FC2ブログ

    2011-05

    第9サイクルでいったいなにが起こるのか?7

    5月27日

    ヤス先生の
    未来社会創造講座 勉強会


    筆者のいとこのブログ

    筆者にいとこがスピリチュアル系のカウンセラーになっていたのを最近知ることとなった。以下にリンクする。よろしかったらどうぞ。

    ねもとまどかの「宇宙のゆりかご」

    講演会のご案内

    またビオマガジンから講演会を依頼された。以下の日時で実施するそうである。今回は、これから本格化する激動の2011年を予測する。

    日 時
    2011年5月29日(日)
    14:00~16:00(開場13:30)
    会 場 東織厚生年金会館 3階 第1会議室 
    東京都中央区東日本橋3-6-20
    ■JR総武線「馬喰町駅」1番出口より徒歩7分
    ■都営新宿線「馬喰横山町駅」A3 出口より徒歩3分
    ■都営浅草線「東日本橋駅」A3、B2 出口より徒歩3分
    ■日比谷線「小伝馬町駅」1番出口より徒歩7分、
     「人形町駅」A4 出口より徒歩7分
    料 金 前売3,000円/当日4,000円(各税込)

    時間があればぜひどうぞ!

    記事全文を音声ファイルにしました。よろしかったらどうぞ。3日で削除されますので、お早めにどうぞ。

    音声ファイル

    予言解説書18の有料配信

    最新版 「予言解説書18」が完成しました。これは、ウェブボット最新報告書、「来るべき未来の形0巻9号」の詳細な要約です。今回は内容が濃く、普段の1.5倍の分量があります。新しい磁極の出現、「ドルの死」の過程などいよいよかと思わせる内容です。入手を希望する方は筆者まで直接メールください。

    info@yasunoeigo.com

    本の出版のお知らせ

    また本が出ます。前著の続編にあたる本です。今度は今のシステムのつっこんだ解説と将来の予測です。よろしかったらどうぞ。

    「支配ー被支配の従来型経済システム」の完全放棄で 日本はこう変わる コルマンインデックス未来予測[2020年までの歩み] (ヒカルランド)

    nihonn

    有料メルマガのご紹介

    前回は外部被爆と内部被曝の違いを説明し、いま福島県の小学校の校庭使用の基準として定められている20ミリシーベルト/年という非常に高い被爆線量がどうして定められたのか背景を詳しく解説した。

    いまユーチューブには、かつて福島第一原発で働いており、原発の近くに住んでいて被爆した元東電従業員の証言がアップされている。この人は3週間で20ミリシーベルトを被爆した。その結果、鼻水と鼻血が止まらなくなり、喉も痛み、相当に具合が悪くなったという。20ミリシーベルトという数値は決して安心できる基準ではない。

    ではなぜ日本政府はこのような高い基準を採用したのだろうか?20ミリシーベルトという基準は、国際放射線防護委員会という国際的な学術団体の勧告に基づいて決定されている。

    だがこの団体は、原子力発電を強く推進する立場の組織であり、そのため放射線の被害を極力小さく見積もる傾向がある。放射線被爆には、外部にある放射性物質から放射線の照射を受ける外部被爆と、体内に取り入れた放射性物質による内部被曝の2つがあり、内部被曝のほうがはるかに危険だとされている。

    国際放射線防護委員会は、内部被曝を無視し、外部被爆を中心に安全基準を作成していた。外部被爆だけだと、許容基準はずっと高くなってしまう。

    一方、国際放射線防護委員会のモデルが一面的だとしてこれに異を唱え、内部被曝の危険性を十分に考慮した基準を作成している欧州放射線リスク委員会がある。この組織も、国際放射線防護委員会同様、科学者が集まった学術団体である。この機関は、はるかに厳しい被爆基準を提示し、内部被曝の危険性を警告している。

    前回はこのような内容を解説した。

    今回の記事

    すでにメルマガにも詳しく書いたが、アメリカがデフォルトする可能性が以前よりも高くなってきた。これをリンゼー・ウィリアムスがリークした支配エリートの情報を背景に見ると、奇妙なことが見えて来る。

    次に、コルマン博士の最新論文を掲載する。いつも博士の論文の翻訳を提供してくださっているキクチさんから今回も翻訳をお送りいただいた。キクチさんの同意が得られたのでこれを掲載する。

    アメリカのデフォルトの可能性


    すでにネットで多くの情報が出回っており、またメルマガでも詳しく解説したので、要点だけ簡単に説明する。

    巨額な財政赤字からアメリカがいつかデフォルトするのではないかといううわさは絶えず存在した。だが、そうした懸念がうわさのレベルを越えたことはなく、アメリカのデフォルトが現実のものとなることはなかった。

    国債発行の上限

    連邦政府には、議会が設定した国債発行額の上限が存在する。今回の上限は14.2兆ドルである。

    この上限を越えて国債を発行することはできないため、上限に到達した段階でアメリカはデフォルトすることになる。

    しかし、連邦政府はこれまで何度も上限を突破したものの、議会はその都度法案を改正し上限を引き上げたので、実際に上限に到達し国債の発行が不可能になるなどということはなかった。上下両院の民主、共和両党は、デフォルトの危険性について認識は共有していたので、上限の引き上げで紛糾することはなかった。

    リバタリアンとキリスト教原理主義

    しかし、昨年の11月に実施された中間選挙で共和党右派のティーパーティー運動の候補者が多数当選を果たし、下院議員や上院議員、そして州知事になった。

    ティーパーティー運動の中核は、18世紀の自立した自給自足的な共同体を理想として考え、自分たちの生活圏に対する連邦政府の一切の介入を排除するリバタリアン(自由至上主義者)と、聖書を字句通りに解釈し、ハルマゲドンによる神の降臨を信じるキリスト教原理主義者の団体である。キリスト教原理主義者は、聖書に少しでも反する連邦政府の政策をすべて拒絶する。

    このような集団は、現在の大きな連邦政府の存在そのものを悪として考えており、連邦政府の破産は、これを小さな政府に置き換える絶好の機会になるので、むしろ好都合なことと考えている。

    したがって、ティーパーティー運動出身の議員が、大きな政府の延命につながる国債発行の上限引き上げに同意するとはいまところ考えにくい。

    5月16日の財務省の声明

    そのようななか、5月16日、ガイトナー財務長官は声明を出し、連邦政府の借金が14.2兆ドルの上限に到達してしまったことを明らかにした。

    もちろんアメリカは、これですぐにデフォルトするわけではない。8月2日までは、連邦政府職員の年金基金を使い、国債の償還に応じる(過去の国債の返済)にとしている。

    8月2日がぎりぎりの期限になる。もしこの日までに上限を引き上げる法案が妥結しなければ、アメリカがデフォルトする危機はいっそう高まることになる。

    リンゼー・ウィリアムスの予言

    このブログやメルマガでは、軍産エネルギー複合体の支配エリートの計画をリークしているリンゼー・ウィリアムスの情報を何度も紹介した。昨年の10月22日が最新のリークだが、そのときはこれから起こることを示唆するヒントを3つ提示した。第一のヒントは以下のようなものである。

    第一のヒント、11月5日のFOXニュース、グレン・ベックの番組

    最初のヒントは、アメリカの主要メディア、「FOXニュース」のコメンテイターであるグレン・ベックが11月5日に放送した番組を聞くように言われたというヒントだ。ウィリアムスのCDにはこの番組も収録されている。以下がその内容である。

    ・私は現在の世界経済や政治を動かす中枢にいる人々の秘密の会合に出席する機会に恵まれた。

    ・そこで中心者であるある女性が発言した。

    ・彼女によると、ある大きな事件があるという。その事件がなんであり、それがいつあるのかは示さなかったが、その事件があってからちょうど13日目に世界経済をパニックに陥れる大きな出来事があるという。

    ・その出来事とは、中国政府による米国債の不買宣言である。中国政府は米国債を二度と買わないことを宣言するのだ。

    ・この宣言があると、EU諸国や日本を始め、市場で自国の国債を販売するために、国債の利回りを切り上げる。各国は利回り切り上げ競争に入り、利回りは一気に上昇する。

    ・これが引き金となり、まずアジアの市場がクラッシュする。それに合わせて他の市場も順次クラッシュする。

    ・この出来事以降、アメリカは激変してしまう。

    ・彼女のこの発言には他のメンバーも同意していた。


    以上である。このリーク以来、中国の米国債の不買宣言の起点となる出来事がなんであるのか、多くの予想がなされていた。いまのところどれも当たってはいない。

    5月29日か30日になにかある可能性は?

    では、5月16日の借金の上限到達声明が、中国の米国債不買宣言の起点となる出来事になる可能性はないのだろうか?もしそうであれば、13日後の5月29日、ないしは30日がなにかあることになる。

    もちろん、そうなる保証があるわけではない。だが、東日本大震災が起こる1カ月前の2月11日に「陸前高田」の地名を出し、地震を予告した「世見」の照さんは、5月25日のブログで以下のように述べている。

    <世見>2011/05/25 株価

    今いきなり変な表が見えました。線が上下しています。チャイナショックってあったのですよネ。その表の下辺りと同じ所に、その線が落ち着いています。そして、少し横ばいで上がりそうな所で消えています。

    NYダウ平均株価票と書かれています。チャイナショックの右にサブプライムの字があったように思います。

    この書き方では分かりにくいとは思いますがチャイナショックで一番低い位置と同じ位置になる日が来ると、とっていいのかなァと思っています


    照さんの予言は、直近の未来に実現することが比較的に多いように思う。この「チャイナショック」とはなんのことだろうか?先のグレン・ベックの「13日後に起こる出来事」のことだろうか?

    8月2日の13日後

    そうではなく、起点となる出来事が、8月2日の上限引き上げの期限である可能性も十分にある。すると、その13日後は8月15日になる。

    コルマンインデックスでは?

    下に邦訳を掲載したコルマン博士の最新論文でもドルの崩壊に言及しており、以下のようにある。

    西洋について言えば、米ドルの価値はいつ崩壊するかという議論が盛んになっている。(ドルの死も統一した意識をもたらす革命の一部と見なせるかも知れない。)そして、それは8月18日から9月4日の第5夜に起こると予想する意見がある。だが、私は違う見方をしている。私は、第3昼、第4昼、第5昼を通じて段階的にドルの価値が崩壊していくのではないかと思う。なぜならば、統一した意識の視点から見れば、ドルの崩壊は破壊ではない。だから、私は、それは一つの昼か、あるいはいくつかの昼を通して起こるのではないかと考えている。それよりも、第5夜には、古い通貨システムへの一時的な回帰が起こるのではないかと予想している。これは地球にとっては危険な現象なのだ

    以上である。ちなみに、第3、第4、第5の昼は以下の期間である。

    第3の昼(萌芽)
    5月20日~6月6日
    ミッドポイント 5月28日~29日

    第4の昼(葉の形成)
    6月25日~7月12日 
    ミッドポイント 7月3日~4日

    第5の昼(つぼみの生長)
    7月31日~8月17日 
    ミッドポイント 8月8日~9日


    5月29日は第3の昼のミッドポイントにあたる。第3の昼のミッドポイントは、第9サイクル全体のミッドポイントにあたり、もっともエネルギーが高い期間だとされている。

    また、8月15日は第5の昼である。ひとつ前の第8サイクルの第5の昼の期間では金融危機が始まった期間だ。

    第8サイクル

    第3の昼
    2002年12月5日~2003年12月9日
    イラク侵略戦争開始

    第4の昼
    2004年12月5日~2005年11月28日
    スマトラ大地震と大津波

    第5の昼
    2006年11月24日~2007年11月18日
    サブプライムローン破綻、金融危機開始

    第5の夜
    2007年11月19日~2008年11月12日
    リーマンショックによる金融危機のピーク


    とりあえずは5月29日から30日にかけて注視しなければならないだろう。

    コルマン博士最新論文

    コルマン博士の最新論文が発表になった。いつものように、キクチさんの翻訳をご好意で掲載させていただく。また、これまでの翻訳と表現を統一させるため、若干の表現の手直しを行った。

    第9サイクル(ユニヴァーサルアンダーワールド)の第3の昼と、統一意識をもたらす革命

    日本の大震災と、それに続いて起こった災害に象徴される2011年3月9日の第9サイクル、すなわちユニヴァーサルアンダーワールドの開始による波動の高まりに、全世界は激しく揺さぶられている。しかし、第9サイクルとは一体何だろうか?これを”カオス”や”カタストロフィ”だと考えるのは容易だが、このサイクルがもたらすプロセスの方向性を見定めるのは、それほど易しいことではない。私はこれまで、漠然と、第9サイクルは統合された意識をもたらすことを目標とすると述べてきたが。しかし、統合された意識とは何を意味し、それは第9サイクルを通じてどのようにして出現するのだろうか?

    これを理解するためには、1755年に始まった第7サイクルと、これが人類にもたらした、覚醒する以前の統合意識の検討から始めよう。第9サイクルも統合された意識をもたらすが、これは覚醒した意識なのだ。第7サイクルと第9サイクルは、いずれも最初に巨大地震が起こったという驚くべきシンクロがあったが、それぞれの地震が、地球の反対側に位置するリスボンと日本で起こったことも理にかなっている。もう一つのシンクロは、2つのサイクルが、いずれも既存のシステムを破壊する革命から始まったことである。第7サイクルの始まりはアメリカ独立革命とフランス革命が起こり、専制政治に対する反抗は徐々に世界中に拡がった。第9サイクルが生み出す革命は、専制支配の拒絶だけでなく、あらゆる形態の他者への支配を退けようとしている。このように、第9サイクルによって作り出される統一した意識の場(下記参照)は、(民主主義のように)4年ごとの選挙で選ばれた人々に権力を委譲する現代の政治システムすら容認しないだろう。すべての魂の自立性に基づいた、より根源的な自由が求められているのだ。

    さらに統合した意識は、紙幣の印刷で人々の日常生活を支配するいまのような経済システムは許容しないだろう。第9サイクルがもたらす世界規模の革命は、第6サイクルの君主制や第7サイクルの民主主義よりも、はるかに根源的な自由と統一した意識をもたらす可能性があるのだ。第9サイクルの世界革命を背後から押しているのは、統合された意識を望む、神性に導かれた力なのだ。このように、今日の世界で起こっている現象は、宗教的、ないしはスピリチュアルな言葉でも、政治経済的な言葉でも、いずれもうまく表現することができる。肝心なことは、現在次々と起こっている現象や支配体制の崩壊は、まさに、マヤカレンダーに記された宇宙の計画に沿っているという事実を認識することなのだ。(マヤカレンダーは、それぞれに異なる極性を持つ9つのサイクルから構成されている。下図参照。)人間には、この極性を変える力はない。宇宙の計画全体の方向は、不可逆的なのだ。

    第9サイクルの意識は、最初に東洋と西洋を分ける東経12度線に沿って現れると予想された。第6サイクルと第8サイクルによって作り出された正反対の極性を持つ意識は、すでにギャラクティックアンダーワールド(第8サイクル)の第7の昼が始まった2010年11月3日から、この東経12度線の地域で政治的な支配を崩壊させる兆候を顕在化させ、そして2ヶ月後にはチュニジアとエジプトでそのプロセスは表面化した。これらの革命は第8サイクルが発達させたソーシャルメディアのネットワークによって支えられた側面が大きいが、そればかりでなく、女性の活躍、ならびにエジプトでは、イスラム教徒とキリスト教徒の結束が見られた。カイロでは、人々は「私たちはみな一つ」と歌ったのである。(このような現象のうちのいくつかは、一時的に後退しているが、しかし、全体が向かう方向が変わることはない。)

    異なるサイクルの波の陰陽の極性によって作り出されたさまざまな支配形態

    dominance

    この統一意識の革命は、現在、ポルトガル、ギリシャ、スペインなどのヨーロッパのいくつかの国々に拡がりつつある。これらの国の人々が突き付けている要求は、ほとんどが経済的な要求で、EUやIMF、世界銀行などが決めた緊縮財政計画へ向けられたものなので、一見すると統一意識の革命の一部とは映らないだろう。だが、現在の経済システムは統一意識に基づくものとは程遠く、持つ者と持たざる者を生みだし、今や多くの人々がこれを受け入れ難く感じている。ヨーロッパの国々は、北アフリカのアラブ諸国と同じく東経12度線上に位置し、そのために第9サイクルの始めからプロセスの影響を受けているのだ。第9サイクルの進行につれて、統一意識へと向かう世界とは相容れない側面が次々と表面化し、時には日本を襲ったような大災害の形で迫ってくるだろう。それは徹底的な変化を引き起こす契機になるだろう。地球と共生ができないようなテクノロジーは、急速に廃れていくことだろう。(訳注:たとえば原子力のことか) しかし、第9サイクルは、ワンネスに向けて一直線に進行していくわけではない。そしてアメリカのような西の端と、中国のような極東の国々では、ヨーロッパやアラブ世界とは異なる道をたどっていくことだろう。

    西洋について言えば、米ドルの価値はいつ崩壊するかという議論が盛んになっている。ドルの死も統一した意識をもたらす革命の一部と見なせるかも知れない。そして、それは8月18日から9月4日の第5夜に起こると予想する見方がある。だが、私は違う見方をしている。私は、第3の昼、第4の昼、第5の昼を通じて段階的にドルの価値が崩壊していくのではないかと思う。なぜならば、統一した意識の視点から見れば、ドルの崩壊は破壊ではないからだ。だから私は、それは一つの昼の期間か、あるいはいくつかの昼の期間を通して起こるのではないかと考えている。それよりも、第5の夜には、古い通貨システムへの一時的な回帰が起こるのではないかと予想している。これは地球にとっては危険な現象なのだ。

    ドルの死と世界の通貨制度の崩壊(それは多大な困難を意味するだろう)が迫っているとすれば、何がこれに取って代われるのかを、真剣に考えなければならないだろう。多くの人々が、このような崩壊から身を守り、積極的な投資方法を見つけ出そうと首をひねっているのは、無理もないことだ。インターネットで情報を集めても、それは達成できるかも知れないし、できないかも知れない。しかし、もっと深く考えなければならないことは、新しい統一した意識が、金融に基づく支配の復活をもはや許さなくなった状況で、全人類はどのようにして通貨の崩壊に対処すればいいのかということなのだ。公然とこのような議論をすると、避けようとしている事態を引き起こしかねないので、もちろん主流メデイアは、こんな議論は取り上げない。

    私は、もし通貨が崩壊したら、現在の通貨の使い方に代わる3つの方法があると思う。一つは、通貨の交換がないという事実を無視したまま、全ての人々がこれまで通りの行動を取り続けるというものだ。農業従事者は作物を作り続け、トラックドライバーはそれを都市に運び続け、人々は家賃の支払いも抵当権もないまま家に住み続ける。そこには通貨の移動は全くない。おそらく、これが通貨崩壊に対処する最良の方法だろう。だがこれは、低い意識レベルを前提にした既存の法体系や契約とはまず相容れないだろう。もちろん、通貨が使われなくなれば、金融関係に従事している人々にとっては死活問題となるし、さしたる葛藤も伴わずにこのようなシフトが実現すると信じるのは無邪気過ぎるだろう。2つ目の選択肢は、フードスタンプあるいは配給の制度を作り、誰でも確実に生活必需品を入手できるようにすることだ。三つ目の選択肢は、交換基盤として地域通貨を創設することだろう。地域通貨の問題点は、若年層、高齢者、病人など、交換できるサービスを提供できない人をたくさん生み出してしまうことだ。このほかにも、通貨崩壊に対処するためのさまざまな方法があることだろう。私が述べたことは、全体に仕えるという視点から通貨崩壊にどう対処すればいいかという議論への、少しばかりのヒントに過ぎない。

    これらの検討は、多くの人々が現在抱いている統合した意識の定義とはかけ離れた結論となっているし、メンタルな、あるいはスピリチュアルな状態よりも現実にずっと重きを置いている。これは、決して個人が統一意識の達成を助ける方法に価値がない、と言っているのではない。実際私は、まだ始まっていない世界革命が成功するためには、神性による導きが必要で、神的な計画に仕えようとする人々の熱望に支えられなければならないと信じている。それでも、この統一した意識の定義には、実践的で共同的な努力がなければ統一した意識の世界は創造できないということを意味している。結局、私たちが誰であるかは、他者との関係性から決定されるのだし、根源的かつ実践的な方法で私たちと他者との関係の本質を変容させることによってのみ、調和に満ちた世界を生み出せるのだ。統一した意識をもたらすこの世界革命がどのように達成されるのか、その詳細については誰にも分からない。しかし後戻りはできないのだ。2011年10月28日のマヤカレンダーの最高点に近づくにつれて、それは激しさを増していくだろう。この時は、偶然にもエレニン彗星が地球に最接近する時でもある。何はともあれ、この接近が私たちを、スピリチュアルな意味で、宇宙意識に導く助けになるだろう。それには、この政治的・経済的な変化が基盤になるのだ。

    マヤカレンダーの完成する日とは、私たちの惑星の、意識の「最終フィールド」が完成されるという意味に過ぎないのだ。調和に満ちた世界が完成するまでには、さらにいくばくかの「時間」を必要とするように思われる。しかし、その時には、「時間」とは、決して現在と同じ意味ではないのだ。

    以上である。

    筆者の友人の作家のブログ

    茶房ちよちよ
    駒村吉重のブログ。いつもの飯、酒、より道、脱線、思いごと


    また本を出版しました。今度は徳間書店からです。今回は、このブログの内容を大幅に加筆修正し、未来予測を行った本です。よろしければぜひどうぞ!

    未来予測コルマンインデックスで見えた 日本と経済はこうなる(徳間書店)

    koru

    今回、講談社から英語本を出版しました。通勤途中に電車の中で軽く読める本です。ちょっと英語に興味がある人はぜひどうぞ!

    通じる英語 笑われる英語

    eigo

    「いったい世の中どうなっているんだ!こんな時はマルクスに聞け」(道出版)

    体裁としては「資本論」の解説書のような本だが、マルクス礼讚の本ではない。われわれはこれからなんとしてでもサバイバルして行かねばならない。そのための状況認識のための書として有効だと思う。よろしかったらぜひどうぞ!

    marx

    このブログの基本方針

    このブログの基本方針を掲載しました。記事をお読みになる前にかならず一度はお読みになってください。

    基本方針リンク

    友人の飲み屋

    筆者の友人の一人が飲み屋を始めました。こちらもよろしかったらどうぞ!

    ナイトクルーズ51

    驚異的な前世リーディングサイト
    遠い記憶・前世からの約束

    前世リーディング問い合わせ電話番号
    080-3128-8600

    ヤス先生の未来社会創造講座 勉強会

    雑誌アネモネ

    便利な学校検索サイトです!

    海外子女.com

    投稿に関しては以下の方針に従い、どうしても必要な場合以外は削除しないことにしておりますが、他者の人格を傷つける不適切な表現がある場合は例外とし、予告無しに削除し、投稿禁止にする場合もあります。

    意味産出の現場としてのBBSやブログ

    また、私はいま日本で起こっている変化を以下のようにとらえております。もしよろしければこちらもどうぞ。

    いま何がおこっているのか?

    ヤスの英語

    よろしかったらクリックをぜひ!↓



    人気ブログランキングへ

    スポンサーサイト



    テーマ:歴史と予言 - ジャンル:学問・文化・芸術

    «  | ホーム |  »

    私はペット殺処分ゼロを応援しています!ピースワンコ・ジャパン

    まぐまぐ大賞2017

    メルマガ登録 月840円

    メルマガ登録・解除
    未来を見る! 『ヤスの備忘録』連動メルマガ
    >> サンプル
    詳細ページへ
    powered by まぐまぐプレミアム
     

    WEB検索

    Google

    foomiiメルマガ配信 クレジットカード決済が苦手なかたはこちら

    foomiiメルマガ配信 クレジットカード決済が苦手なかたはこち

    プロフィール

    ヤス

    Author:ヤス
    普通の中年のおやじです。

    他の活動:ヤスの英語

    ※注意
    投稿欄としての本来の機能を維持するため、本ブログの管理人が内容としてふさわしくないと考える投稿は、予告なく削除いたします。また、投稿する方自らが自粛していただければ幸いです。

    最近の記事

    最近のコメント

    月別アーカイブ

    カテゴリー

    フリーエリア

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    ブログ内検索

    RSSフィード

    フリーエリア

    ヤスの本

    翻訳・監修本

    「神霊の世界に覚醒して」 shaman02

    ハワイの長老が語り伝える先住民族の聖なる知恵 bowl

    社会分析

    望みなき時代の幸福論 koufuku

    日本はこう変わる コルマンインデックス未来予測 nihonkawa

    「マルクスに聞け」(道出版) marx

    コルマンインデックス後 私たちの運命を決める 近未来サイクル cycle03

    コルマンインデックスで見えた日本と経済はこうなる koruma

    語学教育

    日本人が「英語ペラペラ」を本当に実現できる本 (講談社) pera

    通じる英語笑われる英語 tsu

    きちんと伝える英語 tsutaeru

    英文社内メール例文集 shanai

    実践 英文ライティング入門 bizw

    音声読み上げソフトで練習する速読即解英文リーディング sokudo

    「確実に意志が伝わる英会話」 kakujitsu

    ビジネスレター実用フォーマット bizletter

    英会話「英訳」トレーニング cd

    ネイティブはゼッタイ使わない nat

    ビジネスコミュニケーション

    論理的会話トレーニング ronri

    知的論理トレーニング chiteki

    対談本

    宇宙の設定を読み解く[BlackBox]超予測 black

    日月神示の緊急未来予測 hitsu01

    日月神示のサバイバルガイド hitsu02

    フリーエリア