなのだが。」
    --------------
    ※アメリカの自然災害の多さは数年前より始まり、その被害も大きいです。
    「エノック予言」は的確に言い当てている様です。
    ①巨大なハリケーンや竜巻、 ②大火を伴う旋風(山火事の多さ)
    そしてこれから先に「太陽風」での電子機器の故障と狂い。
    それらも言い当てています。 とすると、「エノック予言」に書かれている部分=

    「アメリカは全面的な▲破壊の場所となる。その原因は複数ある。アメリカが世界で
    引き起こす紛争によって、アメリカは世界の多くの国々で憎悪の的になる。その結果、
    アメリカは想像を絶するような多くの災禍を経験する。世界貿易センタービル
    (WTC)のテロリストによる破壊はそのほんの始まりにしかすぎない。
    ・・だからこの言葉も信じてよいはずです。 確実視をした方がよいと言うべきでしょうか。

    個人的に今まではアメリカの内戦への興味は薄らいでいたところでした。
    しかし、再度話題になったことで、いつハッキリとした内戦が起きる?にも
    心配が増えました。 気になるのは時期であり、起きるのは確実の感じですね。

    WebBotの地震予言は外れてしまいましたが。それは時期が外れた
    だけで、これから起きると素人推理をしているのですが。
    時期は2009年の5月までに。

    ゲリー・ボーネル氏の予言...2002年7月13日
    http://homepage2.nifty.com/motoyama/event.htm#event01

    ・サンフランシスコ大地震
    ここはサンアンドレアス断層が走っている地域なので、もともと地震の被害に
    見舞われやすいところではある。ゲリー・ボーネル氏はまたサンフランシスコが
    大地震に襲われるという。時期は2005年5月前後だという。●この時期は、
    中国の中央部で起こる巨大地震と同じ時期だという。

    ・中国中央部での大地震
     この地震の規模は巨大だという。犠牲者は相当な数になるという。
    未曾有の大地震である。この地震の被害により中国が現在進めている巨大な
    ●ダム建設の計画を中止せざるを得なくなるという。
    3つの川にかかわるダムだが地震により建設途中で流されてしまうという。
    時期だがサンフランシスコ大地震と同時期だという。

    ※中国の巨大ダムとは=山峡ダムです。 世界で一番の水力発電との事。
    しかしその完成時期は当初、2009年の5月頃の予定だったとか。
    それを予定変更で一年前倒しで完成をさせたらしいです。
    だから予言との間に「時間的なズレ」が生じたのではないのでしょうか?
    中国での巨大地震でその巨大ダムの建設中止の範囲は2009年の5月頃と
    考えるべきではないのでしょうか?

    そして最悪のストーリーは、中国にもう一度巨大な地震が発生する。
    そして同じ時期に・サンフランシスコ大地震が発生してしまうとか・・。
    つまり・サンフランシスコ大地震と中国の巨大地震はセットとして考えた場合、
    ・サンフランシスコ大地震が発生するという事は、中国でも巨大地震が発生すると
    いうストーリーです。  だから今年の5月に発生した「四川大地震」は、予言の地震と
    違う地震と考えた次第です。

    WEbBotの地震予言は時期が外れただけで、危険は先延ばしになっただけと思います。
    ・サンフランシスコ大地震・・ 先に延びても最悪結果。 今起きても経済危機が襲っている
    時期なので最悪な結果。 地震の規模が小さければよいですが・・。

    ゼニ儲け

    イスラエル紛争が始まった途端に、原油価格が急上昇。

    下げるまで下げさせておいて、今度は中東戦争でまた怒濤の上げage

    闇の組織のミナサン。シナリオどおりの大もうけですか。。。


    ヤッパ

    ブッシュが仕掛けたオバマ潰し

    ブッシュ政権は、金融危機やアフガンの戦況など、米国が抱えるさまざまな危機が、オバマ政権になってから全崩壊的にひどくなるような仕掛けを随所に作っている観がある。イスラエルとハマス・ヒズボラ・イランなどとの戦争も、オバマ政権の就任前後に勃発するような仕掛けにしてあるとも思える。ブッシュ政権の高官がイスラエルに対し、ガザ侵攻やイラン空爆を挙行するなら、オバマ就任後まで待てと言ったと報じられている。
    http://news.antiwar.com/2008/11/24/report-us-asked-israel-not-to-start-any-major-wars-until-obama-takes-office/

    米国の大統領選挙でオバマが当選する前後「オバマの就任直後に国際政治の大きな危機が起きる」という予測を、バイデン副大統領やパウエル元国務長官らが放った。この予測が正確であるとしたら、最もありそうなのがイスラエルがガザに侵攻し、それがレバノン・シリア・イランとの中東大戦争に拡大していくことだ。オバマ就任まで1カ月を切った現時点で、国際政治危機としてほかに起こりそうなことは、インドとパキスタンの戦争ぐらいである。印パ間では、インドがパキスタンに要求したテロ容疑者引き渡しの期限が12月26日に過ぎており、インドは要求が受け入れられない場合、パキスタンをミサイル攻撃するかもしれないと言っている。すでに印パ両軍は、国境沿いなどで警戒態勢をとっている。パキスタンは陸軍の一部を、対アフガニスタン国境から、インド国境の方に移動させた。パレスチナと印パの両方で、オバマ就任に合わせて戦争が始まるかもしれない。

    ついでにもうひとつ。
    戦争の裏で中東では、こんな事やってます。

    [マスカット 28日 ロイター] ペルシャ湾岸6カ国で構成する湾岸協力会議(GCC)のアブドルラハマン・ビン・ハマド・アティーヤ事務局長は、29日に開幕するGCC首脳会議では、通貨統合が承認されるとの見通しを示した。湾岸諸国の外相会合後、記者団に述べた。
    湾岸諸国の財務相は今年、通貨統合構想と、中央銀行の前身となる組織の枠組みについて最終決定した。オマーン以外のGCC加盟国は、2010年の期限までに単一通貨を立ち上げるべく作業を進めている。

    石油王ロックフェラーがサブプライムでドジ踏んで落ちぶれてしまったため、産油国の中からロックフェラーに変わる新勢力が台頭し始めてるという情報があります。もちろん武器や核兵器も製造、販売してます。


    こんなニュースが流れています

    http://www.technobahn.com/news/2008/200812301809.html

    テスト
    《禁止キーワード》での投稿不能。
    「今後の世界 1」へのテスト投稿は
    パスワード無しで投稿が成功。

    よってこちらにもテスト。 パスワード無し・・だったら
    投稿はOK?

    29日JRでシステム障害により新幹線のダイヤ乱れがありました。

    東北の親戚が29日に新幹線が大雪で止まっていた、と言っていたのですが、
    30日朝刊を見たら、雪のためではなく、システム障害と書いてあったのですが、原因に関しては一切書かれていなく、
    夕方になったら、(リンク先より)
    >データを変更した際、処理に不備があった可能性が高いという。

    新幹線システム障害、運輸局がJR東日本に警告書
    http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20081230-OYT1T00277.htm?from=navr

    28日にも、新幹線ブレーキトラブルや悪天候で運休となってますが・・・
    http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20081229ddm041040161000c.html

    私は埼玉県内で普通列車に始発で乗ったら出発が2~3分遅れて、電気掲示板に信号トラブルのためと表示されていました。
    特に遅れているとのアナウンスはありませんでした。
    まあ、電車が理由不明に2分ぐらい遅れていることはよくありますが・・・webbotを思い出しました。

    ・2009年には宇宙からの未知にエネルギーの影響による現象を多くの人が
    経験するようになる。 ●それは家電製品の機能停止、人工衛星との通信の途絶、
    軍事設備が不安定になるなどの現象だが、政府の官僚はそうした現象が
    なぜ起こるのかもっともらしい説明を与えるが、2009年の春分から
    秋分になるにしたがって、彼らが何も知らないことが暴露される。


    『逃げよ逃げよ、すべてのジュネーブから逃げ出 せ
    黄金のサチュルヌは鉄に変わるだろう。
    巨大な光の反対のものがすべてを絶滅する
    その前に大いなる空(天)は前兆を示すだろうが』
    ~ノストラダムスの予言集(9章44番)~

    『CERN:欧州原子核研究機構』
    スイス、ジュネーブにあるCERNのLHC(ラージ・ハドロン衝突)粒子加速機によるマイクロ・ブラックホール生成実験が2008年から本格化する。日本を含む世界各国が莫大な資金援助をして完成する。直径数十キロの地下巨大リング加速器は、黄金の土星(サチュルヌ)リングの名にふさわしい。理論上はブラックホール生成に成功しても一瞬で消滅する予定なので危険性は無いはずだが、未知の物理学的効果による連鎖反応が発生してエネルギー的に最も安定な、文字通り‘鉄クズ’に激変するかもしれない。もし電磁気効果も伴う現象なら、季節外れのオーロラが欧州の空で観測されるかも
    http://jp.youtube.com/watch?v=cJFllPVIcpg&feature=related

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://ytaka2011.blog105.fc2.com/tb.php/107-c2aa1897
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    «  | ホーム |  »

    私はペット殺処分ゼロを応援しています!ピースワンコ・ジャパン

    まぐまぐ大賞2016

    メルマガ登録 月840円

    メルマガ登録・解除
    未来を見る! 『ヤスの備忘録』連動メルマガ
    >> サンプル
    詳細ページへ
    powered by まぐまぐプレミアム
     

    WEB検索

    Google

    プロフィール

    ヤス

    Author:ヤス
    普通の中年のおやじです。

    他の活動:ヤスの英語

    ※注意
    投稿欄としての本来の機能を維持するため、本ブログの管理人が内容としてふさわしくないと考える投稿は、予告なく削除いたします。また、投稿する方自らが自粛していただければ幸いです。

    最近の記事

    最近のコメント

    月別アーカイブ

    カテゴリー

    フリーエリア

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    ブログ内検索

    RSSフィード

    フリーエリア

    ヤスの本

    翻訳・監修本

    「神霊の世界に覚醒して」 shaman02

    ハワイの長老が語り伝える先住民族の聖なる知恵 bowl

    社会分析

    望みなき時代の幸福論 koufuku

    日本はこう変わる コルマンインデックス未来予測 nihonkawa

    「マルクスに聞け」(道出版) marx

    コルマンインデックス後 私たちの運命を決める 近未来サイクル cycle03

    コルマンインデックスで見えた日本と経済はこうなる koruma

    語学教育

    日本人が「英語ペラペラ」を本当に実現できる本 (講談社) pera

    通じる英語笑われる英語 tsu

    きちんと伝える英語 tsutaeru

    英文社内メール例文集 shanai

    実践 英文ライティング入門 bizw

    音声読み上げソフトで練習する速読即解英文リーディング sokudo

    「確実に意志が伝わる英会話」 kakujitsu

    ビジネスレター実用フォーマット bizletter

    英会話「英訳」トレーニング cd

    ネイティブはゼッタイ使わない nat

    ビジネスコミュニケーション

    論理的会話トレーニング ronri

    知的論理トレーニング chiteki

    対談本

    宇宙の設定を読み解く[BlackBox]超予測 black

    日月神示の緊急未来予測 hitsu01

    日月神示のサバイバルガイド hitsu02

    フリーエリア