fc2ブログ

    2023-02

    なぜプーチンのロシアはウクライナに侵攻したいのか?コルマンインデックスからの視点

    コルマン博士がコルマンインデックスからの視点のエッセーを書いている。大変に興味部会ので転載する。機械翻訳である。ちょっと複雑な内容だが、解説なしでそのまま掲載する。

    なぜプーチンのロシアはウクライナに侵攻したいのか?
    2月13日

    マヤ暦は、世界の進化を決定づけるものではなく、さまざまな意識状態の可能性に基づいているため、予測には常に不確実性がつきまといます。しかし、このカレンダーシステムは、歴史の流れの中で多くのパターンを示しており、それが予測に役立つこともあります。例えば、今、世界が注目している地政学的な問題は、ロシアがウクライナを併合または属国化するために侵攻する可能性です。ロシアは、過去に多少なりとも支配していた広大な領土にロシアを拡大しようとするだけでなく、比較的民主的なウクライナがロシアの権威主義的支配にとって脅威となることから、このような従属を目指しているのであろう。そのために、ロシアは近年、軍事力を大幅に近代化していると思われる。

    さらに、ロシアが特に被害を受けているパンデミックに加えて、最近の中央アジアからの撤退に基づく米国の弱体化、国内の分裂、戦争への疲弊など、ロシアが世界の超大国としての役割を主張する野心に基づいて行動するには良い時期であると考えられる。さらに、このような戦争のリスクに加えて、現時点では交渉の余地があまりないように思われます。現在のウクライナ政府とその国民の大部分は、ウクライナが他国と条約を結ぶ権利を持つ主権国家であることを望んでいますが、ロシアはウクライナを自国の安全地帯の一部と考えています。現在は侵攻の可能性が高いと思われますが、軍事的手段でウクライナを長期的に孤立させることで、従属という同じ結果を得ることも可能です。少なくとも今のところ、時間はプーチンの側にある。しかし、この記事の目的は、マスコミがすでに議論しているような詳細を報告することではない。それよりも、ロシアがウクライナを侵略するかどうかにかかわらず、事実上、ウクライナを取り込むことになるかもしれない、量子場の根底に存在する深い理由を議論することである。

    実際、マヤ暦システムの第6波(いわゆるロングカウント)の歴史的パターンは、この波が生み出すエネルギーが、ロシアによる何らかの形でのウクライナ編入の可能性を高くしていることを明確に物語っている。このことを示すために、図1は、過去7回のバクトゥン(バクトゥンとは、394.7年のマヤの期間のこと。マルメ、ベルリン、ローマを経てケープタウンに至る惑星の正中線は、地球の東半球と西半球を隔てる東経12度であり、地球の内核のレベルで確立されている)。最近では、2011年にロングカウントの14回目のバクトゥーンが始まりましたが、これに対応する地図はまだ追加されていません。写真は、ロングカウントのバクターンの後のカトゥン(19.7年)の間の主要な軍事行動を示している。

    この研究では、昼の時間帯(図1の左欄)には惑星の正中線から拡大が行われ、夜の時間帯(図1の右欄)にはヨーロッパが東から攻撃されるという明確なパターンが示されています。このパターンには、ローマ帝国の興亡、大英帝国の興亡、暗黒時代の始まり、人類史上最大の帝国を築いたモンゴルの嵐など、ヨーロッパや世界の歴史で最も重要な動きが含まれています。

    図1:第六波動の後半の白日の始まりにおける惑星の正中線からの、または正中線への主な動き。
    maya01_20220219102053c0e.jpg

    このような正中線からの、あるいは正中線に向かっての軍事的な動きのパターンは、長いカウントの異なるタクトン間の時間のシフトポイントを考慮して初めて明らかになることに注意すべきである。マヤの第6波以外の暦では、このような異なる方向への動きを生み出す交互のエネルギーのパターンを明らかにすることはできません。しかし、マヤだけでなく、他の古代の人々も4つの地理的な方向に異なる力を認識しており、それらが人類の歴史の流れに役割を果たしているという事実を説明することができます。東経12度を通る線は、第6の波の進化の過程において、一種の波動発生装置の役割を果たしており、最終的に東洋と西洋の異なる精神性を生み出しています。ヨーロッパが世界の歴史の中で不釣り合いに重要な役割を果たしてきたことは、このエネルギー線によって説明されます。

    このような交互の動きのパターンが存在するということは、まさに歴史が根底にある波動(メキシコの古代人は「プルームド・サーペント」と呼び、他の多くの古代文化では宇宙の蛇や竜と呼ばれています)によって動かされていることを示しています。この波動が地中海・ヨーロッパの主要帝国の出現に影響を与えた結果を図2に示します。世界史の多くはこの波動で説明できますが、ヨーロッパ以外の出来事は、今回のロシアとウクライナの議論には関係ないので、ここでは割愛します。しかし、この波動は、文明の最初の立ち上がりを説明するだけでなく、一般的に注目されている、歴史の中で振り子が振れて大規模な円柱状の現象を生み出すという現象も説明できることを指摘しておきたい。意識の進化(波動)をより深く理解したい方は、私の著書や講座を参照してください。これらの波動がどこから来るのかについても述べられています。要するに、波動は人間に意識状態(心の構造)を与え、その状態が変化すると、人間の世界に対する認識が変化します。人間の認識が変われば、人間が作る世界も変わり、文明の盛衰の背景に意識の波動があるのはそのためです。人間の脳は、思考や行動を生み出す単独の存在というよりも、宇宙の波動を受信する存在として捉えられているのです。

    図2. 第6の波」のピークを迎えた地中海・ヨーロッパの大帝国の勃興。波
    maya02_202202191022292d2.jpg

    図3. ロングカウント7日目の大英帝国とアメリカの興亡。
    maya03_20220219102453ca8.jpg

    図3(図2の詳細)は、現在の紛争に別の視点を加えています。それは、現在(2011年以降)の世界における西洋の力と支配を育んできた7日目(13回目のバクターン)が終わったということです。つまり、現在(2011年以降)、世界における西洋の力と支配を育んできた第7の日(第13バクテーン)が終わり、第14バクテーンに入った今、西洋の力は衰退の一途をたどっているのです。米国の場合、イラク、イラン、アフガニスタン、さらには中央アジアなど、アジアへの軍事的進出は、誰が大統領になっても衰退し続けており、この傾向が好転することを示すものはほとんどありません。今回のウクライナ・ロシア紛争も、ある意味では、2011年に終了した「第7の日」から「第7の夜」に移行したことによる米露関係の変化を反映したものであると言えよう。プーチンは、欧米の力が衰退しつつあることを感じ、今こそ自分の力を主張し、決着をつける時ではないかと考えているのである。何のために?個人的には、ロシアには西側諸国を恨む理由があると思います。1990年代初頭にソ連が崩壊し、死亡率が上昇し、出生率が低下し、貧困と犯罪が蔓延し、非常に混乱した経済状態になったときに、西側諸国が助けてくれなかったからです。プーチンは、1990年代の危機的状況の中で、安定を生み出し、極度の苦難を終わらせた人物と見なされるようになり、そのため彼はしばしば「西洋は信用できない」と繰り返すようになりました。当時、アメリカはそれに失敗し、その力が第7の夜に弱まったことで、まるでカルマのように戻ってきているのです。

    さらに時代をさかのぼって、ヒトラーのいわゆるバルバロッサ作戦(ソ連を破壊することを目的とした軍事作戦の名称)にまでさかのぼると、ロシアがウクライナとの関係を失うことに特に敏感になっている理由もわかるかもしれません。バルバロッサ作戦の目的は、ウクライナをドイツの人口増加のための穀倉地帯とし、同時にロシアからの食料生産を遮断して、数千万人の住民を餓死させることであった。ナチスドイツの敗北に決定的な役割を果たしたことを忘れない国では、このようなことが感情的に重くのしかかり、西洋に対する疑念を高めているのです。

    さて、本稿のテーマに戻ろう。前述したように、図1に含まれていないのは、現在が2011年から2031年までの期間の地図であり、これは地図1hとなるべきものである。これは、我々が現在いる第14バクトゥーンの始まりが、まだ資格を得るほどの大きな力を持った軍の動きとして現れていないからです。しかし、このように過去3000年間のマヤ暦の最も重要な変化の始まりを示す方法では、14回目の白日の始まりにロシアがウクライナに侵攻することは、このパターンに完全に合致し、図1hのギャップを埋めるほどの重要な変化を意味することは明らかでしょう。このような侵攻(あるいはウクライナの併合)は、前夜の初めに起こった惑星の正中線に向かって東から発せられたフン族(図1 d)とモンゴル族(図1 f)の嵐に続くものである。これらの類似点を補足すると、ウクライナのスラブ文明の元祖であるキエフ・ルスに終止符を打ち、それを帝国に組み込んだのがモンゴルの嵐(図1のf)であったことに注目すべきである。このキエフ・ルスの崩壊は、ロシアによるウクライナ侵攻の可能性との並行性をより直接的なものにしています。第6夜の初めの東アジアからのモンゴルの嵐と現在の状況とのパラレルをさらに強調するためには、ユーラシア・ブロックを作る可能性のあるロシアと中国の友好関係が最近強化されていることを考えるとよいでしょう。

    キエフ・ロシア文明は、9世紀にロシアの河川流域に進出したバイキングによって築かれ(図1のe)、東スラブ文明の原型とされるものに成長しました。しかし、その後のモンゴル人による征服(図1f)によって、キエフやモスクワを拠点とするスラブ民族の発展は、数世紀にわたって妨げられたと一般に考えられています。現在のロシアとウクライナは、ある意味では共通のトラウマを抱えていると同時に、キエフ・ロシアを起源としているため、感情的にも強く影響を受けているのです。図1と図2に示した波動の動き(実際には同じ波動を別の角度から見たものである)によれば、現在のロシアがウクライナを取り込もうとする可能性は高いと思われる。民主主義が完全とは言えないにしても、少なくともプーチンやロシアのオリガルヒとは対照的に、そのような野心を持っているのですから、個人的には(私も訪れたことがある)ウクライナに同情します。しかし、ウクライナがロシアに再併合されることに効果的に抵抗できる可能性については、あまり楽観的ではありません。なぜなら、ウクライナは何世紀にもわたって、ツァーリズムやソビエト時代にかかわらず、ロシア帝国の一部だったからです。

    図1のパターンを生み出した波の力を考えると、欧米が打ち出す可能性のある制裁措置が、ロシアのオリガルヒや国民にとって痛みを伴うものになったとしても、ロシアの政治に大きな影響を与える可能性はあまりないように思われます。これに加えて、欧米でも(第6の波の夜への移行により)民主主義への支持がここ数年で劇的に低下し、ウクライナを支援する能力が低下していることも付け加えておきたい。この紛争、そして権威主義対民主主義の側面が世界の他の国々にとって重要であることは、トランプ政権の主要メンバーの何人かが積極的に役割を果たしていたことからもわかります。トランプ大統領はプーチンを批判することはなく、直接的にプーチンへの賞賛を表明することさえあり、ジョー・バイデンの息子を調査しない限り、ウクライナへのアメリカの資金を差し止めると脅したのは確かです。また、ポール・マナフォート、マイケル・フリン、ルディ・ジュリアーニといった前政権の主要人物も、通常はウクライナ、ひいては民主主義に不利益をもたらすような役割を果たしてきた。このように、ロシアによるウクライナへの脅威は、民主主義に対する世界的な攻撃の一環であり、その影響は、米国やその他の地域の民主主義の将来にも直接影響を及ぼす可能性があると思われる。

    ロシアがウクライナを占領して西側に進出することは、西側を犠牲にしてロシアに有利な軍事力の大きな変化をもたらすことは間違いない。東欧だけでなく西欧でもロシアの比重が高まり、西欧諸国は今後、再軍備を余儀なくされる可能性があるほど、ロシアはすでに重量を投じ始めている。このことから、ユーラシア大陸の地政学的再編は、東の大国であるロシアと中国に有利に働き、ある意味で新しいシルクロードを作ることになると考えられます。このように、私たちが話していることは、地政学上の小さな変化に留まらず、その結果が世界を根本的に変えることになるかもしれません。

    このようなことが起こる理由は、マヤ暦のシステムで説明されている波動の力と、現在のほとんどの人が気づいていない2011年のこの大きなバクターンのシフトにあるでしょう。2012年12月21日に何らかの即時的な変化を期待していた人にとっての教訓は、マヤ暦はより長期的なプロセス、この場合は約800年の周期性を持つ波を描いているということですが、これは現代人は通常考慮しません。マヤ暦は、他の暦や占星術とは異なり、目に見えない量子場に基づいているため、同じ出来事が繰り返されるという意味での周期性ではなく、波動性があり、似たような動きや出来事が明確な周期性を持って繰り返されます。つまり、世の中のエネルギーやパワーの変化を多くの人が無意識に感じ取っていたとしても、全体像を把握するためには、東洋と西洋の関係が非常に重要な役割を果たす、このようなエネルギーの変化を踏まえて歴史を分析する必要があるということです。

    いずれにしても、このような波動があるからこそ、実際に侵攻するかしないかにかかわらず、時間はプーチンの側にあるのである。世界の他の国々にとってのリスクは、ウクライナの従属が、ヨーロッパだけでなく、おそらくアメリカでも、あらゆる場所の独裁者、政治的強者、権威主義的勢力を後押しすることを意味するようになることだ。このような支配的な状況が長く続くかどうかは、ロシアやウクライナを含む世界中の人々が、より高い第7波、第8波、第9波へと飛躍し、そのような高いフィルターを通して現実を見ることができるようになるかどうかにかかっています。先に述べたように、これらの波動は量子化されており、その効果は決定論的ではなく、潜在的なものです。高次の波動は、多くの人に民主主義と繁栄をもたらし、さらには精神的な再生をもたらす可能性を持っていますが、そのような現象を世界に顕在化させるには、意識的な意図と努力が必要です。

    スポンサーサイト



    日韓の緊張、コルマンインデックス再び

    MONEYVOICE賞のページ

    新しいメルマガを出しました。こちらもぜひどうぞ!以下のリンクから登録できます。

    ヤスの第四次産業革命とブロックチェーン
    いま急速に進んでいるブロックチェーン革命の実態を追いながら、有望な仮想通貨を紹介します!

    メルマガのクレジットカード決済が苦手な方はこちらから。

    未来を見る! 『ヤスの備忘録』連動メルマガ

    ヤスの第4時産業革命とブロックチェーン

    「ヤスの勉強会」第65回のご案内

    「ヤスの勉強会」の第654回を開催します。日韓の対立は予想を超えて激しくなり、先行きがまったく見えない状況です。この対立の果てにはなにがあるのでしょうか?オリンピックを一年後に控え、日本では次第に大国主義のナショナリズムが高まる兆しが出てきています。2019年は激動の2020年の前兆となる年になるでしょう。激動の2020年代を含め、なにが起こるか全力で予想します。

    【主な内容】
    ・日韓対立の果て
    ・姿を表した極右思想の普遍的な内容
    ・グローバリストの指導者が消えるヨーロッパ
    ・イラン攻撃の可能性は?
    ・オリンピック以後の日本の状況
    ・最先端の脳テクノロジーと意識の変化

     よろしかったらぜひご参加ください。

    日時:8月31日、土曜日
    時間:1時半から4時半前後まで
    料金:4000円
    場所:都内(おそらく東横線沿線)

    いまのところ場所は未定ですが、申し込みいただいた方に直接お伝えいたします。以下のメルアドから申し込んでください。

    記載必要事項
    名前(ふりがな)
    住所 〒
    メールアドレス
    参加人数
    懇親会の参加の有無

    ytakashima@gmail.com

    高島康司先生3回シリーズ「私達の未来」第2回(8/9)

    第2回 2019年8月9日(金)
     <8月度テーマ>
    ・世界情勢から地球外生物までを含めた8月までの最新情勢
    ・だんだん形を現す新しい国際秩序
    ・我々はどのような未来を望んでいるのか?

    第3回 2019年9月13日(金)
     <9月度テーマ>
    ・9月までの最新情勢
    ・2020年代にどう備えるか?
    ・我々の内面にある本当の力をどうやって呼び覚ますのか?

    受  付 18:15~18:30 
    講  演 18:30~20:30 
    質疑応答 20:30~20:45

    参加費:にんげんクラブ会員 6,000円(各回)
         一般の方 7,000円(各回)

    会 場:船井本社 大会議室
    東京都港区芝 4-5-10
    ユニゾ芝四丁目ビル8階 
    ◆JR田町駅三田口より徒歩6分
    ◆都営三田線・浅草線 三田駅A9出口より徒歩3分
    ※10階建の茶色のビルです。


    申し込みページ

    ツイッターに書き込むことにしました。よろしかったらフォローをどうぞ。日々情報を発信します。
    https://twitter.com/ytaka2013/

    ヤスの世界情勢トーク 第17回
    日韓の緊張、コルマンインデックス再び


    船井幸雄.comに筆者のページが出来ました。月一回のペースで更新します。ぜひご覧ください!

    船井幸雄.com
    ヤスのちょっとスピリチュアルな世界情勢予測

    コルマンインデックスはどうなったのか?コルマン博士最新論文2

    6月13日

    いつものように遅い更新だが、いつも読んでいただいている読者の方々に感謝する。

    次回の有料メルマガの予告

    日本ではあまりに多くのことが報道されていない。基本的に、安倍政権に不利になるニュースはまったく伝えられなくなってしまっている。「報道」の2字がマスメディアから消えてしまったようだ。すでに日本は、現実をまったく反映していないイメージのバブルの中に生活しているような状況になっている。もしかしたらこの状況は、戦前よりも悪いのかもしれない。

    この状況は、いまアルカイダ系過激派組織が一部の都市を占拠しているイラクでもそうだ。一面的な事実しか日本では報道されなくなっている。

    そこで、6月20日、午前0時10分に配信される次週のメルマガでは、日本で報道されていない情報を中心にして、本当に何が起こっているのか詳しく解説する。

    それは、思ったよりも急速に進んでいる米国覇権の崩壊だ。中国とロシアの急速な台頭、トルコとイランの新しい同盟、インドの反米的な姿勢の表明、イラクとイランの関係強化などだ。この過程で、日本は最終的に孤立化する可能性すらある。

    メルマガ登録はここをクリック

    前回の有料メルマガのご紹介

    前回は、マヤカレンダーの有力な解釈のひとつであるコルマンインデックスは、古代マヤ人は意識は進化すると信じており、この進化の予定表を表現したものこそマヤカレンダーだと解釈していた。前回の記事では、意識が本当に進化するのかどうか見て見た。

    それというのも、意識が突然と変化する可能性を指摘したリック・ストラスマン博士の「DMT」という、松果体から分泌される神経伝達物質が意識の変化をもたらすことが分かったからだ。ストラスマン博士はこの脳内物質を「精神の分子」と呼んでいる。

    さらに、物理学者で地球磁場の研究で知られるディーター・ブローワー博士などの複数の科学者は、大きな太陽フレアの直撃によって松果体が刺激され、「DMT」の分泌が刺激される可能性を指摘した。これは、太陽の活動によって意識の変化が刺激されるということだ。

    前回はこのような内容を詳しく解説した。

    ツイッターを始めました!

    ツイッターに書き込むことにしました。よろしかったらフォローをどうぞ。日々情報を発信します。
    https://twitter.com/ytaka2013/

    船井幸雄.comに筆者のページが出来ました。月一回のペースで更新します。ぜひご覧ください!

    船井幸雄.com
    ヤスのちょっとスピリチュアルな世界情勢予測

    「ヤスの勉強会」第3回のご案内

    「ヤスの勉強会」の第3回を開催します。中国がロシアと協調し、アメリカには依存しない独自な国際秩序の枠組みの構築に乗り出しました。変化は思った以上に加速しています。

    そしてそれとともに、第2回目で指摘した集合無意識の「得体の知れないもの」も、さらに活性化しつつあります。おそらく2015年くらいには、はっきりとした姿を現すはずです。

    また、これから世界の抗議運動を主導しそうな思想である、アレクセイ・ドューギンの「新ユーラシア主義」がその全貌を現しました。きっとこれは、世界各地で「得体の知れないもの」を呼び覚ますことでしょう。

    その一方、ネットワークで結んだ個人が引き起こす新しい運動が、世界に転換を迫る主要な力になりつつあります。個人の意識の覚醒としか呼べないようなことが起こっています。この動きを具体的に紹介します。

    主な内容

    ・「得体の知れないもの」とはなにか?
    ・なぜそれは2015年ころから姿を現すのか?
    ・見えない情念の波とドューギンの思想
    ・歴史を作る新しい力の相克
    ・やはり覚醒の主体は個人、集団ではない
    ・油断できない日本の未来、クラッシュはしないが確実にツケを払わせられる日本

    よろしかったらぜひご参加ください。

    日時:6月28日、土曜日
    時間:1時半から4時前後まで
    料金:4000円
    場所:都内(おそらく東横線沿線)

    いまのところ場所は未定ですが、申し込みいただいた方に直接お伝えいたします。以下のメルアドから申し込んでください。

    記載必要事項
    名前(ふりがな)
    住所 〒
    メールアドレス
    参加人数
    懇親会の参加の有無

    info@yasunoeigo.com

    記事全文を音声ファイルにしました。よろしかったらどうぞ。7日で削除されますので、お早めにどうぞ。

    音声ファイル

    新刊本です!ハンク・ウエスルマン博士との対談が収録されています!ぜひどうぞ。
    koufuku

    むちゃくちゃうまい醤油!

    筆者は、隔月で高松の経済団体で講演会を行っている。そのとき、高松で評判になっているおいしい醤油のことを教えられた。小豆島の醤油である。早速、注文して見たが濃厚な味でものすごくうまかった!世の中にはうまいものがあるののだと思った。よろしかったらどうぞ。

    金両醤油

    お知らせ

    5月21日、ウエブボットの報告書の最新版が発表になりました。いま詳細な要約の作業を続けていますが、これまでのように「予言解説書」のような体裁で出すことはしないことにいたしました。詳細な要約はすべてメルマガに発表いたしますので、最新報告書の内容を知りたい方は、メルマガを購読なさってください。

    今回の記事

    今回は前回の続きである。コルマン博士の最新論文「マヤカレンダーにおけるシフトはいつになったら現れるのか?」の続きである。

    マヤカレンダーにおけるシフトはいつになったら現れるのか?

    2011年10月28日には、すべてに波は夜のモードに入った。9つの波はそれぞれ左脳や右脳といった異なった極の意識を表現しており、これらの意識の効果は反対に作用することもある。そのため、シフトがどのような結果をもたらしたのか分析するのはかなり難しくなる。ある波では「よい」とされることも、別のでは「悪い」とされる。さらに、地球の東と西の半球への影響は異なっており、シフトでは「よいもの」と「悪いもの」に対する感覚も異なってくる。ある程度、意識の転換の結果が現れてこないという現在のこう着状態の原因は、9つの波がそれぞれ干渉し、相互に打ち消しあっているからでもあろう。この結果、極の異なる脳の状態が固定化されてしまい、その状態が解除されてないのかもしれない。

    この固定化した状況こそ、何がいつ起こるのか予測するのが困難な理由だ。2011年10ガス28日という本当の転換点の認識に基づき、2007年から始まる経済減速と、2011年3月9日から始まった世界的な抗議運動の高まりを正確に予測できた理由は、これらの変化が、第8の波と第9の波という単一の波のシフトがもたらした効果だったからだ。このときの変化は、現状を固定する他の波の影響は受けていなかった。しかし、2011年10月28日に現れた異なった波の打ち消し合う効果のため、未来の出来事が現れる時期を特定することは不可能となった。だがこれは、転換が現れる時期は永遠に遅延されると解釈されるべきではない。

    この矛盾した状況をはっきりさせるために、高い段階の4つの波がなんであったのか要約すべきだろう。これらの4つの波は、人間の意識と文明の発展を見るためのもっともよい参照点である。第6の波では、2011年10月28日の)転換は、2406年まで続く新しい夜の始まりを意味している。基本的にこれは、合理的な左脳が切り離され、西洋文明が世界を支配しなくなることを意味している。また第7の波ではこの転換は、2031年まで続く世界経済の低迷と、ナチズムのようなポピュリズムがヨーロッパを席巻することを示している。一方第8の波はもっと周波数が高いので、昼と夜はそれぞれ360日で転換する。この波では、特にロシアと中国など東へのパワーシフトの強化が継続する。それと同時に、この第8の波は、世界における女性の役割と、西から起こったデジタルテクノロジーを強化する。そして第9の波は、統一した意識と人間性の覚醒、そしてその結果としての外的な世界の変化をもたらす。多くの人々は、この波の効果をすでに感じているが、外的な世界における効果はまだ現れてはいない。第9の波の周波数は、18日で昼と夜が入れ替わるというあまりの高さなので、相当な期間、この波が去って行くことはない。将来も、いつでもアクセスすることが可能だ。

    先にも述べたように、(2011年10月28日の)転換が現れるにしたがって、これらの波の効果は相互に矛盾し、(それぞれの波に合致した)異なった出来事が起こる。したがって、これから起こる出来事を予測しようとするどんな試みも、不可能ではないにしても困難を極める。私の知る限り、それぞれの波が人間の意識の進化を正しく説明していないという証拠はない。だから、我々はこの転換を真剣に受け止めるべきなのだ。たとえばはっきりしつつあるのは、たぶんドルの崩壊が引き金となって、西側の支配が終わりつつあるということだ。私の個人的な予測だが、これは2014年の秋の初めに起こるだろう。この影響は非常に長く続くことだろう。すでに活動性を失っている、過去数世紀で合理的な思考が作り出したあらゆるものを道連れにすることだろう。だが、すでに説明したように、マヤカレンダーではこのようなことが起こる日時は定められていない。

    第6の波と第7の波が世界各地でもたらす困難のなかで、第8と特に第9の波は活動的なかたちでいつでもダウンロード可能になっている。この2つの波は、今後一年以上活動性を失うことはない。ある意味では、この周波数の高い波は、第6と第7の波が作り出した世界を奪いつつある。第8と第9の波は一貫して存在しているので、最終的には社会を主導することになる統一意識の基礎を形成する力が、勝利を収める。これを理解するためには、グローバルマインドとはいかなるものなのか知らなくてはならない。これを明確にするために、私は「パラダイムシフト」の3部作を書いたのだ。

    私が著書「グローバルマインドと文明の興亡」で指摘したように、この変化の多い時代にあって、進化の波が形成したどの意識の枠組みをダウンロードするかは、我々一人一人の選択にかかっている。はっきりしていることは、さまざまな理由で現れるのがもっとも遅く、近い未来は第6と第7の波の影響がとても強いとしても、神的な存在と一体化する可能性を創造する第9の波こそ未来の波であるということだ。(第6と第7のような)低い周波数の波が基礎になっている権力構造を払いのけるか、また迂回することができて初めて、神的な存在と黄金の世紀に至る道を作る第9の波が姿を現わすのだ。

    しかし、このような方向は自動的にやってくるわけではない。それは、我々の選択にかかっているのだ。この選択は個々人の運命を決めるだけではない。人類の集合的な運命も決めることになる。この選択により、20年後か30年後の未来に、人間同士だけではなく、動物や自然との統合を経験できるかどかが決まる。この可能性こそ、第9の波がもたらすものだ。しかし、強調しておかなければならないことは、第9の波である統一した意識をダウンロードすることは、この思想に単に賛同することではないということだ。そうではなく、意識の変化が呼び起こされ、意識を越える神的な現実が経験されなければならないのだ。この地点にたどり着くためには、個人が転換するとの明白な意志が必要になる。また、別の言葉で言い換えれば、第9の波の統合された意識の状態を希求してはじめて、それはアクセス可能になるのだ。


    以上である。

    地味な論文だが極めて重要

    これが、コルマン博士の最新論文の全訳である。2011年10月28日にコルマンインデックスが終了してからは、コルマン博士の主張はあまり注目されなくなったので、この論文にもさほどの反響はない。

    だが、この論文は極めて重要な内容を含んでいる。ちなみに、コルマンインデックスの第6、第7、第8、そして第9の波のもたらす意識の特徴は以下のようになっている。筆者のこれまでの記事では「サイクル」としてきたが、表現を「波」に変更しても意味は同じだ。

    第6の波
    小さな部族ではなく、社会単位としての国家を形成する波。特徴的な意識はナショナリズム。

    第7の波
    世界経済の発展と通信手段の発達にともない、国家の枠を越えて地球規模のネットワークを作るグローバリズムの波。特徴的な意識は、世界のあらゆる領域を利益を極大化する市場として見る市場原理主義。

    第8の波
    統合の原理が左脳の分析的な知から右脳の直観的な知に移行し、物質に限定されない宇宙的な意識が出現する波。「いま」を楽しみ、人間関係に最大の価値を見いだすことが特徴的な意識となる。

    第9の波
    マヤカレンダーの最終段階。左脳と右脳の分裂の統合を基礎に統合意識が出現する波。人類の意識の進化が完成する。特徴的な意識は、人間自らが神的な存在であると確信すること。


    さて、このように見ると、いま世界で起こっていることは、それぞれ異なる波の特徴をもった出来事であることが分かる。

    いま、2014年の世界を主導しているトレンドは次の3つである。

    1)高まるナショナリズム

    ロシアのクリミア併合による熱狂的なプーチン支持や、EU議会選挙におけるヨーロッパの極右の大躍進、そして他国とのバランスを考えない中国の突出した動きなど、ナショナリズムの高まりを背景にした出来事が、世界を主導する基本的な力のひとつになっている。

    2)進展するグローバリゼーション

    2008年のリーマンショック以降の金融危機でグローバル経済は一度低迷したが、いまは完全に回復し、一層強化された金融資本主義が世界経済を主導している。また、TPPなどの広域自由貿易協定の進展により、グローバリゼーションはさらに拡大している。

    3)個人のネットワークが世界を変える

    インターネットを介して多くの個人が形成したネットワークが、世界を変えるような出来事を引き起こしている。「アラブの春」や「オキュパイ運動」などの抗議運動などもそうだし、スノーデンという個人のリークが米国の情報監視システムの機能を一部停止させたこともこれに入る。これはインターネットで多くの賛同を得たから実現したことだ。

    また最近、「ファレル・ウィリアムス」の「ハッピー」という曲に合わせて、全世界の都市で多くの人々が踊ることが流行っているが、国や民族の違いに関係なく、同じ周波数のリズムで多くの人々が同時に共鳴する現象もこれに入る。

    4)体験領域の変化を超越的な力の発見

    ここ数年インターネットでは、見えないものが見えるようになったとか、自らの内面に超越的な力を発見したというような体験がとても多く語られるようになった。これは、これまでにない体験領域の発見と、人間に内在する本来的な力の自覚にほかならない。

    さて、現在の世界を主導しているこれら4つの力を見ると、それぞれが異なった「波」の表現であることがよく分かる。

    1)の力 → 第6の波

    2)の力 → 第7の波

    3)の力 → 第8の波

    4)の力 → 第9の波


    コルマン博士も言うように、これらの「波」のもたらす意識は相互に矛盾する。特に第6の波がもたらすナショナリズムと第7の波の陰の部分である市場原理を最高の原理としてたたえる意識は、第8と第9の波に逆行する古い意識の形態であろう。

    日本でも同じ

    これは日本でも起こっている。多くの個人がネットワークを形成して社会を変える事業やプロジェクトを起こすことに成功している一方、「嫌韓」「嫌中」の排外的なナショナリズムが国民の一般的な意識になりつつある。これに基づく他民族蔑視のヘイトスピーチも後を立たない。

    こうした状況でまず我々が自覚しなければならないことは、自己の内面に「オーバーソウル」のような超越的な力を発見して「覚醒」を希求することと、排外主義のナショナリズムに駆られて熱くなり、「嫌韓」「嫌中」を叫ぶこととは意識として絶対に両立することは不可能だということだ。これは他者を憎みながら覚醒することが不可能であるということと同じだ。

    しかしながら、我々は意識しないでこの不可能なことを行おうとしていることに注意しなければならない。つまり、一方では「オーバーソウル」の覚醒を希求しながら、知らず知らずのうちに、「嫌韓」「嫌中」、そして「愛国」のナショナリズムに感情的に賛同し、はまり込んでしまっている。

    このような状況になると、おそらく我々自身がコルマン博士の言う「選択」をしてしまっていることになる。つまり、第6の波の意識状態を生きる態度として選択して、第8や第9の波は選ばないという選択である。

    どこかで気づいて引き返さないと、これが最終的な決断となってしまい、後戻りができなくなることに注意したい。


    続く。

    むちゃくちゃおもしろかった講談

    筆者は月刊ザ・フナイの連載を書いていたが、読者の方に講談師の方がおり、会う機会があった。筆者は講談はこれまで聞く機会がなかったが、実におもしろかった!今後はスピリチュアル系の講談をやるそうである。サイトに音声ファイルがあるので聞いて見たらよいだろう。

    田辺鶴瑛

    筆者のいとこのブログ

    筆者にいとこがスピリチュアル系のカウンセラーになっていたのを最近知ることとなった。以下にリンクする。よろしかったらどうぞ。

    ねもとまどかの「宇宙のゆりかご」

    このブログの基本方針

    このブログの基本方針を掲載しました。記事をお読みになる前にかならず一度はお読みになってください。

    基本方針リンク

    読むとくドットコム

    筆者がコンサルティングにかかわっている会社が子供用の国語音声教材の提供を始めた。子供用だが、実によい名作がmp3の音声ファイルで聴くことができる。大人の心の琴線に触れる作品がとても多い。よいサイトだと思う。よかったらどうぞ!

    読むとくドットコム

    驚異的な前世リーディングサイト
    遠い記憶・前世からの約束

    前世リーディング問い合わせ電話番号
    080-3128-8600

    筆者の友人の作家のブログ

    茶房ちよちよ
    駒村吉重のブログ。いつもの飯、酒、より道、脱線、思いごと


    便利な学校検索サイトです!

    海外子女.com

    投稿に関しては以下の方針に従い、どうしても必要な場合以外は削除しないことにしておりますが、他者の人格を傷つける不適切な表現がある場合は例外とし、予告無しに削除し、投稿禁止にする場合もあります。

    意味産出の現場としてのBBSやブログ

    また、私はいま日本で起こっている変化を以下のようにとらえております。もしよろしければこちらもどうぞ。

    いま何がおこっているのか?

    ヤスの英語

    コルマンインデックスはどうなったのか?コルマン博士最新論文1

    6月3日

    今回はいつになく早く更新できた。いつも記事を読んでくださっている読者の方々に感謝する。

    次回の有料メルマガのご紹介

    6月6日、金曜日、午前0時10分に配信される次回のメルマガは、日本に関する予言特集である。これまでまったく知られていない、新たな予言を網羅的に掲載する。特に注目すべきは、ウォールストリートジャーナルに掲載されていた、日本に関する地震の予言である。これはサイキックのものではないのに、時期が指定されていた。これはやばい情報なので、アクセス数の多いブログには書くことが出来ない。メルマガにのみ掲載する。

    メルマガ登録はここをクリック

    ちょっと不気味な情報を得たのでお知らせすることにした

    ウクライナ東部のザポリージャ州にはザポリージャ原子力発電所がある。ヨーロッパ最大の原子力発電所であり、また、世界で3番目に大きな原子力発電所である。6基の発電機を擁している。最初の5基は1985年から1989年の間に連続して可動を開始し、6号機は1995年に追加された。同原発はウクライナ国内の原発の半分にあたる電力を生成しており、これはウクライナで発電される電力の5分の1にあたる。

    地図リンク

    いま東部ウクライナでウクライナ政府軍と激しい戦闘を展開している東部諸州の新ロシア派の武装集団だが、ザポリージャ原子力発電所をテロ攻撃し、大惨事を引き起こす計画があるとの情報を得た。

    完全なガセネタである可能性もあるが、万が一事実であることもあるので念のため注意したい。

    前回の有料メルマガのご紹介

    前回は、いまロシア及びヨーロッパで影響力を拡大しつつある「新ユーラシア主義」の思想の危険な側面を詳しく解説した。これは、プーチン大統領の個人的な外交問題アドバイザーであるモスクワ大学政治学部教授、アレクセイ・ドューキンの思想である。

    「新ユーラシア主義」は、それぞれの文化圏は市場原理主義と制限のない民主主義に基づくグローバリゼーションの破壊的な力に抵抗して、固有の文化のユニークな価値を守るべきだとする反グローバリゼーションの普遍的な思想運動を主導する一方、ロシアの本来の姿は帝国であり、ユーラシアのすべての地域がロシア帝国の支配地域とならなければならないとするネオファシズムの側面も内包する思想だ。

    いまこの思想は、プーチン政権、ロシア軍、治安機関、ロシア警察などの首脳部に広く指示されるまでになっているものの、この思想は日本ではまったく紹介されていない。

    記事では、この思想とデューギンが提案するロシア帝国再建の計画を詳しく紹介するとともに、多くの予言を見て見た。第3次世界大戦の予言は多いが、どれもロシアによるヨーロッパ侵攻から始まることになっている。

    ツイッターを始めました!

    ツイッターに書き込むことにしました。よろしかったらフォローをどうぞ。日々情報を発信します。
    https://twitter.com/ytaka2013/

    船井幸雄.comに筆者のページが出来ました。月一回のペースで更新します。ぜひご覧ください!

    船井幸雄.com
    ヤスのちょっとスピリチュアルな世界情勢予測

    「ヤスの勉強会」第3回のご案内

    「ヤスの勉強会」の第3回を開催します。中国がロシアと協調し、アメリカには依存しない独自な国際秩序の枠組みの構築に乗り出しました。変化は思った以上に加速しています。

    そしてそれとともに、第2回目で指摘した集合無意識の「得体の知れないもの」も、さらに活性化しつつあります。おそらく2015年くらいには、はっきりとした姿を現すはずです。

    また、これから世界の抗議運動を主導しそうな思想である、アレクセイ・ドューギンの「新ユーラシア主義」がその全貌を現しました。きっとこれは、世界各地で「得体の知れないもの」を呼び覚ますことでしょう。

    その一方、ネットワークで結んだ個人が引き起こす新しい運動が、世界に転換を迫る主要な力になりつつあります。個人の意識の覚醒としか呼べないようなことが起こっています。この動きを具体的に紹介します。

    主な内容

    ・「得体の知れないもの」とはなにか?
    ・なぜそれは2015年ころから姿を現すのか?
    ・見えない情念の波とドューギンの思想
    ・歴史を作る新しい力の相克
    ・やはり覚醒の主体は個人、集団ではない
    ・油断できない日本の未来、クラッシュはしないが確実にツケを払わせられる日本

    よろしかったらぜひご参加ください。

    日時:6月28日、土曜日
    時間:1時半から4時前後まで
    料金:4000円
    場所:都内(おそらく東横線沿線)

    いまのところ場所は未定ですが、申し込みいただいた方に直接お伝えいたします。以下のメルアドから申し込んでください。

    記載必要事項
    名前(ふりがな)
    住所 〒
    メールアドレス
    参加人数
    懇親会の参加の有無

    info@yasunoeigo.com

    記事全文を音声ファイルにしました。よろしかったらどうぞ。7日で削除されますので、お早めにどうぞ。

    音声ファイル

    新刊本です!ハンク・ウエスルマン博士との対談が収録されています!ぜひどうぞ。
    koufuku

    むちゃくちゃうまい醤油!

    筆者は、隔月で高松の経済団体で講演会を行っている。そのとき、高松で評判になっているおいしい醤油のことを教えられた。小豆島の醤油である。早速、注文して見たが濃厚な味でものすごくうまかった!世の中にはうまいものがあるののだと思った。よろしかったらどうぞ。

    金両醤油

    お知らせ

    5月21日、ウエブボットの報告書の最新版が発表になりました。いま詳細な要約の作業を続けていますが、これまでのように「予言解説書」のような体裁で出すことはしないことにいたしました。詳細な要約はすべてメルマガに発表いたしますので、最新報告書の内容を知りたい方は、メルマガを購読なさってください。

    今回の記事

    実に久しぶりにコルマンインデックスで有名なスエーデン出身の生物学者、カール・ヨハン・コルマン博士が長文の記事を発表した。この全訳を掲載する。2回に分けて掲載する。

    コルマンインデックスはどうなったのか?

    「ヤスの備忘録」を始めたのは、2007年の5月23日であった。ブログを始めた目的は、マヤカレンダーの解釈のひとつであるコルマンインデックスを紹介するためであった。

    ご承知のようにコルマンインデックスとは、スエーデン出身の生物学者、カール・ヨハン・コルマン博士が提唱するマヤカレンダーの解釈と、それに基づく意識と社会変化の予定表のことである。コルマン博士は、古代マヤ人は人間の意識進化の宇宙的な予定表が存在しており、それを表したものがマヤカレンダーだと考えていた。これを社会変化と結び付けたスケジュール表がコルマンインデックスである。

    コルマンインデックスは9つのサイクルで構成されており、それぞれのサイクルは6つの夜と7つの昼の期間でできており、そのいずれのサイクルも2011年10月28日に終了することになっていた。

    それぞれのサイクルが上昇するにしたがい、夜と昼の期間は短くなる。現代のサイクルは1999年1月から始まった第8サイクルと、2011年3月10日から始まった第9サイクルであった。

    コルマンインデックスで特徴的なのは、第8サイクルと第9サイクルのそれぞれの夜と昼の期間にどのようなことが起こるのか予想されていたことである。この予想の的中率は高く、サブプライム危機、リーマンショック、アラブの春、そして東日本大震災など予告されていたタイムスケジュールにだいたい沿うかたちで出来事が起こった。はらはらしながらこのブログを読んだ読者の方も多いのではないだろうか?

    ただ、第9サイクルが終わる少し前の2011年4月ころからコルマンインデックスと現実の出来事とのズレが拡大し、コルマンインデックスはほとんど当らなくなった。そしてそのまま終了した。

    コルマンインデックスの終了後、コルマン博士はいくつか記事を発表したものの、最近は新しい記事は書いていなかった。

    それが6月1日、久々に新しい論文を掲載した。以下がその全訳である。この論文では、本来は2011年10月28日が終わるとすぐに大きな社会変化があるとしていたにもかかわらず、なぜそうした変化が起こってないのか詳しく解説している。

    マヤカレンダーにおけるシフトはいつになったら現れるのか?

    マヤカレンダーはスピリチュアル、ないしは形而上学的なカレンダーのシステムである。この世に存在するあらゆるカレンダーとは異なり、マヤカレンダーは天文学の物理的な現実に基づいたカレンダーではない。これこそ、人間の存在と人間がどのように進化するのか理解したい人々が、マヤカレンダーを学ぶ理由である。これまで、マヤカレンダーほどの予知力のある予定表を考案したものはいない。新著「グローバルマインドと文明の興隆」で示したように、マヤカレンダーは人間のマインドのシフト、すなわち意識がシフトする転換点を表現している。これを正しく理解するのであれば、マヤカレンダーは、過去の生命の進化だけではなく、未来にどのように進化するのか理解するための優秀なガイドになるのである。マヤカレンダーが物理的なものではないということは、人間の意識の内的な変化は、マヤカレンダーの形而上学的な転換点では外的な世界にすぐに現れるわけではないことを示している。人間の心に(マヤカレンダーの予告した)変化が馴染んだときに、変化は起こるのである。権力の構造に巻き込まれ、はまり込んでしまった人間の集合意識は慣性を作り出す。ときとして、この「はまり込み」は、新しい意識が外的世界に出現するのを遅らせる。

    2011年10月28日にシフトは人類の進化にとってもっとも重要な変化だったにもかかわらず、このような遅延はいままさに起こっている。特にこの遅延は、左脳を強化し、5100年間続いた「ロングカウント」と呼ばれる第6のサイクルの時期に発展した文明に顕著である。この転換点はとても重要であるが、これが「世界の終わり」であるとか、「新しい世界の誕生」を意味しているわけではないことははっきりさせておかなればならない。この点についてはこの記事を参照のこと。また、2012年12月21日に起こるとされていた物理的な変化は、実は古代マヤのカレンダーの碑文に基づいたものではなく、現代人が勝手に作り出した思考の創作物にしかすぎない。マヤカレンダーは形而上的なカレンダーであり、新しい意識の枠組みの成熟の結果として現実世界に表現されるものなのだ。したがって、「内面とともに外の世界も変化する」という法則のように、現実世界の変化は意識の変化から見ると、2次的なものにしか過ぎないのだ。

    これら古代マヤ文明の変化に関する考え方は、トルトュグエロモニュメント6に刻まれている。この碑文によると、ボルロン・ヨテケ・クンと呼ばれる9層の実体は、その全体像を現すとしている。現代の言葉に翻訳するとこれは、2011年には9つのレベル、9つの波がすべてが作動し、2011年10月28日に共振することを示している。これは、宇宙の歴史始まって以来の出来事だ。だから、先に述べた「世界の終わりや始まり」の比喩が間違っていたとしても、意識のシフトは自然に特徴的な形而上的なものである。この理由は、9つの波すべてがシンクロして転換したことである。このユニークさに加えて、この9つの創造的な意識の枠組みすべてが、ダウンロード可能になったことである。これはかつて起こったことはなかった。特に、第9の波の活性化は、人間が世界や自身とかかわるまったく新しい可能性を開いた。

    shift

    2011年10月28日には、すべてに波は夜のモードに入った。9つの波はそれぞれ左脳や右脳といった異なった極の意識を表現しており、これらの意識の効果は反対に作用することもある。そのため、シフトがどのような結果をもたらしたのか分析するのはかなり難しくなる。ある波では「よい」とされることも、別の波では「悪い」とされる。さらに、地球の東と西の半球への影響は異なっており、シフトでは「よいもの」と「悪いもの」に対する感覚も異なってくる。ある程度、意識の転換の結果が現れてこないという現在のこう着状態の原因は、9つの波がそれぞれ干渉し、相互に打ち消しあっているからでもあろう。この結果、極の異なる脳の状態が固定化されてしまい、その状態が解除されてないのかもしれない。

    続く

    むちゃくちゃおもしろかった講談

    筆者は月刊ザ・フナイの連載を書いていたが、読者の方に講談師の方がおり、会う機会があった。筆者は講談はこれまで聞く機会がなかったが、実におもしろかった!今後はスピリチュアル系の講談をやるそうである。サイトに音声ファイルがあるので聞いて見たらよいだろう。

    田辺鶴瑛

    筆者のいとこのブログ

    筆者にいとこがスピリチュアル系のカウンセラーになっていたのを最近知ることとなった。以下にリンクする。よろしかったらどうぞ。

    ねもとまどかの「宇宙のゆりかご」

    このブログの基本方針

    このブログの基本方針を掲載しました。記事をお読みになる前にかならず一度はお読みになってください。

    基本方針リンク

    読むとくドットコム

    筆者がコンサルティングにかかわっている会社が子供用の国語音声教材の提供を始めた。子供用だが、実によい名作がmp3の音声ファイルで聴くことができる。大人の心の琴線に触れる作品がとても多い。よいサイトだと思う。よかったらどうぞ!

    読むとくドットコム

    驚異的な前世リーディングサイト
    遠い記憶・前世からの約束

    前世リーディング問い合わせ電話番号
    080-3128-8600

    筆者の友人の作家のブログ

    茶房ちよちよ
    駒村吉重のブログ。いつもの飯、酒、より道、脱線、思いごと


    便利な学校検索サイトです!

    海外子女.com

    投稿に関しては以下の方針に従い、どうしても必要な場合以外は削除しないことにしておりますが、他者の人格を傷つける不適切な表現がある場合は例外とし、予告無しに削除し、投稿禁止にする場合もあります。

    意味産出の現場としてのBBSやブログ

    また、私はいま日本で起こっている変化を以下のようにとらえております。もしよろしければこちらもどうぞ。

    いま何がおこっているのか?

    ヤスの英語

    ふたたびリンゼー・ウィリアムス4

    10月23日

    あいかわらず今月も思いのほか遅い更新となってしまった。今月は全部で3つは記事を書きたいと思っている。いつもお読みいただいている読者の方には感謝する。

    連続講演会のご案内

    以下の連続講演会を行います。よろしければぜひどうぞ!

    『地球維新!!アセンション ジャパン2』

    案内リンク

    【東京】※定員80名(先着順)満員!受付終了しました!
    日時:2012年10月27日(土)

    【札幌】 ※定員100名(先着順)
    日時:2012年10月28日(日)


    お知らせ

    5月21日、ウエブボットの報告書の最新版が発表になりました。いま詳細な要約の作業を続けていますが、これまでのように「予言解説書」のような体裁で出すことはしないことにいたしました。詳細な要約はすべてメルマガに発表いたしますので、最新報告書の内容を知りたい方は、メルマガを購読なさってください。

    記事全文を音声ファイルにしました。よろしかったらどうぞ。7日で削除されますので、お早めにどうぞ。

    音声ファイル

    お知らせ

    講談社のサイト、プロジェクト・アマテラスに作品の投稿を求められました。以下のサイトで読むことができます。「試論、そもそも予言とはなにか?1」です。画面右側の「このプロジェクトの投稿」から見ることができます。よろしかったらどうぞ!

    未来はどうなるのか
    http://p-amateras.com/project/61

    新しい本の紹介

    「神霊の世界に覚醒して」サンドラ・インガーマン、ハンク・ウエスルマン著、高島康司、豊田泰士訳

    shaman02

    このブログでも何度も紹介したことのあるシャーマンで人類学者、ハンク・ウエスルマン博士の名著、「Awakening to the Spirit World」の翻訳が完成した。2010年にアマゾンで1位になった本である。

    本には、シャーマンの世界をトランス状態で経験しやすくさせるCDが付いている。本は、CDの使い方と、シャーマンの世界で体験する内容の解説書だ。筆者もCDを聞いて見たが、聞ききながら寝ると、たしかに多くの夢を見て、会ったことのない多くの人物が現れる。興味深い体験だった。

    よろしかったらぜひどうぞ!

    新しい本の紹介

    今度、ウィリアム・スティックエバース氏と対談本を出しました。かなり面白い本だと思います。よろしかったらどうぞ!

    black

    宇宙の設定を読み解く[BlackBox]超予測

    また新しい本が出ます。今度は様々なサイクルに注目し、コルマンインデックス以後どのようなことが起こるのか解説した本です。ブログやメルマガの内容を大幅に加筆修正しました。

    コルマンインデックス後 私たちの運命を決める 近未来サイクル

    cycle03

    よろしかったらぜひどうぞ!

    有料メルマガのご紹介

    前回は複数のテーマについて解説した。

    まず、CIA系シンクタンク、ストラトフォーの10月から12月までの第4四半期予測の2回目を紹介した。ストラトフォーの予測はかなり的中率が高い。以下が今回のポイントだ。

    1)ヨルダンのハシム王家が倒され、国内が混乱する可能性がある。

    2)中国はこれまでの輸出主導の外需依存型成長モデルから、内需依存型モデルに転換できるかどうかが焦点になる。

    3)竹島と尖閣諸島の領有権問題は、日中韓が外交的に問題を解決できるレベルを越えてしまったので、緊張した状態は長く続く。一方、水面下の交渉は活発になり、次第に紛争回避へと動く。

    4)いま、中国もベトナムも経済が減速しており、国内問題に集中したい時期なので、南シナ海ではむしろ緊張は緩和する。

    このような見通しであった。

    次に、中国の現状について解説した。

    日本ではネットを中心に、中国は経済が失速して失業者があふれ、社会的不満が高まるので、政権打倒運動が広がり、共産党政権は崩壊するのではないかという見方をよく見かける。

    確かに中国の成長率は、これまでの10%近い数字から7.4%へと減速している。一方、2008年のリーマンショック時とは異なり、インフレ率の上昇や不動産バブルの発生を懸念して、大規模な景気刺激策や金融緩和などの対策はほとんど実施していない。政府がこうした対策を実施すると成長率の上昇が見込まれるので、経済の失速による共産党政権の崩壊ということには単純にはならない。

    だが、中国が安定しているのかと言えばまったくそうではない。中国の経済成長は農民工と呼ばれる2億人の出稼ぎ農民労働者によって支えられている。農民工は農民戸籍で出身農村に縛られているため、都市の定住が制限されている。その結果、農民工は経済成長の恩恵を受けて都市の中間層になることは困難だった。

    普通、経済成長が続くと都市の中間層が拡大する。すると、彼らを中心に政治の民主化を要求する運動が発生し、独裁政権から民主的な政権に移行する。だが中国では、都市の中間層の規模が比較的に小さいので、「民主化リベラル」と呼ばれる政治運動の規模もかなり小さい。

    反対に、農民工を中心とした抗議運動が中心だ。これは民主化要求運動ではない。「貧しくても平等だった毛沢東時代」への回帰と、それを実現してくれる強いカリスマ的指導者を求める「文化大革命型」の運動である。

    もし、将来的に農民工を主体にした抗議運動の拡大から共産党政権が打倒された場合、いまよりもはるかに独裁的で軍事色の強い危険な政権になる可能性がある。

    このような内容を詳しく紹介した。

    今回の記事

    リンぜー・ウィリアムスの最新情報をお伝えする。新しいものは少ないが、大統領選挙に関する面白い情報があった。

    次に、リモートビューイングのスペシャリスト、エド・デイムス少佐の最新情報をお伝えする。2回に分けてお伝えする。今回はその第一回目だ。

    リンぜー・ウィリアムスの最新情報

    これまでになくリンゼー・ウィリアムスは、ネットラジオの番組に連続的に出演している。10月9日と12日の2日間、ネットラジオの大御所、アレックス・ジョーンズの「プリズンプラネット」に出演した。

    だが、1)サウジアラビアをターゲットに中東を混乱させる、2)今年の終わりまでにデリバティブを崩壊させ、ドルを無価値化する引き金を引く、3)不動産担保証券を購買している連銀のQE3はその引き金のひとつであるなど、これまでの情報の繰り返しが中心であった。

    大統領選挙の情報

    その意味では、新しい情報は少なかったが、一つだけ注目すべき情報があった。それは、大統領選挙と大統領選挙候補の討論会に関するものだった。

    オバマはグローバルエリートから脅されている

    リンゼー・ウィリアムスは、第一回目の討論会が行われる数日前、ウィリアムスに情報をリークしているグローバルエリートと電話で直接話した。そのときグローバルエリートは、「ロムニーの発言に次の3つのキーワードが隠されているので、ロムニーがそれを言ったときのオバマの反応を見るように」、ということであった。キーワードは次の3つだ。

    1)カナダーアメリカパイプライン
    2)ドット・フランク法の改定
    3)アメリカ国内の原油生産

    討論会では、ロムニーはこれらの言葉を言った。すると、それを聞いた途端オバマは氷づいたように緊張して青ざめ、討論会の方向が一気に変わった。オバマはグローバルエリートから脅されており、これらのキーワードは、ロムニーがすでにグローバルエリートのコントロール下にあることを伝えたためだ。

    これが、第一回の討論会でオバマが負けた本当の理由だという。

    グローバルエリートの激怒

    すでに要点は以前の記事で紹介したが、ウィリアムスは「グローバルエリートはオバマに激怒している」とし、以前のインタビューで次のように言っていた。

    ・グローバルエリートは大統領選挙についてさまざまなことを言っているが、私はこれを語ることが許されていない。なので、どちらが勝利するか私の口からは言えない。

    ・ただ、オバマの支持率は上がっていないことに注意してほしい。その背景のひとつは、オバマに対しグローバルエリートが激怒していることだ。

    ・ガル島のリバティー油田の原油を輸送するために、グローバルエリートはカナダとアメリカを通るパイプラインの建設を計画した。

    ・実はオバマはイスラム教徒である。「ムスリム同胞団」からの莫大な献金と引き換えに、このパイプラインの建設を許可する約束だった。

    ・だがオバマは、実際に献金が行われると態度をひるがえし、パイプラインの建設を保留してしまった。このためグローバルエリートは、「オバマに完全に裏切られた!」として激怒しているのだ。

    この発言から判断すると、グローバルエリートはオバマを追い詰めてつぶすつもりだろう。それを考えると、いま中東で拡大している反米デモは、オバマ政権を追い詰め、大統領選挙で落選させる目的もあるはずだ。

    グローバルエリートの望む結果

    そして、「プリズンプラネット」の今回のインタビューでは、ウィリアムスはさらに詳しくグローバルエリートの大統領選挙の計画を述べた。

    ・グローバルエリートは、オバマを全力で潰すつもりだ。オバマが大統領になる可能性は低い。彼らはロムニーを全面的にバックアップしている。

    ・それというのも、グローバルエリートはカナダーアメリカパイプラインの件でオバマに激怒しているからだ。その怒りは私の想像以上であった。

    以上である。

    前回の大統領選挙のときの画策

    このように、グローバルエリートは全力でオバマを潰そうとしている。しかし、ほぼこれと同じことが、前回の大統領選挙でも行われていた。4年前の2008年8月5日に書いた記事で、7月末に行われたウィリアムスのインタビューの内容を紹介した。以下である。

    1)今後、原油価格は1バーレル、50ドルになるまで下げる。

    2)そのためには、まだ発見が公表されていない二つの巨大油田、一つはインドネシア、もう一つはロシア北方の新規開発の油田の掘削で対応する。これらの油田は莫大な供給量がある。

    3)この処置は、現在オイルマネーでバブル状態にある中東を破産させるための処置である。このまま行くと特にイランは地域の強大なパワーとなるので、これを阻止する目的が大きい。

    4)注意したほうがよい。大統領選挙のときにかならずなにか大きなことが起こると思っていてくれ。マケインはわれわれの仲間である。われわれはマケインを時期大統領にするために全力をかける。

    これ以降、ほぼ予告された通りの出来事がおこった。

    注目したいのは、4)である。当時、オバマの共和党の対立候補であったジョン・マケインの支持率が大きく低迷していた2008年8月8日、突如グルジア軍は南オセチアに侵攻し、南オセチア民兵や平和維持軍として駐留していたロシア軍を攻撃した。ロシア側も兵力を増強して反撃を開始し、南オセチア紛争が始まった。

    その結果、共和党のジョン・マケインの支持率は急上昇し、オバマの支持率と並んだ。まさに南オセチア紛争の勃発で、4)で予告された通りのことが起こった。ウィリアムスのリーク情報は確かだった。

    グローバルエリートも全能ではない

    しかし、結果はオバマの大勝だった。大統領選挙も近くなった2008年10月27日、ウィリアムスは再度インタビューに応え、次のように発言した。

    ・彼らは、マケインを大統領にするためには全力をあげるといっていたが、どうもマケインが大統領になる可能性は薄いようだ。エネルギー・軍事関連の支配層も全能ではないようだ。彼らの力にも限界がある。

    以上である。

    2008年の南オセチア紛争を引き起こし、マケインの支持率を一時は引き上げることに成功したものの、当選させることはできなかった。

    グローバルエリートとはなにものなのか?


    ウィリアムスの言うグローバルエリートとは、例えば「イルミナティ」とか「300人委員会」と呼ばれるような神秘的な組織ではない。これはウィリアムス自信が何度もインタビューで述べている。9月19日のインタビューで次のように発言している。

    ・私が接触しているグローバルエリートは、「イルミナティ」とか「影の支配者」と呼ばれているような神秘的な存在ではない。グローバルエリートは実体的な存在である。彼らは、巨大エネルギー産業の経営責任者たちである。それは、国防総省、アメリカ軍、軍事産業、エネルギー産業が形成する軍産エネルギー複合体の一部である、おそらくいまはブッシュ(父)がこの団体のトップにいる。

    この記事では何度も書いているが、つまりウィリアムスの言うグローバルエリートとは、巨大な影響力を持っているが、軍産エネルギー複合体といういわば業界団体のことなのである。

    我々はよく「アメリカ」という一般名詞を用いてアメリカの政治を語るが、アメリカの政治は決して一枚岩ではない。いわば米連邦政府は、「軍産エネルギー複合体」、「巨大農業資本」、「ウォールストリート」、そして「福音派などのキリスト教原理主義者」、「イスラエルロビー」など複数の業界団体が、自らの利益となる政策を国政に反映させようとしのぎを削っている戦場なのだ。

    日本でもよく語られる団体に「ジャパンハンドラーズ」と呼ばれるチームがある。すでによく知られているように、軍産エネルギー複合体の利益を代表して、日本に圧力をかけ、動かすための日本操作専門チームである。政権が変わってもメンバーが変わることはない。ジョセフ・ナイハーバード大教授、リチャード・アーミテージ元国務副長官、マイケル・グリーン元米国家安全保障会議上級アジア部長、カート・キャンベル東アジア・太平洋担当国務次官補などが代表的な人物たちだ。

    軍産エネルギー複合体が業界団体であることを考えると、国際政治を左右するほどの巨大な力があったとしても、全能ではないことは確かだ。計画がかならず実現するわけではない。失敗することも十分になるのだ。

    今回の大統領選挙はどうだろうか?

    エド・デイムイスの最新リモートビューイング情報


    次のテーマに行く。10月16日、デイムス少佐はアメリカの著名な深夜ラジオ番組、「Coast to Coast AM」に出演して最新のリモートビューイングの情報を話した。

    これまでになくぶっ飛んだ情報とデイムス少佐の変化

    デイムス少佐は幾度となく「Coast to Coast AM」に出演しているが、今回のデイムス少佐はこれまでとは大きく違っていた。精神的な変容でも経験したかのような変化だった。

    デイムス少佐は別名「ドクターデューム(破滅博士)」と呼ばれるほど、伝える情報は暗く、破壊的だ。めったにほほ笑むことがないので、このようなあだ名がついた。

    今回ももちろん破滅的な情報もあるにはあったが、中心はUFOと異星人に関するそれこそぶっ飛んだ情報が中心だった。これは、デイムス少佐のリモートビューイングした結果だけではなく、軍人としてさまざまな作戦にかかわったときの体験も含まれている。

    そして、「自分はもともと直観力のあるスピリチュアルな人間だ」として神秘体験を経験したようなことをほのめかしている。

    とにかく、話の内容はぶっ飛んでいるので、判断はすべて読者の方々に任せることにする。記事では内容の紹介に止め、解説は控えることにする。

    古代の火星のビジョン

    ・これから私は実質的に引退し、これまでやりたいと思ってきたことに専念することに決めた。それは、UFOや地球外生物に関するなぞを解く仕事だ。

    ・1980年代のことだが、私が所属していた陸軍のリモートビューイング部隊は、アメリカの惑星探査計画に協力し、探査衛星が木星や火星などに向かう前に、目的地の惑星がどのような状態にあるのか先にリモートビューイングしていた。

    ・そして得た情報はかなり正確で、後で発見された木星の輪もリモートビューイングで先に確認した。

    ・こうした惑星探査のリモートビューイングは、ジョー・マクモニーグルが担当していた。彼のリモートビューイングの方法はかなりユニークだ。彼はサイキックなので、暗がりで変性意識状態となり、リモートビューイングするという方法だ。

    ・このとき米陸軍は、サイキックとリモートビューアーの混成チームを編成し、軍の研究所と合同で、惑星探査の調査を行った。このとき、古代の火星に関する膨大な情報が入手できた。

    ・古代の火星には、人類とそっくりの生物が存在していた。彼らの文明のレベルは決して高いわけではなく、おそらく地球の基準でいえば古代マヤかアステカ文明のレベルでなかったかと思う。明らかに2つの異なった人種がおり、平和に暮らしていた。人口もかなり大きかったようだ。

    ・あるとき、巨大な惑星が火星に接近した。接近した巨大惑星の引力によって、火星の大気が吹き上げられ巨大な嵐が10年間続いた。最初、火星の人類は地下に居住し、地上の嵐をしのいでいたが、火星の大気はすべて吹き飛んだため、最終的には滅んでしまった。

    ・この文明が滅ぶ前、約15%程度の人類は地下に生き残っていた。すると、ある飛行物体が突然と姿を現し、彼らは一瞬のうちに消えた。

    ・火星の大気には二酸化炭素の存在が確認されているが、これは現在の火星にも存在している微生物が作り出したものだ。

    ・ところで火星の地下には、そのときに使われていた古代のロボットがいまでも作動している。このロボットは、古代の火星に存在した文明のものではない。「宇宙連邦」が火星の地下に設置したものだ。この「宇宙連邦」は、いまも地球でクロップサークルの形成にかかわっている。

    ・ちょうど冷戦が終わったころ、陸軍の我々の部隊にロシア軍のある組織から問い合わせがあった。それは、ソビエトが火星の月、「フォボス」の探査のために打ち上げた衛星が突然と消えた。この衛星がどうなったのか情報があるかということだった。

    ・我々が遠隔透視をしたところ、シドニーのオペラハウスのような形をした巨大な機械が動き、火星の上空を飛行していたロシアの探査衛星を火星の地下に引き込んだことが分かった。ロシアの探査衛星をロボットの作成者と誤認し、引き込んだのだ。

    ・これは、火星の地下でいまでも機能している古代のロボットだ。自分を製作した母なる生物が帰還したと思い込み、ロシアの衛星を火星の地下に引き込んだことが分かった。

    月について

    ・月の表面には複数の人工的な構造物が存在するのが確認されている。これらの構造物は、地球外生物が地下の鉱物資源を掘削するために建設した施設だ。

    ・こうした施設は、映画、スターウォーズのR2D2に似たロボットによって運営されている。この施設にはいつもは人類型の生物はいないが、ときおりロボットの監視のために現れる。

    ・また月の地下には、UFOが離着陸するための施設が存在している。

    ・月の裏側には別の構造物がある。建物のようだが、無人で人がいるようには見えない。この構造物はおそろしく古いが、まだ機能している。

    ・日本はこの構造物の存在の情報を持っている。この存在が公開されるとしたら、それは日本政府によってなされるだろう。

    キルショットについて

    ・キルショットはひとつの太陽フレアではない。大きな太陽フレアが連続的に襲う。そして、ニュージーランドやオーストラリアでは、オーストラリアの一地域のサンクチュアリーを除いて、ほとんどの地域では人間の生存はできない。このようなことを今年の3月に言ったが、この見方は変わっていない。かならず起こるはずだ。2013年が危機の頂点になる。

    ・いま地球のオゾン層は急速に劣化している。オゾン層には穴が飽き、スイスチージのような状態になっている。したがって、太陽フレアが直撃した場合、予想を越えた影響が出ることは間違いない。

    イラン攻撃、第3次大戦、アメリカの今後など

    ・いまは攻撃の可能性が低いように見えるが、攻撃はかならず起こる。

    ・私は2011年に、アメリカの失業率は40%を越えて社会混乱が広がるので戒厳令がしかれ、大統領選挙は中止されることになると言った。いま大統領選挙が近い。いつとは言えないが、戒厳令が宣言される状況はかならずやってくる。

    ・すでに第3次世界大戦は始まっている。ただ第3次世界大戦は、これまでの戦争のような戦争とは異なる。始まりがはっきりしない戦争だ。戦争はゆっくりと燃焼しながら拡大する。

    ・それというのも、現在のアメリカを支えている産業は、金融と兵器産業、そしてエンターテイメントになっているからだ。これらの産業を牛耳るグローバルエリートは、産業が機能するためのインフラの破壊を望んでいないからだ。

    ・宇宙連合は存在している。地球は人類の所有物ではない。彼らがコントロールしている。なので、人類は地球を崩壊させることは許されていない。

    ・この後、異次元の存在の出現や、デイムス少佐自身の体験について詳しく解説している。相当に長いので、続きは次の記事に詳しく書く。

    日本に関するリモートビューイング

    今回デイムス少佐は日本と中国に関してびっくりするようなことを言っている。不安を煽りたくないので、ブログには書かない。今週号のメルマガに書くことにする。

    続く


    新しい本の紹介

    また新しい本が2冊出ました。表紙はセンセーショナルですが、中身はけっこうまじめです。これまでのメルマガや雑誌の記事の内容に一部加筆し、修正した内容です。いま日本は大きな転換点になっています。世界の現状を踏まえ、現在の日本の立ち位置を確認するにはよい本ではないかと思っています。よろしかったぜひどうぞ!

    elen

    shihaisha

    むちゃくちゃおもしろかった講談

    筆者は月刊ザ・フナイの連載を書いていたが、読者の方に講談師の方がおり、会う機会があった。筆者は講談はこれまで聞く機会がなかったが、実におもしろかった!今後はスピリチュアル系の講談をやるそうである。サイトに音声ファイルがあるので聞いて見たらよいだろう。

    田辺鶴瑛

    筆者のいとこのブログ

    筆者にいとこがスピリチュアル系のカウンセラーになっていたのを最近知ることとなった。以下にリンクする。よろしかったらどうぞ。

    ねもとまどかの「宇宙のゆりかご」

    本の出版のお知らせ

    今度、また講談社から英語の本を出した。筆者も強く感じているが、やはり英語は仕事では必須となりつつある。しかし、実際に英語を使う相手は欧米人とは限らない。中国や韓国なのどのアジア出身の人々も多い。そのような状況のなか、この本では普遍的なコミュニケーションの手段としてのグロービッシュに注目し、これをマスターする方法を解説した。英語に関心がある方にはぜひお勧めしたい!

    日本人が「英語ペラペラ」を本当に実現できる本 (講談社+α文庫)

    eigohon

    また本が出ます。前著の続編にあたる本です。今度は今のシステムのつっこんだ解説と将来の予測です。よろしかったらどうぞ。

    「支配ー被支配の従来型経済システム」の完全放棄で 日本はこう変わる コルマンインデックス未来予測[2020年までの歩み] (ヒカルランド)

    nihonn

    また本を出版しました。今度は徳間書店からです。今回は、このブログの内容を大幅に加筆修正し、未来予測を行った本です。よろしければぜひどうぞ!

    未来予測コルマンインデックスで見えた 日本と経済はこうなる(徳間書店)

    koru

    今回、講談社から英語本を出版しました。通勤途中に電車の中で軽く読める本です。ちょっと英語に興味がある人はぜひどうぞ!

    通じる英語 笑われる英語

    eigo

    「いったい世の中どうなっているんだ!こんな時はマルクスに聞け」(道出版)

    体裁としては「資本論」の解説書のような本だが、マルクス礼讚の本ではない。われわれはこれからなんとしてでもサバイバルして行かねばならない。そのための状況認識のための書として有効だと思う。よろしかったらぜひどうぞ!

    marx

    このブログの基本方針

    このブログの基本方針を掲載しました。記事をお読みになる前にかならず一度はお読みになってください。

    基本方針リンク

    読むとくドットコム

    筆者がコンサルティングにかかわっている会社が子供用の国語音声教材の提供を始めた。子供用だが、実によい名作がmp3の音声ファイルで聴くことができる。大人の心の琴線に触れる作品がとても多い。よいサイトだと思う。よかったらどうぞ!

    読むとくドットコム

    友人の飲み屋

    筆者の友人の一人が飲み屋を始めました。こちらもよろしかったらどうぞ!

    ナイトクルーズ51

    驚異的な前世リーディングサイト
    遠い記憶・前世からの約束

    前世リーディング問い合わせ電話番号
    080-3128-8600

    筆者の友人の作家のブログ

    茶房ちよちよ
    駒村吉重のブログ。いつもの飯、酒、より道、脱線、思いごと


    便利な学校検索サイトです!

    海外子女.com

    投稿に関しては以下の方針に従い、どうしても必要な場合以外は削除しないことにしておりますが、他者の人格を傷つける不適切な表現がある場合は例外とし、予告無しに削除し、投稿禁止にする場合もあります。

    意味産出の現場としてのBBSやブログ

    また、私はいま日本で起こっている変化を以下のようにとらえております。もしよろしければこちらもどうぞ。

    いま何がおこっているのか?

    ヤスの英語

    よろしかったらクリックをぜひ!↓



    人気ブログランキングへ

    テーマ:歴史と予言 - ジャンル:学問・文化・芸術

    «  | ホーム |  »

    私はペット殺処分ゼロを応援しています!ピースワンコ・ジャパン

    まぐまぐ大賞2020

    メルマガ登録 月880円

    メルマガ登録・解除
    未来を見る! 『ヤスの備忘録』連動メルマガ
    >> サンプル
    詳細ページへ
    powered by まぐまぐプレミアム
     

    WEB検索

    Google

    foomiiメルマガ配信 クレジットカード決済が苦手なかたはこちら

    foomiiメルマガ配信 クレジットカード決済が苦手なかたはこち

    メルマガ登録

    メルマガ詳細

    プロフィール

    ヤス

    Author:ヤス
    普通の中年のおやじです。

    他の活動:ヤスの英語

    ※注意
    投稿欄としての本来の機能を維持するため、本ブログの管理人が内容としてふさわしくないと考える投稿は、予告なく削除いたします。また、投稿する方自らが自粛していただければ幸いです。

    最近の記事

    最近のコメント

    月別アーカイブ

    カテゴリー

    フリーエリア

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    ブログ内検索

    RSSフィード

    フリーエリア

    ヤスの本

    翻訳・監修本

    「神霊の世界に覚醒して」 shaman02

    ハワイの長老が語り伝える先住民族の聖なる知恵 bowl

    社会分析

    望みなき時代の幸福論 koufuku

    日本はこう変わる コルマンインデックス未来予測 nihonkawa

    「マルクスに聞け」(道出版) marx

    コルマンインデックス後 私たちの運命を決める 近未来サイクル cycle03

    コルマンインデックスで見えた日本と経済はこうなる koruma

    語学教育

    日本人が「英語ペラペラ」を本当に実現できる本 (講談社) pera

    通じる英語笑われる英語 tsu

    きちんと伝える英語 tsutaeru

    英文社内メール例文集 shanai

    実践 英文ライティング入門 bizw

    音声読み上げソフトで練習する速読即解英文リーディング sokudo

    「確実に意志が伝わる英会話」 kakujitsu

    ビジネスレター実用フォーマット bizletter

    英会話「英訳」トレーニング cd

    ネイティブはゼッタイ使わない nat

    ビジネスコミュニケーション

    論理的会話トレーニング ronri

    知的論理トレーニング chiteki

    対談本

    宇宙の設定を読み解く[BlackBox]超予測 black

    日月神示の緊急未来予測 hitsu01

    日月神示のサバイバルガイド hitsu02

    フリーエリア